【その4】
予言
15年前の2002年に、2017年8月23-26日の地震の予言があったので、外れると思いますが念のため。件の預言は【その2】に。

238: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 02:59
2ちゃんには時々予言があたる神が出るよね。


239: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 03:01
富士山に関して嫌な予感がしてる人も、  
都心あたりに嫌な気配を感じている人も、  
新幹線に関して嫌な予感がしてる人も、  
飛行機に関して不安を感じている人も、  
豪華客船に関して嫌な予感がしてる人もいるわけで。 

毎日毎日誰かが何かに不安を感じている。で、毎日毎日事件は起きてる。 

結果、起きた事件にあてはまる不安、嫌な予感を言っていた人が予知していたんだ、ということになるのかしらねぇ。

240: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 03:29
>>239
そうそう、跡付けの「嫌な予感」っておおいよね。 

ただ、地震に関しては生物に備わっている本能的な防御反応の現れかも知れない。しかし、この辺のメカニズムって解明されていない。 

ま、「予知」と「予感」と「予言」と「預言」は全部違うってこと? 後付の言い訳は予言ではないってことで。

241: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 03:36
東海地方で何か嫌な予感がする… 

242: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 03:51
>>241
「東海地方で何か嫌な」との発言には、「地震」も「事故」も「殺人事件」も「その他もろもろ」も含まれるので、東海地方で何かあった時はとにかく当たったと言えるね

243: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 05:47
結局、今までのこと言っても仕方ないって事だよな。これからのこと言って当てないと。←一般人は無理だが。

ただしこのスレは、過去に当たったもの限定だからな~。アメリカン航空の件は予言をして当たったと見てよいでしょう。 

今後の件では、結構大々的なのが今年の7月10日~20日位にかけての、わが国で大地震発生の予言ですね。一応気をつけています。

※ハワイのダミアン高校で独自に地震を予知している先生、マイケル・K・リー氏が7月に日本で地震が発生するとして警告を出していた。彼は1999年8月17日に発生したトルコ地震を予知したとしている。

彼のホームページ(現在はリンク切れ)では発生場所と日時と規模が記されていた。

2002年7月の地震予測
  場所 可能性のある日付  規模   正確さ
2002年7月
2002年7月10.15.16.17日:日本

実際に2002年7月16日10時13分、新潟県中越地方沖を震源とするM6.8の地震発生。最大震度6強、死者15人、負傷者2,345人。(wiki:新潟県中越沖地震)

マイケル・K・リー氏の地震予知についての詳細は【その2】に。

245: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 06:05
世界的には、今後起こる出来事の予言として有名なものをあげるなら、

・世界最終戦争←ハルマゲドンというところで行う(ヨハネ黙示) 
・中国による世界征服(黄禍論) 

などでしょう。

※黄禍論(おうかろん・こうかろん):
白人にとって代わる黄色人種は脅威であるとした論。日清・日露戦争に勝利した日本人もその対象とされた。

246: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 06:15
>>245 
それは、「いつ」とは予言されてないの?

248: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 06:27
>>246 
ヨハネ黙示は年代は書かれていないので、現在の状況をもとに推測するしかないです。いわゆる世界最終戦争(と一般的に解釈されている)が起こるのが第16章の中盤です。

