【その10】
ほんのり


636: 名無しさん 2001/07/30(月) 13:41
10数年前の「人事院月報」という国のお堅い雑誌の、読者欄みたいのに何故かあった。ちょっと怖かったので今でも覚えてます。だいたいこんな話。 

夏休み、一家でサイパンを訪れた。 
深夜、ホテルで皆寝ていたらいきなり電話がかかってきた。寝ぼけ眼で取る。すると、男性の声で「○さんですか?」と尋ねてきた。 

「いいえ、違います…」と答えると電話は切れたが、少したってまたかかってきた。同じ人がまた、「○さんはいませんか?」 と。「違いますっ!」と切った。

まったくこんな夜中に一体…と不愉快。でも旦那も子供も不思議と気づかず、すやすや寝ている。 

ふとベッドサイドに気配を感じ振り向いた。


639: 636 2001/07/30(月) 14:52
するとそこには日本兵の兵隊姿の男性が立っている。
 
それを見て動転し、声も出ない。日本兵はじっと見つめ、テレパシーのように声ではなく、心に語りかけてきた。 

「自分は……というものだ、○さんを探している、どこにいるか知らないか?」 
「いえ、知りません…」

念ずるように伝えると、驚いたことにまた心に返してくる。

「○さんが、自分を日本に帰してくれると約束してくれた。どうしても探したい」 

震えながら「自分はその人を知らないし、申し訳ないが何もわからない」と答えると、「どうしても日本に帰りたい、自分だけじゃなく、皆そうだ」と窓の外を見ると、無数の日本兵の姿が。 

ここでぎゃぁーと悲鳴をあげたら、それらはさーっと消えた。その叫び声で家族が目を覚ました。やはり家族は電話のことなど何も知らなかった。 

翌朝、ホテルに文句を言ったが、「そんなのよくある話だ」と取り合ってくれない。帰国後、何かの手がかりがあればと、日本兵の名前を調べてみたがよくわからなかった。 

それにしてもなぜ、霊体験もなかった自分のところに出てきたか不明。 

以上です。みなさん、特にこれからの季節、南の島々で浮かれ遊ぶのはつつしみましょう。

640: 名無しさん 2001/07/30(月) 15:06
>>636
おいおい、そのホテルは、よくある話なのかよ…。

646: 名無しさん 2001/07/31(火) 04:43
>>636 
サイパンはそういう話よく聞くよね。

連れてかえって欲しいのか・・・でもどうやったら連れてかえれるのかなぁ。

629: 名無しさん 2001/07/29(日) 20:52
沖縄の座間味島に行った時、おやつの黒砂糖を「くそ暑いのにこんなもん食えるか」と茂みに捨てた。

数時間後、草むらに不穏な動きが。確かめると、黒砂糖に数百匹のオカヤドカリがうごうごと群がっていたのだ。怖いつーより気持ち悪かった。

631: 名無しさん 2001/07/29(日) 21:39
私が中学生時代に体験した、思い出すたびに震える話です。 

その日、私は友人と学校が終わったあと何かの用があり、友人の家のあるマンションまで一緒に付き合って帰りました。 

友人が鞄を置きに上の階の部屋にあがっている間、私は1階の階段下で待っていたのですが、当時まだ無邪気だった私は友人を笑わせようと、いたずらを思いつきました。 

上の階から友人が降りてくる気配がしたので、私は右手の親指と人差指で輪を作り、左手の手のひらを上に、目をうっすら閉じ、口は志村けんの「あぃーん」の様にして、仏像様の格好で足音が降りてくるのを待ちました。 

3階・2階・・1階・・・足音が1階に着くのと同時に、私はその仏像様のまねをしたまま、階段前に立ちふさがりました。 

足音がぴたりと止まり、私が閉じていた目を開いてみると、知らないおばさんが怪訝そうな顔で「なにしてんの、あんた?」 と。

あ゛~~、思い出すたびに銃弾で頭を打ち抜きたくなるぅぅ。
635: 名無しさん 2001/07/30(月) 13:04
高校の時の学校の帰りのことです。

当時付き合っていた彼女と、「ちょっと歩きたいね」ということで、いつも一緒に降りる駅のひとつ手前で下車し、駅前から続く山道を手を取り合って登って行きました。 

山は30分もすれば頂上に着き、そこから見える瀬戸内海の海を見ながら一休みし、いつも降りる駅に続く別の道で下山しました。下山途中、散歩のおばあさんとすれ違った以外、誰ともすれ違ってませんでした。 

