【その13】
サイコ


890 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/24(木) 09:35
友人(女性)から聞いたお話。 

浮気した相手が家族崩壊。それにつれて、浮気の相手が精神崩壊。別れ話の席(喫茶店)で、男の癖にいきなり泣き出される。仕方ないのでその人の家にいくと、ナイフでクッションを破りながら話をされる。

最後には自分の脚を刺し始めて、部屋が真っ赤になる。

本当に殺されると思ったそうだ。浮気はしないほうがいいかもね。


894 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 05:37
>>890 
不倫の修羅場はサイコ作りかも。 

友達A(女)が上司と不倫したときのこと。 

奥さんは夫と同じ職場で、キャリアウーマンだったのに子供ができて仕方なく退社した人で、仕事への悶々とした思いを抱きながら子育てをしていた。なのに夫は、子育てに参加しないどころか部下と浮気! 

ある朝、奥さんはA(浮気相手、あたしの友達)の母を騙して家から連れ出し、一緒に夫の職場に。友達と上司は同じ部屋。そこは50人近い部屋なのだが、朝礼の時間をのっとった。

奥さんはみんなの前で浮気の事実を暴露、笑いながら友達の書いたバカでラブラブ、Hな手紙やメールを読み上げたり、友達Aの母に後ろの席の人にコピーを配布させたりしたそうな。 

友達Aの母は、突然そんな形で娘の行動を責められ、頭の中が真っ白になったんでしょうね。土下座させられたり、言いなりだったって。 

髪振り乱して恨みをぶちまける奥さんの鬼気迫る様子に、最初は止めようとした夫もマジでヤバイと気付き、近寄れなくなった。友達Aも、母がそんなことさせられてるというのに、全く動けなかったそうな。 

最後奥さんが泣き崩れた頃、やっとあまりの事態に固まっていた社員の一人が、なだめながら別室に。奥さんは元社員だから、みんな知ってるのね。

しかも美人で、仕事できて男女ともに人気のある人だったから、そのすごい形相、言葉遣い(というかその出来事そのもの?)がすごいショッキングで、部屋は異常な静けさと空気の重さに包まれたそう。
 
奥さんはちょっと入院して、結局離婚した。男は左遷、浮気相手の友達Aは自主退社。 

サイコと呼ぶには気の毒かもしれないが、手紙を読み上げてる時とか、本当に狂気というものを見たって言ってた。連れて行かれた別室でも、泣いたり笑ったり叫んだりだったって。 

男性も女性も、サイコさんを作り出すようなことはしないようにしなきゃね。

891 : 狂気の308号室 2001/05/24(木) 15:30
私の友人に、YとKという男の子がいます。

YはよくKの家に遊びにいくのですが、いつものようにKの家で遊んでいる
Kの母親が帰ってきて、「ただいまKくん。あら、こんにちはYくん。」Yが「おじゃましてます。」と挨拶をしたいきなりKが自分の母親の股間を触り、「本当は気持ちイイんでしょ?」と言った。 

そしたらKの母親が、「だめ!Kくん!ここはお父さんしか触っちゃいけないの!」と言った。 

この話をYから聞いた時、私は涙流して笑ってんですが、Kがその後精神病院に入れられたと聞いた
ゾッとした。

892 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/24(木) 15:36
>>891 
家族団欒な家庭崩壊だね! 母親の返しが救いだな。

894 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 05:37
>>891 
それはY君たちが何歳くらいの時のお話? 

897 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 06:37
昔、よく行ってたビデオ屋にサイコなお客さんがいたよ。サイコというより基地外かな。 

母親と子供の二人で、ビデオを寝転がりながら物色したり、店内で流れているビデオを、入り口のところで寝転がって見てたりしてた。 

店員が困り果てて注意しにくると、母親が「あなた何なんですか?うちの子供に何するんですか?ギャ−」とか大声で叫びまくって、店員がひるんだ次の瞬間、寝転がったまま「いらっしゃいませー」と無表情で言ったりしていた。 

旦那と思しき人がよく連れに来てたけど、店員にあやまったりすることもなく、そいつも基地っぽかった。怖かった。

898 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 06:57
>>897みたいなおかしい人っているよね? 

