【その9】
救急車


817: 名無しさん 2001/07/26(木) 03:39
仕事で、横浜のパチンコ屋の装置を撤去していた時。

弱電屋
(電話線やネット回線・テレビの配線等、電気以外の配線屋)が工事終わってると聞いたので、バラシにかかろうと島(パチンコ台の列)によじ登り、ステンの化粧板に手をかけたとことろ、「バンっ!!」という衝撃を受けて、2メートルくらい後方に飛んだ。

実は漏電していたらしい。あわててテスターで調べたが、100Vしか出てない。同僚には「オーバーリアクションだよ」と笑われたが、実際、計った電圧以上の電気が流れたのは間違いなく、一瞬頭が真っ白になった。

(ちなみに100V程度でも、条件が重なると死に至ることもあります。私も撤去作業で汗かいて、血圧も上がってましたから・・・) 

なんつーか、びっくり映像特集でヘビと対面して後ろにすっ飛んだネコというか、バックトゥザフューチャーで、マイケルJフォックスが巨大なスピーカーの衝撃で吹き飛ばされる場面があったが、正にそんな感じでした。 

前レスにあった電線工事の話からするとかなりスケールダウンしますが、腐っても電気、侮れません。

※前レスの電線工事の話
707: 元電気工事屋 2001/07/13 13:56
電柱に登っていて落ちそうになり、慌てて握ったのが、剥き出しの電線だった。

なぜか素手で作業してた。電気が通ると、筋肉が硬直するのね(手が電線からはなれん)。 

「地上とかで感電したら、すぐ逃げろ!!」と、教えられました。触ると自分も感電するらしい。 

靴なら大丈夫なのかな??

820: 名無しさん 2001/07/26(木) 14:01
>>817 
え?100Vでも死ぬ時あるの?こわ~。

俺も深谷の某工場で、通信機の調子が悪いので手に取った瞬間、刺すような痛みと同時に手がはじかれた。工場の工務がテスターで調べたら、200Vも漏電してやんの。

ふざけんな! 

825: 名無しさん 2001/07/26(木) 16:22
>>820 
食塩水をかぶると、100Vでも死ねるらしいです。 

そういや俺もバイト先の電子レンジを拭いてる時、たまにビリッてくることがあるけど、アレも漏電なんだろうか・・・今まで静電気が飛んだだけかと思っていたが・・・。 

829: 名無しさん 2001/07/26(木) 17:10
>>825 
コンビニの電子レンジってコンセント抜けないの?

832: 825 2001/07/26(木) 22:53
>>829 
コンビニじゃなくて食堂っす。

コンセントはいつも差しっぱなしです。ホントにただの静電気かもしれないですし。

830: 名無しさん侍 2001/07/26(木) 19:57
>>825さんも書いてましたが、皆さん御存知の通りナトリウム水溶液は電気抵抗少ないので、汗かいた体で電気に触れるのはとても素敵です。 

業界の怪談みたいな話でいけば(有名な話ですが)、夏のある日、パチンコ屋の天井裏で1人でメンテを行っていた業者の人が、やはり100Vの漏電によって死亡、数ヶ月誰にも発見されずにいた、ということです。 

夏場の天井裏は熱の逃げ場がなくなり、猛烈に暑くなります。汗かきます。加えて閉所で動きにくい場所での作業は、疲労もかなりです。 

そういった諸条件が重なった時に感電すると、逝っちゃうこともあるのです。 

それでは、ご機嫌麗しゅう~

856: 名無しさん 2001/07/30(月) 03:01
諸条件重なると、40V前後でも死ねるよ。通称死にボルト(42V)。

ネタではない。

824: 名無しさん 2001/07/26(木) 15:00
産業ロボットに頭を挟まれた時。 

ミシミシというか、メキメキというかイヤな音がして、ここでスイカのように頭割って死ぬのか、と思った。マジでやばかったが運良く抜け出し、速攻病院行ったが、意外にも異状なし。 

