【その1】
岳

94: パンパカパ~ン♪ 01/10/27 20:51
長野の男性転落死 北アルプス・天狗岳
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011027-00002050-mai-soci 

27日午後2時50分ごろ、岐阜県上宝村の北アルプス・天狗岳頂上付近の登山道から約15メートル下の岩場で、男性が倒れていた。長野県警から連絡を受けた岐阜県警航空隊がヘリで救助したが、既に全身打撲で死亡していた。

岐阜県警が調べたところ、長野県茅野市の男性(71)とみて身元の確認を急いでいる。

96: 名無しさん 01/10/27 20:58
北アルプスの南岳~北穂間、西穂~奥穂間を立ち入り禁止にすれば、北アルプスの遭難死は今の半分に減るのでは?

100: 名無しさん 01/10/28 00:30
>>96 
西穂~奥穂とかの地図で破線ついてるところなんかは、破線消しちゃえばいいかも。

そうすりゃ、それなりの用意のある人しか入らなくなる。

110: 名無しさん 01/10/28 18:19
>>100に賛成。 

西穂~奥穂と、南岳~北穂は、登山地図から赤の点線を消す(コースタイムも)。 ガイドブックではバリエーション扱い。 

まあ、実際どうでもいいけどね。俺には関係の無いレベルだし。

120: 名無しさん 01/10/29 18:34
>>110に同意。 

事故が多すぎる。すべてがそうかはわからないが、やはり安易な入山による事故が含まれていると思う。

121: 名無しさん 01/10/30 18:09
西穂奥穂は、山登る人なら誰でも、一般路国内縦走路の最高峰って思っているんじゃない?

だから安易に行く人はとんでもないど素人か、自信過剰の技量未熟者、ってことにならない。遭難したやつは結局どっちかってことになるんでは。 

東大だって誰にでも門戸開いているよ(もちろん落ちても死なないが)。難しいとこ挑戦する資格なんか誰にも決められない。 

後は責任問題として、遭難した場合の損害賠償の問題だけだね。人はそのくらい自由の方がいいよ。危ないから行くな。おまえには無理だ。なんて馬鹿なこと言うのは過保護だよ。 

それに命を粗末にする人間ってそんなにいないよ。西奥縦走は難しいってこと、この際、雑誌メディアは徹底的に広めればすむ問題だよ。それで十分。その上での死者は自由に伴うコストの問題だよ。

そのくらいの度量があってもいいよ。ちまちまするなよ。

122: 名無しさん 01/10/30 18:13
入山禁止は論外だが、これだけ「情報」に左右される人間が多くなると、地図に線が引いてあるというのも考えもんだ。

123: 名無しさん 01/10/30 18:19
西穂~奥穂より南アの鋸、南アの鋸より妙義の方がムズイと思ふ。

124: 名無しさん 01/10/30 19:36
>>123 
妙義は稜線への登山道の分岐に、一般登山者禁止(だったかな?)の看板があるんだよね。地形図に線も引いてないし。 ただ、妙義でパンパカパーンしても、ニュースにならないだけかもしれない。
 
遭難者数は、群馬県で2番目に多いらしいけど。

98: 名無しさん 01/10/27 22:17
このスレッドと前スレッドを元に、今年の北アルプスでの、遭難死亡事故発生状況(冬山は除く。一応、GW以降)をまとめてみた。 ただし、病死は除く。 

・大キレット  5人死亡 
・西穂~奥穂  4人死亡 
・前穂付近   3人死亡 
・剣岳付近   2人死亡 
・北穂~奥穂  1人死亡 
・丸山     1人死亡 
・鹿島槍付近  1人死亡 
・徳本峠付近  1人死亡 
・黒部渓谷   1人死亡 

計19人中、13人(約7割)が、槍穂高連峰なり。

101: 名無しさん 01/10/28 01:13
>>98 
おつかれさん!

129: 名無しさん 01/10/31 20:09
しかし、北アルプスでの死者の約半数が、「西~奥」&「大キレ」…。 

ちょっと異常事態じゃない?

99: 名無しさん 01/10/28 00:17
・沢渡 1名死亡を追加

102: 名無しさん 01/10/28 05:38
>>99 
沢渡で死亡? 車に轢かれたか?