なんかいい年のくせに座り込んで人の目をジーとにらんでたり。それで平気で悪口を人の前で言ってたり。

899 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 07:07
>>898 
ホント、普通の生活の中で絶対一度は見るね。
 
俺は一度、駅前で人を待ちながらタバコ吸っていたら、全く知らないおばちゃんがいきなり、「こんなところでタバコを吸って!吸い殻をどこに捨てる気か!おまえみたいなのがいるから街がよごれる!親の顔が見てみたいよ!」ってかなりの大声で怒鳴られて、大注目されたよ。 

その時は携帯灰皿もっていたから(゚Д゚)ハァ?って返したけど、もっともな事を言っていても、見ず知らずの人間にいきなり怒鳴り散らす奴もサイコだと思うな。

900 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 07:34
バイト先の飲食店でなんだけど、近くにその手の病院あって、そこの患者(50くらい.男)と母親が来たんよ。 

その患者、トイレ入って自分で鍵閉めて『出られない〜!開けて〜!』って泣き出して、母親の方もこの惨状見て泣き出して、店の中に二人の嗚咽と絶叫が渦巻いてたよ。 

結局、ドア鍵ペンチでぶっ壊して無事救出したんだけど、店長は2度と関わりたくないと言ってた。

902 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 07:50
日比谷線某駅にて、基地系のおばちゃんと俺の目が会う。 

「何あんた、あたしを見て。あんたに見られる位になんておちぶれてないのよ。どうせ社会に出てない学生なんでしょう? あたしはこうみえても働いているの。なにその馬鹿にした顔!これでも立派に勉強したんですからね!まぁ、なにその馬鹿にした顔!どうせ貴方みたいな人が犯罪とかを起こすのでしょうね。警察呼ぶわよ!警察!本当!馬鹿にしてからに!」 

目が合っただけだぜ・・・。

919 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 06:38
>>902 
気の毒です・・・。 

903 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 07:53
大阪環状線に乗っていた時、夜中の11時くらいに、ウェディングドレスを着たお姉ちゃんが、「あたし結婚するの、素敵でしょう??」 って、半笑いをしながら周囲の乗客に話しかけつづけていたなぁ。 

結婚詐欺にでもあって、あっちの世界にいっちゃったのかなぁ、とその時は思ってた。

930 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/28(月) 14:11
>>903 
悲し気で、「世にも奇妙な物語」の最後のようなシーンだよね。奇麗で異質。 

904 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 08:25
ガキの頃友人Tの家に遊びに行って帰る時に、そのTの家の畑をふと見たら、のじいちゃんが耕していた。

そしたら何かの種(梅干だったと思う)を発見したらしく、人差し指と親指でそれをつまみ、それを太陽にかざして「うおおおぉぉぉおおおぉぉーーーー〜〜〜おぉ!!!」 だってさ。

905 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 09:39
昔住んでいたアパートに、真夜中にゴミ袋をもって、全ての部屋のカギを開けようとする、自称管理人がいました。見回りだそうです。

906 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 13:20
友人にA男とY子という恋人同士がいた。
 
Y子の部屋には卵の殻(中身を抜いたもの)にペイントする、何とか(名前忘れた)アートが部屋中に飾ってあり、彼女自身それを作るのが趣味になっていた。 

ある日、Y子の両親から相談があった。Y子の様子が近頃おかしいので原因を知らないか?というのだ。急いでY子の家に行くと、そこには多少言動がおかしくなり、精神状態がおかしくなったY子の姿があった。 

