【その2】
サイコ


161: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/08(金) 19:35
ただの痴漢かサイコかよくわからない話。 

大通りを歩いている時に、ぴったりと横について歩いてきた男。 

いきなり大声で「なぁ、はめどりせぇへん?はめどりせぇへん?」

 「いやです」と答えたら「はめどりしってるの?なにするかしってるの?」 と、外見が極普通の30代ぐらいのサラリーマン。酔っているわけでもなく。

あまりの非日常的なことにびっくりしてダッシュで逃げることもできず、ひざガクガクさせながら近くの店に退避しました。 

交差点で立ち止まってたら、いきなり足をなめられたこともあった。これも普通のおやじだった。
 

166: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/10(日) 02:50
サイコとはちょっと違うんだけど…電車にまつわるスレとどっちに書こうか迷ったけど、とりあえずこっちに。 

詳しい日にちや線はあえて明記しないけど、夜の9時過ぎ。その日は割合空いてたけど、なんとなく座らないでドア際に立ってた。

ふと見ると、その車両のちょっと離れたところで座席に座ってる女の子2人が、その隣にいる中年のおっさんと何やらひそひそ喋ってた。 

どうやらその三人は、向かいのシートをちらちら見ているようだったので、確かめてみるとそこには足を通路に投げ出し、ぐったりと横になって寝ている人間がいた。

小太り、ダボTシャツにダボジーンズ、無造作に後ろで結んでて、結びきれなかった分が顔にぺたーっと貼り付いてる、あぶらっぽい髪。 

しばらく観察しないとわからなかったが、どうやら女らしい。キーホルダーみたいのをじゃらじゃら付けた黒いカバンは、通路に落ちてる。 

それだけだったらまあ酔っぱらいかなって思うけど、よく見たらそいつ失禁してるんだよね…ジーンズの前の部分が黄色いシミになって広がってた。 

さらに注目すると、寝顔がちょと怪しい…。口半開きなんだけど歯が妙にギザギザしてて汚くて、もちろんよだれ垂れてて、その眠り方も尋常じゃない感じ…なんか薬とかやってそうな。

まさか死んでるんじゃ?と思ってびびったけど、そのうち身を起こそうとしているのがわかってほっとした。 でも起こそうとしても持ち上がらないって感じだった。

でかい駅について、ちょっと混んできてもまったく起きない。乗客も、ただならない雰囲気に誰もその近くに座らなかった。

そのうち終点についたんで、俺はかなり気になったけど降りた。最後に後ろ振り返って見たら、やっと起き出してたっぽかったけどそのまま乗ってて、しかもちょっと席移動してた。 

自分が興味津々で見たから悪いんだけど、けっこう温室育ちぎみの工房の俺には、カルチャーショックだったよ…こういうことってよくあるの?? 

それ見てから、なんか電車のシートとか深く座れなくなったし。特にシートがおしっこくさい時ってあるじゃない? それだったんだなーと…。

167: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/10(日) 05:48
>>166 
座席もそうだろうけど、電車のつり革も失禁した酔っぱらいが触ったりしているから、わんないほうがいいよ。

167: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/10(日) 05:48
かなり前(たぶん中学生の頃)、自転車で商店街に行こうと走っていた。

いつもそこへ行く時は、生け垣のある家の前を通過するんだけど、その日はその生け垣に手をついて立っているいる男がいた。こちらに背を向けるようにして。 

そして俺がその男の前を通過した瞬間、その男は大きな音でおならをした。かなりでかい音だったので、おかしかったので男の方を振り向くと、その男の姿が見あたらない。 

さらに自分の真後ろを見ると、その男が走って俺の後を追ってきているのが見えた。かなり足が速くて、追いつかれそうになっていたので全力で逃げた。 

何だったんだろ?あれは。 

168: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/10(日) 07:41
あんまり怖い話じゃないですが…友達の母親が軽サイコ。 

幽霊話ですら信じるタイプらしくて、友達(女)にかわいい人形を買い与えるのに、1~3週間くらいで、学校行ってる隙とかに捨てる。理由は「あまりかわいがると霊が移るって言うから」。そのせいか、ちったぁ大事にしろってくらい、友達の物への執着は薄い。 

