【その20】
夕日


218: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 16:03
大して怖くもないが、夜釣りに行かなくなったきっかけのような話を一席。 

俺は昔、ある高校で国語の教師をしていた。その時のことなんだが、着任してしばらくたってからの 
こと、古い学校だったので勤続30年くらいの長老みたいな教師がいた。 

その彼がある日、お茶を飲みながら俺の趣味の磯釣りに話題が及んだ時、「国語の先生はあそこの海に釣りにいっちゃ絶対だめだ。」と、妙に脅すような調子で俺に言うのだ。



219: 218 03/04/28 16:12
その訳を聞いてみたんだが、なかなか教えてくれない。しつこく聞くと、断片的に次のような話がわかった。その以前に国語教師が一人で夜釣りに行って、とうとう帰ってこなかったことがあったそうだ。

結局いろいろ探したが遺体もあがらず、困ったあげく故人の飼い犬を連れて、故人の車が乗り捨てられていた場所に連れて行ったところ、犬が一緒に行った人を連れて、故人の遺体がテトラに挟まれて沈んでいた場所まで案内したそうだ。そこには変わり果てた国語教師の姿が。 

ここまでは立派な忠犬の美談なのだが。

221: 218 03/04/28 17:44
その老同僚がそんな話をとつとつと話してはくれたのだが、肝心のなぜ国語教師だけがそこに行っていけないのかは、頑として教えてはくれなかった。 

数学や理科の教師に対してはそんなことは絶対に言わないのに、国語教師の俺には「行くな」 の一点張りだった。 

当時の俺も若かったからそんな注意は全然聞かずに、夜釣りにも一人ででかけたものだ。だからといって、なにか禍々しい出来事が起きたわけでもない。

222: 218 03/04/28 18:04
その後、老同僚は退職しそんな話も忘れかけてしまっていた。

退職した彼はまもなく老人性の痴呆とやらになり、俺の疑問に答えられるような状態ではないと、風の噂に聞いた。彼が知っていた何らかの「秘密」は、永遠に封じられてしまったといって良いだろう。 

俺はといえばその後、しばらくは夜釣りにも行っていたのだが、ある時別の関係からこんなことを聞いた。

俺が知っている国語教師の遭難は、その学校の国語教師としては2例目の事件だったらしい。その10年ほど前にも、国語教師が釣りで水死していたというのだ。

223: 218 03/04/28 20:26
老同僚はそれを知っていて、新しい遭難者を出すまいと忠告してくれたのか・・・それを知るすべはない。 

その話を聞いて、俺は夜釣りはぷっつりとやめた。夏でも、日のあるうちに道具を片づけてしまう。そのあたりから夕まづめ
(魚が活性化しエサを摂る夕方のゴールデンタイム)を狙ってやってくる釣り師達は「これから釣れるんじゃないか?」と言わんばかりの怪訝なまなざしを投げてくる。 

次に遭難するのが俺だなんて信じてはいないが、ちょっと怖いのも本心だ。夕暮れの海辺を車で走りながら、「今日は無事だった・・・」とつぶやいている。 

以上、怖くなかったろ?ごめんな。

224: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 21:19
>>218
とんでもねっし。 なぜ国語教師だけがよばれるのか?全く分からないところが怖いでっす。

227: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 23:32
>>224
その海では昔、国語の成績が悪いことを苦にした少年が身投げをし、それ以来・・・。

228: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 23:34
>>227
そしてその少年を厳しく叱責したのが、夜釣りを止めた老教師だったのだ。

一件落着、かな。

229: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 23:43
>>227-228 
不粋な。

230: 元国語教師 03/04/29 00:10
みんな、レスありがとうな。積年気になっていたことを一気にはき出した感じだ。

あの時から、どういう死に方が俺にとって幸せか考えるようになった。岸壁で磯竿を抱えながら静かに死ぬのも悪くないが、テトラに落ちてダイバーに発見っていうのは是非ともさけたいね。死ぬ時に人にはあまり迷惑かけたくない。 

遊びで死んでられないっていうのは正しいが、そういう死に方も幸せっていう思いも、俺の頭のどこかにある。 つまんないこと書いた。読んでくれて感謝する。

243: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/30 23:36
ところで元国語教師は今何やってんの?国語教師だったサラリーマンって会ったことないけど。 

国語教師になってしまった人は、一生国語教師を続けるというイメージがあるのです。

244: 元国語教師 03/05/01 19:24
>>243
今は数学の教師です・・・っていうのは嘘だが、なんとか家業を継いでやっているよ。

昔は学校終わって放課後すぐに、近くの海で晩のおかずを釣って食ったものだが、最近の学校はだめだね。 昔は一緒に釣っているおっさんも生徒も「おー先生釣れたか?」ってなもんだが、最近じゃすぐに教育委員会にたれこまれるだろ。つまらん。

