【その10】
夕日

534: 名無しさん 03/01/30 21:09
皆さんは、海岸で花火をやった事が有りますか? 

今から書くのは私が中2の頃の話で、家族と小田原の親戚の家に行った時の出来事です。

従兄弟の兄貴2人と浅草から遊びに来て居た姉貴2人。そして私と弟の計6人で、花火をする事になり、免許取り立ての一番上の兄貴が「海岸に行ってやろう!」と言うので、車で40分位の所にある海岸に行きました。

海岸名は忘れてしまったけれど、ゴミも無く遠浅のとても広い海岸だったのは覚えています。辺りは真っ暗で、音といったら私達の話し声と波の音だけでした。人は私達の他に誰も居ません。

それも不気味だったのですが、空気がなんとも言えなく生暖かくて、立ってるだけで気分が悪くなりました。そうなるともう、花火どころじゃ無いんです。一刻も早く帰りたがってる私を皆は聞いてもくれず、花火を続けました。 

「もう少しで終わるから」「海岸の空気は暖かいんだよ」「望美は臆病だなぁー」

散々言われて、反論しようと2番目の兄貴の方を向くと、兄貴の左肩に青くて細い手が、張り付く様に乗ってるんです。男の人の手でした。

最初は上の兄貴かな?と思ったのですが、上の兄貴は花火の後始末をしてて、そこにはいなかったんです。

「え?」っと思った瞬間、海の方から泳ぎ疲れた様に人が沢山上がって来るのが見えて…と同時に、兄貴が急にうずくまる姿勢になって、私の方に倒れ掛かって来ました。

535: 534 03/01/30 21:09
その時です。

兄貴の肩に乗ってた手の上に、というか、肩の上に顔が乗ってる状態で、目玉の無いスキンヘッドの男の人が私に向かって笑ったんです。声が出ませんでした。立つ事も…。

そのうち、その手が救いを求めるかの様に私に伸びて来て…恐怖でやっと動ける様になった私は、必死で走りました。姉貴に捕まって…その後は覚えてません。気が付いたら布団の中にいました。
 
私が正気(?)に戻って2番目の兄貴に肩の事を聞くと、「急に重くなって地面に吸い込まれるかと思ったけど、お前が走り去った後フッと楽になったから、もう大丈夫だ」って言ったんです。

が、その3日後、兄貴の左肩に人の顔の様な大きなアザを発見し、原因不明の高熱が続き、兄貴は入院しました。私は、兄貴の命が心配になり、誰にも気付かれずに除霊を頼みました。 

兄貴の肩のアザは今でも薄く残っているけれど、とりあえず元気になりました。 

536: 名無しさん 03/01/30 21:11
これは僕の弟とその友達の話です。 

弟と友達5人で、ゴールデンウィークにバイクで天草(海)に、泊まりで魚釣りに出かける予定をたててました。しかし当日、出発が遅くなったので阿蘇にキャンプに行く事に変更しました。 

時間はもう夜の11時になってました。ちょくちょく寄り道しながらも、順調に阿蘇に向かっていました。阿蘇には赤橋(前は端の色が赤色でした。今は緑色になっています)と言う自殺の名所の橋があるんです。 

そこを通過しようとしている時に、弟の前を走っていたA君が急にフラフラ運転しだしました。最初はふざけて遊んでるのかと思っていると、そのまま橋の手摺りに激突!! A君はそのまま意識不明で救急車で運ばれました。 

6時間後に彼が気がついたので、「どこで事故したか覚えてる?」と聞くと。
 
A君「天草に行ってる途中に事故ったんでしょ?」と… 
弟「違うよ!阿蘇の赤橋で事故ったんだよ!」と言うと。 
A君「なんで?天草に行ってたでしょ?」 

A君は阿蘇に行ってた記憶が無いばかりではなく、行ってはいない天草に行ってたと…。

539: 名無しさん 03/01/31 05:24
これは私が高校生の頃の話です。 

日本海沖地震が起きた翌年、私は友人達と男鹿半島まで釣りに行きました。男鹿の磯場に行き「何が釣れるかな~?」などと友人達と話しながら、釣り糸を垂らし始めました。 

10分~15分程たった頃、私の釣り竿にかなり大物な感じの当たりがきました。「うぉっ!すごい当たりだや!!」そう声を上げながら釣られてくるであろう大きな魚に期待しつつ、15分間釣竿と挌闘していました。 