30分程で山を降り、彼女を連れて家に帰りました。帰るなり母親が「あなた、財布落としてない?」と言うので、「なんでだよ?」といいながらポケットに手を当てると、確かに財布が無いことに気がつきました。

でも待てよ、さっき山の頂上で缶コーヒーを買った時にはあったぞ? 

母の話では、ついさっきおばあさんがわざわざ持ってきてくれたらしい。なんでも、私の財布の定期の電話番号を見て、電話してから持ってきてくれたらしい。

私は彼女と顔を見合わせて、お互いに不思議な面持ちで話しました。 

「さっき山ですれ違ったおばあさんだろうけど、いつ追い抜かれたんだろうね?」 

確かに山頂の公園には公衆電話もあったが、それにしては時間的に無理なはず。

不可解な出来事でした。

641: 名無しさん 2001/07/30(月) 15:47
10年ほど前の、どこか東北の田舎での事件。
 
汲み取り式便所の、汲み取り口につながる土管の中で男性の凍死体が発見され、警察の見解では「覗きをしようとして組み出し口から侵入したが、中で詰まって身動きできず凍死した」、または「汲み取り式便所から物取り目的で侵入しようとしたが(以下同文」ということだった。 
 
この事件似ついて詳細知っている、方がいらっしゃったら教えて下さい。

642: 名無しさん 2001/07/30(月) 16:36
>>641
ボクは、お母さんがうんこしてる時に生まれました。
 
そのまま土管の中で生きてきました。食べ物はたくさんまわりにあったので、苦労しませんでした。別に辛かったという記憶もありません。だって、生まれた時からそんな環境でしたから。 

けど、怖いものがありました。一番怖いのは、くみ取りのポンプです。小さい時は、訳が分からず周りの食べ物が吸い込まれていったので、非常に怖かったです。 

けど、大きくなってから、凍死するとは思いもしませんでした。

643: 名無しさん 2001/07/30(月) 17:32
>>642 
くだらなすぎ。

※福島女性教員宅便槽内怪死事件:
1989年(平成元)年2月28日の18時ごろ、福島県田村郡都路村(現田村市)の小学校に勤める女性教員のAさん(23)が、住まいとしている小学校に隣接した教員住宅に帰宅し、トイレに入って何気なく中を覗くと靴のようなものが見える。 
 
驚いて外の汲み取り口へ周ると蓋が開いていて、中を覗くと人間の足が見える。Aさんはすぐに教頭先生ほか同僚の教員を呼び、同僚の先生が警察へ通報した。 
 
まず近くの駐在から警官が駆け付け、続いて村の消防団員と三春署員が到着した。署員らは便槽から中の人物を引っ張りだそうとするが狭くて出すことができず、周りを重機で掘り起こし、便槽を壊してどうにか出すことができた。 

便槽の中の人物はすでに死亡していた。遺体は真冬というのに上半身裸で、着ていた上着を胸に抱えて膝を折り、顔をやや左に傾けた形で固まっていた。

遺体が発見された教員住宅のトイレ
(seesaawiki:福島女性教員宅便槽内怪死事件)

651: 名無しさん 2001/07/31(火) 11:56
ふと息苦しい感じで目が覚め、体は今まさに金縛りになろうという感じでした。 

部屋中にキュイーンとした空気が張り詰め、意識はあるが、指先と目ぐらいしか動かない。足元を見ると、赤っぽいエネルギー体のような何かがじっとしている。 

耳鳴りはキーンキーンと鳴り響く。なんとも言えず恐怖感で、いっそ気を失いたくなる。無意識に(南無妙法蓮華経...)独り心の中で普段は信仰しない経を読む。
 
寝苦しい夜。 冷房のタイマーも切れ、蒸し暑い部屋。蚊に刺された足も痒い。そして、今また分けのわからない何か、がオレの安眠を邪魔している。

オレには相手が何者かわからないし、はっきり見えもしない。何がしたいのかわからない。ところが、その得体の知れ無い何かはオレの事が見え、己が何をしているのか知っている。瞬間、俺の中で怒りが爆発した。 