友母、そんな調子で「自分の体調不良は娘に何かあった虫の知らせ!」と言っては電話してくるそうな。友達が本当に体調悪くしてた時、ナイスタイミングで「最近、体調悪いんだけど…」ときたらしい。 

あまりに頻繁に言うようになって、一時期、友達自身も「本当に母親に自分の行動がキャッチされてる」って軽くサイコ状態(今は「更年期障害っしょ?」とか気にしてない様子)。
 
友達の状態、想像するとね。恐怖っていうか。普通の人なだけに、サイコって伝染るんだ~と思った。

169: 名無しさん 2001/06/10(日) 10:06
皆さんは宅間守の予備軍に遭遇され、さぞかし怖かったでしょう。
 
でも、これからは恐れずに堂々と反撃しましょう。警察に言いまくりましょう。

170: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/11(月) 07:37
俺がバス通勤で会社に行ってた時の話。 

そのバスは高校生も利用するだけあって、朝の8時頃はめっさ混む。なんとか自分のスペースを確保出来て落ち着いていると、32才くらいの男性がおもむろに窓を開け、外をチェックした後に運転手に向かって一言。 

「弾幕薄いぞ!何やってるの!!」 

・・・激しくワラタヨ 

171: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/11(月) 10:52
>>170 
その男性は、昨晩にガンダムのビデオでも見ていたのかも。

173: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/12(火) 05:53
>>170 
大人しそうな厨房をひっぱたいてるかもしれんぞ。

172: サイコガンダムMk-II 2001/06/11(月) 23:30
>>170 
運転手さんが「やってますよ!」と答えたらある意味怖い。



174: 1/3 2001/06/12(火) 17:53
プチネタの上長いのですが、サイコというかサイコ予備軍の話。 

以前勤めていた会社であった話です。 

同じフロアに、事務を担当しているA子さんという女性がいました。このA子さん、非常に明るい性格で部内のムードメーカーではあるのですが、調子に乗ると周囲をまきこんで、つい喋りすぎてしまうのがたまに傷でした。 

その日も3時の休憩タイムが終わっても、椅子ごと向き直る勢いで隣の席のS君と話し込んでいました。差し迫った仕事がなかったせいで、苦笑しながらもS君は付き合ってあげていました。 

フロアは外回り組みが大方出払っていて、4、5人しか人がおらず、午後のまったり感も手伝ってかノンビリした雰囲気でした。私もまた始まったと思ったものの、別に気になる程ではなく、A子さんのお喋りをBGMに自分の仕事を進めていました。 

しばらく楽しそうに話していたA子さんとS君でしたが、ふとS君の動きがぴたりと止まりました。真っ青な顔をして目を見開き、A子さんの肩越しに後ろを見つめていました。 

急に止んだお喋りに、他の人も何事だろうかろかと視線を向けた瞬間、S君が叫んでました。 

「え、A子さん、に、逃げろ!!」

175: 2/3 2001/06/12(火) 17:57
「え?」 

思わず振り返ったA子さん。 

そこに立っていたのは、斜め向かいの席の座っていたはずのC美さんでした。手にはカッターナイフが握られ、カチカチと刃を出したり引っ込めたりする音が、しーんとしたフロアに異様に響き渡ります。 

般若みたいな顔ってああいうのを言うんでしょうか・・・C美さんは目を剥き、唇の片方を引きつれたように歪め、ひたすらA子さんを凝視しています。 

はじめポカンとしていたA子さんでしたが、やっと危機を感じとったのか、けたたましい悲鳴をあげました。 

「きゃーーーーーっ!!!!!」 

まるでそれがキッカケになったかのように、C美さんは逃げ惑うA子さんをひたすら無言で追い掛け回しました。

私達も助けるどころじゃありません。まさにキチ○イに刃物です。 

約10分後、C美さんは、S君と、騒ぎを聞きつけて掛け付けて来た、別フロアの男性数名に取り抑えられました。暴れていたC美さんも、カッターを取り上げられて嘘のように大人しくなりました。 

