2014年9月27日11時52分、長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山(3067m) が突如噴火。紅葉シーズンであったため多数の登山者が山頂付近におり、死者58人、行方不明者5人という戦後最悪の犠牲を出した火山災害から4年…。

御嶽山、あまりにも有名な噴火の瞬間の映像…。

陸上自衛隊の災害派遣隊、20日間に渡る御嶽山での人命救助、および行方不明者捜索の様子…泥濘化した火山灰…鳴り響くガス検知器のアラート…凍る山頂…こんな過酷な条件での活動ご苦労様でした…。
 

御嶽山噴火、避難、救助、的確な判断で多くの命を救った警察官のドキュメント。