「コノクソヤロー、何でオレに※〒×◎÷△~。」 

次に訪れたのは、なんとも言えぬすがすがしさでした。今の世の中、先に切れたもん勝ちというのも、あながち間違いでもない。 

コレ本当に実話です。一種の自己催眠かもしれないけど。

652: 名無しさん 2001/07/31(火) 12:06
>>651
幽霊もビックリするんだなあ・・・。

655: 名無しさん 2001/07/31(火) 14:29
俺も寝ている最中にいろいろあります。 

夜中にベランダからガヤガヤと、たくさんの人が騒ぐ声がしました。鬱陶しいと思いながら1~2分ぐらい我慢していたんです。

でもあまりにも騒がしいので「やかましいぞ、ゴラァ!!」と起きあがって、窓を数回たたいたところで女房に「何してるの?」と言われ、ふとベランダを見ると何もいません。 

ちなみに戸建ての2階で寝ていました。 

もちろん人が簡単にあがれるような所ではないのですが・・・。

656: 名無しさん 2001/07/31(火) 14:34
>>655 
寝ぼけていたんでしょう。

657: 名無しさん 2001/07/31(火) 14:47
俺の友達の話 。

某観音様(心霊スポット)の所に友達とその彼女が行き一、回りし終えて帰ろうとした時、「おぎゃーおぎゃー」 と言う赤ん坊の鳴き声が聞こえて、速攻で車に乗り逃げ帰ったんだと。

その友達、前の彼女の時に子供を一度降ろしてるのと、降ろした子供を供養してないからちゃんと供養してか、次はちゃんと産んでと言いたいのかな? 

ちなみにその友達、今は子供がいる。何もなきゃいいけど。

658: 名無しさん 2001/07/31(火) 22:59
>>657
こじつけすぎじゃないの?

659: 名無しさん 2001/08/01(水) 01:30
>>657
赤ん坊連れのカップルでもいたんじゃないの?

661: 名無しさん 2001/08/01(水) 14:28
歩道よりの車線で信号待ち。
 
すると、歩道を一人の中年男性が歩いてくる。見た感じは40代、スポーツ刈り。

理由は無いが何となく見てた。ふいにこちらを向き目があった。でもその目は焦点がおかしい。しかも立ち止まり、不自然に体をゆらしながら、何かをぶつぶつしゃべってる。今にも車に乗り込んできそうな勢いだ。

物凄く恐怖を感じ、急いで鍵をかけ前方に顔を背ける。視界の隅にはゆれる中年男性が。やがて信号は青に変わり、急いで車を発進させ事なきを得た。 

単なるオカシイ人だと思うが、恐ろしかった。

662: 名無しさん 2001/08/01(水) 14:43
オレもある。 

信号待ちの時、突然見知らぬオヤジが助手席のドアをガチャガチャ! 必死にガチャガチャ! 血相変えてガチャガチャ!カギ閉めてるんで開きはしないが、恐かった。 

どうも自分を迎えに来た車と勘違いしたらしいんだが、異常に殺気立った顔だったんで本当に恐かった。 

きっと、迎えの車が遅れてたんだろう。

663: 名無しさん 2001/08/01(水) 15:09
>>661>>662 
こわいよ、それ。

オカシイ人間が幽霊よりよっぽど怖い。

674: 名無しさん 2001/08/02(木) 00:56
私も車とおっさんで怖かった事が…。 

友人とドライブを楽しんで(ちなみに女同士)信号待ちしてたら、おっさんが窓をたたいて地名を言ってるので、「ああ、○○は右折です」 と言ってもなおかつ何か言うので、窓を開けようとしたら、「開けちゃだめ!」と友人が叫ぶので、よく聞いたら「○○まで乗せていけ」と言ってる…。

