【その8】
黒電話
(画像はwiki黒電話より)

・間違い電話

640 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/20(日) 01:44
友人のOが学生時代、深夜の戯れに マンションの自室から、自室へと電話を掛けました(暇ですね)。

当然話し中の「ツー、ツー」音が受話器から流れてくると思いきや、 「トゥルルル…」と繋がった様子。不思議に思っていると 「…もしもし」と眠たげな男の声。

Oはすかさず 「Oサンのお宅ですか?」「…はい」。「××クンをお願いしたいんですけど」と、自らの名前を問い掛けると、 「少々お待ちください」。 

…電話口の向こうで、スリッパの音が遠ざかっていくのを聞いたOは 急に恐怖にとらわれ、受話器を叩きつけるとオレに電話をかけてきました。 

朝方の4時に突然の電話、話を聞いて「混線か偶然だよ」と 笑いたかったのですが、Oの名前ってすごく変わっていまして・・・。 


642 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/20(日) 18:17
 >>640
野暮かもしれんが、現実的に考えると、 寝ぼけてるときにいきなりなにか言われると、信じてしまったりすることがあるよね。 夢の中でも「ほら、カラスは白いじゃない?だからー」とか言われると、 ちょっとおかしいとは思っても、そっかーって思っちゃうことが多いでしょ?  

>>640
の友達は、それにボタンの押し間違いが重なったんだろうね。 電話に出た人も、探しに行ってしばらくして、 「…あれ?誰それ?」って気付いただろうね。

643 : 6402001/05/20(日) 22:17
>>642
「電話番号の押し間違いは無い!」と友人は断言してますが、 まあ混線したと仮定して、寝ボケの線はあるかもしれないですね。

レス読んで思い出しましたが、オレも早朝出勤の前夜、午前二時に 仙台のササキと名乗る、見知らぬ女性のコレクトコールを受けてしまった 体験がありました。

こちらは熟睡中、コレクトコールの案内の意味を把握しきれずに受けてしまったのですが(当方東京在住)。

オレ、仙台の大学を卒業した友人が一人いるんですけれど (苗字はササキに非ず)、その程度のつながりでも、オペレーターに 繋いでいいかって言われて、「Yes」って言ってしまったんですからねぇ。


644 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/21(月) 00:06
似た電話番号があるのか、よく留守番電話に間違い電話が入っている。

その1(中年男性):
「今、車ぶつけちゃって、××警察にきてんの。迎えに来てくんねえかなあ」

その2(中年女性):
「あのお、今日のお昼のお稽古、すんませんけどいけなくなりました。また お電話します。」 (2回目)「(独り言で)・・あれあれ、まーた先生いねえよ。一体どこへ 行っちゃたのかねえ。」

その3(中年女性、東北訛り) :
「あのさぁ、あんたの今日のあの態度、あれは良くないねぇ」

その4(おバアさん) (留守電メッセージ):
「・・・ただいま外出しております。」 「ハア、そうですか、〇〇さんはお留守でしたか、大変失礼いたしました。 それでは、△△から電話がありましたとお伝えいただけませんでしょうか、 お手数おかけします。ごめんください・・・」

結構面白いのが多いなあ。趣旨がちがってスマソ。 


645 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/21(月) 18:00
夕方頃電話が鳴り。出てみると知らないおばあさんだった。

「もしもし?」とこちらが電話に出たことを確認すると、 いきなり狂ったように 「あんたなんか死ねばいい」とか「呪い殺してやる」 と怒鳴り一方的に切られた。

最初の声とのギャップが大きかっただけに、ショック倍増。しばらくは電話にでられんかった。 


646 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/21(月) 18:30
自宅の電話番号が、都内の病院と限りなく似ていたせいで、よく間違い電話がかかってきた。

間違い電話に気が付かずに、留守電にメッセージを入れていく人も多くて、「今度の○曜日に予約したいのですが…」とか、「今日は都合で行けません…」など、どうやら患者さんからの間違いが多い。

