発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ※特定の政党を支持したり、応援したり、投票を呼び掛ける意図は一切ありません。

    幸福実現党非公式クリエーターチームによるPR動画「ポリティカル・ファンタジーXVII」(ローマ数字XVII=17、2017年の意味かな?)。直訳すると、政治の幻想、空想政治、理想の政治って感じの意味かな?もはや、作品と言ってもいいのではないのかと思うクオリティの高いネタ動画になっちゃった。

    時は2017年、北朝鮮のミサイルによる脅威が現実的なものとなった日本、ジミン・アベ、コウメイ・ヤマグチ、キボウ・ワカサ、ミンシン・マエハラ、キョーサン・シイのオールジャパンのパーティがキムジョンウン立ち向かう。ファミコンRPG的なレトロなBGMにのせ、どこかで見た事のあるような戦いは進みます。そしてラスボス戦へ…!

    ただ、ピッコロ、悟空、トランクス的な、助っ人的な登場をした幸福実現党の候補者は一人も知らなかったけど…(´・ω・`)…さ、選挙いってこよ。
     


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ちょっとドキッとします…。義眼なの?目玉あるよね(´・ω・`)?
     



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    後味悪い


    140: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 02:15
    今日は朝から雨だった。

    歯医者に行った帰りにコンビニに行った。そこで軽く雑誌を立ち読みした後、お菓子を買って店を出て傘をさそうと思ったら、傘立てに自分の傘がない。他のお客さんの傘が数本あるだけ。

    「こんなわずかな間に傘が取られた!?」と、いぶかりながら店員に報告。「怪しい人とか見かねなかった?」とか、「ビデオついてねーの?この店。ダッセー」とか、サンザン悪態をついていたら、店員がすまなそうに透明の傘を貸してくれた。

    それをさして家に帰ると留守録が入ってて、再生してみると「○X歯科ですが、今日傘を間違って帰えられていると思われますので、明日間違えた傘を持ってきてください」・・・・。

    その間違えた傘とやらはコンビニにあるわけで・・・・。

    歯医者にしらをきるにも完全予約制で、その時に帰ったのは俺だけなわけで・・・。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート2【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ドコモが2018年1月に発売する2画面スマホM Z-01K…どうなんだろ…(´・ω・`)?5.2インチのディスプレイを2つ搭載し、実質は10.4インチでタブレット並みの画面サイズ。片方の画面で動画見ながら、もう一方ではLINEするとか、そんな場面そうそうあるかなぁ?格安タブレット買って、外で使う時はテザリングして使った方がいいような気がするのですが…。お財布ケータイもついてないし←重要。
     


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    まずはゴム槌などで大まかに形を整えます…(´・ω・`)



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    後味悪い


    1: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/15 19:16
    聞いた後にイヤ~な気分になる話し、背中がむず痒くなる小説、砂を飲み込んだ気分になる映画を語り合うスレのパート2です。

    後味の悪い話(前スレ)
    ttp://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1007429618/
    まとめ記事:あと味の悪い話 【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート2【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    山


    885: 名無しさん 03/10/06 10:52
    丹沢のユーシンへの林道のトンネル、本当に幽霊が出るらしいね。
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート2【その8(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    涼宮ハルヒのコスプレした見せパンからナマパンがチラっとしちゃったお姉さん…(´*・ω・`)0:50~、1:10~。
     


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    子犬子猫は別にして、おバカな猫ってあまりいないけど、おバカな犬って結構いる気がする…(´・ω・`)
     

    マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (特別編) [DVD]
    オーウェン・ウィルソン
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
    2012-12-19

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    山


    712: 名無しさん 03/08/16 01:36
    上高地って案外出ると聞いたことがあるけど、本当なのでしょうか?
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート2【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    自宅にボーイング737のコックピットを作っちゃってフライトシミュレーターを楽しむ人。オーバーヘッドコンソール、スロットルレバー、手元のタッチパネル式のフライトコンピューター、チェックリストまで精巧に再現。スロットルレバーが右側にあるってことは、機長席だぞ(`・ω・´)!この人、本物も操縦できちゃうのでは?

