【その13】
黒い手


877: 807 02/08/02 01:27
兄貴が帰ってきて以来の出ていけコール、まだ続いています。 

私もたいした娘じゃないけれども、ここにどのようなことがあったかを書きこむと、自分の状況が分かってきます。兄が帰ってきたものの、扶養をせまる両親を見て、出ていきたがっているのを知っているのだろうか。 

状況がまともになるのなら、どんなことでもします。

明日母に、必要なら手を上げます。思い知って欲しい。


※807: 名無しさん 02/07/28 01:05
そこまで強烈ではないのですが、兄貴が帰ってきたのでわたしは老後の介護要員として洋ナシになりました。母親から猛烈に出ていけコールをされています。 

ま、いいけどね。実家出て行くいい口実ができたし、なにより向こうから介護等の義務を放棄していいってことだから。 

みんな幸せになってほしいのにな・・・。

※詳しいやりとりは【その13】に。 

878: 名無しさん 02/08/02 01:39
>>877 
まず、話をしてみてくださいね。

俺は長男だが、扶養に関してはことある事にしてきたよ、学生時代から・・・老後は夫婦2人で助け合って暮らしていくんだ、とね 。

俺はたぶん仕事人間にならざるを得ないだろう。将来的に、俺の嫁に過度の期待をすることは許さないと・・・。

仮に嫁との対立があった場合は、俺は嫁サイドに立つ。つまり俺の嫁と喧嘩する事は、俺に宣戦布告していると無条件で判断すると。 

その甲斐あって、今じゃ2人で老後を考えてつつましく生活してるよ。 

がんばれ!!

883: 807 02/08/02 02:38
>>878 
話して聞く相手じゃない。 

一応、母親は頭わりといい。弱い人間で、自分を慕ってくるものには思いやりがある。

しかし、彼女の生きる動機は、自分の老後がいかに輝かしいものであるかどうかが問題で、子供はその手先でしかない。 

そのことは高校生の頃からよくわかっていた。わかっていたけど、何とか助けられないものか考えていたし、私が誰の目から見てもいい子であれば、みんな幸せになれると信じていた。 

当時は毎日2時間以上、部屋に逃げても追っかけて延々グチ話を聞かされた。頭おかしくなった。それとも、私がおかしかったから母もおかしくなったのか。 

大学卒業後は無理やり兵糧攻め(送金ストップ)にされて、彼女の希望する地元の職に就かされた。むりやり他県にいついてもよかったのだが、そこまで彼女が追いこまれていることを心配して、帰郷した。職は合わずに1年で離職した。 

今、私と同じ空間にいるのが嫌らしく、ずっと離れたところで真夜中に仕事をしている。 

私が悪いの。私がいい子なら彼女は幸せなの。今まで彼女の言う通りにしてきて、かなりのものを犠牲にして、これか。 

それでも殴ってはいけないの? 

