発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    山

    ・足音・浴衣の老人・武士・八甲田山の提灯行列

    355: それではひとつ 01/11/27 15:41
    恐いと言うより訳が分からない経験なんですが・・・。 

    群馬の利根村側から長い林道(20km)を使って、皇海橋から皇海山に登るルートがあります。このルートを使い、これまでに何回か皇海山周辺で遊んでいるのですが、今年の5月の出来事です。時間はお昼くらい。 

    皇海山に登っての帰りの林道で、前方の空に赤い物体が見えました。

    私は、最初風船かなと思ったのですが、こんな山中に風船が流れてくるわけがありませんし、よく見ると大きさも相当大きいのです。私は車を降りて、林道の崖っぷちまで乗りだし、観察しました。 

    その物体は赤い色で、所々に銀色の丸い斑点のようなものがあり、グニャグニャと形を変えながら(丸くなったり、楕円になったり)、右から左の谷底にまったく同じ落下角度で、しかも一定した速度で落ちて(降りて?) いったのですが、最後の方は前の尾根筋に隠れて確認できませんでした。 

    アレいったい何だったんでしょうか? 未だに訳が分かりません。 

    このルートで皇海山に逝く人がいたら、チェックしてみて下さい。
    【【山怪】山にまつわる怖い話【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    風船で上昇してショットガンで割ってパラシュートで帰還。投げ捨てたショットガン回収できたのかな?
      【【動画】風船おじさん(お兄さん)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    山

    ・田代峠の怪異

    404: 底名無し沼さん 01/12/18 04:33
    禁断の田代峠奥 
    【【山怪】山にまつわる怖い話【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    山

    ・テントの周りを歩く音・鹿・ナイフを持った男・アイゼンの音・山小屋の部屋

    284: コピぺ 01/11/08 06:31
    とある町に、現地の人が恐れて絶対に入らない山があります。

    K沢と呼ばれている沢がそうです。これは、そこに入り込んだ作業員の目撃談です。 

    そこで作業を予定していた数人の作業員は、調査用具とリックサックを担ぎ、K沢の奥へと沢を上って行きました。小川のせせらぎの中を、小1時間ほど歩き、一服するため休憩をとったときのことです。

    川原の石に腰を下ろし、タバコに火を点けようとしたとき、「お~ぃ、お~ぃ。」と、上流から弱々しく人を呼ぶ声が聞こえてきました。 

    「山菜取りでも居るんだろうか、元気ない声だなあ、ケガでもしたかな。」と腰を上げ、上流の様子を見ようとしたとき、背丈ほどあるフキ原を掻き分け、灰色の作業服を着た男が下りてきました。

    近づいて来たその男に、「おい、大丈夫か?」と作業員は声をかけて見るなり、凝固してしまいました。その男には、首が無かったのです。 

    後は、どうやって待機させていた通勤バスに帰り着いたか、覚えていないとのことです。

    昔、その沢で、ブルドーザーの横転滑落事故があり、キャビンから放り出されたオペレーターが下敷きになって、首を切断する大事故があったそうです。 

    その事故後、懸命に捜したにもかかわらず、切断された首は発見されていないそうです。
    【【山怪】山にまつわる怖い話【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    山

    ・助けてくれた彼・テント場・スイカと呼ばれる人・聖職の碑・念仏平避難小屋

    227: よだろく 01/09/14 11:56
    涸沢から北穂(北穂高岳 :標高3106m)に登った時、途中で完全にガスに巻かれて動けなくなった。 

    下でのんびりしすぎたおかげで、既に午後3時。ペンキの表示も見失い、さてどうしたものかと思っていたら、左上の方から「カンカン」と石を強く叩く音が聞こえてきた。落石の音ではなさそう。 

    誰かいるのか?と思ってそちらに上がって行くと、大きな石にぶち当たった。その時、急に下の方から風が吹き上げて来た。

    ガスが見る見る動いていくと、足元ほんの少しの所から涸沢に向かって、まっすぐに落ちこんでいた。
    自分はルートからかなり外れて来てしまっていたのだ。 

    いやあ危ない危ない、と先ほどの岩を何気に見ると、そこには慰霊のプレートが貼り付けてあった。(よくは読まなかったが)ガスに巻かれて、ここから落ちた青年のものらしかった。
    【【山怪】山にまつわる怖い話【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ・迷子探しで試合中断・F1の炎上事故で自分の車を止めて消火に駆け付ける・外れたシュートをパンチングして子供を守った観客・舌を飲み込んで倒れてしまったライバルチーム選手・ピッチに迷い込んでしまったカモメ・他。
      【【動画】スポーツ中に起きたグッとくる瞬間】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    山

    ・三斗小屋温泉殺人事件・鈴鹿山の青白い青年・物の怪・廃村跡・テントの外・ヒグマ

    157: 底名無し沼さん2001/07/19(木) 22:16
    さっき、たけしのアンビリバボーで山の幽霊やってた。山は、下界に帰って来れなかった人の霊のメッカだとか。こわい
    【【山怪】山にまつわる怖い話【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    山

    ・富士見小屋殺人事件・妖怪・熊・飯場跡・日光白根山の避難小屋

    83: 底名無し沼さん 2001/05/23(水) 09:01
    奥秩父の富士見小屋の事件、詳しく知ってる人いる?
    【【山怪】山にまつわる怖い話【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    山

    ・笹平避難小屋の一家心中・雫石慰霊の森・玄倉川水難事故・ユーシン渓谷

    34: 底名無し沼さん 2001/02/18(日) 13:01
    俺の親友は山で殺された。 

    大学の登山部では訓練と称した新入部員イジメがあって、死人も出ている。表には出て来ないが、何処の大学でも一人くらいは死んでるらしい。登山中の、いわば密室殺人のようなものだから事故死になっているが、本当はしごきによる心不全。 

    これにかかわったやつらも、社会ではそれなりの地位になり、子供も大きなっただろう。自分の夫、父親が殺人者だとは・・・ 

    こいつらの住所、勤務先、子供通う学校は調査済み。目撃者の証言もある。

    具合が悪くなって、顔面蒼白になっている親友を見た一般の登山者が、リュックに詰められた石を取り出すように命じても応じなかったそうだ。 

    懺悔するなら今のうちだぞ。
    【【山怪】山にまつわる怖い話【その2】】の続きを読む

    このページのトップヘ