後日チェックしてみたら、メキメキいってたのはロボットのほうだった。 

ステンのカバーがへこんでた。

833: 名無しさん 2001/07/26(木) 23:23
>>824
オチを見て、おじさんホッとしたよ~。

826: 名無しさん 2001/07/26(木) 17:01
小さい頃、近所の大きいプールに行って流れるプールで泳いでいた時。 

1人で黙々と泳いでいたんですよ。潜水とかしたりして。 で、ふっと息継ぎをしようとしたら、真上にゴムボートが・・・。 

反射的に「ボート→流れる方向に流れる→じゃあ私→流れに逆らえ!」という図式が浮かび上がりました。 

そしてホントにパニクる頭で流れに逆らって泳いだんですが、上にボートがあるし、平泳ぎしか出来なくて まったく進まず、頭の上のボートは進まず、息が出来なくて死ぬわーと思いました。 

結局、最後の力を振り絞ってそのままもう一度潜水して、ようやく浮き上がれたんですけどね。 

それ以来、流れるプールは苦手です。

828: 名無しさん 2001/07/26(木) 17:06
1. 
捨てられていたファミコンのカセット分解して、基盤に直接交流流す実験して感電した。 

2. 
夜山道(車が通れる舗装道路)歩いてる時に、車が来たので避けようと一歩道路から外に出たら、地面がなかった。

831: 名無しさん 2001/07/26(木) 21:38
昔、山陽電鉄を利用してた時のこと。 

電車が本荘駅(当時。いまは播磨町駅)近くの踏切に差し掛かった時、運転士が狂ったように警笛を鳴らし始め、運転台の近くに立っていた乗客が後ろに向かって走り出した。 

「あ~、いまここで死ぬんだなぁ。最期って突然来るんだなぁ」と覚悟した。結構冷静だった(と自分では思う)。 

やがて「ドン ドン ドン」と衝撃が伝わってきた。電車から降りると、軽自動車がグチャグチャに潰れていた。でも、無事だった。

この軽自動車、バックで踏切に進入して脱輪したんだとさ…。

836: 名無しさん 2001/07/28(土) 15:56
DC150VのNi-MH(ニッケル水素)蓄電池をDC/ACコンバーターに接続していて、ラインの終端をねじ止めするために使用していた。 

バナジウム鋼製モンキーレンチを滑らせてショートさせた時、ショートした部分が欠け、欠けた部分は線香花火のように溶融して、火花を散らしながら跳ね回っていました。

耐電手袋をしていて助かりましたが、これも表面が一部解けていました(電池の仕様書にはショートさせると500A程流れるとありました) 。

横着して手袋をしていなかったら...。

848: 名無しさん 2001/07/29(日) 21:04
>>836 
それって、電気自動車とかハイブリッド車の電池ですか?

850: 836 2001/07/29(日) 21:23
>>848
はい、トヨタの...。

低圧用ゴム手袋直流750V以下F・ハイブリット車用
低圧用ゴム手袋直流750V以下F・ハイブリット車用

839: 名無しさん 2001/07/29(日) 14:08
取り込んだ布団にスズメバチがついてて、気が付いたら私の左肩に乗ってた。 

あの時はホントに死を覚悟しました。

842: 名無しさん 2001/07/29(日) 15:23
>>839さんので思い出した。 

中2の日曜日、うたたねしてたらベランダからハチが入り、こともあろうに左胸に止まる。 

追い払おうとして刺されてもやだな、家族を呼ぼうにも大声もやばそう。俺はじっとしている。ハチは居心地がいいのか、止まったまま。 

30分ほどして(動けないのは辛い)、針で心臓の真上ををチカチカ、チカチカとつつく。「アレルギーで心臓マヒってあるよな」と、生きた心地しない。

5分ほど我慢したがたまらず起き上がると、ラッキーにもハチは飛び去った。 

チカチカの痕は半年も痛痒かった。

845: 名無しさん 2001/07/29(日) 19:59
>>842 
それはきっと産卵していたのです。
 
今頃あなたの心臓はハチの幼虫でいっぱいです。

847: 842 2001/07/29(日) 20:53
>>845 
なんか不整脈が......。
 
やめー!