殺してしまいそうだから、昨日は真夜中に帰った。 

884: 名無しさん 02/08/02 03:00
>>883 
了解。話して理屈が通らなければ、実力行使あるのみだね。 

貴方にとって一度の人生。親の物ではない。貴方がまず「幸せになって欲しい」。面倒なことは、まぁ兄さんに任せて。

経済的には大変かもしれないが、実家を飛び出しちゃえ。なんとかなるさ。

応援してるよ。

881: 名無しさん 02/08/02 02:23
うちは言葉の暴力がひどかったです。

そのせいか10才~18才くらいまで、白髪の数がハンパじゃなく生えてたし、どもりもすごかった。でもハタチもすぎた今は、白髪もどもりもほどんどありません。 

882: 名無しさん 02/08/02 02:24
15年間虐待され続けましたが、今は年老いた母親の介護をしています。 

あの芋虫が、親戚や近所の人にしていた、仲のよい親子の演技が今役立っています。周りの人は誰一人、私がそんなことをしているなんて思っていませんよ。

この間、見舞いに来た芋虫の妹に、「このままだと殺される」とか好き勝手なこと言ってたけれど、まったく聞く耳持ってなかったですよ。
 
虐待の連鎖を断ち切るために、私は虐待先祖がえりを選択しました。

親からされた虐待は、本人に返すことにしたんです。あいつを殴る時の私の顔は、昔のあいつと同じ顔をしていることでしょう。 

でもあいつは笑いながら殴っていたけど、私はなぜか涙が出てくるのです。泣きながら殴っています。 

今日はおしっこをしたオムツを食器にして、ごはんを食べさせました。顔がかゆいと言うので、濡れ雑巾ををかぶせた上からやかんで水を注いで、呼吸困難にしてやりました。
 
あいつの若い頃のアルバムと、結婚した時の写真を目の前で切り裂いてやりました。 

885: 名無しさん 02/08/02 03:09
>>882 
止めなよ、そう言う事するの。 

虐待されても親は親でしょ!って言う事を言いたいんではなく、貴方は確実に傷ついてる。昔もだけど、今も傷を作ってると思う。これ以上アホなヤツの為に傷つかなくてもいいじゃんか。 

虐待をせず、他人として介護をしてみたらどうだろう。私も、親じゃなく、他人として両親を見るようになって気が少し楽になったよ。 

あと悩みを言える人はいる?いなければカウンセリングとかもいいと思う。今の自分の気持ちを話せる環境が、貴方には必要だと思う。

でなければ、これから先もずっと貴方が傷つくだけだと思うよ・・。

886: 名無しさん 02/08/02 03:18
>>882 
涙が流れるのは苦しくて辛いから。 それに、きっとそんな親でも愛情があるから。
 
>>885に同意です。

888: 名無しさん 02/08/02 05:07
私も>>885さんに同意。 

>>882さんはそんな辛い環境にいながらも、心根の優しい人に育ったと思う。今のお母さんの接し方をしていて涙が出るのは、無理をしているのが大きいのではないでしょうか。
 
>>882さんはお母さんみたいな人になりたくないですよね? 

あの頃のお母さんと同じことをするんじゃなくて、乗り越えることで、貴方の人生が本来の形に修正されると思います。今のまま囚われていたら、貴方の人生がなくなってしまいます。 

貴方とお母さんは別の人間ですから、貴方さんはご自身を傷つけずに、大切にしてほしいです。

887: 名無しさん 02/08/02 03:45
>>882
過去を過去として乗り越える勇気も、親を断ち切る強さを待てるようになるには、時間と心の整理が要ると思います。 

もうしばらく、あなたの母親には、あなたの過去のサンドバッグの役割をしてもらいなさい。抱きしめてくれなかった代わりに、今あなたに殴られてくれていることが、あなたのお母さんにできる唯一の愛情表現です。 

889: 名無しさん 02/08/02 12:47
これ酷い…。

ttp://www.sankei.co.jp/news/020802/0802sha060.htm 
※ウェブアーカイブより

病気治療で帰省の息子絞殺 

青森署は2日、病気の治療で東京から帰省していた
長男の(37)の首を絞めて殺したとして、殺人の疑いで母親(60)を逮捕した。 

調べによると、母親は2日午前3時50分ごろ、自宅2階の寝室で、寝ていた長男の首を電気製品のコードで絞めて殺した疑い。「息子の病気を気に病んで殺害した」などと話しているという。 