中国の件もおそらく同じ辺りからの引用になっているのだと思いますが、これはまさに西洋における黄禍論の影響であり、大した根拠はないように思います。 

他に有名な預言としては、20世紀末に日本は海に沈むというもの。プレートテクニクス無視の暴論ですが、大はずれでした。 

経済的に沈むという意味なら当たっていますが。エドガー・ケーシーですか。

※ヨハネ黙示録16章(ざっくりとあらすじ):
7つの災害を携えている7人の御使が、聖所からの「声」に従い順番に疫病・災害を起こしていく。

第1の使いが鉢を地に傾けると、獣の刻印をもつ者とそれを拝む者にひどい悪性の腫瘍ができた。

第2の使い鉢を海に傾けると、海は死人の血のようになり海の生物のは皆死んだ。

第3の使い川と水の源に傾けと、それらは血となった。

第4の使い鉢を太陽に向けて傾けると、太陽は人々を焼いた。

第5の使い鉢を獣の座に傾けると、獣の国は暗くなり人々は苦痛のあまり舌をかんだ。

第6の使い鉢を大ーフラテス川に傾けと、水はかれてしまった。また、龍・獣・偽預言者の口から3体の汚れた悪霊が出て来て、神と戦うため全世界の王たちをハルマゲドンと呼ばれる場所に集めた。

第7の使い鉢を空中に傾けと、大きな声が御座を出て、「事は成就した」と言った。

すると雷と、かつてないほど強大な地震が起こり、都が3つに裂かれ大きな雹が降った。島々はみな逃げ去り、山々は見えなくなった。

247: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 06:19
ヨハネの黙示録を読んでみると、個人的解釈で行くと現在は大体14章の中盤辺りに思えます。

私の解釈で行きますと、今後の予定は最後の7つの災害期に入っていきます。あー縁起でもない。

解釈遊びをしているだけです。

※ヨハネ黙示録14章(ざっくりとあらすじ):

小羊がシオンの山の上に立っていた。また、14万4千人の人たちがおり、その額には小羊の名と、小羊の父の名が書かれていた。天かの声がして、彼らは御座の前、四つの生き物と長老たちの前で、新しい歌を歌った。1人の使いが空中を飛びながら永遠の福音を携えて、大声で神の裁きの時が来たと言った。

続いて第2の使いがやってきて、神の御怒りを引き起こす大いなるバビロンが倒れたと言った。さらに第3の使いがやってきて、獣とその像を拝みその刻印を受ける者は、神の怒りを受けて永遠に苦しむと言った。

見てると、人の子のような方が、手に鋭いかまを持って白い雲に乗っていた。すると、もう1人の使いがやってきて、刈り取るべき時がきたと言った。雲に乗ってる人が地にかまを入れると、地は刈り取られた。また、もう1人の使いもかまを持って出てきて、地のぶどうを刈り入れ、神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ入れた。

そして、その酒ぶねが都の外で踏まれた。すると、血が酒ぶねから流れ出て、1600丁にわたって広がった。

※この後、16章へ続く災害になる。

254: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:17
「と学会」の著書によると、ヨハネの黙示録は、ヨハネの死後に書かれたものらしいね。

しかも、最終章では、天使はヨハネに「すぐに起こるべきこと」を示そうとされたとある。次のような神の言葉もある。

「見よ、私は、すぐに来る」

そして、聖書研究者の間では、遠い未来のことではなくて、一世紀後半のローマ帝国の情勢を反映したものであるとする見解が主流なんだとか。 

※ト学会(と学会):
トンデモ本(作者の想像にまみれた本・物)を、主に批判・論破・笑い飛ばすことによって楽しむ会。

256: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:24
ちなみにペテロの黙示録とかもあるんだよ。本当に使徒がつくったものがどれだけあることやら。

数ある黙示録の中でも、まあできがいいというか、それっぽいものを選んで新約の最後に突っ込んだのか。

257: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:29
>>256 
ヨハネの黙示録はだけは、今の教会でも読み上げないんだとか。

宗教改革を行ったマルティン・ルターも批判し、正典からはずすべきだって主張したらしい。

258: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:30
あ、東方教会系では、って話かな?

