【その6】
牛引き刑

・トイレに出産・ミイラ船良栄丸・舞台上で公演中に切断死・山田かまち・尾崎豊

431: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 05:30
ブックオフで読んだんだけどさ、トランペットの演奏家が、おもいっきり吹いた瞬間に脳が爆発して、血がドパーンって出たんだって。もちろん死んだけど。


432: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 05:35
関係ないんだけど、勉強をしない子供に、キレた母親が息子の部屋にいきなり入ってきて、息子の可愛がってたハムスターを息子が見てるなかで、ミキサーに入れてグチュグチュの液体状にしたって事件あったよね。 

一緒にいた息子の友達が警察に言って、逮捕されたらしいけど。

434: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 05:51
>>432 
ハムちゃん・・。TT

436: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 07:06
>>432
逮捕されるまでいくかぁ?

433: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 05:50
まじ? この場合の罪は動物虐待か? としても動物は物だからたいした刑罰じゃないな。せいぜい罰金。

440: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 07:50
やっぱり監禁されて、おもちゃにされて殺された、高校生の女の子の死に方がいちばんひどいよ。

何度も話に出てきてるけど、同じ女として読んでいて怖気がした。高校生といえばいちばん楽しい時期だし、いちばん多感な頃なのに。生き地獄とはこのことを言うんだなぁ。レ○プするやつは死刑にして欲しい。

前に他板でレ○プスレ立ってたけど、そこで見た話。その人襲われた後、膣の中に砂や木切れなんかを入れられて、妊娠不可能になったとか。ネタだったらどんなにいいか・・・。なんで男の人って、こんなひどいことするんだろう。

※女子高生コンクリート詰め殺人事件の詳細は【その2】に。

443: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 10:58
>>440 
地面から草を引き抜いて、根の方からあそこに突っ込むなんてのは、女の子同士のいじめではよくある話ですよ。

460: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 23:03
>>440 
見て思ったんだけど、何で殺したりするんだろう。あと異物を入れるというやつもだが。やったらそれで終わりにはできないのかな? そもそも、レ○プ自体がよくないことは百も承知。

445: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 14:05
なんか、老夫婦の話なんだけど、私が悲惨つーか可哀想だと思った事件。 

亭主関白のじじいが何かに腹立てて、おばあさんを全裸にして夜中、外に叩き出したんだそうで。雪降っていたかどうか知らないけど、真冬だったからそのままおばあさん凍死。じじいは酔っぱらっていたから、部屋で呑気に寝ていた。 

で、目が覚めて外へ出たら、ばあさんが全裸で凍って死んでいた。部屋に運んで服とか着せた上で、救急車だか警察呼んだみたいだけど。 

なんか、このじじいがおばあさんを全裸にして外に叩き出すの、一度に二度じゃなかったらしい。近所の話では、とても上品な気の弱げなおばあさんで、全裸で恥ずかしくて、余所の家に助けを求めることが出来なかったんだろうなぁという話でした。 

思い出すたびにイヤな気分になる。おばあさん、可哀想すぎる。

447: あなたのうしろに名無しさんが・・・01/12/09 19:23
書きながら泣いちゃうかも...。 

東海地方のスゴイ田舎の農家に嫁入りした人なんですが、身ごもって、いよいよ出産という時、トイレに行きたくなった。トイレはボットン式。他の家族はみんな畑仕事に出てしまっていて...あとはご想像の通りです。

みんなが楽しみにしていた赤ちゃんは、ボットン式のトイレで即死でした。もちろんニュースにはならないし、人に知られにくいことだけど、実はよくあることなんだそうだ。 

「産気」と「便意」って似てるからね、これから子供産む人、水洗トイレでも気をつけてね。

476: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 22:27
>>447 
想像してみたんだけど、へその緒がつながってるから、たぐりよせれば助かったかも・・・。

453: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 20:31
上司にサソリ固めされて亡くなったサラリーマン。

454: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 20:35
悲惨な死に方だ 

成仏してくれよそのリーマン。ナムナム・・

455: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 20:41
余りの恥ずかしさに死んでしまった人の話キボン。

456: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 21:09
屁をこいてあまりの恥ずかしさに自殺した人の話なら知ってる。

459: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 21:28
>>456 
どっかの田舎の花嫁さんだっけ?

