【その2】
学校バスケ


191: 名無しさん? 02/03/12 04:23 ID:???
厨房の頃、先輩が野球部の試合の時、ユニフォームのハイソックスと、姉のルーズソックスを間違えて履いて来たっけ・・・。


222: 名無しさん? 02/03/15 03:40 ID:???
>>191 
今作ったにしちゃよくできてるな。

211: 191 02/03/14 02:30 ID:???
その先輩は他にもまあ、数々の珍事をした人で、冬の野球部の練習中、ある先輩がツララをはたき落としていて、それを見た先輩が自分もやろうと、キモイ笑顔をしてツララに向かって走って行った。

が、足元の氷に見事に滑り、ヘビー級デブの先輩の体は半回転しながら吹っ飛んだ。

で、先輩は「このヤロー!」と氷にマジ切れ。氷に鉄拳を食らわしたが割れなかった。

212: 191 02/03/14 02:33 ID:???
またその先輩とは別の人が、跳び箱を飛ぼうと全力で跳び箱めがけ走ったが、低く飛んだために跳び箱に激突。その人は内臓破裂で病院送り。

213: 191 02/03/14 02:44 ID:???
2つ上に女の先輩がいて、その先輩は失礼だけど女に見えない怪物。

男以上に筋肉があり、腹筋が割れていて、総体のソフトボールでホームランをかっ飛ばす、伝説のクイーンコング。私服姿を後ろから見たら40代のおっさんw。

自分をからかった男子に向かって、教科書の詰まった重い鞄を片手で数mブン投げて男子に直撃させたり、自分の持ち物を持って男子トイレに逃げこんだ男にマジ切れ、泣きながら男子トイレに突入してその男を半殺しにした。

214: 191 02/03/14 02:52 ID:???
(男の方の)伝説の先輩は力が強く、気が荒い。

気に食わなければ女も殴る人で、「H(その先輩)って臭いよねー」と上級生の女子がしゃべってたら運悪くH先輩登場、その女子を無言で平手打ち、その女子は数メートル吹っ飛んだ。

またH先輩が小学校の時、自分をからかいまくった男子(小4ぐらい?)を片手で鷲掴みにして持ち上げた。で、そのまま電柱に4,5回思いっきり叩き付けた流血事件も起こした。

その叩き付けられた人は、今ではひらがなもロクに書けないドキュソになってます。

215: 名無しさん? 02/03/14 02:55 ID:/ndDPW1t
>>211-214 
エグ・・・

222: 名無しさん? 02/03/14 01:08 ID:???
>>211-214 
その伝説の先輩と伝説のクイーンコングの決戦はなかったんですか?

192: 名無しさん? 02/03/12 04:38 ID:???
数日かけて過去ログ全部読んだぜ……(疲) 

厨房の頃、科学部(化じゃない)に居た。

マイナーで2年生が居なかった。1年の頃、もう季節は秋で3年生は引退っつーか受験なので来ない。そんな時に、顧問が学会だとかでカナダに数ヶ月サヨウナラ。残されたのは代理の理科教師(女性)と薬品戸棚の鍵。

一年生部員3人と、部員でもない悪友1人は「俺たちの時代だ」と思った。しかし、所詮1年生。そもそも化学の知識などほとんど無い。作戦はドラクエ4のAI並みの思考回路で「いろいろやろうぜ」だ。 

まずエタノールを希釈して飲む。燃料用で無い事はよく確認。→割と足にクることが分かった。しかし全く美味くはない。水割りに常備してあるイオン交換水(PH調整した中性の水)を使ったのがまずかったか。

授業中の実験で、ロウを試験管内で加熱する?という物があった。先生の「これ以上やると爆発して危険だから」という台詞をしっかりと覚え、限界までアルコールランプで加熱。

欠片が「ぽひゅっ!!」という音とともに、濃厚な飛行機雲を作り出しながら発射。綺麗ではあったが派手さには欠ける。 
(つづく) 

193: 名無しさん? 02/03/12 04:39 ID:???
他にもとりあえず硫酸を出してみて加熱した。目的はよく覚えていないが、結局飛び散って口の中に入った奴が居た気がする。

