【その8】
黒い手


492: 名無しさん 02/07/06 22:04
俺の場合、親に居候みたいと言われた。実際居候みたいだった。

学校から家に帰る、風呂に入り、飯を食い、TV見て寝る。放置されて育ちました。 

今は東京で働いているけど、親に会いたいとは特に思わない。

お互い空気の存在で、興味がない関係。
 

498: 名無しさん 02/07/07 00:41
このスレを読むにつれ、こういう話をもっと若いというか、小さいうちに、誰か信頼できる人に話しておけばよかったなあと思う年寄りです。 

でもあの頃は自分の親ですら信用できないのに、まして他の大人なんか信じられなかったもんなあ。今でも他人が信用できない。人がそばにいない方が落ち着く。

こりゃ結婚はできないな。

505: 名無しさん 02/07/07 14:02
正直、ずっと生きてたら、生きててよかったと思える日が来そうと思う私は、幸せなんだろうな。

509: 名無しさん 02/07/08 09:03
>>505 
がんばれ。俺は応援するぞ。

506: 名無しさん 02/07/07 15:37
>>505 
今の時点で生きてて良かったと思えないあなたは不幸です。

512: 名無しさん 02/07/08 09:51
>>506 
希望が持てる人はまだ幸せですよ。

513: 名無しさん 02/07/08 11:57
希望はあなたを捨てません。あなたが希望を捨てたのです。

510: 名無しさん 02/07/08 09:25
私の母は凄く立派な人です。 

仕事も出来て、53歳なのに誰に見せても30台後半に見られる程若い上に美人で、料理も上手くて家事もでき、思いやりがあり、職場の女の子達に慕われて、辞めた子や他店の子が帰省の時に挨拶に来たり、何かあると相談もちかけられたり。

息子の小学生の時の担任と、兄が28歳になった今も文通してて、その担任に「●●さん(母)は私の憧れなんです」と言われる様な凄い人。
 
私も母を愛してると思うけど、私のコンプレックスを作ったのも母。

5歳くらいの時に、書いた絵を持って行ったら凄く誉めてくれたので、嬉しくて更に一時間位手を入れて持っていったら、機嫌が悪くなってて「そんな塗りたくっただけの絵を見るほど、お母さんは暇じゃないの!」と怒られて、絵の道を志してる今現在も、評価を素直に受け取る事が出来ない。

絵以外でも、自分に対する誉め言葉は全て嘘にしか思えなくて、何をしてても自信が無い。

小学生の時、名前の由来を調べる授業で、母に由来を聞いたら「お父さんみたいな駄目な人間にならないように、お父さんの名前から一文字取ったの」と言われてそれを信じこみ、ずっと自分の名前が嫌いで堪らなかった。

今思えば、両方とも夫婦喧嘩の後だったんじゃなかろうか。 

駄目人間と言われた父は悪い人間じゃないし、年収も1000万以上で、そこまで言われる程じゃ無いんだけど、その頃から夫婦仲はとても冷めてて、今は離婚。 

その離婚の時も、私が進学の為に一人暮しをする事になり、部屋が決まって契約も済ませてウキウキしてる帰りの車内で、「私あなたと離婚します」と切り出された。

「家を出ても、実家に帰れば両親が居て、出迎えてくれる」と、根拠も無く信じてた自分も、何も知らなかった父も愕然とした。
 
しかも、「●●(私)が家を出るまで耐えてたの」って。

私のせいだと思って、一人になってからずっと辛かった。毎晩泣いた。もう帰っても今までの「家」は無いと思うと、ほんと苦しかった。 

しかも引越し手伝いに行ったら、「これから一緒に暮らす人がいるの」って紹介されて、相手は私が高校時代に母と一緒に働いてた店の人だった。

その後、ずっとCMの楽しそうな家族や、テレビで見る幸せそうな家族団欒が羨ましくて、哀しくて涙が出た。

母親は今、過干渉で過保護な点以外では好きだけど、父も好きだけど、一緒に御飯食べられないのが哀しい。

他の人のに比べたら随分軽い事だけど、私としては今もトラウマになってます。

511: 名無しさん 02/07/08 09:39
>>510
…(゚д゚)

