【その1】
親


92: おさかなくわえた名無しさん 2005/04/20(水) 01:00:42 ID:8APOucXY
二月に父親が糖尿で死んだ。全然悲しくなかった。むしろちょっと嬉しかった。 

浮気もギャンブルもしない人だった。だけど、食べ物をボトボトこぼす。尿をそこらじゅうに撒き散らす。ストレスで私の顔の半分が動かなくなった時も、「そんなことよりワシのメシは?」。 

中学生の時、町に変質者が出たということで、みんな怖がって親に塾の送り迎えをしてもらってた中、母親が不在の時、父親に送り迎えを頼んだら「今巨人の試合やってるから嫌。お前ならいける。歩いていけ」。 

父親に愛されてる感じれたことが、一度もなかった。母親が父親のことで疲れきっていて、本当可哀相だった。

親にも兄弟にも溺愛されて育った所為か、最後まで自分のことしか考えられない人だった。 

「自分のことしか考えられない人は、最後には誰からも惜しまれずに死んでいくんだ」 

父親から学んだことはそれぐらいかな。


93: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/03(火) 16:03:58 ID:oq6mR0+o
俺の親父は、暴力、束縛、母親、暴力、アルコール中毒。
 
高校ぐらいで俺の方が体が親より大きくなって、自分であると程度なんでもできるようになったら、手のひら返したように接してきた。この時、本当に殺意沸いたが、殺すよりこの腐った世界に生きる方がつらいと思い、復習を考えた。

とりあえず高校中退。その後予備校に行き大検取得。自動車免許と車を家の金で払う、今後も両親が死ぬまで金使いまくる。なのでとりあえず長生きしてもらいたい。 

親のせいで人は信用できない。友達はいるが、上辺だけで俺は付き合ってる。というより、人間関係に意味が見出せない。別に死のうが関係ないし、なんとも思えない。一人交通事故で死んでるけど、葬式も行かなかった。 

親に感謝していると言えば、何でも一人できるようになったことぐらいかな。

代償として感情が減ったけど。

94: 93 2005/05/03(火) 16:13:00 ID:oq6mR0+o
そういえば知り合いで、親がギャンブルばっかりして学校行けなくて、自分のしたい事できない奴もいたな。おまけに親父は隠し子もいることが最近わかって、姉は家出し消息不明。

もう一人、親父がアル中の奴もいる。中卒ですぐバイト始めて家出て暮らしてる。

二人とも親の愛が無いから恋人、友人にかなり依存してる。

95: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/03(火) 19:47:14 ID:V8hFCu0H
たぶん、ホッとするだけで、悲しくはないだろうなぁ。 

泣くとすれば、自分は解放されたっていう、安堵の涙かな…。

97: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 01:55:30 ID:R57OwD6e
親にはもう何年も会ってないな。 

もし死んだら、その後の処理はどうしたらいいのか全然わからん、面倒くせぇ。母は火病もちで執念深いから、死んだら化けて出そうな気がしてコワイ。 

知らないうちにいなくなってほしい。

98: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 10:46:39 ID:NAOg6lSj
うれしいとは思わなかったが、 良かったね、って思った。 

闘病生活が長かったから、これでもう苦しまずに、楽になれて良かったねって…。

99: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 11:19:08 ID:rrOm/g+t
↑なる程、そういう理由もあるのか…合掌。 

俺は両親が死んだ時ほっとしたよ。虐待・酒乱…俺も弟も2,3度死にかけた。 

複雑な心境になるのは、長い間一緒に住んでりゃそれなりの情は沸くし、「実の親が死んだのに喜んでる俺って…」という罪悪感もあるんじゃね? 

