ほんのり


1: 名無しさん 2001/06/22(金) 10:20
「シャレにならない」ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。 

実体験に基づく話が多く、意外とシャレにならないより怖い話もあったり・・・。

パート1 
ttp://curry.2ch.net/test/read.cgi?bbs=occult&key=987296535
まとめ記事:ほんのりと怖い話


5: 名無しさん 2001/06/22(金)15:06
以前アメリカに住んでいた私の友人が体験した話です。 

彼女は数年間、アメリカの企業で働いていたのですが、その会社はかなり大きなオフィス街のビルに入っていました。そのビルはほぼ正方形で、中央にエレベーターがついており、東西南北どの方向にも出られる造りになっていたそうです。 

ある日、友人はいつものように仕事を終え、帰宅する会社員やOLでいっぱいのエレベーターに乗りました。1Fに降りた時、視線を感じてふと目をあげると、こちらをじーっと見ている一人のお爺さんと目が合いました。

そのお爺さんはオフィスビルには不似合いなラフな格好で、兵隊さんがかぶるような帽子をかぶっていたそうです。 

その日は何か軍事的?な記念日だったらしく、退役軍人のお年寄りでそんな帽子をかぶっている人を何人か見かけていたので、友人は「なんでこんなとこにこんなお爺さんが?」と思ったくらいで、別に不審には思わなかったそうです。 

目が合った時、お爺さんはにっこりと笑いました。友人は「???」と思いましたが、無視するのも悪いと思ったので会釈をして通り過ぎ、そのまま北側の出口から表に出たそうです。 

お爺さんは西側の出口の方に歩いていきました。
(続く) 

6: 5 2001/06/22(金)15:07
(続き) 
友人はビルから出て、ビルの前の広い道路を横切りました。

すると驚いたことに、先ほどビルの中ですれ違ったお爺さんが、向こうから歩いてくるのです。相変わらず友人をじっと見つめながら。 

西側の出口から出たお爺さんが、大きなビルをぐるっと回って北側までに戻り、さらに道路の向こう側まで行ってこちらに戻ってくるのは、時間的に不可能です。

西側に行くフリをして友達の後ろからついていって、走って追い抜いたんじゃないの?と茶化してみましたが、大まじめに否定されました。

交通量の多い広い道路なので、横断歩道を渡らなければならず、もし走って追い抜かれたならその時わかるはず、それにかなり向こうから歩いてきたもん、と言ってました。 

友人は驚いて、初めてぞっとしました。でも、もしかしたら自分の勘違いで、さっきのお爺さんとは別人かもしれません。今度はさすがに怖かったので、視線を感じながらも目を合わせないようにしてうつむいて歩きました。 

でも、すれ違いざまに、お爺さんに「また会いましたね・・・」と言われたそうです。

振り返らずに速攻逃げてきた、と友人は話してくれました。

7: 名無しさん 2001/06/22(金)15:22
じゃあオレも、アメリカに住んでた頃の話。 

よく映画で見るようなフツーの住宅街。うちは玄関の前になんていうのかな、こうベンチみたいなブランコがあったんだよ。ちょっとしか揺れないやつ。年寄りがマターリと子供が庭で遊ぶのを眺めるためのやつだよ。 

夕方、友達ん家から帰ってくると、子供がベンチで横になってる。知らない子供。オレも子供だったけど、学校でも見たことのない(つまりこの近所にはいない)子供だった。金髪で青い目の、普通の子。
でも顔色は悪かった。

9: 7 2001/06/22(金)15:28
人んちの玄関の前で横になってるなんてなんか変だったし、顔色も悪かったから「そこでなにしてるの?」(もちろん英語で) って聞いたら「気分が良くないんだ」って悲しそうな声だった。

「病気なの?」「わからない」救急車呼ばなきゃ!って玄関開けて、「ママー!」って叫んで、母ちゃんがなんだなんだと焦って駆けてくる足音がして、ふ、っとまたベンチのほうを見たら、もう誰もいなかった。 

道路へ続くコンクリートを歩く音も、芝生を踏む音も、ベンチが揺れる音もなかった。ベンチもまったく揺れてなかった。ベンチに触れてみた。子供心に「体温が残ってるはずだ」と思った。それらしい温もりは感じられなかった。 

母ちゃんが来て「どうしたの?」って聞かれたけど、なんでもない、って言っておいた。

10: 7 2001/06/22(金)15:31
日本に帰る前に、一度だけまたこの子見た。

同じように友達の家から帰った夕方、またベンチに寝てた。遠くから金色に輝く髪の毛が確認できた。 

2回目はヤバ、と思って一度友達の家に戻ろうと家に背を向けて・・・なにを思ったか好奇心で振り返ったら、誰もいなかった。 

この家だと他にも変なコトがたくさんあった。

11: 名無しさん 2001/06/22(金)15:37
>>7
金髪くん、以前その家に居た子かしらね?

