【その6】
鉄筋

503: 名無しさん 04/12/15 21:34:37
私の勤めていた食品工場では、休憩前にミンチ機を二人で掃除していて、一人が刃に付いていた肉片を取ろうとした時、もう一人が誤ってスイッチを入れてしまい、一瞬で右手の第二関節から全指もっていかれたらしい。 

責任者が後で機械の中を見てみたら、手袋の破片と赤色の肉が混ざったミンチが出来ていたとか…。

505: 名無しさん 04/12/15 23:17:20 
>>503 
ギャーーー!!

506: 名無しさん 04/12/16 00:58:19
>>503 
それスーパーに勤めていた頃、同じような労災報告のファックスが流れてきたことがあり。一同ガクブルになったんだが、その次の報告がまたキツかった。
 
「清掃車で生ゴミを回収中、誤って転落、羽根に巻き込まれ死亡」 

想像するだけでも痛い・・・。

507: 名無しさん 04/12/16 01:06:05
うちの会社の工場では(ゴム加工)、ローラーは不法就労外国人しかやらせてないよ…。 

515: 名無しさん 04/12/16 21:14:12
>>507 
ゴム製品工場勤務の先輩に聞いたぞ。ローラーから吐き出されるゴム板をカッターで切り分けていて、ローラーに巻き込まれる事故が、コンスタントに年に2回は報告されるとか。

529: 507 04/12/28 03:12:40
>>515 
でも彼らは喜び勇んでローラー作業に就いてるよ。フィリピーナはレート20倍、韓国人は5倍とか言ってた。日本人と同じ額出してるからね。
 
材料が熱いうちにカッター入れしないと混ざらないんで、自動化しにくいのよ。

509: 名無しさん 04/12/16 01:55:11
指とかなんかでも飛んじゃった場合は、なんでも冷たいものに突っ込んで持ってくのがいいのかな。 

512: 名無しさん 04/12/16 02:11:03
>>509
生理的食塩水(0.9%)に入れても良いけど、汚れてないビニール袋を二枚用意して、
 
(1)清潔なガーゼか洗濯したてのハンカチなどで取れた指を包んでビニール袋に入れて 
(2)もう一枚のビニール袋に氷を入れて
(2)の中に(1)を入れて外側を氷で冷やし持っていくのが良いです。 

直接氷入れたりドライアイス入れたりすると使えなくなっちゃいます 

だそうだ。要は凍らせないように冷やす、細菌感染を防ぐ。の二つが重要らしい。

513: 名無しさん 04/12/16 09:31:24 
>>512
おお、サンクス。憶えておこう。

514: 名無しさん 04/12/16 02:11:03
母が昔食品工場で働いていたけど、やはりたまに指の切断事故とかが起こっていたそうだ。

で、そういう時は>>512のように切断した部分をビニール袋に入れて、更に氷で冷やして速やかに病院に持参すると教えてくれた。

516: 名無しさん 04/12/16 22:14:43 
そんな作業って改善しないの?そっちのほうが怖い.

517: 名無しさん 04/12/17 00:16:25
そういう作業こそロボット化しないの?

518: 名無しさん 04/12/17 00:33:57
貴重なロボット様にそんな危険な作業を頼めるわけがないじゃないですか。

521: 名無しさん 04/12/17 07:27:30
社畜=使い捨てロボット。

515: 名無しさん 04/12/16 21:14:12
外国の話。友達と飲んでいて、つまみの生ハムを電動ナイフで切っていて、自分の指も切っちゃった。
 
ここで友人慌てず騒がず、ウオッカで傷口をざっと洗って、指はビニール袋でくるんでダイヤアイスで冷やして病院へ持っていったらちゃんとくっついたとか。 

520: 名無しさん 04/12/17 03:06:52
ただ機械の鋭い刃でスパッっとやられるならくっつく可能性大だが、そのあともげた指が目の前でミンチにされたら…。

519: 名無しさん 04/12/17 01:52:01
美容師だけど、よく左手中指の肉を飛ばす。 

やっちゃっても声も漏らさず、ニコニコ作業できる自分に感心する。

522: 名無しさん 04/12/17 09:04:14
30年ぐらい前、父が経営していた工場で、社員が片手親指以外4本を第二関節ぐらいから、まとめてスパッとやってしまった。 

