【その6】
海・少女


594: 名無しさん? 02/01/22 17:18 ID:QKNCxeC8
自分が小学5~6年の頃、クラスの女の子に告白された。 

確か、体育倉庫掃除の終わり時に。その時は何故か「お前バカじゃねぇーの?」 って言って全力で走って逃げた(笑)。その後、その子の友達がいろいろ取り持って付き合うことになった。

そして、月日が経つうちに友達みたいに仲良くなって、自分の家にも呼ぶようになった。最初はファミコンやったり、その子が持って来てくれるマンガを読んだりして遊んでた。因みにその時は、クラスの男友達も一緒だった。 

そのうち家に呼ぶ頻度も多くなって、二人きりの時間が欲しいと思うようになって、当時は男どもは5時くらいには帰って、それにつられてその子も帰ってたんだけど、一人で6時くらいまでうちに残るようになっていった。

一時間しかないけど、大事な時間だった。

二人になったとたんに、二人寄り添ったりして(笑)、だんだん色んな事を話し合うようになって、小学5、6年ながら、少しは恋人同士らしい時間を過ごすようになっていった。
 

595: 名無しさん? 02/01/22 17:23 ID:2XzlJXKR
ほほえましい(´◇`)

597: 594 02/01/22 17:33 ID:QKNCxeC8
それでも、まだ立場的にその子が一方的に自分の事を好きって雰囲気があって(本当はそんな事無いんだけど、自分がその雰囲気を利用してた)、その子は、自分に対しては弱い立場だった。 

そんな事から、手を握ったりすることも、二人寄り添い合うのも自分からすすんで「してあげる」という図式だった。それで自分は「嬉しいでしょ?」 って立場。

ずっと手を握り合ったり、隣り合ってこたつに入ったりしてる内に、お互いにだんだんマンネリを感じ始めてきていた。

でも、二人ともそこから先の「行為」には踏み込めずにいた。

603: 594 02/01/22 17:53 ID:QKNCxeC8
そろそろキスとかしてもいいんだろうなぁ…と思いながらも、どうしていのかが分からない。自分が優位な立場で、自分がその子にしてあげる事は全て喜ばれることだ、という自信がありながらも。 

もう、放課後には殆ど毎日うちに来るようになっていって、「うち来る?」 「うん」 というやりとりだけで、本当に気兼ね無く当たり前のようになっていった。 

毎日、手を握り合ったり(この頃になってくると手をいじくりまわし合ってた・笑)、寄り添り合うの繰り返しの中で、次のステップに進もうと幼稚な知恵を働かせてた。 

でも、考え始めると「もしかしたらそんな事したら嫌われるかも…?」とか不安になったり、余計な事とか考え始めて(そんな事無いのに)、踏み切るのにはかなりの時間を要した。 

604: 名無しさん? 02/01/22 17:55 ID:???
さぁて全裸で待つか

608: 名無しさん? 02/01/22 18:02 ID:???
さ~ってと・・・ティッシュを右に・・・。

612: 594 02/01/22 18:14 ID:QKNCxeC8
ある日、いつものように手をいじくりまわし合ってたら、その子の手の動きが妙な事に気が付いた。自分の手の上で、その子が指で規則的な動きをしてる。

気が付いた時、自分は黙ってその動きに注意を向けた。 

「キス」と、カタカナで自分の手の上に指で書いていた。

何度も何度も。 

それに気が付いた瞬間、心臓がドキドキし始めてきたが、同時に今しか無いと思った。 

「キス…?」 とその子の目を見つめながら、意を決して聞いた。 

「うん」小さくうなずいた。
 
「じゃあ、するよ?」と言ったが、そこからなかなか実行に移せない。自分のファーストキスでもあったし、恥ずかしさもあった。 

どれくらいの時間がたったか、覚えてない。6時を過ぎて、その子も帰らなきゃいけない時間になってきた。 

「そろそろ帰るね」長い長い沈黙を破ってその子が言った。そのまま立ち上がり、玄関まで送る。「じゃあね」とその子が帰る時に、触れるか触れないか分からないくらいのキスをした。 

「ありがとう」 と一言いって、その子は帰った。 

614: 名無しさん? 02/01/22 18:16 ID:???
>>612 
なんか・・・むしろ泣きたい気分になってきちまったじゃねえかよ・・・。

617: 名無しさん? 02/01/22 18:21 ID:???
(;´Д`)ハァハァ

619: 594 02/01/22 18:32 ID:QKNCxeC8
その子が帰った後、しばらく放心状態だった。全力を使い果たしたような、そんな感じ。もっと早くすれば良かったとか、もっとちゃんとしたかったとか、後悔の嵐。 

