学校教室4

1: 名無しさん 01/12/04 00:50 

14: 名無しさん 01/12/04 11:28
小学生の頃の防災訓練。 

火災訓練つーことで、給食調理室から出火というシチュエーション。

ガキ共はグラウンドに避難、校長他教師数名が調理室で発煙筒を焚く。外から眺めてると「おー煙もくもく~」だったのだがこの時、教師連中が調子に乗って、大量の発煙筒を発動させてしまったらしい。 

自ら発生させた煙に巻かれて、ゲホゲホ言いながら調理室からグラウンドに飛び出す教師たち。 

しかし、その手には発煙筒はなかった。どうやら調理室に放置してきた模様。でもなんか様子がヘン。と思ってたら、何やらホントに調理室から火がちらちら。 

どうやら放置した発煙筒からの熱か火で、付近の紙とかに燃え移っちゃったらしい。 

放水訓練の演習に来ていた消防署のおぢさん達が慌てて突入し、ボヤで済んだが、小学生のおぢさんにこっぴどく叱られている校長がとても印象的だった。(w 

そして共犯のウチの担任。クラスに戻ってくると「せんせー、チョーシにのっちゃったよ♪テヘ♪」とかほざいていた。 

日頃から生徒に校長の悪口をたれていたこの担任、絶対確信犯だ!と生徒一同、背筋に冷たいモノを感じた。(ニガワラ

15: 名無しさん 01/12/04 12:29
中学の頃の話。 

学校内でふざけてて、消火器を噴射してしまうのは、まあよくある話。 

その日も生徒の一人が廊下で消火器を噴霧して、当時学年主任の技術の先生(身内がヤクザとかいう噂も飛び交っていた、けっこうこわもての先生)に職員室に呼び出され、説教を食らっていた。 

俺は、たまたま別な用事があって職員室にいたんだけど。 

そいつ「すいません、バランス崩して手をついたら出ちゃったんです」 
先生「なんだと。消火器には安全装置があるだろうよ、そんなに簡単に出るか」 

と、傍らの消火器をぺしぺし叩きながら 

そいつ「本当なんですよう」 
先生「だから、安全装置をぬかなきゃ、こう握ったって出ねぇって…」 と、消火器のレバーをぎゅー。 

「あ」 

一瞬の間。先生の「うわわわわ」という悲鳴にも似た声と、広がっていく白い煙。俺はとっさに職員室から逃げ出したんだ。中からいろんな声が聞こえてたけど。悲鳴とか、怒号とか。 

とりあえず静かになったので、中をそーっと覗いてみたら、あたり一面真っ白。その先生も眼鏡のレンズまで完全に真っ白。 

説教をくらっていたそいつは、直撃だったのか石膏像みたいになってた。 

さすがに生徒にさせるわけにもいかず、その日は先生たちみんなで遅くまで職員室の掃除。例の奴は、それどころじゃないって感じで、無罪放免。いつもは威張っているその先生が、妙に小さくなってたよ。 