誰も怪我こそなかったものの、後で見るとS君のカッターシャツの袖のところがスッパリと切れていました。ホントに怖かった・・・・。

177: 3/3 2001/06/12(火) 18:14
実はC美さんは、S君に密かに好意を寄せていたらしいのです。 

しかも勉強ばっかりしてたらしく、遅咲きの初恋でした(C美さんは最高学府出身)。目の前で気安くS君に話し掛けるA子さんに我慢ならなくなっていたようです。 

元々大人しく口数の少ない人だったので、誰一人彼女の変化に気付きませんでした。捕まった後の言動はかなりおかしかったです(氏ねとかぶつぶつずっと言いつづけてました)。 

後からわかったことですが、この件の一ヶ月ほど前に、A子さんの制服が刃物で切り裂かれるという事件もあったそうです。心当たりのないA子さんは一人悩んで黙っていたそうですが、この件の後、こっそり話してくれました。 

言われてみれば、A子さんはみんなより早く夏服を着てました。その時は「気がはやいな~」と、お気楽に笑っていたのですが・・・。 

当然のことながら、C美さんは会社を辞めました。噂では「そういう系統の病院」に入院されたそうです。

髪が長く、大人しい感じの綺麗な人でした。それだけに、めちゃくちゃ怖かった。あのカッターを持って立ち尽くしていた顔が、いまだに忘れられません。 

その後の消息は知りませんが、今落ちついてらっしゃるといいんですが・・・。

179: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/12(火) 19:51
>>174 
怖いでし・・・。 

しかし、サイコな人って容姿が極端な人が多いのかな?

178: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/12(火) 19:26
>>174 
なんで女のサイコはみんな髪が長いんだろう…しかもけっこう美人が多いよね。肉般若もそうだし。 

ショートのサイコさんはいないのかなー??

※肉を持って押しかけて来た「肉般若のお話」は【サイコな人にまつわる怖い話・その2】に。

185: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 05:02
>>178
現実では、髪の短い女でもサイコは結構存在するよ。 

髪が長いと、貞子みたいな日本古来の女幽霊的な恐いイメージで、恐怖感が増すという効果を狙った伝説的な話も多いしね。

180: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/12(火) 20:30
>>178
髪の長さは自己愛に比例するって、むか~~し、占い雑誌かなにかで読んだよーな気がする。

181: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/12(火) 20:34
そういえば最近、長い髪の女性って昔ほど見ないよね。そのぶん余計目立つよね。

182: 長い理由 2001/06/13(水) 04:01
>>180 
私、髪長いよ。美容院行くの面倒だから伸ばしてまとめてます。 

短髪だとすぐ伸びて、しょっちゅう美容院行かなくちゃいけなくなるので、お金の節約もかねて伸ばしっぱなしにしてるだけ・・・ビンボなの~(^^;)

183: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 04:29
髪の毛の長さで人の心理まで読む!か。 

おもしろそ。

184: 振り向けなかった 2001/06/13(水) 04:35
中学生だった頃、夏の終わりにあった怖い体験。 

その日は夕方から見たいテレビ番組があったんだけど、部活(水泳部)が7時近くまで伸びて、リアルタイムで見ることが出来なかった。 

帰る時に「こりゃ~間に合わんな」と思って、親に頼んでビデオに録画してもらおうと、公衆電話に急いだ。小雨が止んで空が暗いオレンジ色に染まっていた。 

電話ボックスに入り、家に電話をかけた。母親が出て来て用件を伝えて、しばらく話をしていた。夕方で、外は暗く、電話ボックスの中は明るいから、目の前のガラスはちょっとした鏡のようになっている。

ぼーっと前を見ていたら、前のガラスに自分が映っているんだけど、その自分の後ろに何かが映っていた。

よーく見ると、髪を濡らした女が、ガラスにへばりついてこっちを見ていた。

前のガラスに映っている(つまり自分の後ろに立っている)女と目が合った時は、体中が凍りついた。電話が切れた後も冷静を装い、しばらく話続けているふりをしていたらどこかに行ってしまった。 