唯一感謝してるのは、俺を産んだことだな。 

両親の心構えなんぞどーでもいい。彼らがセッ○スして、中絶という選択をしなかったからこそ今の俺がある。明日好きな女とデートもできるw

100: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 11:29:27 ID:6YqEw6TL
まだ健在だけど、死んで泣くとしたら、死ぬまで一度も反省と謝罪の言葉を聞けなかったからだろうな。 

101: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 11:59:07 ID:jbdqjOLO
親が死んで喜ぶようなやつあゴミ以下だ。

102: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 12:28:52 ID:rrOm/g+t
>>101 
君は健全に育ってよかったね。親に感謝しなよ。

103: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 13:35:02 ID:uBxnMUv7
>>101 
イイ親を持ったんだね、大切にしなよ。 

うちの父親もアルコール依存で、身内に対しても依存体質。その自覚がなく、気に入らない事が有ると散々愚痴り、貶
(けな)すから始末に負えない。元々、自己愛性人格障害っぽい。人間ってここまで根性が腐るものなのかと思う。 

最近は酒と煙草から来る脳萎縮か脳梗塞で、言動がますます酷くなってて、早く死ぬ事を願うばかりだ。 

身内にも言った事無いが。

104: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 14:54:19 ID:onsBIMPV
嬉しくはないかもしれんが、何とも思わないだろうな。 

正直、母が先に死んでくれたら安心する。俺を生んだあと精神分裂症(今は統合失調症というのか?)になり、家事育児は放棄。親父が何度も入院させるも、結局良くはならなかった。 

まあ育てられた覚えもないが、積極的な虐待もなかったので、恨みには思っていない。もともと俺にとってはいないも同然の存在だったから。 

俺を無理に生んだことも一因として考えられるだけに、気の毒な人だとは思う。 

ほとんど男手1つで息子2人を育てた親父のためにも、そろそろ逝ってほしい・・・。

105: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/04(水) 21:25:24 ID:kZO3Lt26
うちは父親がやっと死んでくれて、ホットした。暴力人間だったからね。 

葬式の時くらいは泣いたけど、横たわってる奴の死体の頭を蹴り飛ばしてやりたいくらい憎かった。中学高校の時、八つ当たりで夜中に寝てる時、奴にいきなり顔を蹴られてたからね。

娘の顔を蹴るなんて、最低の男。

106: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/09(月) 19:49:50 ID:8TwgdUes
父は母への暴言と暴力がちょっと。私への威圧的な言動(暴力はなし)があった。死んでホッとした。 

今でも”父にびびってる”夢を定期的に見る。

107: おさかなくわえた名無しさん 2005/05/13(金) 01:17:25 ID:CoXfOxg+
離れて住む今も、母からの精神的抑圧から自由になれません。 

電話も取らないようにしてから一年ほど経つのですが、思ったほどすっきりしません。 

「そうか、親だからって不愉快な人間と関わる必要はないんだ!」と思いついた時には、私の人生におけるブレイクスルーだと思ったんだけどなあ。 

この調子では母が死んでも、自分の心が母の代わりに自分を縛り続けるんだろうな…。

108: おさかなくわえた名無しさん 2005/06/10(金) 23:18:50 ID:0x1J43VC
親父が死んだのが俺が高1の冬、44歳だった。 

姉貴の中学の時の担任が、電話で「お父さん、亡くなってよかったね」だってさ。そんな親父さ。 

109: おさかなくわえた名無しさん 2005/06/14(火) 23:05:49 ID:VqhV13Co
私も父親が死んだら嬉しいと思う。 

嬉しいというのは語弊がある。早く解放されて安心したい。 

会話をする度に、「やっぱり死んで欲しい」と憎しみと殺意を新たにする。あいつがトラブル起こすたびに、生まれてきたことを後悔する。もう疲れました。親代わりは。 

親であるだけで偉いと思っている奴は、全員死ね。親から当たり前の保護を受けて、それが皆の共通の思い出だと信じている奴らも死ねよ。 

私は子供は生まない。うまく育てられないから。 

よく「愛情」というが、その愛情とやらの具体的な内容が全く分からんので、そこで行き詰る。 

111: おさかなくわえた名無しさん 2005/06/20(月) 09:15:25 ID:nXGDM70E
正直な話、悲しくない。けど世間体考えて、葬式の時とか、目にハンカチあてて、悲しみを表現しないわけにはいかない。 