しかしヘンなんです。釣竿の引きが全然弱ってくる気配が無いのです。だいたい磯場での釣りで、釣り上げるのに15分以上かかるような大物なんて、そうそう釣れる事はありません。
 
「何かヘンだな~。」と思いつつも釣り上げようとしていると、急に引きが無くなってしまいました。針を上げてみると餌が付いたままで、魚が噛み付いた後もありません。 

「おかしいな~、なんか魚かかった感じじゃないよ、これ。」そう言う私に、友人は「きっと何かヘンな物ひっかけたんじゃないの?」 と言いましたが、引きが漂流物のものではありませんでした。 

540: 539 03/01/31 05:25
釈然としないまま再び釣り糸を垂れましたが、5分もしないうちに、また同様の事が私や友人達にも起こりました。 

何度釣り糸を垂らしても同じ事が起こり気持ち悪くなってきましたが、交通費をかけて折角来たのに1匹も釣らないで帰るのも癪だったので、せめて1匹釣るまでは頑張る事にしました。 

何度めかのキャストの時、今までの倍くらいの強さの当たりがきました。「おっしゃ~!これは絶対に釣り上げるぞ~!」と叫んで釣りはじめる私。 

30分以上の駆け引きの末、なんとか水面近くまで上がってきた感じだったので、引きが弱くなったところを半ば強引に釣り上げようとしました。 

一瞬、釣り糸を引いていた物が見えましたが、見えた瞬間釣竿が折れてしまい、海の中へと沈んで行ってしまいました。私達はすぐに釣りを止めて帰路につきました。「もうここには絶対に釣りにこない。」と思いながら…。 

私達が見た、釣り糸を引いていた物というのは、無数の子供の腕でした。
 
考えてみると私達が釣りをしていた場所は、日本海沖地震の時に磯辺で遊んでいた、遠足で男鹿に来た小学生32人が、津波にのまれて全員溺死した場所のすぐ近くでしたので、もしかしたらその小学生が出てきたのかもしれませんね。 

※日本海中部沖地震:
1983年5月26日発生。津波での死者100人。男鹿市の加茂青砂では、遠足中の小学生43人と引率教諭たちが津波に襲われた。多くは漁船や付近の人などに救出されたが、小学生13人が死亡した。(wiki:日本海中部沖地震)

541: 名無しさん 03/01/31 05:47
夏が来るたびに思い出すこと。 

小さい頃両親に連れられて、瀬戸内海にある豊島(てしま)によく行った。叔母がそこにいるので、夏になると海水浴に行った。豊島は、産業廃棄物で有名!?になってしまった島だが、当時はまだそんなものなくて、海で泳げたんだ。 

私はまだ小学校の低学年だったが、足ひれをつけたらいくらでも泳げる自信があった。瀬戸内海は遠浅で、随分と沖までいかないと深くならない。 私はとにかく沖へ出発した。 

何百メートル離れたか定かではないけれど、まだ小さかった私は少々不安感を感じて、岸へ方向を変え泳ぎ出した。岸は随分小さく見えた。海の家が小指の先よりも小さく見えた。 

私は体力的な不安感から、少し焦りながら泳いでいった。でも、一向に岸が近くならない。沖へ沖へ流されていくようだった。水中眼鏡に水が入り目が痛くなり、ますます焦って泳いだ。 

そんな時、突然目の前に顔が現れた。多分、女の人だと思う。 

目がぎょろっと大きくて、無表情に私を見ていた。髪の毛は、まるで海草がくっついているような、そんな感じだった。 

私は怖さを感じ、とっさに海に潜り右へ方向転換して、再び水面に上がった。左手側を振り向いたが、人の頭らしきものはなかった。私は何度も後ろを振り返りながら岸を目指し、なんとか足の届くところまで着いた。
 
今でもあの人の表情は忘れない。でも、心配そうな顔だったようにも思う。 

豊島は今、産業廃棄物のせいで、もう泳げるような状態じゃない。砂浜じゃなくて、小石の浜で足の裏が痛かったのが思い出である。

543: 名無しさん 03/01/31 12:34
>>541 
そっちに行くと流されるぞ、ということを教えたかったのかな? 

