【その1
学校二宮金次郎3

91: 名無しさん 01/11/20 23:17 
小学校の頃の話。 

音楽の時間に合奏があり、パートを選ぶ事になった。

演奏する曲は「ドラゴンクエストメインテーマ」。俺のパートは打楽器。打楽器というのは、要するにドラムシンバル以外の叩いたりする楽器なら何やってもいい。その上楽譜が無いから。自分の好きなようにやれる。今考えてみれば妙なもの。 

で、「音楽準備室」って所に通されて、先生が適当に楽器を選べと言ったので選ぶことに。 

「おお…」 

つい、ため息が出るくらい素晴らしい楽器があった。 

合奏中 
ポコポコポコポコポコポコポコポコポコポコポコ チー ン ポコポコポコポコ チー ン ポコポコポコポコ チー ン …。

俺が選んだのは、木魚とトライアングル。 

リコーダーの奴らは笑い転げて吹けないし、大太鼓の人間は崩れ落ちるし、更には先生まで笑ってピアノの音程外す始末。 

ちなみに、その後の俺の仇名は「和尚」。 

皆が笑ってくれて嬉しかったよ。

93: 名無しさん 01/11/20 23:27
>>91 
ハゲシクワロタ!!!!

96: 名無しさん 01/11/20 23:51
オレは高校の授業中いつも爆睡していた。 

ある日いつものように寝ていたら、なんか先生がオレの名前を呼んでいる…。

「ん?なんか質問された?」 と思ったオレは立ち上がって答えようとしたが、寝ていたオレは質問の内容なんか分かるわけもなく、タダタダ立ち尽くすのみ。

その状況を打破すべく「分かりません」と答えた。

しかし、なぜか周りは爆笑している。 

そう、オレは起こされただけなのに「分かりません」と答えていたのだ。

いま思い出してもハズカシイ…。

98: 名無しさん 01/11/21 00:12
高校の時、授業中にクソをしに行ったやつがいた。 

ヤツが教室に帰ってきた時、何かを引きずって来た。皆の視線はヤツのケツにクギ付け。彼はズボンのウェストのところから、トイレットペーパーを70cm近くも垂らしていたのだ。

教室がざわつくも、本人は全く気づいてない。昼飯の休み時間、オレ達はヤツの後ろを尾行しながらドキドキ。 トイレットペーパーを風になびかせながら、さっそうと歩くヤツ。

オレ達はヤツに気付かれないよう、そのトイレットペーパーを引き抜こうとしていたんだけど、結局違うクラスのやつ教えちゃってTHE END…。

101: 名無しさん 01/11/21 02:18
小学生の時、教室に生理用ナプキンが落ちていた。 

誰かが不注意で落としたものらしいが、当然「それ、私の!」と名乗り出るものはいない。 

すると、一人の男の子がそれを拾い上げた。まじまじと観察していたところからすると、彼にはそれが何だか分からなかったのだろう。 

そして彼は、おもむろに開封してシールをはがすと、それをおでこに貼り付けてキョンシーの真似をし始めた。 

…知らないって、恐ろしいよね。

102: 名無しさん 01/11/21 02:27
>>101
そうゆう性癖(w

104: 名無しさん 01/11/21 02:49
大学の授業中、いきなり教室の前まで行ってズボン脱いで、黒板に意味不明な文字書き出した奴いて怖かったな…。

105: 名無しさん 01/11/21 03:35 
体育祭の組体操で、肩車→サボテンのところ、相手の股に後ろから顔突っ込んで、いざ持ち上げようと思って力んだら「プッ」っと出ました。

二人とも笑って力が入らなくなってしまい、その後の組体操はグダグダになってしまった。

※サボテン
サボテン
106: 名無しさん 01/11/21 06:54 
>>105 
おれは2人で向き合って肩組んで、その上に人が乗るやつの時に。

107: 名無しさん 01/11/21 08:0
>>105 
うちの学校じゃ、実が出たやついるぞ…。

109: 名無しさん 01/11/21 11:22
女子中だったんだが、ボス格の女の子が、子分格の子に「キスマークをつけてやる!」と言って、休み時間に首筋にキスマークをつけられていた。 

