【その4】
黒板

451:名無しさん 04/07/30 03:09 
ケーキ屋でバイトしてた時、香水強烈なヤンキーとその連れの女がやってきて、ケーキをホールで買った。 

私「お誕生日用ですか?プレートとロウソクをサービスできますがどうしますか?」 
ヤンキー「あ、じゃあ頼むよ。なあお前、今日を誕生日にしちまってでいいだろ? ん~~じゃあプレートに『プリンセスマリコ』っていれて下さい」 

ヤンの女「やだあああああ。あたし『王様』がいい」 
ヤンキー「んだよお~。じゃあ姉ちゃん、『プリンセスマリコキング』って書いてくれ」 

私「かしこまりました。『プリンセスマリコキング』ですね?少々お待ちください」 
ヤン&女「ぎゃははは。お姉ちゃんしぃぃぃぃぃぃぃ、みんなにバレるじゃんか~」 

ヌカムカしたの、でマリコをマン○にしてやった。ちょっとドキドキしたけど、その後苦情とかなかったから少し安心した。

456:名無しさん 04/07/31 00:53 
>>451 
ワロタ


413:名無しさん 04/07/15 21:31
中学2年の時、乗鞍で学年キャンプがあった。 

俺たちの班(テントも一緒)は俺と仲がいいやつたちと、何故かみんなに嫌われている知障。その知障は成績はまあまあいいが(中高一貫の進学校なので)、性格がウザい。

友達いないからひねくれていて、俺たちが楽しそうに話していると、話を遮って雰囲気を乱すやつ。これが普通の人間ならみんなでぶん殴っているが、知障らしいので担任が守っていた。 

初めの日は何事もなく過ぎた。2日目、ハイキングの最中にその知障が図に乗って、話を遮るどころか嘲笑してきた。流石に俺らは耐え切れなくなり(普段からむかついていたから)、ある作戦を実行することにした。 

夜、テントの中を真っ暗にして、みんなが下着を着替えているふりをした。事情を知らない知障は本当に着替えていた。

時が来た!俺たちは一斉に懐中電灯でそいつのチ○コを照らした。泣きじゃくる知障。爆笑の俺たち。俺たちがずっと照らし、しかも俺はそいつに跳び蹴りをかました。

今までその知障が仲間だと思っていた大人しい奴ですら懐中電灯で照らしていたので、
そいつは耐え切れず、手に握っていたブリーフ1丁でテントから飛び出していった。さらに俺の親友が、昼に作りそこなったご飯を丸めたやつをそいつに踏ませたのでもう、発狂。 

2時間後、かなり遠くをふらふら歩いていたその知障が、捜索していた女の先生(男子に人気の美人)に保護された。多分ブリーフどっかに放ってしまって先生にTシャツ借りたんだと思うが、Tシャツ一枚のフルチン状態で、俺らは爆笑。

主犯の俺とその親友はその美人先生に殴られた。うれしかった。


416:名無しさん 04/07/15 22:36 
>>413 
ワロタ。


414:名無しさん 04/07/15 21:38 
つまり>>413はマゾなんだな!

415:名無しさん 04/07/15 21:46 
>>413 
ただのDQN話じゃん。

449:名無しさん 04/07/29 18:48 
一年で一番楽しいのは7月後半、一年で一番憂鬱なのが8月後半だった。

450:名無しさん 04/07/30 01:31 
>>449 
一番憂鬱なのは9月前半にきまってるだろ。 

452:名無しさん 04/07/30 03:24 
小学生の国語の時間先生に「○○君はどんな時に秋の季節を感じますか?」 と聞かれたから、「ドラえもんのエンディングが短縮になって、カレンダーの宣伝が始まった時」と答えてやった。

455:名無しさん 04/07/30 23:14 
鼻くそほじってたのみんなに見られて、「ホージー」って外国人風のあだ名がついてる奴がいた。 

457:名無しさん 04/08/01 12:02 
前日に学校に侵入して、水道の水が流れる下水道のところに雑巾を詰めて水が流れないようし、それで一日中蛇口がひねりっぱなしで、学校中が水浸しに・・・。 

