救急車


1: 名無しさん 2001/05/29  18:36
こないだの飛行機が乱気流に巻き込まれた事故、飛行機が急降下した瞬間、「もう駄目だ」と思った人がいたそうです。 

そういう死を覚悟した出来事を教えてください。 


4: 名無しさん 2001/05/29 18:46
原付で衝突した時。 

1時間半意識が飛んでて、救急車に乗った事も覚えてない 。でもその間も、ちゃんと救急隊やら医者の質問に返答してたらしい。CTスキャンを受けてる時に我に返った。 

不思議だよ~、事故するまでの事も夢の中のようだった気がする。 

5: 名無しさん 2001/05/29 19:32
子供の頃、知らない男に自転車で連れ去られ、人のいない学校に連れ込まれた時。

7: 名無しさん 2001/05/29 19:36
高速の渋滞の最後尾で、後ろの車のヘッドライトが、減速しないでバックミラーから消えた時。

9: 名無しさん 2001/05/29 19:50
国道の歩道を歩いている時に、タンクローリーが横転して突っ込んできた時。

12: おまえはもう・・・ 2001/05/29 20:14
素っ裸で昼間っからAV見ながらオ○ニーしてるところを母親&妹に見られた時。

14: 名無しさん 2001/05/29 21:01
>>12 
そりゃ死ぬねw。

16: 名無しさん 2001/05/29 21:12
針金をコンセントに突っ込んだ時。 

バーン!という凄い音がして、足まで火傷した。 

その頃はまだ子供だったので、わんわん泣いただけだったが、「右半身じゃなく左半身を電気が通ってたら死んでたかも(心臓があるので)」と、後に言われた。

35: 名無しさん 2001/05/30 03:00
>>16 
俺も消防の時に、クラスメイト数人で手を繋いで、コンセントに針金を突っ込んで、感電する遊び(?)をした事があったけど、火傷はしなかったなあ。

今考えたらとんでもない事やってたよな。 

17: 名無しさん 2001/05/29 22:10
バイク小僧で、粋がってた時の話。 

240kmで車と接触して、200mぐらい道路を転げ回った事かな。 

不思議と落ち着いてた。「あー、終わったなぁ・・・」と思ってた。だけど皮ツナギ着てたから打撲だけで済んだ。メットの方は、中の発砲スチロールみたいなのが見えてたよ。車のばーちゃん、すまん。  

それ以来バイクは止めて車。

22: 名無しさん 2001/05/29 22:35
>>17 
ネタだろ?

240km/hで打撲だけって……ホントならギネスもんじゃない?

73: 17 2001/05/30 21:34
>>22 
ネタじゃないよ。 

なんか、カーッって感じで滑ったんだよ。接触して、そのまま道路へ叩き付けられた訳じゃなくって、接触して、吹っ飛んで道路へ着陸、そのまま転げ回ったって感じかな。

風圧でうまいとこ着陸したようだ。

24: 名無しさん 2001/05/29 22:52
>>17 
お前どんなバイク乗ってたんだ!?
 
73: 17 2001/05/30 21:34
>>24 
ZXR750だよ。こっちの方は廃車になった。 

当時のバイク仲間で、峠を攻めてたらガードレールにチューして、自分は崖下へまっさかまだったが、幸い大雨の後で増水してた為、下流まで流されただけで済んだって人もいた。

914: 名無しさん 2001/08/04(土) 01:49
>>17 
俺は200km/hですっ転んだけど、やっぱり150mは転げまわったと思う。 

ジーパンTシャツスニーカーで、メットはフルフェイス。でもなぜか運良くかすり傷だけ。消防も警察も医者も奇跡だと言ってた。医者からは「生きた伝説にしてやる」と言われた。

でも左手に気持ち悪い「肉芽腫」ができてしまいました。ピッコロみたいになってます。

18: 名無しさん 2001/05/29 22:15
山の中で野糞している時、熊(ツキノワグマ)と目があった。

どうやら相当臭さかったらしく、そのまま鼻を「ゲスッ」と鳴らしてどっかに行ったが、マジで死ぬかと思った。

21: 名無しさん 2001/05/29 22:33
母に「あんたなんか生きてても無意味」と言われた時。

23: 名無しさん 2001/05/29 22:40
>>21 
それなら俺は18年間言われ続けたよ!

