【その1】
捨てられたテレビ

・独占女の60分の心霊・鶴瓶・27時間テレビ・ハロモニ

72 : 名無しさん 2000/12/17(日) 20:56
遥か昔「ヤングタウン」の何曜日だったかで(多分月曜?)裏六甲のタクシー話(山道で女の客を乗せて振り向いたら…のヤツ。 

ちなみにこの話
神戸では裏六甲って事になってるけど、メジャーだからきっとあちこちに「ここが本場」とかなってるのかなあ)にかこつけて取材に行った。

その時は何にもなくて、後で編集する段になって
リポーターの子が「ここが例の幽霊話のあった現場なんですけどー…」 って言ってるところに、ちっちゃく「幽霊じゃないもん」という少女の声が入ってた、というのは聞いた記憶があるぞ。

78 : 6the6the6 2000/12/19(火) 20:47
今年の6月。J-WAVE、グルーヴラインでの出来事。いつものようにリスナーからのリクエストFAXを読み上げるピストン西沢。しかしふと、その言葉が告げられた途端…。 

「そう言えば明日6月6日はオーメンの日…」 

…ザーーーーーーーーーーー… 

最初は単なるノイズかと思った。しかし、いつまでも止まない。しばらくして、音が入ってきた。 

「えー申し訳ありません。ただいま、放送システムがダウンしてしまいまして、今ちょっと復旧に時間が掛かっております。」 どうやら、なにかトラブルがあっようだ。 

「ただいま、秀島が別スタジオへ移動しています。しばらくお待ちください。」 

移動中の秀島からライブ中継が入るなど、放送復旧に奮闘している模様。しばらくして、赤坂のスタジオに移動し放送復旧。いつものテンポで番組は進行し始めたが、その後はオーメンの話題でもちきり。

視聴者から安否を気付かうFAXが入るなど臨場感のある展開。どうせ仕込みだろうと思って聞いていたが、番組の最後になってもネタばらしは無かった。 

あれは本当にオーメンの呪いだったのか…。 

79 : スターボー 2000/12/19(火) 21:41
20年ほど昔のことなんですが… 

その昔、「女の60分」という、女性レポーターが体験レポをする番組があって、毎年夏に各地の心霊スポットに突撃取材とかしてたんです。

で、その時は、戦争の頃、赤紙がきた男をかくまったため、軍隊に一家全員殺されたといういわくがある、軽井沢の別荘をレポートしていたんです。 

その別荘は、高級別荘によくある屋根が高い建物で、外からみるかぎり2階建てに見えるんですが、屋根裏に秘密のフロアがある3階建て。そのフロアに男をかくまっていたそうです。 

そこで、レポーターが隠し階段を上って3階に突入したのですが、その時、私には見えたんです。暗い廊下に、青白く浮かんだ着物姿の女性の姿を…。

その女性は廊下に正座していて、うっすらと微笑みながら、三つ指をついてお辞儀をし…そして、すっと消えてしまいました。 

当時、小学生だった私は、驚いて、一緒に見ていた両親に「いま、変なものがうつってなかった?」とききましたが、二人とも見なかったとのこと。番組レポーターも何事もなかったようにレポートを続けており、番組中、そのことに触れることはありませんでした。 

たった2、3秒ほどの映像だったので、私も「気のせいかな」と気にせずにいました。 

それから5、6年たったある日、友人と怪談話をしていて、何気に「俺、昔『女の60分』で軽井沢の別荘で心霊スポットをレポートしてた時にさあ…」とこの話をし始めたとき、友人の一人が突然「それって、着物の女が三つ指つくやつじゃないか?」と驚いて聞き返してきました。

二人で番組の内容や放映時期について話しましたが、ほとんど一致し、「見間違いじゃなかったのか」と改めてぞっとしました。 

誰かほかに見た人いません?

82 : 名無しさん 2000/12/19(火) 22:38
>>79 
霊感強い方ですか? 

以前、アンビリをこの板で中継した時にも、テレビに(見える方が複数いたのらしいですが)霊が写ったとかカキコされている方がおらっしゃられましたが、やっぱブラウン管を通して見える事があるのでしょうか? 

あと、軽井沢の別荘には心霊スポットが多いと聴きます。 

83 : 名無しさん 2000/12/19(火) 22:46
>>79 
その話、僕の知人(41才♀)が何度か言ってた。番組も着物の女性が正座してた事も、全部一致してますぅ。 半信半疑だったんだけど…こわっっっ! 