一階の机の高さほどまで水が溜まってました。未だに犯人は捕まらず・・・。


458:名無しさん 04/08/01 15:18 
>>457
それは大層気密性の高い校舎ですね。

460:名無しさん 04/08/01 18:56 
>>458 
ワロタ。

確かに俺の母校で同じことやっても、>>457のようなおもしろ現場にはならんなぁ。


466:名無しさん 04/08/01 21:54 
電車の中でクラスの女子と会い、バイトの話題になったからサンクス(コンビニ)やってると言ったら、趣味でサックスをやってると勘違いされたまま、しばらく会話が続いた。 

相手「へ~すごい!いつ頃始めたの?」 
自分「今年になってから。でもつまんないんだよな、もっと他のやりゃよかった」 

相手「でもカッコいいじゃんサックスなんて!」 
自分「カッコいいってサンクスが?別に普通だよー」


467:名無しさん 04/08/01 22:24 
>>466 
その女子はかわいかったのか? かわいいなら嘘でも落とすチャンスだったろうに・・・ まあ、サックスじゃなくてセック(ry。


475:名無しさん 04/08/05 17:23 
早退する時、保健室で体温計擦りすぎて壊したヤツいたな。

476:名無しさん 04/08/06 00:45 
浪人時代、予備校で席が隣でかわいい子Mがいたので、同じ高校だったYはその子に話し掛けた。
 
仲良くなったのか、俺たちにその子と話したことなどの自慢話をやたらしてきた。Yは両思いだと思っていた。だが自分たちも、彼の自慢話や永遠に続くその話にうんざりしてたので、自然と避け始めた。
 
そしてしばらくしてYの席は変えられていた。Mが先生に言ったらしい。 

後から俺たちがMに聞いたところ、毎日待ち伏せ、メール、毎日ボディタッチしたりして、本物のストーカーだったらしい。しばらくしてYは予備校に来なくなり、メールも電話も出なくなった。

その後、俺たちは大学に合格したが、
Yは宅浪でもしてたのか、進学をあきらめたのかはわからない。

あの予備校でYがMに会ってなかったら、とも思うのだか、Yはよそのところでも同じことをしたんだろうね、きっと…。

482:名無しさん 04/08/06 19:35 
珍事というにはちょっと微妙なんだけど。

中学の時で、まだSPEEDが解散する前の話。体育館で薬物に関する講演があって、全校生徒が参加していた。

それまで普通に進行していたんだけど、ラスト辺りで講演していたおっさん、何を思ったか、「SPEEDってグループありますよね。SPEEDって覚醒剤の呼び名ですよ。まったく覚醒剤から名前をとってなに考えてんだか」みたいなことをいきなり言い出した。 

それまでおっさんがまともに見えてたが、なんか変なやつに見えてきて、真面目に話を聞いていた自分が馬鹿らしくなった。 

さすがに講演中だったので、周りからこれといった反応はなかったけど、みんな首をかしげていたんじゃないだろうか。


483:名無しさん 04/08/06 23:40 
>>482 
そのおっさん、覚醒剤でもやってたんじゃないか?

485:名無しさん 04/08/08 11:54 
高校の時に別のクラスに某アイドル(そんなに有名じゃない)がいて、ある日、自分が朝練の時に何か私物を盗もうと、コッソリその子の教室に忍びこんだら、その子のロッカーの鍵が開いていて、教科書や化粧品などと一緒に体操着までもが入っていた。 

速攻その体操着が入った袋を盗み、自分の教室に戻り部活のバックの奥の方に押し込めて、その日は何事もなかったかのように朝練をし、授業を受けまた部活をし帰った。 

家に帰りその袋を開け、何か複雑な気分だったが、いろんなことをしてしまった…。 

数日後、その子の体操着が無くなったことが学校中の話題になり、そのクラスのある男子が犯人扱いされた。そいつは女子からは総スカンされ、一部の男子からはボコられそうになった。
 
先生達がその噂を聞きつけ、事情聴取みたいな感じで話をして、結局そいつが犯人ではないということになった。でもそれからもそいつは白い目で見られていた。 

そんな中、俺は悪いとは思ったが、自分がやりましたなどとは言えるわけもなく、ましてや黙って体操着を返すつもりもなく、ずっと黙っていた。 

今では俺の宝物です。


486:名無しさん 04/08/08 14:18 
>>485 
まあ立派に窃盗罪になるわけだが・・・。


487:名無しさん 04/08/08 14:40 
ハゲてる先生にハゲと叫んで逃げた奴がいて、怒った先生はそのハゲと叫んだ奴が俺だと勘違いし、10発ほど殴られ職員室前まで引っ張られて正座させられた。 