855: 名無しさん 2001/07/30(月) 03:00
>>842 
蜂に刺されるのは、一度目よりも二度目の方が死ぬ危険があるらしいです。 

俗にいうアナフィラキシーショックというやつですね!

843: 名無しさん 2001/07/29(日) 15:30
小学生の頃、友達と浅い川で遊んでいた時。 

その子がふざけて私の体を水中に押し込んだ。同じようにやり返してやろうとしたら、水中の私の体の上にゴムボートを乗せて、その上に乗っかってきて、更にゴムボートごしに押さえつけてきた。息苦しくて、本当に死ぬかと思った。 

っていうか、なんか私の知らんところで恨みをかって殺されるのかと思った。

853: 名無しさん 2001/07/30(月) 02:50
寝ながら小さいカップの一口ゼリーを食べていたら、のどに詰まって数秒間息ができなかった。

怖かった。

859: 名無しさん 2001/07/30(月) 22:10
>>853 
うんうん、俺もあるよ。 

寝ながらじゃないけど、「ツルン、ツルン」と吸いこんでいたら、勢い余って喉の奥へ・・・ってね!

857: 名無しさん 2001/07/30(月) 21:28
海へ泳ぎに行って酷い目にあった。 

一人で泳いでいたら、イキナリ5人の若い男が飛びかかってきて、俺の頭や身体を押さえつけ、水中へ沈めた。 

もがいても5対1では何ともならず、「俺が何したってんだ?」「死にたくない!」とパニック状態。 
偶然ひとりの股間に手が触れたので、渾身の力で握ってやった。隙ができたので逃れる事ができた。
 
咳き込んでいる俺をみて、野郎どもは「ヤベェ違うよ」などと言って立ち去った。どうやら人違いだったらしい。それにしてもどういうつもりなんだ!? 

周りには人が何人かいたのに誰も助けてくれなかった。そっちのほうがもっと怖かった。

860: 名無しさん 2001/07/31(火) 00:07
>>857 
数年前、外車乗ったおっさんに突然拉致られそうになり、押し問答。
 
「誰か助けて!」って叫んでるのに、誰も助けてくれませんでした。あからさまに顔面グーで殴られたりしているのに。人だかり出来てるのに。

なんとか自力で逃げて警察にかけこみ、聞き込み調査とか同行したんだけど、その時の人だかりの誰一人、そいつの車のナンバーさえ見ていてくれなかったよ。

866: 名無しさん 2001/07/31(火) 09:58
>>857 
友達から似たような話を聞いたことがあります。 

小田急線の「箱根そば」(ほぼ全駅にある立ち食いソバね)で、部活の後輩がソバを食べているのを見つけたので、後ろから「かんちょー」したんだって。 

かんちょーされた人は「ぐはっ」ってソバを噴出して、こちらを振り向いた。 

...ありがちだけど、人違いだったそうだ。

867: 名無しさん 2001/07/31(火) 10:24
>>866 
ワラタ。

864: 名無しさん 2001/07/31(火) 09:25
小学生の頃は米ソ冷戦が盛んで、「ボクはカクセンソウで死んじゃうんだ・・・」と思い、毎晩フトンの中で怯えて泣いてた。 

でも核戦争が始まれば「タモリ」や「和田アキコ」も死ぬのかと思うとなぜかホッとして、小学生ながら死ぬ覚悟ができました。 

・・・もう21世紀ですね

868: 名無しさん 2001/07/31(火) 11:41
消防の頃、友達が鼻の穴の中にケシゴムの欠片みたいのを入れて、飛ばして遊んでいたので、俺もやったら調子こんで奥に入れて出せなくなってしまい、くしゃみしようと思ったが出ず、もうこのまま呼吸困難で死ぬかと思った。

その後、ちゃんと耳鼻科で取ってもらった。

869: 名無しさん 2001/07/31(火) 13:31
津久井の峠を走ってたらバイクにハイビームで延々煽られ続けた挙げ句、市街地で前に回り込まれて、無理やり止められた時は本気で刺されると思った。 

