【その11】
学校音楽室2


851: どこまでも名無しさん 01/11/13 22:25 ID:???
厨房の頃の話 

3年の修学旅行は、たいていどこの学校でも楽しいものです。

実際、うちの学校でも修学旅行に行った先輩たちは口々に「たのしかった!!」と言っていたので、自分たちも相当楽しみにしていました。 

ところが自分の学年は何故か、例年とは違うホテルに泊まることになってしまったんです。 それで一気に男子のやる気がいっぺんに吹っ飛んでしまいました。

『ホテルなんて関係ないだろ!!』と思うでしょうが、この『ホテル』というのが、男子にとっては“最重要”だったんです。

というのも、例年泊まっていたホテルは、『女子風呂が覗ける!!』という、盛りの厨房どもにはまさに天国のようなホテルだったからです。

まあ、そんな感じで修学旅行が始まりました。
初日も終わって、自分たちは変更されたホテルに行ったんですが、最初は本ッ当に最悪だと思いました。きっとみんなそう思っていたでしょう。

何故かって、狭いわ、汚いわ、異臭はあるわ、およそ1日の疲れをとるために泊まるようなホテルではなかろう、といった所だったんですから…。 


その中でも1番嫌だったのは食事でした。1日中遊んでお腹が減っているから、みんなが御代わりをするんですよ。

その時出てたのが、ご飯に生卵をかけて食べるやつで、みんな生卵がべったりついたままの茶碗に御代わりしてもらうんです。 


で、そのとき一斉にみんなの茶碗を持ってって入れてきてくれるんですが、返ってきた時にどれが誰のものか分からなくて、とても気持ちの悪い思いをしました。

そのあと吐くヤツも出たりして、その被害は尋常ではありませんでした。 


風呂のときも、疲れきった皆のチ○ポは心なしか、普段よりしょげていたように思います。


852: どこまでも名無しさん 01/11/13 22:30 ID:hATmu0fo
しかしここで急展開!! 神は我々を見捨ててはいなかったのです!! 

男湯のすぐ隣に女湯があったんですが、どういう訳か女子の声がものすごく良く響いてくるんで、「これは何かあるな」と思い、一緒に入っていた(20人くらい)皆に調査しようと呼びかけました。 

みんな疲れきっていたんでしぶしぶといった感じで動き出しましたが、20秒と経たずにとんでもないことが分かりました。と同時に大歓声が。 

なんと、男湯と女湯をしきっていた壁の上のほうが、筒抜け状態になっていたんです!! 

これに気づいた男子は大喜び!!女湯に入っていた女子の裸をしっかり拝ませてもらい、皆のチ○ポはみるみるうちにいきりたち、さっきまでのしょげチンとは打って変わって元気になっていました。 

中には風呂場で踊りだす(しかも勃○状態)ヤツも現れたり、興奮しすぎて歌いだすヤツ(しかも校歌)もいたりと、もう誰にも止められない状況になりました。 

しかもラッキーだったのは、女湯に入っていたのは、ほとんどがかわいい女子だったということです。自分が気になってた女子もいて、ビンピンになっちまったことを覚えています。

『風呂さえ良ければ全て良し!』といった感じでしょうか。とにかく次の日からはそれはそれは元気でしたよ。もちろん、次の日もやりました。 

しかし、今思えばあれだけ騒ぎ立てたにもかかわらず、先生や女子にバレなかったというのが不思議です。

853: どこまでも名無しさん 01/11/13 22:38 ID:???
>>852 
羨ましいYO!

