【その3】
後味悪い


235: 名無しさん 02/03/06 17:26
作者も題名も思い出せない話。 

旦那さんが単身赴任かなにかで、姑・嫁・孫の三人で暮らしている家族。

嫁姑の仲は悪い。特に嫁は、働きもせず色々なウィッグや服で着飾り、趣味に遊ぶ姑を嫌っている。最近その姑が、床に伏せりがちなのも気にくわない。 

ある日嫁が爆発し、孫(自分の子。●子)が遊びに行ってる間に、伏せっている姑の部屋に突撃する。文句を言うものの、寝たふりをして顔も向けない姑に激昂し、花瓶で殴打して殺してしまう。台所で呆然とする嫁。

何時間たったのかふと物音に振り向くと、殺したはずの姑が這いながら、必死の形相で迫ってきていた!


236: 235 02/03/06 17:29
「まだ生きていた!」

驚愕する嫁。そばにあった漬物石を頭に叩きつけ、トドメをさす。息を荒くしながら、棚から取ろうとして手を滑らせた漬物石が頭に当たってしまった、というように見える状況をつくり、警察に電話する。 

さっそく到着する警察。しかしその状況に騙されず、他殺の可能性に気づく。その時、家の中を捜索していた警察官が、「布団の中で子供が死んでいる」と報告してきた。 

実は、最初に嫁が花瓶で殺したのは、自分の娘●子だった。 

●子はお婆ちゃんに「最近私が遊びに行くと、嫁の機嫌が悪くなる。お小遣いをあげるから、私のウィッグをかぶって寝ているフリをしていてちょうだい」と頼まれていたのだ。 

激怒している母親に真相を打ち明けることもできず、布団の中で震えているうちに、花瓶で殴られたというわけだ。 

真相を悟り、自分が殺したのは愛する我が子だと知った嫁は発狂した。

237: 名無しさん 02/03/06 20:04
>>235 
歌野晶午(うたの しょうご)の 「正月十一日、鏡殺し」の中の短編だね。 





183: 名無しさん 02/02/26 11:18
「けんぼうは一年生」 

……後味が悪かったのは確かなんですが、内容がちっとも思い出せません。

184: 名無しさん 02/02/26 11:31
>>183
なんか聞いたことはあるんだけど・・・ランドセルネタでトラックが出てきたような・・・?? 

185: 名無しさん 02/02/26 22:23
けんぼうは確か3歳の時トラックにひかれて亡くなって、本当は1年生になれなかった。 

元気だったらランドセルを背負って学校に通ってるのに… って話じゃなかった? 


207: 名無しさん 02/03/01 08:28
後味の悪い話って範囲が広いよね。例えばこんなのも・・・。 

援助スタッフ、難民キャンプの少女にわいせつ行為 
ttp://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1014784720/ 

援助スタッフ、難民キャンプの少女虐待容疑 BBC報道 

英BBCは26日、西アフリカの難民キャンプで、少女たちが援助団体の現地スタッフらに性的虐待を受けているとして、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が調査団を派遣したと伝えた。食料欲しさに親が娘を差し出すケースもあるという。 

UNHCRと、英国に拠点を置く援助団体「セーブ・ザ・チルドレン」が作成した報告書をBBCが入手したという。報告書はリベリア、シエラレオネ、ギニアの3カ国で昨年10月から11月にかけて難民1500人から聞き取った調査に基づいている。 

UNHCR現地職員ら、支援物資と交換に難民少女らに性的虐待 
ttp://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1014862511/

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は26日、西アフリカのリベリア、ギニア、シエラレオネで、
同事務所や非政府組織(NGO)で働く多数の現地職員が、人道支援物資と引き換えに難民の少女らに性的虐待を行っていたと公表した。 


公表された報告書によると、性的虐待に関わったのは、UNHCRを含む国連機関、国際NGOの現地職員や、現地に駐留する国際平和維持部隊の兵士ら約40組織の70人以上で、大半が男性。 

被害者の多くは難民キャンプなどに住む13~18歳の少女で、年長の女性に性的虐待を受けた少年もいるという。被害者の人数は現段階では不明。 

被害者の話を総合すると、現地職員らは食糧や生活物資などを支給する見返りに少女との性行為などを要求。断れば物資がもらえないため、家族も承知で少女を提供していたという。 

