【その1】
死体を見たこと

69: 名無しさん 02/10/31 19:40
10年位前、当時小学生だった俺は、頭がペッタンコで道路に張り付いている死体を見たらしいが、不思議なことに思い出せない。一緒にその死体を見た俺の兄ははっきり覚えていて、その時の俺は放心状態だったらしい。

その時の記憶は無意識の彼方に封じ込められてしまったのだろうか? その記憶がフラッシュバックすることかあるのだろうか? 

心理学に詳しい人教えて。 

70: 名無しさん 02/10/31 20:33
>>69 
思い出そうとしない方がいい。

そういう心の働きなのだから。

71: 名無しさん 02/10/31 20:46
>>69 
本当に頭で処理できないぐらいの(いやな)体験をしてしまった場合、記憶の箱に鍵をガッチリかけてしまうため、記憶の箱のしまってしまった深さや鍵の頑丈さによっては、退行催眠でもかけてもらわない限り一生表に出ないと思われ。 

再び同じ場面(いやだなぁ)に出くわすぐらいの体験したら思い出すかも。ただ、記憶をしまう際、あまりに嫌で自分で他のイメージに変換してしまったらこの限りではないけど。 

放心状態だったのなら、その時に「見る」「理解」する事すらやめてしまっただろうから(特に子供の場合)、滅多な事では思い出さないんじゃないかな。

65: 名無しさん 02/10/31 16:07
私も見たことあります。 

短大の前に流れてる川に、上半身裸の中年男性の死体が垂直に浮いてました。川の流れに漂ってる姿を見て激しく鬱になりました。怖かったです。

66: 名無しさん 02/10/31 16:40
人間茶柱。 

何かいいことあるかもよ。 

84: 名無しさん 02/11/01 02:51
>>65 
どこの短大?? ウチの短大の前も川流れているし、川でじゃないけど自殺者いっぱい… 。

同じ短大だったりして…。

80: 名無しさん 02/11/01 00:07
33年間生きてきて、一度も事故や自殺に遭遇したことのない自分は、やはりリアル死を見なすぎでしょうかね? 

トラウマはいやだけど、一度くらいそういう目撃体験があったほうが、人生に対する含蓄が深くなるのではないかと思う今日この頃…。

81: 名無しさん 02/11/01 00:18
>>80 
含蓄?飲み屋のねーちゃんにする自慢話のために見ておきたいんだろうが!

87: 名無しさん 02/11/01 07:22
おとといじいさん逝っちゃった。逝くと顔が変わるね。

ちなみに遺言は「世の中全部銭じゃ(ジェスチャーつき)」。多分後にも先にもこんなの聞くことないだろうな。

89: 名無しさん 02/11/01 08:19
>>87
遺言で言われると重みが違いますな…。 

しかし、どんなジェスチャーだったんですか?!

122: 87 02/11/02 20:45
>>89 
OKサインの逆だった。

酸素マスクつけて「ひぃぃはぁぁ…」って呼吸してたのが、いきなり目を見開いてそれだったよ。なんか思い出したんだろね。

93: 名無しさん 02/11/01 12:51
長寿の家系である友人から聞いた。 

おじいちゃんは100歳で大往生。死に際の言葉が「オ○コしたい…コテッ」だったそうだ。

92: 名無しさん 02/11/01 11:08
二日前に、事故で亡くなられたたおじさんを見た。しかも会社の目の前の交差点で… 。

無理に交差点を渡ってたおじさんが、バイクにはねられた様。血は出てなかったけど、激しく痙攣してました。到着した救急車が、サイレン無しでおじさんを運んでました(痙攣はもうしてなかった)。 

