童謡「シャボン玉」の歌詞の『屋根までとんだ~』のことを、「屋根もとんじゃった」と勘違いしてる奴がいました。 

それじゃ、台風じゃん。
 

475: ほんわか名無しさん 01/09/10 21:00
雑誌の投稿にあった話だが。 
首( )一( ) (正解は「首尾一貫」) 
首狩一族と書いた猛者が。 

間違いとは言えんわなあ・・・

485: ほんわか名無しさん 01/09/11 04:31
小学校2年生のとき。 授業中、隣に座ってたSが「ものすごく屁がしたくなった」と俺に告白してきた。 

そこで俺は「すかしっぺで乗りきれ」って感じのことを言ったが、Sはまだすかしっ屁なる技を習得してなくて、悩みに悩んだあげくSは「カンペン(筆箱)を床に落として、その音と同時に屁をこくことで屁の音を消す」というシナリオを考えた。 

そして作戦を実行したのだが、カンペンを落とした音の方がわずかに早くて、 逆にクラス全員から注目を集めた後で屁をこき、あえなく撃沈。

499: ほんわか名無しさん 01/09/11 14:02
厨房の時の地理の時間。 担任の先生はわりと雑学王でした。

そこでアフリカの話の時に「クンタキンテ」って人の話をしていました。 (クンタキンテの詳しい内容はさっぱりわすれたけども) 

後日、ぜんぜん違う地方(ヨーロッパあたり?)の地理の試験で 

○○○川 
○○○山 
○○○平野

などを答える問題ですべてに 

クンタキンテ川 
クンタキンテ山 
クンタキンテ平野 

と答えた女子がいました。もちろん答案を返す時さらされていました。いや、クンタキンテ、耳に残るけどさ。うん。

503: ほんわか名無しさん 01/09/11 14:31
>>499 
クンタキンテは、確か黒人奴隷の名前か何かだと思った。

 アメリカの作家が自分の祖先をさかのぼっていくとアフリカにたどり着き、奴隷としてアメリカにつれてこられた・・・っていう小説を書いていたような。

509: ほんわか名無しさん 01/09/11 15:49
「フェリー」って書くところを、「ヘェりリー」って書いて、馬鹿にされた先生が怒って帰っちゃった

515: ほんわか名無しさん 01/09/11 17:23
厨房の時の英語の先生。英文のアクセントか何かの話で、 

「This is a pen.」の「pen」を強調しようとして、「ジス イズ ア ペンヌ」と言っていた。

強調部分はもちろん「ヌ」。

516: ほんわか名無しさん 01/09/11 17:43
高野辰之作詞・岡野貞一作曲の「故郷(ふるさと)」 

「うさぎ追いし かの山  小鮒釣りし  かの川」 

という歌を、伊豆の子供の多くは、伊豆には狩野川、狩野山があるため、伊豆の歌だと勘違いしている。 「うさぎ美味し」は全国的に良く聞きますね。

517: ほんわか名無しさん 01/09/11 17:50
英語の先生って、どうして普段のしゃべりも英語っぽくなるんだろう。中学の頃の先生なんて、英語と日本語がまじってて怖かったよ。 

こちらが話すたびに、「アーハー↑アーハー↓」(←あいづち) 
…………。

527: ほんわか名無しさん 01/09/12 02:08
授業で芥川龍之介の「羅生門」をやった時、文中に「この男の顔には吹き出物があって」みたいな描写が。 

で、試験の時に「男に吹き出物があるということは、何を表しているのでしょう?」 という質問がでたんです。 

答えは「男が若者であることを表している」なんだけども、勉強はできるほうだった友人が、大真面目に「悩みが多かった」と書いたときはワラタ。 

あと、自分でやった間違いは「世界最長の橋」を「世界最強の橋」と読んでしまったこと…。世界最強てどゆこと?!と考えれば考えるほどツボってしまって… 

冷静に考えるとそんなたいした事ないのに、この時は笑いが とまりませんでした。恥

532: ほんわか名無しさん 01/09/12 19:23
高校の物理の時間、

「ローレンツ力(りょく)」を予想通り
「ろーれんつか」

と読んでくれたクラスメートに感謝。

533: ほんわか名無しさん 01/09/12 19:27
小学校の給食の時間、牛乳を口に含んでいる人を笑かすのが流行ってて、対戦相手が「牛乳から鼻が出てるよ!」の一言に、少し考えた後その状況を想像したらしく、間も無く噴射。

