【その8】
子供の頃

527: 名無しさん01/11/19 14:26
子供の頃、母親に「(車の)サイドブレーキのボタンは緊急脱出装置だから、押すとイスが飛んで行くからね」と教えられ、自分が免許を取るまで信じてた。 

教習で「サイドブレーキのボタンを押しながら降ろして・・」と言われた時に「イスが飛んでもいいんですか?」と真顔で答えたのは私だ・・・。

528: 名無しさん 01/11/19 14:29
>>527 
その時の教官の返答が気になる・・・。

530: 527 01/11/19 14:36
>>528 
大爆笑の後に「あ~、いたずらしないようにそうやって教える事もあるんだね~。いいお母さんだ・・」と言ってたわ。

531: 名無しさん 01/11/19 14:53
>>530 
ええ話や、泣くほどワラタ(笑。 

 537: 名無しさん 01/11/19 20:23
自動車のエンジンを止めると「カチンカチン・・・」という、金属が冷めて収縮する音が聞こえることがあるが、確か5歳の頃、すごく気になって父親に聞いてみたことがある。 

「これは爆弾のスイッチの音で、いつまでも車に乗っているんじゃないぞ、という警告音なんだ」と言われて鵜呑みにした。 

それ以来どこかに行ってエンジンを切ると、自分だけいち早く先に降りて、建物や電信柱の後ろに隠れるようになった。確か小学3年生ごろまで逃げ隠れてしてたと思う。

実は今でもちょっと怖い。

525: 名無しさん 01/11/19 14:01
「錦糸町」は「禁止町」だと信じ、何かを禁止していると思っていた。

529: 名無しさん 01/11/19 14:36
>>525 
今の今まで「めんしちょう」だと思ってた。

526: 名無しさん 01/11/19 14:12 
誰にも話してないけど、自分だけ他の人間とは違う人種で、いつか宇宙から迎えがくると思ってました。 

小学校に入るまでいつも考えてました。

532: 名無しさん 01/11/19 15:01
子供の頃、ラブホテルをお金持ちのお城と信じていた。

534: 名無しさん 01/11/19 16:02 
ウルトラマンとかに出てくる怪獣を、ま、作り物だとは解ってたんだけど、本当に大きさが何十メートルもあって、中に沢山の人が詰まっていると思ってた。下のほうの人は大変だなぁーって。 

建物の方を小さく作るって発想がなかったのね。ビルもいちいち建て直してると思ってたよ。

535: 名無しさん 01/11/19 16:52 
まだひらがなとカタカナしか読めなかった頃、英語っていうのは、例えば「BOOK」という単語だったら、「びーおーおーけー」というように、アルファベットをそのまま続けて読んでいき、そのような単語を組み合わせて話すものだと思い込んでいた。 

その後、ローマ字を理解した時は正直感動した。

538: 名無しさん 01/11/19 21:04
>>535 
わたしは、英語ってのは単語が日本語の単語に1:1で対応してて、それさえ覚えたらいいんだと思ってた。 

まさか文法が違うなんて思いもしなかった。

541: 名無しさん 01/11/19 23:41
ローマ字を習った時、日本語をそのままローマ字で書けば外国人と筆談できると信じた。

542: 名無しさん 01/11/19 23:5
セッ○スという単語を知った時、セクハラを「セッ○ス原宿」の略だとなぜか信じていた。

543: 名無しさん 01/11/20 00:16 
新車には必ずボンネットの部分に妙な立体の飾りがついていて、中古には絶対についてないと思ってた。

544: 名無しさん 01/11/20 00:51
AV機器というのは、やらしいビデオのモザイクを取るものと思ってた…。小学生でそんなこと知ってる私っておませさんだなー。 

未だにその思い出のためか、AV機器という文字でちょっと赤面。

545: 名無しさん 01/11/20 01:06 
3つ上の姉に、なにかと言うと嘘を吹き込まれてきた私。 

電柱の上に設置されてるバケツ状の物には、一体何が入っているのか?と疑問を投げかけたところ、姉の答えは「肥だめになってるから、地震になったりすると揺れてあんたのアタマにかかるよ」と。

なぜあんなところに肥だめを・・・との質問には「発電させるため」との答えが(納得する私)。
 
以来、電柱の下には近寄らず、通る時はなるべく早くそそくさと走りぬける半生を送る。

546: 名無しさん 01/11/20 13:12 
道ばたに警察官の人形が置いてあるとこあるよね。
 
小さい頃、親父に「夜になると、あの人形は鬼バイクに乗って悪い子をさらいにくるんだよ」と聞かされて怖かった。 

ちなみに鬼バイクは車より大きくて、時速300キロぐらいで走って、しかも赤信号では停まるらしい。

549: 名無しさん 01/11/20 13:38 
福岡の街の中に東京があると思ってました。

551: 名無しさん 01/11/20 13:42
愛人バンクは愛人の人を登録しておく怪しいサークルだと思っていた。 

552: 名無しさん 01/11/20 13:43 
>>551
え、愛人バンクって違うの?
 