今思うと、なんであんなことしてたんだろう…。

110: 名無しさん 01/11/21 12:43
>>109 
愛です。

115: 1 01/11/21 22:46
ある日、女子に人気のTが学校にマスクをしてきた。 

「ちょっと風邪ひいてねゴホゴホ」と、妙にわざとらしかったんで、休み時間に友人達とマスクを剥ぎ取ってみると、前歯が無かった。

116: 名無しさん 01/11/21 23:31
ある日、物理部でマターリしていると、化学部の連中が全員白衣やタオルを顔に巻いて、ガスガン持って襲撃してきた。 

「立て!」と銃を突きつけられ、「後ろを向いて壁に手を当てろ!」等と某テロリスト並の化学部兵士たち。

こちらも隙をついて、部室に置いてあったガスガンを手に取ろうとするも失敗、至近距離から尻を撃たれ、尻に激痛が走った。

そのまま降伏しろ(何を?)と迫られるが、ネゴシエーター(部長)の見事な交渉により、我々は解放された。 後日、我々は化学部を襲撃に行くが、見事に返り討ちされた。

その後、襲撃は恒例となり、物理部と化学部は校内サバゲーを楽しんだのであった。

119: 名無しさん 01/11/21 23:40
>>116 
お前物理部ならスタンガンくらい作れ。

122: 名無しさん 01/11/21 23:48 
>>116 
お前物理部なら改造銃くらい作れ。

117: 116 01/11/21 23:36
手元の武器 
・ガス銃「イングラム」 ・ガス缶半分 ・BB弾多数 ・バリケード 

相手の武器 
・電動銃「SG550」 ・ガス銃「マシンピストル Type-U」 ・ガス銃「センチメーターマスター」 ・ガス缶2本 ・BB弾多数 ・塩酸 

あー負けたよ畜生。

KSC ガスガン MAC11 マックイレブン M11A1 HW イングラム 18歳以上対象


147: 1 01/11/22 01:25 
登校時に、突然の便意。

友人宅でトイレを拝借する事にしました。初めての洋式便器に緊張しつつ、排便終了。さあて流すべとレバーを探すが、どうも見当たらない。代わりになんかボタンがついてる。 

よくわからないなりに適当にパネルをいじると、なんか便器の中から棒がにゅにゅにゅと。 

なんだこりゃと思ってたら、棒から突然に水が。 

俺が作動させたのは、当時最新型のウォシュレットだったようです。朝から全身ずぶ濡れになりましたとさ。

165: 名無しさん 01/11/22 18:33 
中学の時のPCの授業で、PCは40台くらいあってそれがLANで経由されてた。

授業中立ち歩くと怒られたから、俺は何とか遠く離れた人と連絡を取る方法はないかと考えました。 

それで思いついた考えが、各PCにはそれぞれ自分の出席番号のフォルダ1つと、クラスで共有されてるフォルダ1つがあって、その共有されてるフォルダにファイルを入れて、それでやりとりしようって事になりました。
 
俺は早速ワクワクしながら、授業も聞かずにペイントでチ○ポの絵を十数分かけて描いて、その力作を共有フォルダに保存しました。 

それでその絵を見た友達は大笑いで、俺もこれで上手くいったと思ったんですが。
 
そして授業も終わりに近づき、いざ証拠隠滅しようと思ったら「ライトプロテクトがかかっているから、教師用のPCじゃないと削除できない」 みたいなダイアログが出てきました。

それだけでもう「!!」って感じだったんですが。 

それが教師にもバレて、当然向こうのPCには履歴も残っていたわけで、「○○君(俺)何してるんですか?」 って言われて、その先公がその画像を開いた瞬間、みんなのPCに俺の力作のチ○ポ絵(名前入り)が映し出されましたとさ。
 