その結果、多くの少女が妊娠し、現地の法律で中絶が禁止されているため、10代で出産した例も多い。中には精神異常に陥った少女もいるという。 

216: 名無しさん 02/03/05 10:43
PART1で「夕暮れにベルが鳴る」という映画の話が出てたけど、似たような題名の「暗闇にベルが鳴る」(オリビア・ハッセー主演)も後味悪い映画。 
    
クリスマス休暇で、数人が残ってるだけの女子学生寮に殺人鬼が忍び込む。

誰かが殺されるたびに電話のベルが鳴る。次に殺されるのは自分?とおびえるヒロインは、ふとしたことから「遊びに来ていた自分のBFが犯人ではないか」と疑いだす。 

偶然が重なり、疑惑が頂点に達したヒロインは近付いて来るBFに怯え、そばにある鈍器でBFの頭を思い切り殴りつける。BFは即死。 

そこに警官たちが到着「あぶないところでしたね~、もう安心ですよ」と言って、BFと被害者の女生徒たちの死体を片付けて行く。恐怖から解放されて、安心してベッドで眠りにつくヒロイン。 
         
しかし真犯人の殺人鬼は、そのあいだ屋根裏部屋に潜んでおり、静かになった階下に降りてくる。 

ラストは、寮の全景を映した画面に電話のベルの音がかぶさって、ヒロインの死を予感させて終わり。 
      
なんの罪もない男の子が、自分のGFに殺されるのもイヤーな感じだったし、犯人の顔が最後まで全く画面に出てこないで、ただハァハァ言ってる声だけなのが不気味でした。 

※夕暮れにベルが鳴るの話は【あと味の悪い話・その1】に。  

217: 名無しさん 02/03/05 10:49
(´Д`)ハァハァ

218: 名無しさん 02/03/05 11:43
正直、大量殺人があったばかりの女子寮のベッドで眠りたくない。そのヒロイン、変。 

つーか。警察も事情聴取があるだろう。連れてってやれよ。 

224: 216 02/03/06 10:55
>>218 
そうですよね、さっさと寮を出て行けばいいのに。 

でもわざわざ危険な方向に進むのが、恐怖映画のヒロインのお約束だから(w 。

※暗闇にベルが鳴る(Black Christmas)予告編。音量注意。
 

231: 名無しさん 02/03/06 12:37
ブライアン・デ・パルマの「ミッドナイトクロス」ってもう出ましたっけ?

232: 名無しさん 02/03/06 13:15
>>231 
解説きぼんぬ。

238: 名無しさん 02/03/06 20:28
>>232 
主人公のトラボルタはB級ホラーの音響マンで、効果音用の録音の中に、大統領候補暗殺の秘密が録られていたのに気付き、その時助けたヒロインとともに事件の真相に迫る。 

ラスト近く、ヒロインに危険がせまるのを、盗聴器で知る主人公。ヒロインが殺されそうになるところで場面暗転。元の仕事に戻った主人公はプロの音響マンとして、最高の悲鳴を録っていた。 

そう彼は、彼女の命より自分の仕事を優先したのだった。 

239: 名無しさん 02/03/06 23:12
>>238 
ヒロインは見殺しにされたって事? 

あ、後味悪・・・。

243: ミッドナイトクロス 02/03/07 12:03
>>238 
それちょっと違うよ。 

主人公は必死で現場に駆けつけて犯人と格闘して倒すのだけど、ヒロインはもう殺されていて、彼に残されたのは彼女の最期の絶叫だけ。で、それを映画に使う。 

彼女の悲鳴を聴きながら編集作業をしてる主人公の姿で終わるラストシーンは、ほろ苦く切なくて良かったと思うんだけど、ネット上の感想などを読むと「後味悪い」という意見が結構あって、感じ方は人それぞれだなぁと思った。 
      
258: 映画ヲタ 02/03/07 22:36
>>243 
オープニングで出来の悪い悲鳴を使って駄目出しされ、ラスト近く、ヒロインが襲われそうになって助けに行くが、犯人を捕まえた後彼女は息絶えていた。 

ラスト、悲鳴を聞いてプロデューサー「いい悲鳴だな」 

主人公落ち込みつつ「ああ、いい悲鳴だ…」 

俺は、主人公がいい悲鳴が欲しくて、ぎりぎりまで助けなかったと思った。

245: 名無しさん 02/03/07 12:08
でも彼女の断末魔を仕事に使うんだから、やっぱり後味は悪いかと・・・。

※ミッドナイトクロス(BLOW OUT) 予告編


220: 名無しさん 02/03/06 02:44
前スレに出てた、井戸水で砒素中毒になった村の話と同じようなのを、今しがたNHKでやってた。

バングラデシュの貧村だったけど、日本人の援助で井戸に浄水機をつける事になったそうです。村人も全員が砒素で死んじゃったわけじゃなかったんだね。 

ちょっと救われた感じ。

221: 名無しさん 02/03/06 06:44
>>220
井戸を掘った後、水質検査はしないんでしょうかね…? 