ある日の早朝、電話が鳴りだしたのだが、眠さに負けてそのまま出ないでおいた。電話が留守電に切り替わる。すると…

「…なぁ、助けてくれよぉ…、助けてくれ…、助けてくれ…」

かすれ声の若い男の人らしかった。 ゾっとして眠気も吹っ飛び、あわてて電話のところにまで行ったものの、気味が悪くて受話器は取れなかった。 その後すぐに電話は切れてしまった。

その日に番号変更をしたのは、言うまでもありません。 


647 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/21(月) 18:53
掛かってきた電話の受話器を取ったら、いきなり「HELLO…?」。 「HELLO?」「HELLO?」。 凍りついてガチョン!と切ってしまった。怖かった。

異国の方の間違い電話、 子供の頃の恐怖の思い出。 


648 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/21(月) 22:00
>>647と同じく「HELLO」のコール。 

その後、英語で、「ゴメンなさい。でもどうしょうもなくって・・。 今でも、あなたを愛しているわ!、だからいいでしょ? うっふ〜ん、チュッチュッ、明日、ロビンと行くけど、いいでしょ?。 また、連絡するわ。愛してるワ、スティ―ブ。」

こんな感じのが、2回入っていたのよね。 その後、電話取れなかったよ。 日本語の留守電メッセージなんだから、わかってほしいよ! 私は、スティ―ブじゃないんだからさ! 


649 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/21(月) 22:08
>>648
スティーブって!ワラタ! 

659 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/23(水) 01:05
オカルトじゃないんですが、朝の5時に通知で携帯に着信が・・・。 しかも1コールくらいで切れた。

何日かしてちょっと気になってたので、かけてみたら、アダルト系の テレフォンサービスだった。でも番号はQ2ではなかったよ。 たんなる宣伝で早朝にかけるなっつーの! 


661 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/23(水) 01:08
>>659
あ!俺もかかってきた!多分同じヤツ。 

677 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/10(日) 01:39
 >>659>>661
うちもかかってきた。

掛け直さずに番号をgoogleで検索したら、アダルトみたいなのにかかったと書いてあったので、すぐに番号消去。 googleで2件くらい引っ掛かったよ。


※ワン切り:
着信履歴にコールバックさせて、情報料などを要求する詐欺。2000年前後に流行ったが、規制が進み、現在はほぼないと思われる。

682 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/11(月) 14:47
>>677
googleってなに?教えてちゃん 

684 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/11(月) 15:13
>>682 
Web検索エンジン 

※1998年に検索サービスを始めた「google」は、2000年に「Yahoo!検索」が「google」の検索システムを採用し、「Yahoo!検索」の結果として表示していた為、この当時はまだ無名に近かった。現在の様に直接「google検索」することはまだ少なかった。今現在も「Yahoo!」は「google」の検索システムを使用しており、「ヤフーでググれ」は、あながち間違いではない。

665 : しってる?2001/05/27(日) 00:02
夜に電話が鳴った出たら切れたまた電話が鳴った出たら お経が聞こえてきた切ったまた鳴ったけど 怖くてもう出なかったでもただの悪戯だと思う 

666 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/05/27(日) 00:09
>>665
話よりも文章体がこわいです。 

672 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/09(土) 13:59
10年ほど前、悪友達と夜中に待ち合わせをした。

待ち合わせた所は普通の住宅街の商店の前だが、 夜中なのでひとけはまったくなかった。俺が一番先についてみんなを待っていると、商店の前の 公衆電話が突然鳴り出した。

怖かったが、恐る恐る受話器を あげると、女の子(10代位)の声で『もしも〜し○○?』 俺『これ、公衆電話だよ』女の子『え〜間違えちゃった。すいませ〜ん』 と明るくきられた。 


675 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/09(土) 19:54
>>672
ツーショットダイアルで公衆電話の番号調べて良く使うから、 それに騙された女の子とみた。 

673 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/09(土) 19:16
>>1から読破した。 読解力ない人が多くてそれが怖かった。。。 

688 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/11(月) 19:48
友人が出張で、ある地方のホテルに泊まった夜、彼が寝ているとホテルの部屋に電話がかかってきた。