その後、その先生のあだ名は当然のように「消火器」。

でも、技術の時間にそんなこと口走ろうもんなら、きれいに逆切れされました。

20: 名無しさん 01/12/04 13:32 
>>14-15 
火災ネタ2連発ナイス。

21: 名無しさん 01/12/04 13:37
消火器の安全ピンを収集するのが趣味のヤツがいたっけ(w。

58: 名無しさん 01/12/04 16:39
>>21のカキコで、中学の時のイタズラを思い出した。 

俺、部活で市営の体育館で試合やってたんだけど、補欠だからやること暇なのよね。んで、やること無かったから、体育館に有った消火器の安全ピン全部抜いてきました。 

それから1時間くらいしたら他の学校の奴が触っちゃったらしく、 体育館の中が消化剤まみれ。試合中断で、触った奴が公開ビンタされてたよ…。 

その時が一番怖かったよ、何しろポケットの中に動かぬ証拠が20本…。 

とりあえず、近くにあった他校の学校のカバン中に入れました(w。

22: 名無しさん 01/12/04 13:43 
小学生の頃。

巨大台風東海地方上陸! 用水路や小川が反乱してしまって、そこら中は海のようになっちまいました。川の近くにある小学校の校庭も水に浸かってしまいました。 

水がひいた翌日、小学校の池にいたニシキゴイが全て脱獄し、小川で自由の世界を堪能していました。 

しばらく、近所でニシキゴイ釣りが大流行しました。

23: 名無しさん 01/12/04 14:11 
>>22 
よかったね。

24: 名無しさん 01/12/04 14:50
小学校2年の時、友達5人で自転車で相模川に行った。 

クラスの水槽でお玉じゃくしを飼うという計画が持ち上がり、担任の佐藤先生がクラス内から採取部隊を募った結果、集まった5人であった。 

お玉じゃくしは簡単に数十匹集まり、俺たちはザリガニ捕りに興じていた。 

塚原というやつがザリガニを捕ろうとして、片手で立ち木をつかみ、水際から必死で手を伸ばしている時、事件が起こった。 

I君が塚原君のわきの下をくすぐったのだ。 

塚原君は水に落ち、みるみる流された。一度30メートルほど下流のテトラにつかまったように見えたが、またすぐ流された。 

そしてこれが小学校低学年の恐いところなのだが、それを大人に伝えず、皆しばらく何事もなかったかのように遊んで、そのまま帰ってしまったのだ。 

塚原君は翌日、水死体で発見された。 

俺の家にも警察の人が何回か事情を聞きに来たが、どうやら俺も含め誰も、I君のくすぐりがあぼーんの原因であると吐かなかったようだ。 

半月後、突然校長と新しい担任がクラスに現れ、「S先生は別の小学校に行かれた」という説明があったが、今考えれば多分クビになったか、責任を感じて自発的に退職したんだと思う。 

その後I君は神奈川屈指の県立進学校であるA高校から慶大に進み、今は都銀に勤め、結構幸せにやっている。

27: 名無しさん 01/12/04 14:57
>>24 
まじかよ!

28: 名無しさん 01/12/04 14:57
>>24 
おいおい、マジかよ! 

幸せといえども、Iは一生十字架背負った人生だな…。

34: 名無しさん 01/12/04 15:07
>>24 
しかし、あんたも十字架背負っているって自覚がないねぇ。

42: 名無しさん 01/12/04 15:31 
>>24 
S先生って…最初に佐藤先生って書いてるじゃんw。

91: 名無しさん 01/12/05 11:53
小学校の時、ファルコンという強力なゴムを装備するパチンコが流行した。 

詳しい経緯は忘れたが、多分公園での縄張り争いかなんかだろう。俺たちと隣りの小学校の一学年上のやつらで、ファルコンの撃ち合いになった。 

俺たちは人数が何人か多く、大量のパチンコ玉を所持していたためこのままでは不利と見たか、一学年上の連中は白兵戦を挑むため、石を投げながら突進してきた。 

これに驚いた俺は、狙いもつけずにファルコンを一発撃った。 

その瞬間「パンッ」と音がし、次に「キキー!」というブレーキの音がし、「ガチャーン!」という音がし、最後に「ズズズーン!!」と音を立てながら、自分から5メートルほど離れたところに電柱が倒れてきた。 

パチンコ玉が走行中の車のフロントガラスを直撃し、驚いてハンドル操作を誤ったドライバーが、車を電柱にぶつけたのだ。 

もうこうなってしまうと敵も味方もなく、全員蜘蛛の子を散らすように逃げた。 

その後、俺には何のおとがめもなかったが(多分他の連中も)、次の日の新聞に事件が載っていて、ドライバーの軽傷を伝えていた。 

また朝礼でも、担任が「この事件について知っている事があれば、先生に教えて下さいね」と言っていたのも、鮮明に覚えている。 

しばらく忘れていた事件だが、>>24を見て久々思い出した。 

善悪の区別がつくべき年齢でやったことなので、今でもちょっとうしろめたい。

93: 名無しさん 01/12/05 12:12
>>91 
ヒェェェェ!!!!! 

だけど最近知ったんだけど、「スリングショット」 って言うのがあるみたいだね。あれを小学生に持たせたら大変なことになる…。 

…ひと、ころせるよ…。

94: 名無しさん 01/12/05 12:55
>>91 
だから珍事を頼むよ!!惨事じゃね~ヤツをイッチョ!!



33: 名無しさん 01/12/04 15:05 
川で男のマネキンが半分沈みつつも流れているのを発見。

幼馴染と2人で川沿いを追いかけていったが、顔が紫色なのに気づいて「死体っ!!」と大騒ぎして、それぞれの両親に知らせにいった。 

オレの親は信じてくれなかった。友達の親は警察に連絡した。 

酔っ払って橋から落ちたサラリーマンだったらしい。

37: 名無しさん 01/12/04 15:13
小学校低学年の頃かな。 

親父とサイクリングロードに行ったら、芝生のとこで人が寝てるのを発見。帰りにそこ通ったら警察とか来てて、ちょっとした騒ぎになってた。
 
その人は寝てたんじゃなくて死んでたのでした。ちゃんちゃん。

本当の話です。

38: 名無しさん 01/12/04 15:13
>>37
それ>>33の橋から落ちたサラリーマンじゃない?