全くの誤解なんだが、後をつけ回していたと勘違いされていたらしい。 

警察署が近くに合ったので、バックで急発進して乗り付けたが、そこの警官がまともに話を聞いてくれないので、適当な罪状で逮捕されそうでまた怖かった。 

俺も荒事と無縁のモヤシだし、車も派手に見えるが10年落ちの安物中古車なので、珍走屋扱いするのは勘弁してくれ(苦笑)。

870: 名無しさん 2001/07/31(火) 15:48
去年、彼女と海でおぼれかけた。俺は泳げるけど、彼女は泳げない。 

50Mくらい沖で、なぜか潮の関係で砂が隆起してて足がつく。安心していて、浮き輪が風で岸の方へ流される。 彼女が取りに行くと急に深くなってる。「助けて」と聞こえ、振り向くと溺れてる。

何ふざけてんだと無視しようとしたが、どうもマジっぽい。俺も行ったら急に深くなって、足が着かない。今思えば、来た方に帰っていればよかったんっだけど、その時思いつかずに岸に向かった。風も有って思うように前に進まない。 

俺1人なら助かるが、2人は無理と思った瞬間、ぞっとした。 

彼女は必死でもがいている。俺も半泣き。そこで閃く。俺は空気を吸い、水中で彼女の足場になり彼女を休ませる。そして彼女を岸の方へ出来るだけ押す。少し進んでまた足場になる・・・。

だけど実際やってみるときつく、どんどん息が上がって採算(?)が取れなくなってくる。このまま2人死ぬなら俺だけでも助かろうか真剣に考えながら、半泣きで何とか岸にたどり着いた。諦めなくて良かったあと思った。 

思い出すと怖くなる。数10m先は楽しそうな人がたくさんいるのに、俺らだけ死にそうなんて・・・。

874: 名無しさん 2001/07/31(火) 16:43
消防の時、プールで友達を肩車してたら足払いされた。その友達早く離れりゃいいのに、足は俺の首まわりのままだった。そのまま数十秒水中でもがく。
 
走馬灯を見たよ。

875: 名無しさん 2001/07/31(火) 21:00
子供の頃、風呂で息止めに挑戦した時の出来事。 

なにげなく潜って息を止めていると、普段とは違う何かに気付く。「あれ?全然息苦しくないや」 ・・・そう、俗に言うノーパニック症候群だったらしい。 

しばらくその状態で潜っていると、頭がぼーっとして気持ち良くなってくる。 

「・・・なんかぼーっとしてきた。このままいくとヤバイかな」 とナイス判断?で召される前に顔を上げたが、あのまま潜っていたらお風呂で溺死・・・。 

※ノーパニック症候群:
血液が酸素不足なのに、息苦しさを感じることなく意識を失ってしまう状態。

876: 名無しさん 2001/08/01(水) 02:54
修学旅行で、窓つたいに部屋移動してたら、落ちてしまった。 

落ちてる時間がやたら長かった。全身アザだらけになったが、骨は折れなかった。

877: 名無しさん 2001/08/01(水) 04:54
みそ汁の具が、ニラと玉子のとじたやつだった。

一本切れてないニラがあったんだけど、気付かなくて普通に飲み込んだら、飲み込みきれずに半分が口、半分が食道に残る形でひっかかった。 

呼吸できなくて咳き込んでも出なくて、子供心に死を感じたんだけど、察知した母親が口に手をつっこんでニラを引き抜いた。すんごい長かった。

母親は涙流しながら大笑いしていました。 

877: 名無しさん 2001/08/01(水) 04:54
母親と喧嘩してすごい荒れた時、物にあたりまくって、ケーキ投げたり素麺の束を折ったり(手では折れないのでテーブルの角で折る)した。 

ふとハサミを手にしたものの、切るものなど電話線くらいしか無く、台所をウロウロしていると電子レンジのコードが。 

何も考えずにチョキンといったら、「バン!」という轟音と火花と同時に真っ暗に。ブレーカー戻してからハサミを見ると、コード切ったと思われる部分が欠けて、周囲が黒くなってる・・・。 

取っ手がプラスチックだったおかげで無事だったようだけど、そのハサミの隣には取っ手も金属製のごっついハサミがあったので、もし金属の方を手に取ってたらと思うとゾッとします。