ほかの話も聞かせてください。

12: 7 2001/06/22(金)15:44
>>11
じゃあお言葉に甘えて。 

ガレージは車からリモコン一発で「ガラガラガラガラ」ってすごい音で空くようなやつだった。

オレは当時ゲームオタクで一日中ゲームしてて、親とでかけるのがイヤだった。その日もマターリ一人留守番しながらウィザードリィ5。「ガラガラガラガラ」といつもの音がして、ガレージから廊下へ続く古びた戸がきしむ音。「おかえりー!」と同時にこっちに走ってくる足音。

振り向くと隣の姉貴の部屋のほうへ、フリルのついた靴下を履いた足が通り過ぎた。

13: 7 2001/06/22(金)15:48
もう一度「おかえりー!」って叫んでも返事がない。

あれれ?ともう一度「おかえりー!」って叫んでみた。あれれ?買ってきた荷物をおろしてるのかな?とガレージに向かう。先ほどと同じ音をたててきしむドア。ひょいとガレージを覗きこむと、真っ暗なガレージはもぬけの空・・・。 

姉ちゃんだけ降ろしてまたでかけたかな?と思い、姉の部屋を覗くが誰もいない。歩き回ったけど結局オレしかいなかった・・・。

だいたい当時姉貴はアニメオタクで、フリルのついた靴下なんて履かないし、今思うと姉貴はでぶっててあんなに足細くなかったなあ・・・。

14: 名無しさん 2001/06/22(金)15:54
あちらは幽霊さんも自己主張激しいんだね。アメリカ行ったことないけど、>>7の話、すげえよく分かる感じがする。

ちょっと恐いけど、なんかほのぼのしてて、物寂しくていいやね。

15: 名無しさん 2001/06/22(金)16:53
子供のころ近くにレジャープールが出来て、娯楽のない田舎のこと、毎年夏は大繁盛してたのですね。

そのせいか毎年必ずそこで人が溺れ、近所の医院に担ぎ込まれるのですが、みんなすでに手遅れで。でもそのプールは死者がでても営業をやめず、翌日からもごく普通に客を泳がせていました。 

溺れる子供は年に1人でそれ以上は出ず、必ず小学校低学年の男子でした。 

その施設の看板はリアルなタッチで、そのくらいの歳の子が大きく口を開けて、喜んでいる顔の絵が描かれていました。

16: 名無しさん 2001/06/22(金)17:04
近くの墓場で、お供え物を食いあさってる人を見たよ!

17: 名無しさん 2001/06/22(金)18:06
最近、会社で私の左後ろによく人が立っているので、上司が居眠りを監視してるのかと思ってたら、膝から下しかない人だった(ついさっき確認)。

コワイコワイヒー!

18: 名無しさん 2001/06/22(金)19:06
>>17 
まだいる!?写真撮れる!?

19: 名無しさん 2001/06/22(金)19:07
小学生の時、音楽室から帰ってきたら、机の中のハンカチに白いネバネバがついててくさかった。それが何なのか理解できる年齢になってから、気持ち悪くて泣いた。 

3年生だったから同級生とかじゃないし、とにかく嫌だった。

20: 名無しさん 2001/06/22(金)19:09
子供の頃、青虫をなんとなく手に持ってたら、不意に手のひらが痛くなった。 

なんと青虫が皮膚を食い破って、肉に潜り込もうとしてました。あわてて引き抜いたけど、穴が空いてました。傷口がふさがるまでしばらくかかった。

25: 名無しさん 2001/06/23(土)00:23
卵を1パック買ってきた。 

オムレツを作ろうとボールに1つ割り入れると、黄身が2つ入っていて双子だった。ラッキー、と思いながら2つ目を割ると、また双子。うーん、ひょっとして・・・ 気になったので、3つ目を割ってみたらまた双子。4つ目も、5つ目も・・・。 

まあ、別に無害なんだろうけど、何となく気持ち悪かったので全部捨てた。 

ほんのり怖いっつーか、かすかに気味悪かった。

26: 名無しさん 2001/06/23(土)01:15
>>25
26コが双子だった…ってソレ、ナイトスクープやんけ!