次の日も、その子はうちに来た。

二人になった時「昨日の続きしようよ」 と自分から言った。 「うん」 と嬉しそうにうなずいてくれて、安心した。

その日はずっと心の準備とイメージトレーニングをしていたので(笑)、実行には昨日ほど時間はかからなかった。今度は時間をかけて、ゆっくりと唇と唇を重ねた。

と言っても、唇を触れ合わせるだけのフレンチキス。 

「嫌じゃない?気持ち悪くない?」 とその子に聞いた。 

「そんなことないよ。○○君なら、嬉しいよ」(うろ覚え)と言ってくれたので、嬉しくなって、その日はずっと唇をお互いにこすり付け合ってた(笑)。 

627: 594 02/01/22 18:50 ID:QKNCxeC8
それから、しばらくはそんな事の繰り返しだったが、フレンチもすぐに物足りなくなってきて(笑)、「大人のキスしようよ」と自分から切り出した。 「うん」と、いつものように、素直に返事をくれる。 

そこから、いわゆるディープキスをするようになっていった。二人でいる時は、ずっとしていた。繰り返ししたり、何分間もしたりも(笑)。ここからは早かった。 

唇を絡めあったり、歯を舐めたり、唇を唇で挟んだり、小学生にしては色んなキスを覚えた。一日中そんな事をしていれば、すぐに次に進みたくなる。 

唇同士のキスから、耳たぶを唇で噛んだり、首筋に唇を這わせていくようなものへと進めていった。 

635: 594 02/01/22 19:08 ID:QKNCxeC8
自分がよく居眠りをするので(笑)、二人の時はその子は暇になってしまい、眠っている自分に上から軽いキスをしてきたりしていた。 

最初のうちは二人とも、座った状態で直立してキスしたりしていたが、その頃から自分が横になったり、その子が横になった状態でキスしあうのが普通になっていった。 

ある時、いつものように二人でこたつで横になりながら、キスし合っていた。唇を首筋に這わせていただけの事を、舌を使ってキスするようにノドを舐めた。 

すると、「あ…」 とかすれたような声で、その子から声が漏れた。 

その事に気が付いて、自分は「嫌じゃない?」 と聞いた。 

「…」 

その子は黙ってうなずいてた。

いつもは声に出して「うん」と言うのでちょっと不安になって、その日はそこから先へとは進まなかった。 

638: 594 02/01/22 19:40 ID:QKNCxeC8
その次の日もその子はうちに来た。 

昨日の事もあって、自分はちょっと遠慮気味だったのだろう。それを察して、「○○君だったら何されても、嬉しいよ。だから気にしなくてもいいよ」とその子が言ってくれた。その子も、自分が遠慮気味にしてたのを気が付いていたようだ。 

自分は昨日したように、その子の喉元に舌と唇を使って吸い付いたり、舐めたりした。 

「あ…、あ…」と、昨日より分かり易いように声を上げ始める。 

「大丈夫?」 と聞いた。「うん。気持ちいいよ…」 と返ってくる。

その時のその子の表情は、もう小学生のものとは思えないほど恍惚としていて、こちらの気持ちも更に高まってくる。自分の性欲も、きっと成人男子により近いものへと成っていったと思う。 

我慢できなくなり、その日のうちに更に次の行為へと進めていく。 

自分はその子の胸へと手を滑らせていった。まだ膨らみ始めたばかりの乳房だったが柔らかく、その手応えは、小学生の自分にとっては十分すぎるものだった。 

640: 名無しさん? 02/01/22 19:56 ID:???
>>594 の話は読んでると小学生の行為とは思えんハァハァ

641: 名無しさん? 02/01/22 19:56 ID:???
ヽ(`Д´)ノ ボッキアゲ!

642: 名無しさん? 02/01/22 19:57 ID:???
今神がいるスレはここでいいんですか?

644: 594 02/01/22 20:08 ID:QKNCxeC8
自分がその子の胸に手を伸ばしたのは、やっぱり発育が始まっていると分かっているからだった。

何日も一緒にいれば、服の上からでも膨らみ始めている事を知るのは、難しい事ではなかった(体操着の上からでも分かるし)。そして、それに触れてみたいという願望も日に日に芽生え、膨らみ始めた。 

最初は、触っているかどうか分からないくらいの程度で(勿論、服の上から)、その子も、自分が意図的に手を胸にやったのを気が付いていなかったかもしれない。少しずつ、その子にも分かるように胸に手をやる頻度を多くしていく。
 