そんなある日、我々は何を思ったか床にメタノールを撒いて着火するという、非常にストレートな手段に出てしまった。

悪友Kの発想だろうが、さすがにやりすぎだと思い俺は他の3人から少し離れた場所から見守る事に。

確かに良く燃えている……いや、何が楽しいのか良く分からんが。科学的好奇心(つーか犯罪)に動かされている他の3人も同じ事を考えたらしい。

Kは「火力が足りんッ!」と叫ぶと、おもむろに手にしたアルコールの蓋を開け、 炎の上で傾ける。
(つづく)

194: 名無しさん? 02/03/12 04:40 ID:???
その瞬間、瓶の口から水平に1メートルほど炎が噴射された。 

のけぞる3人&やっぱり止めておきゃよかったと思う俺。燃料追加で燃え上がる炎。揮発性の高いアルコールを炎にかざせば当然の結果である。

Kは割と度胸のある方だったのか瓶を手放す事はなく、惨事にはならなかった。

部長のMはウンコ座りの体勢で目の前を火柱が通り、眉毛が一部損傷。

「消せッ!消せーッ!」 集団で上履きを脱いで叩きまわるが、すでにタイル3~4枚のエリアに拡大した屋内キャンプファイヤーは、すぐには消えない。

俺はとっさに理科室の前に走り、巨大な円筒形のガラス容器(謎)を手に取ると、水を満たしてぶちまけた。 幸い、一瞬にして鎮火。しかし、靴下を濡らしたその他3名からは責められる俺。

卒業まで理科室の後ろのタイルは白く変色していた。

※ガラス容器は、ホルマリン漬け標本などが入っていたんじゃ?というサイズ。中身は空っぽだった。

199: 名無しさん? 02/03/12 15:08 ID:???
>>192-194
 
科学ネタワラタ。

【並行輸入品】エタノール暖炉 床置きタイプ アテネ(納期約3週間)時間指定不可(代引不可:メーカー直送のため)(送料込み)
【並行輸入品】エタノール暖炉 床置きタイプ アテネ

196: 名無しさん? 02/03/12 11:15 ID:???
初カキコ。自分も、過去ログ全部読みました。おもしろ過ぎです…。 

あれは、消防の2年生。体育館で授業があった。

その授業が終わり、はやく教室に帰れば良いものを、休み時間ギリギリまで体育館で遊んでた。ふと気がつくと、時間がかなりヤバイのでダッシュで教室に帰った。

俺と友達(3人) 廊下を走って帰ってて、教室につくと友達が2人ほどいない。あれ?と思い教室の外で待っていると、その2人のうちの1人がやってきた。

M「おい、職員室の先生が呼んでるよ…」

なにがあったんだろう?と思い職員室に行くと、そこではその、帰ってこない友達が怒られていました。

どうやら、帰る途中に廊下走っていることを見つかって怒られてたんだけど、俺はそれに気づかないで帰っていたようで。 その後、めっちゃ怒られましたよ。…つーかその教師、よくわかんないし。以下。怒られた時の内容。

教「(1回づつビンタされて)いいか!おめーら!これからは廊下、走るんじゃね-ぞ!わかったか!わかったら俺が言った事、言ってみろ!」

俺ら「はい!これから廊下走りません!」 

教「『今から走りません』だろうがあ!(もう1度ビンタされる)」

くだらなくてすいません…。 

198: 名無しさん? 02/03/12 14:47 ID:???
>>196 
そういうキチガイ先生いたよな。なんというか論理的に喋れないやつ。

おれはそういうの揚げ足取るタイプだから嫌われてたな。

203: 名無しさん? 02/03/12 21:05 ID:???
>>196 
「これから」=「今から」だと思うのだが・・・ 馬鹿な先生に見つかって可哀想だ。

199: 名無しさん? 02/03/12 15:08 ID:???
先生っていう職業は、しかる時にその人の懐わかっちゃうよな。難しい職業だ・・・。 

204: 名無しさん? 02/03/12 21:21 ID:???
先生が生徒にいじめられて登校拒否になった。なぜか首にならず、しばらくして復帰してたなー。

210: 名無しさん? 02/03/14 00:25 ID:7nfUzblD
俺が中3の時の事。

クラスでもキャラが濃くていつも笑いものになってたMが、昼休み体育館で遊んでた時に、バレーボールに空気入れまくって「おーすげー!めちゃ弾む!」と嬉しそうに遊んでいた。