というか、葬式とその後の面倒を考えると、今からもうウンザリです。

112: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/03(日) 15:08:26 ID:SO/7bJyx
うちもまだ健在だけど、早く亡くなって欲しい。

安心して生活出来ない。 

無意味だけど、つい知り合いの家庭と比べて羨ましくなるんだよなぁ。 

117: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/14(木) 18:08:31 ID:LLgeSGY4
嬉しかったよ、10年前。 

もちろん泣いてみせたけど。

118: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/14(木) 18:16:03 ID:dClMnITG
一緒に暮らしてなかったけど、母親が死んだ時は嬉しかったよ。

119: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/14(木) 18:56:37 ID:iRHdsRX5
母さんが死んだ時はすごく悲しかった。母は苦労して、苦労して、病気と戦って亡くなった。 

父は酒乱。怒号。恐ろしかった。結局酒はやめられず、糖尿病で入退院くりかえしてた。 

子供は私ひとり。

父と2人暮らしの時、殺そうと思ったことが何度もある。母は父のせいで早くに死んでしまった、と考えて、母の形見の首飾りを身につけて、後ろから殺ってしまおうと本気になった。右手に何か殴るものか刺すものか覚えてないけど、本当に持った。

その瞬間、左手に握り締めた首飾りがブチッと切れた。

あ、あー、母さんはそれを、望んでないんだ、って急に力が抜けて泣き出した。父は何にも知らない。ただ、私は「父さんを許せない」って泣きながら言った。

1年後、父は脳梗塞で病院で死んだ。母が死んで5年後だ。 

これで天蓋孤独だな~、と思った。

120: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/14(木) 20:45:50 ID:rhAzgjEe
あたしのやることなすことケチつけておいて、「年老いたら面倒見てくれるんでしょうね?」とか言ってんじゃねーよ。早く死ねよ母親。

122: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/19(火) 18:34:08 ID:kTYWt43o
母親に先に死なれると困るな。 

寝たきりのあの父親の面倒なんか、兄弟誰も見たがらないから。先立たれても、長々と生きていられても困るな。誰もあの母親の面倒なんか見たがらないから。 

出来ればまとめてあぼーんしてくれ。葬式も一回ですむ。 

涙?流す練習はしてる。何も感じないと思うけど。

123: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/20(水) 11:26:13 ID:hx4xsd+P
父が自閉症か軽度知的障害。世の中への理解が低くて、いつもオドオドしてる。会社ではリストラ対象、外の人には一様にへりくだってってる。 

それだけならかわいそうな人で済むし、実際同情してたけど、その反動を家族に向けて、劣等感を解消しようとしていたのがいただけない。 

優越感に浸りたい一心で、私を馬鹿にする。理由は理由になってない。あら捜しにすらなって無い。 

馬鹿馬鹿しすぎて言うのも何だけど、たとえば、人様に「文章もろくにかけないから、履歴書がかけなくて就職できない」って言いふらしてる。えっと、ワタクシ、文章でお金もらってましてよ? 

私を生んですぐ出て行った母にも、同じ事をしてたんだだろうか。 

まあ、私も馬鹿だったんだ。妙に哀れな人間だと思って、配慮したのが間違いだった。依存されることに、心のどこかで依存していたのが間違いだったんだ。いくらか信じて、自分を卑下し、傷つけていたのは人生の過ちだった。 

多分、父が死んでも泣かないだろう。 

125: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/23(土) 11:43:17 ID:PylrOxaB
生憎死んでないが、死んだら嬉しいと思う。 

正直今すぐにでも目の前から消えて欲しい。引っ越しても引っ越しても、突き止めて追っかけてくるってどういう事だよ。子供に依存しすぎなんだよ。そのくせ「お前なんか生まなきゃよかった」と抜かすしよ。俺は好きで親選んで生まれてきた訳じゃねーんだよ。

同じ血を引いてるってだけで嫌になるんだよ。

126: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/24(日) 02:46:29 ID:m3Z65A6n
マンション管理人夫婦が、息子に殺された事件。 

