【その2】
救急車


150: 名無しさん 2001/08/13(月) 18:31
高速道路で渋滞の最後尾にいた時、俺は前のトラックと少し車間距離をあけて止まっていた。

後続車(ランクル)が来るのをルームミラーで確認したが、何故か減速する様子は無い。そのうちドライバーの顔が確認できるほど近づいてきた。その顔は引きつっていた。

「追突されるぞ!耐ショック姿勢!」

俺は助手席の妻に向かってそう叫び、自分も衝撃に備えた。後ろからブレーキ音! 

その時、奇蹟が起こった。ランクルは左側の擁壁に激突すると、その反動で右側に弾き飛ばされ、俺の前方に止まっていたトラックに追突したのだ。

中破したランクルからは、ラジエター液らしきものが流れ出ていたが、ドライバーは無事だったようだ。俺は知らん顔して右側に車を寄せると、再び渋滞の最後尾に向けて走り出した。

後はどうなったか知らない。


151: 名無しさん 2001/08/13(月) 18:44
>>150 
>「追突されるぞ!耐ショック姿勢!」 


本当に言ったのか?でもワラタよ。 

152: 名無しさん 2001/08/13(月) 19:54
>>150 
宇宙戦艦ヤマトの波動砲発射準備シーンを思いだした(w 。

「耐ショック、耐閃光、防御!」

153: 150 2001/08/14(火) 08:57
>「追突されるぞ!耐ショック姿勢!」 
そのあと、思い返して自分でも笑ったよ。

人間、とっさの時には訳のわからん事を口走るもんだと実感した。

154: 名無しさん 2001/08/14(火) 09:49
>>150 
いや、あんたかっこいいよ!

※宇宙戦艦ヤマト、波動砲発射シークエンス。
 

166: 名無しさん 2001/08/17(金) 08:52
中学の頃、歯の治療で麻酔無しで歯を削られたあげくに、神経丸だし(息をするだけで痛い)の状態で、神経を殺すために火であぶった薬品?を歯神経に直に押しつけられた・・・。

ベッドから垂直5cmは体がはね上がって、油汗ダラダラ。

数年後、その歯医者は潰れてました・・・当たり前だ。

167: 名無しさん 2001/08/17(金) 10:00
>>166 
垂直5cm…なんかリアル。

169: 名無しさん 2001/08/17(金) 12:02
おととしの年末、死ぬ直前まで悪化した腹膜炎を患った。

二回ほど手術して何とか命を取りとめ、体調も回復してきた。他の入院患者とも仲良くなり、それなりに楽しい病院生活が続いていた。

ある日、やたらと頭と喉が痛くなり、下痢が止まらなくなった。医者は風邪ですとか言って薬をくれたんだが、一向に治る気配はない。しだいに体調も悪化していく。

心臓が線をひいたような感覚がしたかと思うと、激痛。俺は倒れてしまった。しかも、鍵を閉めてあるトイレの中。誰も気付かない。死の恐怖を感じながら、俺は意識を失った。

気が付くと病室のベッドの上。2~3人の医者と、看護婦に囲まれていた。

風邪なんかではなく、MRSAだと知らされるのは、退院直前のことだった。

172: 名無しさん 2001/08/17(金) 19:14
>>169
MRSAってなんですか?

176: 名無しさん 2001/08/17(金) 22:45
>>172 
お前の辞書に「検索」の文字は無いのか・・・。 

MRSA(methicillin-resistant Staphylococcusaureus)とは、メチシリンで代表されるペニシリン・セフェム系などのβ-ラクタム薬のほとんどに耐性を示す黄色ブドウ球菌です。 

