【その6】
黒い手


347: 名無しさん 02/06/27 15:22
皆凄いことになってんなぁ・・・。そんなみんな(虐待を受けてもがんばって生きている皆さん)に、私は言葉を贈ります。 

「YOU CAN BE HAPPY!(あなたは幸せになることができる!!) 」

ちなみにそんな私は姉にですが、小さいころ変な事された記憶があります。

幼稚園の頃プールでいきなり突き落とされ、上に乗られ、水飲んで半泣きなるまでやられたことあります。その時に「殺すきかっ」と言った覚えありますが、姉は何にも言わずに遊びに行きました。 

5歳の頃、おじいちゃんの部屋が遊び場だった子供の私達は、ふわふわのベットではしゃいでました。すると姉は私のパンツを脱がせ、お医者さんごっことぬかし、私のあそこをいじりました。一通り遊んだ後、今度は私と言っていじらせました。 

お母さんの本棚から、H行為をするときの仕方のような本を持ってきて、嫌がる私に「これなにしてるかわかる?」など、エロいことをしました。 

そんな姉は2ch常習者です。


349: 名無しさん 02/06/27 22:27
親がっていうか、私も母も姉も覚えていないけど、弟に私達がしたこと(らしい)。 

珍走団だった弟が、15歳で手がつけられなかった時、 父親もちょっと家庭放棄ぎみの頃。

弟が深夜まで騒いで、明け方寝入った頃にふと目がさめると、母親が枕元で正座して、弟の寝顔覗きながら、電気コードを握っていたらしい。姉は隣に同じく正座して、枕を構えていたらしい。 

私はその場にいなかったけど、「ちい姉たすけてくれ!」って思っていたら。私が部屋に入ってきて、「シンナーの後で寝てる時にしてあげよう」と言ったらしい。

と、弟は言っている。私はそんなこと言ったかも知れないけど、よく憶えていない。

たしかに。母が「ゆうちゃん、殺してあげたほうがいいのかな」って相談するのは当時よくあった。どうやって殺すか、世間話のように相談していたのは確か。 

弟は、「それで絶対シンナーは止めた、本当に殺されると思ったから」と言っていたので結果オーライ。 

私は、その枕元でってのは覚えていないので、弟の夢だと思っている。弟は、「今でも夢に見るくらい怖い」と言っている。

350: 名無しさん 02/06/28 06:27
>>349
それは、シンナーやってラリってた弟の妄想。

つか、有機溶剤ってのは有機物を溶かすんだよ。特に神経細胞なんか覿面
(てきめん)に。 

いま一見して更生したように見えていても、歳くってから痴呆やアルツハイマー様の障害が発現したりして、周りの家族が生き地獄になるぞ。 

シンナーなんかやってた奴は、悪い事は言わん、とっとと殺しとけ。 

352: 名無しさん 02/06/28 11:39
昨日、大阪の小学校大量殺人事件の犯人・宅間某の公判があった。

この宅間のオヤジは、事件後頻繁ににワイドショーのインタビューに応じていて、まるで他人事のように息子を罵っていた。

宅間は少年時代に向学心旺盛で、私立中学を受けたかったが、このオヤジが「お前はどうせだめだ」と言って、受けさせてもらえなかったとか。 

こういう親、よくいるね。子供にキチンと環境を与えてやる意思も能力も無く、ただ子供を卑しめ、貶し、侮辱する。そして殴る、蹴る。そうされて育った子供は、本来の能力は発揮できるわけもない。

で、子供がろくな者にならなければ、親は勝ち誇ったように、「それ見ろ!やはりおまえは駄目だったじゃないか!」 と言うだけ。

楽なもんだね、親っていうのは。子供が不幸になるのが楽しいんだろうか。 


何を考えて子供を産むんだろう。いや、何にも考えてやしないね。ただ、できちゃったからしょうがなく育ててるだけ。死なない程度に食わせて。

俺の親もそうだった。 


もちろん、宅間の犯行を肯定してるんじゃないよ。

しかしこの犯罪は、かなりの部分あのバカおやじに起因しているに違いない。 


※宅間守:
2001年6月に大阪府大阪教育大学附属池田小学校で小学生無差別殺傷事件を起こし、小学生8人を殺害した。裁判で死刑が確定し、2004年に刑が執行された。