514: 名無しさん 02/07/08 12:47
父親は暴力はふるわないが、自分が一番大切なタイプ。 

ただ、自分の母親(つまり俺の祖母)に片親で育てられているので、何歳になっても母親の顔色を伺ってばかりだった。 

そういう父親と結婚した母。こうして大人になってみれば、母親はさぞかし父親に対して、言いたいことがたくさんあっただろうとわかる。しかし母親は父親に直接言わずに、俺にしつけという名の暴力で鬱憤ばらしをしていた。

暴力は、実力行使と言葉の暴力との両方だった。自分的には実力行使より、言葉の暴力の方がつらかった。俺が全然だめな人格だということを、繰り返し聞かされて育った。 

「だらしない」「何をするかわからない」「いいかげん」「頭が悪い」 「何をやってもだめ」「みえすいたウソをつく」etc. 

中でも痛かったのは、殴りながら言う「あんたは感情が鈍いから、殴られても全然堪えないでしょ」ってセリフ。

それに3つ年下の妹が悪いことをしていても、その日の気分によっては殴られた。
 
あまりにも不当な暴力で、反発すると、「おまえが日ごろから手本をみせないから」「あんたが殴られるのを見れば、妹は悪いことしなくなるから」と、顔色一つ変えないで言い訳してた。 

今から考えればあの言葉の数々は、母親が夫である父親と、姑である祖母に言いたかった言葉だったのだろうと思う。

元はといえば、妻にきちんと向き合えない父親が大いに悪いのだが、だからといって母親が許せるわけではない。 

妹は母親に手を上げられたことがほとんどない。しかし、一週間ほど前に1歳の姪を連れて遊びにきていた時、だっこされている姪が妹の肩を軽く噛んだ。その瞬間に顔をひきつらせ、おそろしい勢いで妹は姪の頭をぶった。姪は泣き出した。 

驚いた俺は思わず「赤ん坊を殴るなよ」と言った。すると「この歳の子には口で言ってもわからないんだからね」と。

 俺にはまだ子供がいないから、妹のやったことは正しいのか悪いのかは俺にはわからない。

だが、そういう言い訳をする時の妹の目の中に、「あんたは口で言ってもわかんないからね」と言って俺を殴った時の母親と同じ光を見てしまった。 

俺が殴られるのを見ていただけの妹がこれだ。俺は今、子どもを持つのが恐い。

519: 名無しさん 02/07/08 14:42
私も小さい頃、テストの点数低かったり、ちょっと父親の言ったことに反論するだけで、座布団で力いっぱい殴られたり、木刀を突きつけられたりした。

ゲームボーイにキリで穴をあけられたりね(w。「どうだ、父さんを怒らせると、こうなるんだ」とか言いながら(苦笑)。 

当時は「なんで私だけ不幸なの?もうやだよ・・・死にたいよ」なんて思って家出とかもしたもんだったが、後々友人に聞いてみたりすると、友人もそこまで行かなくても、よく親に叩かれる、けられる、罵られる、といった事実を知った。 

程度にもよるが、こんなのよくある話だわ。兄が空手家になったと同時に、虐待(でもないか)は終わったけど(w。

そういやその兄が、よくオフザケとかで当時15歳の私の胸を揉んだり、布団を頭にかぶせて息ができないようにしたりと、トラウマになりそうなことしてた。今は、アホみたいに人格者になったけど(少しゆがんでるけどね)。 

うちはまだ母親がよかったからかな。それで救われたよ。

家出した時なんか、「○○子ーー!!○○子ーー!!(私の名前)」と叫びつつ、人目も憚らず泣きながら裸足で追いかけて来た。

私は、昔の父・兄を反面教師に、母のような愛情深い人間になろうっと。

497: 名無しさん 02/07/07 00:37
寺山修司、家出てずっと音信不通の兄も愛読してたなあ…。 

私も物心ついた時から「こんな家いつか出てってやる!」と思ってた。まだ実家にいるけど(苦笑。 

521: 名無しさん 02/07/08 18:41
みんながんばって!!