朝だったので、多くの通行人がチラっと現場を見ては急いで駅に向かってました。 

朝から死体を見たより、そっちの方がヤダったなあ…。

96: 名無しさん 02/11/01 18:00
俺も痙攣見たことあるよ。 

2回とも交通事故でしたが、ホントに痙攣するのね。ビクッ、ビクンって。

97: 名無しさん 02/11/01 18:06
病院で飛び降り自殺する患者様を見た話。 

その患者様は(病室の窓が少ししか開かない窓なので)ガラスを叩き割り、無言で病棟の7階から飛び降りました。コンクリートの駐車場に叩きつけられて、少し動いてましたが、テレビのようにジンワリ出血するのではなく、「ビシャッツ」という感じで血が飛び散ってました。 

それ程高い所からの飛び降りではなかったので、広範囲には飛び散らなかったけど、人間の血液の量ってすごいなぁと思いました。 

飛び降り自殺を見てから、高い建物のそばを歩くのがちょっとトラウマ。必ず、上を見て確認してしまいます…。

98: 名無しさん 02/11/01 21:10
>>97 
やっぱ、スイカを上から落としたような感じなんだろうなぁ。 

ぱーん…ぐしゃ…。

104: 名無しさん 02/11/02 09:28
今まで数え切れないくらいリアルな死体見てきましたよ、警察官ですから。

風呂に漬かってそのまま1ヶ月経過した方や、飛び降り、交通事故、殺人事件…一番酷かったのはDQNの車に跳ねられた方です。

そのDQNは公道であるにもかかわらず、150キロものスピードで走行。その先の横断歩道を渡っていた方が跳ねられました。目撃者の話では軽く5メートル以上は飛ばされたのことでした。手足はバラバラ、肉片と血液が辺り一面に飛び散っており、かなり酷い有様でした。

肉片や血液、脳が飛び散ったのを見たことのある人はいると思います。しかし、その跳ねられた方の顔が一番酷かったです。本当にこの世の物とは思えない顔でした。目がカッと見開いていて、酷く口元がゆがんでいました。

当時私は、卒配してまだ1年くらいの、警察官としてまだ走り出したばかりでした。私が第一報で駆けつけた時は、警察官のくせに道ばたにゲロゲロと泣きながら戻してしまいました。先輩は「俺も若い時はそんなものだった」と慰めてくれました。

しかし、いたたまれないものですね…。

105: 名無しさん 02/11/02 09:37
ゲゲ、警察官って大変…。 

106: 名無しさん 02/11/02 10:28
何でも、新人警察官は死体運んだりするのがしきたりだそうですね。

107: 名無しさん 02/11/02 13:43
でもさ、おかしかないか?

150km/hの速度で人間跳ね飛ばされたら、5メートルぐらいじゃすまんだろ?? 

108: 名無しさん 02/11/02 14:04
5メートル以上だからいいんじゃん?あまり速いとその場でパーンとはじけるようになるから。

それよりそのDQNはまさか過失致死じゃねえだろうな…。

120: 104 02/11/02 19:45
1犯人は跳ねた後にそのまま逃げて、35分後くらいに逮捕されました。
 
派手な外装であり、目撃者が複数いたためにナンバーもすべて分かっていました。その事故はうちの署の管内で、ここ十数年の中で一番酷い交通事故だったそうです。目撃者の事情聴取では、最初のうちは痙攣していたそうです。  

罪名等詳しい事は控えさせて頂きます。 

123: 名無しさん 02/11/02 20:55
>>120 
こういう事件の場合、人殺しに、殺された人の写真を見せたらいいんじゃないかな? 

そいつが精神的におかしくなったら裁判へ。平気でいたらその場で射殺。

131: 名無しさん 02/11/03 09:32
>>123 
いや、まず生前の個人の写真や遺品を見せ、どういう人物でどんな物が好きだったかなどを切々と語った後、「じゃ、行こうか」と拾い集めた生の死体を見せる。

例えどんな言い逃れをしようと、一生悪夢にうなされるだろう。 

140: 名無しさん 02/11/03 16:10
>>131 
今年の2月ごろ、見に行った「生命のメッセージ」展を思い出しました。 

教習所で見せられるビデオより説得力がありますね。泣きそうになりました。 

142: 名無しさん 02/11/03 22:48
「生命のメッセージ」ってどんな展覧会だったんですか? 

