【その11】
柴犬

638: 名無しさん 03/05/29 17:00
うちに鳥が住みついたのですが、どうにか虐待できないものか。 

正直、毎日猫を虐待をしている弟が羨ましい。

639: 名無しさん 03/05/29 18:17
>>638 
うちに鳥が住みついたのですがとございますね。 

昔うちも毎年オナガドリが巣を作ってました。オナガドリに関して言えば、図体がでかい割りに巣がちっこいので、毎年何羽か落ちます。おまけにオナガはあんまり育児が好きでないらしく、落ちたヒナにもそっぽ向いてます。

ネコなどには格好の獲物になりがちなので、自然の摂理には反する、悪いことなのは分かっていたのですがかわいそうで、軍手をはめて拾い、なるべく人間のにおいなどが付かぬようにすり餌をやったことがあります。 羽ばたけるようになってすぐ放しました。 

どんな形で住み付かれたかわかりませんが、野生のものなら、本来なら基本的に手出しは無用とのことです。獣医さん、もとい白い悪魔がおっしゃってました。 

640: 638 03/05/29 23:09
>>639 
そうですか。それでは視姦のみに徹することにします。

641: 名無しさん 03/05/29 23:29
>>639 
放置プレイですね! ステキ!

643: 名無しさん 03/05/29 23:44
>>639 
>白い悪魔 
やっぱり連邦の技術は脅威的ですね。

644: 名無しさん 03/05/30 02:06
今日はお暑うございました。 

こんな素晴らしい天気に犬の引き回しに行くなんてもったいないことは致しませんわ。すっかり陽も傾き、アスファルトもぬるくなった午後5時半に出発でございます。 

焼け付くような太陽光線を浴びるという贅沢を奪った上に、斜陽を浴びながら市中引き回しをしてやりましたわ。中途半端なアスファルトの温度も虐めには持ってこいですわ。 

市中引き回しから戻った後は買い物でございます。 

「ハウス」と命じると放置プレイをさせられるにも関わらずさっさと入ったので、自主性のなさに嫌気がさしたあたくしは、口に干からびた小魚をねじ込んでやりましたわ。 

645: 名無しさん 03/05/30 02:42
>>644 
口に干からびた小魚!なんてうら・・じゃない。無体な事を…!

646: 名無しさん 03/05/30 06:18
先ほど私がトイレに起き、リビングで一服していたところ、うちのキャリア(小型犬オス4ヶ月)がトコトコと寝室からついてきました。

この犬は恐ろしい程の甘えたな駄犬で、日々ストーカー行為を繰り返します。 

例えば私が風呂に入っているときなど、お気に入りの自分の体より大きなビーズクッションをハウスから引っ張り出し、風呂のドアの前に置き、その上でちょこんと座り待っているという有様です。そして真っ裸で出てくる飼い主を見て大はしゃぎいたします。 

その他にも筆舌に尽くしがたいストーカー行為に、私は警察に相談したい程悩んでおりますが、犬が入り易いように、脱衣室のドアを私自ら少し開けているという秘密を口が裂けても言うことができずに、相談を断念しております。 

そして今、駄犬はまだまだ眠いらしく私の膝の上で丸くなっております。ストーカー行為の腹いせに、耳の軟骨をしつこくグリグリしてやりました。 

朝っぱらから失神寸前のキャリアの顔に少し溜飲を下げた次第であります。

647: 名無しさん 03/05/30 07:30
>>646 
座布団(クッション)持参でストーカー行為とは、なんてお利口…いえいえ狡猾いわんこ…! 

648: 名無しさん 03/05/30 13:07 
お、おまいら…好き放題やりやがって……。 

虐待したくても一人暮らしだからできず、必死で自分のなかに潜むハンニバル・レクターばりの残虐性を押し殺して生活してる俺には、おまいらの話しはうらやましすぎる。 

あぁ、羊たちの悲鳴がとまらない……虐殺したいよ~~~!