いくら問い詰めてみても、Y子は原因を言わない。しかし、大体の見当はついていた。一ヶ月前、A男と別れたのが原因だろうと。そこでその夜、A男を呼び出しY子の状態を説明した。 

するとA男は、「Y子が妊娠したのだが、俺が堕ろさせてしまった。それが原因でY子とも別れた」と告げた。そして、「俺が原因だからY子に謝りたい。今からY子の所に行ってくる。明日また連絡する」と。 

次の日、A男から何の連絡もなかった。俺はA男のアパートを訪ねて見る事にした。しかし、部屋には鍵がかかっていて中に入れない。人のいる気配もない。 

そこでY子の家に行く事にした。Y子の状態も心配だったし、もしかすると二人は和解して今もY子の所にいるかも知れない。そう思ったからだ。

907 : 906 2001/05/26(土) 13:21
Y子の家に付き、両親にA男の事を聞いてみた。確かに、A男は昨日の夜遅くやってきてY子の部屋に入ったが、それから姿を見ていないとのこと。 

俺はY子の部屋に入った。むせ返るような香水の匂いが部屋中に充満していた。 

「どうしたんだ?この匂いは」 
「香水瓶をひっくり返しちゃったの」 

「そう。ところで昨日A男が来ただろう?どうなったんだい?」 
「うん。ずっと側にいてくれるって」 

「それじゃ元通りになったんだね、よかった。今、A男がどこにいるか知らないかい?」 
「そこにいるよ」 

部屋の中を見渡したが、A男の姿はない。 

「どこに居るんだ?」 
「そこにいるでしょ」 

ちぐはぐな会話が続いた。そして、ある事に気づいた。部屋の中に充満している香水の匂いに慣れるにしたがって、他に生臭い匂いが混じっている。 

「A男はどこにいるんだい?」 
「そこにいるって言ってるでしょ」 

嫌な予感がした。

部屋の中でモノが隠せる場所、押し入れ・クローゼット・ベランダ等々を調べたが、予感していたモノは発見出来なかった。
 
思い過ごしか・・・まさかA男を殺して・・・いや、そんな事はないだろう。気のせいさ・・・そう思っていると、「グジュッ!」 何かを踏みつけた。 

それは彼女の部屋中に飾られている、卵の殻をペイントしたモノのひとつだった。机の上には、ペイントされていない卵がいくつか置いてあった。
 
しまった!中身の入っているものを踏みつけちゃったか。ゆっくりと足を上げてみると、そこには潰れた卵と、中からはみ出した赤黒い塊と、棒のようなモノが見えた。 

一瞬それが何なのか判断がつかなかったが、すぐに理解出来た。何かの肉片だと。

「うわぁ〜」叫びにならない声が、勝手に喉を押し上げた。 

「くすっくすっ、そこにいるって言ったでしょ」 

俺の叫び声を聞いて、Y子の両親が部屋に飛び込んできた。「それ」を指差し、両親に見るように言った。それが何なのか、両親も理解出来た。バラバラになった指の一部だという事が。

908 : 906 2001/05/26(土) 13:22
後で判った・・・いや既に予測はしていたが、Y子の部屋中に飾られた卵の殻の中には、A男の体が細かく切り刻まれ押し込まれていた。Y子は、A男バラバラ殺人事件の犯人として逮捕された。 

後日、あの日の模様を再度確認したい、と刑事がやってきた。俺、は何度も何度も繰り返し説明した事を、その日も説明した。 

その刑事が言った。 

「Y子はA男を殺した事に関しては認めてるんだ。しかし、バラバラにして、卵の殻に入れた所がどうも曖昧なんだ。A男の行方が判らなくなって・・・つまり君と別れて、次にY子の母親があの部屋に朝食を運んだ間の時間は、6〜7時間位しかない。こんな短時間に女一人で成人男性を卵大の大きさに切り刻み、200個以上ある殻の中に詰めるなんて不可能なんだ。共犯者がいたとしても」 

「俺が共犯者じゃないかと疑ってるんですか?」 

「いや、そうじゃないよ。疑わしい事を潰していくのが仕事でね。でも、あの事件は変なんだよ。卵の中身を抜いた穴よりも大きい肉片を、どうやって詰め込んだのか・・・。」 

現実にあった事件・・・らしいです。どっかのHPで見た。

909 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 15:40
手品だ!