あの女の大きな目は、今思い返しても鳥肌が立つ。

186: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 05:20
周りから甘やかされる環境で育った人が、違う環境に投げ出されると、サイコになりやすい気がする。

なんか、高校時代に猿山のボス的な位置に、仲間内から祭り上げられていた人が都会に出たりすると、周囲の人たちは当然普通の人としてその人を扱う。 

でもボスの視点では、どんな相手の前でも自分の方が立場が強い、という幻想を抱いたりしているから、普通の精神の持ち主ならば理想と現実のギャップを味わって、そこで自分の存在を客観的に計ることが出来るようになって成長する。

だけど思い込みの激しい人の場合、自分と周りとのギャップに気づかず、周りの空気が読めないので、全てを自分の脳内で都合の言いように解釈して、どんどん世間の感覚とズレてゆき、しかも「おかしいのは周りの人達だよね?」と、皆に同意を求めたがる。 

そういう人に3人くらい会いました。 はああああぁぁぁぁぁ。ため息。 

今一人周りにいます。しかもその人は行動派のサイコなので、ただ縁を切ろうとしてもどんなリアクションを返してくるかわからないので(他の人に、その人が以前他の人にやった事を後から聞いたので)、恐ろしくてどうすればいいのか悩んでいます。

なんであんな人と知り合いになっちゃったんだろう…。

187: あなたのうしろに名無しさんが・・・  2001/06/13(水) 06:27
>>186
なるほど。美人でちやほやされて育った人は、サイコになりやすいと。 

そうかもしれないな。サイコという程じゃなくても、境界例的な自己中心性格って芸能人に多いけど、上みたいな育ち方が想像できてしまうよね。

190: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 13:08
>>186の話はなかなか興味深いね。 

あと髪の毛はいわゆる「霊感アンテナ」みたいなもので、長ければ長いほど感知能力が強くなる、というような話を聞いたことがあります。
 
そういう目的で伸ばしているのか、たまたま伸ばしたら感度が強くなっちゃってサイコになったのか。

191: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 15:47
>>190 
ゲゲゲの鬼太郎かい?

192: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 18:38
>>190 
それに似たような話を聞いた事があります。 

ある人が尼さん?の修行か何かをする為に剃髪したところ、あちこちに体をぶつけるようになったそうで、「髪の毛はアンテナのような役割を果たしているのかもしれない」って。

193: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/14(木) 00:13
>> 192
バランス感覚や体の幅の感覚に影響するんじゃない?

霊感とかじゃなくて,ネコの髭みたいなモンでしょ。

188: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 10:39
男サイコもナルシストがすごく多いと思う。 

「なんで俺みたいな美形を!」と逆切れ、ストーカーされたことがある。

※豊田真由子議員もサイコなんですかね?サディスティックパーソナリティ障害とか言われていたし。議員になって突然ああなったとは思えないので、学生時代の同級生とかのお話とか、官僚時代の同期とかのお話も聞いてみたい。

 

189: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/13(水) 11:33
ちょっと前に、落語家の笑福亭つるべぇがテレビで言っていたデンパの話。 

講演会で舞台に立った時、一人の青年が前にやってきた。 

「デンパ送ってますか?」 子供っぽいしゃべり方で言ってきたが、意味がわからないので黙っているとまた、訊いてくる。そして、つるべぇからデンパが届いたからこの講演会に来たと言う。 

しかたがないので「ああ、送ってるで」 と答えると、彼は満足したのか席に戻って座った。しかし、「うううううう…」と低くうなる。これでは落語の邪魔になる。

つるべぇは「えいっ!」と手をかざし、彼に念を送ると金縛りにあったかのように固まり、講演会終了までそのままだったという。 

…結構記憶があいまいなので、言っていたことと違う可能性大ッス。 

念(笑)を送ったトコは確かなんですが。

194: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/14(木) 00:37
多分、少し長くなるんですが、サイコ的怖い話させて頂きます。 