259: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:38
カトリック系では結構重視されているようにも思う。「預言」の範疇に含まれていたかと。 

まあ、人や派閥により取扱は様々ということですか。

260: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:47
苦ヨモギが第8章でした。 
第8章と第16章はよく似ているよな・・・ 
有名な666は第13章です。 

※ヨハネ黙示録8章(ざっくりとあらすじ。16章は少し上のほうに):

小羊が第7の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。それから私は、神の御前に立つ7人の御使いにラッパが与えられたのを見た。また別の使いが出てきて、金の香炉を手に持って祭壇の火を満たして、地に投げつけた。すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起こった。
 
第1の使いがラッパを吹き鳴らすと、血の混じった雹と火とが現われ、地上の3分の1が焼けた。

第2の使いがラッパを吹き鳴らすと、燃える大きな山のようなものが海に投げ込まれ、海の3分の1は血となり、海の生き物の3分の1は死に、船の3分の1はこわされてしまった。

第3の使いがラッパを吹き鳴らすと、燃える大きな星が天から落ちてきて、川の水の3分の1が苦よもぎのようになったので、その水のために多くの人が死んだ。(※ウクライナ語でニガヨモギはチェルノブイリと言う)

第4の使いがラッパを吹き鳴らすと、太陽の3分の1と、月の3分の1と、星の3分の1が打たれ、3分の1は暗くなった。
 
1匹のわしが天を飛びながら、「災いが来る。災いが、災いが来る。地に住む人々に。あと3人の御使いがラッパを吹き鳴らそうとしている。」と、大声で言うのを聞いた。

※ヨハネ黙示録13章(ざっくりとあらすじ):

1匹の獣が、海から上ってきた。獣には角が10本、頭が7つあり、その角には10の冠、その頭には神をけがす名がついていた。獣はひょうに似ており、その足はくまのようで、その口はししの口のようであった。全地の人々は驚きおそれて、その獣に従った。

この獣はには汚しごとを言う口が与えられ、42ヶ月間活動する権威が与えられた。彼はその口を開いて、神の御名と、天に住むものたちをののしった。地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書き記されていない者はみな、彼を拝むようになる。

また、もう1匹の獣が地から上って来て、火を天から地に降らせ、最初の獣の像を作るように人々に命じ、息を吹き込んでその像がものを言えるようにし、その像を拝まない者をみな殺させた。

また、すべての人々にその右の手あるいは額かに、獣の名、またはその名の数字の刻印を受けさせ、刻印を持っている者以外は、だれも、買うことも売ることもできないようにした。

ここに、知恵が必要である。思慮ある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は666である。

261: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:57
「と学会」の著書にはこんなことも・・・。 

オカルトマニアのなかには、「666とはコンピュータのことだ」という人たちもいるが、と学会の著書には、「「その数字は人間を指している」(第13章18節)とはっきり書いてあるのが読めないのだろうか」とある。 

また、「すなわち「ヨハネの黙示録」とは、迫害に苦しめられていた当時のキリスト教徒をはげますため、ローマ帝国の崩壊は近いと告げた書だったのだ。正面からローマ皇帝の悪口を書くのは危険なので、「獣」という陰喩を用いて表現したのだろう」。

263: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:59
私が「と学会」の本を読んでいて、「あまり、解明されてないなぁ~」と感じたのは、以外にも去年話題になった公団地のポルターガイスト現象の話だった。

※1999年に新築された、岐阜県のとある町営住宅で起きたポルターガイスト現象。
勝手にお皿が飛ぶ、歩く音が聞こえる、幼児が、いないはずの「おじちゃん」を怖がる、などマスコミでも報道されたため、霊能者(自称も含め)がたくさん湧いて出てきた。好き勝手に除霊、金銭請求、あーでもないこーでもないとやっている中、「下ヨシ子」氏が現れ、除霊、怪現象はピタリとやんだ。



265: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 08:09
666の解釈はいろいろとありますね。これが答えだというものはないと思います。隠秘的な解釈はいろいろとなされています。 

シュタイナーの解釈などが面白いなと思いました。 

266: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 08:12
シュタイナーの解釈っていうの、興味ありますけど、外出せねば。