    4:00~離陸、5:00~ギア(車輪)アップ、8:20~手元のフライトコンピューター操作、10:15~機長の挨拶、13:00~ギアダウン、13:50~着陸手順チェック、14:20~自動操縦解除の警告音?、17:00~着陸。
     

    プレイシート エボリューション 黒 NEW
    セクトインターナショナル
    2012-12-28

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ハワイ・カウアイ島を襲った大波。岩に当たって砕けたのにこの威力…みんな波に倒されてるじゃん…(´・ω・`)この波で一人が流されるも救助された模様。後半の水上バイクは救助中のシーンかな?



      【【動画】ハワイの波デカすぎ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    山


    503: 名無しさん 03/06/13 13:33
    先月、日本アルプス某所でテント張っていたんだけど、テン場は俺のを含めて3張りとガラガラ。静かな一夜をすごした。 

    ところが明け方になって、俺のテントがガタガタ揺れるんだよね。目が覚めて、突然の豪雨?強風?と思ったけど、そんな気配はなし。明らかに生き物が俺のテントを揺らしている。さて熊か、と思って身構えた。 

    テントを破って熊が入ってきたら、一撃食らわしてから逃げるしかないと思って、ピッケルのスピッツェ
    (柄の下の尖った部分)からカバーをばずして突きの構えで待った。 

    その時、雲の切れ間から月が顔を出し、月光がテントを明るく照らし出した。
     
    黒い影がテントに映った! なんと、そいつは人間の形をしていた。俺は驚き、ピッケルを握る力を強くし、怖々、通気口から外を見た。

    なんとそこには俺のテントを撤収しようとしてる人が…。

    俺の隣に同じ型のテントを張ったヤツがいて、そいつ間違えて俺のテントを撤収しようとしてたんだよね…「これ俺のですよ」と言ったら、ものすごく申し訳なさそうに自分のテントを撤収し始めたけど。

    すっかり熊が襲いに来たのかと思っててびびった…。
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート2【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    422: コピペ 03/04/11 13:02
    怖くないですが不思議な話。 

    今の年代の人に、狩りをした事のある人は少ないでしょう。昔、私は祖父に連れられて、狸を捕る為に数度、山にトラバサミを仕掛けに行った事があります。 

    山にも色々な約束事があります。

    うろ覚えですが、女山でしたので立ち小便は、女神様に見える様に頂を向いてする事(性器を見えないように隠すと、女神様が怒って山で遭難します)とか、お弁当は半分食べたら残りは家まで持って帰る事とか、狸の後足は1本は女神様に御供えする事とか、他にも細かな注意が沢山あったはずでした。 

    ある夏休みの日、祖父の家に遊びに来ていた私は川に泳ぎに行こうとして、気が付くと何故か山の中に居ました。昼ごはん前に出たはずなのにあたりは真っ暗で、訳が判らず泣いてしまいました。

    どのくらい泣いていたでしょう?辺りがスゥ~っと明るくなって、顔を上げると、目の前に青い光が浮いていました。
     
    その光は優しく、暖かくて、何故か彼女が助けてくれるのだと解りました。そして、漂い始めた光に付いて行き、山の麓に下りました。
     
    山の麓には幾つもの懐中電灯の光が集まっていました。その中に祖父の姿を見つけ、「おじいちゃん」と声を掛けると、祖父は飛んで来て私を抱きしめました。そしてすごい剣幕で怒り始めたのです。

    私が帰ってきたのは、家を出た翌日の夜でした。

    その時です。私は変な事に気が付きました。私はたった今山の麓に降り立ちました。ですが、周りを見回すと、そこは山から1キロ程離れた祖父の家の前だったのです。青い光は、何時の間にか消えていました。 

    その事祖父に話すと、祖父は宴会をすると言って、近所の男の人達だけでご馳走を持って、山の祠の前で宴会をしました。僕や、従兄弟達、近所の男の子達も付いていきましたが、皆お酒を飲み、歌って楽器を奏で、踊って、大騒ぎでした。 

    後で聞いたのですが、「女神様が、最近人が山に入らないので、寂しくなってお前を呼んだのだろう」と祖父達は言いました。 

    その後、他にも一晩だけ山へ消えた男の子が出た事から、毎年夏祭りの後には、山の祠で宴会をする様になったそうです。 
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート2【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神経線維瘤病(日本では神経線維腫症と呼ばれ、難病に指定されている )という先天性の遺伝による疾患。この病気の影響により13歳で失明し、水を飲むのも物を食べるのも困難。彼女の望みは「化粧をしたい」ということ…(´・ω・`)
     


    このページのトップヘ