881: 名無しさん 2001/08/02(木) 01:20
ダイエット目的でボクシングジム通い出し、半年が過ぎたとこで初めてスパーやる。 

相手は結構強い人で、もちろん無茶苦茶手加減してくれた。でもこっちが思いきり振りまわしてフック打ったら、軽く合わせただけの相手のパンチが、まともにカウンターになってしまった。で、ダウン。 

数日偏頭痛続いて、軽く脳内出血してるのでは?と心配した。 

以来スパーは遠慮。

882: 名無しさん 2001/08/02(木) 10:33
小2の頃、巨大なセントバーナードに追いかけられた。 

奴は、何だか緑色っぽいヨダレを垂らしていた。そしてとても嬉しそうな表情に見えた。結局、奴が通れない隙間(塀と物置の間)に逃げ込んで難を逃れたが、あの時は死ぬほど恐怖を感じた。

犬が嫌いになった。  

875: 名無しさん 2001/07/31(火) 21:00
車で子供を引きそうになった。 

自動車学校の教習中に、家が密集してる路地を走っていた時、突然左から、三輪車にまたがった子供が勢いよく飛び出してきて・・・。 

ちょうどそこが30km/h制限で、ちゃんと30km/hで走ってたからブレーキが間に合ったけど、もし、制限速度を守らない車が通ってたらと思うと・・・。

ちなみに、この時助手席の教官はというと、なんと靴を脱いであぐらかいてました。で、子供が飛び出してきた瞬間教官はビクッ!!としてました。 

「おいおい、本来はアンタも補助ブレーキ踏んでなきゃ駄目なんじゃないのか? 」と思った教習でした。

882: 名無しさん 2001/08/02(木) 10:33
今年の正月に、テレビを見ながら何気なくハイチュウを口に放りこんだ。 

ハイチュウを噛みながらそのままボンヤリとテレビを見ていたら、口の中で「ごり」という感触。反射的に吐き出した。そしてよく見ると、俺の歯がハイチュウにくっついている。 

死ぬ、と言う程ではないが、かなりショックを受けた。

887: 名無しさん 2001/08/02(木) 14:17
>>882 
ハイチュウで歯が取れるのはお約束。 

俺もそうだったよ。

888: 名無しさん 2001/08/02(木) 14:28
>>887 
俺はハイチュウもあるけど、ソーセージの金属のところ歯で引きちぎろうとしたら、歯がすっとんでったことがあったよ。

883: 名無しさん 2001/08/02(木) 11:28
ハンバーガーと一緒に差し歯を飲み込んだ時、差し歯の先がいつ胃袋を突き破るかを考えるだけで、夜も眠れませんでした。

884: 名無しさん 2001/08/02(木) 13:51
バイクに乗っていたら、前のトラックの荷台から灯油が降り注いで来て、モロにまみれた。
 
ちょっとパニックになって、慌ててエンジンを切っているうちにトラックには逃げられてしまった。とりあえず無事だったけど、その時はかなり引きつったよ。 

引火したりする事ってあるのかな?

885: 名無しさん 2001/08/02(木) 14:07
ボートでのバス釣りを終えて辺りも暗くなってきてる中、船のエンジンでかっ飛ばして帰る途中、50cmくらいのボラの大群に遭遇し、奴等は前後左右やたらめったら飛び跳ねるのでかなり怖かった。 

自分は顔の10cm脇をかすめただけだが、同船の友人は後頭部を直撃されてた。

886: 名無しさん 2001/08/02(木) 14:10
舗装されていない峠道を、友人の運転する車で下っていた。
 
俺は「エンジンブレーキ使ったほうがいいよ」と友人に忠告したが無視され、その1分後くらいにズルっと後輪が横にスライド。標識をなぎ倒し、谷に転落(ガードレールなんかない)。「あ・・・俺、ここで死ぬ」と思った。 

幸い車は木にひっかかって、道路から10メートル下で止まりました。無傷。 

死を覚悟したのは後にも先にもこの時だけだね。ごめんよ、ありきたりで・・・。

889: 名無しさん 2001/08/02(木) 14:33
>>886 
その後友人と絶交した?