522: 名無しさん 02/07/08 18:43
>>521
鬱病野郎にがんばってというと死ぬぞ。

523: 名無しさん 02/07/08 18:58
>>522
でも、がんばらないでと言ったら余計・・・。

じゃあ黙ってるしかないのか・・。

524: 名無しさん 02/07/08 22:49
>>523
鬱には「がんばらなくてもいいんだよ」が正解。頑張って親の虐待に耐える必要がないのと同じさ。 

しかし幸せになって欲しいと言われると、一段高いところから可哀想な人と見下されてるような気がしてむかつくのは、俺の性格がゆがんでる証拠だな。

534: 名無しさん 02/07/09 09:31
小学3年の頃、授業参観できちんと答えられなかったため、家に帰って母親の監視下、勉強させられる。 

そのうち「なんでこんなことがわからないの!」とぶちギレされ、手の甲に鉛筆を突き刺された。夜、それを聞いた父親が「なんてことをするのだ。俺に代われ」と、交代。

そのうち「なんでこれがわからんのか!」とキレられ、またもや手の甲に鉛筆を突き刺された。 

30年経った今でも、手の甲には2つの鉛筆の跡がある。

535: 名無しさん 02/07/09 10:06
>>534 
今のおまえが幸せでありますように。他のみんなもな。 

俺は笑いながら殴られたな、竹刀でいつも。母親は助けてくれなかった。

あいつらは共犯だな。感情でしつけ(自称)をする親は最低だ。

536: 名無しさん 02/07/09 10:22
俺も親から水かけられたり、お湯かけられたりしたけどね。

これじゃまずいと思って、すぐに格闘技を習い始めた。中学卒業前には、厳しいしつけはなくなったよ。 

大切なことは鍛えて戦うことさ。 

537: 名無しさん 02/07/09 10:47
そだな。 

男は、鍛えてバカ親よりも力で強くなる。

女の子は、バカ親が妬ましくて憤死しそうなくらいに幸せな家庭を築く。
 
こんなところで宜しいか。

540: 名無しさん 02/07/09 11:31
ここで話すことで癒されたりもする。 

所詮匿名掲示板だから、話したってどうにでもなるってわけじゃないが、自分の中だけにしまっておく、ということがどれだけ苦痛か。 

541: 名無しさん 02/07/09 14:47
虐待とは言えないんですけど、親に人生スポイル(だいなし)されたかなと思います。 

私いわゆるアダルトチルドレンなんですけど、物心ついた頃から親を喜ばすために勉強してました。頑張り続けるのが苦しくて、部屋の壁をズタズタにハサミで切り裂いた事もあります。 

本当は親を殺したいほど憎んでいたんです。でも言えなかった。それでも大学に入れば苦しみから解放されると思って、何とか世間で一流といわれる所に入学しました。 

で、そこで人生の目的を喪失して、何も出来なくなっちゃって。

ろくに学校に通わずに友達と遊んでばかりいました。当然成績も悪くて。
 
542: 541 02/07/09 14:48
何とか就職できたんですが、今度は上司と親を重ねて見てしまって、上司に気に入られないといけないと必死になる。そうでないと、自分が無くなってしまうような感じになってパニック。 