駆けつけるのが一歩遅かったらしい父は、散らばった指をかき集めて胸ポケットに入れ、救急車を追いかけたらしいが、くっつかなかった。 

同じくらい昔、隣のおばさんが買った肉に人の指が入っていたそうな。

524: 名無しさん 04/12/17 20:25:25
実習の際に担任が教えてくれた話。 

その教師も実習を受けていた頃に、丸鋸盤を使っていてふと余所見をした弾みに、親指の先を数ミリほどあぼーん! 
若かったこともあって「この程度なんでもないや」と高をくくっていたら、傷が癒えても細かなものがつまみにくくなっていることに気がついた。 

この時の教訓が、「工具を使っている時には決してふざけない」と「どんな些細な怪我でも必ず何らかの後遺症はある」でした。 

こうした経験を伝えんがためにも、技術系の教師になったそうです。

526: 名無しさん 04/12/19 01:35:17 
>>524 
ええはなしや

525: 名無しさん 04/12/17 22:12:32
まあお互い新聞に載らないように頑張ろうぜ! 

528: 名無しさん 04/12/28 02:17:32 
鉄線(ワイヤー)工場でCO中毒か 1人死亡、重症1人 
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1104166604/

27日午前10時半ごろ、大阪市鶴見区の鉄線メーカーの工場で、集じん機のフィルターを交換していた作業員の男性(48)が倒れ、病院に運ばれたが死亡、もう一人の作業員の男性(56)も重症だが命に別条はないという。一酸化炭素中毒の疑いがあり、鶴見署が原因を調べている。 

同署の調べでは、男性らは高さ約5メートルの台に乗り、鉄線を亜鉛でめっきする際に出るほこりを 
取り除く集じん機のフィルターを交換していた。ほかの2人が集じん機の下部で、たまった粉じんを取り除いていたという。 

集じん機は長さ約30メートルのダクトで、男性らはダクトの外側で作業をしていたが、突然せき込み
始め、その後倒れたという。

530: 名無しさん 04/12/28 03:18:23
皆さん気い付けて働いてくださーい、怖すぎ。

531: 名無しさん 04/12/28 07:49:43 
整形外科の先生から聞いた話。

その先生がまだ開業する前、勤めてた病院に急患が。と言っても既に亡くなっているのでした。 

その遺体は、自動車の整備工の方でした。トラックの下に潜って整備をしている時、サイドブレーキが外れたかして、トラックが動き出しちゃった。逃げようとして逃げ切れず、前屈した姿勢でタイヤの下敷に。 

その遺体を戻さなきゃいけなかった。頭は潰れ、肋骨、骨盤までひしゃげて酷い状態だったようで、なかなか体をのばせなくて大変だったとか。 

532: 名無しさん 04/12/28 20:45:10
>>531
ほぐすようにやさしく引き戻してあげるのよ。

533: 名無しさん 04/12/29 10:08:41
何年か前に新聞で読んだ、ダンプの運転手がアクチュエーター(荷台を持ち上げる油圧シリンダー)の作動油を交換しようとした→荷台を上げて下に入り→まず古い作動油を抜いた→圧死 、という記事を思い出した。

534: 名無しさん 04/12/29 11:58:06
>>533 
ギャグだなw。

538: 名無しさん 04/12/29 17:24:51
まぁ、俺みたいな一流大学出の知能労働者には全く関係無い話だね。

539: 名無しさん 04/12/29 17:35:23
知能労働も大変だろう。発狂と紙一重だ。薬を使えばラクになれるぞ? 

シャブ打ってまでって事はしないだろうが。

558: 名無しさん 04/12/31 19:44:00
人間が人間に手を加える矛盾に耐え切れずに、麻酔科から失敬した麻薬類に頼ってしまう医師はたまに聞くよね。こうした紛らわせようの無い緊張は…どこで割り切ろうか? 

それとも、割り切れなければ医師をあきらめるか。研究員にでもなるべきかな。

546: 名無しさん 04/12/29 23:59:56
医者も結構な肉体労働だからね…。
 
怪我の話はあんまり聞かないけど、手術の時メシ食ってるヒマないから、コーヒーシュガーを水で流し込んで糖分補給してた先生の話を聞いた事がある。

547: 名無しさん 04/12/30 00:12:01
オペ室勤務の姉から聞いた話だけど、心臓の手術は10時間以上にも及ぶから、ホント体力勝負だって言ってた。執刀医だか看護師だかも、途中交代しないと体力的が続かないらしい。 