取ると相手は何も言わない。「もしもし?もしも〜し?何だよ いたずら電話かよ」といって、彼は電話を切った。

その後出張から帰り、自宅の留守電にメッセージが入っていたので、聴いていたら彼自身の声で 「もしもし?もしも〜し?何だよいたずら電話かよ」 と入っていたらしい。怖。 


700 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/11(月) 23:51
おせ〜ておせ〜て怖い話〜 

701 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/11(月) 23:53
既出ならスミマセンが教えてください。

山にドライブに逝った時。BOXの公衆電話が鳴ってたんです。んで、知らない人がその電話とったんですが、すぐに受話器を置いて走っていってしまいました。

一緒にいた連れに、「なんやろー?怖いねー」とか言ってたらまたすぐかかってきたんです。 で、私がその電話とったんですが、1秒くらいの無音状態のあとで、ガチャッと切れてしまいました。

その後、またかかってくるかしばらく見てたんですけど、かかってきませんでした。

今って公衆電話鳴らすのってできるんですか?山の中の、緑の公衆電話なんですが。 電話回線のテストか何かなの?これって。 


702 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/11(月) 23:57
 >>701
なんか怖ぇーね。

703 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 00:07
出来ます。 公衆電話のナンバーってマニア(鳴らす) の間では高く取引されています。 驚かなくていいよ〜 

706 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 00:24
 >>703
そうなんですかー。今でも公衆の電話番号って取引されてるんですね。私より友達がまじでビビッてるんで、言っときます。

怖い事に、その山のダムで連れの1人を撮ったんだけど、 頭上に謎の光が・・・同じ場所で何枚か撮ったのに、その光が入ってるのはそれだけ。 後ろには何もなかったのに。

こんな事があった後なんで、ちょっと凹んでるみたいです。


711 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 02:45
>>706
そりゃーダメだ。その友人もうすぐ死ぬよ。 

704 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 00:13
公衆電話鳴らしって、法律に引っかかるのですか?もしそうなら、どういう項目に引っかかるか、誰か知ってる人いないですか? 

705 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 00:16
まさっか〜。ひっかからないでしょう!? 
709 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 02:28
数年前。 ピョンヤンのイー・ジョンイル(←適当)さんからコレクトコールで国際電話が掛かってきた。 相手の場所が場所だけにチョト怖かった。 勿論断った。

それにしてもコレクトコールたぁ、図々しい。 


712 : まじ恐い2001/06/12(火) 03:11
ちょうど一年くらい前、自宅に電話が掛かってきた。

母が取って、「何かわからへんけど、あんたちゃう?」っていうので、 電話を代わると女の人の声で、「助けて〜〜、熱いよ〜〜、助けて〜」 と叫んでいる。 こっちが何を言っても言い続けてた。

気味が悪くなって切ったけど、録音の感じもしなかった。いたずらにしても、白昼に女の人がそんな電話を家に掛けてくるなんて、常識に考えても恐い体験だった。また、昼間ってのも恐くてその後の電話とかもびびっしまった。 あの電話は、いったいなんだったんだろう。。。

その電話の一ヶ月くらい前、関西のユネスコ病院っていう心霊スポットに行って来たんだけど、何か関係あるんかな。

あそこ、集団自殺して火事になったとかいう噂あったような。 


719 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 18:38
>>712
一緒に行ったやつが黒幕だな。 電話かけてきたのはその仲間と思われ。

736 : まじ恐い2001/06/13(水) 03:17
>>719
友達のいたずらだったらいいんだけど、全く聞き覚えのない声だったし、心霊スポット行ってから、だいぶ日も経ってた。携帯ならいたずらでわかるんだけど、実家ってのがなんか。。。 

※ユネスコ病院(会館):兵庫
1990年代初め、某大学のサークル部員がこの廃墟をカルト教団の施設に仕立てあげようと、カルト教団の新聞を自作し、それを地下室の一角の倉庫に山積みにしておき、それらしい噂を広め、肝試しで後輩等を怖がらせていた。やがてその噂は独り歩きし、関西一円にまで広がっていった。 
 