25: 名無しさん 2001/05/29 22:55
だれか飛行機乗ってて、落ちる事覚悟した瞬間の人いないかなぁ。>>1の乱気流の時みたいな。 

その時の機内の様子とか知りたい。

※ジェットスター緊急着陸 福岡発関空行き
 

33: あなたのうしろに名無しさんが… 2001/05/30 02:37
飛行機事故を覚悟した事はある。 

隣の母親はやたらパニックだし、俺は俺で「遺書!!遺書だよ、おい!!つうか遺作!?」とか言い出し、いきなりバッグから紙&鉛筆で奇妙なアニメ絵書き出す始末(苦笑)。 

…人間、本気で「死んじゃうかも?」とか思った時には妙に冷静。以上。

27: 名無しさん 2001/05/29 23:13
瀬戸内海でマリンジェットで遊んでた時。 

こけて海に漂ってると、両足から背中まで「何か」が触れていった時。感覚的に2m以上は有ったと思われ。マジ「終わったな・・・」と思った。

28: 名無しさん 2001/05/29 23:16
>>27 
コンブだと思われ。

30: 名無しさん 2001/05/30 02:00
小学生の時、琵琶湖で泳いでいた時。

遊泳区域の一番沖にあるブイにつかまって一休みして、さあ戻ろうと思って泳ぎ出した瞬間、丸太のようなものが体に当たる感触がした直後、湖水に引きずり込まれた。 

もがいて水を飲み、体はパニック状態なのに、頭の中は変に冷静で「あ、俺このまま死ぬんかな?」などと考えていた。 

琵琶湖の中には何かがいるよ。

32: 名無しさん 2001/05/30 02:30
自動車禁止の印の棒に、自転車で思い切りぶつかって吹っ飛んだ時。 

当たった瞬間、「もう、いっか・・・」って思った。

34: 名無しさん 2001/05/30 02:42
バイクで脇見運転してて、前見たら電柱あった時だな。 

ホントに世界がスローモーションになったよ。

35: 名無しさん 2001/05/30 03:00
俺は阪神大震災の時、ちょうど兵庫県にいたんだが、その時住んでいた所が北部地方だった。

かなり大きな揺れだったんで、「ヤバいかも」
とは思ったんだが、余りにも眠かったんでそのまま眠りについた。んで大丈夫だった。
 

朝起きてニュースを見て、呆然とした覚えがある。

※阪神・淡路大震災:
1995年1月17日5時46分52秒に発生。早朝だったので、寝ていてそのまま、という犠牲者も多かった。

79: 名無しさん 2001/05/30 23:58
震災で死を身近に感じた人は多いんじゃないかな。 

おいらが住んでたところも震度5に襲われ、寝ぼけた頭で「ああ、こんな簡単に世界は終わるんや」と思ったよ。冗談抜きで、人類最後の日が来たと思った。 

飛び起きたり、あわてて避難しようとしたりする気はまるでなかった。揺れてる間、そのまま布団の中でぼーっとしてたよ。 

当時住んでたアパートは、木造モルタルの古い建物で、後で神戸に行ってきた父親が「もしお前のアパートが神戸にあったら確実に崩れてる」と言ってた。

38: 名無しさん 2001/05/30 03:28
柔道で絞め落とされた時かな。

44: 名無しさん 2001/05/30 04:24
子供の頃、遊泳禁止のビーチで波に飲まれた時だな。 

日本じゃなかったんだけど、そこは処刑場だったことで有名だった。すっごい波が強くて、一気に飲まれた。あれって上下がわかんなくなるのね。

サーファーがよく同じような状況になるって聞いたけど。

46: 名無しさん 2001/05/30 08:55
介護疲れで居眠り運転してしまった時。 

ハッと眼をあけたら、踏切・・・・。ブレーキを踏むのが0.5秒遅れたら、突っ込んでた。記憶が途切れてから踏切までかなり距離があるのに、どう運転したのか全然わからん・・・・。

意識がない間に人をはねたりしてないだろうかと、しばらく怖かった。

47: 名無しさん 2001/05/30 09:39
俺がリアル消防の頃。

山道を運転していた母親が、ギャーギャー騒ぐのをやめない俺達4人兄弟にマジギレし、「おまえら道連れに死んだるー!!」と叫んで、いきなり崖に向かって猛スピードで突進した時。 

阿鼻叫喚。

48: 名無しさん 2001/05/30 10:46
面接に来た中国人を不採用にしたら、帰りに待ち伏せされた時。

49: 名無しさん 2001/05/30 14:10
アメリカで、喧嘩してる若者の後ろを通った時、一人の男が「殺してやる!!」って叫びながら銃を構えた時。 

銃を持った若者

50: 名無しさん 2001/05/30 15:35
>>49
で、撃ったの?その若者は?