910 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 15:41
大した話ではないですが、今週に出くわしたサイコ話。 

うちの会社の掃除のおばさんは、実は社長と腹違いかなんかの姉らしく、社員に対してかーなり陰険で有名なのです。 

どうやらその理由が、「自分は新興宗教にはまってる→草加学会は邪教→私のことをないがしろにするやつは草加学会→社員の約半数は草加学会」という、極端な論法によるものだったらしいのです(草加学会もいい迷惑だ・・・) 。

先日、私の部署の先輩(女・その人にやたら気に入られていて、勧誘もされたらしい)に「A(私)さん、気をつけてあげたほうがいいわよ!」 と、小声で話したらしいです。

理由を聞くと、「以前他部署のBさんに、説法のようなものが書かれた紙切れを渡されていたから!守ってあげてね!」と、真顔で言ったそうです。 

でも私はBさんとは全然部署が違い、エレベーターで一緒になった時に挨拶をかわしたことくらいしかなく、ましてメモのやりとりなんてしたこともありません。 

どうしてそんなシチュエーション思いつくんだ・・・と不気味に思いつつ、放っておいたら、その数日後には、私は彼女の中で「学会のスパイ」ということに。 

朝、私が出勤する時間に入り口のシャッター閉めたり、私がたまたま1回だけ、2階の窓の鍵を完全に下ろさずに帰ってしまった時には、翌日本部の偉いさんに電話して「いつも開けっ放しなんです、なんとか言ってやってください!」って騒いだらしいし・・・。 

一昨日は、入り口のところにある退出者名簿の私の名前のところだけ、赤いサインペンでびっちり塗りつぶされてました。 

あ、なんかこれだけ書いたらただの職場の愚痴みたいか…。本人の目の、いっちゃってる具合をお見せできないのが残念です。 

というか私、来週あたり運が悪ければ刺されて、よくても引き出しの中にねずみの死体が入ってそう…鬱。

911 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 16:13
>>910 
がんヴぁ・・・応援しかできないけど・・・。

912 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 16:49
僕の住んでる岐阜県大垣市というところに、少しオカシイ女が出没します。 デブで不細工で、よく市民病院の前で倒れているらしいです。僕は2回会いました。 

一度目はラーメン屋で。 

夏休みに友達と、塾に行く前にラーメン屋へ行った
です。その女はすでに店内にいました。僕らが座るとそいつは近づいてきて、「緑の服の子かっこいいで〜す。ウフフ。バイバイ。」と言って店を出て行きました。その時、僕は緑色のジャケットを着ていました。 

2回目は祭りの時です。 

祭りがあって、僕は友達と3人で歩いてました。突然、屋台の影からその女が飛び出してきて、「チョコバナナおごってください!!」 と腕を捕まれ、押し倒されました。超恥ずかしかったです。 

そいつはかなり有名で、僕の友人も何人か声をかけられているそうです。他にもカレー屋で急に倒れたとか、僕の友達に向かって 「コロッケ食べちゃいました。」とか言ってきたという話があります。マジ怖いです。 

914 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 19:46
>>912 
絡まれるのは嫌だろうけど、危害は加えないようだから、そういう意味では危なくないようだね。

919 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 06:38
>>914 
押し倒されてるんだから被害ありでは? 精神的なもの含めて。多分、若くてキレイな人じゃないだろうし。