650: 名無しさん 03/05/30 14:50
>>648 
おちつけ!(w。 
虐殺などいう、絶え間ない虐待からの永遠の解放などというもったいないことをするような紳士淑女はここにはいない。ペットを飼える日まで、人様のペットの虐待で我慢しなさい。
 
もちろん飼主には「虐待してもいいですか?」(←読み方は「なでてもいいですか?」)の一言は忘れずに。

649: 名無しさん 03/05/30 14:03
おととい、我が家のキャリア(小型犬オス2歳)がウンチをしませんでした。 

寝る時間を遅くしてまでウンチを強要したのですが、一向に出そうな気配はなく、まる一日たった昨日の夜、業を煮やした私は呪いをかけることにしました。ウンチの出る呪文と身体攻撃です。 

「ウンチデロデロ、デーロデロ♪ウンチデロデロ、デーロデロ♪」 

低くつぶやきながら腰の辺りをハンパな力加減でモーミモミ。変態的な我がキャリアは、デリケートゾーンを丸出しにして仰向けでくねります。感じ入ってる場合じゃないだろう!ウンチをしなければ今夜は寝かさないからな! さらに呪文を執拗に繰り返します。 

30分後…恥ずかしげもなく、備長炭と見まごう1本モノをペットシーツにモリッと。それをじっと見つめるダンナと私。そしてバンザイ三唱でキャリアを嘲りました。
 
成犬になってからは毎日バカの一つ覚えのように同じタイミングでウンチをしていたので、今夜出なければ白装束による本格的ないじめを依頼しなければ、と思っていたところだったので、本当に本当に残念でした。 

652: 名無しさん 03/05/30 16:28
私からは逃げられないように調教しました。

家の真性M女に今日はある薬を投与しました。matatabiという古来からある秘薬ですが、あげたとたんに悶絶し涎をたらし、いやらしい鳴き声をあげております。しかし薬の効き目はわずか3分…。

653: 名無しさん 03/05/30 18:33 I
なんでキャリアって呼ぶのか教えてくれよー。

656: 名無しさん 03/05/30 23:39
>>653 
被験者って意味合いがあるんじゃなかったかな? 

654: 名無しさん 03/05/30 22:05 
職場で読んでいる時、思わず笑いそうになって顔をしかめる事が何度もあります。 

私も早く帰って、昼間は優雅なシングルライフを満喫している雌犬を過酷な引き回し・路上排泄に連れまわしたいっ!と思いつつ。

657: 名無しさん 03/05/31 13:31
昨夜の虐待を告白させてください。 

いまだ自前のキャリアは手に入れていないのですが、散歩中に一匹の猫(白の成猫、雌)が近づいてきました。自分の右手には、私の晩御飯用に買ってきたフライドチキン。

奴はそれが欲しいらしく、イキナリ目の前で腹を見せて降伏のポーズをとりました。「貴様誇りは無いのかッ」とののしりつつ、腹をうりうりと撫ぜると身悶えて喘ぎを漏らします。
 
そして私は一番美味しいパリっと揚がった外側を取り、味気無い肉部分をひとかけらムリヤリその口に突っ込みました。 

明日にでも、更に味が無くからからに乾いた小魚でも持って、再び虐待してこようと思います。

666: 名無しさん 03/05/31 21:56
今日は雨がザンザン降ってましたが、屋外排泄プレイしかできないキアヌ(仮名・犬)のために、湿度が高く蒸し暑いなか市中引き回しをしてきました。
 
気になるメス犬(サクラちゃん・仮名)の家の前を通るとテコでも動かなくなって、最近ほんとに困ります。木の芽時とやらはもうすぎたはずだと思うのですが、キアヌは一年中発情できる人間タイプの性癖なのかも....と、ちょっと空恐ろしくなるアンニュイな午後でした。 