普通だったらいきなり足ひっぱるからな。

544: 名無しさん 03/02/01 00:20
私は何度も後ろを振り返りながら岸を目指し、なんとか足の届くところまで着いた。その時、空から光る玉のようなものが舞い降りてきた。暖かい光だと思い、目を奪われていると声が聞こえた。
 
「引くこともまた勇気。汝の勇気、見定めた」 

声とともに光る玉が白い騎士のような姿に変化して、後ろの女の人に飛びかかっていった。

その瞬間、辺りはまばゆい光に包まれ私は思わず目を閉じた。少しして目を開けると、もうそこには何もなく、ただの海が広がっているだけだった。 

また声が聞こえた。 

「我は永遠に汝とともにあり」 

あれから10年になるが、今でもあれがなんだったのか分からない。

547: 名無しさん 03/02/01 03:38
>>544 
頭大丈夫?

555: 名無しさん 03/02/01 11:03
与論島にサークルの合宿に行ってきました。ちょっと変なことありましたよ。 

僕の彼女と、その友達が泊まっていた部屋での出来事です。彼女が夜中、ソファベッドで寝ていると腕をつかまれました。そっちを見てみると、シーツらしきものをかぶって、目だけを出した人が顔を覗き込んでいたらしいです。 

必死で友達に助けを求めると、すぅっと楽になったそうです。それからあとの記憶は無く「夢かなぁ?」と思ってたそうです。 

次の日にその話を聞いて、一応、般若心経の一部を教えておきました。その晩は何なかったそうなので、「やっぱり夢やったんやで!」って言ってました。 

しかし帰りのフェリーの中で、その友達の女の子が妙にしかめっ面で寝てるので、僕の彼女はなんだろうと思ってその子の顔をのぞきこんでいると、友達の子が手を苦しげに上げたそうです。 まるで助けを求めようとしているかのように…。 まさかと思った彼女が起こそうとすると、友達が目を覚ましました。なぜか、涙を流しながらでした。

その間にあったことは、その子はまったく覚えていないそうです。覚えているのは、必死でぼくが教えた般若心経の一節を唱えていたことだけだそうです。 

いったい何があったのでしょうね…。

556: 名無しさん 03/02/01 11:04
きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

570: 名無しさん 03/02/02 09:44
夏休みの話です。和歌山県の千畳敷か三段壁か、とにかく有名な荒波が見れる奇岩の場所に行きました。

海岸まで降りて、とても近くで岸壁に打ち寄せては返す高波が見れました。ものすごく勇壮な光景で大満足でした。 が――高波がやってきました。

正直、ギリギリのフロントで見ていた自分たち姉弟には、とても逃げ切れないほどのそばにいます。波が。後ろにいた人たちはダッシュで逃げてます。やばい。

走ろうとしたら弟が、「もう間に合わへんから岩つかめ!」と止めます。たしかにその通りです。私は、平らな岩場のなかに突き出た岩にしがみついて、目をつぶって息を止めました。
 
波が頭の上から多いかぶさってきました。それも結構な破壊力でしたが、むしろ波が引く時の力がものすごかったです。必死で岩をつかんでいないとさらわれてしまいそうです。

さらわれてしまったら最後、この強い力で岸壁に打ちつけられ、複雑な潮流に飲み込まれたまま死体もあがらないでしょう。さすが自殺の名所と呼ばれる地です。ひー。

なんとか助かりました。ギャラリーたちにねぎらいを受けてしまいました。安全なところで見ていた母は、「死んだと思ったよ~」とハラハラしていたようです。つーか、まじで岩つかんでなかったらやばかったヨ…。

575: 名無しさん 03/02/02 16:24
>>570 
リアルに恐い…。

577: 名無しさん 03/02/03 08:05
小学校の時、海からあがってふと太もも見たらなんか虫?がくっついてた。 

形はセミと同じで多きさは一回りでかく、セミの樹液を吸う口を深々と俺の太ももに突き刺し、どうやら血を吸っていたようだ。引っこ抜いて手を離したら飛んでいってしまった。 

海中に生息するうえに、空を飛べる吸血セミっていないよな? ちなみに舞台は南伊豆。






592: 名無しさん 03/02/03 22:15
船釣りで天気が急変!!急いで帰港しはじめたけど 低気圧に捕まった...とたんに周りじゅう3mをこえるウネリだらけ!!! 

