アルゼンチンで行われたサッカーのクラブチーム、ディフェンソーレス・デ・ベルグラーノ・デ・ビラ・ラマロ(Defensores de Belgrano de Villa Ramallo)対ジュベントゥド・ウニダ(Juventud Unida)の試合中の出来事。

ラマロのゴールキーパーがボールを前線に送ろうとクリア気味に蹴ったところ、相手選手が身を挺して阻止、そのままシュート…ボールは無人のゴールへ向かうも、走りこんできた犬がヘディングでスーパーセーブ…。

よく見ると、ゴールキーパーがボールを蹴る前から犬が走ってくるね…サッカーのルール上、犬はフィールドに落ちてる石や審判と同じ扱いになり、それによってボールがどんな軌道に変更されてもそのままゲームは続行されるとのこと…この試合、この犬がいなかったら4-0になってたんだな…。

別ソースによると、この犬が熱心なラマロのサポーターだったのか、今後の所属先がどこになるのか明らかにされてないとのこと…野良さんだったら是非ラマロで飼ってあげてほしい…(´・ω・`)…。


スーパーキャット わんわんサッカー ブルー 犬 犬用おもちゃ 関東当日便
スーパーキャット わんわんサッカー ブルー 犬 犬用おもちゃ 関東当日便