92 : スターボー 2000/12/20(水) 22:08
>>82さん 
私、霊感まったくありません。それらしい体験もこのほかには、金縛りにあったことが一回あっただけです。 そもそも、“霊能力”というもの自体に懐疑的な人間です。

ちなみに、見たという友人も、霊の存在を信じるような素直な奴ではありません。なんで、ウチらに見えたんでしょ? 

>>83さん 
げげっ!見た人いたんですねぇ!話してみるもんだなあ…インターネットってスゴイ(初心者!)。
 
しかし、ウチらの他にも見た人がいたってことは、あれはやっぱりホントにうつっていたんですね… 改めて、ぞっとしてしまいました。 

さらなる目撃者求む! 

124 : 名無しさん 2000/12/26(火) 00:50
それは、やらせ(演出)ではないかと…
 
128 : スターボー 2000/12/26(火) 02:41
>>124さん 
私も製作者側の演出というのが、一番合理的な考え方だと思います。見たといっても画面を通しての話ですから…(画面の向こう側って、信用できない世界ですし…)。
 
ただ、私が見たアレは、青白いような黄色いような、ちょうどホタルの光のようにボーッと浮かびあがっているような感じで、合成で作るにしても、それなりに高い技術がいるように感じました。 

たしか、まだ1980年以前の話ですから、たかがレポ番組の1コーナーの演出ために、そんな凝った合成をすることはないような気がするんですが…。 

132 : 名無しさん。 2000/12/26(火) 12:46
>>128
私の記憶では廊下ではなく、暗い部屋でカメラをパンしたら一瞬、後姿の座っている白い女性が映っていたというものでしたが。

確かに演出ということも考えられますが、番組としてはあそこが一番の山場なはずで、普通だったら何回も繰り返すはずなのに、全くそのことには触れてないんですよね。そこがどうも怖くて…。

86 : 名無しさん 2000/12/20(水) 02:23
ツルベとかの、ぬかるみの世界。

87 : 名無しさん 2000/12/20(水) 03:20
>>86 
3人組が写真撮られて次々事故にあったってヤツ?

88 : 名無しさん 2000/12/20(水) 03:23
>>87 
そう思っていればいい.....

89 : 87 2000/12/20(水) 03:30
>>88 
怖いよ、気になるじゃないか〜…

90 : 名無しさん 2000/12/20(水) 03:48
>>89 
...ご愁傷様です。どうぞ、前向きに。

104 : 名無しさん 2000/12/24(日) 00:11
>>86 
その話知ってる… 中学の頃理科の先生が話してくれた。 あれって実話なんですか?

122 : 名無しさん 2000/12/25(月) 22:36
>>86 
この話、オチが何パターンかあって、ひどいのは半狂乱になった母親が娘の生首をつるべに投げたなんてのがあるんだけど(w)、実際のところ生首がオンエアされたってのは事実なのかな? 

この話自体、都市伝説みたいな内容でマユツバものなんだよね…。
 
131 : 名無しさん 2000/12/26(火) 12:17
>>122 
その話の詳細きぼんぬ。首の無い写真の話?

181 : 鶴瓶の話って… 2001/01/07(日) 21:49
>>131 
これのこと? 
ttp://www.vc-net.ne.jp/~z4242/paaaa60.htm
※リンク切れ 

182 : 名無しさん 2001/01/07(日) 22:46
>>181 
それそれ。本当なのかなぁ? 

※上記URLウェブアーカイブより
この話は、私の地元(関西)では、わりと有名なので、知ってる人も多いかも知れません。

某有名タレントTが、突然仕事をいっさいキャンセルして、一年間の休業をしました。
何の発表も前触れもなく。
私の好きだった「突然!ガバチョ(
15年くらい前の
関西ローカルです)」
も突如打ち切りになった理由が、まさかこんな悲しい事だったとは!

Tはその頃、まさに売りだし中で、たくさんレギュラーを持っていました。
その中にラジオの深夜番組があったんですが、
夏のお約束の恐怖体験のコーナーで悲劇は起こりました。

番組に送られてきた一枚の心霊写真。添えてあった手紙には。

「私、外に出るのが怖いんです」

写真には、三人の女子高生が写っていました。
手紙を送ってきたノビ子(仮)とその友達、ジャイ子(仮)とスネ子(仮)です。

写真を撮った場所は、わからないんんですけど、
ノビ子たちは、三人で肝試しに行った時に、それを撮ったらしいのです。
肝心の肝試しは、なにも起こらなかったのに、まさか帰った来てこんな怖い思いをするとは…。