完全主義になって頑張るんですけど、それが裏目に出て上司に嫌われ、自暴自棄になって逆に上司を憎むように。職場を転々と異動しました。
 
とうとう鬱病になって、リストラされました。今も通院中。

543: 541 02/07/09 14:49
今、親は心配してくれてますけど、本当に自分がやった事を理解しているとは思えません。 

アダルトチルドレンになった原因は、乳児期に泣いても、親が寝るまで放置していたためらしいです。全く覚えていませんが。 

赤ちゃんをお持ちの方は、赤ちゃんが泣いたらすぐにミルクをあげたり、抱いてあげるようにしてください。

私のように、人生を無駄にする事がないようにしてあげてください。

544: 名無しさん 02/07/09 15:25
>>541-543 
>虐待とは言えないんですけど、親に人生スポイルされたかなと思います。 私いわゆるアダルトチルドレンなんですけど、 

釣ってるつもりですかぁ~?それともマジですかぁ~?

明確に覚えのない虐待のことを書くのはやめて貰いたいと思う。自称不幸自慢がワラワラ来そうで怖い。

553: 541 02/07/09 16:41
>>544 
そう受け取られるかもしれませんね・・・ 。

性的虐待や、ひどい暴力に晒された人から見れば、甘えていると言われてもしょうがないかなとは思います。決して不幸自慢をしているつもりはないのですが。何とか強く生きたいと思っているのですが。 

ただ、親が自分の子供の人生を無意識のうちにスポイルする事ができるとしたら、十分怖いんじゃないかなと思っただけです。

お気に障りましたら申し訳ありませんでした。
 
557: 名無しさん 02/07/09 19:09
>>541 
スポイルって甘やかすって意味もある。充分甘やかされた構ってちゃんは来なくていいよ。

覚えてもいないような事で今自分は不幸だと思ってるなんて言うのは、充分甘えきってると判断します。卑屈な態度でなんちゃって鬱やってなさい。

545: 1/5 02/07/09 16:14
パート1まで遡って、過去ログ全部読みました。 

実際虐待を受けて育った人が、その心的外傷から多少なりとも(もちろん「完全」には無理だとは思いますが)解放される為にはどうすればいいか、またそれを実現する上で障害となるであろう問題について所詮、「机上の空論」なのは承知の上ながら、真面目に考えてみました。 

546: 2/5 02/07/09 16:15
■第一段階:
経済的・社会的に自立する 

□まずこの段階でも、小児期の被虐待経験に由来する原因から、 対人関係などで、通常の家庭環境で育った人たちよりも困難に直面する局面が多いと思われる。 

ex.1
「自分なんかこの場にいないほうがいいんじゃないか?」等の、自虐的な疎外感を抱いてしまう 

ex.2
他人に心を許せない、信用できない。幼児期に、人生で最初に親との間に得られるはずの「絶対的な信頼関係」を、得られなかったことに起因する人間不信。

547: 3/5 02/07/09 16:15
■第二段階:
虐待を受けた過去を、アイデンティティ(自己確立)の 手段にしない。 

□現実的には心情的な問題から、この段階の実現は至極困難なものと思われる。被虐経験者は、第一段階を達成した後にも、自己の心的外傷を自己確立の拠り所にしてしまう可能性がある。 

ex.1
「自分はあんな環境で育ったために~になってしまった」といった類の自己認識。 

ex.2
「自分はあんな環境で育ったにもかかわらず~できた」といった類の自己認識。 

表面上は正反対の意識に見えるが、ex.1、ex.2どちらも同様に被虐待経験を自ら反芻
(はんすう:繰り返し考える)していることとなり、心的外傷に由来する人格(精神的傾向)形成の温床となる危険性を多分に孕んでいる。
 