「黄色ブドウ球菌はグラム陽性球菌の一種で、化膿性炎(皮膚化膿疾患、中耳炎、結膜炎、肺炎)、腸炎(食中毒含む)など創傷感染、呼吸器感染、消化器感染の原因菌です。 

まー健康な人間にとっちゃどーでもいい菌なんだが、長期入院者や年寄りなど、体力と免疫の低下してるものにはちょっと恐ろしいもんだな。院内感染とかな。

うちのばーちゃんは最悪な病院で院内感染、でこの菌が検出されてるからと転院もしぶられて、結局いろんな合併症で死んだ。

173: 名無しさん 2001/08/17(金) 19:45
アパートの4階に住んでた頃、部屋の鍵どっかに落として入れなかった。

自分の部屋を1階から眺めたら、ベランダ側じゃない窓のカーテンがなびいてた(角部屋だった)

窓が開いてる!そう思ってそっから入ろうと、雨どい(雨水が流れる筒みたいなの)を登って3階くらいまで登ったら、それがいきなりバキっと折れて宙ぶらりんになった。

大騒ぎしてたら誰かが気付いてくれて事なきを得たが、警察官にこっぴどく叱られたよ。

174: 名無しさん 2001/08/17(金) 19:50
>>173 
マンガみたいだな。

179: 名無しさん 2001/08/21(火) 00:28
いつもなら絶対やらないんだが・・・。

酔ってて、天然スケートリンク状態の、冬の札幌の道路を斜め横断。案の定、思い切りコケたところに車が・・・ 目の前で止まったから(あと、後続車が無かったから)良かったものの。

ヘッドライトが近づいてくるスローモーションの間、「死ぬかも」って何故かカギカッコ付で思ってたよ(笑)。

180: 名無しさん 2001/08/21(火) 04:02
自分のHPで本の簡単な批評をやっていた時、右翼の方から応援メールが来た。

反論がびっちり書いてあるのに「一度お話したい」と書いてあった。

181: 名無しさん 2001/08/21(火) 05:09
>>180 
会ったら殺られてたね!

185: 名無しさん 2001/08/24(金) 06:00
お前は自衛隊レンジャーか?!ってマッチョにせまられた。

186: 名無しさん 2001/08/24(金) 06:03
>>185 
ごめん、ちょっと意味がわからないです…。

189: 名無しさん 2001/08/25(土) 04:11
片側2車線道路をふさぐように走ってたトラック集団をなんとか抜いた時、全車とも急に加速してきて煽る煽る。

まるで王蟲の暴走状態・・・。

190: 名無しさん 2001/08/25(土) 04:17
>>189
そういう時は、逆に(追い越しできないシチュエーションで)スピード落としてやるのが一番の嫌がらせになる。俺はいつもこの方法を取っています。

191: 名無しさん 2001/08/25(土) 06:26
親父が酒で暴れてたあの頃は、ずっと死を覚悟してた。

っつーか、俺が刺したらどうしよう、と思ってた・・・。

192: 名無しさん 2001/08/25(土) 06:32
>>191 
で、その後どうなったの?

196: 名無しさん 2001/08/25(土) 06:58
奥尻沖地震の際、電気が消え、部屋が激震で揺れてる時。 

「ありゃ、こんなもんで俺の人生終わりか? 」と思ったね。

197: 名無しさん 01/08/26 15:51
>>196
それは怖い。

※北海道南西沖地震(奥尻島地震):
1993年7月12日午後10時17分1、北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生。マグニチュードは7.8、推定震度6。震源に近い奥尻島を中心に、火災や津波で大きな被害を出し、死者202人、行方不明者28人を出し、さらにロシアでも行方不明者3人。(wiki:北海道南西沖地震)

199: 名無しさん 01/08/26 16:46
小学校高学年の時。

私は電子工作や機械いじりが好きな子供だったのですが、ある時、何を思ったのか「感電ってどんなものなんだろう?」と体験してみたくなりました。

そこでコンセントに金属を突っ込もうと、適当な金属棒を探したんですが丁度良いものが無く、どうしたものかと考えていたら目の前にハンダが・・・。

これだ!とハンダを適当な長さに切り、コンセントに入れてみました。その瞬間、ものすごい閃光爆音と共に、手に持っていたハンダが無くなっていました・・・。

真似しちゃダメ。

200: 名無しさん 01/08/29 03:26 ID:316uUTyk
>>199 
シャーペンの芯を突っ込んで遊んでて、死にかけたことあるよ。

206: 名無しさん 01/08/29 08:48 ID:8UiqvVyk
4階建てのマンションの屋上から、落下傘部隊のように傘でダイブ!!