542: コッコ火柱決戦 01/09/13 22:27
中学の公民・裁判関係のテストにて 

被告人は(   )を依頼する事ができる。 
被告人は( 出前 )を依頼する事ができる。 

正しい答えは「弁護」か何かだったと思う。これを書いた奴は成績優秀な優等生だった。

本人曰く「空欄はオレの恥だ」 
こんな答え書くくらいなら、空欄にしといた方がなんぼかましと思うのは自分だけか。

555: ほんわか名無しさん 01/09/14 18:36
リアル消防2年の時、先生がテストの字を丁寧に書くと1点プラス、という先生だったのよ。つまり、満点で字を丁寧に書くと101点になるわけ。 

そんなある日、ちょっと(かなり)頭の弱いKという生徒が転校してきた。

国語のテストで、全然関係ない質問に「まほうのいし」とか「クリスタル」とか書きまくってて、当然0点かと思われたが、字が丁寧だったので1点だった。 

小2で0点とるのにもびっくりしたが、字が奇麗だから1点、てのにはにはもっとびびったね。

562: ほんわか名無しさん 01/09/15 05:45
高校の英語でたまに外人講師が来て授業をやってたとき。 その外人が店の名前をお題として言い、当てられた生徒が、そこに何が売ってるか答えるという問答をやった。 

外人「フルーツショップ」→生徒「アップル、オレンジ…」 みたいに。

そして「ステーショナリーストアー(文具店)」の問いに俺の友達が自信満々で答えた。 

「ガム!、マガジン!、シガレット!」

…彼はステーション=駅にある店、キヨスクと勘違いしていた。 

自分のミスになかなか気づかない彼に、外人も両手の平を上に向け、お得意の困惑お手上げポーズ。

565:ほんわか名無しさん 01/09/15 06:34
リアル工房、数学のとき、cosB(もちろんコサインB)を思いっきり「コスビー!」と叫んだS。
彼がかばんマニアだったのは、いうまでもない。

566:ほんわか名無しさん 01/09/15 08:44
中学の国語の教科書に「北の国から」が載っていた。 

朗読するときに、 
「はい、黒板(くろいた)です。」を 
「はい、黒板(こくばん)です。」と読んだ奴がいた。 

…気持ちは判るが。

568: ほんわか名無しさん 01/09/15 14:30
消防の時、家庭科の授業中にNさんの隣の人が無駄話をしていた。先生は話している人にめがけてチョークを投げた。 

何も話をしていないNさんに当たった・・・

569: ほんわか名無しさん 01/09/15 17:42
小学校の頃クラスで、「竹林」の読みを聞かれて、「ちくりん」と答えたやつがいて、クラス全員大爆笑。

「たけばやしだろ」、おい、「ちくりん」って随分かわいいな、ってバカにして、「ちくりん、ちくりん」って呼んでバカにしていた。 そしてやっと笑いがおさまり皆が落ち着いた頃、先生が「ちくりん」 が正しいと教えてくれました…

すぐ教えてくれよ、クラス全員恥ずかしい思いしたョ。

582: ほんわか名無しさん 01/09/16 00:39
中学生の時、日本史のテストで「土偶の用途を述べよ」という問題に「呪い」と書いた。その問題だけバツで満点を逃した。教科書には「まじない」って書いてあったのになあ? 

と首をひねっていたが、だいぶ時が過ぎてから気がついた。 

先生、まさか「のろい」って読んだんじゃ…? 