私が学生の頃、学部の中では有名な女性がいたんです。 

どう有名かというと、何学科のどのゼミの何年生か分からない、謎の女性ということでした。独りでただ建物の中を徘徊してるだけなんです。おそろしく長い髪、痩せてて薄化粧、ちょっと見は美人なんです。 

そういう容姿のせいで年令不詳(というか推定できない)。そして、夏でもユニクロ風の長袖シャツにダウンのベストを着てました。 
 
どこの誰だか知らないけれど、誰もがみんな知ってる状態で実害もないため、話題になる事も少なく、実際「あれは幽霊に違いない」と思い込んでた人もいました。 
(ちょっと休憩してから、本題を続けます)

196: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/14(木) 00:44
期待待ち

198: 194 2001/06/14(木) 01:58
まとめようとして気付いたんですが、彼女に関する怖い話をすると、私も匿名性が失われてしまいますね…。けど、書いた手前、彼女の正体だけ明かします。

彼女は某先生と深い仲になったらしい元・院生でした。某先生は当然否定しましたが、それが保身のためか、彼女の妄想で深い仲になってたのかは、ちょっと判りません。 

彼女は建物の夜間オートロックの解除パスも知っていたため、とある事件(これが本題のつもりでしたが)の後、解除パスが変更になりました。 

その変更も(普通の学生や院生にとっては、知らないと困る事なのですが)掲示板ではなく、担当教授からの口づてで、という事になりました(出入り自由の昼間に彼女に見られるとまずいので)。
 
それからは彼女は、昼間に入り込んでは教室に某先生の悪口を書いたり、掲示板に誹謗中傷の貼り紙をするようになりました(それだけでもまだ続きます。すみません)。

199: 194 2001/06/14(木) 02:08
対抗して某先生は昼間はそれこそ狂ったように、彼女が入り込んでいないか警戒するようになり、彼女の特徴を記した上で「この人物を見かけたら、すぐ●●(=某先生)に、どこにいたか連絡して下さい」と掲示するようになりました。

彼女は元・院生というだけで、学生ではないのに教室を利用すれば追い出されるのは当然ですが。 
 
それでもしばらくは、学校付近で某先生を待ち伏せたりしてましたが、解除パスの変更、某先生の執拗なまでの捕獲が功を奏したのか、ある時から、姿を見かけなくなりました。 

噂によると、某先生により実家に連絡されて、入院されたそうです。

これでおしまいです。

201: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/14(木) 03:23
>>198(これが本題のつもりでしたが) 
こっちをききたいよーん

202: だってサイ子さん怖いんだもん 2001/06/14(木) 03:34
>>201 
私も書きたかったよーん

203: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/16(土) 02:50
>>202 
書けないような話なら最初からそこははぶいて書きゃあいいだろうが。 調子づいてんじゃないよ。

205: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/16(土) 03:56
>>203 
サイコさん発見!!

207: 194 2001/06/16(土) 14:00
>>203さん 
本当にごめんなさい。私の中で最高に怖かったサイコ的な話となると「あれだな」と思い、書き込みさせて頂こうと思ったんです。

けれど、前述の通り、まとめてるうちに「この事を書くとあれが特定されて…」 と言う具合になり、サイ子さんも某先生もまだご健在ですので、大きな匿名掲示板とはいえ、闇雲に個人を特定できるような書き込みはまずいと思い直し、>>198-199だけにした次第です。 

もちろん、私が怖がったという我が侭で思い直した部分もあります。最初に思いつきだけで書き込みをして、後にまとめていて気付くなんて早まった真似をして、不快にさせて申し訳ありませんでした。 
 
脳内で>>194はあぼ~んして下されば幸いです。では、名無しに戻ります。

208: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/16(土) 15:47
>>207 
ちょっと聞きたかったけれど、事情があるならしかたないじゃよ。ъ( ゚ー^)

214: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/17(日) 03:11
プチサイコ女に遭遇した話、半年ぐらい前のこと。 

朝7時40分頃、僕が乗ろうとしたエレベーターに、30才ぐらいの女の人が、女児玩具の赤ん坊っぽい人形をを抱いて乗っていた。その時点でも怖かったが、時間がないのでとりあえず乗ることにした。