「触ってるの分かる…?」 と聞いた。 

「え?…やっぱり?」 と返ってきた。 

「結構、あるね」 と言うと、恥ずかしさのあまり、顔を赤らめてうずくまってしまった。 

645: 名無しさん? 02/01/22 20:14 ID:???
(;´Д`)ハァハァ

647: 594 02/01/22 20:21 ID:QKNCxeC8
自分は更に直接、胸に手をやろうと思って「直接、触っていい?」 と聞いた。「恥ずかしいよ…」と、さすがにその日のうちには、直接触る事は出来なかった。 

その子の胸をこの手で直接触れるまでには、少し時間がかかった。それまで何度か催促したが、やはり恥ずかしいとの事だった。服の上からはどういう風にしようと恥ずかしくないようだったので、揉んだり、顔をうずめたり感触を楽しんでいた。 

どうしたら直接触らせてくれるか聞いたところ、実は触られるのは構わないが、見られるのが恥ずかしいとの事だった。

しかし、家は親が出入りする事が多いので(自営業で店をやっている)、部屋を暗くする事は出来なかった。 

650: 594 02/01/22 20:48 ID:QKNCxeC8
そこで自分は考えた。

部屋を暗く出来なければ、布団を被って自分達だけ暗くなればいいと。その子がくる日、布団を自分の部屋に持ち込んだ。 

「これ被れば、真っ暗になるよ」と言って、この手にその子の胸を直接感じれると思うと気持ちが踊った(笑)。「うん、そうだね」と、その子も嫌がらずに合意してくれた。

早速二人で横になって布団を被り、その子を下にして、自分が上になるような体勢になった。 

が…、外の陽と蛍光灯の明るさで、布団を被ったくらいじゃ真っ暗にならなかった。 

「これじゃ、見えちゃうね…」 と自分が言うと、「目、瞑ってくれてたらいいよ」と、その子は譲歩してくれた。

目を開けないという約束で、その子の服(確かトレーナー)をめくり上げる。ブラはまだしていなかった。薄手のタンクトップを着ていて、自分は目を瞑りながら、先ずはタンプトップの上からの感触を確かめてみる事にした。 

それでも今までの服の上からの感触とは、比べ物にならなかった。乳首が固くなっているのが確かに分かる。堪らず、タンクトップもめくり上げる。

顔を近づけるだけでその子の体温を感じ取れる。それだけ火照り始めていたのだろう。 

そして、この手で直接胸に手を触れた。 

653: 594 02/01/22 21:13 ID:QKNCxeC8
目を瞑っている事で、自分の手の神経は更に研ぎ澄まされていたと思う。 

始めて触れるその、肌触り、弾力に酔いしれた。貪るようにさすり、揉みしだいた。互いの息遣いも荒くなっていく。

もう手で触れるだけでは我慢が出来ず、乳首に口を滑らせていった。唇に軽く固く突起した乳首が当たった。そして、静かに唇で挟む。 

「口でしてるの分かる…?」 小声で聞いた。 

「え…?分かんないよ。」 と返ってきたので、今度は舌も使って乳首に吸い付く。

すると…「あっ!?あっ…あっ…」一瞬驚いたようなそぶりを見せ、今までにない声を上げ始めた。その声に呼応するように、乳首を交互に吸い付いたり、空いた方を指でつまんだりして貪る。 

「気持ちいい?」 と聞くと、「あ、うん…」 と荒い息混じりで答える。そして更に続ける。

今度は舌を早く動かしたり、乳房全体に強く吸い付いたりして、激しくしていった。それに呼応してその子の声も激しくなっていく。 

激しさが高まっていく中で、急にその子が体を背けた。 

「どうしたの…?」と聞くと、「あ、うん…何か…」 と言葉を濁らせる。そして…「何か、感じすぎて変になってきた…」 と言う。

その時はあまり良くない事だと思い、体をよじらせたら行為を中断していた。 

654: 名無しさん? 02/01/22 21:15 ID:???
>>653 
途中でやめないでー!!

655: 名無しさん? 02/01/22 21:20 ID:???
うらやましぃねぇ・・・

656: 名無しさん? 02/01/22 21:27 ID:???
(;´Д`)ハァハァ 

作り話だったとしても俺のムスコは反抗期(何

657: 名無しさん? 02/01/22 21:29 ID:???
もうネタでも良い 。終わるまでついていきますw

658: 594 02/01/22 21:54 ID:QKNCxeC8
その日は親が部屋に来る事も無かったので、ずっと布団の中で行為を続けていた。 

夢中で続けていると…、急にその子が体を隠した。「○○君、目開けてるよ…」 とその子が言う。すっかり忘れてた。いつから空けていたかも覚えてない。
 
「でも、綺麗な体だと思うよ。大人の女の人みたい」と言うと、また恥ずかしさのあまりかそっぽを向いてしまった。

しばらくして「○○君の体も見せて欲しいな…」 とその子が言ってきた。この子から要求をしてくるのは珍しい事だった。自分は全然、恥ずかしくなかったので上を脱いで見せた。
 