そのネタにTV番組が食いつき、その番組などをきっかけに、心霊スポットしいて広く知られるようになり、また1993年から不審火相次いだ(これが焼身自殺があったされるようになった元ネタ)。実際は誰も死んでおらず、何のいわくも無いのに、兵庫県屈指の心霊スポットと言われるまでになった。(参考:ユネスコ会館NEVERまとめ)

714 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 15:00
彼氏がバイトの日に、許可をもらって合鍵で部屋に入って、帰りを待っていた日のこと。

彼氏んちの電話が鳴ったんだけど、人んちのだから留守電にきりかわるのを待ってた。

『え〜、昨日お電話差し上げた村上なんですけど、お弁当の予約の確認です。エビフライが5つ、ハンバーグが10こ、幕の内が10こです。よろしくお願いしますね』

早口でまくしたて、洗い物をしていて手が濡れていた私は、電話に出るのも忘れ、しばし呆然と聞き入っていた。 帰ってきた彼氏にとりあえず報告。

ナンバーディスプレイではないので、かけなおすこともできない。 花見の季節だったので・・・ちゃんと食べられたのでしょうか・・・。 


715 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 15:41
>>714
以前、「探偵!ナイトスクープ」で、「うちの家の留守電に、 レツゴー3匹の正児さんの声が入ってる」というのがあったよ。

聞きに行ってみると、確かにレツゴー3匹の正児が「今から 3人で行きますのでよろしく」みたいなことを言ってる。どうやら似た番号のお店と間違えて、予約を入れたらしい。これはちょとワロタ。


732 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 22:54
>>714
我が家の電話番号は、以前は宅配寿司の番号だったらしく、今でも時々かかってくる。

この前、お婆さんから電話がかかってきた。どうも一人暮らしらしく、えんえんとそこのお寿司がおいしかった、とか話してた。

あのお婆さん、お寿司やの引越し先の電話番号がわかるといいのになあ・・・ 


733 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 23:18
いい話

735 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/13(水) 02:26
>>732
うちの番号は、某専門書に載っているらしい。

時々「@@さん(お店の名前)ですか?」とかかってくる。 最初訳がわからなかったが、何人目かに聞いたところ、 「図書館で借りた本に載ってました」と言われた。

現在近隣にそのお店もなさそうだし、新刊ならともかく、 図書館においてある本まで訂正願うことも出来ない。 かけてくる方々の品がよさそうなのが幸いですが…


740 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/14(木) 04:30
>>735
え?それは…小説などに出てくる番号が、たまたま同じだったってこと? それともなにかの紹介本に、間違って載ってるってこと? 

743 : 7352001/06/14(木) 11:41
 >>740
間違ってということではなく、以前この番号は そのお店のものだったみたいです(引っ越して来て一年なので)。

今そのお店はもうないみたいですが、 何年も前に発行された本を見てかけてくるようなので、かけてきた人に「今はうちの家の番号です」 と言うことしかできません。

理由がわかるまでは訳がわからず怖かったのですが、 特別の被害をこうむってるっていうほどでもないし、怖くなくて申し訳ない。


722 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 21:26
友達の体験した話。

小学校の頃、学校の帰りにいつも公衆電話から家に電話をかけてたそうな。

で、ある日からいつも公衆電話には人が入ってて、もうひとつ向こうのを使ってた。その日も、またいつものように誰かが使ってたのね。

「また誰かいるよ〜」「しょうがないから向こうの行こう〜」 と、いつものように友達と会話を交わしてたんだけど、何かがおかしい。気付いてしまった。

「なんかおかしくない?」
「うん、おかしいよね」

だけど何が…

「ねぇ、あの人、こっち見てない?」
「うん、、見てる・・きゃーーーー!!」

その時は、すごく遠くからその人のことを見てたから、 その人が何を見てるかなんてわかるはずないのに、あきらかにこっちを見てるのがわかったの。

幽霊だったんじゃないかな、だってさっ。 


724 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 22:07
>>722 
ただのおっさんちゃうの?