今でも真相が気になる。

583: ほんわか名無し 01/09/16 01:17
地学の授業中「フォッサマグナ」を「フォッサマグマ」と答えたヤツがいた。爆笑の後、次にあてられたヤツは「フォッサマグナム」と答えた。

592: ほんわか名無しさん 01/09/17 18:38
間違いじゃないんだけど「長靴の形に似てるのは?」「イタリア~」 「ち●ぽの形に似てるのは?」「スカンジナビア半島~」 などと、強引に地形を覚えさせようとする先生がいた。

610: ほんわか名無しさん 01/09/18 16:57
小学校のときかな、テストで「あけぼの」の意味を書けっていうのがあって、「横綱」って書いたのが7,8人いて悲しくなったと先生自身が言ってた。 

なぜか音楽のテストだったけど。

620: ほんわか名無しさん 01/09/19 16:22
我が校の現国の先生は、大学受験の時に、試験前に会場で友達に「漱石の三大作品を教えて」と頼んだところ「こころ、それから、三四郎」と言われ、 「あと一つは?」

と聞いて、友達どころか周りの受験生にも笑われたそうです。

632: ほんわか名無しさん 01/09/21 04:12
塾の理科のテストでメスシリンダーの絵があって、「これの名前は?」という問題で、 当時ゲームボーイのSAGAにはまっていた自分は、素で「デリンジャー」と書いてしまった。

するととなりの女が、なんとオレの「デリンジャー」をカンニングしてるではないか! しかもその隣のやつに「それメスシリンダーだよ」ってなおされているではないか! (俺には遠くて聞こえなかった。)

最後にちっちゃい声で「ばかだね」っていわれた!

633: ほんわか名無しさん 01/09/21 07:20
>>632 
ばかだね

654: ほんわか名無しさん 01/09/23 01:55
小学生の頃パン工場の見学で、工場の人が「何か質問はないですか?」と言うと友人が 「トイレはどこですか?」 という質問をして皆爆笑していた。

662: ほんわか名無しさん 01/09/24 14:30
中学校の学級会の、係決めのとき。何々係があるか読み上げる子が、 「先生助手」を「せんせいたすけて」って読んだ。

676: ほんわか名無しさん 01/09/25 17:44
かなり笑えました。ありがとう。 

ちなみに、うちのお姉さんはテストで「農民一揆」と回答するところ「農民一発」と書いていた。 
しかもなんで×なのかと怒っていた。

692: ほんわか名無しさん 01/09/26 22:58
間違いじゃないし、私的には笑えなかった話なんですが。 

高2のとき、ドイツ語の授業を取ってました。 

その日のレッスンは、2人ずつ組になって簡単な質疑応答をするというもの。 私は出席番号の関係で、隣のクラスのNさんと組になりました。私に割り当てられた質問は「(年齢は)おいくつですか?」 

Nさんは内部進学のお嬢様で、あまり学校に来ない不良さんだったので、2年留年していました……。 

私「おいくつですか?」 
Nさん「19歳です(淡々と)」 

自分がNさんに年齢を尋ねなければならないと気付いてから、その問いを口にするまでの数分間の緊張と言ったら…。

702: ほんわか名無しさん 01/09/27 02:43
中1の頃のテストで「キリストは何人ですか?」の問に 「1人」って答え書いた奴いたよ。
 
709: ほんわか名無しさん 01/09/27 14:08
>>702 
ゴメン、それ、多分私もそう答える…「え!?ひとりじゃないの?」って今マジで悩んでるんで、答えを教えて下さい…

710: ほんわか名無しさん 01/09/27 14:08
>>709 
人数じゃなくって、人種を聞かれてるんじゃないの?

711: ほんわか名無しさん 01/09/27 14:12
先生「はい!じゃぁ、問い三やってみましょう! 」

土井さん(女)「えー!センセーマジッスカ?? 」

君はドイサンやろー ははははははははは

722: ほんわか名無しさん 01/09/27 23:08
中学時代道徳の時間『溺れかけた兄弟』という章をやった

数日後、じーさん先生はまた『溺れかけた兄弟』をやった 

生徒の一人が「これ一度やりましたよ?」と直訴してみたが「うるせー!」の一言でかたづけられてしまった。

724: ほんわか名無しさん 01/09/28 00:24
中学の頃、いかりや長介似の先生の授業の号令で「起立、ちょーすけ(気をつけ)、礼!」って言うのがはやってた。

他にもその先生は社会の窓全開で授業したりと、いろいろ笑わせてくれた

728: ほんわか名無しさん 01/09/28 09:52
厨房2・3年の時、ワークブックを宿題にする国語の先生がいた。

 授業の最後にチェックするんだけど忘れた人は皆、先生に見つからないようにワークブックを他の席の人から借りてました。 

が、先生てば何度やっても気づかないのよね~(藁 。定年間近でちょっとボケてましたので。 

あれから10年近く経ちますが、痴呆症になっていないことを願っています・・・。

734: ほんわか名無しさん 01/09/28 18:59
中学3年のときにクラスに「三野」って奴がいて、ある日の授業中、「さんのさんのさんのさん、至急職員室へ来て下さい。」という放送が流れた。 

