【その7】
山

935: 名無しさん 04/11/05 02:43:19
あの日は本当に怖い思いをしました。 

私はその日、一人で美濃戸口から八ヶ岳の赤岳を目指していました。その日の天気はうす曇で、翌日も天気はすっきりしなさそうでした。しかし私はせっかく来たのだからと登ることに決め、樹林帯を歩き始めました。 

行者小屋を経由し、地蔵尾根を登り、地蔵尾根を登りきった時には12時を回っていました。その日は赤岳展望荘に泊まることにしました。泊まっていたのは私と他2グループだったと思います。 中高年の夫婦が1組と、おじさん2人が1組。 翌日の日の出を期待し、就寝しました。

明け方、私はごそごそと起き出し、日の出を見ることにしました。その日は少しもやっていましが、窓から見た朝日はそれはそれはすばらしいものでした。 

私は荷物を用意せずに一旦建物の外に出ました。あたりの気温は多分5度くらいだったろうと思います。寒かったのでジャンパーを着ました。そして何気なく、今まで上ってきた地蔵尾根側を見たのです。すると、霧の向こうに人影が見えたような気がしました。 

最初は気のせいかなと思いました。しばらくきょろきょろと見ていると、霧の向こうに確かに自分よりもずっと大きな怪しい人影があり、しかもその人影は動くのです。 

しかしその影がある位置は立てるはずがないのです。私より数歩先は崖になっていて、人間が立てるわけがありません。私は恐ろしくなって建物内に戻り、誰とも話さず震えていました。結局その日は、赤岳頂上に登らず帰りました。 

いま考えてみても、あれは得体の知れない体験でした。あの人影はもしかしたら滑落した人の亡霊かもしれません。 

あれ以来八ヶ岳には一度も行っていません。

941: 名無しさん 04/11/05 13:03:43
それはお前、ブロッ(ry

942: 名無しさん 04/11/05 16:18:54
ケン伯爵の話題はマズイだろ。この時期に。

943: 名無しさん 04/11/05 16:47:01
ここでベルリンの赤い雨が炸裂。

950: 名無しさん 04/11/06 10:11:47
俺も初めて伯爵を観たのは、石室から垢岳への登りだったよ。 

あそこは出易いんだよ。

※0:25~ブロッケン現象
 

926: 名無しさん 04/11/04 03:46:37
若い頃、岩登りの練習をするため、仲間と奥多摩の越沢バットレスへ行った。

夕方に岩場の近くにある無人小屋(現在あるかどうか判らない)に入った。10時頃就寝した。二人とも熟睡していたが、私と友人は「ウァー」という大きな悲鳴で目を覚ました。それからなかなか寝付けず、朝を迎えた。

この岩場は鋭角な岩角が多く、ザイルの切断死亡事故が多発していることで有名な岩場だった。 

932: 名無しさん 04/11/04 20:45:42
>>926 
越沢バットレスって、そんなに死者が出ていたのか・・・知らなかった。

939: 名無しさん 04/11/05 11:12:57
>>926 
それ、鹿の雄叫びじゃないの? 近くで聞くと「キィー、ギャー、キャー、ワァー、ウワー」 って聞こえるんじゃない?まして寝ぼけているんだしさ。

※おそらく鹿の雄叫びですね…。1:00~、2:30~。
 

927: 名無しさん 04/11/04 07:50:22
ある貸別荘での話。 

玄関側の一部屋、電気を点けたまま寝てしまった。寝た部屋は庭側の反対側。 その明かりを見て夜中の2時頃、なにやら大勢の人間が「おい、高橋だろ!居るのわかってんだぞ!開けろ開けろ!!」と。中から「違いますよ」と言うとふざけていると思われてさらにエスカレート。 

どうやら隣の別荘と間違えた合流組だったらしい。無防備な山の貸別荘。マジで殺されるかと思いました。 

と、友達が言っていました。俺その時、奥で爆睡して全然気がつかなかったんだよね。

928: 名無しさん 04/11/04 16:41:53
蔵王硯石キャンプ場、面白山キャンプ場。 

怖い思いしました。出ました。

931: 名無しさん 04/11/04 20:43:34
>>928 
うんちが?