もし、自分や身内が手術してる時に集中力が途切れて・・とか想像すると恐い。

559: 名無しさん 04/12/31 22:20:21 
夜勤している医者が、眠気ざましにコカインをやってたなんて話があるんだよな。

560: 名無しさん 05/01/01 02:01:46
うちのじーさん教授も、学生の時分はエフェドリンの類をゴニョゴニョって言ってたな

551: 名無しさん 04/12/31 07:26:27
「アル中パイロット」の報告もあったぞ。もちろん旅客である。 

彼の場合あぼーんする前にカミングアウトした。勇気である。

556: 名無しさん 04/12/31 14:15:04
>>551 
えらいね。まさに退く勇気だね。 

558: 名無しさん 04/12/31 19:44:00
>>551 
末期には、魔法瓶に仕込んで機内に持ち込んだウィスキーを、フライトの合間にぐびりぐびとやらないと操縦桿も握れなかったそうだけど、さすがにこのままでは皆駄目になると、正式な治療プログラムを受けることとなった。 

552: 名無しさん 04/12/31 09:12:03
パイロットって言えば、健康診断(メンタル面含む)でOKがでないと、ずっと地上勤務になるそうだ。それが苦で、余計ノイローゼになったり、自殺する人もあるらしい。

553: 名無しさん 04/12/31 11:15:22
>>552
まあ、何百人の命を預かってるわけだしな…。 

それくらいしてくれないと安心して飛行機に乗れないよ。

554: 名無しさん 04/12/31 13:21:5
逆噴射K機長の事件があったからなぁー。

※日本航空350便墜落事故:
1982年2月9日、当時の日本航空、福岡発東京行350便が羽田空港沖に墜落し、死者24名、負傷者149名の犠牲を出した。操縦していたK機長は初期の精神分裂病等と診断され、治療を受けるも改善せず、その間も乗務を続けていた。

事故当日の350便の乗務中には、「敵に捕まって残忍な方法で殺されるよりも、自分から先に死んだほうがマシだ」という妄想を抱くに至り、しばらく恐怖に震えた後に現実に戻るという精神状態にあった。

羽田への着陸降下中、350便が200フィート以下に降下した後、突然「イネ、イネ、……」という言葉が機長の頭全体に響き渡った。機長はとっさに「死ね、死ね、……」との命令と理解し、手動操作に切り替え操縦桿を押し込み、エンジンを逆噴射させた。(wiki:日本航空350便墜落事故)

556: 名無しさん 04/12/31 14:15:04
あまり関係ないけど、知り合いの半アル中の職人さんで、酒臭いからカエレって言われて逆ギレしてたオッサンがいたのを思い出した。

557: 名無しさん 04/12/31 14:21:15
いつも酒飲んで仕事する鳶のおじさんがいたんだと。周りはいつも、いつ足場から落ちるのかとヒヤヒヤしてたが、ついにある日落ちて大怪我した。 

後日おじさんに話を聞いたら、その日はたまたま飲んでなかったと・・・。

558: 名無しさん 04/12/31 19:44:00
>>557 
指物師のオッサンで、酒が無いと手が震えて仕事にならんってのがいたんだよ。 

アル中、ってのは酒が入っているのが正常な状態だから、酒が切れると逆に感覚が狂うのである。 

548: 名無しさん 04/12/30 09:34:06
よそからコピペ。


当時、某超大手通信機器会社にプログラマとして勤めていた俺。参加していたプロジェクトは、リーダーがプレッシャーに負けて失踪し、グダグダのデスマーチに突入。 

1週間ほど家に帰れず、生ける屍状態で仕事をしていたわけだけど、「ウワーイ!!  デスマーチ!!デスマーチ!!ヒャッホー!! 」こんな感じで、上半身裸になって外に走り飛び出すイカレた人が数名いたよ・・・ シャツをめくって頭に被って廊下を走り出す奴とか・・。 

あと、突如「キレる、笑う、コンピュータに向かって話し掛ける・拝む」などの奇妙な行動を取りはじめる人があちこちに。あの開発室は完全に異界化してたな・・・。

は体を壊してリタイアしたおかげで屍人化はまぬがれたけど、あの人たちは今も元気だろうか・・・

540: 名無しさん 04/12/29 18:20:35 
三菱の下請け会社のOLだった頃の話。

ある日、現場が事務所が騒然となった日があった。その現場は樹脂ラインだったが、成形後切断するんだけど、その機械を担当していたチャイニーズが首をあーぼんしてた。

541: 名無しさん 04/12/29 18:40:14
樹脂ラインはchankoroをかじった 
999のダメージ !
chankoroはくびをはねられた!