267: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 08:23
>>266 
隠秘学的な解釈なので、あまり喜んでもらえるものでもないとは思いますが・・第12章でミカエルが出てきますが、その相対としての存在のようなものという事で、・・・本読みなおしてみるか。 

まあその影響下で優生学、精神医学、律動学の発達があるといっています。

※シュタイナーの解釈:
666は、400+200+60+6=666。太古の暗号法から数字をアルファベット化すると、400=T、200=R、6=W、60=Sを表し、「TRWS」。入れ替え、母音を補い、右側から発音することで、「ソラト」となるという。(ちょっとこじつけ感があるが。)

ソラトは、シュタイナーの説く悪魔なかでも最も邪悪な、太陽の悪魔だという。

249: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 06:43
エドガーケイシーの夢で、21世紀にニューヨークで瓦礫を掘っている人を見た、とかあったような気がするんだが 

250: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 06:56
>>249 
ほんと?

そうやってうろ覚えで噂が語られ、してもいない予言がより正確なものであったことにされ、いつの間にか「エドガーケイシーは、2001年にニューヨークで航空機による自爆テロがあることを予言していた」 、とかなったりなぁと。

※エドガー・ケイシー( 1877年3月18日 ~ 1945年1月3日):
アメリカの預言者。1958年から1998年の間に日本の大部分が沈没すると予言した。(wiki:エドガーケイシー)

251: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 06:59
>>250 
瓦礫を掘ってる夢を見たからといって、航空機テロを当てたことにはならないぞ。

252: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:07
>>251 
うん。そう。 

「21世紀」「ニューヨーク」「瓦礫を掘っている人」から、まぁ今の時期たやすく連想されるのはとりあえず自爆テロかと。 

そうやって「瓦礫を掘ってる夢を見たからといって、自爆テロを当てたことにはならない」 かもしれないが、自爆テロを当てたことにされてしまうかもしれないなと。 

とくにオカルト本あたりでエドガーケイシーを語る時などに。

253: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:14
しかし場合によっては、テロの状況を結構詳しく語っているかもしれないし。こればかりは調べてみないと分からない。

255: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 07:23
まぁ1920年代だか30年代にニューヨーク大地震があったわけだから、それを見たケイシーが、「21世紀中になればニューヨークで大地震が起こるに違いない!」 、と思って21世紀にニューヨークで瓦礫を掘る人って言ったのかも? 

まぁ21世紀と言っても百年あるわけだから、これからなんぼでもニューヨークで瓦礫を掘る人はでるでしょう

279: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 00:48
エドガー・ケイシーもとっくにネタバレしてるって聞いたけど・・。

281: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 02:34
以前「知ってるつもり」でエドガーケイシーを取り上げたことがあった。その時のコメンテーターにおもしろ芸人東野幸二がいた。 

「エドガーケイシーのことはマジで見ないでください」 とのニッテレのメッセージが込められている気がした。

268: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 10:40
予言・預言・予想・想像・予知・・・ 

269: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 12:45
ソロピヨフの予言に「1923年に34歳の指導者が現れる」というのがあったらしい。

この予言を知ってた人は、ミュンヘン一揆
(※1923年11月8日にヒトラーらが起こしたクーデター未遂事件。ヒトラー34歳の時。)のヒトラーがその予言された男だと信じた。 

またヒトラーが1933年1月30日に政権を獲得することは、お抱えの占星術師によって予言されていた(らしいが詳しくは知らん)。

270: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 12:56
「…らしい」ってのは、後からいくらでも作れるから説得力ないと思う。

でも当時のこと検証するのも大変だしねぇ。

271: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 13:20
いろんな予言を集めたような本の中に、日本は北朝鮮と必ず戦争するというのがあったな。85年頃に出された本だが、まあ、予測の範囲だな。

272: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/18 13:34
政治家の話はあまり耳をかさないけど、予言者が日本が北朝鮮と戦争するというと信じてしまう。

274: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 00:05
黙示録ももっと聞きたいし、エドガーケイシーももっと聞きたいし、無名な人のももっと聞きたい・・・。 

っていうか、今、「少しは予言できる」って人、このスレにいないの? ここに書いたことが当たる瞬間を見てみたい。神よ、いずこに・・・?