245: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/01 20:14
そんなんでたれこまれるのか。 嫌な世の中だな本当に。

178: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/22 18:00
どのあたりか知らんが、「七人みさき」ってすっげーやばい時いたことがある。 

七人てキーワードで民間伝承なんだろうが、海で溺れたやつが七人引き込まないと成仏できないとか、一種のタタリ神とかなんか。 実際はどう扱われているんだろ。ほんとにヤバいん? 

詳しく知ってる人います??? 

181: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/22 20:43
>>178 
七人ミサキは7人組の幽霊で、人を殺すことで、7人のうちの殺した人数分のメンバーが成仏し、かわりに殺された人が七人ミサキのメンバーに入るといわれてる、高知県とかに古くから伝わる幽霊。 

184: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 06:04
七人ミサキの詳細キボーン。 

七って数字ブキミ・・・なんで七なん? 宗教色が濃いせい?てことはただの逸話か? あ、でも見たって人けっこう見かけるなぁ。

185: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 06:57
コピペ 

858 名前:七人ミサキ その1 投稿日:03/03/04 01:13 
七人ミサキは地域によってパターンが違うね。 元は、高知の長宗我部家の親族(だったと思う)が虐殺され、その怨霊が出てくるというのだが、高知県下全域にその話が伝わって行ったのだよ。 

共通点では、 

1、怨霊は7人編成。 
2、一人の人間を憑き殺すと、7人のうち一人が成仏し、新しく死んだやつが七人ミサキに加わる。 
3、山間でも海沿いでも、「四辻」に現れるパターンが多いそうだ。 

ってことです。
 

186: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 06:58
859 名前:七人ミサキ その2 投稿日:03/03/04 01:14 
俺の小学校は海沿いの地域だったので、海のパターンで語られてました。以下、当時の記憶を思い出して書きます。 

昔、地元の漁師が漁に出かけたそうだ。手漕ぎ舟で沖へ行き、漁を終えてから岸へ向かっていると、魯が漕げなくなった。漁師が魯を見ると、長い髪の毛が束になって絡みついていた。 漁師が岸に着くことは無かった・・・。 

それからしばらくの間、漁師町では住民の怪死が続き、戻ってこなかった漁師の数を含めると七人に上った。 

そんなある日、暗い夜道を行く男が居た。

夜は暗く、不気味であり、遠くから波の打ち寄せる音が響く・・・いつも通る道なのに雰囲気が違うことを察し、早足で四辻を通るその時、男の行く手に人影が見えた。 

「若い衆の夜這いか・・・」と思ったが、静かである。精力旺盛な若い衆ならば、あんなに静かなはずが無い、とふと思った時、暗闇で見た相手の顔は、行方不明になっていた漁師であった。 

「・・・!?」男は驚いたままの表情で固まった。気絶したわけではなく、その場で絶命した・・・。 

その時、男とは別に四辻に近づく者が居た。いつもとは雰囲気が違うことに違和感を感じ、ふと空を見上げると、この間行方不明になっていた漁師が光りながら空へ登っていった・・・。 

以降、この四辻を夜通る者は誰も居なくなったのである。 

*水木しげる大先生の本では、山のパターンでは「七人ミサキ」は山伏の格好で描かれていますた。

187: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 08:49
>>185 >>186
吉良家の事じゃない? ここの吉良親実の所にそれらしいことあるよ。 
ttp://www2.inforyoma.or.jp/~ota/ichimon.htm#ukon
※ウェブアーカイブより。

吉良親実(1563~1588):
吉良親貞の嫡男。父の死後長宗我部家の有力者となる。吉良家は土佐の名門で戦国時代初期に、周防の国より南村梅軒を呼び寄せ土佐南学を発展させていた。親実もこの土佐南学を学び、加えて父ににて剛勇であり、他の長宗我部家臣の信頼を集める。公儀の木材運搬時に仁淀川にて久武親直の笠を射落とし、両者は不和となったと伝えられる。

後継ぎ問題では元親、久武親直と対立し比江山掃部と共に切腹させられた。この時の吉良氏全体の給地は千三百町あまりにのぼる。その後浦戸では怪事件が連発し、吾川郡木塚に親実の霊を祀るために木塚明神が建てられた。

189: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 09:11
>>186 
いつも思うんだけど、漁師が「岸に着くことがなかった」のに、何故「長い毛が束になって絡み付いていた」ことがわかるのかとか、男が「その場で絶命した」のに、何故そこに「行方不明になっていた漁師」がいたのがわかるのかとか、突っ込むのは無粋なんでしょうか?