854: どこまでも名無しさん 01/11/13 22:40 ID:???
>>852 
俺、覗いてるの先生にみつかって、強制送還されそうになたよ…。

855: どこまでも名無しさん 01/11/13 23:17 ID:???
>>854 
廊下に並んで正座なら。

857: どこまでも名無しさん 01/11/13 23:58 ID:cLoAu/WX
ああ。俺の学校にもいたなあ。 

男風呂の窓から下に女風呂があった。 普通逆だよなー。それで見ようとした馬鹿が、まっさかさまに落ちていった。女風呂のなかに、裸の男が突如乱入。

凄かったらしい。両方とも。

859: ブレーキ外れた俺の心臓 01/11/14 01:27 ID:???
沖縄に修学旅行に行ったけど、自由時間に雨降って、泳ぎに行けなくなった。 

仕方無いから部屋で土産の泡盛開けて、酒盛り始めた。肴はこれまた土産の豚の角煮。そのうち酔ってテンション高くなって、訳の解らないゲームが始まった。

『ジャンケン負けたら泡盛イッキ』
『ジャンケン負けたらゴーヤ生食い』etc… 

そのうちあまりに騒ぎ過ぎたので、先生らに勘付かれて踏み込まれてしまったが、部屋全体が火がつきそうな位酒臭くて、誰が飲んでて誰が飲んでないのか判断できないので、結局その場は不問にされた。

夕食の時間には全員ブッ倒れて寝ていた。寝ゲロ吐いてる奴もいた。他の部屋の連中も似たような事をしていたらしく、夕食は過去最低の出席率だったとか。

あまりに誰もこないので、ホテル側が館内放送をかけたらしいが、俺は寝てたので聞いてない。

860: どこまでも名無しさん 01/11/14 01:36 ID:RG94zw7a
高校1年の時のスキー研修。 

宿泊先の露天風呂で、一部男子に女子風呂を覗いたという疑惑がかけられた。勘違いして怒る女子。あらぬ疑いをかけられて怒る男子。

翌日、朝食後に体育教師が言った。 

「昨夜の事件についてだが、先生が調べた結果、どこにも覗けるような穴は存在しない、あの塀(2メートル強)をよじ登らないと女子風呂は覗けない、という事がわかった。」 

先生、よじ登ったんですか?

862: どこまでも名無しさん 01/11/14 02:27 ID:b6xndskt
風呂を覗いたといえば厨房の頃、クラスでも評判の童顔のチビが、未だに銭湯では女風呂に入ってると、実に楽しげに語っていた。 

861: どこまでも名無しさん 01/11/14 02:13 ID:6Xz6O6LW
リアル厨房時代の話。 

当時は「BE-BOP HIGHSCHOOL」が大流行していた時で、不良がかった連中が、休み時間によく真似をしていた。 

そんな奴の1人Dはある日、柄のついたヤスリを持ち、警棒に見立てて遊んでいた。

楽しそうに俺の方を見ながら、「警棒野郎参上」とかなんとか言いながらヤスリを振り回していると、手が滑ったのかヤスリはDの手を離れて宙を舞った。 

一瞬遅れて、「ガシャン」という音と共に、廊下側の窓ガラスが1枚粉々に。

 BE-BOPの登場人物になりきり、楽しげだったDの顔は、一瞬にして青ざめていた。



863: どこまでも名無しさん 01/11/14 02:46 ID:TbcvSzbj
>>861 
いまだにビーバップってやってんのな。俺の姉も持ってたなぁ...。

俺が消防時代だったころ、姉がビーバップの単行本読み歩きしてるところを俺の同級生に見られたらしいんだ。 

そしたら次の日、同級生に「○○(俺の名)ってペッティングって知ってるだろ」と聞かれた。 

「はぁ?知らねーよ!(本当にしらんかった)」と答えると、「嘘つけ!お前のねえちゃんビーバップ読んでたぞ、だからお前も知ってるハズだ!」 と。

なんのこっちゃ?ビーバップまともに読んだことないからいまだに謎だ。
 
867: どこまでも名無しさん 01/11/14 17:26 ID:???
小学生の頃、地域の行事でやんちゃ相撲大会ってのがあって、各学級から男子二名ずつ出ることになってた。

だけどみんな出たくないからいつも話し合いで決めてて、毎年、のぶ夫って奴がコロコロしてるって理由で選ばれてた。 

のぶ夫はそれがそうとう嫌だったみたいで(なんでも、みんなの前で半裸になるのが恥ずかしかったらしい)、参加賞でもらったお米を

868: どこまでも名無しさん 01/11/14 17:36 ID:aj1CLdnv
>>867 
お米を?