「○○君も大人の男の人みたいだよ…」 と言う。

そして「今度は私がやってみたいな」 と言うので、自分が今度は下になって立場を全く逆転させてみた。

その子は自分がやったようには激しくは無かったが、首筋などを舐められると何とも言えない感覚に溺れそうになった。

乳首なども舐めてきたが、くすぐったいだけだったと記憶している。 

659: 名無しさん? 02/01/22 21:55 ID:???
(;´Д`)ハァハァ・・・

660: 594 02/01/22 21:58 ID:QKNCxeC8
さすがに疲れました…ちょっと休み休みに書いていきます。 

全部が全部を書いていくと、今日中には終わらないような…。

661: 名無しさん? 02/01/22 21:59 ID:???
>>660 
明日まで待とう!頑張って書きやがってください。

662: 名無しさん? 02/01/22 22:04 ID:???
疲れただとコノヤロウ! 

休み休みでいいから書いて下さいお願いします申しわけありません。

665: 594 02/01/22 22:18 ID:QKNCxeC8
おまけ。 

二人きりで部屋にいると、親がたまに入ってきます。殆どの場合、二人で乳繰り合ってるので(笑)、慌てて離れます。

カモフラージュにファミコンもセッティングしといて、今まで、遊んでいたような素振りを見せていました(笑。

666: 名無しさん? 02/01/22 22:26 ID:NWbwlhLj
>>594氏 
今お幾つなんですか?

668: 594 02/01/22 22:32 ID:???
>>666 
今年で23です。

667: 594 02/01/22 22:31 ID:QKNCxeC8
布団を被ってのペッティングもやがて、布団を被らなくなり(笑)、この状態で二人の時間を過ごすことが多くなっていった。 

ここまで来るとあとはS○Xだけ。二人ともその行為の意味は分かっていたものの、具体的にどうすればいいか分からなかった。言うと、入れる穴がどれか分からなかった。 

二人で雑誌などでどうするか調べたりもした。どこでどう勘違いしたのか、S○Xして中出しすれば一発で子供が出来るという認識をしていた。

その子は初潮は迎えていたし、自分も精通していたので(お互いに話した)、S○Xするならコンドームを付けなければならない。

まずはコンドームを入手する為のプランを考えた。 

669: 名無しさん? 02/01/22 22:33 ID:???
>>594さん 
>二人で雑誌などでどうするか調べたり 
も、萌え~

678: 594 02/01/22 22:57 ID:???
おまけ 。

たまに学校でも、中休みとか昼休みに屋上に行く階段(あんまり人が来ない)で乳繰り合ったりしてました。誰かがそれを目撃したらしく、校内では有名になってしまいました。

担任の先生も知ったらしく、「純粋に付き合えよ」(多分プラトニックって意味)と釘を刺されましたが、後の祭りでした(笑)。 

あれから11年も経ったのかぁ…シミジミ。

688: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 11:17 ID:o/XsfftQ
S○Xについて調べていくうちに、色々な事を覚えた。体位や子供の出来る仕組み。他にもS○X以外のプレイ(と言ってもフェ○、クン○等)。
 
コンドームは手元に無いので、入手方法を調べていた。コンビニや薬局で手に入るところまでは調べたが、子供が買おうとしたらきっと怒られると思って、入手出来ずにいた。 

しかし、フ○ラとク○ニはコンドームが無くても出来るので、早速やってみようと話を切り出した。そして、まずは自分がフェ○をしてもらう事に。 

横になってズボンを少し下ろし、ブリーフの開けられる部分からペニ○の部分だけを露出させた。当然、勃起もしている。恥ずかしさはあまり無かった。 

「これが○○君の…」 その子はすぐには始めず、しばらくはさすったり、つまんだりして観察していた。 

「もうしてもいいよ。」 と催促した。その子は遠慮気味に、そっと口を添えた。 

691: 名無しさん? 02/01/23 11:35 ID:ruMrkVes
よっ!この淫虫~♥

694: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 12:08 ID:o/XsfftQ
その時にしてもらったフ○ラは、普通の咥え込んでしごくようなものでは無くて、先端部分をチロチロと舐める程度だった(詳しい方法まで知らなかった?)。 

