【その20】
流星


263: 通常の名無しさんの3倍 2000/12/31(日) 20:43
どっかのバカが「ちょい右!」とかインコムで言ってやがってよー。 

つられて右旋回しちゃったら、こともあろうにボールに撃たれちゃったよ。
 
ボールにだよ、ボール! MS乗りの恥だ……。


264: 通常の名無しさんの3倍 2000/12/31(日) 21:02
>>263 
なぁ、それひょっとして子供の声じゃなかった? 

いや、気のせいならいいんだけどさぁ……。

※1:00~>>263のインカムが受信した無線。
 

303: サイド6現役看護婦 2001/01/02(火) 01:20
場違いな書き込み失礼します。本来ならオカ板の内容ですが・・・少し手が空きましたので書かせていただきます。 

先ほど、子供の声が聞こえたとおっしゃる方いましたよね? (そこ、右! とか・・・)私にも聞こえていました。最初は空耳だろうと思っていましたが、最後には3・・2・・1!とカウントダウンになりました。

そして、カウントが終了した瞬間に、不思議な事が起こりました。 

数日前に収容された植物状態の患者が突然起き上がり、「テレビを見せろ!ええーい何やってる!ガンダムを映せ!」と叫びました。 

その方は以前、MSの開発をしてらっしゃったらしいです。酸素欠乏症の症状も少し見うけられます。 

凄く不思議な体験だったので、書かせていただきました。

252: 陸戦隊 2000/12/31(日) 12:39
今より最後の突撃をかけます。 

ジ~クジオン!!



247: ジオン兵@アフリカ戦線 2000/12/31(日) 07:55
嘘!?ア・バオア・クー落ちそうなん!? 

ちょっと勘弁してよ~。こっちはそれこそ、あと10年は戦えるぐらいの意気込みで戦ってるのにさぁ。

ここらへんの人たちってみんな連邦に反感が強いらしくて、ジオン兵士に優しいしね。連邦勢力下からこっそり補給が届くことすらあるくらいだぜ。 

はぁ……宇宙戻るのあきらめて、こっちでゲリラでもやりますか?隊長?

262:通常の名無しさんの3倍 2000/12/31(日) 20:31
ア・バオア・クーも落ちたか・・・。

331: 整備員 01/12/31 15:19
「今年もあと8時間。まさか、新年も最前線で迎えることになるとはな」 

俺はブリッジの外に広がる宇宙を見つめながら、自嘲的につぶやいた。 

防眩スクリーン越しに見る沈まない太陽。艦内時間で0時をすぎてた途端に、これが初日の出になるのだろうか。地上の重力に魂を縛られた老人どもより、先に初日の出がおがめる。そう考えて自分を納得させるよりなかった。 

艦内食堂では、モチが振舞われるという話だ。どうも極東の島国の食べ物らしいが・・・ネバネバしてよくわからん。老人がのどをつまらせて死ぬこともあるとか。新年早々物騒な風習だ。 

その時だった。全艦を揺るがす振動。席を立ってスクリーンを眺めていた俺は、壁に叩きつけられた。 
 
ものすごい勢いで空気の流れる音がし、照明が消え、数秒後に非常灯に照らされる艦内。けたたましい警報。自動的に降りてくる隔壁。隔壁が降りてくるにしたがって、空気漏れの音は聞こえなくなった。 

あのブロックの向こうに、何人取り残されたかな。一瞬そう思ったが、自分が生き残るほうが先決だった。 

新年を宇宙で迎える心配よりも、新年まで生き残れるか・・・そんな不安がよぎった。

332: 整備員 01/12/31 19:31
一方、敵艦艦内では、別の意味で修羅場が繰り広げられていた。 

「なぜだ、なぜ奴は沈まんのだ・・・・」 

主砲の直撃を受け、機関部で小爆発を繰り返しつつも、決定的な大破にはいたらない敵艦に、艦長は業を煮やしていた。 

彼には、今年中に撃沈しなければならないわけがあった。今年中に撃沈ノルマを達成しないと、軍令部から成績不振を理由に更迭されるのだった。 

「昨今のリストラの風潮。ほんとにやられるからな」 

艦長は決意を新たに、主砲の一斉射を命じた。
 
大量の電力を兵装にまわすため、一瞬艦内の照明が最低限必要な計器を除いて暗くなる。策敵レーダーもその一つだった。 電源を切られていなかった、出力の低い衝突防止用のレーダーのオペレーターが叫んだ。 