母親は同日午前4時ごろ「息子を殺してしまった」と青森市内の交番に電話をかけた。長男は7月下旬から治療のため帰省し、通院していた。 

事件当時、容疑者の夫(66)を含め3人が同じ部屋で寝ていたが、夫は気付かなかったという。 


病気治療のため、7月下旬に帰省したばかりなのに、母親が「病気を苦に」息子を殺害。一生懸命働いて、それで鬱病になったから帰省したのに。

こんな親酷すぎる。 


895: 名無しさん 02/08/02 15:30
>>889
怖いね。田舎で60歳だったら「病気→恥」だったんだろう。

897: 名無しさん 02/08/03 19:39
これぞ最強かも。 一生トラウマ大決定だよ…(涙。 

ttp://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1028169763/

1日午前7時55分ごろ、大阪市都島区のマンションに住む小学生から「家でお父さんとお母さんが血まみれになっている」と119番があった。

消防隊員が駆けつけたところ、男女2人が室内で多量の血を流し、すでに死んでいた。 

都島署の調べでは、2人とも体に刺された跡があり、遺体の近くで刃物が見つかった。同署は心中か殺人の疑いで捜査している。
 

898: 名無しさん 02/08/04 16:10
最近、幼稚園でキレる子供が増えたというニュースやってた。
 
幼児が突然他の子供を蹴ったり、「ぶっ殺す」と言ったりするそうな。でもこれって、家で親にやられてることを、そのままやってるだけだと思うんだけどね。

このスレの住人が増えつつあるってこったな。

899: 名無しさん 02/08/05 19:54
親にも元ここの住人がいるのかな?

900: 名無しさん 02/08/05 20:18
私は幼い頃、どうしようもなくヤンチャで、手がつけられなかった。

あれは忘れもしない幼稚園時代。私は親に向かってひどい暴言を吐いた。そこで両親はキレた。

母親が両手を、父親が両足をそれぞれ持ち、家の中から花壇へ向かって幼い私を放り投げた。

901: 名無しさん 02/08/05 20:57
小学生の頃。

父親はたまに、「(体)貸して~」とか言って、夜私のベットに入ってきて胸触りお尻いじり(前も)、したい放題してた。

低学年の頃は意味が分からずおとなしくしてたけど、高学年にもなると気持ち悪いから逃げ回ってた。母親はもちろんそのこと知ってた。 

成人してから思い出したくないけど、むかつくから母親に問いつめたら「覚えてない」の一点張り。 

両方氏ね。

903: 名無しさん 02/08/06 02:58
>>901
げえー最低な親!

902: 名無しさん 02/08/06 02:54
>>901の両親に呪いあれ!

他人を支配する黒すぎる心理術
サンクチュアリ出版
2013-09-10


905: 名無しさん 02/08/07 22:31
心のこもった「がんばれよ!」は本当に泣けるよね。このスレの人とかね。ここ、善人が多そう。 

でも、たまにいるじゃん。どうでもいいくせに、上っ面ばかり親切で「がんばれよ」って言う奴。声だけかけときゃ事は済む、か?俺は菜っ葉じゃねえんだあ! 

クソ親含め、そういう偽善者どもにはこの言葉を捧げてやれ。 

がんばれよなんて言うんじゃないぜ! がんばったら、おまえみたいになるのかよ馬鹿野郎!

908: 名無しさん 02/08/09 01:15
自分の中の子供が泣くんだよね。 

自分の中の幻影、心の痛みの具象化したものなんだけど、その痛みは当然自分の痛みだから自分も辛くて、大人なはずなのに冷静でいられなくなる。 

そしてね、考えると私も、昔から子供ではいられなかった子供であったんだよね。 だから子供でいる事が罪悪の様に思えていたのに、その頃は薄汚い野良猫の様に無力に見えて、実際小さい自分が嫌だった。
 
なのに、子供ではいられなかったんだ。 

それが何で今になって子供の姿で現われるのか、本当に不思議だ。

919: 名無しさん 02/08/09 06:22
失望の海 
脆弱な心 
病的な被写体 
自我の崩壊 
残酷な他人 
刹那な癒し 
蔓延する虚脱 
無への願望 
閉塞した自分 
分離への不安 
他人への恐怖 
他者との拒絶 
同調への嫌悪 
倣慢な把握 
弱者への憐れみ 
過去の傷痕 
曖昧な境界 
常識の逸脱 
孤独なヒトビト 
胎内への回帰 
空しい時間 
破滅への憧憬 
要らないワタシ 
虚構の始まり 
現実の続き 

それは、夢の終わり

929: 名無しさん 02/08/10 02:27
よく、母と姉にいじめられる夢を見て泣いて起きるんですが、何なんでしょう。虐待とかされてないはずなんですが。嫌です。

