【その14】
柴犬

764: 名無しさん 03/06/13 22:08 
皆様に比べればたいした虐待ではありませんが、私は毎日うちのクソ猫に激しい平手打ちをくらわせています。 

手のひらを思いっきりクソ猫の腹にぶち当ててやるのです。 秒速1.5cmという猛スピードで前後左右、縦横無尽にぶちまくりながら、ヤツが恐怖におののき、声も出ないありさまになるのを楽しみます。 

グルグルと喉の奥から声にならない悲鳴を上げ、グニグニと痛みに身もだえる哀れな様子を眺め、嗜虐の愉悦に浸るひととき――ああ、たまらない快感……。

ククク……。

770: 名無しさん 03/06/13 22:26 
>秒速1.5cm 
そりゃ気持ち良さそうだなw。

805: 名無しさん 03/06/14 23:36
うちのキャリアには大嫌いなぬいぐるみがある。 

あまりにも嫌いなせいか、いつも咥えて振り回し、眠るときはあごをのせている。 

穴が開いてボロボロになったので捨てようと思ったが、それも面白くないので、同じものを探して虐待道具屋を何軒もまわってみたが、売っていない。仕方が無いので、虐待道具を手作りすることにした。

手芸屋に行き、ヤツの嫌いなぬいぐるみにそっくりな生地と、中に詰める抗菌加工がされた綿を購入。ヤツが嫌がる顔を想像しながら型紙を作って、手縫いで3時間かけて完成させた(うちにはミシンがないの)。 

さっそくヤツを呼びつけ、鼻先に突き出す。よほど気に入らないのか、しっぽをブンブン振りながらぬいぐるみに飛びつき、振り回し始めた。 

虐待は手間がかかるなぁ…
でも、いじめがいのある犬で良かった。 

806: 名無しさん 03/06/15 00:42
>>805 
なんて愛情…もとい、加虐精神に富んだ虐待だこと! しかも手縫いなんて…やっぱりミシンなんて文明を使ってやる必要ありませんわよね。

807: 名無しさん 03/06/15 01:06
俺の長年の調教の成果を紹介しよう。 

うちの奴隷猫は働き者だ。頼んでもいないのに洗濯物を取り込んでくれる。特に室内干しの機会が増えるこの季節は大忙しだ。 下着や靴下などの小物には見向きもせず、バスタオルやシーツなど、取り込むのが大変な大物ばかり進んで飛びつ…取り込んでくれる。 

(働かなくては!という焦りからか、時々生乾きのものにも手を出してしまうのには困り者だが、それは追々ゆっくり教えていく事にしよう。ククク) 

もちろんただ取り込むだけではない。前足で丁寧に揉みほぐした後、ふわっとルーズにではあるが畳んでくれる。その後は必ず働き疲れてしまうのか、その上でつい居眠りをしてしまうようだ。 

そしてここで俺は、奴の労働後の充実感に満ちた寝顔を見ながら、おもむろに本日の労働の成果を取り上げ、洗濯機にぶちこむという小姑のような行動に出る。奴に「お前の働きなど認めない!」と屈辱と脱力感を味あわす為だ。
 
奴は一瞬「そ、それはまだ洗ったばかりで使ってないのに…」と抗議の眼差しを向けるが、次の日になると昨日の悔しい思いは胸に秘め、何事もなかったかのようにまたけなげに働くのだ。 

いつまでたっても洗濯が終わらないタオルを干すたび、俺の方が虐待を受けているような気になるが、それは考え過ぎであろう…。

810: 名無しさん 03/06/15 12:27
私はうちにいるモルモットを日々虐待しています。 

先ほどもケージから出して一緒に寝っころがり、もるのおでこをなでくりまわし、耳の中をぐりぐりとつっついてやりました。モルはあまりの刺激に屈服したのか、手足を投げ出しその目は半開きになりました。 

うちの子は、ギョロ目(魚のハゼみたい)な上に外斜視気味で、愛玩動物としてどうかというような容姿なのですが、半眼になると更に不細工さが増すので、そのあまりの不細工さを笑ってやります。愛玩動物としてのもるのプライドはズタズタでしょう。 

最後の抵抗とばかりに、かろうじて上げていたアゴもだんだんと下がっていき、最後にはへにょ~んと頭からつま先までだらしなく伸びておりました。 

うちのモルは、ケージの外に出されている時におしっこをしたくなると「プイプイ」と鳴き出します。それを無視してると、限界になるとどこであろうがおしっこをします。抱っこしてようが、ベットの上だろうが大量放出です。 