458: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 21:26
太平洋戦争の南方戦線で、日本軍は飢餓状態に苦しめられていた。 

ある部隊は、餓えと疲労でマラリヤやアミーバ赤痢となった。指揮官の山田中尉を別格として、階級の序列などなくなり、より多くの食料を獲得してきた兵が威張るようになった。まさに地獄である。 

飢餓状態でデング熱に冒されたある兵長は、もうろうとした意識の中で、「早く家に帰りたいよぉ、帰って風呂に入りたいなぁ」 とうわごとを言うようになった。最早脳も正常ではない。

それがある日、突然起きあがって「船が来た!」 と叫んだ。それまで動けなかった兵長は、最後の力を振り絞ってゲートルを巻くと、帯剣をつけて指揮官の山田のいる小屋に向かったのである。 

不思議なことに、寝たきりだった病人がしっかりとした足取りで歩き、指揮官の前で直立不動の姿勢で敬礼すると、「申告致します。陸軍兵長○○は、この度内地帰還を命ぜられ、乗船することになりました。ここに謹んで申告致します」と言った。

そして再び敬礼をし、回れ右をすると歩調をとって10歩ほど歩き出し、そこでバタリと倒れると絶命した。

467: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 19:53
こないだの米同時多発テロ事件。WTCの犠牲者のほとんどは液化していたらしい。 

死体の数(?)も「~人」じゃなく「~㍑」でカウントしてたとか。

470:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 20:08
>>467 
なんか、当時ニューヨーク在住だった女性の証言があったね。 

「地下鉄で、駅につくと構内に異様な臭気がたちこめていた。その臭気は車内にも流れ込んできたが、乗客は誰一人騒がず、静かにうつむいて駅を過ぎるのを待っていた。車内に乗っていた黒人男性が小さな声で『ちくしょう。負けるな。』といった言葉を、ブツブツとつぶやいていた」 

っていうような内容のやつ。あれはかなり鬱ったなぁ。
 
475: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 21:45
>>470 
どういう意味なの?

478: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/11 02:34
>>475 
あの事件の遺体の死臭がした・・・って事だと思う。 

何千人もの人が液状化しちゃうくらい酷いありさまだったそうだから、何日もその状況が続いていれば、ものすごい臭いだった事でしょう。血まみれのひき肉を何日か外に放置して腐らせてみれば、その何千倍もの量の臭いがどんなだか想像つくのでは・・? 

で、電車の中の人は臭いの理由がわかってるから、臭いと騒いだりせず、静かに心の中で黙祷していたという事でしょう。 

「ちくしょう 負けるな」ってのは、自分自身や現場で作業してる人達、そしてアメリカ人全体の、悲しく辛い心情に対しての励ましの意味かな。

「ちくしょう。俺達アメリカ人はこんな事でへこたれるもんか」って。

479: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/11 05:34
>>478 
その場面だけ切り取ってみれば悲惨な話だね。

468: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 19:57
やっぱり、虐待で亡くなる子供達が一番悲惨。 

「虐待する母親も辛いのよ~」などという、腐った言い分が社会通念としてまかり通る昨今、氏にゆく子供達は全宇宙一不幸な存在。

469: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 20:00
>>468 
確かに腐ってる。そんなの子供に分かるかっつーの。

471: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 20:14
実在したのか分からない殺し方を一つ。マンガで見たから。 

拘束して、頭蓋骨に何かの器具で穴をあけ、生きたままなかにお酢をそそぎこみ、そのまま絶命。 

917: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/05 02:06
>>471 
心理捜査官草薙葵だねぇ。個人的には、同作品の中では食道を破壊された方が酷いと思うけど。 

【中古】afb_【古本セット】心理捜査官 草薙葵_全3巻_月島薫_集英社_コミック男_新書版
【古本セット】心理捜査官 草薙葵_全3巻_月島薫_

477: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 22:48
昔の中国に同じ死刑でも、斬首よりももっと残酷な刑があったそうだ。 

それは腰斬りの刑。斬首は瞬間的な死だが、腰で切断されると人間は即死しない。死ぬまで数分かかる。でも、それを言ったら、日本の江戸時代の磔(はりつけ)も脇腹を槍で刺されるのだから、即死ではない。 

どっちにしろ想像しただけで寒気が...