104: 名無しさん 01/10/28 08:04
>>102
村営駐車場へ渡る橋から転落したらしい。

106: パンパカパ~ン♪ 01/10/28 10:56
男性登山者の遺体収容 岐阜・穂高連峰天狗岳
www.asahi.com/national/update/1027/013.html

27日午後3時前、岐阜県上宝村の穂高連峰の天狗岳(2900メートル)近くで、男性が登山道の下の岩場で死亡しているのを登山者が見つけ、同5時ごろ、岐阜県警のヘリコプターが収容した。

神岡署の調べによると、男性は長野県茅野市のコンビニエンスストア経営の男性(71)で、単独行動をしており、転落したとみている。
 

126: 名無しさん 01/10/30 21:11
>>106
自分の歳を知れよ。

107: 名無しさん 01/10/28 11:15
コンビニは閉店かな?

109: 名無しさん 01/10/28 17:29
ただのアホかスーパーシニアクライマーのどっちだろう?

127: 名無しさん 01/10/30 21:19
山も下界の交通事故と同じで、高齢化が進んでいるね。 

俺の地元なんか先日、90歳代のジイチャンが歩行者を轢き殺す事故があったんだよ。

128: 名無しさん 01/10/30 21:41
ていうかこれからは日常だよ…。

130: 名無しさん 01/10/31 20:55
異常でもなんでもないよ。 

死んでる人たちはそんなに無理な行程で歩いてるわけじゃない。疲労凍死なんてのにはならないかわりに、寄る年波に勝てずバランス感覚が落ちてきてる。だから一般登山道の中でも、岩稜帯での転倒、滑落等で逝っちゃう。
 
登山者の年齢構成が上がるほどこの傾向は顕著になると思うよ。

111: 名無しさん 01/10/28 19:48
71才で奥穂~西穂やっているというのがスゴいな。

もしかしてこっちだとロープウエイで楽に下山できそうとでも思ったのだろうか。

118: 名無しさん 01/10/29 01:04
71才であのコース抜けられる人ってそうそういないのでは?

山小屋の親父クラスなら別だけど、どんなキャリアの人なんだろう?

119: 名無しさん 01/10/29 07:39
>>118 
抜けられなかったじゃん。

112: 無名しさん 01/10/28 21:06
今年の穂高周辺の遭難、昭和40年代以降最悪だったらしい。

113: 名無しさん 01/10/28 21:10
今年の東邦航空の稼ぎ、昭和40年代以降最高だったらしい。  

152: 名無しさん 01/11/28 09:35
新聞記事より

富山県の北アルプス大日岳頂上附近で昨年3月、現・文部科学省登山研修所(同県立山町)の研修登山に参加した学生2人が雪庇の崩落で遭難、死亡した事故で、同省は27日までに「事故は予見できず、国に過失はなかった」と最終判断し、遺族側に伝えた。 

これに対し遺族は「明らかにコースを誤ったのに責任はなかったのか。納得できない」とし、近く国を相手に損害賠償請求訴訟を起こす意向を示している。 

事故は昨年3月5日、頂上附近で休憩していた27人のうち11人が雪庇崩落に巻き込まれ、横浜市の大学2年の男子学生
時23)と、兵庫県尼崎市の大学2年の男子学当時20)が遺体で発見された。

154: 名無しさん 01/11/28 13:38
>>152 
あの事故は絶対予測不能。というか死んだ2人は一番雪屁側にいた時点で本人に過失あり。

遺族も文句言うぐらいだったら最初から子供を登らせなきゃいいのに。

155: 名無しさん 01/11/28 16:00
>>152 
去年の8月の20日過ぎに大日岳登ったら、建って数日の真新しい慰霊碑があったけど、例の研修登山での事故だったのか。

156: 名無しさん 01/11/28 18:44
雑誌で事故現場の写真を見たが、あんな崩れかたしたら、およそ冬の稜線は皆危険地帯という事になる。アレは運が悪いとしかないんではないか。 

ただし、プロが結構いたのに捜索はなってなかった印象がある。ビーコンの相互干渉は不可抗力と言い切っていいものか。 

安全講習での事故なのだから無理な事は言っていないつもりだが…。

167: 名無しさん 01/12/01 00:28
>>156 
初期捜索はできなかった。なぜなら、事故現場付近には大量のビーコン初心者(講習生)がいたため、発信モードになってる人がいたから。 

で、使ってたビーコンは5分たつと自動で発信になる機種だったからさぁ大変。しまいには講師が全員ビーコン取れ! 