打撲で済んだけど、今考えるとゾ~!!!

208: 名無しさん 01/08/31 18:47 ID:hkl8hY.c
>>206 
行為自体はこの上なくバカ。

だがオレはあんたを尊敬する。

209: 名無しさん 01/08/31 18:50 ID:gWC6krEo
>>206 
やってみたくなった事は何度もあるけどさ~。 

あんたが勇者だって事は確かだ!!

210: 名無しさん 01/08/31 19:24 ID:bejiNJfw
>>206 
傘がこわれなかったかどうかが心配だ。

214: 名無しさん 01/08/31 22:58 ID:X68tzYMA
>>206 
傘でダイブイイ!メアリー・ポピンズみたいだね。

 

224: 206 01/09/01 14:13 ID:55Tg05CY
マンションの屋上からダイブした者です。

友達がモモンガを飼い始めた頃で、モモンガが飛べる=人間も飛べるという図式が出来上がってしまった。小学校1年生の頭はスバラシイ!

213: 名無しさん 01/08/31 22:49 ID:yJOjrCSA
>>206 
傘でダイブしてるヤツを見たことがあるけど、>>206 だったりして・・・。 

俺はというと、「忍者ハットリくん」のムササビの術を真似し、ゴミ袋(昔の黒くてでっかいヤツ)の四隅を手足でつかみ、2階の窓からレッツゴー! 

庭に手首から着地して、鎖骨が強烈に痛かった。

211: 名無しさん 01/08/31 22:15 ID:2vBttckQ
小学校2年の時、自宅の庭の柵をとびこそうとした。

つま先が柵にぶつかりバランスを崩し、柵の上に落下。尖った柵が首スレスレを通過し、Tシャツを貫通。見事に首吊り状態になりました。

家が傾斜地に建っていて、道路から柵までの高さが2mほどあるんです。

道路にいた友人達のところににダイブしようとして、窒息死寸前になりました。

212: 名無しさん 01/08/31 22:23 ID:O.1sppGY
>>211 
わしも壁を飛び越えようとおもいっきりジャンプしたら、着地した所に犬がいた。

ガブッチョ!