481: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/11 10:20
こうやって考えると幽霊とかのオカルトよりも、生きてる人間が一番怖いね・・・。

483: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/11 10:24
ちょっと前に、製鉄工場で溶鉱炉が爆発して、溶けた鉄がかかって工員さんたちが亡くなったよね・・・。新聞読んでてぞっとした・・・。

489: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/11 21:39
>>483 
ちなみに、ワイルド7初の殉職者であるチャーシュー氏は、ンクリートゲリラとの戦闘中に、煮えたぎるアスファルトを全身に浴びて即死しました。
487: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/11 12:30
これも結構嫌。ミイラ船良栄丸 。
ttp://www.kdn.gr.jp/~takion/no2.htm
※リンク切れ。ウェブアーカイブより。

〜ミイラ船「良栄丸」〜

●発見されたミイラ船
1927年10月31日、カナダ西海岸バンクーバー島。ワシントンのシアトル港への帰路についていたアメリカの貨物船「マーガレット・ダラー」号は、行方不明になっていた小型漁船「良栄丸」を発見した。
 
ボロボロに朽ち果てた船体、ミイラの転がる甲板、激しい死臭、白骨体、足の無い死体。
船室には、頭蓋骨を砕かれた白骨体とミイラがあった。船室奥の部屋には、おびただしい血痕が染み付いていた。
 
船尾の司厨室では、海鳥の白い羽が至るところに散らばっており、コンロの上にあった石油缶の中には、人の腕が入っていた。船内には食物も飲料水も無く、エンジン機関部は全て破損していた。
 
ところが、船長室から見つかった3冊のノートには、信じられない惨状が書かれていたのだった。そのノートによると、良栄丸の情報は以下の通りだ。

・重量は19tで1本マスト・船主は和歌山県の藤井三四郎・船長は三鬼時蔵・機関長は細井伝次郎・乗組員は12名・神奈川県の三崎港を出港したのは1926年12月5日。 
 
約1年間漂流していた。ここで疑問が浮かぶ。発見された死体は9体、記録には12名とある。3名はどうなったのだろうか。

●不幸な漁船
1926年12月5日、神奈川県の三崎港を出港した良栄丸は、千葉県銚子沖にマグロを求めて進んでいた。天候も思わしくなく、エンジンが調子の悪い排気音を立てていたため、翌12月6日に銚子港に寄港した。しかし、エンジンに故障はなく、銚子の沖合いで大量のマグロを水揚げした。
 
が、暴風に見舞われて航行不能に陥ってしまった。そして12月15日、銚子の東方沖合い1000マイルほど流された時、紀州船によく似た船が現れたので、信号を送ったり船員が叫んだりしたのに、応答も無く通り過ぎてしまったという。
 
三鬼船長は漂流を決意、記録には「4ヶ月間は食べられる」と書いてあった。12月16日にも「東洋汽船」と書かれた船が近くを通ったが、応答はなかったという。なんとか日本へ戻ろうと努力したが、どうやっても逆に流されていった。
 
記録にはこう書かれている。

「どう工夫しても西北へ船は走らず絶望。ただ汽船を待つばかり。反対にアメリカへ漂着することに決定。帆に風を七三にうけて北東に進む・・・・。しかし、漁船で米国にたどりつこうとするは、コロンブスのアメリカ大陸発見より困難なりと心得るべし」