869: どこまでも名無しさん 01/11/14 17:39 ID:pt+SrmrH
>>867 
ぉぃ!なんてところで切ってるんだよ! 

後が気になって仕方ないじゃないか!

875: どこまでも名無しさん 01/11/14 20:08 ID:???
>>867 
続きまだなの?

877: どこまでも名無しさん 01/11/14 20:17 ID:???
しかし、参加賞がお米ってのはあまりにもひどいな…。子供が喜ぶわけないじゃん。

881: どこまでも名無しさん 01/11/14 20:27 ID:???
というわけで米をどうしたのか頼む。

890: どこまでも名無しさん 01/11/15 02:00 ID:???
米はどうした?

896: どこまでも名無しさん 01/11/15 09:52 ID:???
米を・・・みんなで話の続き考えようよ。

898: どこまでも名無しさん 01/11/15 10:21 ID:???
参加賞で貰ったお米を 

千切っては投げ千切っては投げ

900: どこまでも名無しさん 01/11/15 10:41 ID:???
>>898 
それしか思い浮かばないよな…。

902: どこまでも名無しさん 01/11/15 12:14 ID:XgyMr0eF
参加賞で貰ったお米を 

握っては食べ握っては食べ

894: どこまでも名無しさん 01/11/15 05:29 ID:jk1r2MN6
高校時代修学旅行サボったんだけど、旅行先でかつあげはするわ、、万引きはするわ、平気で集合時間に遅刻するわで大変だったらしい。 

サボって教師に「いい判断したね」って言われたのは、これが初めてだった。

888: どこまでも名無しさん 01/11/15 01:53 ID:sNx5ww/W
高校時代修学旅行後、自分はある意味幸せ絶頂期(その後、受験という鬱期が始まった)。
 
体育の授業でハンドボールをやることになり、走ってるのが怠いのでゴールキーパーをやってたら、至近距離からFのシュートが顔面に直撃。 鼻血が30分近く止まらず、貧血を併発し病院へ担ぎ込まれました。 

その後、Fが「本当にゴメン」と謝りましたが「多少は狙っただろ」と尋ねたら「つーか、マジで狙った」と返答。 

次のハンドボールの授業で復讐してやろうと、Fをゴールキーパーにするも、同じチームになってしまった。

仕方ないからFを狙ってオウンゴールを決めまくるも、今度は俺にパスが回ってこなくなってしまい、コートの中でウロウロしてるしかなく、ハブられたように感じて涙が出そうになった。

そんな懐かしい悲しい想い出。

904: どこまでも名無しさん 01/11/15 16:19 ID:???
米の話が出てこないんで場繋ぎに・・・。 

高校の時のスキー教室。その日は午後から自由時間でした。仲間とあちこちのゲレンデを滑ってたんですが、ボチボチ集合時間。 

「集合時間には各人、ロッヂの前に集合のこと」ということだったんですが、ロッヂはゲレンデ沿いの中腹にある。 

俺らは一回下まで下りてしまっていたので、「じゃあ1回リフトで登ってロッジに行こう」ということになって、リフト乗り場に急いだ。

するとリフト乗り場には、融通が利かないので有名な体育教師が。 

リフトに乗ろうとすると止められ、「もう時間だっ!歩いて登れっ!!」とかほざきやがる。当然俺らは「おいおい!板担いで雪山登るのかよ!そっちの方が時間かかるじゃん!」と抗議したのだが、野郎、聞く耳持たず。

ふと遥か上方のロッヂを見ると、ウチのガッコの生徒と思われる連中が、何人か板を担いで遭難者の様にフラフラ登っている。やべぇ、こいつマヂだわ!

そこで俺達は歩いて登るフリして、ちょっと登ったところで隠れて板履いて、乗り場の様子を覗う。

既に夕方で、リフトに乗る客は少ない。俺らは乗り場に他の客がいなくなるのを待っていたのだ。そしていなくなった瞬間、全員で乗り場に特攻!!