ホントはなんなの?今まで誤解していたよ。

553: 名無しさん 01/11/20 13:44 
>>552
愛人の人を登録しておく怪しいサークル。

555: 名無しさん 01/11/20 13:55
>>552 
愛人になりたい人が登録しておくと、お金持ちがファイルを見て自分の愛人を決める。主に政治家・医者・財界人・企業のトップが顧客。研修や面接も厳しいんだろうな・・・。
 
って思っていたけど、それも違うみたいよ。

692: 551 01/12/02 18:10
すみません、>>551 はアイバンクの間違いです…。

551: 名無しさん 01/11/20 13:42
グリーンランドは国全体がでっかい遊園地になってると思っていた。

554: 名無しさん 01/11/20 13:48 
「海の向こうにはアメリカがある」と教えられた。
 
確かに間違いではないが、太平洋でも瀬戸内海でも日本海でも「探してごらん」と言われ、海の向こうを一生懸命見ていた。 

561: 名無しさん 01/11/20 14:23
コマーシャルなんかで抽選の宣伝してると「もれなく〇〇が当たります」とか出てくるけど、その「もれなく」ってのは抽選の宣伝というイベントを飾るような「こんなすばらしい〇〇が当たります」的な意味だとずっとずっと思っていた。 

それが、ハズレなしに当たりますって意味だって知ってたら、応募もしてたよ。

717: 名無しさん 01/12/05 10:50
>>561 
私は「もれなく」を「漏れなく」ではなく、「そのうち」って意味だと思ってた。 

アバウトやなーとか思ってた。 

562: 名無しさん 01/11/20 14:39
おもちゃのパーマンセットを買うと、パーマンになれるものだと思っていた小学校3年生の頃。
 
きっと全国で売っているからたくさんの子供達が買っているだろうし、自分は何号くらいかなどと考えていた。早くマントを身につけて飛びたかったし、コピーロボットの鼻も押してみたかった。 

「ぱーちゃく!!」と言いながらヘルメットをかぶる自分を想像してうっとりしてました。バカ・・・。

605: 名無しさん 01/11/23 12:00 
>>562 
禿同。パーマンバッチを咥えると心なしか酸素が出てくる気がしてた。



563: 名無しさん 01/11/20 14:44 
ムチウチ症。ムチで打たれた時と同じ症状になるのでそう言うのかと思ってた。 

SMの女王様からそんな病名が普及するなんてすごいなーと。

565: 名無しさん 01/11/20 17:22
子供の頃から、「担保」という言葉を聞くと、なぜか「湯たんぽ」を連想してしまうのって私だけ?

566: 名無しさん 01/11/20 18:15
小さい頃、大人のおもちゃ屋が何なのかわからなかったが、看板に「AV」などと書いてあるので、そこではAV機器を売っているので、確かにAV機器は大人のおもちゃだなぁと納得していた。

576: 名無しさん 01/11/21 11:06
>>566 
うちの母は、パートに行った本屋さんで「AVコーナーと担当してもらいます」と言われ、アダルトビデオだと思いこんで激怒して帰ってきた。 

その本屋はオーディオ機器も売っているのね。

567: 名無しさん 01/11/20 20:06
紅海は本当に紅茶の色をしてると思っていた。紅茶を見ては遠いアラビアに思いをはせたあの頃…。

でも黄海が黄色いとは思わなかったんだな、これが。 
 
568: 名無しさん 01/11/20 22:02 
カフェインで眠れなくなるので、子供にコーヒーを飲ませない方針の母は「コーヒー飲んだら馬鹿になる」と言って、家では飲ませてもらえなかった。 