216: 名無しさん 01/09/01 01:52 ID:FCLG8kjg
今年の正月、ハマチ狙いで船釣りに。

ただでさえ船酔いしやすいのに、大時化。船が出た瞬間から船酔いが始まり、ポイントに着いたとたんに吐いた。その時、酔い止めも吐いたらしく、もう地獄。

胃液すら吐き切って、いよいよダメだと、そのまんま寝転んだ。

薄れ行く意識の中、船頭の大ゲロを見で覚悟を決めた。

220: 名無しさん 01/09/01 02:54 ID:jf9J8G7Q
小学生の時、鬼ごっこで起きた事件。

近所の2階建てアパートは、正面は階段があって、裏側はハシゴしかない。

そのアパートの周りで鬼ごっこやっていて、鬼役の子が追ってきた時、自分ともう一人の子があわてて逃げて、一緒にハシゴに登ってアパートの2階に上がろうとした。

急いで上がろうとしたら、前にいたもう一人の子の足が顔にあたって、そのまま頭から転落していった。下はコンクリートで、直撃したら無事じゃすまない状況。

落ちる時に、なぜか腕を横に広げてたおかげで、アパートと田んぼの境にある柵に肩があたり、田んぼの方に落ちていった。

ケガはなかったんだけど、落ちてからしばらく足の震えが止まらなくて、立ち上がることができなかった。

222: 名無しさん 01/09/01 14:07 ID:6Som2VVM
バイクで事故った。

車との接触事故だったけど、体が宙に浮いた時、滞空時間がえらく長く感じた。

223: 名無しさん 01/09/01 14:10 ID:OTXqxtLM
キャバクラで、ねーちゃんの乳を揉んでる時に火事に遭い、逃げ場を失った。

225: 名無しさん 01/09/01 14:30 ID:g.MoFpNw
歌舞伎町でマージャンゲームやってたら・・・(以下自粛)

※歌舞伎町ビル火災:
2001年9月1日、新宿区歌舞伎町のゲーム麻雀店やセクシーパブなどが入る雑居ビルで火災が発生し、44名が死亡した。(wiki:歌舞伎町ビル火災)

226: 名無しさん 01/09/01 14:54 ID:p4AJpxoU
中2の時、体育祭の応援ダンスの練習中に、脳天から地面に直撃、家に帰った途端に物凄い鼻血が・・・。

ドロドロの塊が鼻から口から溢れて来た時、ホントに死ぬかもって思った。 

227: 名無しさん 01/09/01 15:19 ID:OUb.N5b2
昔、珍走団のバイクと事故を起こした。

オイラが車でバイクは赤無視、バイクは2人乗りで転倒した。バイクの奴等がピクピクしてたので、「親元連れていって車を弁償させたる」と思いながら近づいたら、日産のシーマが停まった。

ゾロゾロと柄の悪い兄ちゃん達が降りて来て、囲まれた。どうやらバイクの奴等とつるんで走っていたみたい。

5人に囲まれ、「おぉっ!?兄ちゃんどうしてくれんねん?」と言いがかりをつけられ、胸ぐらを掴まれ、5人に振り回されながら逃げ場を探していたら、近くにタバコ屋があるのが目に入った。

奴等に「けが人がおるんやで救急車呼ばな!?」と無理矢理脱出、タバコ屋に入り警察と救急車に電話をした。しかしタバコ屋のババァの反応には耳を疑った。

「あたしゃ巻き添いはゴメンだからね!!」と言い放ち、シャッターをガラガラガラ・・・。

又々オイラと珍走団の兄ちゃん達だけ、しかし警察が来るという事もあり、彼等は速攻で退散してオイラは一命を取り留めた。その後、警察救急車が来て事故処理を済ませた。

警察は「あんたラッキーだったね、暴走族に襲われて入院している事件が、今月だけで3件もあるんだよ」と。

それを聞いた時は、自分のダッシュ力があったのが幸いと思ったけど、タバコ屋のババァだけは今でも許せない。

228: 名無しさん 01/09/01 15:52 ID:Krm2AJnU
夏の日の事。

某地方都市の駅前のローソンで、am12:30頃夜勤の飯を買ってたら、中東系の危なそうなやつらが3人入ってきた。夏なのにコート着てんの。

いきなりレジで俺の後ろに並んだ時は怖かった。なんか小声で相談してて、コートの中をさばくってる気配。

刺されるか撃たれると思うと、気が遠くなりました。

229: 名無しさん 01/09/01 17:32 ID:P/WkTiHM
山頂で車をUターンさせていた時。

助手席の友人に、「後ろ、何もないー?」と確認を頼んだところ、「なんにもないよー」との返事。ガーッと車をバックさせたら、ホントになんにもなかった。

道も、山肌も、ガードレールも。車ごと落ちて、3回転半して止まりました。死んだと思った。落ちる瞬間、友人が「ごめん~~~」と言ったのが耳に残っている。

シートベルトをはずした瞬間、下(屋根側)に落ちたのはお約束。無傷だった。

レスキューの人は、大破した車を見て「こりゃ、死んでるな」と思ったって言っていた。

232: 名無し 01/09/03 17:32 ID:sLX/fkBw
>「ごめん~~~」 
って、えらいのんびりしてるな。

234: 名無しさん 01/09/06 20:37
牛乳2リットルくらいがぶ飲みして、その後2日間くらい水のような便しか出なかった時は、もうだめだと思った。そのあとだんだん治ったけど。