890: 886 2001/08/02(木) 15:39
>>889 
んにゃ、事故ったの北海道で、俺東京在住。それ以後そいつと連絡取ってないし、取れない(絶交と言えば絶交だ)。それに、車事故って修理代やらレッカー車代とか大変だったのはそいつだしね。 

もう10年以上前の出来事だし、若気の至りって感じ。

891: 名無しさん 2001/08/02(木) 17:21
友人所有の1BOXで小旅行。交代で運転していた。 

そして仲間内で、「瞬間湯沸し器」の異名を持つFが運転していた時。 

運転者を除く俺達三人は、後席を向かい合わせにしてカップラーメン食っていた。いきなりFがブレーキを踏んだので、三人のカップ麺の中身が進行方向に飛んだ。運悪く、進行方向と逆向きに座っていた俺に全てかかった。もう、熱いの何のって。死ぬほどビックリした。 

Fの野郎は、「煽ってくる馬鹿がいたから警告ブレーキ踏んだ」と涼しい顔。またかよ、F(呆れと諦めの溜息)。怒らなければ、良い奴なんだがなぁ。

893: 名無しさん 2001/08/03(金) 02:17
あれは私が小学校5年の時。 

のん気に自転車をこいでいると、ガクランを着た高校生風の男の人に呼び止められる。 

男「友達の家に行きたいんだけど道に迷っちゃたんだ。教えてもらえませんか?」 
私「あ、はい」(チャリを止め降りる) 

男「ちょっとこっち来て」(腕をつかみ草むらに連れてかれる) 
私「え?え?」 

男「ちょっとしゃがんでよ」 
私「なんでですか、イヤです」(半泣き) 

逃げようとすると、草むらに停めてあった車のボンネットに押さえつけられる。男はパニックで悲鳴をあげる私の首を軽く絞め、「騒ぐと殺すぞ!!」と。 

その時、頭に浮かんだのは「ああ、きっと私は殺されて明日の新聞に載っちゃうんだ・・」 「どうしよう、こんな死に方したらお母さんとお父さんが泣いちゃう・・」 という事。

周りにアパートとかもあったのに、昼間で留守なのか、どんなに叫んでも誰も出てこない。 

結局、夢中で暴れて逃げ出し、全速力で家まで帰りましたが、家に着いて父親の顔を見た瞬間、ほっとして号泣。父がその草むらまで男を捜しに行きましたが、もう逃げた後でした。 

それから暫らくは、ヤツが自分を殺しに来るんじゃないかと怯え続けましたね。 

なんの疑いもなく男についていってしまった私も馬鹿でしたが、子供だったせいか、変だってことに気づかなかったんですね。

まさかガクラン着た高校生(?)がそんな事するとは思わなかったし・・・。

904: 名無しさん 2001/08/03(金) 04:10
>>893 
私も小学生の頃、近所に住んでる同じ小学生(年上)に、似たような事をされました・・・。 

面識はあったんで、「ちょっと・・・」って言われてついて行った(もちろん、連れて行かれたのはお約束の草むら)ら、「騒ぐと殺す」なんて言われて、怖くて泣いたらヤツは逃げました。 それから毎日、帰り道は怯えてたなぁ・・・。

ヤツが引っ越しをしていなくなったから良かったものの、実は誰にもこの話は出来ず、ここで初告白でした。 

今でも身近な人間には言えないなぁ・・・。

895: 名無しさん 2001/08/03(金) 02:41
>>893 
女性(ですよね?)って危険がいっぱいですね。 全くこんな変態どもは駆逐されるべきだ。 

自分は男ですけど変態どものおかげか、女性の後ろを歩いていると、女性がダッシュで逃げて行ったって事がよくあります。襲う気なんて毛頭ないのに・・・。

鼻炎で鼻詰まっていて、口でハーハーと呼吸しているのがマズいのかな?

896: 名無しさん 2001/08/03(金) 02:44
>>895 
つら!