息子の気持ちわかるな。よくやったって思う。 

私も父が憎くて憎くて、小学生の頃からいつか殺してやるって計画立ててた。毎晩遅くまでこきつかわれて、土日も遊びに行かせてくれなかったし、気に入らないことがあると殴る蹴るの暴力。 

今の時代だったら、事故に見せかけて殺して放火してたかも。幸いにも死んでくれたんで、今は私も落ち着いたけど、父の死に際はざまあみろって感じだったよ。

具合が悪いって医者に行っても「気のせい」と言われ、何軒も医者を回ってるうちに脳溢血で死んだ。

※2005年6月20日、東京都板橋区の建設会社社員寮の管理人室でガス爆発が起き、室内で管理人の夫と妻が殺害されているのが見つかった。その後、高校1年の長男が逮捕された。

長男は日ごろから父親の仕事を押し付けられ、土日も寮で働き、馬鹿にされ、ゲーム機を壊されるなどしていた。殺害前日に、仕事を押しつけた父が趣味のツーリングに出掛けたことが、殺害を決意させるきっかけとなったという。

128: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/25(月) 13:56:24 ID:ooFuUKwE
母親は治らないタイプの分裂病、今で言う総合失調症だったので、死んでくれた時は正直ホッとしたね。黒雲が去り、青空が開けたかんじ。

父親が長患いで病院にいて、死んでくれた時は、正直安堵したね。本人もつらかったと思う。お金もかかるし、面倒見るので生活が成り立たない。親戚は頼りにならず、ああしろこうしろと口出し指図だけ。

寂しかったけど、仕方なかった。

129: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/25(月) 18:14:15 ID:ieidhHwK
>>128 
うちも同じような状況かな・・・。 

しかしうちの母親は、体だけは丈夫っぽいので性質が悪い。特別に恨みがあるわけではないが(物心つく前からなので恩も無いが)、頼むから父親が倒れるより先に逝ってくれ。 

むしろこんな状態で生きている方が哀れだ。

134: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/28(木) 21:30:32 ID:N8BBlNXo
さっき母親に電話して「子供が勉強しなくて困る。私もあんたみたいに、子供を叩き回して躾ければよかったかもしれないけど、私にはそんな恐ろしいことできなしねぇ」って皮肉を言ってやったら、ガチャギリされた。 

「死ぬ時は、周りに迷惑掛けないでいきなり死んでね。家の中も片付けて死んでね。そろそろだから今からやっといて」とかも言ってやった。 

「あんたが死んだら、その家は中身そのまんまつぶしてもらうからね。200万は軽くかかるみたいだから、用意して死んでね」とかも。 

こいつが入院しても絶対行かない。 

135: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/29(金) 01:12:21 ID:K+U+e0cv
ここのスレの人って、周りが家族の話題だったらどう反応する? 

同僚が最近、ボーナスで、仲睦まじく両親と一緒に旅行にいった。そして旅行中の出来事を楽しそうに語るのは良いんだ(実際にその人の両親に会った事あるけど、ホントに仲がいい。自分は両親と不仲です、って言うのが申し訳なくて言えないくらい)。
 
でもそのあとに、「あなた達は両親に何をした?」って、周りに聞いてこられて困った。 

その人は「家族はいつまでも仲良く」というふうに考えているはず。「私は特に何もしてません」っていったら怒られそう。 

ひとまず育ててもらった恩はあるから、実家に毎月お金は入れているけど、それ以上は…適当に話をそらしておいたけど、また振られてきたら困るよ。 

ああいう人って、仲が悪い家族はドラマの中だけと考えているのかな? 察してほしいな~。 

136: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/29(金) 02:44:44 ID:XZqCkOpi
>>135 
30歳くらいまでは家族のことが恥だったので、言えなかった。