53: 名無しさん 2001/05/30 15:59
◎の他の仲間に取り押さえられてた!

●の男は結構場慣れしていたのか、◎が押さえられてすぐに走り去って行った。

警察官以外で銃持ってるやつ見たの初めてだったから、マジヤバイって思ったけど、体が硬直して動けんかった。

54: 名無しさん 2001/05/30 16:19
昔、新日プロレスの会場で場外乱闘に巻き込まれた。 

アンドレ

55: わはは 2001/05/30 16:22
>>54 
そら死ぬわ。

56: 名無しさん 2001/05/30 16:45
>>54 
マジワラタ!!

60: 名無しさん 2001/05/30 17:39
>>54 
もしかして昭和56年9月23日の田園コロシアム? 俺が初めて行ったプロレス興行だ。 

ハンセンvsアンドレ

62: 名無しさん 2001/05/30 18:08
>>54 と似ているが、全日後楽園ホールで場外乱闘の時。 

ブッチャー

63: 名無しさん 2001/05/30 18:18
そういえば、自分もタイガージェットシンに、サーベルでどつかれそうになった。 

消防の時、親戚に連れられて行ったのだが興味無く、ジャンプ読んでた。 

「ぎゃー」という悲鳴で周りを見ると皆逃げ出していて、目の前にシンが!

71: 名無し 2001/05/30 21:29
腰椎麻酔で手術をした時、意識が遠のいた。

遠くから「先生!血圧が52-××です!!」という声がして、「ああ、このまま死ぬのかなぁ~…」って思った。 

何故か怖くはなかった。

72: 名無しさん 2001/05/30 21:30
台風の日、TVが映らなくなったので、外へ出てアンテナを確認している父をボーっと見てたら、頭に隣の家の屋根(大)が直撃。 

76: 名無しさん 2001/05/30 23:18
ガキの頃、裏の竹藪で鬼ごっこしてたら、折れて倒れてた竹が太モモに刺さった。 

ズボン脱いだら白い肉が出てるのを見て、顔面蒼白、そのまま一輪車に乗せられて病院へ・・・。

77: 名無しさん 2001/05/30 23:44
>>76 
一輪車キコキコこいでる姿を想像してワラタ。

78: 名無しさん 2001/05/30 23:46
>>77 
>>76ってセメントとか運ぶ一輪車のこと言ってんじゃねーのか?

81: 名無しさん 2001/05/31 00:10
最初は20代前半、崖から転落して海に落ちた時。

でも血だらけになりながらも、必死で泳いで助かった。 

2度目は出産の時、大出血を起こして痙攣した時。

遠のく意識の中で、川のゴウゴウと流れる音を確かに聞いた!あれが有名な三途の川? 

後日「助かったのは奇跡だ」と、医者から言われた。

82: 名無しさん 2001/05/31 00:13
>>81
三途の川がゴウゴウって・・・ナイアガラ?

86: 81 2001/05/31 00:52
>>82 
だって聞いたんだもん。

84: 名無しさん 2001/05/31 00:27
>>81
しかし、なんで崖から? 突き落とされたのか?

86: 81 2001/05/31 00:52
>>84 
根っからのチャレンジャー&短気なもので、海水浴に行った時、「この獣道のようなところを突っ切った方が早く着くかも」と実行して、足を滑らせたんです。

私の後を恐る恐るついてきた友人達は、パニックになりながらも、いつかはこんな日が来ると思ったらしいです(w。 

ちなみに、高いところから落ちたのはこれで2度目。

4歳の時、道路を無理に渡って自転車に撥ねられ、気を失った事がある。

85: 名無しさん 2001/05/31 00:41
子供の頃、住んでた団地の倉庫の屋根(3~4m)で遊んでて、座りながら左に手をついて休もうと思ったらそこに屋根はなく、キレイに左回転しながら右脇腹から落ちた時。 

息できなくて本当に死ぬかと思った。 

でもなぜか冷静に「俺はジャッキーチェンかよ!」と倉庫にキレてた。

72: 名無しさん 2001/05/30 21:30
小学校低学年の頃、坂の上から自転車で駆け下りのが楽しかった。

繰り返していたら車と直撃、救急車。


88: 名無しさん 2001/05/31 01:13
消防の頃、正月に学校の校庭で凧上げをしてた。 

隣では、町内会のおっさんたちが野球をしてた。おっさんがフライを打ち上げた。自分は真上を向いてた。凧あげてたからね。 

気付いたら、着てるものすべて鼻血で真っ赤の状態で、町内会のおっさんに担がれて帰宅中だった。

89: 名無しさん 2001/05/31 01:17
こういう体験した時「何かに守られてる」って感覚なかった? 