宅間の父親は、家族全員に対して激しい暴力をふるっており、宅間自身も父親から厳しく接せられていた(尚、父親自身も放任されて育っていた様子である)。宅間は暴力をふるう父親を憎悪し、寝ている間に包丁で刺殺してやろうと思ったこともあると述懐している。

宅間が非行に走るようになると親子関係はさらに悪化し、取っ組み合いをして父親が宅間を何度も石で殴打する出来事もあった。事件後、父親は宅間のことを「物事が上手くいかないとすべて人のせいにする人間」と評している。

宅間の母親は、家事、育児が苦手であり、家事のほとんどは父親が担当し、一種のネグレクト状態であったと指摘される。宅間を身ごもった時、父親に「これはあかん」「おろしたい」と語っていた。また、母乳をあげることも嫌がっていた。

宅間が中学を受験する際には、「お前なんか産まれてこなければよかった」と罵詈雑言を浴びせられたと、事件後に宅間のマンションから押収されたノートに書かれていた。

宅間は両親に対して、喧嘩をした際に、「ヤクザを使ってお前らの生活滅茶苦茶にしてやる」「死ぬまで苦しめてやる」と語っていた。(wiki:附属池田小事件)

353: 名無しさん 02/06/28 19:31
>>352 
家の親もそうだった。

でも、自分が宅間みたいにならなかったのは、持って産まれたものだと思ってる。なぜなら、自分よりもう少し虐待が軽度だった妹が、宅間みたいに、なんでも人のせいにして努力をしない奴になったからだ。 

蛇蝎
(だかつ:蛇とサソリ、人が忌み嫌うもののたとえ)のように嫌われていた父に似てよかったと思っている。ちなみに妹は母似。 

354: 名無しさん 02/06/28 23:55
知らぬ間に母親の借金の連帯保証人にされ、多額の借金を背負い込まされたという、本日付読売新聞の投書欄の主婦。これ最凶。

356: 名無しさん 02/06/30 16:01
虐待は連鎖するってゆうのは常識ですから、昔っからろくでもない親はわんさといたってこってすかね。今でこそ子供殺せばニュースになるが、昔は事故扱いだったんだろうなあ。

誰か書いてたけど、子供生むのも許可制にしてほしいよ、ほんと。

358: 名無しさん 02/06/30 16:45
>>356
虐待された女の人はバタードウーマンとなって、また自分の子供を虐待してしまうという。

ナゼ女の人だけに「バタードウーマン」とか特別な呼称があるのだろうか?それはやっぱり、女の人だけに育児を押し付ける、社会のしわ寄せが現われた結果だと思うんだ。

そしてバタードウーマン=虐待をしてしまう母親も、また被害者であるという罠。

※battered woman(ぼろぼろの・心身に傷を負った女の人):
もともとはDVなどで男性から暴力を振るわれた女性を指す言葉だったようです。

バタードウーマン―虐待される妻たち
レノア・E. ウォーカー
金剛出版
1997-01


359: 名無しさん 02/06/30 16:46
親父と海へ遊びに行った時の1コマ。海の浅瀬の方で。 

父「おーい、○○(私の名前)~!」 
私「なーに?」父の側へ駆け寄る。 
父「今お父さんは何をしてると思う?」 
私「??」 
父「おしっこ」 

本気で親子やめたくなった。

366: 名無しさん 02/07/01 23:43
>>359 
海に行ったら基本でしょ。お茶目なオヤジじゃん。

もうちょいと世間的にまずい物出してたのかと思った(w。

364: 名無しさん 02/07/01 02:05
>>359の父はひょっとして太宰治のファンだったりして。特に「斜陽」(w。

365: 名無しさん 02/07/01 19:57
>>364 
俺もおなじこと考えてた(w。

※太宰治「斜陽」より

お母さまは、つとお立ちになって、あずまやの傍そばの萩はぎのしげみの奥へおはいりになり、それから、萩の白い花のあいだから、もっとあざやかに白いお顔をお出しになって、少し笑って、