●恐怖の記録
ここからは説明は要らないだろう。記録文のみで充分に迫力が伝わってくる。

「12月27日。カツオ10本つる」
「1月27日。外国船を発見。応答なし。雨が降るとオケに雨水をため、これを飲料水とした」
「2月17日。いよいよ食料少なし」

「3月6日。魚一匹もとれず。食料はひとつのこらず底をついた。恐ろしい飢えと死神がじょじょにやってきた」

「3月7日。最初の犠牲者がでた。機関長・細井伝次郎は、『ひとめ見たい・・・日本の土を一足ふみたい』とうめきながら死んでいった。全員で水葬にする」

「3月9日。サメの大きなやつが一本つれたが、直江常次は食べる気力もなく、やせおとろえて死亡。水葬に処す」

「3月15日。それまで航海日誌をつけていた井沢捨次が病死。かわって松本源之助が筆をとる。井沢の遺体を水葬にするのに、やっとのありさま。全員、顔は青白くヤマアラシのごとくヒゲがのび、ふらふらと亡霊そっくりの歩きざまは悲し」

「3月27日。寺田初造と横田良之助のふたりは、突然うわごとを発し、『おーい富士山だ。アメリカにつきやがった。ああ、にじが見える・・・。』などと狂気を発して、左舷の板にがりがりと歯をくいこませて悶死する。いよいよ地獄の底も近い」

「3月29日。メバチ一匹を吉田藤吉がつりあげたるを見て、三谷寅吉は突然として逆上し、オノを振りあげるや、吉田藤吉の頭をめった打ちにする。その恐ろしき光景にも、みな立ち上がる気力もなく、しばしぼう然。のこる者は野菜の不足から、壊血病となりて歯という歯から血液したたるは、みな妖怪変化のすさまじき様相となる。ああ、仏様よ」

「4月4日。三鬼船長は甲板上を低く飛びかすめる大鳥を、ヘビのごとき速さで手づかみにとらえる。全員、人食いアリのごとくむらがり、羽をむしりとって、生きたままの大鳥をむさぼる。血がしたたる生肉をくらうは、これほどの美味なるものはなしと心得たい。これもみな、餓鬼畜生となせる業か」

「4月6日。辻門良治、血へどを吐きて死亡」

「4月14日。沢山勘十郎、船室にて不意に狂暴と化して発狂し死骸を切り刻む姿は地獄か。人肉食べる気力あれば、まだ救いあり」

「4月19日。富山和男、沢村勘十郎の二名、料理室にて人肉を争う。地獄の鬼と化すも、ただ、ただ生きて日本に帰りたき一心のみなり。同夜、二名とも血だるまにて、ころげまわり死亡」

「5月6日。三鬼船長、ついに一歩も動けず。乗組員十二名のうち残るは船長と日記記録係の私のみ。ふたりとも重いカッケ病で小便、大便にも動けず、そのままたれ流すはしかたなし」

「5月11日。曇り。北西の風やや強し。南に西に、船はただ風のままに流れる。山影も見えず、陸地も見えず。船影はなし。あまいサトウ粒ひとつなめて死にたし。友の死骸は肉がどろどろに腐り、溶けて流れた血肉の死臭のみがあり。白骨のぞきて、この世の終わりとするや・・・・」

日記はここで切れている。
 
だが三鬼船長は、杉板に鉛筆で、以下のような家族宛ての遺書を残していた。

「とうさんのいうことを、ヨクヨク聞きなされ。もし、大きくなっても、ケッシテリョウシニナッテハナラヌ・・・。私は、シアワセノワルイコトデス・・・ふたりの子どもたのみます。カナラズカナラズ、リョウシニダケハサセヌヨウニ、タノミマス。いつまで書いてもおなじこと・・・でも私の好きなのは、ソウメンとモチガシでしたが・・・帰レナクナッテ、モウシワケナイ・・・ユルシテクダサイ・・・」

●奇妙な事実
しかし、記録を調べるうちに、奇怪な事実が浮かびあがった。数十回に渡って他の船にであっていながら、救助に応答する船は一隻としてなかったことだ。そして、吉栄丸は太平洋横断の途中、たった一つの島さえも発見できなかったのである。
 
