【その3】
Yamato_Trial_1941

120: 名無しさん 02/03/10 12:26
大手繊維、アパレルメーカーの「レナウン」の社名のルーツは、イギリスの巡洋戦艦「レナウン」から来ています。 

何でもレナウンの創業者が、戦前に日本を親善訪問したレナウンの格好良さに感激して、新しく創業する会社の名前にしたんだとか。

121: 名無しさん 02/03/10 13:58
>>120 
やっぱりマジ? 前に一度その話聞いたことがあるんだけど、冗談だと思ってた。

122: 名無しさん 02/03/10 14:24
>>120  
レナウンそのものではなく、それに乗って来た英国皇太子のかっこよさだったと思われ。

123: 名無しさん 02/03/11 02:10
ちなみに、レナウンの子会社ダーバンの名前の由来は、そのレナウンのお供のダーバンから。

※レナウン:
Renown-6
1922年(大正11年)、イギリスの皇太子エドワードが訪日した際の御召艦「レナウン」にあやかり、「レナウン」を用い始める。「レナウン」は「名声・栄光」な どの意味。また、グループ内のダーバンも、供奉艦として「レナウン」に同行していたイギリス巡洋艦「ダーバン」から。(wiki:レナウン)

264: 名無しさん 02/04/29 04:04
「頭脳パン」や「ビスコパン」で知られる敷島製パンは、創業者が戦艦「敷島」の厨房で働いていたことがあったのでこの名がつけられた。 

※敷島製パン:
社名の「敷島」は創業者の盛田善平が尊敬していた本居宣長の和歌「敷島の大和心を人とはば朝日に匂う山桜花」から。ブランド名の「Pasco」は「Pan Shikishima Company」の頭文字を取ったもの。(wiki:敷島製パン)

130: 名無しさん 02/03/14 10:59
ベトナム戦争中のGIは、レーションを温める時に、何と微量のC4に火をつけて代用したとか(必ず風上に立つ事と、量を間違えない事が大事だとか)。

146: 名無しさん 02/03/24 01:48
>>130 
C4は科学的に安定していて、火をつけただけでは爆発しないが。

147: 名無しさん 02/03/24 01:51
>>146 
だから固形燃料代わりにしてるんですよ。

149: 名無しさん 02/03/24 02:35
爆発はしませんが、微量でも相当な火力を発するとの事です。多分、両を間違えて火傷した奴もいたでしょう。それにしても、誰がやりだしたんだか…。

※C-4 (爆薬):
TNT換算で約1.34倍の威力があり、粘土状であるため、固形爆弾では難しい隙間に詰め込める。さらに、耐久性・信頼性・化学的安全性が高い。衝撃による暴発はまず無く、火に投げ込んでも単に燃えるだけであり、確実に起爆させるには起爆装置や雷管を要する。

少量では燃焼するため、ベトナム戦争時には固形燃料の代わりとしても用いられた。ただし、主成分のRDX(トリメチレントリニトロアミン)などは毒性がある。噛むと甘い味がするといわれているが、2008年8月には陸上自衛隊の訓練にて教官が隊員にC-4を舐めさせ、24人が病院へ運ばれる事態が発生した。(wiki:C-4)

132: 名無しさん 02/03/15 16:32
「ビストロ」の由来は、WW2のフランス(占領されてた頃)で、ドイツ兵が上官に隠れてレストランに入り、「早く(ビストロ)、早く(ビストロ)」とフランス語で言った事から始まったと本か何かで読んだ。

298: 名無しさん 02/05/17 03:00
>>132
WW2ではなくワーテルローの戦い)の後で、ドイツ兵ではなくロシア兵で、フランス語ではなくロシア語である(ロシア語で「早く」はブィストロ)。

※ビストロ:
語源は不明であり、ビストロ、ビストロ、ビストーニョ、ビストロウド、ビストイユ、ビストロイユなどの地域語から推定され、ロシア語の「速く(料理を出せ)」が由来というのは俗説。

1884年に最初に「ビストロ」が使用された記録があるので、ナポレオン戦争(ワーテルローの戦い、1815年)に続いてパリを占領したロシア軍の中で起きたとする説は、69年間もの空白期間が生じる。(wiki:Bistro)

137: 名無しさん 02/03/21 06:34
真珠湾奇襲の直後、ハワイ・オアフ島に流れたデマの数々。 

・ワイキキとオアフ島北部海岸に日本軍落下傘部隊が下降中。 
・撃墜された敵パイロットの一人が金髪のドイツ人だった。 
・日本人パイロットの一人が、オレゴン大学の卒業記念指輪をしていた。 
・いや、1937年か39年の南カルフォルニア大学だった。 