脳味噌筋肉野郎の制止を振り切り、そのままリフト乗り場に突っ込む。仲間は次々とリフトに乗り、戦線離脱。

と、未熟な仲間が一人、コケて雪壁に突っ込む。 

助けに戻ろうとすると、「俺に構わず行けぇぇぇっっっ!!後は頼むっ!!」 何を頼まれたんだかわからんが言葉通り、放置して離脱。「死ぬなよぉっ!必ず生きて帰ってこいっ!!」もう気分は戦場。

そしてなんとかたどり着いた俺は、リフトに座り胸をなで下ろすが、すぐ近くでヤツの声がする! 

「なにぃっ!!」と振り向いたそこには! 

つづく。

907: 904 01/11/15 16:46 ID:???
つづき。 

ぎょっとして振り返ったそこにはなんと!すでに地表付近から離れんとしているリフトを、マヂギレ状態で追いかけてくる、脳味噌筋肉教師!!!、

「むぁてぇぇぇぇ!!!ごるぁぁぁぁっっっっっ!!!」 

おいおい!お前は人間かっっ!?ヤツが力強く伸ばした腕は危うく俺の板を掴みそうになる。 「おわっ!」っと足を引き上げると、更に加速して手を伸ばすヤツ。 

そして「逃げ切った!」と思った瞬間、ヤツは小さくジャンプして、リフト下部にあるバーを「ガツッッ!!」っと捉えた!!! 

ひいいぃぃーーーっっ!!マヂで人間ぢゃねぇっ!!(恐 

それ以前に普通、リフト止まるだろう!!と思ってリフト乗り場の方をみると既に終了時間なのか、リフト小屋の中で談笑してて、こちらに気が付かない係員。(核爆)

殺られるっ!マヂで殺られるっ!!と思ったその時、ヤツは叫んだ。

「リフト止めろごるぁぁぁぁぁ!!」

だから止まんねーんだっつの。 

そのままグングン地表から離れ、完全に宙ぶらりんのヤツ。下のスキー客からはこの異常事態に、悲鳴まで聞こえる。 

さすがに自分の置かれた状況を理解したか、見る見る顔が青ざめるヤツ。情けない声で「たっ助けろっ!!」助けろって言われてもねぇ・・・。 

っつか、自分が飛び付いたんぢゃねーか。 でもさすがにこのままじゃヤヴァい事になりそうだったので、対策を考える。 

と、前方に目をやると、圧雪されてない場所が。 そういえばさっきここに突っ込んで、新雪に埋もれて大変だったことを思い出した。たぶん深さは2~3m。ここなら落ちても助かるだろう。と思った。 

そしてリフトがそこに差し掛かった時、「おい!飛び降りろ!下は新雪だ!」とヤツに言う。 するとヤツは青い顔してふるふると首を横に振る。

「お前なら大丈夫だっ!!!たぶん。」つか、とっとと飛び降りろボケ。 

それでも飛び降りないので仕方なく、いやホントに仕方なく、ヤツの身の安全の為にバーを握るヤツの手をストックでドカッ!!と。

いや、ほんとにヤツの身の安全の為に。ホントホント。 

「あああああぁぁぁ~~~っっ」と情けない声を出して落ちていくヤツ。 たかだか3~4mの高さだったが、さすが新雪。トムとジェリーに出てくるような人型の穴が明き、雪に埋もれるヤツ。

リフトの上では一部始終を見ていた仲間も大爆笑。俺達は腹筋断裂の危機と戦いながらも、無事にロッヂにたどり着いたのであった。遅刻したけど。 

・・・その夜、元気に帰ってきたヤツをみんなで祝福してあげたら、またマヂギレして大暴れした。おかしい。助けてあげたのに。なぜだ。

長文スマソ。

908: どこまでも名無しさん 01/11/15 16:51 ID:???
>>907 
ハゲシクワラタ!