なによりも びびったのは、必死に舵をとりながら船頭さんが、自分だけ救命着をだして着ようとしていたことだった...。

545: オキ 03/02/01 03:34
「俺が死んだら骨の半分は海にまけよ」 

と、少々はた迷惑な遺言を残している、自称海の男の父。今回は、父が海の男になりきれない弟に、彼が初の長期航海に出る前に話していた内容から。 

またもや、長いかもなので面倒な方は飛ばして下さい。→続く

548: オキ 03/02/01 03:47
弟は、学歴を全く父と同じ様に進みました。

同じ高校、同じその上の専攻課(西日本では少々有名な水産高校で、その上に専門学校の様な学部が二年ある)。船酔いの酷い弟が、そのように自分と同じ道を歩むなど夢にも思わなかった父は、毎日嬉しそうでした。 

それは、弟が遠洋漁業の研修航海で海外(目的地はハワイ)に出かける数日前のことでした。→つづく

549: 名無しさん 03/02/01 03:48
もしや? いやいや、まさかね。

551: 名無しさん 03/02/01 03:58
愛媛丸なの?

※ えひめ丸:
2001年2月10日、ハワイのオアフ島沖で、愛媛県立宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」が、浮上してきたアメリカ海軍の原子力潜水艦「グリーンビル」と衝突し沈没、教員生徒9名が死亡した。(wiki:えひめ丸事故)。

えひめ丸

552: オキ 03/02/01 04:12
父が弟に何事か、真剣に語っているのです。 

「ハワイに着くまでに、日付変更線を赤道ら辺で越えるだろ。その時甲帆(船の甲板での作業。もしくは、夜ならみはり等)の係になりそうだったら、仮病でもいい、絶対に船外にでるな。お前は船酔いが凄いけん、先生も許す」 と、父。

弟は不思議そうに「なんで?」 と聞いていましたが、父は「いいけん。お父さんの言うことをきけ」と、強く言っていました。 

赤道付近が、夜半になると波が荒くなるとは聞いたことはあるのですが、日付変更云々は聞いたことがありませんでした。 

私はその時、なんか変な男同士の話だなぁと思っただけでしたが、妙に心に引っかかっていました。サボリや仮病の大嫌いな父が、そんな話を弟にしていることを。→続く

559: オキ 03/02/02 03:29
続き 

そして、弟が帰ってくる日がやってきました。弟は日に焼けて、少したくましくなっていたような気がします。そして、語りだしました。 

父に言われた事を妙にインプットはしていたが、何か小細工をしてサボる前に、弟は赤道付近の荒波にもまれて、日付変更線を越える間、船内で嘔吐と戦いつつグッタリしていたそうです。だから、甲板の仕事をする事もなかったと。 

ただ… 「その時甲板勤務に就いてた三人が、その後揃って学校をやめた」と、弟は少し悲しそうにいいました。 

一人は弟の親友でした。その親友になにかしらの理由を聞いたのは、弟が船酔いからさめた、ハワイ付近に近づく一日前だったそうです。

→まだつづく。

560: 名無しさん 03/02/02 03:55
>>559 
気になりまつ

561: オキ 03/02/02 04:01
「お母さんがたいへんな病気になったけん、早く帰ってお母さんの面倒を見ないけん。」 

弟は思い詰めた口調の親友を案じて、まず先生に、そんな連絡があったのか?と聞きました。 先生の返事は、「ハァ?そんな連絡は今の所ないぞ」ということでした。 

弟が親友にそう伝えて話してみても、彼は 「早く、早く帰らな。心配だ」 と言うばかりで、その後の研修も、ずっと上の空だったようです。 

あとの二人はというと、その日付変更線を越えたあと、疲れたように先生に「日本へ帰りたい」と訴えていたようです。先生が喝を入れたりなだめすかしてみても、そればかりを懇願していたとか。 

それだけ言うのならハワイから直接日本へ返してあげれは、と思うのですが、彼らの船員手帳なるものは普通の旅券とは違って手続きがややこしうえに、やはり他の生徒達の手前もあるのでしょう、すぐに帰国というわけにはいかなかったようです。

→まだまだ続く

562: オキ 03/02/02 04:26
そして帰港。 

帰りの日付変更線では何事もなく、むしろ穏やかに帰途につくことが出来たそうです(この時はまだ、弟もこの三人と日付変更線を関連付ける事に対しては、半信半疑だったみたいです)。 