・日本人パイロット達はハワイ、マッキンレー高校のセーターを着ていた。 
・日本艦隊の司令が、次の日曜の夕食は、ロイヤル・ハワイアン・ホテルでとると宣言した。 
・空母エンタープライズ撃沈される。レキシントンも! 
・パナマ運河爆砕される! 
・カルフォルニアも攻撃されている。 

・日本軍が米本土、ロングビーチに上陸。ロサンジェルスに向け進攻を開始。 
・ソ連空軍が東京を爆撃。 
・真珠湾で生き残った水兵には30日の有給休暇が与えられる。 
・オアフ島に上陸した日本軍と米陸軍が戦闘中。

139: 名無しさん 02/03/22 19:11
>>137 
歴史的大事件のまっただ中のデマ、あとから考えるとしょうもない物でも信じてしまうんですよねぇ。

あの同時多発テロの日も、「11機が現在もハイジャックされて各地を飛行中」なんて報道される中で世界の終末をかいま見たあの日の気分は、今でも心のどこかに引っかかってるなぁ。 

142: 名無しさん 02/03/23 06:17
>>139 
確かに今考えたら11機なんて荒唐無稽ですが、当時は本気でどうなるんだろうと思いました(11機って本当かと疑う余地無し)。

144: 名無しさん 02/03/23 07:19
>>142 
その時、友人と長距離電話で分析しつつ、こんな事考えてた。 

11機ハイジャック中+2機(そのときはまだ2機しか突っ込んでなかった)の13機か、テロリストも洒落が効いてるな。という事は、やっぱり宗教系の団体かね? 

しかしすごい組織力だな。1機あたり大型機で4人、中型機で3人は必要だから最低でも40人の特攻隊か。なるほど、狂信者か日本人以外にこんな事できんな。つーことはイスラムの原理主義あたりかね? 

……間違った前提を分析して、正解を導き出す例もあるということで。

145: 名無しさん 02/03/23 23:28
>>144 
最初から他に候補がいなかったじゃん。

139: 名無しさん 02/03/22 19:11
基準排水量において、史上最大の通常動力型空母は旧日本海軍の「信濃」。

※信濃:
信濃
基準排水量:62,000トン
全長:266.0m
最大幅:38.9m

1944年(昭和19年)11月19日、航空母艦として竣工。 11月28日、空襲を避けるため未完成のまま横須賀から呉へ回航される。第17駆逐隊(磯風、浜風、雪風)に護衛されて航行中の11月29日午前3時20分、信濃は紀伊半島潮岬沖合で米潜水艦アーチャーフィッシュの魚雷攻撃をうけ、魚雷4本が命中。浸水が止まらず、午前10時50分頃に転覆して沈没した。 竣工から沈没まで10日間であった。(wiki:信濃)

316: 名無しさん 02/05/22 12:26
信濃沈没を知った米海軍は「信濃」を「信濃川」と判断し軽巡と誤認した。

325: 名無しさん 02/05/24 01:11
>>316 
アーチャーフィッシュの艦長は「戦果は軽巡」との評価に猛反発して抗議し、結局「2万級空母」に評価され直した。

317: 名無しさん 02/05/22 13:03
信濃を撃沈したアーチャーフィッシュは、信濃と海防艦1隻の計2隻しか成績を挙げられなかったが、撃沈トン数では堂々の25位。

143: 名無しさん 02/03/23 06:54
駆逐艦種に類別された艦で、世界軍艦史上最大(満載排水量比較)なのは、今のところ「こんごう」型。間もなく7,700トン型や13,500トン型に抜かれるけど。

※護衛艦こんごう:
640px-DDG173_JDS_Kongo
基準排水量:7,250トン
満載排水量:9,485トン
全長:161m
最大幅:21m
最大速力:30ノット(約56km/h)以上

151: 名無しさん 02/03/24 13:59
ヒトラーの専用列車の名前は、何故か「アメリカ」。

159: 名無しさん 02/03/26 14:58
>>151 
アドルフ・ガーランドの乗機にミッキーマウス(といっても、北鮮が引田天功に送った如何わしいミッキーみたいな絵だけど)が描かれていたようなものだな。

640px-Bf109_Galland_Gerippe
1940年夏頃のガーランドのBf109Eの塗装再現図。操縦席下方にミッキーマウスが描かれている。(wiki:アドルフ・ガーランド)

160: 名無しさん 02/03/29 13:00
実はソ連はソビエツキー・ソユーズ級とクロンシュタット級を各15隻づつ建造する予定だった。

※ソビエツキー・ソユーズ級戦艦:
基準排水量:59,150トン
満載排水量:64,121トン
全長:271.5m
全幅:38.92m
1930年代後半に 4 隻が起工したが、独ソ戦の勃発によりすべて建造中止。

※クロンシュタット級重巡洋艦:
基準排水量:38540トン
満載排水量:42460トン 
全長:273.5m
最大幅:32m
第二次世界大戦勃発により、未成艦。

161: 名無しさん 02/03/29 13:03
>>160 
じゅるじゅる、計画どおり完成した艦隊を見てみたい。 

でも、なんだか日本が赤く染まりそう…。

166: 名無しさん 02/03/30 19:51
>>160 
計画では1946年までに全艦完成させる予定でした…って、正気かスターリン?