これにより、例えば後に子供が生まれ、親となった場合に顕現化する可能性のある問題として、以下のようなものが挙げられる。 

548: 4/5 02/07/09 16:16
ex.1' 
過度の体罰の正当化。 
「自分の時はこんなものじゃなかった」「このくらいは虐待の内に入らない」 

過去の経験(自分の親の姿)から判断することができないため、 躾の範疇に入るものとそうでないものとの境界がわからない(実際には少数だと思われるが「虐待の連鎖」となる可能性が高い)。 

ex.2'
自己の幼少期の反動に起因する極端な子育て。 

「自分は子供に対していい親だ」 
自分が育った家庭環境と比較して、自身の方針に過度の自信を持つ。子育てに対して専制的な考えを持つ。「すべてあなたのため」等の言葉に象徴されるように、行き過ぎた早期教育等で、子供にプレッシャー(精神的重圧)を与える。 

「自分は子供に対していい親なのだろうか」 
自身の方針に必要以上に神経質になり、育児に対して精神的重圧を感じてしまう。育児ノイローゼ等の問題に発展する可能性も考えられる。

549: 5/5 02/07/09 16:16
先に謝っとくけど、生意気な文体、判ったような口利きスマン。

でも、煽りへのレスでよく見かけた「あなたは幸せな環境で育ったんでしょうね」 みたいな言い回しには、ちょっと引っ掛かるものがあったんで。 

ある意味「被虐経験をアイデンティティの根っこに据え置いた」言葉のように響きます。自分から進んで、トラウマの泥沼にずぶずぶ嵌りに行っているような。 

克服が困難な問題ばかり論(あげつら)った文体から誤解される恐れがあるので、最後にこれだけは言っておきます。 

私はここでご自分の経験を語られた方々を、心から応援してます。 

私の応援なんかどれほどの役にも立てないことはわかってますが。 

550: 名無しさん 02/07/09 16:30
今思えば淋しい事だなと・・。
 
私は母の連れ子で、相手には3歳年上の姉と10歳上の兄がいて、姉が結婚する時、式を海外の南の島で身内だけであげる事になった。

双方の両親、兄、父方の夫婦、他親戚、近い友人等たぶん20人ぐらいか出席したんだが、私だけ連れていってもらえなかった。 

金銭的な理由うんぬんらしいけど、だったら海外であげなくてもさ。貧乏じゃなかったと思うし。
 
それを言われた時「別にいいよ」と言ったけど、淋しかったな。

551: 名無しさん 02/07/09 16:38
>>550 
がんばれ。

552: 名無しさん 02/07/09 16:38
ブッ叩かれたり、熱湯かけられたりしなきゃ虐待じゃないと思ってる人怖いよ。

放置や無関心も立派な虐待ですよ。派手さに欠けるけど。

570: 名無しさん 02/07/10 02:30
近親相姦にはなってないけど、されそう。

強引に胸もまれるし。立ったチ○ポ見せ付けて服脱げとか言うようになった。糞親父抹殺したい。部屋に鍵付いてないし、寝るのが恐い。 

早くお金貯めて家でたい。

600: 名無しさん 02/07/10 13:30
>>570 
すぐに警察にかけこめ。

室内ドア用かんたん在宅ロック【部屋 扉】
室内ドア用かんたん在宅ロック【部屋 扉】

571: 名無しさん 02/07/10 02:48
ここ読んで、世の中にはひどい親が大勢いることに、かなりびっくりしてます。 

こんな思い全くしたことないなぁ。私はすっごく幸せ者なんだって思った。本当に色々な面で、親には感謝してるから。 

小さい頃からぶたれたことなんてないから、冗談でも他人に手をあげたことなんてない。っていうか、手をあげる行為自体、自分の頭に浮かばないんだよね。 

よくいるでしょ?女同士でも冗談ついでに「も~~!」とか言いながら人の体や頭をポーンと叩く人・・・正直言ってそういう人、嫌いです。他人にすぐ手を上げちゃうって、一体あんたに何の権利があって?と思う。 