「かず子や、お母さまがいま何をなさっているか、あててごらん」とおっしゃった。

「お花を折っていらっしゃる」と申し上げたら、小さい声を挙げてお笑いになり、「おしっこよ」とおっしゃった。

ちっともしゃがんでいらっしゃらないのには驚いたが、けれども、私などにはとても真似られない、しんから可愛らしい感じがあった。

(「斜陽」青空文庫より)

360: 名無しさん 02/06/30 17:07
まだ幼かった頃のこと。
 
夜寝ていて、ふと目覚めたら、隣の布団で寝ている姉を親父がレ○プしていた。  

いつか、殺してやろうと思った。

362: 名無しさん 02/06/30 23:47
目を覚ますと、父が俺の首を絞めていたって事があった。

スタンドのほの明かりの中、俺と目があうと父は「おう、起きたか」と言い手を放した。 

この頃、父は自分の車にマンガのステッカーをべたべた貼ったり、玄関に「監視中」のふだを下げたり、奇行が多かった。奇行のそれぞれに一応の理由があり、母も俺もおとなしく従っていたのだが、さすがにこの首締めの時はビビった。 

「何してるのさ??」 
「んん、いや、実験というか」 

もごもご言いながら部屋に戻った父。それから間もなく、父は交通事故で他界した。精神異常を患っていたのだろうか。今では知るすべもない。

全体としていい父だったので恨みはないが、あれは本当、何だったのか...。

363: 名無しさん 02/06/30 23:58
>>362 
実験…で死んじゃわなくて良かったですね(汗。

367: 名無しさん 02/07/01 23:58
人格形成の前に、教育の強制というよりは脅迫をしておいて、それがいざ昇華した途端、踏みにじった父親が糞だ。

368: 名無しさん 02/07/02 02:53
私が7~8歳の頃から延々と続く、借金地獄。

「何時終わるの?」と聞くと、「来年は終わる」と言われ続け、もう20年。

その間にも家は差し押えられ、私はと言えば16で歳をごまかして、水商売で家に入れるお金をかせいで、貧乏なくせに金にだらしない母親に、見栄ばかりで何度も仕事を辞めてくる父親。

どうしてもお金が足らない時は、売春までやって家にお金入れてた。

やっと結婚して家を出たが、色々あり離婚。実家に帰ると、さも自分達が養ってやってるかごとく、私の息子のことにも一切私に口出しさせない。

私は実家に戻り、それまで無かった借金が、やはり金にだらしない母親のために、450万ほどに。私はそれでも親を捨てられず、一緒に居ない方が私にも息子にも良いと分かっているのに。

「子供は親の面倒を見るのは当たり前だ」と幼い頃から言われ続け、どうしても親を見離すことが悪業のことのように思え、どうすれば良いのか分からない。

これも虐待なんでしょうか。

370: 名無しさん 02/07/02 09:37
>>368 
悪いことはいわない。とっとと両親から離れたほうが身の為だ。

じゃないと、一生親の奴隷として生きていくしかなくなってしまうぞ。

371: 名無しさん 02/07/02 11:18
>>368
あんたみたいなのが同じ歴史を繰り返すんだ。

嫌なら今絶対やめるんだ。

372: 名無しさん 02/07/02 11:33
>>368 
勇気を出して親の呪縛から逃れるんだ!! 私もすっごく大変だったけれども・・・人生が変わるよ、すっごく良いほうに。

息子さんと一緒にがんばって。

378: 名無しさん 02/07/02 16:31
>>368
ほんとがんばってね。励ましの言葉しかかけられないけれども・・・ 。

あなたと子供さんのこれからのが人生が、希望に満ちたものでありますように。

373: 名無しさん 02/07/02 11:57
>>368
他の方もおっしゃってますけど、ほんとに家出ないとダメだよ。今すぐ!