三人でその写真を見てから数日たったある日、最初の悲劇が起こりました。
 
ジャイ子が、下校途中、車にはねられて、死亡。
不思議なことに、ジャイ子の左腕だけは、いくら探しても見つからなかったそうです。

それから更に数日後、今度は、スネ子がやはり下校途中、
駅のホームから転落、運悪く駅に入ってきた電車にはねられ、死亡。
そしてまた、不思議なことに、スネ子の場合は、
左足だけ、いくら探しても見つからなかったのです。

Tは、早速ノビ子に電話をしました。

「そんなん、偶然や!一生家の中に閉じこもってる気か!?」
「絶対、外には出えへん!次は、あたしが殺される…」
「大丈夫や!今からこっち(スタジオ)来い!」

Tは、タクシーで来るように、
タクシー代は、局が持つからと言うことで、嫌がるノビ子を何とか説得しました。
ノビ子も、タクシーだったら安全だろうと言うことで、
嫌々ながらも、すぐにTの所へ向かうことにしました。

ところが、20分位で到着するはずの、ノビ子が来ない。
とうとう番組が終わってしまいました。
責任感の強いTは、そのままスタジオでノビ子を待っていました。

しばらくして、スタッフが青い顔でTにこう告げました。

「今、そこの交差点で、事故があって、どうもノビ子の乗ったタクシーらしい」

その事故はやはり、ノビ子でした。
ノビ子もタクの運ちゃんも死亡。
不思議なことに…。

「もしかして、首、見つからへんのか…」

ノビ子が送ってきた心霊写真は、ジャイ子の左腕、スネ子の左足、
それとノビ子の首から上が写ってなかったそうです。

Tは、自分が呼び出していなければ…と言う思いから、一年間の謹慎を自ら課したそうです。

184 : 名無しさん 2001/01/08(月) 03:39
>>181 
ちょっと私が聞いた話と違う…。死んだのは男の子って聞いたし、ノビ子の死因は電車にはねられて首紛失っていうのだった。 

都市伝説になりつつあるのかなぁ

198 : 名無しさん 2001/01/10(水) 15:52
つるべの話だが、俺が聞いたのはこっちの方。都市伝説なのかな? 
ttp://www.hh.iij4u.or.jp/~honey/oresama/kowa4.html
※リンク切れ。ウェブアーカイブより。

関西ローカルでやってたラジオ番組で、ヤングタウンだったかなんだか忘れましたが、若かりし頃の鶴瓶師匠がパーソナリティを努める番組があったそうで。まー楽しいお笑い系の番組とかなんとか。

そこで一通の葉書が紹介されました。

「鶴瓶師匠こんばんわ。相談したいことがあるのでお便りします。夏休みということで、僕と友達二人で、ある山に昆虫採集に行きました。あまり虫がとれないので、奥へ奥へと進んだところ、そこで一人の少年に出会いました。

「虫とりしてんの?もっととれるとこ教えてやろか?」

こんな山奥で何をしているのだろう?と、ちょっと不思議に思いましたが、地元の子なんだろうと思い、案内してもらうことにしました。教えてもらった場所では、驚くほど虫が捕れ、カブトムシなんかもとれて三人とも大満足でした。

「じゃー記念に写真とったるわ」

その少年はカメラを持っており、僕たち3人の写真を撮ってくれました。現像できたら送ってくれるとのことで、僕の住所を教えて、お礼を言ってその日は山をあとにしました。

後日写真が送られてきました。真っ白い封筒に写真が一枚入っていたのですが、それを見て僕はとても恐ろしくなりました。

確かに僕たち三人が写ってはいたのですが、一人は全身真っ青、一人は首の無い状態、そして僕はと言えば、下半身のない状態、つまり上半身だけしか写っていなかったのです。

急いで友達二人を呼んでその写真を見せると、やはりとても驚きましたが、きっとイタズラだろうということで話は落ち着きました。

「住所わかればふざけるなー!て怒鳴りに行ったったんのになぁ」

封筒には宛名以外、なにも書かれてはいませんでした。

その何日かあとです。怒鳴りに行く、と言っていた友達が、交通事故で死にました。ひどい事故だったらしく、トラックに巻き込まれた彼は首がとれた状態で死んだそうです。

そう、あの写真で首の無かった友達です。

残された僕たちは、まさか?と思い怖くなりましたが、それよりも彼が死んでしまった悲しみの方が大きかったので、それほど気に留めてませんでした。

でも、またその何日か後に、もう一人の友達が死んでしまったのです。原因不明の病気で急死、全身真っ青になっていたそうです。

次は僕の番だと思うと怖くてたまりません。僕はどうすればいいのでしょうか。

鶴瓶師匠たすけてください。」

そんな内容の葉書だったそうです。

それを読み終えた鶴瓶師匠は、「こんなもん作り話やろ。なんや住所こっから近いやんか。おいお前、これが本当の話やっちゅーなら今からこのラジオ局来いや!番組終わっても待ってるしな。絶対来いよー(笑)」と、笑い飛ばしたそうです。