んでMが体育館の壁にバレーボールを思いっきり投げたら、「ズバアアアァァァン!!!!」と滅茶苦茶大きな音でボールが破裂。空気が振動し体育館中に響き渡った。

壁に一番近いとこにいた生徒はふっ・・・な感じで座り込んだ。一瞬意識が飛んだらしい。

でも当のMは笑って済ましていた。色々面白い奴だったなあ・・・。

216: 名無しさん? 02/03/14 03:00 ID:???
従兄弟の学校でのお話。 

1年か2年前、従兄弟の学年で登山があった。無事に下山終了。が、従兄弟のクラスの担任の先生(けっこう年寄り)は気分がイイ!と言って、また山に登っていった。

次の朝、担任ではなく他の先生が来て、「先生は入院しました」。しかも意識不明。 

その後どうなったかは聞いてない。

223: 名無しさん? 02/03/15 09:20 ID:/20uHd1M
高校の時の話。

学校付近の公園でみんな集まってるという話を聞きつけて、夕暮れ時に馳せつける俺。

と、そこに怪しげな集団を発見。テーブル状の石垣の上に、金網で出来たゴミ箱が燃やされている。あたかもキャンプファイヤー。認めたくはないが、その周囲で怪しく踊り狂う黒い影共は、どうやら俺のツレ達。総勢十数名。

なんだかもうどうでもよくなり参入する俺。不思議とおかしな高揚感を味わい、現世を忘れた一時を過ごした。すると背後から声がかかる。

「君達、何してるのかね?」明かに大人の声である。

振り向くとそこには、付近住民の通報を聞きつけてやってきた警官二人。お約束の懐中電灯でこちらを照らしてる。

「何これ、燃やしてるの?」

青ざめる一同。先生、両親、停学、逮捕?とイヤな連想が頭をよぎる。こんな時でも機転のきく奴がいたようで、奴はこう言い放つ。

「ち、違います。俺達燃えてるのみつけたから消してたんですよ!なあ?」

おいおい、苦し過ぎだろう・・、と頭が痛くなるが、「そ、そうですよ、ほら。」 と一心不乱に火を消し始める一同。当然いぶかしげな警官達。10分少々の説得の後、 なんとか警官を煙に巻くことに成功! 

「早く帰りなさい」「はあーい」 立ち去る警官に胸をなでおろしたのであった。しかし・・・

225: 名無しさん? 02/03/15 09:25 ID:???
>>223 
おい!つっこめよ!

224: 名無しさん? 02/03/15 09:24 ID:???
かかし・・・

226: 223 02/03/15 09:41 ID:/20uHd1M
そんなことで帰るほど素直でもないので、しばらくそこでマターリ。しばらくすると皆元気を取り戻し、意味もなく騒ぎはじめる。と、今度はやや遠めから怒鳴る声が聞こえる。

「おい、お前等うるせーよ!」

またか。悪寒を感じつつ振り向くと、今度は付近の大学ラグビー部の方々。全員マッチョ。どうしようか善後策を考える俺を尻目に、脊髄反射的に反応する友達。

「うるせー!このインポヤロウ!!」 (え?)一瞬理解不能に陥る俺達。

「んだと!このガキ!」 当然こちらに突撃してくる部員さん達。その距離10メートル。

「おいおい、どうすんだよ・・・」と俺が振り向くと、罵倒した本人は既に5メートルほど逃げ去っている。錯乱状態に陥り、奴に続いて逃げる。

すると奴の行く先を工事用の黄色と黒の柵(ハードルみたいなやつ)が乱立している。筋肉頭の奴は逃げ道が他にないと判断したのか、そのハードルどもを片っ端から掴んでは放り投げだした。

後に続く俺達の前に、雨あられと降るハードルの雨。後からは鬼人の表情のマッチョ達、前には鉄柵の雨。まさに地獄絵図でしたわ。

230: 名無しさん? 02/03/15 20:08 ID:???
そーいえば、中学時代になんかあったような気が・・・ アー、ワスレタ。

233: 名無しさん? 02/03/15 22:27 ID:G8hpbi6c
高校の終わりにさしかかっている1月の寒い日。

5時間目に格技(剣道OR柔道)の授業があったんだが、いちいち道場まで行かなきゃいけないし、受験勉強もあるから教室でさぼることにした。

受験する奴らは普通は家に帰って勉強するんだけど、 オレの場合は家に帰ると遊んじゃうから、いつも学校でやってたのよ。で、5時間目に一人で勉強してたんだけど、ほどよく暖房もきいてるし、ウトウトしちゃって寝ちゃったのね。