・・・笑いが止まりませんでした。

746:ほんわか名無しさん 01/09/29 01:04
小学校のとき、歴史の問題で埴輪の写真がでたんだけど、ぜんぜんわからなかったらしい。 やめときゃいいのにバカな友人が解答欄にウンオ、しょんべん、と書いて先生にむちゃくちゃおこられてた。

748: ほんわか名無しさん 01/09/29 04:41
工房の頃の話。アホじゃないけどイジられキャラのK。 学校に来たかと思うとすぐに寝だした。 

そして1時間目の終わり、皆が次の授業で教室を出ていた時に、のっそりKが起きて「次、何?」と言ってきた。私は「もうお昼だよ」と冗談半分で言ったら「え、もう!?」といって、普通に弁当を開けて食べだした。 

ま、すぐにバレて怒られたが、ボーっと弁当食ってたKに爆笑。

751: ほんわか名無しさん 01/09/29 12:54
Mikeを「ミケ」って読む人いるよね。猫みたい。

752: ほんわか名無しさん 01/09/29 12:55
Mary(メアリー)を「マリ」とよんでいた・・・

754: ほんわか名無しさん 01/09/29 13:39
理科の時間、先生が「熱する」と言うたびに「ネッスル日本」と必ず呟いたヴァカ。 

床屋のせがれだったけど、頑なに家業を美容院だと譲らなかたよ。

758: ほんわか名無しさん01/09/29 14:30
高校3年生の英語の授業で、「銀河鉄道の夜」をThe Night of Galaxy Railway と訳している強者がいた。

764: ほんわか名無しさん 01/09/29 18:02
漏れも図書室で銀河鉄道の夜見たときは999の続編かと思ったyo!

770: ほんわか名無しさん 01/09/30 00:32
高校の時、お堅い感じの地理の参考書に「サバンナについて説明せよ」という問題があって、解答例が4つぐらい挙がってたんだけど、なぜかその中の一つに 

4.×「1973年開発マツダ社rx-7、直墳式ロータリーエンジン搭載、・・」 

ってな感じのがあった。

・・・いくらクルマニアでもこれはやりすぎじゃ・・・(; ´∀`)          



772: ほんわか名無しさん 01/09/30 10:55
厨1の英語の授業。 

「too(トゥー)」の発音について先生に 

「もっと口をすぼめて発音してね」と言われて 

「ちゅー」と、まさに平仮名で表記するべき可愛らしい発音を。 

うーん…文で書いても伝わらないなぁこればかりは…

778: ほんわか名無しさん 01/10/01 05:07
授業中半寝してたら、突然「日本に神様何人いるか知ってるか?」と質問され、慌てた私の脳裏に浮かんだのは「やおよろず」だった。 

私「えーと…八百万人…?」 
先生「漢字ではそうだが、やおよろずの意味は”数え切れないくらいたくさん”だ。」 

無知でスマン…ていうか公民の授業に全然関係ないじゃんかよー!先生!

792: ほんわか名無しさん 01/10/03 02:24
高校の家庭科の試験で、「食中毒の主な原因を2つ書け」って問題があった。 

私の答え「腐った牛乳、カビの生えたパン」 
模範解答「ボツリヌス菌、腸炎ビブリオ、ピロリ菌、等から何か2つ」

797: ほんわか名無しさん 01/10/03 22:18
世界の都市名でしりとりしたもんだけど、「ンジャメナ」ってのがあったので、地名しりとりに限っては、「ん」で終っても1回は救われていたなー。