親のことを「あの人」って言ったら、それを聞いてた人にすごく怒られたことあったけど、この人は苦労知らずで育った甘えんぼちゃんだからしょうがないな、と思っただけ。

137: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/29(金) 10:33:51 ID:LEkeQDs4
この時期になると、夏の帰省話をでっち上げるのに、いろいろ頭を使う。 

たとえば天気、行事、町の変わりようなど。でもどうせ、廻りの人たちが実際に検分することもないから、けっこうフカシ混ぜてる。 

実家の墓参りには行く。お盆の時期じゃなく、早朝とか真夜中とか。友達には会う。でも実家の敷居はまたがない。 

もし私が急逝して、実は義絶同様だったと知れたら皆驚くだろうなあ。

139: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/29(金) 23:29:22 ID:0QIaCzSe
17歳の時に母親が死んだ。嬉しかった。

141: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/02(火) 22:55:29 ID:nVIw0kSu
父が死んだ時、母に遺産を独り占めされた。 

早く母が死んで欲しい。女・女・男の三人兄弟だが、お殿様で育った弟に全額渡すつもりだと思うが、裁判してでも頂くつもり。散々殴られた慰謝料だよ。

142: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/05(金) 17:12:30 ID:nzZSmDD9
母親が末期がんと診断され、同時にサラ金の借金が発覚。貯金どころか、保険も入ってない。入院費だって1円も無い。 

快復よりも、死を願う私がいる。

143: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/07(日) 23:50:44 ID:zNONSDeN
>>142
最悪だな・・

144: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/10(水) 14:58:05 ID:C7OO0cA6
あー悪夢みた。 

病気で入院しても私が全然世話をしてくれない、と父親に文句言われる。その途中で、なぜか父が血の海になる夢。

あー私が悪かったのかよ、そうですかそうですか。アル中で、父親らしいこと何一つしなかったアナタは悪くないのかよ。父親を恐れて、憎んで死んで、ホッとした自分に罪悪感。そんな夢。 

でも、死んだらみーんな仏さんになる、といってくれた人がいました。その言葉有り難かった。 

今日は命日だから一人で墓参り行ってくる。 
145: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/10(水) 20:07:30 ID:eeTh8t1f
母一人、子一人の家庭だ。 

母親は、嫁いびりにあった30~40年前のことをいまだに愚痴り、そしてキレる。嫁いびりにあった悔しさだかオレにあたりちらし、オレはイビられた。

本当にオレが死を覚悟したのは、母親にストッキングで両手両足を縛られ、水風呂に頭から押し込まれた時だった。小学校2年の時だった。 

今、住んでいるのがアメリカ合衆国だったら、と心から思う。拳銃所持の目的はともかく、銃が合法的に持てるから。

147: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/10(水) 20:39:55 ID:dyOx8m1S
「産んでくれてありがとう」って、今現在の幸せが、直接でも間接でも、親に起因していると感じる時思う。 

基本的に親は口うるさくて嫌いだったけど、俺が自分勝手な人間だったから、目障りに感じていただけかもしれん。 

親が死んだ時、初めは嬉しかったけど、今の幸せっていうか、俺が一人前に育ったのも、親のしつけがあったからこそのものなんだという気がして来て、「かーさんのおかげで幸せになれたよ。産んでくれてありがとう」って伝えたくなってって、何度か泣いた。 

148: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/10(水) 21:09:32 ID:YOlAxyg2
まだ死んでないから、嬉しかったとは言えないけれど、いつか死んだら、嬉しいと思うだろうし、少なくとも悲しいとか寂しいとか、人並みの感情や、感じて当たり前とされている思いを抱くことはないだろうと言える。

149: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/11(木) 07:09:07 ID:zGH7gWCV
確かに、人が死んで「嬉しい」というのは、おおよそ普通の感覚ではないかもな。 

単なる不快感程度のものから、もっと何というか、愛の対極にある憎しみ、自分でも嫌になる程の深いどろどろとした感情をもてあます。死んで嬉しい、は無いにしても、別に悲しくはなかった。 