929: 名無しさん 04/11/04 17:01:42
山のなかの廃鉱を探検してたら、いきなり首吊りが目の前に現れた。
 
ミイラ化してたから、まだよかったけど。

930: 名無しさん 04/11/04 18:36:29
子供の時、蕨(わらび)採りしてたら、少し先の木の根元辺りが白っぽい。なんだろと思って近くまで行って見ると、白骨化した蛇が木の根元に巻き付いてた。 

怖かった。 

933: 名無しさん 04/11/04 21:39:58
奥多摩にて、3年位前の話。 

鍾乳洞より先に、テント1張りやっとくらいの場所があった。そこは以前数回キゃンプしたことのある場所で、足場は悪いが、川に面して雰囲気のいい所でした。長かった梅雨も明け、新しくテントを買って、うきうき気分で出かけた。 

現地に着いたら運悪く雨がぱらぱらと降り出し、内心、オニューのテントを汚したくは無かった。いつも連れの車にグランドシートが積んであるけど、あいにく今回は自分の車で出かけていた。

俺はシートがないのを理由に「車の中で寝ないか」と相棒Kに言った。「疲れているから足伸ばして寝たいよ。早くテントを建てて飯喰おうぜ」 と奴は答えた。テンバを確認し、そこで一服。Kが大をもよおしたと言うので、とりあえずその場を離れた。
 
もよおしものを済ませたKとテンバに戻って見ると、さっきと様子が違う。暗いから?? あそこに木があったような・・・黒いわだちなんてなかったような・・・。 

テント張ろうと思っていた所には、3トンはあろうかと思える岩がどっしり陣取っていました。よく見ると、道を越えた向こうの斜面から転がってきた物でした。二人とも一瞬にして凍りつきました。 

もしあの時もよおさなかったら、まさしくウンがなかったら死んでいたのかも知れません。
 
運の語源はもしかして、こんなところからきてるのでは・・・失礼しました。でも、実話です。

955: 名無しさん 04/11/07 11:36:32
>>933 
その付近で10年位前に岩が崩落して、直下のトイレで亡くなった方がいたと思ったぞ。

937: 名無しさん 04/11/05 06:49:44
事故の話の方がこわいな。現実感がある。 

幽霊とか亡霊の話はいまいち。そんなものが本当に存在するのならば、イラクでは首なし亡霊が歩いているだろうよ。

959: 名無しさん 04/11/10 06:09:26
奥多摩の鹿倉山から縦走していく大寺山だったけかな、そこに建つ仏舎利、ありゃ何じゃ。

いちおう人の手入れはさえれておるが、誰もいやしない。どういう筋の寺なのかだけでも知りたい。市役所に問い合わせた事があったのだが、委細まったくわかりませんということだった。 

ただなんでも、東京の池袋かどこかに本山がある「日本釈迦仏教教」みたいな、大仰な名前の新興宗教だったと思う。実際にその池袋の総本山に電話すると、登山のおりにはぜひぜひぜひ中におはいりなさいませませませという勧めぶりだった。 

でもね。あの仏舎利殿、奥多摩中から目立ちすぎ。はっきり言って景観をそこねる。
 
友人は一人で登っていって、仏舎利の中から出てきた尼さんに寄ってけ寄ってけとしつこく誘われて、怖くなって全速力で湖まで転がるように下りてきてらしい。 

ほんとなぞ、詳しい事知っている人がいたら教えてくださいませ。

964: 名無しさん 04/11/10 16:43:18
>>959 
若くて美人の尼さんだったら寄っちゃうけどなあ。 

どうせ婆さんなんだろうが。

968: 名無しさん 04/11/11 01:47:02
>>959 
なにげに立派で寂れてるところが怪しげだよね。工事用具とか置きっぱなしだったりするし。 

脱会しようとした信者の死体とかありそうな…。



957: 名無しさん 04/11/09 07:22:32
何年か前、北穂の松浪岩のあたりを夫婦で登っていて、2時間ぐらいこの世のものではないモノについてこられた。 

お盆の頃で本当は登山客でいっぱいのはずなんだけど、天候が悪すぎた上にカラサワを出たのが遅く、自分達が最後だった。

後からついてくる人の存在にはもう少し前から気づいてはいたのだが、 上をヘリがブンブン飛んでたし、県警の人が自分達を心配して後ろからついて来ているんじゃないかと思っていた。それが違うってわかったのが松浪岩の辺り。

もう雨だし暗くなっているんだが、足音はすぐ1mぐらい後に聞こえているが、振り返ると誰もいない。実はその時が北ア初めてで、もう二人ともバテバテだったの。 雨で全身ぐっしょりで意気消沈していたし。

でも私たち、その時不思議とついてくる霊に守られているような気がして、なんとかがんばって北穂小屋までたどり着く事が出来た。特に松浪岩を通る時にはついてくる霊がすぐ側まで来ていて、霊たちのカッパは、最近のカシャカシャいう合羽とはだいぶ違うゴムっぽい合羽を来ている霊だった。

その霊は頂上近くに来ると消えてしまったが、怖いなんていう気持ちはまったくなくて、むしろ感謝している。 
その、後高山に慣れて来てからも、時々おかしなものがついてくることはあるけど、あまり気にしないで、おお来てくれたかって感じ。 麓の林道とかでついてこられたら困るけどね。

森林限界超えてからだよね、異形のものとも共存は。 

960: 名無しさん 04/11/10 06:53:16
>>957 
>霊たちのカッパは、最近のカシャカシャいう合羽とはだいぶ違うゴムっぽい合羽 

ゴムカッパの幽霊ですか? ゴアテックスの幽霊はまだ存在しないんですかね? 