737 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/13(水) 10:48
>>724
うん。そ言っったよ。 だけど、「体験した人にしかわからないのよ。」とか言ってたさ。 

726 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 22:14
箱根山中、塔の台駅前の電話BOXは、雨の日に 幽霊が電話してるらしい 

727 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/12(火) 22:19
>>726
それを見た人も貴重だね〜。 そのめったに出ない出物を見たんだから。 


738 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/13(水) 12:56
電話にまつわる怖いはなしが、ただのいた電に聞こえる のは、私だけだろうか? 

739 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/14(木) 03:40
この前、ツーショットダイヤルで遊んでて、女の子と待ち合わせすることになった。

ちょうど車に乗ってたんで、話したまま道案内してくれるという。女の子に言われるまま、 車を走らせていたら、どうも様子がおかしい。えらく山奥に連れていこうとしてる。

「どこにいるの?目印は?」と聞くと、「○○ダム…」と、有名な心霊スポットの名前が。

俺が「そんな所に公衆電話なんかないよ」というと、「ギャハハハハハハ!!」と、急に早送りにしたような笑い声がして切れた。ここまでならただのいたずらだと思うが・・・。

切れたすぐ後に、俺の携帯が鳴った。非通知で1回鳴って切れただけだが、俺は電話番号を教えていないはずだ・・・。


741 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/14(木) 08:45
今は車売っている、学生時代の後輩のはなし。

お得意先の自宅に電話していたら、突然、 ガタン!という凄い音と「うぅー、うぅ…」という声がしたきり、応答が途絶えた。 何がなんだかわからず、先方の家へ駆けつけると、脳溢血で事切れていた。

「後にも先にも、あんだけ状況が飲みこめず、冷や汗をかいたのは初めてだ」そうです。 


742 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/14(木) 10:28
現在の住所に引っ越してきた翌日、自宅にかすかに聞き覚えのある女性から電話がかかってきた。

女性:「○○くーん?美穂子だよ。」
俺:「はい?」
女性:「美穂子だよ。何年ぶりかなぁ。おぼえてる〜?」
俺:「うちは★★です。間違いじゃないですか?」
女性:「(妙にあわてた声で)あっすいません。間違えました。」ガチャリ

とここまでは、単なる間違い電話なのですが、電話を切ったあとよく考えてみると、美穂子って言うのは、10年以上前にごく短期間付き合ったことのある元彼女でした。

別れてから一度も連絡をとってないし、共通の友人もいないし、俺は彼女と別れてからもう4回も引っ越してるので、彼女に俺の連絡先がわかるはずもない。

しかも 引っ越した翌日に電話。単なる偶然なのか?妙に不思議な体験でした。

ちなみに、彼女がいってた○○君っ ていうのは、確か俺の前に彼女と付き合ってた男の名前です。 


744 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/14(木) 13:26
>>742
それって、超狭い世界で生きてるってことのような気がする・・・。すまんが。 

745 : 7422001/06/14(木) 15:33
>>744 
超狭い世界なのかなぁ・・・。

ちなみに、彼女と付き合っていた頃、俺は東京の府中に住んでて、その後川崎、 狛江、現住所の栃木県で2回、引っ越してます。彼女は当時千葉の実家に住ん でました。

彼女が今どこに住んでるのか知る由もないけど、単なる間違い電話とは思えないんだけどなぁ。 


746 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/14(木) 15:51
まだ小学生の頃のある雨の日、家で1人で留守番してた時に、2階の自分の部屋で昼寝してたら、 急に電話が鳴って、その音で目が覚めた。

最初は眠かったので、出なければすぐに止むと思って、横になったまま目を閉じて無視してたけど、 やたら大きな音でずっと鳴り続けるから、仕方なく出ようと思って、 目を開けて立ちあがると電話の音は止んだ。

その瞬間は「なんだよ〜」とか思ったが、 冷静になってよく考えてると、当時は2階には電話は無く、仮に1階で鳴っても、 あんなに大きな音で聞こえるわけが無かった。

その時は怖いという気持ちは全く無く、ただ不思議なだけで、後で親とかに言っても、「寝ぼけてたんだろ」と片付けられてしまった。

それから何日か経ったある夜。また電話の音で目が覚めた。偶然かもしれないけど、その時もずっと雨が降っていた。

今度は完全に目が覚めても、電話は鳴り続けていた。やっぱり1階の電話ではなく、すぐそばで鳴ってるかのような大きな音だった。その音が他の家族には聞こえないのか、誰も起き出してこなかった。