143: 140 02/11/04 08:02
>>142 
「生命のメッセージ」展、事故・事件で犠牲になった、一分の罪も無い人たちの生前まで履いていたクツを中心に、その他の遺品や遺族の方によるメッセージを展示していました。

これに参加している犠牲者の9割ほどが小学生以下の子供達でした。そのほとんどが飲酒・スピード違反などドライバーが原因の交通事故です。

会場内に入って目の前には数年前、高速道路で後ろから「高○のピーマン」と大きく車体に書いた飲酒運転のトレーラーに追突・炎上して殺された幼い姉妹の遺品も展示されていました。 

率直な感想として、この無言のメッセージに胸が締め付けられる想いがするとともに、無謀運転のドライバーに久々に怒りがこみ上げてきました。 

もし皆さんの街でこの展示会があれば、ぜひ見に行ってください。 

※東名高速飲酒運転事故:
1999年11月28日、高速道路を走行していた家族4人が乗った乗用車に飲酒運転のトラックが追突、乗用車は大破炎上、妻は自力で窓から脱出し、夫も救出されたが、同乗していた3歳と1歳の女児2人は焼死。夫も全身の25%を火傷する大火傷を負い、何度も皮膚移植することを余儀なくされた。

妻は窓から逃げる直前に、夫は助け出される直前に娘2人の最期の声を聞いている。事故はマスコミ等で大きく取り上げられ、それが危険運転致死傷罪の成立に大きく影響した。(wiki:東名高速飲酒運転事故

110: 名無しさん 02/11/02 17:15
実習先で解剖の見学をした。おじいちゃんだった。 

癌に侵されていた膀胱は、持ち上げたとたんにずるずると崩れていった。
内容物を水で流すのだけど、その解剖台が壊れていて排水がうまくできていなく、うまく流れないで凄い臭いがした。 

私たち実習生は、おなかに詰める新聞を丸める係。 

おじいちゃんのお腹に詰めたのは大スポだった。 

111: 名無しさん 02/11/02 17:21
教習所の路上試験の最中に、通りがかった大通りでバイクの事故を見ました。 

ダンプの後輪に巻き込まれて頭部を轢かれたらしく、雑巾を絞ったみたいにねじれた体には頭がなく、ちょっと離れた場所にペッチャンコになったヘルメットが、ピンクの脳味噌らしい肉片が混ざった血の海の中に落ちてました。 

ショックのあまり、試験には落ちてしまいました…。

112: 名無しさん 02/11/02 17:48
先輩から聞いた話。
  
少し前、マグロ拾いのバイトをしてた友達がいたそうで、ある日の事、青マグロ拾いの仕事が入り、行こうとしたらベテランの人が1人しかいなくて、そのベテランのマグロ拾いと友達と2人で青マグロ拾いに行ったそうです。  

が、まだその友達まだ研修中だったらしく、赤マグロしか拾ったことが無く、青マグロを引き上げて横たえた時、肉がボロボロと崩れだすそのあまりのグロさにショックを受け、いきなりそのマグロの肉を貪り喰ったらしいです…。 

その友達は今病院…。

青マグロ怖ぁい…。

113: 名無しさん 02/11/02 17:58
マグロって何??

114: 名無しさん 02/11/02 18:00
赤マグロ=バラバラ轢死体 
青マグロ=どざえもん??

117: 名無しさん 02/11/02 19:05
>>114 
YES!

118: 名無しさん 02/11/02 19:18
>>117 
じゃ、どざえもん食っちゃったってことなの?!?!