だから親だってさ、本当は道徳的にちゃんとした正当な理由がない限り、子に手を上げるべきじゃないと思うし、虐待なんてもう論外。 

でも他人に手を上げちゃう人って、結局親から叩かれるからそういう環境に慣れてしまって、同じことやっちゃうのかなぁと、勘ぐってしまうのですよ・・・。 

でも子供は親を選べるわけじゃないし・・・なんか辛い話だわ。

本来信頼できて愛せる関係なのに、親がそれを拒否してしまったんだから・・・。結局なんだろ、ガキが子供作るなってことになるのかな。精神的に未熟な人間が親になっても結局、子の心に不幸を招くってことなのかな。

なんかむちゃくちゃなレスでごめん、正直に思ったままの感想。

573: 名無しさん 02/07/10 05:18
皆さんと比べて全然大した事ではなくて、私の母親の話なんですが。

私の母の母にされたことで、母がオルガンの練習をしていて少しでも間違えると、物差しで叩かれていました。

私の母の母は、私のお婆さんにあたるのですが、その事に対しての言い訳は「その時は、まだ新米のお母さんだったから、子供の育て方が分からなかった」というものでした。

それに、母が風邪をひいて学校を休むと言い出した時に、「学校行かないなら病院に行け」と言ったそうです。そして「きつくて病院にも行けない」 と言ったら、「なら学校に行け」と言われたそうです。 

私は今小学生ですが(別に関係ないけど)、それを私のお婆さんがしたと思うと、殺したくてしょうがありません。本当にこの怒りのやり場が無いくらい、ムカつきます。 

576: 名無しさん 02/07/10 05:37
>>573 
まぁまぁ、それは今更嬢ちゃんがそんなに怒ったってしゃーないよ。未だにそのバーサンが進行形でなんかやってるんならともかく。 

んな事より、そんなにお母さんの事を想ってんなら孝行したげなさい。子供が「殺したい」なんつってたら、お母さんが悲しむぞ。 

つか、小学生がこんな時間に2ちゃんに書き込んでて大丈夫なのかね。徹夜なのか早起きなのか知らんが・・・。

581: 名無しさん 02/07/10 08:20
子どもの頃、トイレトレーニングが上手く行かなくて、凄く感情的な母親に、マッチに火をつけたのを手に追いかけられたことがあります。 

台所の流しの前でついに追い詰められ、「ごめんなさい!」と何度も叫びましたが、お尻をだされ、火は消えてましたが燃えカスを押し付けられました。

あの時の母の形相と、マッチをつけられる直前の恐怖は今でも忘れません。 

あれから母とはどこか一線をおいて、醒めた気持ちで接しています。 

586: 名無しさん 02/07/10 09:30
揚げ物をしようとしていた油をかけられた。包丁で腕を切られた。ぼこぼこにされた。

これを見ていて通報しない母親も怖い。 

587: 名無しさん 02/07/10 09:32
>>586 
誰にされたの?父親?

590: 586 02/07/10 10:18
>>587 
父親です。 

593: 名無しさん 02/07/10 11:17
>>586 
うん、そりゃ犯罪だよ。それを見てる母親、ってのも怖い・・でも無事で良かったね。

594: 名無しさん 02/07/10 11:17
ある意味もう無事じゃないだろソレ・・・。

595: 名無しさん 02/07/10 11:22
>>594 
うーん、まあとりあえず現在ここにカキコできる状況、ってことで。

 もちろんトラウマ的なものは残ってるだろうけど・・。

596: 586 02/07/10 11:27
>>595
トラウマはあんまりない・・・ 母親は、父親に殴られるから見てるだけで、父親を止める事もあるよ。

手に傷はあるし、やけどの跡は残ってる。俺が死んでないのは、父親が弱いってこともあると思うよ。包丁とかも余裕で奪えるし、ぼこぼこにされてもあざ程度で生きてるし。

599: 名無しさん 02/07/10 12:29
>>596 
虐待受けた自分、虐待による障害を認識して、そのトラウマから自分を解放する努力をすればなんとかなるはず。もちろんパートナーの理解は不可欠だが。 

頭から偏見で物言う人は近づかない方がよろし、と言ってみる。

【その10へ】