169: 名無しさん 01/12/02 01:53
>>167 
つまり、ビーコンの必要な場所に、ビーコンを使えない連中をぞろぞろと引率していったわけだ

そもそも、あそこは山スキー研修の適地とは言えないよね。

159: 名無しさん 01/11/28 22:07
雪庇の近くに座っていたのは経験の浅い受講生、雪庇から離れて座っていたのは経験を積んだ講師連中という事実がある。 

無意識だと思いたいが、要するに経験者は危険を避けていたということだ。

160: 名無しさん 01/11/28 22:53
ていうか、アイザイレン(ザイルでお互いを結ぶこと)してなかったんだ。

161: 名無しさん 01/11/29 01:08
俺も最初は「登山に事故は付きもの。亡くなった二人には悪いが、運が悪かったとしか言い様がない」と思ったが、事故当日からの文部省の人間の行動(講師陣を口止めしたり等)を見ていると、遺族が責任の追求に躍起になるのも無理はないかなとも思う。 

まあ基本的に登山中の事故は自己責任なのだが、「研修」で「は~い、ここで休憩で~す」と言われ、講師の命令に従って休憩したら落ちて氏んだ、というのはなあ…。この場合、本人達の判断力云々の責任は言及されるのか否か。 

あと、彼等が初心者というのは嘘。班はレベル別に分けられていて、彼等は一班か二班かで、あの研修生の中では上級者の部類にいた。

というか、講師も含む十数人が団子状に集まって休憩してたから、あの場合は誰が氏んでもおかしくないと思ったね。結局運か。

167: 名無しさん 01/12/01 00:28
>>161 
研修の目的は山スキーと雪崩について。 

で、班分けはスキーのできる順から班分けしたので、1班だから上級者とはいえず。

162: 名無しさん 01/11/29 01:13
っていうか、積雪期登山の講習会中の事故だろ? 

「常識」で済ませるなら、講習費取った連中は詐欺師だ。

163: 名無しさん 01/11/29 02:44
うーんやっぱ「事故防止のための講習会での死亡事故」はマズいだろ。矛盾すぎ。

これで「100%国に責任なし」と言ってのけるのはあまりにも無責任かと。そんな危険な登山講習誰が受けるか、って話。

※大日岳遭難事故概要:
2000年3月5日、北アルプスの大日岳で行われていた旧文部省登山研修所の主催する冬山研修会で、講師や学生が頂上付近で休憩中に乗っていた雪庇が崩落。これに11人の学生が巻き込まれ、うち2人が行方不明となった。 厳しい天候により捜索は難航。2人が遺体となって発見されたのは同年の5月15日、7月11日のことであった。

雪庇と崩落概念図+山稜の風下にできる雪の吹き溜まり、庇(ひさし)で、不安定なために、冬山登山ではそこを避けるのが常識となっており、多くの登山用テキストにも山稜より少し風上側にルートをとるように書かれている。

雪庇をさけるために、山稜を地物(山の地面に生えている木や岩)を確認するか、周囲の山の位置関係を測ることが必要なのであるが、事故当時の講師はそれらを何もやらず、雪庇の先端部分に向かって歩き、雪庇先端から10数メートルの位置で研修生を休憩させた。

seppi1

jikogennba
(画像、文章は大日岳遭難事故を考えるより)

この後、遺族が起こした裁判では国との和解が成立した。

MAMMUT マムート【17FW新モデル】Mammut Light Removable Airbag 3.0 30L ライト リムーバブル エアバッグ■セーフティバッグ 雪崩 アバランチ・エアバッグ スキー バックカントリー
MAMMUT マムート雪崩セーフティエアバッグ  雪崩 アバランチ・エアバッグ 

178: 名無しさん 01/12/06 19:13
丹沢林道(秦野清川線)の札掛から宮ヶ瀬湖の方に数キロ行った塩水橋塩水橋(丹沢林道)に、先月25日に車を停めたまままだ戻ってきてない人がいるんだけど、あの辺だとどこが遭難しそうな場所かわかる?

183: 名無しさん 01/12/07 14:05
>>178
朝日新聞にでていた記事ね。

11月の丹沢で11件の遭難事故なんて信じがたい。あそこ辺りの登山道は明瞭。登る時に迷うのは 考えられないね。下りでは、天王寺尾根は(落ち葉や雪で)一部はっきりしなくなるようなところもあるけど、よっぽどのことが無い限り迷うことはないと思うよ。左を見れば塩水林道が所々で見えるしね。

意識的に登山道をはなれて沢にでも降りたのか、突発的な(病気?)事故かも?(自分も含めて)登山者は割と多いコースだけど、変なの見つけたくはないね。

184: 名無しさん 01/12/07 14:14
また川流れ?