そうなるとこちらが虐待を受けた気分です。だからその「プイプイ」警報を、いつも気にしながら虐待をしないといけないので、屈服させるのは時間との勝負だったりします。 

でも何度おしっこ攻撃を受けてしまおうが、虐待はやめられません。

812: 名無しさん 03/06/15 13:32
ウチの猫の口に、牛乳と卵と砂糖を撹拌し、バニラエッセンスを加えたものを凍らせたものを押し込んだところ、あまりの苦痛に目を細めておりました。
 
連日蒸し暑いところにこの冷たさはキクだろうて!ふふふ…。

813: 名無しさん 03/06/15 13:56
>>812
砂糖はお控え下さいな。特に子にゃんこには控えて欲すぃ。

814: 名無しさん 03/06/15 14:07
うちのキャリアは最近お腹をコロコロと小気味よく鳴らしており、市中引き回し中に強制せずとも通常の1.5回分の排泄物を、2回に分けてひり出しています。しかもユルユルです。
 
…怪しい。目を離した隙に何か旨い物を喰っていたに違いないのです。それはどうやら母の与えた蒸し芋が原因でした。よかれと思っての事でしょうが、リアルに虐待されたも同然です。 

よく鳴る腹を鎮める為には、無糖の酸っぱぁいヨーグルトでもくれてやりましょう。

815: 名無しさん 03/06/15 15:10
>>814
粉末のビオフェルミン結構良いです。白衣の虐待専門科の方々にも、与えて大丈夫だと言われました。
 
分量は乳幼児に与えるくらいの量で。 

820: 名無しさん 03/06/16 02:05
>>815 
良い事きいた!ありがとう!
831: 名無しさん 03/06/17 13:45
最近うちのクソ猫、生意気にも逆襲に出てきやがるようになりました。 

私が油断していると、すぐに激しい頭突きをしてくるのです。なにやら不気味な呻き声を上げながら、執拗に何度も何度も頭突きをかませてきます。時には私を殴るという暴挙にも出ます。しかもグーです。 

その上、きゃつめはどうやら私の抹殺すら計画しているようです。 

夜毎寝室にこっそりと侵入し、寝ている私の顔面に覆い被さってくるのです。鼻腔と口を毛むくじゃらの重い腹部で圧迫される私は、安眠どころではありません。これは私を窒息死させるつもりに違いない!なんと恐ろしい…。 

しかし私も人間です。このままやつの思い通りになっていてはいけないと思うのです。かくなる上は、なんとかやつに報復をし、ギャフンと言わせなければ気がすみません。
 
何かよい方法はないものでしょうか。

832: 名無しさん 03/06/17 14:53
>>831
ひっくりかえしてはいかがでしょう。 

ひっくりかえされるなんて屈辱。私なら絶えられません。自ら腹を見せる前に、見てやるのです。ひっくりかえして。そしておもむろに「このハラか。このハラで窒息させたいのか。このハラめ。タプタプなハラめ」と囁き、タプリまくるのです。 

かく言う私もインコをひっくりかえします。籠から出して放置プレイをすると「どうか卑しいわたくしメヲ、いぢめてください」と言わんばかりに足を噛むので、捕まえでひっくり返し、ニホヒを嗅ぎます。 

非常に屈辱的な顔をして、おとなしく嗅がれてます。この時「いんこクサッ!インコ臭(しゅう)クサッ!」と言うのも欠かせません。 

是非やってみてください。

833: 03/06/17 21:21
「そうだ…ハゲにしよう…」 

6月の風に吹かれながらブフは思いました。今日は剃毛プレイをしました。まぁ、それが楽しいかどうかは個人差があるとは思うんですが…。

そもそもハゲ計画を立てたのは、とあるサイトを覗いた時、そこの主が飼い犬の腹部全部をハゲにしたという記事を読んだからです。

何でもそこの犬は心臓の難病で、夏の暑さも心臓に負担をかける為、毛剃りで負担を和らげるという愛情100%の行為です。が、私の犬は健康なので、それは悪意100%の行為に他なりません。

しかもキャリアは男性。ハゲを見るたび「いつかは俺も…」とガクブルだったので迷わず決行。「剃り」たかったのですが、我が家にはあの剛毛を剃るパワー型剃刀など無かったのでハサミで代用。