798: ほんわか名無しさん 01/10/03 22:29
>>797 
ンジャメナ便利だよね

808: ししまる 01/10/04 20:53
ずっと昔、中学一年のとき理科の時間で植物の話し。

みんな、おぼえてるかな、「維管束」と言うやつあったんだ。 先生がテスト直前の授業で「維管束を維束管とまちがえないように」といったんだ。

それで、テストが終わると、学年の半分が維管束をまちがえてて、あちこちのクラスで爆笑していたよ

810: ほんわか名無しさん 01/10/05 19:58
地学での話。 

「モホロビチッチ不連続面」を、「モホロビッチ不連続面」と書いたのが約3分の1、「オホホビッチ不連続面」と書いたのが3人いた。 

ついでに、「アイソスタシー」を「エクスタシー」と書いたのがかなりいたそうな。

※モホロビチッチ不連続面:
地震波速度の境界であり、地球の地殻とマントルとの境界のこと。1909年にクロアチアの地震学者である、アンドリア・モホロビチッチによって発見されたためその名がある。(wiki:モホロビチッチ不連続面)

※アイソスタシー
比較的軽い地殻が、重く流動性のある上部マントルに浮かんでおり、地殻の荷重と地殻に働く浮力がつりあっているとする説。 (wiki:アイソスタシー)

819: ほんわか名無しさん 01/10/07 14:43
小学校や中学校の授業中、何か紙切れを回す人っていましたよね。 

私の所は大抵女の子の密談で、「どこどこまで回して」とヒソヒソ言われ、クラス中が先生の目を盗み一致団結する一大イベントでした。 

今はケータイのメールで代用され、廃止されかけてるみたいで、少し物悲しいです。 

さておき、小学校の頃、当時ほのかな恋心を抱いていたA子ちゃんの机の上に『紙切れ手紙』発見しました。見回してみると次は全校集会でみんな移動して誰も居ない。 

これはっ!ちゃーーーーんす! 
取りあえず一周クルリと回るオレ! 
頭をかくオレ! 
紙切れをつかみあげるオレ! 
ダッシュで教室を出るオレ! 
トイレに行くオレ! 
辺りを確認してから個室に入る(人が居るとあだ名が『ウンコマン』になる)オレ! 
震える手で紙をめくるオレ! 

「柿の種」 

「くっ・・・!」 
あまりにシュールな文章に顔を背けた若き日の僕がそこにいました。
 
835: ほんわか名無しさん 01/10/08 11:40
>>819 
しかし懐かしいなそれ…私が中学校の時も流行りました。

最近は膝の上で携帯ペコペコ弄るだけだから確かに淋しいかもしれない。クラス内が一致団結どころか、先生にばれたら送信してきた相手の子すらバックれやがるからナァ 

834: ほんわか名無しさん 01/10/08 01:07
中学の頃、子貢は孔子が一番可愛がっていた弟子で、何故ならば 名前が「し・こう」で「こう・し」を逆にした名前なのがそれを表している、と無茶なことを教えてくれた国語の先生がいました。 

可愛がってたかもしれないけど(実際一番可愛がってた弟子は違う人だということが、高校の古典の教科書で発覚)、可愛がってたから名前がそうだってことはないだろう、そもそも中国語でもその発音な 
のか?