28: 25 2001/06/23(土)01:37
>>26 
ナイトスクープ見たことないっす。結構よくあるのかな。
 
立て続けに奇形食わせられるみたいで嫌だったのです。

32: 26 2001/06/23(土)03:01
>>28
今日ちょうどナイトスクープでそういう話やってたんだよ。ケース買いしたタマゴのうち26個(殆ど)が双子だった。そのシンクロっぽりも、ほんのり怖い。

33: 名無しさん 2001/06/23(土)05:47
遺伝子異常かなんかで、双子卵しか産まない鶏がいるとか?

36: 名無しさん 2001/06/23(土)09:39
>>33
双子卵ばかりってのも、双子卵生みやすい鶏も特別珍しい事ではないだろう。
 
自分もテレビで見た事ある。ズームイン朝とか、それっぽい情報番組で。

38: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/23(土) 12:41
いまラーメン作って生卵入れた。 

双子だった。なんかうれしかった。

48: 名無しさん 2001/06/23(土)17:57
ウチも今日1パックで4っつ双子だった。
 
マジで・・・。

49: 名無しさん 2001/06/23(土)18:35
卵が双子だったことを「不気味」と思うか「ラッキー!」と思うかは、性格の差ですわな。

50: 名無しさん 2001/06/23(土)19:08
最近まで料理屋でバイトしていたんだけど、俺もあったよ、1パック全部双子。

厚焼き玉子用に割ってたのね。驚いて店長に報告したら、「育て方だかなんだかシランがそんなに珍しいことでもないよ」とのこと、大量生産の副産物なんだろうか・・・。

まあ心配なさるな。

56: 名無しさん 2001/06/23(土)23:28
双子タマゴ、1個2個なら「ラッキー!」ですが、3個、4個…と続いて行くと「ナニコレ…」に変わりますね。 

ちなみにナイトスクープでは、卵を生みはじめたばかりのニワトリは調整がうまくいかず、双子ばっかり出来ちゃったりすると言ってました。

67: 名無しさん 2001/06/24(日)00:45
双子タマゴって、親鳥が暖めたら、ちゃんと一個のタマゴから二匹産まれるのかなー。

27: 名無しさん 2001/06/23(土)01:29
ある頃から、視界のすみに小さい黒い影のようなものが、チラッと見えるようになりました。

けれど、まっすぐそちらを見るとないのです。まるで小さい生き物が、物陰からこっちを見ているような影です。でも何かが実際にいるわけはなかったので、気のせいだろうと思っていました。 

気のせいと付き合うのも慣れた頃、思いがけず出会った黒い子猫。不思議なくらい懐いて足元に擦り寄ってきて、猫なんて飼おうと思っていなかったのに、拾ってきてしまいました。 

今ではもちろん、視界のすみの黒い影の方に目をやると、黒い子猫が行儀よくすわってまんまるい目で私を見ています。

34: 名無しさん 2001/06/23(土)07:10
3年ぐらい前に、家でマターリしてたら、突然おでこの内側から「パキッ!」って音がした。

ちょうどデコピンされたみたいな、痛覚も軽くあった。何だったんだろうか。

35: 名無しさん 2001/06/23(土)07:40
>>34 
俺は首を回した時に、頭蓋骨がピシッ!ってなる時があるな。

筋ひねるせいだろうけど。

37: 名無しさん 2001/06/23(土)11:43
高校のラグビー部の合宿の最終日の夜。学校に泊まってたんだけど、部員全員集まって怪談話してたんだ。ローソク一本立ててさ。 

そしたらMが、壁に人影見えるとか、壁にかけてある絵がこっち見てるとか、わけわからん 事言い始めた。その時点でみんなビビってたんだけど、そのうちMの目玉がグリンと白目になって、本人の声じゃない変な声で「静かにしろ!」とかなんかぶつぶつ言い始めた。

みんなぎゃーとパニックになり、マネージャーは泣いてるし、Mは痙攣してるし最悪の夜だった。Mは全然その事覚えてないと言ってた。 

これまじです。北海道、帯広市のR高校美術室での出来事。

40: 名無し 2001/06/23(土)13:13
童謡って、かすかに怖い歌なんだよな。 

「シャボン玉」は子供が死んだ歌 
「とおりゃんせ」は、子供を捨てに行く歌 
「赤い靴履いてた女の子」は、少女誘拐の歌 
「かごめかごめ」も歌詞の内容があまりにも意味不明で怖い

41: 名無しさん 2001/06/23(土)13:33
>>40 
詳細希望。

42: 【怖い歌ありませんか?】スレからコピペ 2001/06/23(土)17:25
しゃぼん玉、流産の歌だよ。 

しゃぼん玉とんだ 屋根までとんだ 
屋根までとんで こわれて消えた 

しゃぼん玉消えた 飛ばずに消えた 
うまれてすぐに こわれて消えた 

風 風 吹くな 
しゃぼん玉とばそ 

作詞したのは野口雨情。彼は30過ぎてから結婚したのだけれども、なかなか子宝に恵まれなかった。やっと授かったと思った子どもも流産してしまった。雨情の悲しみ様と言ったら、それはそれはすごいものだったそうだ。 