あまり気持ち良いという感じでは無く、短時間で終わらせた。自分は正直、全部咥えて欲しいと思ったが、それ以上の催促はしなかった。 

今度は、自分がその子にクン○をする番だ。最初は恥ずかしながら手間取っていたが、時間をかけながらもスカートは履かせたままで、パンティだけを脱がせた。
 
確か薄いグレーだったと思う。素材までは覚えていない。その子は脱いだそれを素早く、こたつの敷布団の下に隠した。自分もパンティそのものには興味が無かった。 

明るみで見られるのは恥ずかしいとの事だったので、スカートを頭に被って、その子の股間に頭を突っ込んだ。暗がりの中、手探りでその子の秘部を探した。

先ずは手で軽く触れてみる。陰毛はもう生え揃っているように思えた。当時、女性器の仕組みを完全に把握していなかったので、どこを攻めればいいか分からなかった。更に顔を近づけていく。 

舌を思い切り伸ばし、触れる。仕組みが分からないので、まったく見当違いなところを舐めていたような気がする。具体的に言うと、股の前面部分を主に懸命に舐めた。 

一旦、スカートから頭を出し、「どう?」 と、聞く。 

「くすぐったいよ…」 との答え。当然と言えば当然。

この日はとりあえず、お互いの下半身に手を出したところで終了。 いつものメインプレイ(キスや上半身リップ)に戻る。 

696: 名無しさん? 02/01/23 12:14 ID:???
最近このスレ見始めたんですが、これだけ言っとこう。
 
ありがとう>>594!!

698: 名無しさん? 02/01/23 12:17 ID:???
>>594 
あんた・・・あんた最高やぁ!!

今日から594と書いた紙をお守り代わりに持ち歩くよ! アリガタヤアリガタヤ・・・

699: 名無しさん? 02/01/23 12:21 ID:???
神が最高なのはもちろんだが、外野のお前らも最高だ。

701: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 13:31 ID:o/XsfftQ
あれからしばらくしたが、コンドームも手に入らないのでS○Xには至らず、メインプレイに加え、覚えたばかりの○ェラ、○ンニで二人の時間は過ごした。 

「早くHしたいよね」と自分が言うと、 「○○君に、私の処女あげるね」 とその子が言ってきた。最近調べて知った言葉だ。使ってみたかったのだろうか? 

「おう、じゃあ○○に俺の童貞もやるからな」 同じく、最近に覚えた言葉で返す。よくこんなやり取りをずっと繰り返していた事を覚えている。 

二人で更に知識を深めるべく、また別の本も読んだ。

今までは学校の図書室の「大人の身体」のような本をこっそり読んだり、自分の友達からエロ本を借りていたが、その子が読み始めた女の子向けの雑誌「プチ」とか「セブンティーン」等の雑誌にもそういった、性についての記事が載っていたので、そこからも新しい知識を得ることが出来た。 

703: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 14:05 ID:o/XsfftQ
その雑誌からは、特に目新しい知識は得られなかったが、自分達にとって一つ重要な情報が載っていた。コンドームの入手方法だ。

今までは薬局、コンビニのみでしか手に入らないと思っていたが、そこには自動販売機から手に入ると記されている。大体が薬局の前にあるとの事だ。自動販売機からなら自分達でも買うことが出来る! 

後日、放課後に僅かながらのこづかいを握りしめ、二人で薬局に向かう(笑)。 

薬局付近まで来ると、さすがにランドセル姿の男女がコンドームの自販に近づくのは危険だと感じた(笑)自分は、その子にランドセルと学帽を渡し、少し離れたところで待たせた。 

恐る恐る、自販に近づいていく。そして素早く小銭を自販に入れ始める。品を選んでいる余裕は無かった。一番安い物を選んで、出てきたコンドームを掴んで全力で走り去った(笑)。
 
「やったやった!」 とはしゃぎながら(笑)、その子の元に駆け寄る。「やったね!」 と、一緒にその子も喜んでくれた。

しばらく二人でパッケージを眺めたり、箱を開けて中身を確かめたりした。そしてコンドームを二人で分けて、その日はもう遅かったので、その場で別れた。 

704: 名無しさん? 02/01/23 14:06 ID:???
やっちゃうのか?そうなのか??

705: 名無しさん? 02/01/23 14:11 ID:???
初々しくて(・∀・)イイ!!

707: 名無しさん? 02/01/23 14:24 ID:???
萌えとかそういうんぢゃなくて、なんかワカランけど(・∀・)イイ

708: 名無しさん? 02/01/23 14:33 ID:???
ほのぼのしててイイ! 