128: 名無しさん 02/11/03 04:06
大学に、子供の頃から糖尿病でインスリン打ってる奴がいたんだが、大病を抱えた人間とは思えないほど明るい奴だった。それが就職試験で、健康を理由に軒並み落とされてからおかしくなった。 

ある朝図書館へ行ったら、そいつが居て居眠りしていた。昼図書館に寄ったら、まだ寝ている。俺はその後帰ってしまったんだが、自殺してたんだよその時。 

大量のインスリンを注射して自殺しちまった。凄く悲しかったよ。 

131: 名無しさん 02/11/03 09:32
>>128 
やりきれなくてかける言葉が見つからない。

130: 名無しさん 02/11/03 08:08
>>128 
あなたもやりきれない気持ちだろうね…いろいろ考えさせられました。

129: 名無しさん 02/11/03 07:12
>>128 
日本の糞社会による犠牲者だな…彼のご冥福を心よりお祈り致します。

304: 名無しさん 02/11/12 00:28
インスリンってそんなにヤバイの?

306: 名無しさん 02/11/12 01:00
>>304 
インスリン自体はヤバくない。ヤバいのは低血糖発作。
 
健康な人がインスリン打つと、血液中の糖が過剰に消費されて減る。んで、脳味噌に栄養がいかなくなる→昏睡→中枢停止→という流れで逝ってしまう。 

375: 名無しさん 02/11/15 05:13
でも俺、リンスインシャンプー使ってるけどなんともないよ? 

体質によって違うのかね?

369: 名無しさん 02/11/14 23:37
インスリンそのものじゃないけど、インスリンを膵臓から放出させるオイグルコンって錠剤2.5mgが40錠以上手元にあるけど、飲んだら死ねるかな? 

闘病に疲れたよ。

377: 名無しさん 02/11/15 10:38
>>369 
オイグルコンくれる医者ならまだいいじゃん。俺なんて薬ナシで頑張ってるよ。ベイスンもくれないんだもん…でももう目があまり見えない……。 

382: 名無しさん 02/11/15 21:23
>>377 
死んだ友達の事を思い出した。スロット得意だった奴が、最後は目押しができないって言ってたなぁ…。

どこの誰か知らんが、君には長生きして欲しい。

388: 名無しさん 02/11/16 08:19
ひぇーーっ、糖尿になると目までやられてしまうんだ…。 

俺も気を付けよう。とりあえず自己管理をコレまで以上にしっかりしないと…。
133: 名無しさん 02/11/03 11:47
今年の夏まで運送会社で8年間働いていたから、交通事故現場なんか嫌というほど見て来たよ。 

死体はもちろん、怪我人から幽霊(らしきモノ)まで。ま、車の運転を商売にしてる人達は、一般の人達より事故現場等に出くわす事が多いわな。俺が一番印象に残っている交通事故はというと、20~30才の女性が、血だらけの赤ん坊を抱いてヘラヘラ笑っている姿。 

現場の状況から推測すると、T字路でトレーラーの横腹に、一時停止を無視したワゴンRが突っ込んだ。突っ込んだ拍子に、助手席で女性に抱かれていた赤ん坊がフロントガラスを突き破り、トレーラーとワゴンRの間に挟まれ潰された感じだと思う。

女性はショックで気が狂ったと思われる。女性の横では父親と思われる男性が呆然と立ち尽くしている。翌朝の新聞には「1歳の男の子死亡」の記事が。 

いまでも気が狂った女性の笑い声が耳にこびりついて離れない。 

134: 名無しさん 02/11/03 13:44
>>133 
元は自分のためなのに、法律での規制が始まっても、今だに小さい子供を助手席で抱いていたり、車の中で動き回ってるのを見るね。 

子供はかわいそうだけど、全て親の責任だ。チャイルドシートを使っていない人は、こういう現場があることをもっと知る必要がありそう。 

「なんでチャイルドシート付けないの?」 などと聞くと、「嫌がるから無理やり座らすのがかわいそう」 と。友達二人に聞いたけど、二人とも同じこと言ってた。