取り合えず、腰辺りの毛を無造作に切る!切る!切る!無我夢中に切る!いつまでたっても終わらない…気分はそう、緑美しい芝生のグラウンドを、盆栽ハサミ一本で「土が見えるまで刈って下さい。ここ全部」と言われたような感じです。

奮闘中に、キャリア、寝る!寝る!昼寝!…馬鹿馬鹿しく、また気力の限界を感じ敢え無く中断しました。傍らには、「この面積からこの量!?世界びっくりショーか!?」という様な毛の山…。

朦朧とした意識の中、キャリアの腰に目を遣ると、切れたトコ、切れないトコがシマシマ状になってます。ああ、トラ刈りって言葉はこういうトコから来たんだろうなぁ~。

トリマーさんはエライね…。

834: 名無しさん 03/06/17 22:37 
トリマーのシザー(鋏)の切れ味は恐い位です。 

でも多分地肌が見えるまで刈るなら、迷わずバリカンに登場願います。鋏で地肌まで散髪しちゃったらリアル虐待では済みませんから...。 

うちのおバカわんこは、過去に卵トリマーさんにお腹の地肌をバリカンで刈られ、大惨事になった事が...気をつけて上げて下さいね... 。

836: 03/06/17 23:07 
ハゲ放置です。みっともないトラ刈りのまんま外を歩かせます。

てゆうか、大惨事過ぎて下手に手を出せない有様なんです。当初の予想では「全身スポーツ刈り、腹部から胸あたりまでハゲ」だったんですが、まぁ上手く行かないですね…。

>>834タンの報告通り、素人が(しかもハサミで)腹部に挑まなくて良かったなぁ…流血は好きじゃ無いので。

しかも、どんな腕の悪い産婆さん(母犬?)か知りませんが、犬出ベソなので間違えてチャキーン!!したかもしれない…。

835: 名無しさん 03/06/17 22:39
つーか、そのまま放置かい!! でも、柴タンにはけっこうハゲ快適かもね 

イヤイヤ、贅沢な毛皮をとりあげるのだ!! 

837: 名無しさん 03/06/17 23:50
毛刈りガリが大流行?この時期だからでしょうか。 

うちの祖母似のラブは3年ほど前の今頃、まだキャツが1歳になる前の昼下がりに、腹ではなく尻まわりを刈ってやりました。だれもいない家で、私は「ショキショキ…」刈り続けました。 

気がつけばやつのお尻は桃の皮のよう(やわらかジャリジャリというかんじ)。帰ってきた家族からは非難轟々でしたが、「夏は虫が付きやすいんじゃ!」と強気でこの場を切り抜けました。 

今年は3年ぶりにかるーく刈ってやりました。以前に比べれば格段にきれい! お初の時はトラガリでしたから。

それにしても静かに刈られてやがったな…。

847: 名無しさん 03/06/18 01:59
マジレスですまんが、剃毛プレイ、地肌が露出するまで刈るのはやりすぎの恐れアリです。少々こざっぱりとザンギリ頭なら問題ないけど。 

動物の体毛は直射日光から地肌を守る働きもあるので、毛のない丸刈り状態は炎天下に人間が裸で外に出されるも同然(人間なら日焼け止めとかサンオイルとか塗るだろうけど)。 

かつ、引き回し中に暑さでヘバったキャツらに水をあびせかけたとき冷却感を持続するのためにも、
毛は多少あったほうがよいようですよ。

850: 名無しさん 03/06/18 02:21
うちの近所に見事な柴犬カットをしたポメラニアンがいる。
 
飼い主の虐待が素晴らしいせいか、ヤツは身も心も「忠犬ハチ公」になりきっている。今日も飼い主がコンビニで買い物をしている最中、ちんまり、それでいて礼儀正しく座って待っていた。 

飼い主は、ヤツをわざと天の恵みであるお日様にあたらない場所につないでいた。

それでもワン公(仮名)には、そんな鬼畜な飼い主と一時でも離れられてほっとしていたであろうに、なんと!飼い主はものの3分で買い物をすませるではないか!