>>594さん、昨日から楽しませていただいてます。

710: 神594様のキセキ 02/01/23 15:02 ID:kMBr6ACw
>>594「幼い二人の出会い」 
>>597「ふれあい」 
>>603「そしてキスへ・・・序章」 
>>612「そしてキスへ・・・ありがとう」 
>>619「そしてキスへ・・・その日はずっと~」 
>>627「そしてキスへ・・・大人の味」 
>>635「そしてキスへ・・・次の世界」 
>>638「柔らかな膨らみ・・・序章」 
>>644「柔らかな膨らみ・・・赤面」 
>>647「柔らかな膨らみ・・・赤面2」 
>>650「柔らかな膨らみ・・・暗闇の中の宝石」 
>>653「柔らかな膨らみ・・・快楽という世界」 
>>653「二人で一つに・・・序章にむけて」 
>>665「番外-1」 
>>667「二人で一つに・・・序章」 
>>678「番外-2」 
>>688「二人で一つに・・・口で」 
>>694「二人で一つに・・・口で2」 
>>701「二人で一つに・・・約束」 
>>703「二人で一つに・・・準備は整った」 

題名は勝手につけちゃいました、スミマセン。

713: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 15:11 ID:???
>>710 
笑いました(笑)有難うございます。気が付かないうちにたくさん書きましたね。 

思い出していくうちに、余計な事まで思い出してしまってます。


711: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 15:08 ID:o/XsfftQ
遂に、待ちに待ったS○Xをすることになった。

放課後別れてから、うちにその子が来るのが楽しみで仕方なかった。きっとその子もそうだったろう。うちに着いた時は走ってきたのか、息を切らしていた。落ち着くまで少し待つ。 

いつ部屋に家族が入ってくるのか分からないので、全裸にはなれない。自分はズボンとパンツを少し下ろして、その子はパンティーをだけを脱ぐ。

そして、コンドームを取り出し装着。少し手間取ったが何とか収まった。正常位の体勢になり、勃起したそれをその子の秘部へ近づけていく。 

が…、挿入出来ない。自分の女性器の知識はまだ、十分では無かった。結果、膣に近い部分を突っつくような行為を少し繰り返す。 

「入んないね…」 しばらくして、自分が言う。 

「もうちょっと下かなぁ…?」 と返ってきたので、手探りで目標を下に下げたが、それでも上手くいかず。勃起力も弱まり、コンドームも乾燥し始め、ゴワゴワしたような感触に。 

「あ…」 自分が収縮したものを見ると、「立たせてあげるね」と、珍しくその子からフェラに移行する。今、思うと少し焦っていたように思える。 

再び勃起するが、その後も挿入は出来ず。 

「ちょっと難しいね」 自分は諦めて言った。 

「そうだね…」 その子も残念そうだった。「大人になったら、ちゃんと上手く出来るよ」と励ました。

当時、自分にはS○Xが出来なかった事に焦りは無かった。 

714: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 15:30 ID:o/XsfftQ
一応、第一部は完です。エピローグもありますが、これ書いたら総スカン喰らうかも…。 

おまけ。
 
あの後から、もうS○Xをする話は無かったが、その代わり二人の間で「擬似S○X」を覚えた。最初は正常位の体勢から、互いの股間を服の上からこすり付けるような行為。その子も気持ちよさそうにしていた。それは自分も同じだった。 

更にS○Xをした時のように、お互いに下半身のみ脱いでペ○スをその子の股に挟み込むようにする。いわゆる「素股」に近いものだったと思う。そして、お互いの性器をこすり合わせる。

その子もそれなりに感じていたと思うが、イクことは無かった。自分はそれで射精する事が出来て、その子はそれをとても喜んでいてくれた。

「擬似」ではあったが、今でもあの気持ち良さは、S○Xとは別に良いものだと思う。

715:名無しさん? 02/01/23 15:41 ID:???
いいから全部書きやがれ!! 

いや書いてくださいお願いします。

716: 名無しさん? 02/01/23 15:44 ID:???
おおおおー! !!とうとう完結かー !!!

俺の消防時代には、好きな子とそんなことできるなんて夢のようだったぞ。

717: 名無しさん? 02/01/23 15:47 ID:???
うらやましいぞ!

718: 名無しさん? 02/01/23 15:50 ID:1CexzS99
>>594氏 
その時すでに剥けてたの?

724: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 16:10 ID:???
>>718 
剥けてないですよ。早熟だったので(5年で生え揃ってました)、剥こうと思えば剥けたかも? 

719: 名無しさん? 02/01/23 15:51 ID:???
俺の同級生にもこんな奴が居たのだろうか? 信じられない。攻防二年の時ですら、クラスでキスの経験ある奴、ほんの二、三人だったが・・・。田舎の高校だったからか? 