数時間後、それは俺ではないということがわかり、その先生に笑いながらゴメンと謝られた。その時点で俺は産まれたての子山羊のようにガクガクプルプル状態だったため、何も言えずそのまま下校した。 

それ以降、その先生は無駄に俺だけにやさしかった。


488:名無しさん 04/08/08 18:44 
>>487 
これだから
ハゲは・・・。

490:名無しさん 04/08/08 22:12 
ハゲといえば中学の時、男子からも女子からも嫌われ度ナンバーワンだったカッパヘッドの教師が、半年ほど休職(ノイローゼ)した。

「カッパは別の教師Aと飲みに行って、どちらのほうが
ハゲてる面積が広いかで喧嘩になり、Aは落ち着いていたのにカッパは暴れて自宅謹慎」という、まことしやかな噂で持ちきりだった。 

491:名無しさん 04/08/08 23:01 
お前ら、ハゲをバカにする者はハゲに泣くんですよ?

501:名無しさん 04/08/13 20:27 
ジャンプを読んでいないという理由で友達を殴って謹慎処分になった人がいた。

503:名無しさん 04/08/13 23:51 
小学生の頃、K君が通ったら浣腸をしてやろうと、壁とロッカーの隙間に隠れてた。5m程先にいるK君を確認したので、おそらく数秒後に通る。

人影が見えた瞬間、思い切り浣腸をしてやった。この先は言うまでもない。


504:名無しさん 04/08/14 00:17 
>>503
女子だったんだろw。


505:名無しさん 04/08/14 00:53 
卒業間近になると必ず書かされる文集。だが、そのほとんどが同じような内容であり、配られても何回も見たいとは到底思えない。 

しかしである。3年2組卒、眞田君(仮名)の文集は何度見ても考えさせられる。彼からの許可は得たので、ちょっとここで紹介したいと思う。 

○○中の思い出 眞田  

私は「総統」と部下の「大佐」から呼ばれています。そしてコンピュータ部に所属していて、いろいろな狂気にみちたゲームを作っていました。 

私は副部長でしたが、その事も部下の狂乱のセレナーデの前ではかすんでしまう、コンピュータ部はゲームをやってカロリーを消費するような連中ばかりだが、よき想い出と割り切ってしまえばそれも良しとなるだろう。 

私は何事もポジティブに考えている・・・つもりだ、電波だって良く言えば普遍的無意識からのメッセゲ(おそらく彼はMASSEGEと書いたのだろうが、打ち込んだ人がそのままローマ字でやってしまい、メッセゲになったと思われる)であると。それすらも楽奏に考えるべしである。

そうすればいろいろな物も前向きに見えるはずだし、そうでなければ諸国の民はただ火で焼かれるために疲れ果てるのみ。 

文化祭では創作したゲームを出品できたが、そのゲームは一年生二年生にすべからく評判が悪く、下級生の中には暴言を連ねる者も結構いた、三年には評判が良く部下にも評判は良かった、が先生には怒られた。 

実を言うと写真を撮られるのは嫌いでたまらない、この文章でも匿名にしたい位だ、私は『悪魔』、虹の色をした黒山羊である。 
 
神性、星占術、陰明術のようなものが好きです、それは異端かもしれないし背徳かもしれない、それでも私は空を飛びたい。 


いかがだろうか?何に影響されたのかはわからないが、ちょっとやりすぎである。 

だが、私、阿世知君、他二名でこれにも劣らぬ(やっぱり劣るかもしれないが)文集を書いた。それは次の機会に紹介したいと思う。とりあえず今日は眞田君の作品に浸って頂きたい。


506:名無しさん 04/08/14 22:55 
>>505
 
早く次を紹介しる!

509:名無しさん 04/08/17 12:31 
誰か好きな女子のリコーダー舐めたヤツいる?