899: 名無しさん 2001/08/03(金) 02:49
>>896 
う!鋭い指摘だ。 

一応仲間内では「ちょっと落ちぶれた古田(ヤクルトの)」で通ってるんですけど、身長が190近くあるんで、夕方や夜に後ろ歩かれたら、女性からすれば恐怖かも知れん。

901: 名無しさん 2001/08/03(金) 03:04
>>899 
いや、「顔面」って意味で「つら」って言ったんじゃなくて、「つらい」って意味で「つら」........。

897: 名無しさん 2001/08/03(金) 02:47
友人とバイクでツーリング中の出来事。 

カーブを減速せずに抜けようとして、途中でブレーキを当ててしまいドリフト開始。立て直しもきかずに横転。そのままず~っと滑ってから、停止しているトラックの下へ潜り込みました。 

死んだと思った。

898: 名無しさん 2001/08/03(金) 02:48
西表島のジャングルを探検中、完全に道に迷った。
 
それでも大きな島ではないし、端まで出て海を見ながら遠回りすればいずれ港か道かに出るだろうと甘くみていたら、どっぷり日が暮れてマジで足下すら見えない闇になってしまった。 

無理に歩いて、転落でもして足を怪我したら取り返しがつかなくなるから、腹を決めてその場で野宿、毒蛇やらムカデやら蛭なんかに脅えながら朝を待った事がある。周りで物音がするたびに死ぬんじゃないかと思った。
 
あの夜はとてつもなく長かったです。

905: 名無しさん 2001/08/03(金) 04:44
なんでもない事なんだけど、水って簡単に人死ぬんだなーと思った出来事。 

合宿で海水浴に行った時、みんなが浮き輪で沖のテトラポットまで行ってしまい、浜に残された女の子3人くらいで、そこを目指して泳いで行った。ところが、波のせいかいくら泳いでもちっとも進まず、手足が重くなってくる。

足はもうとっくにつかない。テトラポットには遥かに遠く、皆がはしゃいでいる姿が見える。「あそこに辿り着くまで体力持つのか?! 」と自分に語りかけるも、ふと、諦めて戻るにも体力が要る事に気がついた。 

「今、ここで戻らないと、浜にもたどり着けなくなる!! 」

その恐怖の思考が閃いたとたん、「ここで水をかく手をちょっとでも休めたら、私簡単に死ぬんだ…」 と、妙に悟った。 

必死に浜まで辿り着くと、もう1人の子も私と同じ体験をしたらしく、青い顔をしていた。結局辿り着けたのは、Gカップ巨乳のN子ちゃんのみ。やっぱり巨乳は浮くんですね。 

自分が死ぬという事を肌で感じたのは、あの時が初めてだった。 

海なんて、あんなに死者が少ない事の方が不思議なんですね。 

みんな、海をなめちゃいかんぞー!!

907: 名無しさん 2001/08/03(金) 05:00
>>905 
>結局辿り着けたのはGカップ巨乳のN子ちゃんのみ。やっぱり巨乳は浮くんですね。 
じ、Gカップぅぅぅぅ~!? 一度触らせて、いやいやお目にかかりたいものです。ホント見るだけ。 

私の周りはスレンダーな子ばっかり。貧乳ってワケじゃないし人それぞれだから、別にいいんだけど。 でも、たまにはガツンとした刺激が欲しいっす。

908: 905 2001/08/03(金) 05:19
>>907 
やっぱツッコミ入るのはそこか(w。 

でもその子、ハラも出てたよ。乳はデカいのに垂れてなくて美乳なのだが。暗闇の中セッ○スしてたら、ハラを愛撫されたって泣いてた(w。死のうかと思ったってサ。 

あ、これも死を覚悟した瞬間か!?