消防高学年の頃なんて、女と口聞いたらエンガチョ状態だった。とにかく女と男とは仲が悪かった。

724: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 16:10 ID:???
>>719 
1学年に一人はいるはず(笑)。もう11年前の話なので、今の消防だったらもっといるでしょう。 

あと、当時の自分はクラスのガキ大将的存在でした。自分家も溜まり場でしたし(笑)。
 
それまでは自分のクラスも、男子が!女子が!という風に仲が悪かったのですが、自分とその子が付き合うようになってからは、クラス全体で男女が仲良くなり始めました。影響力があったのでしょう。

728: 719 02/01/23 17:01 ID:???
>>724 
私とほぼ同世代でいらっしゃるようですが、そういう小学校もあったんですね。羨ましい。

今の消防は進んでるかもしれませんね。家庭教師で、消防4年がやたらとスケベな単語の意味を聞いてくるので、困ったことがあります。 

私なんて、消防の頃の片思いの相手にエロが出来たのは、攻防になってからだった。 

720: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 15:56 ID:???
喜んでもらえたみたいで良かったです。いやぁ疲れました。
 
このスレのログ読みましたが、もっとすごい事やってる人もいてビビりました。 

今思うと、リアルタイムなロリコンだったと鬱(笑)。今はそんな気は全然無いですけどね。あの経験が無かったら、ちょっとはその気があったかも…(笑)。 

あと、最初に小学5~6年の出来事とありますが、これは6年ですね。6年の秋から完結までは冬までの話でしょう(うろ覚え)。

725: 名無しさん? 02/01/23 16:14 ID:???
エピローグ希望!!!

726: 名無しさん? 02/01/23 16:48 ID:???
おいおい、まさかこのまま書き逃げじゃねぇだろうな?

とっととエピローグまで是非お願いいたしします。

727: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 16:52 ID:o/XsfftQ
エピローグはあまり長々と続けるつもりじゃないので、予め短くまとめてから、一回で終わらせようと思ってます。あまり夢の無い話なので、期待しないで下さい(笑)。 

時間があれば、今日中に出来ると思います。

730: 名無しさん? 02/01/23 17:19 ID:???
>>594は作り話。

731: 名無しさん? 02/01/23 17:19 ID:???
>>594殿に質問っす。 

今でもその子とナニしたりしてるっつーか、付き合ってるのでしょうか?

732: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 17:30 ID:o/XsfftQ
>>731 
それはエピローグを書いてから答えます。ネタバレに繋がってしまうので。 

しかし、エピローグは敢えて書かないで、↑の>>731の質問にだけ答えて終わりにした方が良いような気もします…内容的につまらない上に、だからと言って脚色もしたくないので。

734: 名無しさん? 02/01/23 17:37 ID:???
>>732 
そんなこと仰らずに是非書いてください。 

735: 名無しさん? 02/01/23 17:44 ID:1CexzS99
>>732 
エピローグも書いて欲しいです。お願いします。

736: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 17:48 ID:o/XsfftQ
それでは、エピローグも書きます。それが>>731の質問の答えにもなりますので。 

もうちと時間かかりますが、気長に待ってて下さい。

737: 名無しさん? 02/01/23 17:53 ID:RZJwKb2/
うむむ・・・>>594の話を読んでいて、オチンロンがパンパンになっている俺・・・。

745: 名無しさん? 02/01/23 18:26 ID:???
>>737 
オチンロンって何だよ!?超ワラタ

740: 名無しさん? 02/01/23 18:05 ID:???
やっとおいついた! 

ドキドキ!

748: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 18:58 ID:7loPUhBY
エピローグ 

そんなこんなで、ようやく小学校を卒業する時期になった。

この頃になると、将来の話もするようになる。中学はもちろん、高校、大学生になったらどんなデートしようかとか。二人で旅行へ行く話や、どちらからともなく結婚の話もした。 

中学へ入学して、お互いに部活に入ったりなど、今までのようには二人の時間を取れなくなっていった。それでも、二人で時間を作る努力をし、会える時には自分の家に呼んでは小学生の頃と変わらず、情事にふけ込んでいた。 

初めての中間テストが終わった頃だったと思う。

二人でいつものように家で過ごしている時に、「○○以外に好きな娘が出来た」 と自分から切り出した。好きになったのは、同じクラスの自分の隣の席の女の子だった。
 
「いやだよぉ…」 とその子が言うと、だんだん泣き顔になり、別れ話を始めるとその子は泣き始めた。
 
「ごめんね、ごめんね」 と、自分はその子の頭を抱きながら何度も謝っていた。

だんだんと泣き声が大きくなるので、自分は家族が入ってくるのではないかと心配し始めた。やがてその子が立ち上がり、玄関に向かって行く。自分もそれについて行く。遂に、そのままその子は帰ってしまった。 