お仕事はされてますか?子供を抱えて働くのは大変だけど、役所の児童福祉課などに相談してみてください。 

自分を苦しめる親から逃げたって、それを悪行と言う人はいないよ。

375: 名無しさん 02/07/02 12:05
>>368
親は大人で、この場合子供に面倒見てもらう必要もないでしょう。

だらしなさ故に、親が立ち直れなくても、それは大人としての自己責任。 でも、あなたには子供がいるわけで、その子供に悪影響があった場合、子供の自己責任などとは言えないですからね。

親がしっかり守ってあげないと。

377: 368 02/07/02 16:02
そうですね、私が息子を守らないと誰も守ってくれませんね。

幸いにも手に職をもっておりますので、450万の借金と(親は払ってはくれないでしょうから)生活のお金はもらえているので、息子には私のような思いをさせたくはありませんので、家を出るようにがんばります。

ご意見有難う御座居ました。

379: 名無しさん 02/07/02 17:14
当方18歳。 加害者は父。 

幼児期は箸で顔面をよく殴られたり、もちろん手でも足でもやられましたが。

小学校からは俺の貯金を全額抜いたり、目に膝蹴り・紙粘土の置物で頭部強打・木製の置物で頭部強打・殴る蹴る、マウントからボコボコ・ライター腕焼き、煮え滾った湯を張った鍋に顔面を無理矢理入れられたり、襖の側面を顔面に思いっきりぶつけてみたり。

原因は部屋が汚いという理由だったり、些細なこと。 

小5の時に、居間で寝てたらパンツだけになってて「パジャマに着替える時に楽だろう。親心だ」と父親がほざきだして、俺が「余計なお世話だ」と言ったらタンスに頭を叩きつけさせたり、色々と体罰をされました。 

中学時代になるとそれがエスカレート。母親も、父親に青竹踏みで殴られたり、あばらを折られたり。 

1年前からは家に帰るのが遅いという理由で家に入れず、友人の家に泊まったり、警察署で泊まって朝帰りなど。学校の時に出る昼の弁当以外、飯無しです。

警察に何回か言ったので、最近は殴りかかったりしてきませんが。 

母親に包丁向けられたりしたこともあったなぁ・・・。

382: 名無しさん 02/07/02 18:33
>>379 
私の好きな西原理恵子のマンガから、この言葉を贈ろう。 

「人よりちょっと早うに大人になったけど、それはそれでまたええ事もあるのよ」 

あなたの辛い話と似たような経験を、過去の私もしたことがある。今29歳だが、独立してなんとか生きていけている(もちろん連中とはきれいさっぱり縁を切った)。

決して楽ではなかったが、その分強くなれた。 

頼れるのは自分だけだ。あなたも、がんばれ。

380: 名無しさん 02/07/02 17:36
5歳の頃に、ファーストキスを親父に奪われました。

383: 名無しさん 02/07/02 18:53
よそで御飯をごちそうになって家に帰った。指をもぐさで焼かれた。

誕生日のプレゼントがほしいと言ったら、ライター(灰皿だったか?)を投げつけてきた。 

384: 名無しさん 02/07/02 21:42
両親は長年、父の浮気などで不仲だった。

そして私が中3の時に離婚した。

私は父からも母からも疎まれていて、親権を押し付け合った。父は「一人になりたいから離婚するのに、これでは意味が無い」と言い、母は引き取るのは溺愛している私の弟だけだと言う。 