しかし、アメリカの貨物船「ウエスト・アイソン」号のリチャード・ヒーリィ船長は、次のように述べている。

「1926年12月23日、シアトルから約1000キロの太平洋上で波間に漂う木造船を発見したが、救助信号を送っても返事が無いので近づきました。しかし、吉栄丸の船窓や甲板に立ってこっちを見ていた10人ほどの船員は、誰一人として応えず、馬鹿らしくなって引き上げたのです」 
 
だが吉栄丸の記録にこのことは書かれていない。一体、彼らにはなにが起こっていたというのだろうか。

490: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/11 22:48
>>487 
その話、リア消の頃に何かの文庫で読んだョ・・・あんまり鬱入って、しばらく肉が食えなんだ (;´Д`) 

アンデスに飛行機墜落して、極限状況で同じような最後の手段に出た人達の話には、ある種の感動すら覚えた自分だったけど、これはもうただオソロシカタヨ。いまだにトラウマ。

あ、最後の手段ってアレね、カニバなんだが。 確か自分の呼んだ本では、きっちり「食べた」ような考察がなされてたような気がしたんだよ。 

うろ覚えな記憶で書き込んじまって、遺族の方にもマジスマソ・・・。 

502: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 12:29
>>487 
これはガセってどこかで読んだが、ホントなのかな?

※ 良栄丸遭難事故:
遭難し、乗員12名全員が死亡(行方不明)になった事故は事実であるが、「乗組員が半狂乱になって悶死した」「狂ったようになって仲間の死体を切り刻んだ」等々の話は、いわゆる都市伝説。 (wiki:良栄丸遭難事故)

494: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 10:28
1958年、宝塚の女優で香月弘美という人が、ドレスの裾を舞台装置に巻き込まれ、セリと舞台に挟まれ胴体切断、即死したそうだ。 

しかも、風邪で休演した同期生の代役だそう・・・悲惨。客も大変だっただろう。

527: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 23:03
>>494 
セリを止めようとしたんだけど、中々止まらなかったんじゃなかったっけか?(即死ではないのかな…) 

この時一緒にいた男役の方は、しがみついてくる彼女をどうしてあげる事もできず、後にこの事件がきっかけで精神不安定になって退団したらしい。 

この後、事件現場のセリでは幽霊が出るって言われてたとか。でもその幽霊を見るとトップになれるってジンクスがあったそうです。
 
自分が舞台果たせなかった分、応援してくれてるのかもね~。

※香月 弘美(かつき ひろみ):1936年8月21日 - 1958年4月1日享年21歳

事故の概要: 
1958年4月1日、宝塚歌劇団花組公演「春のおどり、花の中の子供たち」第12場トランプの国の場、午後6時25分頃に事故は起きた。

恋人同士のハートの6(男)とハートの7(娘)はトランプの国のキング、クイーンの怒りに触れ、殺人光線を浴びせられ、セリで舞台下へ沈んでいく。ハートの7(娘)役を演じていた同期生が風邪で休演したため、3月31日昼の部から香月が代役を務めていた。相手役のハートの6を演じるのは松島三那子だった。
 
キングの「ボタンじゃ!」のセリフでキリキリという音がだされ、同時に恋人役男女は観客に向かって抱き合って苦しむ表情で客席に一番近い一番セリに移る。二人がセリに乗ったと同時に、セリは降下し始める。ハートの6(男役:松島)の衣装は体にびったりついたタイツ姿、ハートの7(娘役:香月)は円形スカートであった。
 
松島はトランプの国の場が終わった後、早変わりですぐ次の役に扮しなければならなかった。そのため、姿が客席から見えなくなるとすぐに体をふりほどき、相手役に「オーキニ」と言った後背を向け、セリが下がりきるのを待たず奈落に飛び降りて、早変わり室に向けて駆けて行った。