数日後、郵便受けに手紙が入っていた。

その子からのものだった。切手は貼られていなかったので、自分で持って来たのだろう。

「あの時は、ちゃんとお別れ言えなくてごめんね。○○君と少しだけど一緒にいれて良かった。後悔はしていないからね。今までありがとう。」 というような内容だった(かなりうろ覚え)。 

中学生の間は、校内でその子を見かけることはあったが、特に会話をしたりする事は無く、中学卒業後は、もう見かける事も思い出すことも無くなった。 

おわり。

749: 名無しさん? 02/01/23 19:03 ID:???
>>748 
なんだか切ないね。

753: 名無しさん? 02/01/23 19:06 ID:???
>>748 
胸キュン。

752: 名無しさん? 02/01/23 19:05 ID:???
>>748 
せつねええええ。

755: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 19:06 ID:???
意外と早くまとまりました。反応がコワイですね。
 
色々思い出してたら、なんだか会いたくなってきましたね。引っ越していなければ、歩いていける位の距離に住んでますが…今更、会いになんか行けないな。

756: 名無しさん? 02/01/23 19:08 ID:???
くう-。切ない。同窓会で逢ったりしたらどんな会話されるんでしょうね。 

長々とご執筆、御苦労様でした。

750: 名無しさん? 02/01/23 19:04 ID:???
>>594
それでそのすきになった子とはどうなった?

758: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 19:24 ID:???
>>750
好きになった女の子には告って振られました(笑)。 

同窓会はまだ一度もやってないなぁ…。会いたいなぁ…。

759: 名無しさん? 02/01/23 19:25 ID:???
オレだったらどこかで顔合わせても口なんか聞けなそう・・・。無視しちゃいそう。

763: 名無しさん? 02/01/23 19:44 ID:???
なんで乗り換えたりなんかしたんだよぉぉぉ!

765: 名無しさん? 02/01/23 20:00 ID:???
カラダよりもココロを選んだんだな。 

ちっ、ませたガキめ、と正直思っていたが、最後は良かった。

760: 名無しさん? 02/01/23 19:29 ID:1CexzS99
そんで今の>>594 は女にモテナイ人生を送ってるのか?

767: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 20:21 ID:hXrIRyWW
>>760 
その後、今まで数人の女の子と付き合いましたが、長続きする事は無かったですね。振ったり振られたり。今は恋人はいませんね。 

764: 名無しさん? 02/01/23 19:47 ID:???
そんでその手紙はどうなった?捨てた? 

俺が攻防一年の時に、後にも先にも一度だけ出したラブレター、 振られたにもかかわらず、いつまでも相手が所持していることに非常に驚いたことがある。今でも持っているのかと思うと、恥ずかしいことこの上ない。 

767: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/23 20:21 ID:hXrIRyWW
>>764 
手紙はしばらくは取ってあったと思いますが、捨てました。 

長々すいませんでした。

768: 名無しさん? 02/01/23 20:37 ID:???
>>594 
なんか、なんか、わからんけど・・・ええ話をありがとう!

769: 名無しさん? 02/01/23 22:14 ID:???
>>594 
精一杯の気持でありがとう。そしてお疲れ様でした。 

こ頃温まりました。なんか不純な気持で読んでたのが申し訳ないくらい。 

779: 名無しさん? 02/01/24 01:54 ID:???
>>594 
長い長いお話おつかれさんでした。 

次にあらわる勇者はおらんのか!

819: 594 ◆n83fg0GQ 02/01/25 17:45 ID:Nto7Dfpn
一つ恥ずかしかった話を。 

放課後、いつものようにうちで乳繰り合っていると電話がかかってきた。
 
自分は誰かが取るだろうと思って、そのままペッティング続行。この油断がいけなかった。急に兄がドアを開け入ってきた(笑)。勿論、兄にその姿を見られてしまう。二人で慌てて服を直す。 

「はい、電話」 

しかし驚いた様子も無く、自分にコードレスフォンを渡して何も見なかったように去っていった。因みに友人からの電話だった。 

その後、兄とはしばらく顔を合わせるのが恥ずかしかったのを覚えてる。今思うと見られたのが、フ○ラorク○ニじゃなくて良かったと思う(笑)

820: 名無しさん? 02/01/25 17:57 ID:???
おにいちゃん、毎回見てたのかも・・・。

【その8(完)へ】