さらに母は「アレは女だから、18歳になったら風俗ででも働かせれば、育ててた元が取れるでしょ」と言って父を説得していた。せめて、私に聞こえない所で話し合って欲しかった。 

結局、私は父に引き取られた。条件は家事の一切をすることと、バイト代を父に渡すことだったが、高校に通わせてもらえたのはせめてもの救いだった。

しかし、高3の春に父は出て行った。新しい相手との生活の目途がたったのだろう。

出て行く時の父の言葉を今でも忘れられない。

「お父さんは自由に生きたいから。お前も自由にしろ。じゃ、後はよろしく」 

私は、父にも母にも親であるという感情はとうに失せていたので、悲しくはなかったが、生活には困った。おまけに家には借金取りがやって来るようになった。

私は父方の親戚に相談したが、数十万のお金が振り込まれて、それっきりだった。

私はお金より、精神的な支えが欲しかったのに。 

385: 384 02/07/02 21:43
無知だった私は、振り込まれたお金で借金を返せば、借金取りが家に来なくなっていいななどと、バカなことを考えていた。結局、私は借金は返してないけど。 

私は思い余って、隣県の実家に帰った母に会いに行った。しかし母は家には入れてくれず、玄関先で話せと言われた。

私はこの3年間のことを、出来るだけ手短に喋ったつもりだが、全部言い終わらない内に「こっちにも生活があるから援助は出来ない。もう大人なんだから自分で何とかしろ」と言われ、1万円を渡された。これで帰ってくれと。 

私はその時、なんとも言えない惨めな気持ちになったが、仕方なくその1万円を受取り来た道を戻ったが、しばらくして母の母、つまり私の祖母が駆け寄ってきて、ティッシュに包んだ3万円と、なぜか板チョコをくれた。 

その日のそれからの事は、今も記憶がない。

気づくと、自分の家とは微妙に離れた、国道の歩道をとぼとぼ歩いていた。

もう死のうか、というヤケな考えと、高校を中退して年をごまかして風俗で働けば何とかなるか、という現実的(?)な考えを交互に頭に浮かばせていた。 

突然土砂降りの雨が降り出してずぶ濡れになったが、私は妙に心地よい気分になって、そのまま歩きつづけた。きっと、ずぶ濡れで歩く自分がドラマの悲劇のヒロインぽいなと、自分に酔っていたのだろう。

今思うとバカみたいだが、その時はその雨のおかげで、吹っ切れた気がする。

389: 名無しさん 02/07/02 22:05
>>384-385 
あなたには誰かの助けが必要だ。

でも「笑顔で近づいてくる奴」には気をつけろ。

386: 名無しさん 02/07/02 21:57
>>384-385 
・゜・(ノД`)・゜・ 

がんばれ・・・!!

387: 名無しさん 02/07/02 21:58
復讐しないの?

390: 384 02/07/02 22:25
つづき。 

あれから10年近く経った今になって、音信普通になっていた父、母が相次いで現れ「面倒を見ろ」と迫られている。 

10年の間に私は結婚し、2人の子供に恵まれ、小さいながらも一戸建ての家も買えた。やっとつかんだ幸せを又、親によって壊されそうになっている。 

夫は小さいながらも会社を経営し、堅実な経営でそれなりに繁盛している。母はどこかでこの事を聞きつけたらしく、いきなり電話をしてきて、 「勝手に結婚なんかして、結納金も貰って無い。50万位もって挨拶に来い」 などと言う。 

結婚する時、電話で報告したらガチャ切りしたくせに。なにを今さら。 

もちろんそんな要求突っぱねたけど、それからも度々電話で金の無心をしてくる。夫は詳しく話してくれないけど、夫の会社にも何度か押しかけたみたいだ。夫に申し訳なくて、もう死んでしまいたい気分になった。 

母は、私が今の夫と結婚したのは金目当てと信じて疑わないので、私に「いつ離婚するの?離婚したら、一緒に住んで『あげる』」などと言う。

頼まれたって母と一緒に暮らしたくなど無いのに、母はそれで私がほいほい言うことを聞くと思っている。もっとも目当ては私ではなく、私の慰謝料と無料の家政婦としての私だろうが。