39: 名無しさん 01/12/04 15:17
小学生時代、お昼休みの終了を告げるチャイムが鳴り、遊び疲れて校庭から教室へ戻ろうとしていた時であった。一緒に遊んでいたNが、空を仰いですっとんきょうな声を上げた。 

「おい!あれは何だ?」 

見上げると、見事な秋晴れのはるか上空に、なにやら、もじゃもじゃしたものが飛行している。

高度は200m以上あったろう。薄黄色のそれは、小春日和の陽光を浴びて明るく光りつつ、形をくねくね変化させながら、上空にほぼ静止しているように見えた。 

「なんだろー?」 

俺らは、顔を見合わせながら、授業に遅れるのも忘れて、その物体を凝視し続けた。 

1分もすると、そいつは高度をだんだん下げてくるのが判った。だんだん、だんだんと、気を持たせるように、じらすようにゆっくりと降りてきた。 

そして、今まで遊んでいた校庭の隅に軟着陸するのが確実になった時、俺らはわれ先にとそいつの予想着陸地点へと駆け出した。猛ダッシュであった。 

しかし、俺よりもNが一瞬先に手にした。

そいつは腕の良い大工仕事の産物であろう、長さ5m幅10cmの、見事ではあるが、ただの鉋屑(かんなくず)であった。 

しかし、俺らは嬉しかった。非常に満足感があった。なんだか解らんが、はるか天から降ってきたものを手に入れたのだ。これは、宝ものだ! 

ソイツを持って、教室に得意げに堂々と入ると、いきなり先生に宝を取り上げられ、遅刻をなじられ、廊下に立たされた。 

どんな言い訳も、通じなかった。 

すごく悲しかった。オトナなんてキライだ。 

と、オジサンに成り果てた今でも思う。

40: 名無しさん 01/12/04 15:27
>>39 
ちょっととやりきれない話の後にこの話。和んだ。

41: 名無しさん 01/12/04 15:31
女性登場人物がいて、ちょっと少年の思春期の甘酸っぱいテイストが入った話きぼん。

44: 名無しさん 01/12/04 15:50
小学生の頃、俺は放送部に所属していました。 

あんまり興味がなかったのだが、同じクラスのK(女)が所属していたので。はっきり言って、Kが好きだったから入部したようなもの。 

で月日は流れ、2学期最後の放課後放送で、俺とKが一緒の担当になったのですが…流れは忘れたが、なぜか局部を口に出して言えるかどーかという、くだらない話しになってしまって。

俺は当然その頃からマセクソガキだったので、好きなコの前でも張り切って(?)「ま○こ」って言えたが、その子はもじもじしててなかなか言わない。 

俺が言ったんだから言えよ、的な理不尽な要求に、Kが小声で「ち○ぽ」って言った時は、すげー萌えた。 

で、言わせた幸福感を抱きつつ帰ろうと思ったら、突然放送室のドアが開いて、先生が血相を変えて放送室にのりこんできた。 

そうです。俺の「ま○こ」だのKの「ち○ぽ」だのが、校内放送&外のスピーカーに流れてました。家に帰ったら母に思い切り怒られた。 

ちなみにKとは今(25歳)でも付き合っている。来年結婚します。

47: 名無しさん 01/12/04 15:55
>>44 
確信犯だとしたら凄い。

48: 名無しさん 01/12/04 15:56
>>44 
おめでとう。お幸せに。

50: 名無しさん 01/12/04 16:02 I
小学校2年生の時、学校からの帰り道にて。

友達と2人で、とある歩道橋を渡っていました。そこに落ちていた500mlのコーラの空きビンを、何気なく歩道橋から投げ捨てました。

下はかなり交通量の多い道路(だから通学用に歩道橋があるんだと思う)。ビンは、とあるトラックの荷台に落ちました。 

そのトラックの運ちゃんと、もう1人のおじさんにめっちゃくちゃ怒られました。 

「なんでそんなに怒ってんだよ」とか内心で思ってたんだけど、「反省しないようなら親のところまで行くぞ」とか言われ、2人とも半泣きになったところで釈放されました。 

解放された後も、2人で運ちゃんの悪口言ってた記憶がある。 

今なら自分のやったことの馬鹿さ加減が分かります。事故にならなくてよかった。死人がでなくて良かった。運ちゃん、ごめんね。 

運ちゃんのぶっとい腕でぶん殴られそうになった時、運ちゃんをなだめてくれた見知らぬおじさんに感謝(w。

52: 名無しさん 01/12/04 16:12
>>50 
俺が運ちゃんだったら>50を歩道橋から投げ捨てるぞ。 

読んでると汗が出てくる。

56: 名無しさん 01/12/04 16:21 
>>52
一応、惨事にはならなかったから書いたんだけどね。 

確かに投げ捨てられても文句言えないよな…。 

そのトラックが急ブレーキかけて、ちょっと危険な状態&軽い渋滞は引き起こしたし…警察沙汰になってもおかしくなかった。 

結局、他の生徒には怒られてる現場を見られてるから、「秘密」ってわけでもないんだけど。