産んでくれて育ててくれてありがとう、なんて、当たり前といわれる感情を強制されるのはいやだ。

だけど、親がいたから自分が生を受けたのは事実。親が死んで、少し気持ちが楽になったのも事実。 

親が死んだだけでは「嬉しい」まではいかないな。感情がマイナスから0になっただけ。親の死によって、例えばお金が手に入ったとか、そういう時に人は「嬉しい」と感じるのだろうか。 

150: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/16(火) 23:50:17 ID:y9HYFCbh
ひどい親を持った人の唯一の利点は、「親が死んでも悲しくない」ことだと思う。 

普通に育てられた人には、壮絶に悲しい大打撃だからね。 

私も一生親を憎んで、死んでも万歳できるままでいたかったが、25歳を過ぎたあたりから両親が仲良くなってしまって、今ではしなれたら悲しくなってしまった。仲良くできるなら、初めからそうしていて欲しかった。 

愛情のない家庭で育って、自殺するか親を殺すか決めかねていたが、「いつか自立できる日が来るかもしれない」という一点の希望にすがって、どちらにも決めないでいただけなぐらいなのに、今となっては私は他人と関係する力がなく、親に依存して暮らしている。最悪だ。 

その上「親が死んでも悲しくない」利点も取り上げられてしまった。 

父母と三人で暮らしているが、これから何年かのうちに一人、また一人と亡くなって、私一人が残るのだと思うと、恐ろしくてならない。

151: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/17(水) 23:12:53 ID:2E7coj5b
私は母子家庭で育ち、18の時に母親を亡くしました。 

死んだその日は悲しくて泣いたけど、その後、一度も母を思い出して泣いた事は有りません。

今思うと、死亡当日に泣いたのも母の死が悲しかったのではなく、親を亡くして、一人になってしまった自分が可哀相で流した涙だったような気がします。 

いろいろ事情が有ったにしろ、実の親の死を嬉しいと思わないまでも、心のどこかでホッとしていたのも確かです。情が薄いのか、葬式以来墓参りさえもしていません。 

こんな私は、心にどこか欠陥が有るのかもしれませんね。

152: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/18(木) 10:20:42 ID:BYlhI1Y0
>>151 
私なんか15歳の時、事故で植物人間になった父親のベッド脇で「親戚連中が見てる中、演技で」泣いて見せたよ。「お父さん!!」とか叫んじゃってさ。 

ああ~あんなことしなきゃよかったな。葬式の時、また同じことしないと。 

欠陥のことは気にするな。

155: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/21(日) 18:00:32 ID:pbhzKx+w
>>152 
女優になれ。

154: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/21(日) 01:22:25 ID:hs+h4jzb
い~な~、みんなのとこはさっさと死んでさ。
 
うちのは長生きしそうなんだなぁ・・・。

156: お勧めの本 2005/08/25(木) 23:11:34 ID:0dPvb4ih
加藤諦三(かとうだいぞう)の本をお勧め。 

PHP出版から、何冊もでているので、立ち読みして良さそうなのを買って見てください。金額も、単行本で600円ぐらいかな。 

俺も、親が早く死んでくれないかなと思うくらい(殺そうと何回か思った)だった。でも、この先生の本を何冊か読んだら、親がなぜ子供を心理的に束縛するか、また、心理的に束縛されて育てられた子供は、大人になっても、人間関係で苦労する。その解決策がでてますよ。 

親との関係で苦しんでいるかた、読んで見てください。

たくさん本のタイトルはありますが、基本的にどれもお勧めです。

179: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/03(土) 11:31:18 ID:7AjwPm9o
>>156 さんのお勧め本を買ってみた。 

「思いやりの心理 加藤諦三 PHP文庫 486円+税」 

人の言動と裏にある心理を解説していて面白い。でもなぜかちょっと読みにくい文章だと思った。 

【中古】 「思いやり」の心理 自分が大きくなる人間関係の方法 /加藤諦三(著者) 【中古】afb
【中古】 「思いやり」の心理 自分が大きくなる人間関係の方法 /加藤諦三(著者) 