さらに、子供は邪魔くさいから夫に押し付けて来いと。

何処まで私の気持ちを逆撫ですれば気が済むのか。 

391: 名無しさん 02/07/02 22:33
>>390 
何の為のネットだと思っているんだ。

ここでなくていいから、実名でババアを晒して破滅させろ。

402: 名無しさん 02/07/02 23:39
>>391 
お前バカか?母親の実名を晒したら>>390まで特定されちまうだろうが。 

>>390がそんな煽りに乗るとは思えないが、真に受けるバカがいるかもしれないだろ。もうちょっと考えてから書け。 

404: 名無しさん 02/07/02 23:42
>>402 
告発のアドバイスをどう思うかは>>390次第でしょ。どうどう。

407: 名無しさん 02/07/02 23:51
あくまで判断は>>390がくだすべきものだろうが、「そっとしておいてほしい」路線、「断固戦う」路線、この先色々な選択肢があると思う。 

394: 391 02/07/02 22:49
すまん。その母親のあまりの馬鹿ぶりに腹が立って、乱暴なレスしてしまった。
 
とにかく黙らせたいならネット告発なんかどうだろう、と。もう少し冷静にやるなら、人権団体にチクるという手もある。

とにかく泣き寝入りする事はないよ。

409: 名無しさん 02/07/03 00:24
>>390 
親に未練があるわけではないでしょうから、そう悩まず弁護士に相談し、きちんと書面で縁を切ることを伝えたほうが。1万でもチョコでも渡した日にゃあ、乞食のように門前に毎日立たれます。 

血は水よりも濃いなどというが、そんなもの大嘘です。

414: 名無しさん 02/07/03 10:44
>>390 さんの親って、お金の事しか考えてないみたいだから、「実はウチ、お金に困ってるの。借金の保証人になってくれる?」とか言ったら付きまとうの止めたりしないかな。 

それとか、「実は私、持病があるの。一緒に暮らしたら私の方が面倒見て貰うことになるけど、いい?」と言ってみるのは? 

自分にちょっとでも面倒が降りかかりそうになると、手のひら返したように逃げ出しそうじゃん。

396: 384 02/07/02 23:02
最近になって、父親まで現れた。

父は少しは良心が咎
(とが)めるのか、油断させるつもりなのか、あまり直接お金を要求したりはしてこないけど、「さびしい」だの「老後が不安」だの、ふざけた事を言っている。 

母も父も、私の親などと思っていない。私の親は、10年前の雨の日に死んだのだ。

私の家族は、夫と二人の子供だけだ。例え野垂死んでも、流す涙の一粒も持ち合わせていない。 

だけど、母に言われた「お前は自分さえ良ければいい人間だ」の言葉にだいぶやられている。もちろん、母に対してでなく、夫に対して。

どん底の私を助けてくれ、励まし、そして結婚しても変わらず優しい夫に対して、何もしてあげれないばかりか、迷惑ばかりかけている。


離婚したほうが夫は幸せではないか、離婚しないのは自分の幸せの為だけではないか、という考えにとり付かれてしまった。 

夫は「俺は大丈夫、苦労などと思っていない」と言ってくれるが、正直どうすればいいか分からなくなって来ている。 


長文すいません。そして読んでくれた人、レスくれた人有難う。

吐き出して少しすっきりした。 


408: 名無しさん 02/07/03 00:19
>>396 
絶対に離婚しちゃ駄目!! 

旦那さんだって解かってくれているはずだよ!! それに、そんな事したら親の思うつぼだよ!! (しかし、親はどうやって居場所がわかったんだ?)