185: 名無しさん 01/12/07 14:20
沢でもない限り丹沢で遭難するのは難しいよ。何かコツがあるのか?

186: 名無しさん 01/12/07 14:32
この時期、下山時刻を考えず、暗くなって助けを呼んだジジババがいたってのも記事にでてたけど…暗闇で電池切れ、足を踏み外して滑り落ち、打ちどころが悪ければ?ってくらいしか思いつかない。

194: 名無しさん 01/12/07 20:30
山に詳しい地元の人というなら、地図に載ってない林業などで使う仕事道を知っている可能性もある。

188: 名無しさん 01/12/07 15:04
>>178 
ひょっとして関係者? 

189: 178 01/12/07 15:44
>>188 
別に関係者じゃあないけど、実際のところ捜しに行ったりするかもしれんので、どういった可能性があるか検討したかったのです。とはいっても、まだ連絡がうまくないので、どういう状況かがさっぱりなのですが。

205: 名無しさん 01/12/08 00:50
捜索隊派遣でありますか?

206: 178  01/12/08 01:08
いや、違うよ。警察の捜索が打ち切りになったとかで、話が回ってきたというか。 

まあ、時間がたってるから悪臭もしないかもしれないし、見つけるのは至難なんだけどね。実際自分で見つけるのは、ちょっとだけ勘弁して欲しい気もするし…。

同僚の方たちは、かなり念入りに捜したみたいです。堂平辺りのブナ林は、ローラー作戦みたいな感じで、捜索はしたらしいです。ワサビ沢にも人は入っていますし。でも話を聞けば聞くほど、八方ふさがりというか。 

ちなみに、現地のあちこちに尋ね人が貼られています。全部合わせて200枚だそうで、いやでも目につくようになっています。 

遭難者の力量は、登山歴20年らしいんですが、実力はそれほどでもないようです。ハイカーレベルとでもいうか。沢があってもわざわざ入っていくとは考えにくい、そんな感じだそうで、丹沢もそれほど詳しいというほどでもないようです。堂平は2回か3回目だとか。 

こうなってくると、考えられるのはクマに食われたとか、滝壷に沈んでるとか、全く予想外の所にいって遭難してしまったか、といったところか。迷宮入りが濃厚です。

217: 名無しさん 01/12/11 00:07
「まさか、こんな所」「え!」と思うような所に迷うのが遭難のパターン。 

ルートが特定できていないのなら、時間がかかるけど、消去法で探るしかない。 何れにしても、時間の経過で遭難者とつなぎ止める痕跡は薄まる。 捜索者にこの意識(生還させたい)がなければ無駄歩き(初動に於いて)。

211: 名無しさん 01/12/08 17:37
山は本当に熊が出るんですか? 

道ならぬ道を行かない限りは平気でしょうか。

212: 名無しさん 01/12/08 17:43
>>211 
山では熊に遭いますよ。実際遭ったことあるし。

熊も登山道は歩きやすいし。

215: 名無しさん 01/12/10 23:05
堂平等の入り口には、何年か前のおじいさんの写真が今も貼ってあるけど、写真が増えたりしたら一層暗い気分になるし、見つかってほしいなぁ…。

~遭難から29日後~

249: 名無しさん 01/12/24 20:38
この前の丹沢の遭難、やっと見つかったみたい。 

クモガフチ沢とモチゴヤ沢の中間尾根から派生するルンゼ(岩壁の溝、らしい。偶然通りかかった登山者が発見したとのことだが、遭難する方も見つける方もなんだかなぁ、という感じ。

支尾根、枝沢いれるとわけわかんないね。

250: 名無しさん 01/12/24 20:53
見つけたのは、家族の依頼で探していた、茅ヶ崎山岳会の人だって朝日には書いてあったね。 

あそこも昼間なら絶対迷うことは無いけど、暗闇の下りだと迷うのかなぁ…。 

252: 名無しさん 01/12/24 21:05
>>250 
迷ったら後戻りして正しい道に戻る、簡単なようで難しいんだよね。 

道間違えたら普通はすぐに気付くはずなんだけど、気持ち的に出来ない場合がある。

258: 名無しさん 01/12/25 00:23
日没の読み違い?確かに暗闇なら迷う可能性はあるね。

260: 名無しさん 01/12/25 00:42
いずれにせよ時間に追われて「頑張れば下の林道」に降りられると思った可能性は高いね。 

251: 名無しさん 01/12/24 20:56
夏じゃなくてまだ良かったかも。