568: 名無しさん 05/01/05 21:54:02
オーブンで首はさまれ、作業の日系人死亡
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050105-00000304-yom-soci

4日午後10時15分ごろ、茨城県水海道市の食品工場で、食パン生地が入った容器にふたをして業務用オーブンに入れる作業をしていた日系ブラジル人の派遣社員の男性(23)が、オーブンの入り口部分で首を挟まれているのを警報で駆け付けた同僚が発見した。 

男性は病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡した。死因は窒息死。 

水海道署の調べでは、オーブンにはバーで容器を押し込む装置がついており、
男性は、バーに首を挟まれたらしい。同工場では社員約550人のほか、約600人の日系ブラジル人が勤務しているという。 

569: 名無しさん 05/01/06 11:57:30
鉄くず運搬中、クレーンと壁に挟まれ死亡 
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050106ic07.htm

6日午前1時50分ごろ、埼玉県神川町の鉄鋼製造工場で、社員の男性(31)が、鉄くずを電気炉に運ぶクレーンと壁の間に挟まれ死亡した。 

児玉署の調べでは、男性はクレーンを走行させるレール近くの通路にいたとみられ、ほかの作業員がクレーンを作動させたところ、クレーンと通路脇の壁のすき間に挟まれた。同署で詳しい事故原因を調べている 


573: 名無しさん 05/01/08 00:51:03
先輩の勤務する工場に、中国からの技師団が見学に来たのだが、壁に貼られたスローガンを見て一同戦慄した。 

「これが日本製品の高品質への心掛けか! 瞬きするほどの間油を切らしただけで、一生涯我を責めつづけるとは!」 

スローガンにはこうあった。 

「油断一瞬怪我一生」 

575: 名無しさん 05/01/08 09:18:21
しかしどうにも避けようのない事故ってあるよな。 

常にサイコロを3個振り続け、出た目の合計が9以下だった時、事故に遭うとする。でも何らかの対策を実行することで、この条件が「9以下」から「6以下」や「3以下」にできる、とかそういう話なのかもなーとかちょっと思ったり。 

「Yes安全! No危険!!」

577: 名無しさん 05/01/11 01:09:02 
だが、「避けられないイレギュラーな要素」が割り込んで、本来の自分なら絶対にやらないはずなのに、危険なことをやらざるを得なくなることがある。

580: 名無しさん 05/01/13 22:55:59
今から3~4年くらい前の話。とある化学工場へ仕事で行ってきた。まあ、俺の仕事はつつがなく終了し。それから半年程経ったある日の事。 

テレビのニュースを見てたら、「○○区の××工場で事故があって一人が死亡~」と。えっ!前に行ったとこじゃんて思って見てたら、塩酸の入ったタンクを清掃していた業者が、タンク内に落ちて死亡したと・・・。 

自分が作業していた場所とは全然違うエリアだったんだけど、想像を絶するであろう凄惨な状況を想像して、身が縮む思いがした。 

皆さんも落下災害には気をつけて!

582: 名無しさん 05/01/14 05:02:40
超大手製鐵会社に務めてたことあったんだけど、全国にいくつもある製鉄所から、毎日のように手や指ちょんぎっただの足無くしただの、溶鉱炉や熱延、冷延の事故だの、車両につぶされただのって、文書がまわってきたよ。

それまでは知らなかったけど、現場って事故も日常のうちなんだと愕然とした。

もちろん、それを回避する努力を怠ってはいけないわけだが。
JCOの臨界事故では一人が83日、もう一人が211日生きていたのだけど・・・。

586: 名無しさん 05/01/14 20:45:54
>>585
どこかに画像あったね。細胞が放射能で破壊されて回復しないで腐っていくんだっけ? なんていうか凄い悲惨な画像だった。

滅多に無いケースらしく。医者は凄い喜んでたとか聞いたな。生きていたじゃなくて、データを取るために無理矢理生かされていたって感じ。

589: 名無しさん 05/01/15 15:44:42
あれ、他の国からも医師団が「治療の協力」に来たんだけど実際は「データ収集」目的なのは暗黙の了解なんだよね…。 

592: 名無しさん 05/01/16 11:54:49
なにしろ放射能でかなりの細胞の染色体が破壊されてるから、再生しようにも細胞が作られる情報自体が壊れちゃってるからね。ボロボロのスポンジに輸液して、まだらにテープで塞いでみてるようなもん。 