「まさかこの部屋に電話があるわけないよな」と思いながら、部屋を見渡しても、もちろん電話なんか無い。

よく耳を済ませると、どうやら隣の部屋で鳴っているみたいだった。しかし、隣は父の書斎で、そこにも電話は無いはずだった。

ここでようやく不思議な気持ちから恐怖心が湧いてきたけど、子供ながら、というか子供だったから、わけの分からない出来事に対する好奇心があり、調べてみる事にした。

自分の部屋を出ると、その途端、電話の音はかき消すように鳴り止んだ。

でも、一応音の原因は確かめておきたかったので、書斎に入ってみた。 書斎には誰もおらず、ここにも電話は勿論、電話のような音を出すものなど何も無かった。

翌朝、家族に話したが、今度も「寝ぼけてありもしない音が聞こえたんだ」とか一蹴されてしまった。

その後は、その謎の電話の音がする事は1度も無かったものの、本物の電話が鳴ってもビクッとしてしまう日々が続いた。

結局何がなんだか分からないまま終わった出来事だが、 最近になって、あの時電話が鳴ったと思われる場所で、いまこうしてパソコンを使っており、 モデムの横に電話が置いてあるという事にふと気づいた・・・。 


747 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/14(木) 17:30
 >>746
それはね、呪われた電話なの。 死者からのベルは、大きいんだよ。

750 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/18(月) 22:45
違うスレで、殺害された妊婦が腹から赤ん坊を引きずり 出され、その替わりに電話機を詰め込まれて死んでいる、ってのを帰ってきた旦那さんが発見したっていう事件 (実話)が載ってたよ。 

751 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/18(月) 23:19
>>750
まるでシャロン・テート事件みたいだね。

752 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/19(火) 12:00
>>750
有名な事件だね 名古屋の事件 お腹にいれたれてたのは電話とキーホルダー その時の赤ちゃんは元気に育っています 。

753 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/19(火) 13:25
>>750 
赤ちゃんはどこで見つかったの? 犯人は? 

※名古屋妊婦切り裂き殺人事件:
1988年3月18日 、名古屋で発生。被害者B子さんの夫=A男さん(31)、被害者=B子さん(27)は結婚3年目、二人の初子は臨月 であった。

出産予定日を過ぎても陣痛のないB子さんを気使ったA男さんが自宅にTEL。 
・PM1時―応答あり ・PM6時―応答無し ・PM7時40分―A男さん帰宅。 

部屋に明かり。外に洗濯物。普段施錠してあるはずの鍵は開いていた。居間のこたつの横から赤ん坊の声。こたつ横にB子さん、その横で生まれたての嬰児。異常分娩と思ったA男さんが玄関の電話を探すがみつからず、階下の隣人に借りてくる。その後、妻B子さんの異常に気付く。 

B子さんの首には、こたつコード。手は後ろ手に縛られ脇腹に出血あり。マタニティドレスを剥すと、胸から下腹部にかけ縦一文字38cmにカッターの様な刃物による切り裂き。 

「玄関にあったプッシュ電話」と「ミッキーマウスの付いたキーホルダー」がB子さんの腹内に入れられていた。嬰児のへその緒は犯人によって切断済み。B子さんは絞殺後、お腹を切られていた模様。性的暴行なし。
 
自宅から数千円入った財布だけが紛失。嬰児は生存、現在は離れた土地で生活しているらしい。

2003年(平成15年)3月18日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。(wiki名古屋妊婦切り裂き殺人事件)

詳しくは【未解決事件・神隠し】40秒で消えた男の子【その5】に。

754 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/19(火) 15:29
つい先日のこと。 

俺「はい、○○です」
相手「・・・1の母でございます。このたびは・・・(以下略)」

どうやらただの2ちゃんねらーだったらしい 


756 : あなたのうしろに名無しさんが・・・2001/06/19(火) 15:49
 >>754
おもしろいけど、怖いよぅ。
引用元:http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/972362735/