189: 名無しさん 02/04/09 21:10
そんでもって1946年に全艦完成させた後に建造する改良型の設計も既に着手されていた。 

どこまでやれば満足するんだ!スターリン!!

165: 名無しさん 02/03/30 19:19
>>160  
でも、1930年代末期の国家予算(軍事予算?)の約1/3をS・ソユーズ級とクロンシュタット級2~3隻つづの建艦予算で占めていた…なんて話を聞いたことがあります。 

本気で大型戦艦と巡洋戦艦を15隻づつ建造…なんて無茶な計画を実行していたら、例え独ソ戦が勃発しなくても国家予算の大半を海軍予算が食いつぶすハメになっていたと思われ。

194: 名無しさん 02/04/10 01:16
>>165 
じゃぁ、大和型を5隻+超大和型2隻+有象無象を予定していた日本は…?

163: 名無しさん 02/03/29 13:33
ソ連がそれだけ建造している間に、アメリカならアイオワ級を50隻つくってそう。

アイオワ、ニュージャージー、ミズーリ、ウィスコンシン、イリノイ、ケンタッキー、(中略)、ハワイ。すべての州名を消費した単独クラス戦艦。

171: 名無しさん 02/04/01 21:11
>>163 
えっと、ハワイが州に昇格したのは1959年ですから、艦名には採用されなかったのでは。

196: 名無しさん 02/04/10 19:24
>>171 
ハワイはアラスカ級(ただし、未完成で解体)。 

197: 名無しさん 02/04/10 21:20
>>196 
アラスカの州昇格も1959年。当時は州ではなかったんだよ。

アラスカ級は、ほかがグアムやプエルト・リコでしょ。戦艦(州名)と巡洋艦(都市名)の「中間」という微妙なポジションを反映した命名とも言えるけどね。

198: 名無しさん 02/04/11 09:16
>>197 
その先はどうするつもりだったのだろうか?フィリピンもあり?

199: 名無しさん 02/04/11 09:53
>>198 
ありです。ちなみにアラスカ級の生涯。 

Alaska CB-1 
1944.6.17竣工、機動部隊随伴、黄海での通商破壊、大連等への占領部隊支援、1961.6.30解体契約。

Guam CB-2
1944.9.17竣工、Alaskaとほぼ同行動、1961.7.10解体契約。

Hawaii CB-3
1947.4.16建造中止、1958.6.9除籍解体。 

Philippines CB-4 1943.6.24建造契約解除。 
Puerto Rico CB-5 同上。 
Samoa CB-6 同上。

※アラスカ級大型巡洋艦:
640px-USS_Alaska_(CB-1)_in_1944_(NH_97268)

64: 名無しさん 02/02/28 08:09
山本五十六は「水を石油に変える」という詐欺師に騙された。


152: 名無しさん 02/03/24 17:24
ヒトラー専用機の登録記号はD-2600。 

ケネディが初めて搭乗したエアフォース1(VC-137)の登録記号は26000だった。

※ヒトラー専用機:
Bundesarchiv_Bild_146-2005-0011,_FW_200__Condor_
ヨハン・バウアをヒトラー専属パイロットとし、大戦中に使用されたヒトラー専用機Fw200コンドルは豪華な装備が施され、登録番号D-2600の「インメルマン・ドライ」(Immelmann III)と命名された。(wiki:ヨハン・バウア)

※エアフォースワン:
611px-VC-137-1_Air_Force_One
VC-137CSAM26000はケネディ35代大統領からクリントン42代大統領の時代まで使用された。

153: 名無しさん 02/03/24 18:09
「エアフォースワン」ってのは固有の機体の名称じゃなくて、大統領が乗ってる時のコールサインなんだそうだ。知ってる人は知っている、一般人は勘違いしてると思われるネタ。

154: 名無しさん 02/03/24 18:43
>>153 
「エアフォースワン」は空軍機に搭乗した場合。 

民間機に乗った場合のコールサインは「エグゼクティブワン」になる。

【その5へ】