飲む習慣がないので、いまだにコーヒーは苦手だ。

578: 名無しさん 01/11/21 11:14
>>568 
「コーヒー飲んだら馬鹿になる」

家もそうだった。コーヒーとかわさびとか小さいうちはあまり食べなかったな。 コーヒー牛乳は飲んでたけど。 

私はコーヒー大好き。

588: 名無しさん 01/11/22 12:06
>>568 
ウチもそうでした。それまではずっとミロで、小5位の時に解禁になったのかな。 

ある時に、近所の同い年の子とその母親同士で喫茶店に行く機会があって、私は嬉々としてコーヒーを頼んだよ。そしたら同級の子(男)がしたり顔で言い放った。 

「コーヒー飲むとばかになるんだよ」 

うるせえ、と思った。

569: 名無しさん 01/11/20 22:36
アメリカ人は脳内で英語→日本語に変換されて聞こえてるんだと思ってた。

570: 名無しさん 01/11/21 08:24
「できるかな」の番組はノッポさんとノッポさんの子供(着ぐるみのキャラだったよね、思いだせん)がやっていると妹と信じていて、番組が始まるとかならず妹とそのことで会話していた。

572: 名無しさん 01/11/21 09:55
>>570 
ゴンタ君かな? 

575: 名無しさん 01/11/21 10:57
「できるかな」といえば、ナレーターのお姉さんのしゃべりはごんた君がしゃべっていると思っていたよ。 

「ブヒブヒ」というのはノッポさんがしゃべっていると思っていた。

717: 名無しさん 01/12/05 10:50 
>>575 
同じく。

577: 名無しさん 01/11/21 11:11 
ロンパールームなどの幼児番組、いつか自分にもお誘いが来ると思っていた
 
みどり先生が鏡をのぞいて私の名前を呼んだ次の日は、「今日あたりそろそろ・・」と期待していた。

573: 名無しさん 01/11/21 10:49 
漫画家は、自分の好きなように描かせて貰えると思っていた。 

打切りだとか引き延ばしだとか、編集部の意向が入ってるとは・・・。

572: 名無しさん 01/11/21 09:55
ありがちだけど、わたしはCDをテープに録音する時、話したら自分の声まで録音されちゃうから、絶対物音を立てないように気をつけてたな。

574: 名無しさん 01/11/21 10:51 
つい最近までCDが早送りだの巻き戻し(?)だの出来るとは知らなかった。

580: 名無しさん 01/11/21 11:56
雨あがりなどに濡れた地面に油がついていると、虹色になってる時があるじゃないですか。それをハトがつぶれて死んだ跡だと思っていました。
 
だってその周りにハトがいっぱいいたんだもん…。

581: 名無しさん 01/11/21 12:17
作詞→曲のタイトルを考える、作曲→曲の歌詞を書く、編曲→メロディーを作ることだと思ってました。なんでだろう。

582: 名無しさん 01/11/21 14:17
亀の本体はヤモリみたいにヒョロ長で、甲羅がきつくなると丁度良い甲羅を求めて、別の亀とケンカするものと思っていた。
 
だから海ガメは歴戦のツワモノなんだと思っていた。

584:名無しさん 01/11/22 02:40
カタカナを憶え始めの頃「ッ」と発音する表記を、何故か「ー」と書くものだと思ってた。周りの友達よりも少し賢かった私は、まだ文字の書けない友人に、先生気分で教えては優越感に浸っていた。
 
「ねーねー、これ何て書いたの?」 
「ああ、これね、『さっかー』って読むんだよ」 
「へぇ~、○○ちゃんスゴイんだね~」 

保育園の卒園式に寄せた私の将来の夢、「サーカせんしゅ」・・・。

585: 名無しさん 01/11/22 10:26 
プロレスがガチンコなんだと思ってた。 

586: 名無しさん 01/11/22 11:27
「骨太」は「コッタ」と読むのだと、小学生の頃勝手に思い込んでいた。 

肩がガッチリしている母が、「肩がコッタ」といつも言っていたのが原因だと思う。

587: 名無しさん 01/11/22 11:48
幼稚園の頃、幼児雑誌の懸賞でリカちゃんハウスがあったので、母が応募してくれた。絶対に自分に当たると信じて疑わなかったので、その後もずっとワクワクしながら待っていた。 

いつまで待って来なければ諦めて良いのかもわからなかったので、その後、小学校低学年くらいになるまで、時々応募した事を思い出しては「そう言えばあれ、いつになったら送られてくるのかなぁ?」と思ってました。

592: 名無しさん 01/11/22 12:30
>>587さんのリカチャンハウスで思い出したけど、私はリカチャン達って、動いてパーティーしたりお散歩するんだと思っていたよ。 

親にねだって買ってもらっても動かないから、「ケチって安物買ったのか?だから動かないのか?」 と疑ってまたねだったら「すぐに飽きるくせに次々欲しがって!」と叱られた。 