と素朴な疑問を抱いた(でもつっこめなかった)14歳の秋。

835: ほんわか名無しさん 01/10/08 11:40
マセガキ消防低額年の頃。 

ひらがなを漢字で書きなさい

「せいし」 
解ったけど恥ずかしくて空欄で出した。 

こたえは
「静止」

836: ほんわか名無しさん 01/10/08 11:52
>>835 
俺は「はくし」て問題があって 「白紙」と書いたら×でした。 

先生に詰め寄ったら「博士でしょうが!」と怒られた。理不尽。

854: ほんわか名無しさん 01/10/09 17:19
第一次ベビーショックと書いた。

856: ほんわか名無しさん 01/10/09 19:57
>854 
詳細きぼーん(w

863: 862 01/10/10 02:30
あっもちろん「ベビーブーム」と「オイルショック」がごっちゃになったみたい。

866: ほんわか名無しさん 01/10/10 04:05
うちの学校は教卓の上に席順表がありました。 ある時友達と席順表にイタズラをしました。 

「深水」(ふかみ)という生徒のところを、「深本」と書き換え、ついでに読みがなを「しんぽん」と書き加えておきました。 

古文の授業が始まってからしばらくして 「じゃあ次の問題をしんぽん。・・・しんぽん、休みか?しんぽん!」 

たまらんかった。そんな苗字の日本人いない。

869: ほんわか名無しさん 01/10/10 14:42
消防時、なんかのコンクールがあってその前日の打ち合わせ。

先生が 「じゃあ明日は現地集合ねー」 と言ったところ、元(ゲン)くんが
 
「え!!?俺んち!?何で??」 

ゲンち集合…。

872: ほんわか名無しさん 01/10/10 17:04
中学の時の詩で「木琴」という悲しい詩があるのだが、朗読しようとした友達が「もっこん」と読んだ。 

もちろん、その後のあだ名は「もっこん」。

881: ほんわか名無しさん 01/10/10 23:12
超真面目だが、てんやわんやのハゲの方にそっくりな英語のT先生の授業は拷問だった。 

英語の発音記号“ae”とか“V”の発音を忠実に再現するのだが、記号 によっては、例えば加藤茶が寄目したときの口の形のように、凄い顔になる。 

それをかつて笑瓶ウィッキーがやってたように“look,look,look…” と言いながら、自分の口元に指を当てて、一人ひとりの顔の前でやるのだ。 

何回舌を噛み切りそうになったことか。

883: ほんわか名無しさん 01/10/10 23:57
最初の授業の時の出席で、御手洗君のことを「おてあらい君」と連呼しながらも、おっかないという噂があったた、め笑えなかった体育のM先生。 

ある日、雨で外での授業が出来なくなったので、視聴覚室でビデオを見ることになった。

先生が機械室に消え、ビデオが再生されたが、教材用ビデオにしては不自然な砂嵐の画面が一瞬映った後、草原の画が映し出され、金髪の少女が全裸で楽しそうに走りまわる映像「らしきもの」が現れ、すぐに消えた。 

ちょっとあいてから教材ビデオが流れ、再生終了後M先生も何事も無かったかのように機械室から出てきて簡単な講義を済まして終わったのだが、その場はざわついたものの、爆笑でもなく笑いをこらえるでもなく、非常に不思議な空間だった。 


887: ほんわか名無しさん 01/10/11 01:26
高校の時に男子で田中貴由(たかよし)という名前の人がいました。(苗字は仮名)

フルネームで生徒のことを呼ぶT先生の授業中のコト。 

座席表を見ながら「んーじゃー次の問題。たなかゆき!」 

教室中しーん・・。ゆきという名前の女の子はクラスにはいませんでした。 

先生、座席表を逆から読んでいたみたいで苗字はちゃんと読めたけど、名前は左から読んじゃったみたい。

890: ほんわか名無しさん 01/10/11 03:57
家庭科のテストで「レモンティーにミルクティーを混ぜるとどうなるか。」 という問いが出た。 

答えは 「分離する」 なのだが、こう答えたヤツがいた。 

「おいしくなくなる。」

897: ほんわか名無しさん 01/10/11 13:14
同じクラスだった蓑島(みのしま)君と、既に卒業した綱島(つなしま)君を何度も間違える先生がいた

906: ほんわか名無しさん 01/10/12 12:25
中国語のテキストの例文でこんなのがあったよ。

朋友「私たちは今電話をしています。あなたは何をしていますか?」 
我 「私は今テニスをしています。」 

・・・↑電話してんじゃないの?!

914: ほんわか名無しさん 01/10/12 22:34
先生「それじゃぁ、この単元は終わり。」 
学級委員「起立!」 
クラス中「!?」 

つまり、いつも号令かける学級委員が「終わり」とういう言葉に反応して、授業が終わりだと思ったから「起立!」と号令をかけたと。 

まだそのとき授業始まって10分ぐらいなのに・・・・

922: ほんわか名無しさん 01/10/13 20:34
小学校のとき、国語でにぼし売ってる乾物屋さんの話をやってました。 

「主人公の気持ちを『○○しい』という言葉で表現しなさい」 という問題に、みんな「さみしい」「かなしい」とか答えてましたが、ある男の子が「にぼしい気持ち」と答えました。

クラス中大爆笑になり、しばらくみんなの間で何かと「にぼしい」って言ってました。 

929: ほんわか名無しさん 01/10/14 15:30
中学の時だと思うが、たしか、 「アメリカを発見した人物は誰か?」と先生が、わざと居眠りしている奴を指名。 