419: 親の呪縛 02/07/03 17:23
>>396 
米国の家族問題の専門家が書いた本の中で、タイトルとかは忘れましたが、肉親、近親者の呪縛から逃れろというのがありました。 

血縁関係がなまじあるがために、他人なら絶対に法的手段に訴えてでも解決を図るべき問題を、うやむやに被害者の良心や優しさに訴えて、自分の思い通りにしようとする人間がいます。 

どこの国にも、犠牲者を出す歪んだ家族があります。これ以上犠牲者になりたければ、歪んだ親の犠牲にどうぞ。

でもあなたも自分の家庭を持った大人です。どちらが大切がおわかりでしょう。一生親権養育権さえ放棄したような、血縁上の両親の犠牲者になりたいんですか。

はっきり目を覚ましてください。

444: 名無しさん 02/07/05 01:37
>>396 
あんたは何も悪くない。胸張って生きて行け!

397: 名無しさん 02/07/02 23:08
旦那さんを本当にいとおしく思うなら、離婚などせず戦うべきですよ~! 

それをわかってくれてこその旦那だと思うし、わかってくれるはず。

398: 名無しさん 02/07/02 23:11
「還暦になったら老人風俗ででも働けば元が取れるでしょ」と言ってやれ。

家には入れてやらず、玄関先で話せ。全部言い終わらない内に、「こっちにも生活があるから援助は出来ない。もう大人なんだから自分で何とかしろ」と言って、1万を渡してあげれば?これで帰ってくれと。板チョコもくれてやれ。 

今度はこっちが捨てる番だよ。 

399: 名無しさん 02/07/02 23:17
「私たち家族は自由に生きたいから。かつて父だったお前も自由にしろ。じゃ、後はよろしく」 ってクソオヤジに言ってやれ。
 
「自由と淋しさは隣り合わせ。自由を満喫しているようで結構ですね。10年前にあなたが描いた生活がそれでしょう? 夢かなってよかったですね」と言えばいい。 

388: 名無しさん 02/07/02 21:59
なんかね、「普通」ってものすごい幸運なんだと思う。 

普通の親に普通の兄弟。普通の親戚に普通の近所の人。そういうのって、自分でどうしようもないものだから、実はものすごくありがたいものなんだよね。

頭の善し悪しだの、お金だの外見だのは努力すればなんとでもなるけど、性格ってのは、もう子供の頃の環境でほとん決まると思うのよ。

だから、人をお金や地位や能力で羨ましいと思うことはないけど、すごく性格のいい友達の、その性格は本当に羨ましいです。

392: 名無しさん 02/07/02 22:42
小学校3年生の時父親にレ○プされて、中学2年まで毎日の様にヤられてましたが、何か?

しかも、フェラや指マンやクンニなんて保育園の時からでしたが、何か? 

本当は馬鹿みたいに怖かった。

410: 名無しさん 02/07/03 01:00
非常に覚えてるものを書きます。 

父は、何か気に入らないことがあるとすぐ怒鳴る、何でも人のせいにする性格でした。

私が子供の頃、父は飲んで帰ったようなのですが、タクシー代が足りなくなった様で、夜中に起こされ「お年玉をタクシーの運転手に持って行け」と言いました。

わずかなお年玉はすでに姉も私も使ってしまっていて、「もう無い」と言うと殴る蹴る。その後、夜中にパジャマのままで親戚の家まで歩いて、お金を借りに行かされました。 

母は元々基地外系なので、その症状はどんどんひどくなっていきました。

食べ物に関する執着がすごくて、スーパーで買って来た1週間分の食材を、全部1度に作らないと気がすまないみたいで、食卓にはご飯とパンが一緒に並んだり、1回の料理で卵1パック全部使ったり、焼肉をしている最中に天ぷらを出してくる様な人でした。 