「ミノフスキーの雲の陰から、何か近づいてきます!」 
「何だ?何かじゃわからん!!」 
「レーダーの出力が足りません。」 

直ちに主砲の射撃を打ち切り、策敵用レーダーを作動させた。 

「わ、MSです。MSが急接近してきますっ!!」 

軍功をあせった艦長の判断ミスで、発見が遅れたのが致命的だった。 

回避運動を命じるまもなく、最初の衝撃が全艦を震わせた。

261: マゼラン艦長 2000/12/31(日) 17:34
ああ!また損傷かよ!!ちっくしょ・・・グラナダの兵力がどう動くかまだ判らんというのに・・・。
 
こら!ソコのお前! そう、そこで女性捕虜にいたずらしてるお前だ。代わりにいたずらしといてやるから、ランチでア・バオア・クーの中見て来い! そう、いますぐだ! 

・・・ふふふ・・・さあ、おじさんと遊ぼうねえ・・・。

286: 豪州ジオン新兵 2001/01/01(月) 02:10
ただいま、オーストラリアの基地からです。 

もう駄目です。今から、物資を山ほど積んだHLV3機を打ち上げますが、それが最後の仕事になりそうです。 

…え?連邦のMS小隊が接近中??凄い速さだって…もう駄目です。ヴィッシュ中尉が、たった一人MSに乗って守っていてくれます…。 

ああ、中尉頑張って下さい…。 

256: 文官@サイド3 2000/12/31(日) 14:40
おい、ダルシア首相が、独自に連邦と講和交渉を開始するって話だぞ! 

ジオン兵、おまえら悪いことは言わないから、早めに白旗あげとけ!

244: 連邦兵@後方 2000/12/31(日) 06:46
ふぅ、なんとか終わりそうな雰囲気だね……。 

ところでさ、今うちの軍の最高指揮官って、誰なの? あのでっかいレーザー打たれた後、指揮系統がどうなってんのかわかんないまま戦ってんだけどさ……。

※18:00 ア・バオア・クーでの戦闘が続く中、ジオン公国のダルシア・バハロ首相は、デギン公王から生前に受けていた内密の依頼によってジオン公国を共和制に移行し、サイド6を通じて地球連邦政府へ終戦協定の締結を打診した。

一方、地球連邦軍もこの戦いで戦力を消耗し、続いて行う予定であったグラナダやジオン本国への侵攻が不可能となっていた。

152: 通常の名無しさんの3倍 01/12/31 22:06
ア・バオア・クー! ア・バオア・クーっ!! 

応答無しか・・・ 

!! ・・・停戦・・・信号・・・!?

153: 加山(NT) 01/12/31 23:09
ふざけるなー!まだまだ終わってないぞ!! 

ア・バオア・クー からグワジン級が出港するぞー!あれを沈めるんだ!

156: ジオン新兵 02/01/01 09:51
せっ!戦闘は終わったみたいだな。これからどうなるんだ? なんか回りは連邦ばかりだし。

でもいいや、とりあえず生き残ったから。

335: 整備員 02/01/01 11:55
なんか、砲火がやんでるんですけど・・・え?終わったの? 

どっちが勝ったんだかわかんないけど、とりあえず生き残ったぜ。

さーて、復員したら、明日から何やって飯くうかな・・・。 

319: 連邦仕官 2001/01/03(水) 05:12
ジオンの連中ももう終わりだな。 

さ~てと、こっちは後は安全なトコに隠れて戦後の予定でも立てとこ。

265: ジオン学徒兵@ザク乗り(過去形) 2000/12/31(日) 21:13
機体落とされて、連邦に捕まってます。

今、コロンブス級の捕虜収容艦で移動中です。このあとは[検閲削除]の予定だそうです。 

でも、ウワサされてた拷問や捕虜虐待もありません。ちゃんと食事も連邦兵士と同じ待遇ですし、こうやってネットにつなぐ時間まで与えられてます。国力の違いを思い知らされる気分です。待遇が良すぎて却って[検閲削除] 。

捕虜仲間の間で、ギレン閣下が戦死されたとか、キシリア閣下も戦死されたとか、不穏なウワサが流れていますが、本当なんでしょうか? 

