【その10】
黒い手


653: 名無しさん 02/07/16 01:42
ここに書いてる方に比べたら、私の経験なんて対したものではないのですが、私自身も親に育てられた事に関するトラウマで、子供を持つ気がありません。 

どなたかも前に書いてましたが、子供が幸せにしてると自分の幼児期がよみがえり、許せない、と言う気持ちになりそうです。 

ある新聞の相談室で、子供を持ちたくないと書いてる人に、「子供を持つことによって自分も成長して行くと言うすばらしいメリットがあるのに、その気持ちを変えていけるように考えて行けないか」というようなことが書いてありました。 

子供をもつ持たない、というのは個々人の選択の範囲として考えちゃだめなんでしょうか。 

親から受けた虐待のカウンセリングは、自分が明るく楽しい生涯を送る希望を持てる精神の助けとなるためと思っていますが、それを「家庭、子供」と同義的に見過ぎなような気がします。

私は今、子供がいない今の生活が楽しいですし、親戚から子供はまだかと聞かれても嫌な気持ちにはなりません。

ただ、「親の虐待からの克服」が、自分の幸せな家庭形成=愛情深く子供を育てる、と一律的に見るのに疑問を覚えるのです。


654: 名無しさん 02/07/16 02:08
>>653 
むしろそれは、「もし」愛情深く子供を育てられたら 、「すなわち」あなたは克服できた幸せな人間です、というような空論にすぎないような気がする。

655: 名無しさん 02/07/16 03:57
>>653 
私もどうしても子供を持つ気がしない・・・夫婦仲もうまくいっていない。
 
お姑さんは「子供なん作っちゃえばうまくいくもんよ」とか言う。そんなこと言われたって・・・第一うちの夫はバツイチ(デキ婚)だってーのに、そんな最悪な事例があるっていうのに、そんなに子供って生まなきゃいけないもの? 

なんでみんなこんなに無責任なんだろう・・・早く離婚したい・・・。

663: 名無しさん 02/07/19 13:46
現実ってきびしいよね、ホント。 

でも傷ついているのはじぶんだけじゃなくって、それにもかかわらずに幸せな家庭を営んだり、迷いながらも頑張っている人たちがたくさんいることを、このスレで知った。

体験を書き込んでくれた人には感謝したい。 

なぜかと言うと、過去がどのようなものであれ、現在幸せな人がいるということは、虐待されてしまうような価値のない子供だから幸せになる権利なし、と思い込んでいた自分の考えが、明らかに間違いだったということをはっきりと判らせてくれたから。
 
それにしても、不特定多数の人が出入りするところではあるけれども、自分にとって身近な2ちゃんで、これだけ多くの人が似たような過去をもっていることを知り、ちくしょーって思っている。

664: 名無しさん 02/07/19 20:09
山田詠美のエッセイにあった話。

だんなの実家(サウスブロンクスだったかな?)に滞在中、むこうのテレビ番組観ていたら、幼い時から実の父親にされた性的虐待について、刑務所に服役中(他の犯罪で)の父親にインタビューするコーナーがあったそうな。 

大人になった姉妹は、父親に謝ってもらう事で何とか過去の傷から立ち直ろうとしていたのだが、父親は「女房に飽きたから娘に抱いて何が悪いんだ?」というような発言をして、生放送の番組がメチャクチャになった。 

インタビュアーは激興して、姉妹は泣き崩れる。それでも父親は自分の何がいけないんだか解らないようで、逆切れしていた。 

おぼろげながらこんな感じのことが書かれてあったような気がするが、この時に思った。

親を人間として考えるから傷つくんだよな、きっと。 

667: 名無しさん 02/07/19 21:29
>>664 
それって白人?