起きた時にはちょうど何人かが帰ってきていて、「寝てんじゃねーよ」とか言われて。そいで、6時間目の授業が終わってHRも終わった時、クラスの女子がこう言った 。

「私の3万円がない!」

クラス騒然(1/3はすでに帰ってたけど)。

やばい、どう考えてもオレが疑われる。そいつは財布はバッグに入れてたんだけど、だいたいクラスには人がいるし、いない時なんて格技の時間しかないのよ(格技の時間は女子は普通に体育)。何とか平静を装うオレ。

オレ「まじ?やべえじゃん。先生に言った方がいいよ」
女「でも勘違いかもしれないし・・・」
クラスメイツ「でも、ぜったい早く言った方がいいよ。」 

<続く>

234: 名無しさん? 02/03/15 22:29 ID:G8hpbi6c
<続き> 
案の定、すぐに呼び出されるオレ。

その日は事情聴取(約2時間)と財布見せるだけで帰された(財布って生徒にあけさせるのよね。勝手に見たら問題あるから)。その時、財布の中に2万入っていたので、かなりビビった。

次の日、迷宮入りしたのかと思わせつつまた事情聴取(約3時間)。さらにさぼったことに対するお説教(約1時間)。

この日初めて「おまえがやったのか?」とのセリフが出る。当然「やってません」と答える。

「証拠が出てきたら退学にするぞ」と、脅しをかけてくる。

「だから、やってませんって(トホホ・・・」普段から素行不良の生徒として超有名だっただけに、そうとう疑ってかかる教師陣。たしかに、オレがあんたの立場だったら同じふうに疑っただろうが・・・ 。

さらに次の日、親呼び出し&準オールスター(準オールスターは校長、生徒主任、担任。オールスターはこれに学年主任がつく。さらに教頭がついたので「ドリームチーム」があったが体験したやつはいなかった。)でお説教。