今、娘(4歳)がシルバニアファミリーで遊んでいる。

589: 名無しさん 01/11/22 12:11 
人は永遠に生きていけるものだと思ってた。

590: 名無しさん 01/11/22 12:17
お母さんが夜になると「夜分すみません」と電話をするのを、「親分すみません」と言ってると思い込んでしまい、「うちのお母さんはやくざの子分だったんだ・・・」と悲しんでたコがいたっけな。

594: 名無しさん 01/11/23 01:18
こどもの頃デブだった。 

小学校卒業するくらいまで、まじに自分は妊娠しているのだと思いこんでいた。

595: 名無しさん 01/11/23 01:42
>>594 
面白すぎるぞ。

596: 名無しさん 01/11/23 02:45
CLAMPとか幽遊みたいな漫画の世界が本当にあると信じ込んで、自分も戦士の一人だと思ってた。体力作りとかしてた。 

いzuれ迎えにくるだろう、と思ってが誰も来なかった。

599: 名無しさん 01/11/23 04:11
>>596 
お迎えが来なくて良かったですね。

598: 名無しさん 01/11/23 03:22 
ナプキンのCMを見て、あんな若いお姉さんも、おもらしするんだ~って13歳くらいまで思ってた。

事実を知ってさらにショック・・・。

604: 名無しさん 01/11/23 11:44
大橋巨泉がパイプカットしたと聞いて、TVで仕入れた情報を元にいろいろ想像し、チン○ンを伐採したと解釈してずっと巨泉を色眼鏡で見ていた。

606: 名無しさん 01/11/23 12:02
初潮来たの早かったんだけど、知識を持たないところに来られたモンだから泣いた!ビックリよりも、これから毎日アソコから出血すると思っていたのでかなり悩んだ。 

当時、五月みどりが「悪女かまきり」でバリバリに脱ぎまくっていて、「五月さんって、どうしてるんだろう?」と不思議で仕方なかった。

607: 名無しさん 01/11/23 12:55 
宮沢りえがヌードになった時、りえママがアンダーヘアーについて「あの子はアンダーヘアなんて無いのです。あれは産毛です」とか言う訳の分からない言い訳をしてたのね。 

それを聞いて私は妙にドキドキ。興味津々! 

実は「産毛」を「うぶげ」と読まず「さんもう」と読んでいて、子供が生まれる時に、産道を通りやすくするための毛があると勝手に解釈していました。 

そんな毛が写真に写っているのか!と思ってしまったのです・・・そんな毛があったら子供が生まれる時に絡まっちゃうのにね(w。 

当事小学5年生だった女の子でした。

610: 名無しさん 01/11/24 21:36
結婚が女の幸せ・・・かなり違ってたので愕然とした。

613: 名無しさん 01/11/25 18:14 
「子供の手の届かないところに置いてください」というのは、子供を馬鹿にしていると思っていた。

615: 名無しさん 01/11/25 20:14
これは子供の頃本で読んだ話(たしか図鑑みたいな本だったと思う)。
 
「人類の未来はこうだ」みたいなところに「イルカに支配される」と書いてあった。宇宙服のようなものを着たイルカが(陸なのに立って)光線銃のようなもので人間を追い立てるイラストがかいてあった。 

しばらくイルカが怖かった。

616: 名無しさん 01/11/25 21:16
>>615 
私も小さい頃、小学館だかなんだかの本で読んだ。 

「脳が溶け出す奇病」の絵と文が恐くて、頭が痛くなると脳が溶け出してるかも・・・と思って一人で泣いた。頭痛なんて滅多に起こらないから余計に恐かった。

618: 名無しさん 01/11/25 21:28
「脳が溶け出す奇病」って記憶にあるよ。 

でもあれって水俣病か何か公害病の話しだったような・・・。

626: 名無しさん 01/11/26 04:50
>>616>>618 
私もそれが怖かった覚えがある。
 
当時は工業都市にすんでいたので、「もしかして俺も…」という怖さがあった。 

確か、日本での発症地に「熊本」と書いてあったので(あと2つくらいあったと思うが忘れた)、おそらく水俣病に類する公害病を総称したものだと思われ。

617: 名無しさん 01/11/25 21:25
雷様におへそ取られる・・・有名どころだけど信じてたな~。

619: 名無しさん 01/11/25 21:33
ピアスの穴を開けたらそこから白い糸が出てきて、実はそれは神経で、プチンと切ったら目が見えなくなった、という話。 

今でもちょっと信じていて、自分でピアスの穴を開けたと聞くと、目は大丈夫だったのかなー...と心配してしまう。