イエロージャケットというクロスズメバチの一種が、食虫植物のハエトリグサに捕食される一部始終…。

ハエトリグサは、昆虫などの獲物が2回、または2本以上の感覚毛に触れると葉が閉じ、対象を捕獲。捕獲対象が逃げることができず葉の内面を刺激し続けると、さらに葉の縁を押しつぶし、最終的には葉のトラップを密封し、消化酵素の放出消化を行い「胃」を形成する…。

アマゾンの奥地には、直径2mの未知の食動物植物が生えているのかもしれない…(´・ω・`)…。

捕食動画:カエルを食べる食虫植物

ハエトリ草 (ハエトリグサ) 4号鉢(水苔処理) 食虫植物 観葉植物 耐寒性多年草
ハエトリ草 (ハエトリグサ) 4号鉢(水苔処理) 食虫植物 観葉植物 耐寒性多年草