トホー…。

167: 名無しさん 01/11/22 18:40
>>165 
スマンガワラタ

173: 名無しさん 01/11/22 23:47
ある日、超ビンボウな友達の家に遊びに行った。 

その友達はあまり風呂に入らないらしく(入らせてもらえない?)、いつも異臭をはなっていた。そいつは団地に住んでいたのだが、彼の部屋が近くになるにつれ、あの独特のにほいが…。

にほいが一番強烈なところに、彼の家の表札があった。後にも先にも、にほいで部屋を探し当てたのはあの時だけである。 

部屋の中は、腐ったタタミから草が生えてた。ビックリした。

だって 30cmぐらいの立派な草だったから。

174: 名無しさん 01/11/23 00:07
中学の頃、Tが新しい手袋をしてきた。

表が皮で内側がボアになってるやつ。みんなで「Tのくせに生意気だ。モッタイナイ」って言いながら、みんなで手袋を触っていた。

ところが真面目なやつだったKが、いきなり何を思ったのか、手袋をしたまま歩き始めた。そして立ち止まると、しゃがんでおもむろに何かを拾い上げた。 

その手にはウンコが握りしめられていた。

T、号泣しながら発狂。俺たちはKを殴るTを、黙って見ているしかなかった。

177: 名無しさん 01/11/23 03:16 
高校時代山岳部だったのだが、体力を養うためのトレーニングがかなりきつかった 

しかし、高1時の冬山登山の際、縦走中に顧問がバランスを崩して滑落、200メートル程雪山を転がっていった。 この時、俺の頭には「あ、顧問死んじゃった→廃部→楽」 と、浮かんでしまった(今更スマン、顧問のO先生…) 。

なお、顧問は何事もなかったかのように、自らが転げ落ちた雪の跡を登って来た。大事故になってもおかしくなかったのに、パーティに無傷で帰還した顧問。

その落ちた本人曰く、「あ~、死ぬかと思ったよ」 と。

翌年から雪山登山はなくなり、スキー合宿になった。

180: 名無しさん 01/11/23 09:07
>>177 
200mってスゲーな。

181: 148 01/11/23 09:43
>>177 
予想。

先生「んっ?おっ!うわっああああああぁぁぁぁぁぁぁァァァァァァ」…ズザザザザザ

178: 名無しさん 01/11/23 03:44 
中学の修学旅行でトンネル内玉突き事故、ガイドさんフロントガラスに頭ぶつけて出血多量&意識不明、救急車で運ばれてったよ。

179: 名無しさん 01/11/23 06:57
>>178 
珍事というより惨事。

182: 名無しさん 01/11/23 10:39
たいした話ではないが。 

小学校時代、ちょっと頭の足りない、Aと呼ばれる男の子がいた。 

Aは、たいてい一人で遊んでいて、なにやら、いつも「あ゛~は~は~は~ぁ」と、不気味な笑い声を発しながら、道端で土いじりをしているのであった。Aはいじめられっこではなかったが、格好のからかい相手ではあった。 