その後、弟がやはり日付変更線に関して不思議というか、怖く思ったのは件の親友の母の訃報が、帰港二日前に船に届いた事。 

そして、あの日甲板勤務をしていた三人が揃って、自主退学の道を選んだ事。 

他の二人に関しては、弟も挨拶や少々言葉を交わす程度の仲だったので、何も聞かずじまいだったそうです。→さらに続く

564: オキ 03/02/02 04:43
私は、弟の話す事実も不思議に思いましたが、もっと感じたことがあったのです。 

「なぜ父はあんなことを…?」 

そんな出来事を熱心に語る弟に対して、父が口を開いた話…弟の体験より、もう少しガクブルと言うか、眉唾でした。弟じゃなくて良かったと思ってしまいました。 

父は言いました。「海にはそんなことがある。俺もたまたまそうじゃなかっただけだ。それでも何があったかを知りたいとは思わん。自分から、出来るだけそこに近づかん事だ」 と。 

それは海に対して父が思う、とても重たいものだと感じました。 

→つづき。読んで下さった皆様へ。

567: オキ 03/02/02 05:14
弟の話は大筋であっていると思いますが、細かい描写(特に日時の関係)は記憶を探りつつの、若干創作な部分もあります(何せ10年近く前に、テンパリ気味の弟から聞いた話なので)。弟の友人の事に関しては、私の記憶が強い事もあり、合っていると思います。 

弟が、友人にかける言葉もなく(あの日何があったのかを聞いてはみたいものの、友人の、母一人子一人という家庭環境を思うと、そんなことは聞けないと。友人もその話はせず、むしろ避けていたようです)悲しい顔をしていた事は、今でもはっきり覚えています。 

この父の話を聞きたい方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、弟の話以上に記憶が曖昧で、順序だてて書くことができません。 

日付変更線に関する話が他にあるのか、実は私の方が聞きたいのですが、やはり、この父と弟からのものしか知りません…。
 
父の話は今からだと40年以上前の事で、私の中でも「電波か?」と思う所もありますが、あの日、父が弟に話していた真剣な様子、弟の体験と悲しい顔。 

それを考えるとやはり、「赤道付近の日付変更線にはなにかがあるのかな」 という気持ちになるのです。

568: 名無しさん 03/02/02 05:31
お父さんの話が聞きたいです。だいたいどんな話なのでしょう。 幽霊やあやかしのようなものが出てくるんでしょうか?

569: 名無しさん 03/02/02 09:32
当事者以外は理解できないし、知る必要も無い話ってあるんじゃないかな。

572: オキ 03/02/02 12:04
>>568 
父の話では、幽霊系の内容に触れてはいません。ただ父達の船の場合は、当事者達の結末がもう少し悲惨なものだったのですが(期待に添えなくてすみません)。 

やはり、長い航海というのは、精神的にかなり辛いものらしいです(特に弟達の様に若かったり、初めての人などは)。個人差はあるようですが。 

事の顛末を突き詰めようとしない父と弟には脱帽なのですが(私興味津々で、かなり知りたがり)、>>569さんの言うように、そういうことも沢山あるのでしょう。 

父のへんてこりんな話はまだまだ沢山あるんですが、どうやら父は『霊』というものを信じていないらしく、「おいおい、それは正しく幽霊ってやつじゃないのか…」 ってのもあまり自分では認めない様子です。 

だから父のそっち系の話は微妙に怖くないんですよね…怖がってない人が面白オカシク話すんで。 

そんな話でよければ、またカキコいたします。 

575: 568 03/02/02 16:24
>>572 
なるほど分りました。海は私達陸の者が知る道理とはまた違ったものが支配する場所なんでしょうね。
 
不思議さに満ち溢れたお話、またよろしく。 楽しみに待ってます。 

576: 名無しさん 03/02/03 05:38
>オキさん 
変更線を越えた時、自分の未来がみえてしまった…とか。怪談で、自分の死に顔を何らかの形で見てしまうのはよく聞く話だし。 

日付変更線て言葉から推測しただけだけどね。

578: オキ 03/02/03 08:27
>>576さん 
おお…それは面白い意見ですね。なにげに辻褄らしきものが合う。私もいろいろ考えたこともあったんですが、それは思いつかなかった。ただ、父の船の時は、一人が亡くなったみたいです。 

【その12へ】