今の医学はそういう状態でもそれだけ延命できるってのがスゴイね。 

605: 名無しさん 05/01/18 00:36:13
放射能てほんと怖いね。

606: 名無しさん 05/01/18 00:43:31
>>605 
いや、待って。放射能は危険だけれども、適切に扱えばそれほど危険でないし、本来は便利な物なんだよ。あの事故がどれほどずさんな管理の元で起こったか、ってのを考えて欲しい。

616: 名無しさん 05/01/19 00:53:37
>>606 
そうだね。ずさんにも程がある。 

ほとんどの工場が似たような管理体制の気がして怖い。作業員一人一人の危機意識も大事なんだろうけど、そうも言ってられないような状況なんだろうね(嫌なら他の所行け、みたいな)。
 
大袈裟かもしれないけど、日本のこの先が不安。 

※東海村JCO臨界事故:
1999年9月30日、JCOは、燃料加工の工程において、臨界事故防止を重視した正規のマニュアルに沿わず、ステンレス製のバケツを用いてウラン化合物の粉末を溶解していた。その結果、ウラン溶液が臨界状態に達し核分裂連鎖反応が発生、「むき出しの原子炉」の状態となり、至近距離で中性子線を浴びた作業員3名のうち2名が死亡した。

東海村JCO臨界事故」画像検索結果。閲覧注意。

607: 名無しさん 05/01/18 01:58:52 
放射能を浴びれば巨大化する、と相場は決まっておる。

608: 名無しさん 05/01/18 04:20:42
>>607 
近頃はさすがにそうゆう展開は通用しなくなっているし、それのおかげで問題視されている作品も多い。

614: 名無しさん 05/01/18 10:41:03
>>607 
これって本当なのかなぁ?
ttp://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki2/108umihebi.htm 
※ウェブアーカイブより

巨大化したニワトリ

1986年4月26日、旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所で、原子炉の一つが暴走し、爆発するという事故が起こった。原発史上最悪の事故として世界中が報道した事件である。

この事故により大量の放射能が放出され、30人以上の死者が出た。放射能はヨーロッパ各地で計測された他、5月上旬にはほぼ北半球の全域で計測されるほどの大量なものであった。

その原発事故からしばらく経った時、発電所の近くで、大量の放射能を浴びて巨大化したニワトリが発見された。

第一発見者は事故の処理をしていた工事関係者であるが、何か森の方から大きな鳴き声がするので様子を見に行ったところ森の中で生息している巨大なニワトリを発見した。

すぐに報告すると捕獲班が派遣され、何週間もかけてニワトリを追い詰めて、ついに捕獲に成功した。このニワトリの大きさは大人の男性と同じかそれ以上の身長があり、体重も100kg以上あるという。

発電所近くの農家で飼われていたものだと思われるが、放射能のためか、全身の羽は抜け落ちていた。クチバシと目が異様に巨大化し、足の部分も肥大していた。捕獲後は研究所に送られたということであるが、研究所に送られてからもまだ成長を続けた。

615: 名無しさん 05/01/18 15:58:32 
>>614
んなワケねぇだろ。

643: 名無しさん 05/01/23 20:10:43
4年前に癌で顔面への放射線治療を3週間行ったんだが、顔の皮膚が爛(ただ)れる、唇に潰瘍が出来る、舌に潰瘍が出来る(食事不可能)、一番困ったのが、唾液が止まらなくなる(会話不可能、眠れない)。 

照射中、音だけで目に見えないのが怖かった。

644: 名無しさん 05/01/24 02:50:00
いまはお元気なの? ちなみに音とは。どんな音がするんですか? 

「キュィィィィィン」とか 「グィィィィィィン」って感じですか?

647: 643 05/01/25 00:54:05
>>644 
そこそこ順調です。あと1年半で術後5年を経過するので、それをクリア出来れば…。 

音は「キューーーーーン」かな。3~5分位鳴り続けてる。 

648: 名無しさん 05/01/25 02:53:19
>>643 
そうですか、それはどうぞお大事に。 

646: 名無しさん 05/01/24 11:04:58
まぁ癌で死ぬよりはマシだと。

647: 643 05/01/25 00:54:05
>>646 
話によると化学療法の辛さに絶えかねて、途中でギブアップしちゃう人も中にはいるらしい。 

645: 名無しさん 05/01/24 06:49:05
ウィーーーン ジジジジジ…カシャッ! ゴンゴンゴンゴン ウィーーーン カシャッ!

【その8へ】