発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    395: 名無しさん 2001/03/03(土) 11:47
    こんにちわ>>8さんはじめまして。 

    なんでも霊のせいにするのは責任転嫁みたいなことだとは思うのですが、良いにつけ悪いにつけ、人生を左右する出来事というものは、連鎖反応のように起こるように思えます。 

    偶然の重なりであるといえばそれまでですが、自分の事もさることながら、私の親友などは、本人・家族・恋人・諸共、なにかに祟られているのではないか? と思うくらい、一時期不幸のデパート化をしたことがありました(今は、本人はそれを乗り越えて、別人かと思うくらい明るい強靭なママになりました)。 

    ただ、彼女に関しては少し心当たりがあるのです。 

    そういった時期というのは、霊による因果応報タイムなのでしょうか? それとも神様がいるなら、試練の時期なんでしょうか? 
    【【霊能者降臨】あなたの周りで見える人【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    見える人

    ・霊障について

    291: 名無しさん 2001/03/02(金) 09:44
    >>8さんに直接見てもらいたい。お客さんもいるみたいだし、どうしたら会えますか???
    【【霊能者降臨】あなたの周りで見える人【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新しいタイプの垂直離着陸機(VTOL)、「Lilium Jet」。

    フラップ自体に電気ジェットエンジン(通常のジェットエンジンの様に、空気を圧縮して押し出すそう)を埋め込み、角度を変えることにより垂直離着陸モードから水平飛行モードへ。前翼に12機、後翼に24機の電気ジェットエンジンを搭載し、時速300km、航続距離300kmで飛行できるそう。

    飛行に成功したプロトタイプは2人乗り。5人乗りも開発中で、2019年までに有人飛行実験をするそうです。ちなみに操縦はスマホのボタンを押して、ランディングパッド(ヘリポートみたいなやつ)を選択すだけだそう。
      【【動画】世界初のオール電化ジェット機】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    見える人

    ・呪いについて

    221: 腰砕け 2001/03/01(木) 14:33
    おい8!! 

    この俺を見てくださいませんか?
    【【霊能者降臨】あなたの周りで見える人【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    見える人

    ・守護霊について

    160: 名無しさん 2001/02/28(水) 07:15
    小学校の修学旅行の時、6人部屋で寝てたら扉が開いて、背の高い女の人が入ってきた。

    私は先生だと思って急いで目をつむったけど、その人はしばらく黙ったまま扉の所に立ってて、懐中電灯で私たち一人ずつの顔を照らしていって、静かに帰っていった。 

    それから1週間くらいして、皆で修学旅行のことで盛り上がってる時にそれを友達に言ったら、そんな人来なかった。先生が夜中2時過ぎに来てそんな事するわけない、と言われた。

    それでおかしいかもと思ってきた。皆は幽霊って言うんだけど。どう思いますか?
    【【霊能者降臨】あなたの周りで見える人【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    見える人

    ・運転手さん

    92: 名無しさん 2001/02/27(火) 08:00
    最近この手のスレが全部霊視コーナーになっちまう。 

    ********************** 終了 **********************
    【【霊能者降臨】あなたの周りで見える人【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    長距離フライトのためのクルーの休憩室。フラットになって休めるのはいいなぁ。そういや乗務員がトイレに行くの見たことない。クルー専用の化粧室とかもあるのかな?
      【【動画】飛行機にある秘密の部屋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    見える人

    ・霊能者登場

    1: 名無しさん 2001/02/06(火) 02:54
    知人に、霊が見えるとか、体験したとか言う人は何人ぐらいいますか。 

    ちなみに、いとこが昔見えてたと言ってました。 

    友達に一人、体験したと言う人もいました。 
    【【霊能者降臨】あなたの周りで見える人【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    海・少女

    940 : 名無しさん 02/01/09 23:32 
    小学校に上がるちょっと前の事なんだけど、近所の女の子達の間で「Hごっこ」っていうのが流行ったの。 

    何するかってゆうと、誰かの家の車庫とかに仲間で集まって、1人の女の子をみんなで触りまくって、抱きあったりキスしあったりね。 他の子(2〜3人)は男役なのね。勿論、アソコとかいっぱい
    られるんだけど、いっつも触られ役って私だったなぁ…。

    っつか、みんなエロガキだったなぁ
    。おかげで私はエロくなったけど(笑)、なんかいい思い出っていうか、懐かしい感じがするよ。

    あの時、中心だった女の子って元気なのかしらん?
    【【甘酸】小・中学生時代のエッチな想い出【その9(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    海・少女

    852 : 名無しさん 02/01/09 19:24 
    保育園の頃、近所に住んでた男の子(一つ上)と、お医者さんゴッコをしたことある。 

    誰もいない部屋で、二段ベットの下の方にうつぶせに横にさせられ、いきなりパンツを脱がされた。そのまま寝ていたらお尻をなでなでされ、「お尻スベスベできもちいいね」と、その男の子が言った。 

    私も「なんとなく気持ちがいいなー」と思っているところに、うちの母が入ってきて、「男の子にそういうことさせちゃいけません!」と、こっぴどく怒られた。 

    その頃、あれがエロいことだと判らなかったので、母に怒られて「イケナイことだったのか」と思った。
    【【甘酸】小・中学生時代のエッチな想い出【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    瞳孔、虹彩、毛細血管や質感まで細かく再現。ちゃんと上下左右にも動くのね。言われても気付かないレベル。※眼球を失った人が出演しています。苦手な方は閲覧注意。
      【【動画】義眼の作り方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    海・少女


    790 : 名無しさん 02/01/08 19:17 
    小学校高学年の頃、クラスで鬼ごっこがはやった時期があって、捕まえようと女子に手を伸ばして、肩掴もうとしたら胸掴んじゃって 「イタっ」 って言われて。

    「ゴメン、痛かった?」って謝ったら、「…エッチ」 って。 

    そんなに気になる子じゃなかったけど、その瞬間から好きになっちゃったんだよな…。 

    このスレ見てると、昔をいろいろ思い出して懐かしいですね。
    【【甘酸】小・中学生時代のエッチな想い出【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    602 : 名無しさん? 02/01/08 03:07 
    3、4歳の頃からエッチだった俺は、ドラマとかの濡れ場を見るのが大好きだった。 

    で、ある日自分でもしたくなって、いつも一緒に遊んでる幼馴染のコがウチに来た時、頼んで裸になってもらい、ソファの上で寝そべってずっと抱き合ってた。 

    入れるとかいう情報が全く無いから、ひたすら体を擦り合わせるだけ。辛抱タマラなくなっても、果てれない俺だった。 

    そのあと俺の母親に見つかって、激しくあぼーんされた(w。 
    【【甘酸】小・中学生時代のエッチな想い出【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    海・少女

    527 :  名無しさん 02/01/07 04:44 
    小学生の遠足、
    グループごとの記念写真。

    M字開脚で座ってるあたしは、パンツ丸見えだった。

    皆記念写真捨ててくれ〜(涙。
    【【甘酸】小・中学生時代のエッチな想い出【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    捕らわれたXウイング、R2-D2がこっそり乗り込み帝国軍の拠点から脱出に成功。追う帝国軍TIEファイターとの間で繰り広げられる空中戦、ほんとにスターウォーズの映画のワンシーンみたい。
      【【動画】ドローンでSTAR WARSごっこ】の続きを読む

    このページのトップヘ