915 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/26(土) 20:30
中学の時の話。

クラスに変なヤツ(男)がいた。気が弱くて、奇行があって、いじめられてた。私はヤツと小学校が一緒だったぐらいで、接点はほとんど無かったのに・・・。 

ある日、図書室へ行った。するとヤツが付いて来る。
 
・・・バカにしやがって・・・チクショウ・・・・」 

ぼそぼそ言いながら、こっちをにらんでいた。わけが解らず、無視して本を読んでいると、突然「バカヤローーー!!;:@$0!!!!」 と図書室でわめきだし、私が座っていた椅子を床にたたきつけた。それを2〜3回繰り返した。

怖くなって教室に戻ったら、顔を真っ赤にしたソイツが追いかけてきた。 

「おおおまえーーー!!なんでやボケーーー!!」 とかわめいて、今度は私に突然殴りかかってきた。

916 : 915 2001/05/26(土) 20:49
何故そんな事をされるのか全く解らず、恥ずかしいやら腹が立つやらで、とうとう切れた私は、ヤツと殴り合いになってしまいました。 

先生が普通の喧嘩ではない、と判断したのか、私とヤツは皆が授業を受けている間、職員室へ連れていかれました。ヤツは以前にもこういう事をやって、教師の間でももてあまし気味だったようです。「まあ許してやってくれよ。」 とか教師に言われました。 

もう10年も前の事です。あの頃はサイコなんて言葉知らなかったし、わけが解りませんでした。

今アイツどうしてんだろう? 

917 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 04:20
それでイイのだ!

918 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 04:31
>>915-916 
もしかして救いを求められていたのでは?
 
920 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 09:51
会社の上司の息子(小1)が、学校の同級生にカッターナイフで切りつけされた。 

その怪我そのものはたいしたこと無かったらしいが、切りつけた子の方は奇声をあげつつ学校中を走り回り、さらに自分の左手小指を噛み切り、大流血! 呪文めいた言葉を叫びながら階段から滑り落ち、動かなくなったところを取り押さえられ、病院に運ばれた…とのこと。
 
その後、表沙汰にならずに処理されたものの、切りつけてきた子は学校に来なくなったらしいです。
 
最近は子供も気苦労が多いんでしょうか?

921 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 14:26
>>920 
早く成人してよかった。 

家の近くに変なおばさんがいて、会社の寮近くなんかで出会ったら、会社近くまでずっと着いてくる。その間、延々と自分と自分の息子の自慢話を、一方的にしゃべりまくってる。

気色悪いのは、なぜかそのおばさん、こちらの会社の人事のこととか、寮に誰それいるでしょうみたいなことに、異常に詳しいこと。
 
そのおばさんに付きまとわれたのは私一人ではないから、見境ないことだけは分かってる。

924 : あなたのうしろに名無しさんが・・・あげれ 2001/05/27(日) 20:09
6年くらい前のある土曜日の事 、専門学校生だった僕は、大阪のJR環状線に乗って鶴橋に向かっていたら、なんか後ろの方で男の人2人の話し声がする、しかも大きい・・・。 

何やろかと思いながら振り向くと、年は25以上30未満の背広の男性が座席に座り、
独りで喋ってる・・・僕はその人に背を向けたまま、聞き耳を立ててみた。
 
どうやらその人の中には2人の人間がいるらしい、それぞれをA・Bとすると 

A・・気の弱い人格でおそらく背広の人の本来の人格じゃないかな? 
B・・Aを励してた前向きなAと対照的な感じ 

の二人が話ししてるんですが、どうやらAが仕事でへまして上司に怒られたらしく、うじうじと何かゆうてるとBが現れて、何かやけにポジティブな言葉でAを元気付けようとする。

そんな事を
鶴橋駅まで繰り返し、駅に着くと何事も無かった様に、近鉄のホームに向かってすたすたと歩いて行った。 

・・・あんな人と一緒の会社で働いている人達って、怖くないんかな?