239: みさき 03/04/29 23:11
>>189ごめんね。 
    流れ着いたってことにするから。   
          信じて。
みさき 

240: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/29 23:27
>>239 
ごめんよ。みさきたん… ボク、君の実在を信じるから…

203: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/24 20:05
東予の昔話  天狗岩の七人みさき 

垣生の東海岸に古垣生という、垣生で最も早く人が住んでいたという所がある。その古垣生の北の端に、岩が天狗の形に似ているといえば似ているというので、誰いうともなく「天狗岩」と呼んでいる岩がある(今、新居浜東港の埋め立てで陸地に囲まれた形)。
 
昔、その近所でかわいい娘さんが、身を投げて自殺した。それ以後、その死んだ娘さんが、七人まで人を海に引っ張りこんで、死者の仲間にするのだとか。

垣生の人は 「天狗岩の近くで海水浴をしていると、七人みさきに引っぱりこまれるぞ。」と言いつたえている。
(愛媛県新居浜)  

ttp://www.ehime-net.ed.jp/niiko/relation/lib/lib9909.html 

こんなのもありました。やはりキーワードは「7」なんですね。不思議。

204: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/24 21:19
7=聖数

目出度い方の神様でも七福神があるが、多い方がいいって八や九には増加しない。 目出度くても禍々しくても構造は同じなんだ。

216: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 09:25
>>204 
六福神は人をさらい、七福神は幸を呼ぶって話をなにかで見た記憶が。 

217: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 09:42
>>216 
いわゆる「福神信仰」は、2福神-5福神-7福神って増えてくる過程が歴史的にある。六福神は初耳だ。

226: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/28 22:33
>>216 
たしか諸星大二郎の妖怪ハンターシリーズの中にそんな話があったような。



192: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 18:47
うる覚えだけど、ミサキには海と山があるって話と、七人殺すと終るって話を聞いた記憶がある。

194: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 20:25
ミサキ=御先神 (本体の神の先駆け神が独立したもの。主神を離れて自在に出没する。) 

神が零落
(れいらく:おちぶれる)して妖怪になった点では他の妖怪と同じ構造。従って、出る場所は海でも山でもOK。

195: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/23 20:34
>>194 
なるほろ。勉強になる。

198: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/24 10:16
うわーん 怖いよー 

232: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/29 01:06
海か・・・ 深い所から海面を見たことあるか? 凄い綺麗だぞ。でも下を見ると、何処まで行っても終わりの無いような暗さなんだ。

234: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/29 01:11
>>232 
ごわいよー

237: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/29 11:03
>>232 
そのレス読んだら、グランブルー見たくなった。借りに行ってくるよ。



252: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/03 18:40
小さい頃我慢しきれなくなって海でうんこしたら流れにのってうんこが体に当たりました。 

めちゃくちゃ怖かったです。

253: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/05 00:49
>>252 
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

257: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/06 12:34
久しぶりで来て見ると、様変わりをしていますね・・。 

連休中は妻と海で、まったりと過ごしてきました。 連休中は好天に恵まれ、4日の日に気圧の関係で霧が発生して、20m先が全く確認できなくなったくらいでした。プレジャーボートなんて、そんなに簡単には霧笛なんて持ち合わせていない。

そんな時、プレジャーボートは自船の存在を他船に知らせる為にする方法があります。笛を吹く、又は音の出る物を叩く!のです。

考えて見ますと、船上でバケツを必死で叩く風景も笑えますが、それを推奨しなければならない法律と言うもの笑えます・・・。 

好天に恵まれましたが、釣果の方は今ひとつでした。 W湾は原発が点在しますが、その影響なのか船から海を覗くとそれはもう、無数のクラゲ!クラゲ!クラゲ! 魚群探知機も真っ赤に反応するくらいの数のクラゲ! 