906: 名無しさん 2001/08/03(金) 04:57
2000年1月10日、死ぬ寸前でした。 

助手席に乗ってたのですが(雨だった)、いきなり車がスリップしたのです。どうすることもできず、コンクリートウォールへまっしぐら。クラッシュしたのです、がタイヤが足元までめり込み、もし左足出してたら・・と思うとゾっとします。

右足は挟まったのですが、靴だけだったので無傷で生還!浅草で買ったお守りが効いたようです。 

一瞬でしたが、「死」の恐怖を味わいました。        

910: 名無しさん 2001/08/03(金) 12:55
夜中にふと起きると金縛りになってて、何回も金縛りになってるもんで「まーほっときゃ治るだろう」と思いきや、いつもなら30秒ぐらい(感覚だから正確じゃないけど)で治るはずが全然治らん。

んでなぜかだんだん息苦しくなってきて、呼吸ができなくなってきて「あーもう駄目だ」と思ったら隣で寝てた妹が寝返りうって妹の手が俺の顔面を直撃、そのショックでなんとか金縛りがとけて息ができるようになった。 

あの時はマジ死ぬかと思った。

911: 名無しさん 2001/08/03(金) 14:00
>>910 
妹さん命の恩人ですね。

915: 名無しさん 2001/08/04(土) 03:07
小さい頃、川で溺れた。 

浅い川でも真ん中の方に行くと、急に深くて流れが早くて、温度も低いんだよね。まだ小さいからそんな知識なくて、川の真ん中の方に歩いて行ったら、あっという間にすごいスピードで流された。

潜る形で流されてたんだけど、目を開けながら溺れてたので何かにつかまることが出来て、這い上がったら橋の下付近にゴミがたくさん溜まってたゴミの山だった。 

回りを見ると橋の上に人がいたので、ゴミ山にしがみつきながら「すみませ~ん、助けてくださ~い」と何度も大声で叫んだんだけど、なぜか気づいてもらえず、自力でゴミ山に登り、ゴミの上を歩いて川から脱出できたのです。 

ちなみにその川は、年に何人かは溺れ死んでる子がいたそうです。 

親に内緒で川に遊びに行ったのが悪かったと、後で反省しました。

918: 名無しさん 2001/08/05(日) 16:07
フィラデルフィアのダウンタウンで、路地裏で立ちションしてたら、突然こめかみにピストルをつきつけられた。 

尻ポッケにいれといた見せ金30$ぐらい盗られたのと、オレの可愛いポークビッツを見られただけで済んでよかった。

919: 名無しさん 2001/08/09(木) 00:00
もう5年位前の新婚旅行の時の話。

成田でNW
(ノースウエスト航空。現在デルタ航空と統合)に乗り、左翼後方の席に座り外を眺めていた。で、いよいよ滑走を開始して前輪が浮き始めた瞬間、エンジンから煙りの様な者が・・・・。 

すると、突然かなり大きな破裂音と共に、見事にエンジンカバーがすっ飛んでいて、飛行機は急減速。滑走路の端ぎりぎりの部分で、どうにか停止した。 

停止後かなり長い間何もアナウンスは無かったが、エンジンからはオイル&燃料みたいなのが垂れて続けていて、「もし引火したら助からないなぁ~」なんて、漠然と考えていた。 

結局機外に出られたのは2時間後、さらに飛行機が出発したのは、当初予定より5時間以上後だった。この後、トランジットのNWも故障して、結局予定地に着いたのは当初予定より12時間も後だったよ。 

あ、因みについこの前離婚した。

やはりさい先悪かったのかねぇ~w。

920: 名無しさん 2001/08/09(木) 00:49
>>919
まじ?

921: 919 2001/08/09(木) 00:59
>>920 
マジだよ。空港2時間ちょっと閉鎖になって、テレビのニュースでもやっていたよ。

戻された後、ターミナルでテレビのニュース見て時間潰してた。

922: 名無しさん 2001/08/09(木) 05:02
>>919 
なんかお詫びの品なんてもらえたん?

923: 919 2001/08/09(木) 10:29
>>922 
何ももらえなかったよ。待っている間もサンドイッチと飲み物が出ただけ。マジでNWだけは2度と乗らん。 

機内から撮った写真も有ったのだが、離婚のゴタゴタで何処かにいってしまったよ。

851: 名無しさん 2001/07/30(月) 00:08
死ぬかと思った瞬間…。
 
生まれてはじめて化粧して、鏡を見た時。

854: 名無しさん 2001/07/30(月) 02:53
>>851 
それは死のうかと思った時では....(汗。

ジャンク 死と惨劇 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2017-08-25


【その1へ戻る】
引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/991128994/