そんな時に作った詞が「しゃぼん玉」だと言われている。 

「うまれてすぐに こわれて消えた」という辺りに露骨に書かれていることからも分かるだろう。しゃぼん玉遊びに、生まれてくることのできなかった子どもへの思いを託しているのである。  

※本当に適当な「シャボン玉」都市伝説:
野口雨情(1882年5月29日生)は、1904年に高塩ひろと結婚(雨情23歳の時)。1906年に長男雅夫誕生(雨情25歳の時)、1907年に長女みどり誕生(雨情26歳の時)、このみどりが生後一週間ほどで亡くなる。

「シャボン玉」はこのとき夭折した娘みどりのことを歌っているとされるが、雨情自身が子どもの死との関連について触れている資料は一切無く、鎮魂歌説を含めいずれの説も確たる根拠はない。(wiki:シャボン玉

43: 【怖い歌ありませんか?】スレからコピペ 2001/06/23(土)17:27
「赤い靴」のこと?怖くないよ、むしろ哀しい歌かな。 

モデルとなった女の子は、実際には海を渡ることなく亡くなってます。 

この歌の作者(野口雨情だったけ?この辺がうろ覚え)の知人の女性が、子供を育てられず里子に出した。

その子を引き取ったのが外国人の宣教師夫婦で、本国(アメリカかイギリス。この辺もうろ覚え)に一緒に連れて帰る予定だったんだけど、子供が病気になってしまって長旅は無理。

夫婦は予定ぎりぎりまで回復を待ったのだけど、結局間に合わず「治ったら絶対に来るんだよ」と言い残し、夫婦は泣く泣く帰国した。子供は海を渡ることなくその後亡くなり、女性もまた子供の死を知らされず、幸せに暮らしていると信じてその一生を終えたとか。 

作者は(子供の死を知らず)、海の向こうへ行った女の子はどうしているのだろうか?と思いを巡らしこの歌を作ったのかと思うと、切ないものを感じます。

※本当に適当な「赤い靴」都市伝説:
諸説あるのでざっくり言うと、野口雨情は人から聞いた話を元に「赤い靴」を作詞した。また、この話もまた聞き(あるいは複数人を介して)で尾ひれがついた可能性がある。しかし、雨情にインスピレーションを与えるには充分な、なんらかのベースとなるの話があったことは充分に考えられる。(wiki:赤い靴

44: 【怖い歌ありませんか?】スレからコピペ 2001/06/23(土)17:30
かごめかごめの歌詞に込められた意味。 

「かごめ、かごめ、かごのなかのとりは・・・」誰もが知っている歌である。ところが歌詞の意味が分かりにくい。この歌には、悲しい意味がこめられているのをご存じであろうか。子どもを失った女性の失意を歌った歌だといわれている。 

では1フレーズ目からその内容を検証しよう。 

「かごめ、かごめ」あなたは考えたことがあるだろうか?「かごめ」とはなんだ? 「籠目」とする説もあるが、ものを入れる籠の目を歌にしてどうするというのか。 

これは正しくは「籠女」と書くのである。籠はものを入れるもの、すなわち「籠女」とは赤ちゃんがおなかにいる女の人を表す。 

2フレーズ目「籠の中の鳥」とはもちろん赤ちゃんである。 

3フレーズ目「いついつ・・・」その次は?子どもはみんな「出会う」と歌っているがこれは正しくなく、文語の「出やう」すなわち「出よう」の意味である。つまり「いつ生まれだろう」という意味になる。 

4フレーズ目「夜明けの晩に」は、単なる修飾語と私は思っていたが、掲示板の書き込みに説得力のあるものがあった。「夜明け」なら朝のはずである。しかしここでは「晩」と歌われている。「夜明けの晩」とはあり得ない世界、この世ではない場所を指す。 

5フレーズ目「鶴と亀が」はおめでたいものの象徴。すなわち出産を表す。そして・・・。 

6フレーズ目「すべった」もう、説明はいるまい。出産に失敗したのである。流産あるいは死産? 