280: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 02:05
<このスレでわかったこと> 

・予言なんてものはない

282: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 02:47
予言という単語はあるよな。

283: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 02:59
予言は信じられないけど、預言はあるような気がしないこともない。

284: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 05:17
ファティマ第三の秘密(謎)があるが謎のため、当たったか当たらなかったかがいつまでも分からないという罠。
 
285: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 06:01
>>284 
当たったか、当たってないかが「謎」なんですな?

※ファティマ第三の預言:
1917年、ポルトガルのファテマに住む3人の少女の前に聖母マリアが6回にわたって出現し、最後の日には数万人の群衆を前に、太陽が狂ったように回転して見えたり、水源のないところから水が湧き、飲む者の病気を治すなどの奇跡を起こした。

その際に聖母は「3つの予言」を託したとされる。

予言1:
第一次大戦は終わりに近づいたが、このままでは次の法王のときに大きな不幸が起こる。

予言2:
次の大きな不幸の前に、夜間に不思議な光が見える。これは神の警告のしるしである。

予言3:
ロシアは誤りを世界にまき散らし、戦争をあおりたて、多くの国が滅びる。(この後に「第3の予言」が続くのだが、秘密となっている)

60年代に閲覧したローマ教皇ヨハネ23世は内容に絶句して封印し、次代教皇パウロ6世も再度封印を解くも、あまりの内容に数日間人事不省になったという。(wikiファティマの聖母)

286: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 11:04
高校の時、宗教の先生から預言は絶対に当たると授業で教えられた。

287: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 11:19
学校の授業で宗教の科目があるの? 

288: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 12:14
キリスト教系の学校はあるよ。

289: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 12:24
私の学校にもあった。>宗教のクラス 

予言が必ず当たるものだとは教えられなかったけど。

290: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 13:12
予言・・・未来を推し量ること 

預言・・・神が授ける言葉

291: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 13:21
もし、本当に預前者がいるならロト6一点買いで予知してみろ! そうしたら、み~んな信じるよ。 

292: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 13:29
預言者なんて千年に一人現れればいい方でしょ。モハメッド以降、預言者扱いの人はいないんじゃないの?

293: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 13:47
預言者は予知はしないっての (結果的に予知になることはあるだろうが)。 

あ、預前者か。

294: 保存OK? 02/05/19 16:27
よげんする。 

来年の秋、恐ろしき国から恐ろしき槍が誤射され、世界の王と自称する輩の右腕を焦がす。
偽りの王は激怒し、自らの剣で恐ろしき国をかき回すだろう。 
その時、王の後ろで閉ざされた扉が開く。
人類は、そのツケを支払うことにならざるを得ないが、王がそれを拒むようだ。 
扉は壊れて閉じない。だからあの時直しておけばよかったのだ。

296: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 23:50
>>294
アメリカと、あとはどこ? 閉ざされた扉って、核のこと?? っていうか、これってノストラダムス系???

295: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/19 17:59
よし、解釈してやるぞ。 

「来年の秋、特になにも起こらない。なぜならば、私の予言により扉は修理されていたからだ」

303: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/21 01:01
予言します。今年、横浜は最下位でしょう。 

・・・文句ある?

307: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/21 01:16
>>303 
つーかこの時点で5位に10ゲーム差。誰が見ても分かるだろ?

310: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/21 01:48
>>303 
何勝何敗か当ててみろ。

※2002年、49勝86敗5分、横浜は最下位でした。

305: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/21 01:07
予言というより、予想だな。去年のシーズン終了ごろに書けば予言になったカモラネーシ。

【その6(完)へ】