925 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 21:51
千葉駅から車で穴川インターへ向かう道で、車に向かって大声で怒鳴っている、下着姿のおばちゃんがいた。最近見ないけど、以前は朝7時ごろ必ずいた。

926 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/27(日) 23:16
304 名前:さち子 投稿日:2001/05/27(日) 12:31 
こんにちは、みんくさん、わたしの事は知ってるかな? 

わたしは大人の女性(しかも美人)だけど、オカルト信じてるよ(信じるというか前提)。わたしも弟たちとネットマシン(ドリームキャスト)を共有してるからたいへんだよ。しかも、弟はオカルトに否定的なんだよね。 

で、あなたほどの年頃の女の子は、オカルトするにもお金がたいへんでしょう。それで、お金のかからない霊能力開発法を教えてあげるね。 

それはずばり「瞑想」です。 

1 黒の台紙に黄色い満月を張った絵、ベストなのは宇宙の絵を壁に張ります。 
2 水で身を清め、なるべく白い清潔な衣服を着ます。 
3 壁の絵の前に立ち、息を吐きながら、腰をおろし座禅を組みましょう。 
4 軽く目を閉じて、息を整え、自分の幽体が抜け出て、空を飛ぶところを想像します。 

こうしていると、始めははっきりいって、想像上のアストラルトリップや霊視にすぎませんが、とにかく、自分の会いたい祖人、行きたいところに自分が行っているのを極力、リアルに思い浮かべるのです。 

そのうちね、本当にできるようになっていきます。瞑想中、眠ってしまってもかまいません。 

こうやって、霊能力を高め宇宙の高次元の意識と「かいこう」していきましょう。

927 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/28(月) 01:31
学校の帰り、友達と歩きながらしゃべっていたら、パジャマ姿のおじさんが走ってきた。頭の側部がイビツにへこんでいたからヤバイ人だと思った。 

「タ、タ、タバコちょうだい!」 

おじさんは大声でタバコを要求してきた。私は無視して行こうと思っていたら、友達はタバコを2本取り出して、おじさんに指し出した。 

「ハイ、1000円ね。」 

おじさん少し困った顔をして、ポケットからありったけの小銭を取り出して、友達に渡した。友達はそれを受け取って、タバコ2本をおじさんに渡した。 

「いい買い物したね。」 

友達がそう言うと、おじさんは嬉しそうに走って行った。
 
小銭を数えると800円近くあった。友達はその金でタバコを買った。 

私はその友達の方が怖かった。

933 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/28(月) 18:05
こないだ久々に気狂いにあった。 

歳は30位のきれいなお姉さんって感じだったけど、突然後ろから追い掛けてきて、「お前だよ!お前!」って言われ、「お前指差すなよ!」「殺すきかよ!」と怒鳴られ、恐かったので走って逃げました。
 
きれいなお姉さんだったので、抱き締めたあげれば良かったと後悔しています。

935 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/29(火) 01:04
>>933 
三村マサカズ風に読むとちょっと笑える。

934 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/28(月) 19:08
面白いスレッドですね。今日知って一気に読みました。 

半田さんと彼女の話、ちょっと自分と重なったっす。これまで三人の女性とつきあったんだけど、そのうち二人は半田さんの元彼女と同類でした。 

※半田さんのサイコな元カノの話は【その7】に。

ただ、精神不安定な女の子とつきあってると、相手が自分を必要としているのがすごく伝わるので、最初は結構いいんですよね。こっちも親身になって話を聞いてあげてるうち、絆が深まっていくような錯覚に陥る。
 
でも、最後には耐えられなくなっちゃうんですけど。 

さて、幼少の頃親の愛情を受けられなかった人は、脳内のセロトニンという化学物質が少ないそうです。今SSRI (serotonin selective reuptake inhibitor) という薬(商品名はプロザック)があって、少ないセロトニンの効果を持続させる方法があるようです。

一時期「性格を変える薬」として有名になりました。


 
【サイコな人にまつわる怖い話 パート2へ】
引用元:http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=occult&key=983427928