俺も何度か死にかけてるんだが(事情により内容についてまでは書けないけど…)、その度に、絶妙なタイミングでかわしてるんだよね。 

「背中の人」に感謝です…。

91: 名無しさん 2001/05/31 01:20
>>90
結果、生きているからそう思うだけじゃない? 

死んじゃった人も同じようなスローモション状態じゃない? 

最期の最期で「あっ、しまった…」ってだけで。



94: 名無しさん 2001/05/31 02:06
中学生、病死寸前まで行った時。 

遠くでする子どもの遊び声が心地良くて(公園近かったから)、とても安らかで幸せな気分だった。本当に幸せな一瞬だった。 

無理矢理蘇生させられて、20年近くたった今でも残念でしょうがないし、蘇生して以来あんまりハッピーじゃないし。 

飛行機事故はまた違うんだろうけど、病死は良いよー(死んでないけど)。

95: 名無しさん 2001/05/31 02:27
>>94
ネタか? 

そうじゃなかったら、そんな悲しいこと言うなよ~

96: 名無しさん 2001/05/31 02:28
山で遭難した時。 

登山道をロストしたと気付いて、落ち着くため握り飯を食べようとしたが、緊張のあまり喉を通らず吐き出しそうになった。 

ブレアウィッチプロジェクトを見て思い出したんだが、遭難した人間は、あんなふうにはパニックにはならないと思う。

逆に心身ともに研ぎ澄まされ、普段では考えられないほど思考は回転し、身体は動く。いわゆる火事場の馬鹿力を体験できる。 

そして、無事本来の登山道を見つけて安堵で脱力した時、なぜか脊椎に激痛が走り、しばらく動けなくなった。この時、腰が抜けるという言葉の意味が分かった気がした。

 

97: 名無しさん 2001/05/31 03:19
>>96 
うーむ、重みのある文章ですなあ。

98: 名無しさん 2001/05/31 04:01
>>96 
うん、すごいリアル。 

私の場合、死を覚悟まではいかないが、>>96 さんに重ねてみると、大会で落ち着くために次に当たる選手の試合を見学していたら、その選手が、相手を上段廻し1発で完全KOしたのを見てしまった。 

その相手が白目ムイてピクピクしているのを見たら、喉が狭くなったように苦しくなって、息が苦しくなってきた。 

試合中というのは、興奮なのかアドレナリンの所為なのか、何度ボディに突きをくらっても痛みを感じないし、身体も動く。 

ところが「止め!」の声がかかった途端、肋骨の激痛で、息も出来ず倒れこんで悶絶してしまった(結局、肋軟骨ひび)。
 
人間というのは不思議なものです。

569: 名無しさん 2001/06/27 09:36
>>98 
それすっげー分かるよ。 

俺はボクシングしてるんだけど、腹殴られても頭殴られても、不思議と痛みを感じない。ゴングが鳴った瞬間、頭痛と腹痛が襲ってくるよ。 

実はそっちの方が怖かったりする

105: 名無しさん 2001/05/31 08:13
友達夫婦は阪神自動車道でクラッシュして、ぶっとばされ何回転かして、車の前も後ろも大破したそうだ。 

ところが乗っていた二人は命に別状なし。怪我一つしてないので、見に来た警官に呆れられたらしい。 

当時、奥さんは妊娠中(ちなみに無事に生まれた)。妊婦の時は二人分の運があるから、とか言ってたが、事故車の写真をみせもらうと、確かに運以外のなんでもないって感じです。

106: 名無しさん 2001/05/31 08:39
>>105 
車の車種を教えてほしい。車買う時の参考にするから(w。

107: 名無しさん 2001/05/31 08:48
>>106 
死ぬ時は何に乗っていても死にます(w。

108: 名無しさん 2001/05/31 09:02
逆に、なんでこんなことで死ぬんだ?フツー死なねーだろ?

って事故もあるんだろうなあ。