そいつが言った言葉 

「え?・・・お、俺じゃないって!」 

大爆笑でした。

934: ほんわか名無しさん 01/10/14 18:47
小学校の時、キリスト教の聖地を聞かれた奴が「ベルサレム」と答えた。ベルサイユと混じってると思われ。

936: ほんわか名無しさん 01/10/14 20:05
ある冬の朝。クラスには既に全員そろっていた。そして先生がやってきて、HR。先生は、コートを着たままの生徒たちに「こら、上着くらい脱ぎなさい」と言ったのだが…。 

H君「うぁ・・・せ、先生!!」 
先生「どうしたの?」 

H君「制服…忘れました…。」 

見ると彼はパジャマの上にコートを着ていた。

938: ほんわか名無しさん 01/10/14 21:51
中学の化学の授業で、先生の

「酸性の溶液をこぼしたシャツはどうすればきれいになるか?」
(答えはアルカリ性の溶液で中性にして分解する)

という質問に、当てられた女の子は小さな声で「トップで洗う」と答えていた。 

なんて家庭的な女の子なんだとその時は思った。

941: ほんわか名無しさん 01/10/14 23:29
the boom 
ジ・ボーン

943: ほんわか名無しさん 01/10/15 00:18
国語の授業で「彼は上気した」と書いてあるのを「かれはうわきした」と読んだ奴がいて笑えた

949: ほんわか名無しさん 01/10/15 01:46
工房の時の数学。 

おとなしめの学校だったのだが、なぜかある教師の時だけ、みんな好き放題やってた。そいつは通称「ガイコッつん」。 

ある日、大騒ぎのクラスに耐え切れなくなったそいつはこぶしを握りしめ、歯を食いしばり、…つ、ついに! 

「ち、ちくしょう!」 と、黒板に向かって小さくつぶやいた… 

最前列だった漏れと隣の女子2名だけに聞こえ、大爆笑。「??」と言う雰囲気の大半に左の女子が「コッつん、今『ちくしょう!』って叫んだんよ!」とバラして 、教室中が「コッつんすげーーー!!!やるじゃんコッつん!!!」 と、感動の「荒らし」となりましたとさ。

951: ほんわか名無しさん 01/10/15 01:59
高校生のころ。クラスの男子が遅刻して、さらに手ぶらで学校にやってきた。 

その男子曰く「居眠りをしてあわてて降りようとしたら,バスの中にかばんを忘れてきた」 とのこと。数時間後、学校の近所のおばちゃんがバスの中で彼のかばんを発見し、学校まで届けてくれた。

漫画みたいでワラタ

953: ほんわか名無しさん 01/10/15 03:05
リアル厨房まで書き初めを「かきはじめ」と思ってたので「かきぞめ」と「書き初め」が同じものだとは、母親がつっこむまで知らなかった
引用元:http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/honobono/997428483/ 

【その2】の最後のほうからの続き。

その生徒が行きたいと指さして言ったのは、インバーカーギルという名前の町でした。

インーバーカーギルはニュージーランド最南端の町で、日本からは一番遠いところ。純粋な興味からそこを指さしたと思うのですが、「トゥーダイ?」と言われたためみんなの頭の中で、最南端の謎の町インバーカーギル、という図式がすぐさま出来上がりました。日本からは1万キロ近くも離れている最果ての地。海の向こうはもう南極大陸です。命がけでしか行けない町、インバーカーギルを想像していました。

巨大野生動物、好戦的な先住民、マグマ、有毒ガス、火山。どんなに危険な町なんだろうとインバーカーギルに思いをめぐらせていました。そして英語助手はカレンダーを指さし、「トゥーダィ?イエストゥダイ?」と、今日と明日の日付を指さしました。ニュージーランドでも訛りが強い地方に生まれた彼は「a(エィ)」を「a(アィ)」と発音し、「today?(今日いくの?)」と聞いていたのでした。

ニュージーランドの長距離鉄道は予約制になっているから、いつ行くのかを言って切符を買うのが普通、とのことでした。日本では切符を買ったらすぐ出発するのが普通だったのですが。英語にも訛りがあるということを学んだ授業でした。

ちなみに大人になってからもインバーカーギルが忘れられず、行ってみましたw。世界一急な坂があり、おしゃれな建物が並ぶ、とてもきれいな小さな町でした。