157: うはwwおkww 2005/08/25(木) 23:26:58 ID:fHGAnJO+
うはwwwwwwwwwww何だこいつらwwwwwwwwwうぇうぇwwwwこえぇwwwwこれ、冗談だよね??wwwwwwwwwwそんな感情はありエンだろwww

160: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/26(金) 10:37:02 ID:Wjof229F
>>157 
あるあるwwwwwwwwwwwwww

158: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/26(金) 03:11:21 ID:n/UeOsKY
俺も早く母親に死んでもらいたい。 

散々虐待して、俺の人生にケチ付けて壊しているくせに、したり顔で、お前の為だなんて偽善者ぶりやがって…早く死んで俺をいい加減楽にして欲しい。もう母親に振り回されたくない。 

頼むから死んでといつも願っている。

159: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/26(金) 09:30:22 ID:DhejSOD5
15の時、父親が自殺した。ガス自殺だった。 

ビニール袋かぶって、ガス管引き込んで倒れてるのを、当時9歳だった妹が発見した。

私は、借金まみれで働きもせず家にこもっている父親が大嫌いで、家には寄り付かず、仲間とシンナー漬けの毎日だった。死んだ前日、たまたま私が家にいると、借金とりが来て、父親は「おらんて言ってくれ!」と言って隠れていた。 

その借金取りはスキンヘッドの派手なスーツで、「ぷぷぷ、テレビに出てくるやくざみたいやな・・・」と思いながら、「父はいません」と対応すると、「あんた、いくつや?15?ほんならあんたが稼いでお父ちゃんの借金払うか~?」ってスゴまれた。

そいつが帰ってから、私は「やっとれんわ!!」 とまた家を飛び出したんですが、その時の父親を見て、なんとなく「死ぬんじゃないかな・・・」と思いました。

予感は的中して次の日、連絡もらって帰ると、父親は顔に白い布をかけられていました。

悲しいとかの感情はなくて、「あぁやっぱりな・・・」「まだ2学期だし、これからどうやって暮らしていこう」とゆう思いと、小さいのに悲惨な現場見ちゃった妹がかわいそうでした。

161: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/26(金) 12:52:17 ID:vO4Nq+JB
さくらももこって、じいちゃん死んだ時、家族みんなで大笑いしたんだって。 

本気で大嫌いだったらしい。漫画ではあんなに仲良しなのに。 

163: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/26(金) 20:56:57 ID:Rzzq2ZCB
>>161 
実生活で仲悪かったから、反動か理想の爺ちゃんなんじゃね?

164: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/26(金) 21:35:32 ID:RYUZzHcY
>>163 
そうらしい。

162: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/26(金) 20:55:22 ID:RcKznB4M
精神科に通院していた母親に、小さな頃から虐待受けて死にかけました。 

そんな母親が死んで半年ちょい、未だに泣いていない。凄くほっとしている自分がいる。葬式の後も普通に知り合いと外食してたわ。命日もウラ覚え。

166: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/27(土) 03:36:15 ID:RtMEUXFh
自分が大怪我しても、病院に連れてってくれなかった糞両親。
 
一生背負う障害残されて、さっさと死んでくれとしか思えないよ。

167: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/27(土) 23:50:38 ID:sjawf/e/
物心ついた時から、両親がにこにこ話してるとこみたこと無い。

喧嘩も陰湿で常に冷戦状態。会話すら殆ど無い。口を開く時は文句。兄貴2人も、小学生の時大喧嘩してからは全く話をしない。互いを無視してた。 

あれから30年、兄貴たちも憎しみあってはいないが、互いにどう接していいか分からず、盆正月でも酒が入ったらちょこっと話しするだけ。他人が見たら義兄弟としか思えないだろう。

こんなの家族じゃない。ずっと「自分が孤児だったらどんなに幸せだろう」と思いつづけていた。もう自分も家族を持つつもりは無い。こんな陰湿な血は、せめて俺は増やさない。 

多分、親に限らず、兄弟そして甥姪が死んでも哀しくは無いだろうな。

死ねとまでは思わないけど、消えて欲しい。

168: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/28(日) 23:12:12 ID:ahrMXdld
死ねより消えろのほうが酷くね?