その番組が終わり、そのままラジオを聞いていると。

違う番組の最中だというのに、鶴瓶師匠が出てきました。なにやら慌てているような、それどころか泣いているような様子。

驚いて聞き耳を済ますと、「先ほど紹介した虫取りの葉書の子が、さっきの番組を聞いてこのラジオ局に自転車で向かう最中に、踏み切り事故で死んでしまった。住所と名前から間違いなくその子だとわかった。さっきの葉書は嘘ではなかった。笑い飛ばしたりして本当に申し訳無いことをしてしまった。」

所々泣き声になりながら、鶴瓶師匠はそう語ったそうです。

どのような状態で亡くなったは語られなかったようですが、踏み切り事故ですから、やはり…。

その次の日、学校はその話題で持ちきりに。

が、その番組は打ち切られることなく続いたけれど、その葉書の話題には二度と一切触れられることはなかったそうです。
 
200 : 名無しさん 2001/01/10(水) 21:14
>>198 
超ありがちネタ。完全な都市伝説だね。 

進化されたバージョンでは、スタジオに母親が、娘の首を持って飛び込んでくることになっている
 
202 : 名無しさん 2001/01/10(水) 21:34
>>198 
俺が聞いたのは>>198の方。見た感じ>>181の話と似てるような気がする。 

どっかで話しがこじれたか、分裂したのかどっちだろう? まぁ、都市伝説に過ぎないけど。

203 : 名無しさん 2001/01/10(水) 22:47
つるべの話、私が聞いたバージョンではテレビでの話ってことになってて、>>200のエピソードがあって、おまけにその生首が放送されてしまったという話になってます。 

※鶴瓶生首事件:別バージョン
鶴瓶がしていた番組に、一枚の心霊写真が送られてきた。それは三人の女の子が写っている写真で、それぞれ、腕、足、首が写っていない写真だった。そのうちの二人は事故でなくなり、それぞれ写真に写っていなかった脚と腕を無くして死んだ。

そこで番組側が、呪いなど存在しないことを番組中で証明しようとして、彼女に番組に出演して貰おうと考えた。深夜の生放送番組のことだったので、彼女の母親も同伴してテレビ局にやってきた。

局に到着した直後、彼女は突っ込んできた車にはねられ、写真の通り首を切断されて死んでしまった。同行していた母親は半狂乱となり、未だに血飛沫を上げる娘の生首を掴んだまま、収録スタジオに飛び込んできた。会場は壮絶な悲鳴に包まれ、一瞬だが生首を写し、放送してしまった。

ちなみにこれらの話は、ラジオのリスナーが作ったネタ話です。 

211 : 名無しさん 2001/01/11(木) 08:15
「ぷっつん5」も鶴瓶の話とよく似た終わり方をしたと聞いた。

203 : 名無しさん 2001/01/10(木) 09:37
>>211 
具体的に言うと?

426 : 名無しさん 2001/05/01(火) 02:20
「鶴ちゃんのプッツンファイブ」の番組の打切りの理由は、その日心霊特集をしている最中急にスタジオが停電になって、その瞬間ガシャーンとなにかが落ちる音がした。

停電が終わって明かりが付くと上の照明が落っこちて女の人の頭上に落ちた。観客の悲鳴と共に、画面に一瞬映ってしまい、しばらくお待ちくださいのテロップが流れて番組が終わった。

その事件を機に、番組は終了した。

※1989年1月7日、昭和天皇崩御。1988年下半期より、昭和天皇の様態悪化に伴い報道特別番組が編成されていく中、バラエティー番組放送の自粛が行われ「ぷっつん5」も終了した、というのが真相らしいです。(wiki:鶴ちゃんのぷっつん5)

286 : 名無しさん 2001/02/13(火) 01:27
つるべがらみで「ぬかるみの世界」か「ヤングタウン」の話。

「だれだれの髪が薄い」という話が盛り上がって、「あのハゲ」とつるべが言った直後に、実際には聞こえなかったそうですが、同録にも、聴取者の録音テープにも、「ハゲじゃないですよ」 という低い声が入ってたというのがありました。

そのテープも放送されてましたが、出演者たちは聞いた覚えがない、と言っていたし、霊としても意図がわからず不気味だったのを覚えています。そのときの「ハゲ」呼ばわりの人も健在だったそうです。 

誰か覚えてる?