水が出るだけでも大変なんだろうけど。 

242: 名無しさん 02/03/07 02:59
>>221
最初掘った段階では大丈夫だったんでしょう。 

長年の間に砒素がしみ出して・・・って言ってたから。

※前スレのヒ素の話。
915: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/14 01:00
去年だったかテレビで見た、本物のドキュメンタリー番組。 

インドの奥の貧しい村では近くに良い水源がなく、ヘドロみたいな汚い沼の溜まり水を飲んでいたので、毎年たくさんの幼児が赤痢とかの病気で亡くなっていた。

そこへ日本の援助が行われる事になって、水源まで深い深い井戸が掘られ、村人は清潔な水がいつでも飲めるようになって大喜び。そして10年後・・・。

その村の人々が、原因不明の内臓疾患で次々に亡くなったり、体中にひどいデキモノがたくさんできたりする病人だらけになってしまい、WHOだったかみたいな国連機関が、原因の調査にあたった。 

すると、地下深い水源のあたりの地層は、砒(ヒ)素が多量に含まれている独特の地質でできており、井戸水には長い間にその砒素が少しづつ溶け出してしまって、村人は全員が砒素中毒に侵されてしまっていた。 

そ、そんなぁ・・・。

あと味の悪い話パート2・その7

186: 伊藤家再び 02/02/26 23:33
もう何年前になるだろう、火曜サスペンス劇場。

あれは伊東四朗主演、伊東四朗かい!?って最初は思ったけど、「水色の迷宮」とかだった、いつになくシンプルな題名に何か期待。 

場面は暗い取り調べ室に座る、作業着姿の伊東四朗で始まった。いつになく静かな始まりで益々期待。 

四朗の妻と子が、車ごと崖から転落死した。別の場所で、彼の母親が川で水死体で発見された。足の不自由な母親は、水辺迄引き摺られた様な形跡が・・・容疑は殺人。 事件の真相を四朗が自供する、独白形式で話は進む。 

四朗は仕事一筋じゃないけど、人が良くていかにも騙されやすい男。案の定騙されて、莫大な借金を抱える事となる。働いても働いてもかさむ借金。家も売ったか取られたかしたと思う、狭くて汚いアパートに移る一家。

それでも一生働いても到底返し切れない。家族会議で出た結論は、一家心中だった。 

しかしその時点で、皆は吹っ切れた様に明るくなった。とにかく頑張ろうよってな感じでね。家族の気持ちが一つになった、そんな気が四朗にはした。 

それから四朗は今までと違って、一生懸命働く様になった。家に帰れば、労をねぎらう家族達。笑い声まで起こる一家団欒。四朗はむしろ今の方が幸福にさえ思っていた。でも。 

ある日、仕事を終えて、家に帰ってきた四朗。家には母親しかいない。 

「あれ?皆(妻と子)は?」 
「何言ってるんだい、今日だろ?」 

「?」 
「もう行っちゃったよ・・・あたしも早く連れて行っておくれよ」 

決行日は今日だった。 

187: 伊藤家再び 02/02/26 23:34
四朗はその時思い知った。 

皆、その日までせめて明るく生きようとしてただけだった。自分一人がいつの間にか、このまま何とか逆境を乗り越えられる様な気に、スライドしてしまっていただけなんだと。 

呆然自失の四朗は、母親に促されるままに川辺までおんぶして行く。でも、それでも母親を川へ放り込むなんて、四朗には出来なかった。 

「・・・分かった、あたしが自分で行くよ」 

母親は自ら四朗の背中から降り、四つんばいで足を引き摺りながら「ずる、ずる」、と進んでいく。 

四朗は母親を見ていられなかった。だが止める事も出来なかった。そして残った自分は、最後まで死ぬ事が出来なかった―。 

自分が背負った借金で、家族は巻き添えになっただけなのに、当の本人が現状を把握出来なかった男の一人語り。誰も救われない、誰も幸せにならない、そんなお話でした。 

舞台は、火曜サスペンスらしからぬ回想以外、ほぼ取調室から出ず。終始虚ろな四朗の目が、有無を言わせぬ重苦しい異色作だった。

【その5へ】