「だめ!」と叫んだら急に怒りだし、「じゃあ通らせねぇ!」と、車の真ん前に仁王立ち。道は狭いし、対向車が来るから避けられないし…。後ろは渋滞…。 

うしろの軽トラのおじさんが「なにやってんだ!」とおっさんに言ってくれなかったら、今でも渋滞してたかも。

667: あなたのうしろに名無しさんが… 2001/08/01(水) 22:46
中島らも氏のエッセイで読んだ話だが、新聞の投書欄に送られてきた、独居老人の手紙。 

「定年で会社を辞めてから随分たつが、ここの所、出先から帰ると居間に自分がいる、ということがよくある。(中略)他にも焼き魚がビチビチと跳ねたり、妻に先立たれて退屈な日々を送っているには違いないが、ユーモアにしてもいささか度を越しているように思う(以下略)」 

中島氏は「本人はユーモラスな体験投書のつもりでいるところが鳥肌」と評していたが、まったくもって同意。ドッペル見ちまったのか、孤独に耐えられずゆっくり狂って行ってるのか…。

668: 名無しさん 2001/08/01(水) 23:23
>>667 
マジコワイって・・・。

669: 名無しさん 2001/08/01(水) 23:54
>>667 
その投書を載せる新聞も新聞だな。

671: 名無しさん 2001/08/02(木) 00:04
ドッペルはいやだね。ある意味一番キツイだろ。 

俺的に見たくない度はドッペル>幽霊だな。

673: 名無しさん 2001/08/02(木) 00:30
芥川だったかな、自殺前に銀座でドッペル見たのは・・。

676: 名無しさん 2001/08/02(木) 01:34
>>673 
芥川はドッペル見て、狂って、睡眠薬飲んで、死んだ。

※ドッペルゲンガー:
自分とそっくりの姿をした分身、同じ人物が同時に複数の場所に姿を現す現象、自分がもうひとりの自分を見る現象。

670: 名無しさん 2001/08/02(木) 00:03
部屋の新聞受けに、見知らぬ男から手紙が入っていた。
 
全国のストーカーは今すぐ死んで欲しい。

675: 名無しさん 2001/08/02(木) 01:30
自転車通学だった高校時代。 

かっ飛ばしてると駐車してる車の中、主に助手席に人がいる。ふと振り返ると中にはだれもいない。そういう時に限ってその人の情報(性別とか大まかな年代)が、「がんっ!」と頭に飛び込んでくる。で、振り返る。 

怖くなかったけど、不思議だったあの当時。 
 
車の中にそんなにたくさんいるんかいね~。

677: 名無しさん 2001/08/02(木) 02:08
はじめて金縛りにあった時の話。 

十年ほど前に、親父と親戚と松尾芭蕉の史跡巡りに、同行することになった。

何箇所目か…確か東北地方の石段のある山寺で、私はタルイのでついて行かず、車の中で寝て待つことになった。うつらうつら、していると、足音が「ざっ、ざっ」としたので、「親父たちが帰ってきたのかな?」と思い目を開けた。

ところが見回すと誰も居ない。そんなことを2、3回繰り返したと思う。流石にオカシイなと思った瞬間、体がピクとも動かなくなった。 

「うそだろ、夢か?」と思いながら、意識は案外ハッキリしている。そして、例の足音が聞こえてきた「ざっ、ざっ…」一人の足音ではなさそうだ。
 
、足音はぐるぐると車の周りを旋回しはじめた。首が一方に曲がったままで痛いし、首の後ろから頭の先が総毛だっていて、とにかく「ヤバイ!」と私は思った。足音は止まない。 

どれくらい経ったか、いつのまにか私は意識を失っていて、親父達が帰ってきて目が醒めた。 

あの時は、ほっとしたな~~。まじで。

679: 名無しさん 2001/08/02(木) 08:55
>>677 
疲れによる幻覚です。または寝ぼけです。

【その12へ】