966: 名無しさん 04/11/11 00:33:24
おお、自分も山で幽霊らしきものに遭遇したことがあるが、それら(?)も全身カッパだったが、カシャカシャじゃなくて、キュッキュッ鳴ってたぞ。長靴をこすり合わせたような音だ。 

自分はそんな音がしたから、それら(?)は幽霊じゃなく人間だと思い込もうとしていたが、 違うのかよ。

970: 名無しさん 04/11/11 02:59:50
ゴアだと最近→最近だと裏がとれる→幽霊話成立しない。 

以上の理由でキュッキュッ。

971: 名無しさん 04/11/11 07:18:50
>>970 
幽霊話の一番の弱点。 

そんなところで、死んだ人間がいないって場合。

972: 名無しさん 04/11/11 08:32:53
逆に、幽霊話によくある「後でわかったんだけど、そこは女の人が自殺した場所だったんだって」とかいうのを見ると、途端に胡散臭さを感じるな。 

本当にお前は調べたのかよ!と・・・。

977: 名無しさん 04/11/11 22:57:12
>>972 
霊能者の「ここは一家心中があったのです」よりましだと思われ。
 
どうして新聞に載らなかったんだ!!

978: 名無しさん 04/11/11 23:04:43
死者が幽霊となって出てくる時に雨具も一緒に化けて出るとしたら、缶詰の蒲焼きにされたサンマが化けて出る時は、缶詰めの姿で出てくるのだろうか?

980: 名無しさん 04/11/12 06:46:03
すると、テントごと亡くなった場合は、テントの幽霊も出現するのだろうか。
 
つきまとわれたら怖いな。

987: 名無しさん 04/11/12 15:33:00
>>980 
御巣鷹山で亡くなった人たちは、ジェット旅客機と共に現れ、戦艦大和と共に沈んだ兵士たちは、戦艦大和と共に現れ・・・つきまとわれたらド迫力で感動もの。

993: 名無しさん 04/11/12 19:41:57
>>987 
知ってるなかで一番大きい幽霊話は、電車、屋敷、船があったな。 

たしかにこのあたりの旅館だったが、何度探しても見つけることはできなかった。時刻表を調べると、その時間の列車は実在しなかった、みたいなヤツ。

991: 名無しさん 04/11/12 19:15:55
確かに不思議だよな、カッパ着てたり帽子かぶってたりかんじき履いてたりさ。 でもテントは聞いたこと無いな。車、バイクはあるけどさ。魂が憑依してるのか、残った思いがそういう形で現れるもかわからないけど。 

前にアイゼンの音がついてくる話の時、同じようなレスが付いてた。人間の使ってる物まで幽霊になるのか?じゃ幽霊は裸なのか?みたいな。
 
俺は思う。もし肉体のみが霊になるなら、差歯、義歯の人はどうなってしまうのかな?かつらの人は?整形した人は?胸を大きくした人は?真珠入れた人は?

994: 名無しさん 04/11/12 20:28:43
恒星の寿命が尽きたあとに真っ黒くて恐ろしい幽霊になって、近くを通る光なんかを吸い込んでしまうらしいよ。

995: 名無しさん 04/11/12 21:09:53
>>994
質量次第。

982: 名無しさん 04/11/12 11:05:53
俺は案内人みたいな幽霊に遭遇、ずっと山道を案内された。ザイルで首を吊ろうとしてるとこを、遅れて下山してきたパーティーに止められた。 

ホントに危なかった。

983: 名無しさん 04/11/12 11:25:11
>>982 
その話聞きたいな! 

もう少し詳しくプリーズ !

985: 982 04/11/12 14:19:55
山を案内されてる時は普通のおやっさんで、変な様子はまったくなかった。見た目ベテランな登山家というところだ。しかし会話の内容が、やたら8年前にこだわっていた気がする。 

そこから先はよく覚えてないが、色々会話をしながら歩いてきたつもりがいくらも歩いていなかった…。

988: 名無しさん 04/11/12 15:42:47
腹上死したオッサンは、やっぱり乗って現れるのでしょうか? 

教えて、エロいひと。

989: 名無しさん 04/11/12 16:24:51
>>988 
そいつぁいくらなんでも極楽へ行ってるべ。

990: 名無しさん 04/11/12 16:26:45
ワロタw

996: 名無しさん 04/11/12 21:18:27
所詮小者は怨霊にすらなれぬ・・・。

【在庫あり/即出荷可】【新品】岳 (1-18巻 全巻) 全巻セット
岳 (1-18巻 全巻) 全巻セット

引用元:http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/1068521711/