市中引き回しの後は、もちろんドロだらけの足、及び腹をざぶざぶ洗い、乾いたタオルでガッシガッシ乾布摩擦です。 

もうやめて....といわんばかりのうるんだ瞳にSゴコロが満足します…ハァ。

660: 名無しさん 03/05/31 14:25
うちの奴隷は老犬で、肩間接を脱臼しているため歩行困難な状況にあります。なので犬の自由を奪う「だっこ移動」プレイを強いています。行動範囲には転倒防止プレイ用の柔らかなクッション材と毛足の短いカーペット。
 
これから暑くなるに従い、ノミ駆逐プレイもし倒してやるつもりです。そうそう、ひんやりマットという極寒プレイも付け足してやらねばなりませんね!

662: 名無しさん 03/05/31 15:11 
>>660 
>ひんやりマットという極寒プレイ 
なんてひどい!! 冬はほかほかマットで灼熱地獄プレイしてるんじゃないですか? 

おおお…おそろしい…。

664: 名無しさん 03/05/31 19:16
オス・初老推定の私のキャリアは、今を去ること3年前に、うちの軒下で雨宿りした浮浪者でしたの。 

一見して病気持ちだったので、最初は生魚やチーズで誘惑し、食欲が羞恥心に打ち勝つように調教を施しつつ、2ヶ月かけて手中に落とし込みましたのよ。もちろんぬるま湯責めの後、白衣の悪魔の館へGO! 

結果、奇跡的にも重大な伝染病にはかかっておらず、気管支炎とものすごい虫持ちでしたわ。私に可愛がってもらおうと言う分際で、ぎょーちゅーだのキャンピロバクターだのと生意気なペットを飼うなんざ許せません。当然徹底的に悪魔に粛清してもらいました。 

以降、体調がよくなるのを見計らいつつ徐々に予防接種・おかま化を施し、今ではすっかり健康な、しかしひねこびたキャリアでございます。そのプライドを、全身ブラシ責めで打ち砕くのが今の楽しみなんですのよ。 

野良猫をかまうのには大変な責任がともないます。しかし私はそうやって、既に4匹のキャリアを所有しているわけですが… 。

670: 名無しさん 03/06/01 09:39
>>664 
おかま化ワロタ。 

671: 名無しさん 03/06/01 12:28 
昨日、実家に我が大型犬キャリア2匹をつれて実家に行き、実家の小型犬キャリアを虐待してきました。 

我が家の大型キャリアは短毛なのですが、実家の小型キャリアはふさふさとした毛がはえており、毎日父母に大切に虐待されております。父母の主な虐待は放置プレイと異物混入、さらに拘束虐待に励んでいるようで、ヤツは毎日拘束されたくて、父の膝に飛び乗るように教育されています。 

私はこの小型キャリアに会った時は、必ず鉄の爪のような機具で体を激しく撫でる虐待に勤しむことにしています。たくさんの毛が抜け出て、それを「ほらほらこんなにでたぞ~」と見せつけると、ヤツが恥ずかしそうにうつむく姿がたまりません。 

このように我が家の犬ではできない虐待を思う存分するわけです。

また、その虐待風景をそばから見ている調教済みの我がキャリアが「わたちもしてほちいの」とやってきたりすることが、またいっそう、我がキャリアの毎日の調教の励みになります。

672: 名無しさん 03/06/01 21:37
放置もツライもんでしょうなあ…ククク。

673: 名無しさん 03/06/01 22:55 
する方がツラ(ry

674: 名無しさん 03/06/02 04:10
みんなひど過ぎ!! あたしも負けてられません(w。 

我がキャリアの誇れるM芸は「たーたヌギヌギ」。「たーた」は幼児語で靴下のこと(我が家だけかも?)。
 
キャリアに「たーたヌギヌギして」と言うと、超興奮して人間様のクサイ靴下を必死に脱がせようとします。 その様子と言ったら人様にお見せできないくらい、「フガッ」とか「ンゴッ」とか鼻やら喉やらを鳴らして無様なものです。 