238: 名無しさん 01/09/09 00:38
>>234 
同じく、ゲリで死にぞこなったことがある。

243: 名無しさん 01/09/09 01:28
>>234.238 
自分も下痢で死にかけた。泣きながら下痢したあの日、忘れない。

しかも原因不明だから焦った。そのおかげでやせることができたから、結果オーライだけど。もう水道でしたよ、肛門が。

239: 名無しさん 01/09/09 00:54
阪神大震災で、地震で目が覚めたら、シャンデリアが落ちてくるところだった。

ガラス細工のひとつひとつまで、鮮明にスローで見えた。

あんなところで目を覚ますんじゃなかったよ。

240: 名無しさん 01/09/09 00:57
>>239 
無事だったんですか?

241: 名無しさん 01/09/09 01:00
>>239 
映画にできそう。

242: 名無しさん 01/09/09 01:05
電気ストーブをつけっぱなしで寝たら、布団が燃えてた。

一酸化炭素が出なかったのか、寝る姿勢だったので吸わなかったのか助かったが、あと5分起きるのが遅かったら死んでたと思う。

実際にはやけどもしなかったので、守護霊さんが助けてくれたんだと思う。ありがとう。

245: 名無しさん 01/09/09 01:56
一ヶ月前の生理痛。

不順で半年くらい来てなかったのですっごく重くて、吐き気脂汗腹痛。吐いて吐いて吐きまくって死んだ。生理通でも人は死ぬんだと、腹痛でのた打ち回りながら考えた。

「死ぬんだ」と「おお牧場は緑」が交互に頭の中をぐるぐるしてた。

今月は軽いからしあわせ。ウイスパーマンセー。

248: 名無しさん 01/09/09 02:14
>>245 
生理痛て想像できん。よっぽどなんだろうな・・・。 

247: 名無しさん 01/09/09 02:13
>>245 
女の子ってやっぱ大変なんですね。男の俺にはわかってあげられないです。

いってみれば金タマけられたような痛みが続くとか・・・違うか。それはそれで阿鼻叫喚。

248: 名無しさん 01/09/09 02:14
俺、幼稚園の時迷子になって、その時はもうマジに覚悟したね。「あぁここで俺は死ぬんだ・・・」って。

お母さんと会えた時はもう嬉しくて、一生お母さんを大事にしようと誓った。

249: 名無しさん 01/09/09 02:45
俺は梅干が好きだ。

あの日も学校から帰ってきて、ベットで横になりマターリしていた。そしてマンガを読みながら梅干をパクパク食べていたら、何かの拍子に口で息を吸ってしまい、梅干が喉に詰まった。

経験者ならわかると思うが、気道が詰まり全く息ができない。丁度息を吐いたところだったので、なおさら苦しい。パニックになりかけたが、必死に自分を落ち着かせる。苦しくて苦しくて目の前が真っ暗になり、涙があふれた。

その時、俺は死ぬのかなと思った・・・。

「正月に餅を詰まらせて死亡」、なんてのを笑っていたが、今度は自分が新聞に載るのだろうか・・・ 「高校生、梅干を詰まらせて死亡」、翌日の新聞記事タイトルが浮かんだ・・・。

いやだ!いやだ!こんな死に方はいやだ!急に生きる気力が沸いてきた。

なるべく気道が拡がるような体勢で呼吸を試みる。「え”~え”~え”~」涙・鼻水・よだれでべちゃべちゃだが、生きるためだ、もう関係ない。「え”~え”~え”~」ほんの少しずつだが息が吸える。 

結局格闘したのは5分程度だろうが、感覚的にはすごく長い時間だった。

これは誰も知らない俺の奇跡の生還ストーリーだ。

251: 名無しさん 01/09/09 02:47
>>249 
読んでたこっちが苦しくなってきちまったじゃね~か!