しかもそんな鬼畜な飼い主の姿を見て、嫌さのあまり尻尾をちぎれる程ふって抗議してるワン公の首根っこを掻いてるではないか! ワン公の唯一の貴重品である、首輪を、まるで邪魔もののように扱って、容赦なく掻いている…。 

見ていて涙が出た……なんて……なんて酷い扱い!!!しかし俺もやはりここの住人、こそりとその虐待っぷりを参考にさせてもらう事を心に決めたよ。 

とりあえず、炎天下の散歩の時は、わざと日のあたらない場所を通ってやる!!!

854: 名無しさん 03/06/18 05:58 I
一昨年の夏頃、首から下を全部綺麗に剃られた、シェットランドシープドッグを見掛けたことがある。 

触ってみたかった。

857: 名無しさん 03/06/18 21:52 
>>854 
シェルティーは皮膚の病気にかかる危険性の高い犬種だそうです。そうなると治療...ゲフっ...虐待の為に、全身毛刈りするんですって。人はそのカットをライオンカットと呼ぶ。 

引き締まった肉体のオレンジポメだと、正にプチライオンですね。 

845: 名無しさん 03/06/18 01:47
今日は腹空かしてそうな近所の犬の目の前で、魚肉ソーセージを3本食ってやったぜ。
 
あの「自分にも一つ下さい」的な願望の眼差しはやばかった。久々にS心に火がついた。

846: 名無しさん 03/06/18 01:58
>>845 
お腹壊さないようにな…。

804: 名無しさん 03/06/14 21:42
こんなの見つけました。
ttp://www.funpic.hu/ot2/ot6517.jpg 
ot6517

853: 名無しさん 03/06/18 03:06
ソファで爪とぎする悪い子を、おしおきのため「爪きりの刑」に処した。爪が引っ掛からずに、相当気持ち悪そうだ。 

不機嫌そうにフテ寝してるところを無理やり抱っこして、狭い足の間に押し込める。この蒸し暑い中、抱っこされてはたまらんだろう。ダランとのびて暑さに耐えてるところを撫でくり攻撃だ。ゴロゴロの合間に「イヤン、イヤン」と言って必死に抵抗している。 

肉球をウリウリくすぐると、もうタマランと手をパーにして逃げようとするが、おかまいなしに弄くりまわしてやった。そのうち精根尽き果ててグッタリしてきた。もうゴロゴロすら言わない。
 
私はヤツの体がうんと暖まるように抱きかかえて暖め続けた。

きっと灼熱地獄の夢をみていることだろう。 

858: 名無しさん 03/06/18 22:53 
私が最近はまっている虐めですが、まずうちの阿呆犬(チワワ)の前でチーズ(とろけるチーズの平べったいやつ)をぶらぶらと、これ見よがしに見せ付けてやります。犬は当然涎を垂らさんばかりにじっと見つめてきます。 

そうしたら、チーズを一口サイズに2つ千切ります。 それを同時に地面に落とすのです。犬はどちらに行こうか一瞬迷い、片方に向かいます。

その隙にもう片方のチーズに手を伸ばし、一つ目のチーズを食べ終わり向かってきた犬の眼前で、ひょいっと取り上げてやるのです。 

犬は悔しげに私を見つめ、きゅんきゅんと泣き叫びます。しっぽをパタパタ振りながら、私に飛び掛って来るのです。ふふふ、なんて可愛…卑しい子なのでしょうか。 

私はまたチーズを二つに千切り、同じことを繰り返します。そのたびに奴は同じようにひっかかります。なんて馬鹿な子なのでしょうか! ああ、なんて可愛い…じゃない、救いようがないことこの上無しです。
 
フィニッシュはチーズを目の前にぶら下げ「待て!」です。奴は必死に耐えます。耐え続けます。ふふふふ、必死に耐えるが良いです。この犬めが!さぁ食らうが良いわ!と、地面に落とした最後のチーズを食べさせます。 

奴は床までぺろぺろと舐め尽します。ふふふ、このMめが…!

860: 名無しさん 03/06/19 00:58
>>858
やや!またまたザンコクな!!ただしチーズの塩分取りすぎには気をつけてくんなましよ!長生きしてもらって虐待を楽しまねば!! 

うちのキャリアなんか甘かろうがしょっぱかろうが、臭いさえ良ければなんでもという卑しいやつだもんで、ほっとくと大変なんですわ~。

863: 名無しさん 03/06/19 11:20
糞犬猫共に人間様の食べ物なんて勿体ないですわ。 

塩すらついてない、味気ない餌がお似合いです。