ラスト「後ろの正面だあれ」で振り向くと、そこには水子の霊が・・・。 

全く意味不明の歌詞が、これで説明つくことになる。

日本の民話にはこのように、民衆の悲しい気持ちが、一見したところはそれとは分からないように、しかし生活の苦しさが内部にこめられていることが多い。権力者にはわからぬよう、歌に含ませて、歌い継ぐのである。

47: 【怖い歌ありませんか?】スレからコピペ 2001/06/23(土)17:39
通りゃんせ。 

天満宮に子供を捨てに行く唄だそうです。 

捨て子が余りに多いため、誰も拾わず見殺しにしていた頃、天満宮の境内で捨てられた子供だけは神社が拾って育てたという噂が広まって、みんな捨てに行った。 

警備の人間もそれを分かっているから、中々子連れの女を通そうとしない。で、子供の七つのお祝いにお札を納めに行きます、と嘘を言って捨てに行く。 

行きは子連れだからよいが、帰りは「子を捨てた母親」のレッテルを背負って帰るから「怖い」。でもそうしなければ親子共々飢えて死んでしまう。 

だから怖いながらも通りゃんせなんだと。

※本当に解釈次第の「通りゃんせ」都市伝説:

通りゃんせ 通りゃんせ(通りなさい、通りなさい)
ここはどこの 細道じゃ(ここは、どこの細道ですか?)
天神さまの 細道じゃ(天神様の細道ですよ)

ちっと通して 下しゃんせ(ちょっと通して下さいませんか?)
御用のないもの 通しゃせぬ(御用の無い者は、通しはしません)
この子の七つの お祝いに(この子の七つの御祝いに)
お札を納めに まいります(御札を納めに参ります)

行きはよいよい 帰りはこわい(行きは良いですが、帰りは困難です)
こわいながらも(困難ですが)
通りゃんせ 通りゃんせ(通りなさい、通りなさい)

神奈川県小田原市の菅原神社や埼玉県川越市の三芳野神社が舞台であるという説があり、共に発祥の碑がある。このほか関所を舞台とするという説もある。こちらも、野口雨情作と伝えられる。(wiki:通りゃんせ

45: 【怖い歌ありませんか?】スレからコピペ 2001/06/23(土)17:31
「かごめ」はそのまま篭め、つまり「閉じ込めろ」 

「かごの中のとりは」籠の中の虜(とり)は 

「夜明けの晩に」いつとも知れない(出てくることはないという暗喩?目隠しされて出てくるとも) 

「鶴と亀がすべった」長寿の逆だから寿命を待たずして死ぬ 

「後ろの正面だあれ」目隠しされた身には後ろも正面もないが、とりあえず真後ろには首切り役人が立っている。 

つまり昔の罪人(捕虜?)が刑死する歌と、古典の先生が解説していた。

※本当に色々ある「かごめかごめ」都市伝説:
「かごめかごめ」の元とされるものは1700年中期ごろまでさかのぼる事ができ、長年歌い継がれる中で地方に広がり様々に変化し、各地方で異なった歌詞が伝わっていましたが、昭和初期に記録された千葉県野田市地方の歌が全国へと伝わり現在に至ったとされています。

「夜明けの番人」、「鶴と亀が統べた」、そもそもの「かごめかごめ」ですら「囲め囲め」が訛ったという説が存在します。長年歌い継がれる中で変化した言葉は特に意味を持たず、それはメロディーとして歌い継がれてきたのかもしれません。(wiki:かごめかごめ

51: 名無しさん 2001/06/23(土)20:06
「かごめかごめ」の歌は誰かの隠し財産の歌だって説もあるねえ。

53: 名無しさん 2001/06/23(土)22:19
>>51 
たぬきじじい。

54: 51 2001/06/23(土)23:09
>>53 
どういう意味ですか? 私のことを「たぬきじじい」と言ったのですか? 

私は読解力がないので、一行だけでは文意をわかりかねます。お気分を害されたら申し訳ないのですが、詳しく教えてくださいませんか?

78: 53 2001/06/24(日)16:22
>>54 
説明不足でした。たぬきじじいは徳川家康の事です。日本史ヲタの悪い面がでてしまいました。
 
カゴメカゴメの歌が徳川家の隠し財宝に絡んでいる、という説があったもので・・・。

※徳川家康のお墓がある日光東照宮の、三神庫と呼ばれる建築物群や奥院には、鶴と亀が対になって飾られている所があり、歌詞中の「鶴と亀が統べった」はこの彫刻を指しているとしている。

80: 51 2001/06/24(日)17:50
>>78 
そうでしたかー。 

たぬきじじい、って何かの妖怪かと思いました。居酒屋にあるような、玉袋がデカイタヌキが笠をかぶって、ひげを生やしたのをイメージしました。 

かごめかごめは徳川家康だったんですね。 

【その2へ】