まるで、蜜豆の中の寒天と同じだと思うと良いかも知れない。それが船を取り巻くのだから堪らない。 

もしここで落水したら・・・ゼリーの風呂には入った事はないが、そんな感触なのかな?等と妙な想像をして、震え上がるのでした。

258: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/06 12:52
そんなクラゲの中に茶色で足?触覚?の長い物がいる。そのクラゲが非常に厄介なのです。 

アンカーを下せば、ロープに絡み付いてきて、知らずに触るとクニュ?トロ~?ネバ~?とした感覚で、非常に気色悪い。釣をしても、長い足が仕掛けに絡んでくるので困る。 

一緒に釣りをしている女房も大騒ぎで、止せば良いのに、触った後臭いまで嗅ぐもんだから・・・その場で人工撒き餌。女房の撒き餌が、白いクラゲの笠?に巻き込まれているのが見えた。
 
「あ!あのクラゲの笠に人参が・・あっちのはキュウリだ!」 

俺は女房に「鼻くそ飛び出るくらいぶん殴られた」のは言うまでも無い。

260: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/06 22:36
>>258 
ま た 殴 ら れ た の か よ !

261: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 00:30
ワロタ。愛の形にはイロイロあるんだな(w。

262: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 10:05
>>261 
この愛もまた愛なのかも知れません・・。 

265: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 13:42
原発近くにクラゲがいるのは、原発から暖かい水が排水されているからだよ。他の魚もそのせいでたくさんいるから、釣り人がやってくるんだよね。

暖かいからサイズもデカイしね(暖かいだけじゃなかったりして)。

259: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/06 15:14
ところで、さされたりしないんですか? どうにも刺すイメージがあって、くらげって怖いです。

262: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 10:05
>>259 
海の中では刺された事がありますが、陸に揚げたクラゲには刺された事はありません。陸に揚げたクラゲも刺すのでしょうか? 

263: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 11:22
>>262
クラゲの刺胞(コイツが刺す訳です)は、千切れてからも機能している場合が多いですから、陸に上がったクラゲや千切れたクラゲの足にも注意する方が良いと思います。

264: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 13:14
>>263 
ありがとう、これから気をつけます。 

以前、赤くて小さな魚を釣った事があります。その魚、まあなんとも毒々しい魚で、自分の口より大きな針を飲み込んでいました。仕方が無いので外そうとしたら・・人差し指に猛烈な痛みが走り、そのまま肘から肩にかけて、痺れるような痛みが半日ほど続いた事があります。 

後でマリーナの人に聞いた所、「おにおこぜ」と言う魚らしいです。棘があり、その棘に刺されたのです。その痛みは、蜂に刺された痛みとはまた違い、クラゲに刺されたような、痛痒い感じでもありません。 

まだ見た事はありませんが、ケムシと呼ばれる虫に刺されると、これも酷い事になるそうです。もし何も知らない子供が刺されでもしたら、どうなるのでしょう・・。
 
危険な生き物は結構身近に存在するのだと思いましたが、何も知らない事から刺されるのですから、応急処置もままならない訳です。 

知ると言う事で、少なからず危険を回避できるのですから、もう少し勉強しなくてはならないと反省しました。

※ウミケムシ:
体の側部に体毛を持ち、警戒すると毛を立てる。この体毛が毒針となっており、人でも素手で触れると刺されることがある。
480px-Chloeia_flava
(wiki:ウミケムシ)

267: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 15:09
>>264 
オニオコゼは本州中部以南の磯辺、海棚に棲息する魚で、その背びれに毒腺がある。

その毒は神経毒というやつで、関節痛や神経麻痺、重症になると呼吸困難や心臓衰弱になる。英名はデビル・スィンガーです。だがその身は白身で大変に美味。料亭などで出される高級魚です。

日本の磯辺には死に至るほどの強力な毒をもった生物は存在しないが、同系統の毒をもつカサゴ類や沖縄等の南の海ではヒョウモンダコ、最強最悪のイモガイに注意したい。 

OniOZ2013110904
(wiki:オニオコゼより)

268: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 15:17
沖縄県での被害例 (調査票による1929~1992年の336例の加害生物) 

刺胞動物(クラゲ、イソギンチャク、サンゴ類)185人( 55.1%) 
脊椎動物(魚、ウミヘビ類)                           120人(35.7%) 
軟体動物(巻貝、タコ類)             23人(  6.8%) 
環形動物(ウミケムシ類)               2人(  0.6%)   
棘皮動物(ウニ、ヒトデ)               2人(  0.6%) 
不   明                      4人(  1.2%)  
                            
上記336例のうち死亡例は22人 
脊椎動物 : ダツ類(7)、ウミヘビ類(8)、オコゼ類(1)、サメ類(1)計17人 
軟体動物 : アンボイナガイ 4人   
刺胞動物 : ハブクラゲ   1人 

269: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 16:58
>> 268
不明ってなんだよ。

まさかUMAか?((((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

271: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/07 18:06
きっと北の工作員・・・とオカルティックに言ってみよう。

【その1へ戻る】
引用元:http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047792337/l50