親がDQNなため、家庭は滅茶苦茶になりました。

現在は私も姉も家を出て、彼らとは交流を持っていませんので、それだけでも幸せだと思っています。 

411: 名無しさん 02/07/03 01:09
このスレ見て、本当に励まされた。 

子供を虐げるしかできない親は、捨てていいんだということ。逃げていいんだということ。縁切っていいんだということ。

そんな、一見当たり前のことに、やっと気づいた。 

私は母親に虐待されてて、おもいきり逃げたクチ。でも親への罪悪感に、ずっとずっとさいなまれていた。あんなんでも彼らなりに私のことを愛してたのかもしれない、と思うと、自分が悪人にしか思えなくて苦しかった。 

あの人たちは確かに病んではいたけど、それは彼らのせいじゃないのかもしれないと思うと、それでも今でもどうしても許せないでいる自分が、憎くて仕方なかった。

私さえ彼らの思う通りのいい子になれば、みんな幸せだったのかもしれない、 と今でも考えてしまう。 

でも、逃げたっていい。それは弱さじゃない。強さだ。そう信じられる勇気がわいてきた。 

私は幸せになろうと思う。絶対に。 

412: 名無しさん 02/07/03 01:42
私は4月に家を出ました。アホな父親、バカな母親と縁を切りたかったから。 

このスレを読んで、家を出る決心が出来ました。給料はそんなに多くないけど、やっと手に入れた自由だから頑張る! まだ18歳だから、これからの人生を楽しみたい。 

でも、いつ親がここを見つけて押しかけてくるか怖い。

413: 名無しさん 02/07/03 03:27
このスレを読んでいると、本当に悲しくなるよ。
 
困った人に対して、俺は何も出来なくて、頑張れとしか言えない。頑張れと言ったところで、何もならないけどね。 

誰か信頼できる弁護士とかがいたら、彼らに教えてやって欲しい。

415: 名無しさん 02/07/03 13:55
鬼畜親から逃げている人、逃げたい人へ。 

罪悪感なんて持たなくていいよ。 

だってさ、「人として肝心なものが欠けてる危険でバカな人」と出くわしたら、当然逃げるでしょ?自分を守るために。それが当然だよね。 

たまたまその危険な人の子供として生まれてしまったがゆえに、逃げる事も自分を守る事も許されないなんて、そんな理不尽な話は無いよ。 

あなたは当然の事をしているだけ。罪悪感に悩む必要なんか無いです。

416: 名無しさん 02/07/03 14:00
でも家出を推進するのはどうかと思う。 

悪質なら通報すればいいと思われ。

417: 名無しさん 02/07/03 14:17
>>416
いや、家出を推奨してるわけじゃないよ。 

結婚を機に家を出て親と縁を切った人でさえ、罪悪感に悩んでいる事は多い。通報しても警察が動いてくれるとは限らないし、一見悪質に見えない(暴力では無い)けど、残酷な虐待というものもある。

418: 名無しさん 02/07/03 14:19
寺山修二「家出のすすめ」 一読の価値ありだよ。

当時本当に家出する若者が増えて、問題になったらしいけど。 

家出するもしないも自己責任ですから(未成年は違うか?)、家出したとしても、「あの親のせいで」という言葉は無しの方針で、自分自身の幸せを見つけて欲しいと思います。

皆さん、頑張ってください。 
420: 名無しさん 02/07/04 01:00
逃げるのは大事。 

でも家出しちゃうと、後々自分の人生に損になることが多い。バカ親の子供に生まれたせいで、そんな損するのはもったいない。進学・就職で切るが吉。 

ただそのために、少なくとも18歳までは耐えなきゃいけないのは、あまりにきついけどな・・・10代まるまる棒に振らされるようなもんだし。 

俺は、あんなにもみずみずしい青春とやらとは縁がない10代を送ってしまったが、大学を機に家を出たら、今までの苦労もお釣りがくるくらい楽しい人生だよ。本当。 

トラウマは引きずってるけど、それはそれとして付き合えるようになった。 

422: 名無しさん 02/07/04 01:11
ここに書き込んでいる人、みんなが幸せになってほしい。

【その8へ】