松島は飛び降りて三歩ぐらい走った時、背後で「ヤメテー」という叫びがしたのと同時に、バリバリという音、何かが飛び散る音がしたのを聞いた。

驚いて振り返ると、蝋細工の人形のように無表情な香月の顔と、衣装ドレスの赤い生地がセリのシャフトにからみついて回っているのが見えた。この間一秒程度であった。
 
松島の衣装の背中には、血しぶきがかかっていた。香月の衣装ドレスにはすそを広げるための幅2センチ、厚さ1ミリのスチールベルトが腰まわり、ひざ、すその三カ所にそれぞれ直径約60センチ、70センチ、1メートルの輪になって取り付けられていた。

衣装ドレスの裾がセリのシャフトに巻き込まれたため、セリ台のワクの鉄製ベルトと舞台を支える鉄製アングルの支柱の間に足を挟まれたまま引きずり込まれ、腰まわりのスチールベルトが香月の胴を締めつけ、身体が真っ二つに切断され即死してしまったのである。

しかし香月の切断部は衣装ドレスで覆われていたため、松島は香月が死亡したことを認識できなかった。動転した松島は、「トメテートメテー」と怒鳴りながら、早替わり場にかけつけた。次の場もあるので、とりあえず衣装をつけたが、その時香月が死亡したことを聞き、松島はその後の記憶を失った。

後に松島が周囲にいた者に聞いたところでは、その時の彼女は泣きながら香月の名を大声で呼んだり「私が代わりに死ねばよかった」と叫んだりしながら暴れるなど、半狂乱だったという。
 
医師の死亡診断書によれば、香月は腰の部分で切断され、右足がおしつぶされ、左足はヒザ下が骨折しており、上半身は異常がなかった。(参考:wiki:香月 弘美)

495: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 10:52
山田かまち

496: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 10:53
↑尾崎豊を地で行く死に方。

※山田かまち(1960年7月21日 ー1977年8月10日):
1977年8月10日、自宅でエレキギターを練習している最中に死亡。享年17歳。このエレキギターは17歳の誕生日にプレゼントとして贈られたものであった。死因は感電事故。死後に遺作となった詩や絵画が発見され、母親や恩師などが中心となり詩集や画集として出版、一躍注目を集めた。(wiki:山田かまち)



501: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 12:23
>>496 
と言うより、尾崎豊よりは尾崎豊らしい死に方だと思うよ。
 
やっぱ一番尾崎らしい死に方は、盗んだバイクで壁にあぼーんですか?

503: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 12:37
>>501 
空き箱みたいな部屋で捨て猫みたいに凍死では?(w

504: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 12:50
>>501 
1992年4月25日早朝、千住河原町の小峰さん宅で全裸で立っているのを発見された。そして当日の11時に死亡。その間に何があったか空白のままだ。

506: あなたのうしろに名無しさんが・・・01/12/12 13:04
尾崎の遺体に、ぼっこぼこに殴られた痕があったそうだね。前に写真週刊誌でその写真見たけど、全身にあざがあった。結局死因ってなんだったの?

※閲覧注意「尾崎豊 死体」画像検索結果。 

507: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 13:14
>>506 
当時の誌上では肺水腫。殴られ痕は、深夜便乗したタクシーの運転手と金銭でトラブルを起こし、喧嘩したものだと千住の警察官は言っていました。

※尾崎豊(1965年11月29日 - 1992年4月25日) :
1992年(平成4年)4月25日早朝、当時の尾崎の自宅であるマンションから約500メートル離れた、足立区千住河原町の民家の軒先に全裸で傷だらけで倒れていたところを住人に発見され、5時45分ごろ、通報で墨田区内の白鬚橋病院に運び込まれる。診察した医師は「生命に関わることも考えられるので、専門医に見てもらった方がいい」と診断したが、尾崎は妻と兄ともに自宅マンションに戻る。

しかし、10時ごろになって容体が急変、呼吸が止まっているのに気がついた家族が約1時間後の11時9分に119番通報。搬送先の日本医科大学付属病院で手当を受けるも、午後0時6分に死亡した。死因は覚醒剤中毒 (メタンフェタミン中毒) による肺水腫。(wiki:尾崎豊

505: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/12 12:54
尾崎の墓は、西武球場近くの狭山湖畔霊園にあります。

よかったらお参りに行ってみてください。

【その8へ】