エレベーターに乗って、何でこの人は人形なんか抱いているんだろう、等と考えていると、電子音声の様な声で、「つらいよつらいよいたいよ殺して」と、その女の人の方から聞こえた。

明らかに人の声では無かったので、多分人形の言葉を喋る機能をいじって出したのだと思う。密室だったので怖くて涙が出た。エレベーターが下に着くと同時に急いで飛び出し、駅まで泣きながら全速力で飛ばした。 

その時の女の人は、人形を抱いている以外特に変わったところは無かった。怖くてよく顔を見れなかったこととで、人形無しの時にその女の人をみても多分僕は判断できない。 

あの時間に同じエレベーターの乗ったと言うことは、近くに住んでいる可能性がとても高い。 

210: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/16(土) 21:36
怖い話というか、そのうち洒落にならなくなるかもしれない話があるんですが、ここでいいのかな?サイコが関わってくるんで。

211: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/16(土) 23:12
>>210 
聞きたいじゃよ~!!ヽ(´▽`)ノ

212: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/16(土) 23:24
>>210 
私も~!

216: 210 2001/06/17(日) 05:54
中学校二年・三年と同じクラスだったY君の話なんですが、Y君は結構なデブで、勉強はできたけど運動はからっきしでした。

でもいわゆるいい人で、いつもにこにこしてて、人の嫌がることでも率先してやるような好人物でした。 

そんな彼に、同じ班だった眼鏡女Sが「目が悪くて黒板の字が見えないから、私の分もノート取って」と頼みました。Y君も眼鏡をかけてたから目はよくないはずなんですが、優しい彼は快く引き受け、必死にノートを取ってました。 

しかしそんな彼も、自分がノートを取っている間にSが漫画を読んでいるのに気づくと腹を立てたようで、「授業中漫画読んでるんなら、いいかげん眼鏡を変えて自分でノー ト取ってくれないかな」と言いました。 

しかし、運動ができないことからY君をクズ扱いしてたSは、クズに口答えされたことに腹を立て、同じようにクズ扱いしてたクラスメイト(クラスの過半数)と仕組んで、Y君にカンニング疑惑をかけたのでした。 

いわれもない迫害を受けても、事件に教師が何ら手を打ってくれなくても、Y君は飄々
(ひょうひょう)としていましたが、実は内部で壊れてたようです。 

それがわかったのは卒業文集。明日死ぬとわかったら何をしたいか、の答えに、「女の子を食べてみたい」と答えてたのです。

それから長い時が過ぎ、ついこの前再会しました。ある時、彼のPCを使わせてもらう機会があったのですが、ふとIEを覗いたところ、知る人ぞ知る氏賀Y太氏のページにブックマーク。 

まだ何も事件は起こしていませんが、私にできることはこのまま彼が事件を起こさないように祈ることだけです…。

218: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/17(日) 09:30
>>216 
そりゃ、喰ったとしても同情するわな。濡れ衣と逆恨みと、そのY君の性格だったら、報復のエネルギーが別の方向に出ちゃうのってしゃあないと思うよ。

219: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/17(日) 12:33
ホントに事件を起こしたらこのスレが伝説になってしまう…。

217: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/17(日) 09:21
氏賀Y太ってどんなの?

220: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 11:38
卒業文集にそんなの載せる学校が既に壊れてると思うぞ。 

>>217 
まぁ簡単にいやぁ、女の子をかっさばいたり痛めつける殺したり埋めたりする系のエロ(?)ばかり描いてる漫画家。



221: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 12:09
先週土曜深夜、渋谷のクラブでオールで踊る約束をしていたので、待ち合わせ場所のドンキ前に行くと、すごいコスプレ軍団がいた。 

今まで見たことのある、エックスとかマリスミゼルとかのコスプレをはるかにしのぐ、超ド級(ドキュン?)のコスプレぶりでした。 

全員、顔は原形が判らぬ化粧が施され(KISS並み)美輪様のようなドレスに、孔雀のような羽根を背中に広げている人。白いブーツにカギ爪がついている人。なんと(ニセ物でしょうが)真っ白のオノを持っている。鎌を持った死神みたいな人も…とにかくビックリ。 