片方を脱がせると嬉々として靴下をくわえて逃亡を図ります。でもバカね。もう片方あるのに。反対の足を高く掲げて「もう一個ヌギヌギ!」と命令すると、あわてて戻ってさらに「フガッンゴッ」。

その隙にくわえていた靴下を奪います。でも、2つめは取られまいと転がりながらダッシュ! そこからキャリアと私の深夜の運動会が始まるわけで…。 

普段は堕落しきったM犬ですが、血をたどれば猟犬なわけで、クサイ靴下をくわえて、矢印のような形で疾走するキャリアに惚れ直し…いえ、憎らしさに虐待熱も上がるというものです。 

675: 名無しさん 03/06/02 08:32
>>674 
たーたヌギヌギ…ネーミングがおかしすぎ(w。

676: 名無しさん 03/06/02 08:53
>>674 
「矢印のような形で疾走」…想像してハゲワラでございました。 

雨降りでしたので、室内での虐めに勤しんでみましたわ。「アテレコ」でございます。あたくしの犬の一挙手一投足に「こう言いたいであろう」言葉をいちいち喋ってみました。 

トイレで尿をすれば「ああ、すっきりしたよ」 人間様が食事をしているのを見上げていれば「僕のは?まだ?まだだよね、分かったもうちょっと待ってる」持って来い遊びの時も「早く投げて!うおぉぉぉ、走ってやるぅぅぅ」などなど。自分が思っていないこともアテレコされて、さぞや気分が悪かったでしょう。
 
翌日のこと。前日あたくしが散々アテレコ虐めを見ていたハズバンド、散歩の支度をしているのを見て取り乱している犬を見て「散歩?母ちゃん早く準備してくれよ。ボクはいつでも出られるよ」とアテレコを始めてしまいましたの。しかも不敵な薄笑いをうかべながら…。
 
あたくしのハズバンドも虐めに目覚めたようでございます。

678: 名無しさん 03/06/02 10:36
>>676 
アテレコ虐待とは新しい!! 

早速うちの猫にも試してみなければ!!

679: 名無しさん 03/06/02 13:36
いつも「散歩」という言葉に反応して小躍りするキャリアに、精神的虐待を試みました
 
散歩に似た言葉、「サンバ」、「サンタ」等々を浴びせるのです。
 
微妙に響きの違う単語に直角に近いほど首を傾げつつ、中途半端に尻尾を振りながら悩むキャリアの姿は、私の笑いのツボを快く刺激してくれました。

680: 名無しさん 03/06/02 14:47 
>>679 
それ見て思い出したんですが、テレビで「吉幾三虐待」を見ました。 

犬が二匹、餌の前でお座りして「よし!」と言うまで待ってます。この犬たちは「よし」というキーワードが出るまで餌を食べてはならないと厳しく躾られています。 

ところが飼い主が「よし幾三」や「よしおかさん」「よしこさん」などと言って、その度に犬はピクンと反応するのですが、食べられないのです!! 

やっと飼い主が「よし!!」と言ったときは夢中になってフガフガ食べてました。 

これは吉幾三や吉岡さんという言葉を巧みに利用した、素晴らしい虐待の例だと思います。

681: 名無しさん 03/06/02 17:03
>>679>>680 
「サンバ虐待」&「吉幾三虐待」 、うちもよくやります。

その他、「ボール」「おやつ」「食べる」「遊ぶ」など、「ウ段」で終わる言葉を沢山覚えているようなので、「う?」と声をかけるとキューと首をかしげる姿がとてもカワイ…いや、アホ臭くて笑えます。

682: 名無しさん 03/06/02 18:16
サンバ虐待、やりすぎるとリアル虐待になりそうなので、皆様ほどほどに...。

と、言いつつも試してしまった(w。

683: 名無しさん 03/06/03 13:27 
いつもキャリアを市中引き回しの際に通る、とある家の庭に放し飼いされている犬は、ムクムクの大きな雑種のようなのですが、なぜかいつも子供用Tシャツとおぼしきものを着ています(しかも日替わり。本日はボーダー柄)。
 