母が出てくる夢は、大抵私がいじめられるか大喧嘩している夢なんです。 

930: 名無しさん 02/08/10 03:10
私は親父にさんざん殴られて、押さえつけられて育ってきた(今16歳)。 

だから私が理不尽、必要以上の暴力を受けてた分、自分の子供にはちゃんと、日常的な暴力を振るうことなく接しようと思ってた。自分は普通に親になるだろう、と思ってた。

でも、きっと無理。

938: 名無しさん 02/08/10 23:29
母親にソロバンで殴られた。

そのソロバンは真っ二つに壊れた。 

939: 名無しさん 02/08/10 23:36
>>938
ソロバンで殴られると痛いよね。わたしは頭にソロバンの珠の形通りに内出血して、鏡で見るととても気持悪かった。懐かしい。

940: 名無しさん 02/08/10 23:40
子供の頃、鍵に長いヒモをつけてたんだけど、ある時母親に怒られていて、怒った母が私の鍵をバッって奪って、ヒモの先を軸に、思いきりむきだしの太ももを殴った。

鍵の先が激しく当たって、太ももに穴があいた。

その直後、家出した。小学校5年の時。

943: 名無しさん 02/08/10 23:46
風呂入ってる時母親が突然入ってきて、つば吐きかけられた。 

5歳ぐらいだったから忘れてると思ってるだろうが、俺は一生忘れない。

944: 名無しさん 02/08/10 23:47
>>943 
なんでまた・・・。

945: 名無しさん 02/08/10 23:57
中学の頃、親が入ってる宗教団体の旅行に、無理矢理行かされた。 

旅行と言っても、団体の本部に行ってお経を唱えるのよ。嫌だと言ったらお風呂場に入ってきて、全裸の私に説教しだした。 

高速バスで下関から東京まで行った。もちろんバスの中で1泊。朝6時に無理やり起こされ、てバスの中でお経を唱えさせられた。

かなりハードスケジュールで2、3人の子供が最終日倒れた。 

948: 名無しさん 02/08/11 00:00
とりあえず母親には、風呂に大蒜(にんにく)を入れるのを止めて欲しい。

体に良かろうが入らないと言っているのに・・・。 

954: 名無しさん 02/08/11 03:59
私の父の記憶は、私を殴る姿ばかりでした。

顔が、声が気にくわない、といっては手を上げられました。何処の家でもそうなのかと思っていましたが、家を出て違うという事を知った馬鹿です。 

19歳の家を出る迄、父とは会話らしい会話をしていなかったので、よそよそしい会話になってしまいがちですが、メールでは、なんとか会話(交換日記の様)になっています。 

そんな父から先日、届いたメールです 

「誕生日オメデトウ。26才ですね(私の26才は君の父親になった年です)。前向きに生きて下さい」 

涙が出た。

957: 名無しさん 02/08/11 10:08
>>954 
殴る事が愛情表現だと、信じて疑わない人もいるんだよね。

大概が自分も親に殴られてて、でもまともに育った人だったりする。

955: 名無しさん 02/08/11 04:00
ベルトをムチのように使い殴られた。

935: 名無しさん 02/08/10 14:43
幼稚園に入る前のこと。 

お祭りの露店で、焼きとうもろこしが売っていた。

父に「買って!!」って言ったら無視されたんで、しつこく何度も言ってたら思いっきりゲンコツされた。子供心に「ダメならダメって言ってよ」と思った。数日後、農家から山ほどのとうもろこしを買ってきてくれた。

ちょっといい話になってしまったね。

941: 名無しさん 02/08/10 23:40
>>935 
ええ話やないか~。ほろり。 

やっぱさ、親が子供を愛してるかどうかってのは、いくら子供だってわかるんだよな。

子供を虐待する親ってのは、まず自分が可愛くて、子供は自分のエゴを満たすだけの道具なんだよね。もしくは面倒なので関係を持ちたくないか・・・。

最近ネグレクトが増えてるし、援交やってるような子供の親も、ある意味ネグレクトなのかもな。

936: 名無しさん 02/08/10 14:48
体罰に愛がないと、子供はどんどん曲がるんだ。 

【その15(完)へ】