169: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/30(火) 00:59:07 ID:1Nw1vj2m
>>168 
目の前からいなくなってくれって意味では?

170: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/30(火) 09:37:39 ID:4b8zZwFf
うちは、兄弟多かったけど、TVで観るような楽しい大家族じゃなかった。 

父親が母親に対しての暴力は勿論、小さい頃はみんな虐待同然のことをされた。 

ある日、父親が病院に運ばれた時に、自分は、いつ葬式なのかな?ってことしか考えられなかった。でも、父親は今でも生きていて、仕方ないから自分のなかで「あの人はもう死んでる」と思うようにしたら、気が楽になった。 

171: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/30(火) 11:08:44 ID:xYFIKLMr
やっとバカ親父と離れて暮らせるようになった。兄弟二人で決して裕福じゃないけど、とても毎日が穏やかに過ぎていく。

後は早く親父が人に迷惑をかけず、早く死んでくれればいい。

172: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/31(水) 14:59:11 ID:fpEYdqpR
うちの親父は酒乱でよく暴れてた。家の中で目を血走らせて、包丁を振り回したりもしてた。肝臓ガンで死んだけど、うれしいと言うか正直安心した。 

俺は一生結婚しない。というか気持ち的に出来ない。家庭なんて持ちたくない。 

だんだん俺も年をとって、鏡を見ると親父に似てきた。毎日最低な気分だ。 

他人からはそう見えないように、明るくおちゃらけてるけどね。 

173: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/31(水) 15:19:07 ID:Oz/hu6aW
中2の時に、母を胃癌で亡くした。 

厳しいところもあったけど、普段は優しい、大好きな母だった。 

病状がヤバくなって、危篤状態になり、心電図だけがピコピコ言うようになった。最初はお母さん死なないで!って思ってたけど、段々早く死んでくれ、早く楽になってくれ、って思うようになってた。 

医者の何時何分ご臨終です、て言葉を聞いた時は、悲しさもあったけど、やっと終わったって言う安堵感もあった。

174: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/31(水) 16:07:24 ID:A6O23JKE
お前らは、親のせいで子どもが育てられなくなったとか、まともに生活できなくなったとか思ってるんだろ?それって、お前らの親も同じかもしれないじゃん。 

少なくともまともに子育てできない親にも、生育環境に問題があったと思うんな。そんな親に産まれたくなかったって思うかもしれないけど、親だけの問題じゃなくて、そういう家系の下に産まれてんだから仕方ないと思う。 

親も人間なんだから、自分で流れを断ち切れなかったんだろう。 

死んでまで責めるのはちとかわいそうだ。

176: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/01(木) 04:56:22 ID:CKQ5nTBq
>>174 
まぁ当事者じゃなきゃ、仕方ないで割り切れませんな。

まぁうちは死んでくれとは思ってないんで、ここの連中よりはましなほうですけどね。

175: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/31(水) 21:45:46 ID:WyJmLrtb
まだ生きてるけど、両親揃って死んで欲しい。 

奴らは人間の姿をした悪魔だよ。

177: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/01(木) 05:26:31 ID:gJjGmt0X
何を言っても「育ててやったんだから」って言葉で押さえつけられてきた。 

最近では、金を返せと言い出してきた。 

「育ててやったんだから」って言われたら、子供って絶対に言い返せないんだよな。俺が親になったら、この言葉だけは絶対に子供に対して言わないし、態度でも見せないようにする。 

血は繋がってるらしいが、俺が小学校入るくらいまでは育児放棄で親戚の家に預けてたくせに、今さら恩を返せって言われても憎しみがつのるだけだ。

金は貰ったかもしれないが、それ以外に何も貰ってない。親子の会話なんて、皆無だったじゃん。親のフリをするのはやめてくれ。

マジで親が死んでも喜ぶだけだと思う。

【その3へ】