うちのキャリアを発見すると、門扉に手をかけ後ろ足だけで立ち上がって吠えます。丈の短いTシャツを着ているので、当然下半身は丸出しの変態クマ・プーと同様、露出狂状態です。 

あまりにも滑稽で衝撃的なその姿に「よう、変態犬!」と声をかけて、毎日言葉責めで虐めています。 

毎日犬をあんないやらしい姿にして楽しんでいる飼主さんも、きっと筋金入りの虐待魔なのでしょう。

684: 名無しさん 03/06/03 15:22
ひさびさに「お昼寝プレイ」で駄犬を虐めてやりました。 

おもちゃでさんざんなぶり、駄犬の体力が消耗したのを見計らって、私が布団に潜り込んでヤツを放置します。放置に耐えられなくなったヤツが布団に入ってきたら、私の脇の下あたりに服従の体勢で寝かせます。 

日頃自分ひとりのベッドで悠々と昼寝をむさぼっている駄犬にとっては、人間様の横で寝るなんてことは、暑苦しく窮屈この上ないことでしょう。事実、駄犬は私の生温かな二の腕に顎をのせ、「ふぅ~ん」と深い鼻息を鳴らして意識を遠のかせておりました。 

この恍惚…いえ、苦悶の表情を見るのが、私の至福のひとときであります。
686: 名無しさん 03/06/03 20:26 
すみません質問なのですが、猫の肩甲骨の間、と言うか首の根元、と言うか…あの辺りをもみ込むとびくびくびくびくと身もだえするのですが、あれは感じ入っての事なのでしょうか?それとも虐待に…? 

もう、前後に尻尾をびっくん、びっくん、機械仕掛けのように動かしていたので、なんか不安になってしまって……。

687: 名無しさん 03/06/03 22:28
>>686
あたくしの犬もぴくぴくなりますわよ。あたくしは揉んだり掻いたりして足がぴくぴくする場所を、「ぴくぴくスポット」と名づけております。 

本日もドッグランで遊んでいると1匹のコーギーが近くに参りましたので、首の周りをモミモミしてやりましたわ。すると右後足が宙を掻くようにぴくぴくしております。 

あたくしはコーギーの飼い主が近くにいないのを良い事に、「ここか?ここがお前のぴくぴくスポットか?」とか、「いいんでしょ?ここがいいんでしょ?変態めー!」と、思い切りスポット攻めをしてやりましたのよ。 

ちょっとHな午後でございました。 

688: 名無しさん 03/06/04 00:15
>>686 
猫は四足で歩…ごほん、服従の姿勢であるく動物なので、肩甲骨の間は人間同様にこるらしいです。 

ですからヤツらにとって肩甲骨の間を揉むという行為は、人間にとっての肩揉…じゃなくて、敏感スポットなのです。ですから猫が疲れた…じゃなくて、けだるさを感じていそうな時に揉んでやると、身悶えして気持ち良が…じゃなくて、よがるのです。 

689: 名無しさん 03/06/04 00:30
>>687>>68
どうもありがとうございます。 

実は自分のキャリアではなく、近所のある複数のお店と、住人によって外飼いされているような状態の野良猫たち(でも皆さんで子供を残せない体にするなど、白い悪魔のところへ連れて行ったりしてきちんと虐待しているので、ほとんど共同調教です)なので、きちんと虐待できているのか不安に襲われてしまいまして…。 

これからも、あのロックバンドの首ふりのような尻尾の動きを、嫌というほどさせてやろうと思います。それとは別の、普段は大人しく「にゃあ」とも鳴かない従順な猫を、散々乱れさせるのもまた一興ですね。 

【その13へ】