嘘か本当か、アメリカの下層階級の白人って、日本人の想像を絶するレベルの低さだと聞いたことがある。

普通のアメリカ人を描いた映画とか見て唖然とすることもあるけど、ああいうしょーもない人が意味のない殺人に走っちまうんだろうか。

672: 名無しさん 02/07/20 18:58
>>667 
確か黒人だった記憶。 

性的虐待については、ものすごくモラルが欠落しているか、ありすぎて確信犯的に変質者になるかのどちらかでしょうね。

厳格なクリスチャンの家庭でも起こりうることだそうだから。 

666: 名無しさん 02/07/19 20:51
そして遂にダミアン誕生。

670: 名無しさん 02/07/19 23:07
なんかアホがおるな(笑)

671: 名無しさん 02/07/20 02:24
他の方の書き込みの方がたに比べたら、大したことないんですけど。 

子供の頃、この世で一番怖いのは母親でしたね。グーでも殴られたし、さんざん罵られたし、髪の毛洗われる時も、もうむしられる位の勢いでガシガシやられながら、「頭動かすな!やりづらいだろ!」そりゃあ動くわ…。 

そんなんで毎日家で泣いて、学校でも暗いっていじめられて毎日泣いて、誰にも相談できないからずっと黙ってました。 

大人になった今、母親の話を聞くと、当時は姑とのイザコザとか、子育て(兄弟多いんで)とか、相当辛かったらしい。

今となっては気持ちわからんでもないけど… 今だに夢の中で、母親から逃げてる時があります。泣きながら。でも今では、それなりに母親と仲良くしてます。

というか、当時の事を思い出すと、第3者の目で見てる感じ。こんな子供もいたなあ、て。
 
ただ、人に深入りしない人間になりました。

友達はたくさんできたけど、悩みの相談なんか絶対しない。この事も誰にも話したことありません。明るい子の真似をし続けてたら、それが板についてしまったみたいです。 

まあ人生の前半がちょっと辛かったぶん、これからに賭けるさ。おやすみなさい。 

673: 名無しさん 02/07/20 23:23
>>671 
そういう風に思えるあなたは偉い(あてこすりなし)。 

しかし、家の中のストレスは弱いものに弱いものに向かう傾向があるから、年上の兄弟に苛められたりとかはなかったんでしょうかねえ。

683: 名無しさん 02/07/21 16:51
頭からヨーグルトをかけられた。

684: 名無しさん 02/07/21 16:58
>>683 
怖いか?

685: 名無しさん 02/07/21 17:05
>>684 
いや、よく考えてみなよスゲー怖いぞ。

素面な顔して「食べなさい」っつって頭からかけられるんだぞ、オハヨーのやつ。

690: 名無しさん 02/07/21 19:30
私もお灸すえられたり、姉が悪い事したら「あなたがこういう事すると、この子がこうなるのよ」とか言ってぶたれたりした。

カメとか飼ってたが、こいつらが殺されなくてほんとよかった(泣きながら書いてます)。

691: オンナ 02/07/21 20:07
あー、よく気絶するまで殴られたな。お経唱えながら、お数珠でばしばし叩かれりもしたな。 

鬼婆みたいな顔してたよ!悪魔ばらいしてるつもりなんかよ! 髪何度も抜かれたせいで、そこだけなんか薄いよ! 

692: 名無しさん 02/07/21 20:24
>>691 
やけに明るい。

696: オンナ 02/07/21 22:31
出来婚の子供だったうえ、両親の仲が悪かったから、母親には散々虐められたよ! 

親戚にまで、このコさえ生まれなかったら・・・!って罵られたよ!消防に言うことかよ! 父親もろくでなしで、何千万も借金するし、母親はパチンコ狂いで、きたないおっさんと浮気三昧。 

自分は絶対立派な人間になるよ!警察官か、家裁の人になるぞ! 

そういえば子供の頃の夢は、尼さんか、孤児院の先生になることだったな・・・。

697: 名無しさん 02/07/21 22:35
>>696 
両親は反面教師。がんばれ。

695: 名無しさん 02/07/21 21:33
母親にパンツを下ろされ、「めるめるして」と言われた。 

「めるめる」って何の事かわからなかったが、「ケツを上げろ」って感じだったので、ケツを上げたらお酢を肛門にかけられた。 

あれは何だったのだろうか?