252: 名無しさん 01/09/09 02:52
>>249 
感動した!ありがとう!

254: 名無しさん 01/09/09 03:07
私じゃなくて友達の話。 

2階の教室を掃除している時、クラスの女の子が1Fと2Fの間の、幅80センチくらいの屋根に50円を落としてしまい、友達に「取って」と依頼した。彼は窓からヒラリと飛んだのだが、屋根をとびこえて地面に落下。

幸い片足を骨折しただけで済んだのだが、落下するまでの時間がえらく長く感じたのと、今までの人生を走馬灯のように浮かび、死を覚悟したらしい。

結局50円は他のヤツが拾った。

255: 名無しさん 01/09/09 03:48
あれは中学生の夏休みに、父親に連れられ、伊豆の無人島にキャンプしていた時だ。

俺は中学生ながら素潜り経験は長く、泳ぎは達者のつもりだった。その日も一人で岩場に出かけ、サザエでも捕ろうと考えていた。

しばらく深い地点で探し、疲れてきたので浅いほうに移動した。丁度大きな岩の間を通過した時、すさまじい潮の流れで体を持っていかれた。

今まで経験した事が無い程の複雑な潮流で、何もできずなすがままになった。時々何かに手が触れるが、沢山の海草類で手が滑り、どうにもならない。

だんだん深く運ばれ、上下の感覚が無くなってきた。もう息が続かない・・・ここは無人島誰も助けてくれない 。キラキラした海面がはるか彼方に見える 。

まだ死にたくない・・・お父さんに迷惑がかかる・・・。

その時、手に岩の感触があった。必死に岩場につかまり上を目指す・・・浮上する途中で、あまりに苦しかったため海水を飲んだ。岩場で激しく咳き込んだのち、生きているのを実感した。夏の日差しが、何もなかったように輝いてたのを思い出す。

みんなも気を付けてくれ、泳ぎの経験は関係ない。海をなめた時、死が寄ってくる。

最後に生死を分けるのは、運と生きる気力だ。どんな時も最後まで、生きる希望を忘れないでくれ。



256: 名無しさん 01/09/09 04:54
一人暮らしの彼女のマンションに泊まっていた。

近くに住んでる彼女の父親が朝方突然やって来て、慌てながらも服と玄関の靴を手に持ったまま、風呂場に隠れていた。

どういう訳か一番に風呂場を開けられて、二人見つめ合いながら固まっていた時、死んだと思った…。

257: 名無しさん 01/09/09 05:42
特別何もしていないのに、突然鼻血がだらだら出始めた。

急に気持ち悪くなってトイレで吐くと、何も食べていないのになぜかタピオカの様なツブツブが出てきた。

262: 名無しさん 01/09/09 13:47
高校の修学旅行で、長野のスキー場に行った時、猛吹雪で満足に滑る事も出来ず、150人位でひたすら雪中行軍のごとく並んで歩き続けた。

むき出しになってる頬や口元に氷は張り付くし、スキーウェアの下で流れる汗はすぐに冷えてただただ寒いし、すぐ前を歩いているはずの同級生の背中がぼやけて見えなくなって来た時は、八甲田山の事を思い出して本気で死ぬと思った。

結局、2時間以上(本当は1時間で帰って来る予定だった)歩き続けて何とか帰って来れたんだけど、ホテルが見えて来た時の安堵感は、一生忘れられそうにない。

ちなみにこの時の気温は、ホテルの記録でマイナス15度、自分達が行って来たスキー場の中腹辺りの気温は、更に低かったと思われ。

旅行明けの登校日は疲労と風邪で欠席者続出。もうスキー行きたくない‥。

【その4へ】