表向きはサボったことに関してのお説教だが、いかにも「さっさと吐いて楽になりなさい」的な言葉が並ぶ。だからやってねえって・・・。

結局、犯人は出てこなかった。しかし当然オレは卒業まで疑われっぱなし。

やっぱり、あいつの勘違いだったのか・・・ あんまり珍事じゃないか。

235: 名無しさん? 02/03/15 22:58 ID:iMIfsGf6
高校が別になった友人Tが、交通事故に遭った。Tの不注意だ。

その時、部活帰りだったため、友人はコンビニでオニギリを買って食べながら帰ったらしい。

で、坂の上にある学校から自転車走らせ、坂の下で衝突。当然吹っ飛んだT。ベコベコの自転車。片足にヒビが入った程度で済んだから良かったが。

ただ、吹っ飛んだTの手にはオニギリが握られていたらしい。

この友人Tが「食べ物は大切に」と言った時、今まで贅沢な食生活を送っていた自分はちょっぴり反省しました。

236: 名無しさん? 02/03/15 23:15 ID:drdrCW5E
>>235 
オニギリワショーイの見本だな。

237: 名無しさん? 02/03/16 03:37 ID:???
「じゃあ今から物理部を襲撃にいきます」 メガネの男が言った。

「おー」 後輩はやる気の無い掛け声をした。

「M君に先陣をきってもらいます」メガネはMと呼ばれた男にH&K SG550(電動ガン)を渡した。

俺は懐から携帯を取り出すと、物理部の部長に電話をかけた。「あー、俺、うん、今からな、化学部がな」

「リークされてるぞ!急げー!」
「襲撃に行く…ってもう言った後か、うん、じゃあ気をつけて」 

-------3分後-------- 

「うおおおおおおおおおお!」 これ部長 
「いいいいいいいいいいい!」 これメガネ 
「あああああああああああ!」 これM 

全員、走って化学部に戻ってきた。そのまま戦場はベランダへ。

部長は銃を奪ったらしく、口の端を吊り上げながら 「氏にさらせぇぇぇぇぇぇ!」 とフルオートで弾をばら撒いていた。

俺は桃の天然水をラッパ飲みしていた。のどかな午後だった。本当にのどかな午後だった。

だが、先生の「お前ら何やってんだ」その一言で、俺達の、のどかな、本当にのどかな午後はぶち壊された。

239: 名無しさん? 02/03/16 03:40 ID:???
>>237 
お前、春風高校だろ。

252: 名無しさん? 02/03/16 11:33 ID:fAf4yKms
>>237 
SIG SG 550ダローガ(w

256: 237 02/03/17 01:12 ID:???
>>252 
ごめんなさい 
まちがえました 
ごめんなさい 
ねぎあげますから許してください
 




238: 名無しさん@お腹いっぱい。 02/03/16 03:40 ID:z3b/47n2
俺の厨学には●●軍団(←自分等でそう呼んでいた)という不良グループが居た。

ある日、地元の本屋さんで下っ端戦闘員のTが、たまたま来てた隣の校区の厨房に殴られてカツアゲされた。

翌日、学校では相手校と自校の先生が生徒写真で犯人探しなどをしたのだが、当然軍団としても示しが付かないので、軍団総動員で手に手に木刀やら鉄パイプを持って、放課後本屋の前に集合した。

「Tをカツアゲしたヤツは許さん!」
「●●軍団の恐ろしさを教えてやる!」

駐車場でいつでも出撃できるよう、チャリンコに乗った体勢で威勢を挙げている。たまたま本屋の向かいのアパートの友人宅に遊びに行っていたので、友人とそこから観察することになった。

「なぁ、犯人ってたまたま来てた隣の学校のヤツやろ?」
「うん」
「そいつって今日もココに来るかどうか解からんのじゃないの?」
「うん」

「隣の学校の先生にもバレてるから、そいつ謹慎とかじゃないか?」
「うん、多分」
「あいつらって、今日来ないかもって疑問わかんのだろうかね?」
「・・・そこまで考られるヤツなら軍団入ってない」

その後、軍団の連中は一週間毎日集まった。・・・もちろんカツアゲ犯は来るはずもなかった。

241: 名無しさん@お腹いっぱい。 02/03/16 04:08 ID:z3b/47n2
高校卒業後のある日、高校の演劇部に演劇部でもないのに遊びに行った(俺歴史部)。 

後輩等は公演前だったので遅くまで練習(体育館)してたので、何するわけでもなく一緒に来ていたU(コイツは演劇部OB)と2人で、部室でメイク道具で遊んでいた。

夜9時ごろに演劇部の顧問(♀)の先生が、突然部室のドアを開けた。

「おいお前等早く帰れよ!最近学校の近所で怪しい人がウロウロしてるらしいぞ!」

急のことだったので固まる俺ら2人、そして訪れる沈黙。

「…俺、怪しい人ちゃいますよ」 沈黙を破って、デビルマンのメイクのUが答えた。

「…あ、心配いらないんで」俺はエドモンド本田のメイクをしていたが、ドアに背中を向けて座っていたので顔は見られなかったが、上半身ハダカで背中に大相撲と書いてあった。

「・・・気つけて帰りよ」

静かにドアを閉めて帰る先生・・・俺らしばし硬直したまま沈黙。

「お前ずるいわ!俺デビルマンで『あやしい人ちゃいます』って滅茶苦茶説あやしかったわ!」
「うるさい!俺かってこんな顔で振り返られるか!」

2人ともアホや。

242: 名無しさん@お腹いっぱい。 02/03/16 04:17 ID:???
酔っ払った女子が、みんなの前で自分の○毛燃やした。複数の大学が集まる某音楽系サークル。

268: 名無しさん? 02/03/17 05:24 ID:???
教頭と先生が殴り合いしていた。

271: 名無しさん? 02/03/17 10:55 ID:???
>>242>>268 
もちっと肉つけて、お話にしてもらわないとねぇ。特に242は面白そうだし、もったいない。