700: 名無しさん 02/07/21 23:15
俺今年39歳・・・でも4、5歳の頃に母親に「お前なんか死んでしまえ」と首締められた事あるよ。この年になってもはっきり覚えてる。

その時のトラウマか、今でもハイネックとか首のしまってる物は苦しくて着れないよ。

702: 名無しさん 02/07/22 07:35
虐待された傷のことは思い出したくない。 

彼らのやったことを手紙に書き、結局わからないようだったので絶縁し、数年たった頃、実父が癌で「今後の相談に・・・」と実母が留守電に。

双方承諾の上縁を切ったというのに、自分が弱くなったとたん、利用しようとしたのだろう。夫の母にも話があったようで、夫がわけを話して義母は解ってくれた。

一度書面で取り交わしたにもかかわらず。私は本当に腹が立った。

こいつら、親じゃない。あの時、私は人としての光を取り戻した。 

703: 名無しさん 02/07/22 18:18
>>702 
うちの母はかなり裕福な上、世話してくれる人もいるのだけど、純粋に心細くなったのか、人の心を取り戻したのか、今までの事を謝罪した手紙を出してきた。 

モップで乱打した事、まっ昼間、裸で外にほうり出された事、酒に酔って、生のさんまを無理矢理食わせた事、打撲の後遺症で、私の右腕がまっすぐ伸びない事、他。 

末尾に、「お前がいつも心の中におります。どうかお元気で」と書いてあった。くしゃくしゃに丸めて宅急便で送り返した。 

それから間もなく、母は病死した。

葬儀には顔を出さなかった。死の間際、私の名前ばかり呼んでいたらしい。 

ざまあみやがれ。 

704: 名無しさん 02/07/22 20:35
>>703 
あなた最悪。

711: 名無しさん 02/07/23 12:27
>>704 
自分がしたことは自分に返ってくるってことだろ。>>>703は自分がされたことに対して、返してやったってことだからプラマイゼロ(まで行けたか?)。

新しい人生へゴー!がんばれ、>>>703

720: 名無しさん 02/07/23 18:57
>>703 
あ、それも全然間違っていない。ヤッターって叫びたいくらい当然のこと。

年取って心細くなると、急に擦り寄ってくるんだよね、ヤツらはよ。 

子供時代(小学生とかだよ)不可能ってわかっていながら、平気で「出てけ」連呼してたくせに。実際出て行ける年齢になってそうすると、今度は「会いたい。遊びに来てくれ。」だとよ。

じゃぁ聞くが、鼻血がでるまで殴ったのは誰だよ。「生んだのが間違い」って言ったのは誰だよ。「お前には悪霊がついている」って体中噛み付いてきたのは誰だよ。
 
だまされちゃいけない。利用されるな!

706: 名無しさん 02/07/22 21:23
どんな酷い目に合わされても、亡くなってから親の苦労や有り難味がわかって涙が出た、という「ちょっといい話」みたいなオチを望んでいる人が多いのよね、世間じゃ。 

でもさ、親に死ぬかと思うほど叩きのめされて(親の機嫌ひとつで)、何でもないことが強迫観念になっていると、マジ>>703さんみたいな気持ちにもなるよ。 

余命幾ばくも無いからって、謝ったからって、それで帳消しにして手を握って、「あなたの子供でよかった」なんて涙ながらに言えない。 

そうしてあげればきっと、虐待の限りを尽くしてくれた親も安心してあの世に行けるだろうが、それも自分勝手な話。

生きて謝罪しろと言いたい。

721: 名無しさん 02/07/23 19:16
私は虐待されてないので、虐待された人の気持ちを完全に理解することはできない。

でも、このスレに書かれているような目に遭わされた人が、本当に居るのだと言うことを、忘れずにいたい。
 
例えば>>703みたいな話を聞いたとしたら、以前の私だったら「親も可哀想」とか、「和解したらいいのに」とか言ったと思う。 でも、そんなきれい事では済まされない現実というものがあるんだね。 