だとしたらもう戦う意味はないんでしょうね。[検閲削除]だけど、平和になるのはいいことだと思います。生きてればまた大学にも戻れるし……。 

はっ、もしかしてネットにつながされてるのって連邦の[検閲削除]。

267: ジオン残存兵@ア・バオア・クー脱出組 2000/12/31(日) 23:01
今、戦線から何とか逃げのびてきた残存艦が集結中なんだけど、生き残った上官達が、なにやら大もめ中で大変だよ。 

武装解除派と独自徹底抗戦派、鉱山小惑星に逃げこもう派、他にもゴミの溢れてる宙域に拠点を構える派なんてのもあるらしいし… 。

はぁ、どうなんのかなぁ、家に帰りたいなぁ。

下手な抵抗したら、連邦のサイド3侵攻なんてのもあり得るし、本国に家族を残してる身としては、血気盛んな連中とはつき合えないんだけどな。

270: ジオン残存兵@徹底抗戦派 2000/12/31(日) 23:54
わしはまだ負けをみとめんぞ! 

かくなるうえはガトルに乗って特攻してやる!!

140: 通常の名無しさんの3倍 01/12/31 21:00
デラーズ「いまは耐えるのだ、生きてこそ得ることのできる栄光を掴むまで、その命、わしが預かる」

294: 通常の名無しさんの3倍 2001/01/01(月) 05:06
あれ?年明けちゃった。 

戦争、終わった?

295: ジオン軍少尉@負傷 2001/01/01(月) 07:17
あけおめ~。

ハア、負けたか・・・まあ敵さんが白いの量産した時点で、こらアカンとは思てたけどな。ジムとかゆう奴。 

俺もザク→ドム→リックドムと結構がんばってきたけど、あれは反則やって。量産型の癖してチョロチョロよー動くし、ビーム兵器は凄いし。ジャブローでは死ぬか思たよ。よっぽど試作機の設計が良かったんやろな。 

で、連邦のモンにいっこ聞きたいんやけどな。
 
俺ソロモンで落とされたんやけど、その時の奴がその量産型とちごて、目が二つあってん。チラッと見ただけやけどな。あれはなんてゆうの?新型? やたらと強かったしな~。 

まあ俺がこうしてカキコできるんも、そいつのおかげかな。ア・バオア・クーまでいっとったら帰ってこれへんかったかもしれんし。 

でも戦争に負けたとなれば、こんな悠長にしてられんようになるんやろな~。ハア。鬱や。 

※0079年12月31日の戦闘の様子。
 

278: マゼラン艦長 2001/01/01(月) 01:01
あ!中だししちまったよ・・・捕虜とは言え、中はマズイよなあ・・・子供でもできたらやばいし・・・しょうがねえ・・・・死んでもらうか・・・いいよな・・・連邦勝ったんだし・・・。

280: ケリー 2001/01/01(月) 01:09
>>278 
勝ったら何しても良いのかよ!! くそっ、なんでこんな奴がいる連邦なんかに負けたんだ!! いいか、俺の名を覚えておけ!! わざわざ名乗ってやったんだ。俺は必ず再起してやる。 

腕の一本が無くたって、貴様をつぶす事なんてたやすいことだ。

277: 連邦軍負傷兵@ア・バオア・クー 2001/01/01(月) 00:47
勝ったのか… でも実感わかねぇぞ!! 

俺の母艦なんて、もう病院船並みにけが人を満載してるし、実際、俺もこうして床に敷いたシートに寝て輸血の真っ最中だ、痛たた……隣のヤツの悲鳴がうるさくて傷口に響くんだよ!! 

おい!衛生兵!隣の死にかけを何とかしやがれってんだ!!

274: ジオン残存兵@火事場泥棒 2001/01/01(月) 00:34
今のうちに軍の備品ガメまくって後でヤフオクで売ろう...。

【その22へ】