243: 名無しさん@お腹いっぱい。 02/03/16 04:19 ID:z3b/47n2
俺が高校の夏、某アニメオタクが幼女を殺害して捕まり世間を騒がせた。

歳がばれるなw 。当然、アニメオタクへの風当たりはきつく、演劇部でもっともアニメオタクだったT君にもそれは同じだった。

夏休みの演劇部の部室へ行くとT君がいたので、「なぁ?Tと宮崎ツ●ムとの違いって何?オタクやったら同じようなもんやろ?」と笑いながら聞いてみた。 

T君は得意げに叫んだ。

「僕と宮崎の違う所はな!!・・・友達がおる所や!!!」 

部員全員で「他は全部一緒かっ!」と、同時に激しくツッコんだ。

244: 名無しさん@お腹いっぱい。 02/03/16 04:54 ID:z3b/47n2
大学時代寮だったのだが、年に一回「先輩が一年生を襲う日」というのがあった。

いつ攻めてくるか、日にちはは全くわからない一年にとっては恐怖のイベントだ。主に夜中に襲撃され、寝てるところを布団蒸しにされたり、プロレス技の実験台にされたりと、思いつく限りの残虐行為で寮内が阿鼻叫喚と化す。

だがしかし、その日バイトと遊びで寮に帰るのが朝だった俺は、幸い難を逃れた。

「もう最悪やったわ」

顔に「肉」の字と、他イロイロ書かれた跡の有るJの話を聞きながら部屋に入った。鍵が誰でも開けれるようなボロイ寮なので、俺の部屋も空けられていた、迷惑な話だ。

布団を敷こうかと押入れを開けると、全然知らない先輩が押入れで寝てた。

いや、別にそれだけなんですけどね。あんましおもろないな。

245: 名無しさん@お腹いっぱい。 02/03/16 05:13 ID:QUjqDKSk
中学の修学旅行で、眠れない者何人かで寝ちゃったやつらにイタズラしよう ということになった。で、とりあえずY君のパンツをおろそうぜ、っていう話になって、布団をどかしてビックリ。

Y君の足の指・・・6本あった。マジデ。

247: 名無しさん@お腹いっぱい。 02/03/16 05:55 ID:fezJvB4E
中2の頃。

そろそろ成長期も半ばで皆体格が良くなってくるこの頃、俺たちの間ではある遊びが流行っていた。

それは「カンチョー」である。実行犯はほんの数名(主に一人)であったのだが、クラスで2番目の身長を誇る奴のパワーは並外れており、かなりの破壊力に誰もが恐怖した。

運動会の予行演習中に俺(太り気味……デブオタ言うな)は不覚にも奴に背後を取られ、キツイ一発を食らった。 

「!!!」

……体が浮いた。全体重を肛門で支えたのは後にも先にもこの時だけだ。たっぷり一秒ほど片足爪先立ち状態を体験したあと、奴は指を引き抜いた。

涙目で「て、てめぇ~っ!」と怒りを露にする俺に、奴は胸の前で孔雀王の如く「カンチョー」の形に指を組み、格闘ゲームの勝ちポーズのように神々しく「痔にしてやるッ!!」とだけ言い放った。

あまりのハマりっぷりに「YOU LOSE!!」そんなアナウンスまでが聞こえた気がして、俺は何も言い返せなかった。

つづく。

248: 247 02/03/16 06:08 ID:fezJvB4E
つづき

運動会から数ヵ月後、冬。

確か掃除の時間だったと思う。
廊下の突き当たりにある流し台で俺は何か作業をしていた。よく覚えていないが雑巾でもしぼっていたのだろうか。そこにゆっくりと忍び寄る一つの影!奴だっ! 

すでに姿勢は中腰で攻撃準備は万端だ。しかし流し台はステンレス製。巨大な鏡の役割を果たし、奴の行動はすべて見えていたのだ。 

忍び寄り指を組む奴の姿を確かめると、俺は振り返りもせず、そのままの姿勢で肛門括約筋にすべての力と気合を込める。

そこへ突き刺さる奴の指!……しかし、その指先が尻肉を割る事は有っても、鉄壁のガード態勢を整えた俺の肛門にめり込む事はない。

奴も俺も、一瞬呼吸を止めた攻防が行なわれた後、会心の笑顔で振り返る俺。

「き、効かないッ!なぜだっ!」

ズザザッ!と砂煙を巻き上げそうなポーズ(ここは校舎内なので雰囲気だけ)で数歩下がる奴を見て、これで復讐は果たしたと思った。

敢えて言おう。暴力に、暴力を以って対処するだけが勝利ではないと。

255: 名無しさん? 02/03/17 00:41 ID:???
>>248 
カッコヨスギワラタ