510:名無しさん 04/08/17 17:39 
>>509
好きな女子の机の中に放尿なら・・・。

511:名無しさん 04/08/17 18:10 
>>509
学校に水筒を忘れたのに気づいて教室に戻ったら、当時好きだった娘が俺の席に座って、俺の水筒から茶を飲んでた。 

俺、帰宅部。女子、バスケ部。 

419:名無しさん 04/07/16 00:19 
俺らの中学校、ウォータークーラーっていう水飲み用の機械があった。

その水は水道管から来ているから手洗い場のすぐ近く、要するに普通の手洗い場の水道とウォータークーラーの水道管は一緒で、一時期その中学校で水道管の元栓を止めるっていうイタズラがあった。

別に大したことはない 普通に元栓開ければいいだけだから。もちろんすぐ廃れたが、俺は何か斬新な
イタズラはないか考え、先のイタズラを応用したイタズラを俺は思いついた。
 
まず、水道管の元栓を締める。そして普通の360度回転する水道の蛇口を上に向け、レバーを全開にした。 

実際に学校の帰りにやってみた。被害者はウォータークーラーの水を飲もうとしたが出なくて、いつも通りに元栓を開けたら、上を向いた蛇口から大量の水を出してしまったらしかった。
 
俺は直接は事件を見なかったが、次の日朝登校したら、床の水で滑って頭打ってびしょ濡れになった。 

421:名無しさん 04/07/16 01:18 
>>419 
つまり因果応報ということを身をもって解説してみたかったという訳か。乙。




515:名無しさん 04/08/20 12:01 
中学の頃、廊下を歩いていると茶色の物が落ちてた。その茶色の物を辿って行くと、Kが下半身うんこまみれになってた。 

それから、Kのあだ名は「カレー」になった。


517:名無しさん  04/08/20 12:21
>>515
授業中にいきなり立ち上がって、教室を出て廊下を爆走した女がいた。 

みんながポカンとしてたら異臭がしたので、先生が奴のイスの付近を検査したところ、茶色のアレがたっぷりとカレーのようにあった。そして廊下からトイレまでの道のりには、ぽつぽつとカレーが落ちていた。


522:名無しさん 04/08/20 20:00 
昼に起きて、家に誰も居ないと思って、上半身裸パンツ一丁でオ○ニー。

途中のギンギンなチ○コを社会の窓から出して、上下に振りながら「ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだー」と唄いながら廊下を行進していたところを、妹に見られた。

すげぇリズミカルにチ○コ振ってたんだよね…。

524:名無しさん 04/08/22 00:59 
>>522 
ワラタ


527:名無しさん 04/08/22 12:25 
小学生の時、近くの中学校のグラウンドで、町内対抗の運動会があった。
 
自由参加らしいので、おふくろとひとつ上の兄貴と一緒に参加する事に。そのうち小便したくなった俺は急いで校舎へ向かった。 

しかし、初めてきた場所なので迷う迷う。やっとの思いでトイレを見つけて駆け込んだが、何かがおかしい。小便器がないのだ。あるのは個室ばかり。内装もやけにピンク。 

首をかしげながらも、手近な個室で用をすませて、個室から出て俺はやっと気がついた。ここは女子トイレだった。なんで今まで気がつかなかったんだ。 

慌てた俺は出ようとして入り口から周りを伺うと、面した廊下の向こうに同じ学校の女子が二人、こちらへやってくるではないか。もし女子トイレにいたことがばれたら、学年中で変態呼ばわりされる事は確実だ。 

急いで
女子トイレの個室に隠れる。そして、神に祈る思いでひたすら彼女たちが通り過ぎるのを待った。まるで自分がスパイになった気分だ。

しかし、二人の
女子はトイレに入ってきたのだ。そして俺が隠れてる個室を挟むように、それぞれが個室へ入ったのだ。

ここで2つのチャンスが発生する。1つは逃げるチャンス。今女子トイレから抜け出せば、少なくともこの二人に見られる心配はない。もう一つは・・・女子のトイレの音を聞くチャンス・・・。

チキンな俺は今がチャンスとばかりに猛ダッシュ。そのまま家族の元に戻る事ができた。

534:名無しさん 04/08/23 22:43 
>>527
ワクワクしながら読んだ俺の時間を返せ…。

533:名無しさん 04/08/23 17:05 
中学の頃、修学旅行の時に女子の部屋に侵入。そして、ハァハァした。 

っていう話が聞きたい。


534:名無しさん 04/08/23 22:43 
聞きたいだけかよっ!

【その6へ】