918: 867 01/11/16 00:32 ID:???
すいません、お米の話をした者ですが、このスレに書き込んだこと忘れてました。 

で、怒ったのぶ夫は参加賞のお米を袋を破いて、そこらじゅうにぶちまけました。 

ちなみにのぶ夫はニ回戦敗退でした。 

来年の話し合いにつづく。

921: どこまでも名無しさん 01/11/16 00:39 ID:pLJBq68e
うーん。うーん。
 
期待しすぎたか。w

923: どこまでも名無しさん 01/11/16 00:49 ID:???
怒ったのぶ夫クンはその場で参加賞の米を炊きはじめ、全部たいらげてしまいました。

ってことにしようよ。 

937: どこまでも名無しさん 01/11/16 11:06 ID:???
ちなみにナニの長さは、掌(てのひら)の下端から中指の先端までの長さとほぼ同じ、と言われます。 

これは噂や都市伝説の類ではなく、身体のサイズを決める遺伝子が各部位ごとに存在するわけではなく、ある程度共通化されているという、最近の研究結果によるものです。 

よく「鼻がでかいとナニもでかい」と言いますが、これもあながちハズレでは無いといえます。しかしながら、前述の長さの方が、よりナニの長さとの関係が深いということのようです。 

勿論、遺伝子レベルの話ですから、生活環境やセ○クス経験(外的因子)に影響される可能性も否定できないので、前述の長さ=ナニの長さとイコールで結べるワケではないのですが。 こんなこと研究している遺伝子学者ってなんかイイですね(w 

・・・はい、今これ読んで自分の掌見たヒト、逝ってよし(w

938: どこまでも名無しさん 01/11/16 11:17 ID:???
>>937 
比べちまったぞゴルァ!(゚д゚)

940: どこまでも名無しさん 01/11/16 11:33 ID:???
>>937 
俺も見ちゃったぞゴルァ!(゚д゚)

946: どこまでも名無しさん 01/11/16 17:57 ID:PTUD8m95
>>937 
僕掌~中指の先端までの長さの半分しかないんですけど・・・。

754: どこまでも名無しさん 01/11/11 04:04 ID:???
つーか、こういう「制服を着てドキドキ」っつーエピソードを読んでいると、中高一貫の男子校へ進学させた両親と、その当時頑張って受験勉強した自分に考え直すよう、小一時間ほど説得したくなるですよ…鬱。

756: 1 01/11/11 04:29 ID:qKZSlse3
>>754 
俺としては、どうして同学年がブスばっかだったことを入学試験で確認しなかったのかが悔やまれる。

757: どこまでも名無しさん 01/11/11 12:24 ID:???
>>754 
俺も中高一貫の男子校(在学中)だよ・・・ 悲しくなるね・・・。

【学生時代の珍事 パート4へ】

共学高校のゲンジツ(1) [ 伊丹澄一 ]
共学高校のゲンジツ(1) [ 伊丹澄一 ]

【その1へ戻る】
引用元:http://saki.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1003146416/ 

小学校の体育の時間のサッカー、男女混合20人対20人くらい、キーパーは3人までOKという、それはすさまじく楽しいルールで行われました。走るのが苦手な生徒はゴール前で固まってキーパーになります。しかし、誰がキーパーやってるのか、なしくずし的にルール変更が行われます。走り疲れたらキーパーとタッチして交代し、キーパーだった人がフィールドに出るのです。

フィールドでボール争っている運動神経のいい男子、自陣のペナルティーエリア内まで押し戻されていきます。ボールを争いながらキーパーを呼びタッチ、相手の足元から手でボールを奪います。「俺いまからキーパーだもん」。

そしてなぜだか1組だけ学校にあったキーパー用のグローブ。当然取り合いになりました。ジャンケンで勝ち取ったK君、フィールド上でもグローブをつけていました。グローブはスターターピストルと一緒に保管されていたからか、なぜだか火薬の匂いがしていました。ずっとつけていたK君も火薬の匂いになり、そのサッカー後、「ダイナマイトK」と呼ばれるようになりました。

毎日が珍事の連続だったなぁ、小学生時代・・・。