コスプレもし過ぎるとちょっと怖すぎ…サイコと区別つかないデス。エックスのコンサートの時、ボンテージを着てた推定体重150Kgの巨デヴをはるかに凌ぐ、キワ物コスプレでした。 

そしてそれに目もくれず、完全無視のギャル共。「オイオイすごいよ、オイオイ何で皆見ないんだよ」と1人で挙動不審。 

都会は怖いと思いました。おそるべし渋谷。

222: 221 2001/06/18(月) 12:14
あ、つけたしですが、ボンテージ巨デヴは、東京ドゥムでエックスが演った時たまたま中央線を使っていて、電車の中で遭遇しました。 

150kgはあろうかという身で、半ケツ。片手にムチ持ってました。これもサイコ?

223: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 12:52
>>222 
そういう生き物です。ゴジラの仲間です。

224: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 13:02
>>222-223 
「野生生物」板に書いた方が良かったかもね。

228: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 13:49
>>221 
>エックスのコンサートの時、ボンテージを着てた推定体重150Kgの巨デヴ 
次に遭遇した時には是非写真を!!(熱望)

229: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 14:08
>>228  
ふと・・・ボンレスハムが頭に浮かんだ午後でした

232: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 15:25
>>229 
ハムが食えなくなる。食品に対する冒涜的な言葉だ(w。

225: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 13:23
渋谷の学校前で友達と話していた時、空を見つめブツブツ言いながら歩いてくる女の人がいました。

パッと見で「あ、この人やばいな。」って感じの目をしてらして、学校前に設置してある区の掲示板に、「死ねチ○コうんこマ○コ」などなどの罵詈雑言を持参していたマジックで書き殴った後、何もなかったかのように駅に向かって歩いていきました。 

何もされてないけど怖かった。

231: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 14:22
>>225 
汚言症っていうんだっけ?そういうの。

233: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/18(月) 15:36
サイコなA君が、研究室のキッチンでりんごをむいていた。 

包丁入れには刃を下向きに入れるもんだが、刃を上向きに突き出すように入れてあったので、手を洗おうとしゃがんだ時に、頭をぶすっといってしまうところだった。 

なんとかに刃物とはよくいったものよ。

234: たいした話じゃないですが 2001/06/18(月) 17:26
今年の4月の中頃、夜更けに会社から帰ってる途中犬がワンワン吼えてまして、うるせーなぁと思いながら鳴き声がする方向を見たら、道路脇に建ってるアパートの二階の窓から、人が顔出してるのが見えたんですよ。 

暗くて表情とかはよく見えなかったんだけど、明らかにコッチ見てる。んで目が合った瞬間、突然その人がワンワン叫び出しまして・・・。 

犬の鳴き声かと思ったものは、実はその人が犬のマネ(?)して叫んでたらしいです。 

それがものすごく犬の鳴き声に似てて・・・今でも耳に残ってます。

237: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/19(火) 14:39
>>234  
むかーし(平安時代くらい?)は、犬の鳴き声を真似て吠えると魔物を追い払えるとかって信じられていた時代があって、やんごとなきおうちでは、魔払いの為に夜中に犬の声で吠える人を雇っていたりしたらしい。

家族が病気になると、そういう人が庭で一晩中吠えて魔払いしたりとかね。

その人末裔なのかもね~。

235: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/19(火) 05:40
>>234 
夕方ゴロゴロいいだしたから「ヤベ!夕立だ!」と思って布団を取り込む準備に入ったら、向かいの家が窓を開けたり閉めたりしている時の音だった、という話に似ている。 

いや、似てねーか。

236: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/19(火) 11:20
>>235 
向かいの家の人がずーーーーーーっと開け閉めしてたんなら似てるかもな。

238: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/19(火) 18:36
>>236 
怖ひ~!

【その1へ戻る】
引用元:http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=occult&key=991026969