もし将来誰かに虐待の事で相談されたら、否定したり説教したりせずに話を聞くようにしたいと思った。 

734: 名無しさん 02/07/24 00:38
>>721 
鬼畜親についての考察。 

自分の場合、実父は長男偏重家庭の次男、実母は生みの母が再婚したため、養子に出された子でした。実母は「両親そろって」すくすく?育った私に嫉妬していたのだと思います。私は親に捨てられたのに、と。 

実父は長男偏重の彼の母親に認められたかったのでしょう、事業を起こすが失敗。
 
その中で、私と2歳違いの妹がいました。男を切望しながら女。

二人とも次男次女であったので「長女」のわたし=しっかりしているから、蹴っても殴っても大丈夫、わかってくれる。事業がうまくいかない実父のはけ口として、いけにえに差し出されたのでした。 

まだ子供で抵抗できない上、長女。「家族」という密室の中での暴力。実母は私を差し出しておけば自分は安全だから、放置していた。実父は彼女もよく殴ったのです(夫によると、お前の父親最低だな、です)。 

当時は何でこんな目にあうの?と心が休まった時はありませんでした。 

722: 703 02/07/23 19:31
書き捨てるつもりだったのですが、レスが多かったのでもう一度。 

まあ、文体として最後に「ざまあみろ」はちょっとショッキングというか、かなり底意地悪い感じですよね(我ながら)。しかし、母が逝ってから二年になりますが、いっこうに可哀相という気分が湧きません。

或いは、もう少し早く謝ってもらえれば和解もあったかも知れません。 

しかし、私がどうしようもない怒りや憤りに焦がされ、虐待の真意について問いつめていた時にはシラを切り、病身になったら、昔はいろいろあったわねえ、的な事をのたまう身勝手さ自体が、実にあの女らしい。 

やはりザマアミロです。
 
私が殺した訳じゃないし。せいせいしています。では。

740: 名無しさん 02/07/24 19:03
>>722 
いや!全然意地悪くない!「ざまあみろ」でスカッときたよ。 

虐待を受けた我々が出来る最高の復讐は、「絶縁して徹底的に無視する事」、「懺悔を聞いてやらない事」 、「和解してやらない事」、そして何より 「幸せになる事」だ!! 

私も頑張る・・・頑張り過ぎない程度。

741: 名無しさん 02/07/24 19:59
>>722さん 
私もひどくなんかないと思いました。娘にそこまで思わせたようなことをしでかしたのは、紛れも無くその親なんだから。 

つか>>704は人の痛みもわからないのかと驚きと憤りが・・・。 

※704: 名無しさん 02/07/22 20:35
>>703 
あなた最悪

709: 名無しさん 02/07/22 23:24
よく言うじゃないか。殴られた方は忘れないけど、殴った方は忘れるって。

親子の関係なんて特にそう。親は自分が「してあげた」ことを並べたてて恩を売りたがるけど、子供が「されたこと」を言うと「そんなことあった?」 ととぼけるか、「なんでそんなこといまさら言うのよ、しつこいわね」と逆ギレしたりする。

別に男女でもよくある話だけどさ。

710: 名無しさん 02/07/23 01:39
外見に傷が出ない様ひたすら虐待する糞父親と、それをする様に指示して、糞弟とのんびり談笑しながらテレビ観て飯食ってた糞母親、どっち殺そうかなー。 

中途半端に外面いいだけに不便だ…犯罪にならなければとっくに殺してる。

早く死ね。財産残して死ね。

712: 名無しさん 02/07/23 14:28
虐待じゃないけど、小話をひとつ。 

小学生の頃、バレンタインデーに、好きな男の子にあげようと用意したチョコを母親に取り上げられ、「お父さんにあげなさい」と言われて、そのまま父へとそのチョコは渡された。 