400 : 名無しさん 2001/04/15(日) 14:51
鶴瓶さんのファンとしてその都市伝説にひとこと。 

こんな話、聞いたこともないし、第一、「責任感から一年間謹慎した」 というのはまーったくありません。もちろん「突然ガバチョ」の終了理由もんなのではないし。とりあえず、ここ20年、放送に出なかったのは1週間さえなかったでしょう。 

ただ、東海ラジオの「ハゲじゃないですよ」事件はリアルタイムで聴き、テープもまだ持ってますよ(実家に行けば)。あれはマジでびびった。 

451 : 名無しさん 2001/05/18(金) 04:06
鶴瓶の件は、彼が生放送でティ○ポ出したからです。

※27時間テレビ6:20~
 

97 : 名無しさん 2000/12/22(金) 00:30
柴田恭平主演のドラマ「パパ!かっこつかないぜ!」(←だったかな?)の第一回目の放送で、西田ひかるが屋外でジュースかなんかを飲むシーンがあって、その時の背景の建物の窓ガラスに、男の顔が写っていたような気がする。 

緑色っぽい感じで。目の錯覚だったのか…いまから約10年前。マイナーなドラマの話でスイマソ(藁。 



99 : 破壊の宴 2000/12/22(水) 03:37
モーニング娘の「ハロモニ」見てた人いる? 
 
1時間スペシャルの時に窓に男の上半身?が写ってるやつ、ビデオでみてもちゃんと写ってるし…ポスターだって言い訳してたけど、あれは違うよねぇ? でもあまりにはっきり写りすぎ?
 
135 : 名無しさん 2000/12/26(火) 23:37
>>99
ハロプロの件、確かに気になってはいました。 

録画しているので、何度も繰り返し見ていましたが、ポスターって感じじゃないですよね。だいたい透明セロファンに切り抜き白黒写真貼り付けたようなポスターなんて。みたことありますかね。 

鏡説もありましたが、位置的に違うと思うし…。 

136 : 破壊の宴 2000/12/27(水) 00:51
>>135
あんなにはっきり、最初はポスターって自分で解釈してたんだけど、どうみてもおかしい。楽屋にたった一つだけ。しかもかなり高い位置にポスターなんて貼らないだろうし、その前に芸能人でもなんでもない人ですよね?あれ…。
 
なんか噂では遺影にも見える。って説もあるけど…。
 
143 : 名無しさん 2001/01/02(火) 03:32
>>136
あの事は2000年11月号のGON!に載ってましたよ。 

検証した結果は友達の霊(誰の?)だそうです。別に悪い霊ではないそうです。(霊が)ガッツポーズしてるんだってさー。あと、それの他にもあと2体いるとか書いてあったよ。

343 : 名無しさん 2001/03/04(日) 20:07
>ハロモニの件
放送後、とあるページでも噂になっていたので、当時のビデオを見直しました。

なっちがハンディでメンバーを録ろうと楽屋に入った時、こっちを向いている保田圭ちゃんの後ろのカーテンの裏? に、かなりクッキリ映り込んでいました。オレはそれを見た瞬間、!!尾崎 豊!? と思ってしまいました(ファンの人、すみません)。

なぜなら、その像はTシャツとジャケットに見えたからです。尾崎さんの事はほとんど知らないんですけど、このファッションで尾崎さんの様に感じてしまったのです。(ファンでもない者なので仕方がないと許してください)。

これはこれでかなり怖かったんですが、その数週間後のある番組で、モー娘。がゲストで出演、メンバー1人1人に思い出の曲を聞く、と言う趣旨のコーナーがあり、 何とその時、保田 圭ちゃんは、尾崎氏の「卒業」を挙げていたんです!! 

その時に流れた尾崎氏のライブ映像と、例の不可思議な映像が重なり、自分の勝手な思い込みとは言え、背中が怖気立ちました。

…ファンの人、ホントにゴメンなさい。

100 : 名無しさん 2000/12/22(金) 05:38
7、8年位前に「2時のワイドショー」で心霊特集をやっていて、場所も何の取材かも忘れたんだけど、馬鹿デカイ首(顔)だけの地蔵を写した瞬間、画面が砂嵐になったときはマジビビッタ…

【その3へ】