ある日、Aが例によって一人でせっせと土団子を作っている。

それを見つけた俺たちは、「おい~A、まーた、土団子かよぉ!おめ、それっきゃできねーんかよぉ!」 と言ってからかった。 

Aは、歩み寄る俺たちに向かって「にまぁ~」と歯をむき出し、薄ら笑いを浮かべながら、何かを握った手を俺たちの方に差し出した。 

その素手には、間違いなく「ウンコ」が握られていた。 

適度な粘度を持つ、黄色ががったそれはAの握力に耐え切れず、4箇所の指の間から、「にゅるにゅる」と搾り出されてくる。 

Aはそれが面白いらしく、握り直しては何度も「にゅるにゅるを」見せ付けた。「にゅるにゅる」から発せられる臭気は、間違いなく俺たちの鼻腔を捉えた。 

俺たちは凍りついた。「にゅるにゅる」の迫力に呪縛され、あとずさりさえできなかった。 

そして、Aは、その「にゅるにゅる」の手を開いて自らの目で見つめ、しばし後に、汚物にまみれたその手を振り回して吼えた。 

その声は人間のそれでは無かった。 

その声で呪縛が解け、俺たちは本能的に逃避行動に出た。ただ、振り返らず、ひたすら駆けた。真の恐怖を知った瞬間であった。 

Aの、その後の消息はだれも知らない。

185: 名無しさん 01/11/23 15:15
>>182 
にゅるにゅる…

189: 名無しさん 01/11/24 02:51
昨日のことなんだけど、友達と帰りがけにコンビニに寄ろうと俺が言ったのね。

それで近くのセブンイレブンに入って、いろいろ何を買おうか迷っていると、友達が「700円以上買ったら、くじが引けるらしいぞ、だから700円以上買ってくじ引こうぜ。」と言ってきた。

んで、そばにある張り紙みたいなの見てみると、なにやらキャンペーン中とのこと。一番良いものでは1000円の商品券が当たるらしい。 

それで「これは700円以上買ってくじ引かないと男じゃないな。」なんて友達といっしょにアホな理由で700円以上買うことになった。 

しかし、飯を買うというようなことならすぐに700円以上になるんだけど、その時は別に腹がすいていた訳でもなかったので、なかなか700円以上になんなかった。 

一度さすがにあきらめかけたんだけど、根性でいらん物買ってどうにかして700円以上にした。

そしてレジに行って、店員が700円以上なのを確認するとくじが入った箱を差し出してきた。 

心の中で「オオッ、いよいよきたな、絶対1000円の商品券GETしてやるぜ」と気合を入れてくじを引いて、そしてめくってみた。 

そしたらなにやら”当たり”という文字が見える。心の中で「オッシャーー」と思った。でも俺、目があんまり良くないから、何が当たったのかまで良く見えなかった。 

そしたら女の店員が「あっ、当たりましたか。」といったので、くじをその女の店員に渡したのね。それでその女の店員は、駆け足で当たった商品を取って戻ってきた。

そして戻ってきた女の店員が、取ってきた商品をすこし急ぎ気味に袋に入れている。その時、袋に入れている商品見て、俺の脳裏にあるものがよぎった。 

「まさかアレじゃねーよな。でもアレだったら店員もなんかなんか言うはずだし…。 まっ、とりあえず外で確認してみるか。」 

そんなことを考えながら商品を受け取って、外に出て袋を開けてみると…。 

「…マ、マジかよ。」

さっき思ったとおりアレが入ってた。 そう、女性が使う生理用のアレです。ヌプキンちゃんです。 

「だからあの女の店員、少し急いで袋にしれてたのか~~~」て思った。もう死ぬほど恥ずかしくなったよ。 

そしてそんなの貰ってもしょうがないから、返しに行こうかと思ったけど、恥ずかしくて返しに行けずに端の方に置いといた。 

友達、爆笑しちょった(ちなみに友達は、ブルボンのプチのシリ-ズのが当たった) 。

190: 名無しさん 01/11/24 02:54
>>189 
文体から推測すると中学生くらいかな? オモロイ。 

こういう話って大人になってから会っても、笑い話で出てくるんだよね。

198: 名無しさん 01/11/24 03:39
中学時代の事。 

長い事閉鎖されてた校舎の屋上の鍵が開いてる事を、悪友達と発見。 

まずはそこでぎゃぁぎゃぁ遊んでただけだったけど、毎日休み時間とか授業フケた時とか、そこに通ってる間にみんな愛着が湧いてきて、俺たちだけの秘密の場所にしたくなっちゃって。

誰が言ったわけでもないけど、なんとなく「独占しよう」みたいなことになって、早速ホームセンターで別の錠前と合鍵を揃えて、ドアの内外に取り付けた。 

それから3人がかりで、グランドと職員室からの死角に入るようにブルーシートを張って、屋根の完成。 

その他、雨水止めの為にスノコ持ってきて床上げたり、技術の時間に作った本棚持っていったりで、数日でなんとか「秘密基地」っぽくなってきた。 

でもそこまで手を加えると、いつ見つかるかが不安になっちゃって、学校終わっても気が気じゃなくなってきて、誰が言い出さずとも毎日のように誰かが夜の見張りに行ってたりしてて、たまに夜とかに集まってバカ話続けたりとかやってた。 