その時、母に「あんたなんかにチョコを渡されても困るだけだ。好かれてるとうぬぼれてるのか」と言われたのを今でも憶えている。 

その時のことを母に話すと、忘れたと言われた。

母が嫌いになった。 

707: 名無しさん 02/07/22 21:55
ここ見て改めて考えると、自分の親が普通でよかった。

708: 名無しさん 02/07/22 22:00
俺も親に結構殴られたし、不条理な怒られ方もした方。 

だけどさほど恨みはない。それなりにうまくやっている。何が基準かはよく分からないけど、我が家は「正常」の範囲なんだろうと思う、多分・・・。 

ここに体験談を書いているみなさんが、特に心が狭い人だとも思えないし、 世の中には、行き過ぎた凄まじい世界があるんだなと戦慄。 

何で人間がそこまで鬼畜になれるのか分からないよ・・・。 

656: 名無しさん 02/07/16 15:15
父ちゃん、かあちゃんありがとな。 

最近読んだ虐待の話で「Itと呼ばれた子」ていう本、読んでみると良いよ。アメリカでワースト3に入るほどだそうだ。 

“It(それ)”と呼ばれた子
デイヴ ペルザー
青山出版社
1998-04


657: 名無しさん 02/07/16 17:09
>>656 
それは虐待の酷さがワースト3と言う意味か? 

それとも本の売上げがワースト3と言う意味か? 

後者だとしたらアメリカ全土で2、3冊しか売れてないって事になるが。

661: 名無しさん 02/07/17 15:58
>>657 
スマン、説明不足でした。前者の方です。

662: 名無しさん 02/07/19 13:13
>>656 
虐待本はダニエル・キイスが流行った頃けっこう読んだけど、「ジェニーの中の400人」が一番きつかった。性的虐待が混じると、どうしても…。

こないだ久し振りに「スモールサクリファイス」を読んだけど、DQNな親は子供を持つな!の典型だったよ。

【中古】 ジェニーのなかの400人 /早川書房/ジュディス・スペンサー / ジュディス スペンサー / 早川書房 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
【中古】 ジェニーのなかの400人 /早川書房/ジュディス・スペンサー 

アメリカ南部の片田舎に生まれた少女ジェニー。愛くるしく魅力的な彼女だが、望まれぬ子供であったため、母親から疎まれ、絶え間ない暴力を受けることに...入信させられた悪魔崇拝のカルト教団での性的虐待から逃れようと、ジェニーは自ら人格を無数の断片に裂いてゆく。幼児虐待の忌まわしさを告発した衝撃のノンフィクション。

【中古】 スモール・サクリファイス(上) 虐待の連鎖 /アンルール(著者),曽田和子(訳者) 【中古】afb
【中古】 スモール・サクリファイス(上) 虐待の連鎖 /アンルール(著),曽田和子(訳) 

658: 名無しさん 02/07/16 20:02
30年くらい前の本だが「ローラ、叫んでごらん」(サイマル出版会)という実録ものを読んだ。
 
アル中ドキュンの母親に、フライパンで焼かれた赤ん坊。体はケロイドで醜くひきつり、ショックで自閉症になってしまう。そんな彼女とケアの人々とのやりとり。 

正直、かわいそうなのと、人間捨てたもんじゃないといういい意味と、二つの意味で泣けた。


713: 名無しさん 02/07/23 14:37
私は中2から大学に進んで家を出るまで、性的虐待されてました。
 
それも許せないんだけど、大学生になってから死ぬ思いで弟の事を母に告げたら、「ふーん、そう」って感じの対応をされて、めちゃ辛かったです。 「怒りもしないのか」と問い詰めたら、逆ギレされましたよ。 

挙げ句、「二人しかいない兄弟なんだから、これからは仲良くしてね」とか言われるし。友人に相談したら、硬直してました(w。 

今は普通の家族っぽくしてます。弟は謝ってないし、母もこの事は無かった事にしてるみたい。
 
でも私は忘れる事はないし、きっと彼らが死んだらせいせいすると思う。

弟はホモの人に拉致監禁されてレ○プし殺されてくれないかなー、とかも思います。 

716: 名無しさん 02/07/23 14:46
ごめん、よくわかんないんだけど>>713が弟から性的虐待を受けてたってこと?

717: 名無しさん 02/07/23 14:50
雪に醤油かけて「大根おろしよ」って食わされた。 

718: 名無しさん 02/07/23 18:35
>>717 
声出してワラタ。 

【その12へ】