…長くなりそうなので中座… 

続けてもいいっすかねぇ。

200: 名無しさん 01/11/24 03:50
>>198 
続けてください。

205: 198 01/11/24 04:29
まぁそんなこんなで、俺らにとっては類稀なる団結力で、秘密基地ライフを自治してたんだけど。

でも何度かピンチがあって、ある日、卒業アルバム用の学級の集合写真を撮る事になり、撮影場所を聞いたら、学年と学級単位での全体写真を、屋上からグランドにカメラ向けて撮るとの事。 

前日から撮影があるのは聞いてたけど、撮影場所まで頭が廻らなくて、当日の朝になって「屋上がヤバい」というのに気づき、必死で対策を練るも何も浮かばない。 

とりあえず休み時間ごとに屋上の荷物を片して、鍵を外してしのごうとしたんだけど、俺らのクラスは順序が早くて、荷物がほとんど片付いてないうちに撮影となった。 

もう「基地はあきらめよう」「遅かれ早かれ見つかるんだし」と、ほとんど諦めたまま撮影に望んだ。 

「もうじき放送で呼ばれたり、朝礼で詰問されたりすんのかな」とか、それぞれ不安なまま残り少ないであろう基地ライフを楽しんでたんだけど、先生方面からは全く何の音沙汰も無い。 

なので結局、「屋上に上がったのは写真屋だけだったんだろう」という説で落ち着いてた。 

それからまた数日後。 

希望者は上がった写真を見せてもらえるという事で、職員室まで見に行ったら写真の中に基地仲間のAがいない。 

後でその事をAに聞くと、幸い屋上に上がったのは写真屋一人だったけど、不安だったので一つ下の学年の委員長と偽って、写真屋を屋上まで先導して、屋上に残った明らかな私物については本当の事を話し、頼み込んで黙ってもらったらしい。 

なので、卒業アルバムの集合写真にはAの姿は載ってない。 

それから豪雪で屋根が壊されたり、キャッチボールしてて捕り損ねた球が、下に停めてあった技術教師のフロントガラスを大破させたり(後日野球部の仕業に) 、色々あったけど、基地は卒業まで俺ら数人しか目にしないまま卒業の日になった。 

卒業式の前日、みんなで基地最後のパーティをした。 

盛り上がるかと思ったけど、普段の夜の集会と変わらないまま、誰とも言わず基地を撤去した。普通の屋上に戻って、もの寂しくなった風景を見ながらなんかしんみりしてた。 

それから卒業。 

在学中あんなに仲良かったみんなだったけど、それぞれ別の高校に通い、徐々に疎通になってた時、Aの訃報を聞いた。あの地震で家と一緒に潰れたらしい。 

通夜の時に、悪友達と再会した。 

その中の一人が、Aの自宅が潰れたので、代わりに棺の中に収める卒業アルバムを持ってきてた。 

プチ同窓会みたいになって、懐かしがりながら普通にみんなで見てたんだけど、Aだけが写ってない集合写真のページになった途端、俺ら全員で泣いた。 

…うわ、珍事でもなんでもないね。

206: 名無しさん 01/11/24 04:32
>>205 
泣けた…。

208: 名無しさん 01/11/24 04:50
>>205 
エガッタ…なんかこう、胸が熱くなったよ…。

210: 名無しさん 01/11/24 05:38
>>205 
しんみり…ヨカッタ。

211: 名無しさん 01/11/24 05:40
中島みゆきが聴こえてきそうだ…。

228: 名無しさん 01/11/24 18:09
>>205 
まるでAが死ぬのが暗示されていたかのようだ…。

212: 名無しさん 01/11/24 06:02
>>205 
A君に乾杯だ! 

【その3へ】