おばあちゃん

1: 名無しさん 02/07/14 18:32
たった今、遠くに住んでいる祖母の夢を見て目が覚めました。

ちなみに俺は昔からおばあちゃんっ子で、祖母も俺を好きです。 

内容はまず、祖母は俺を抱きかかえながら、いろいろ助言をくれました。 

結構長い時間助言をもらっていたと思います。人生全般についての…仕事のこと、女性のこと、生きるとはどういうことか…夢にも関わらず、役にたちました。 

そして最後におばあちゃんは、「おばあちゃん、キレイ?」 と俺に尋ねました。 

俺が苦笑して(キレイだよ…)と言いかけたとき、70を過ぎてしわだらけだった祖母の顔が、みるみるうちに18歳くらいの乙女の顔に変わりました。 

それは、見たこともないような清楚な美しい少女でした。 

「キレイだよ…」 

心からそう言った俺を見て、少女に戻った祖母は嬉しそうに「ありがとう…」とつぶやき、ふっと消えました。 


祖母はたぶん、今亡くなったのだと思います。

5: 名無しさん 02/07/14 18:37
わああん、お祖母ちゃん子のオイラは>>1のこの程度の文章でも反射的に泣いちゃうよぉ。 

7: 名無しさん 02/07/14 18:55
>>1 
電話で祖母に連絡してみな。

47: 名無しさん 02/07/17 23:41
おととい、死んだ祖父の夢を見ました。そして今日も、祖父が夢に出てきました。

祖父は私になにか言いたい事があるのかな…。

48: 名無しさん 02/07/17 23:50
>>47 
そゆうときはお墓参りいったほうがよろし。

68: 名無しさん 02/07/21 06:23
今朝、去年亡くなったおばあちゃんが夢に出てきて、私のベットのそばにいて、「そうか、そうか」と頷いていて、私は「あぁ~おばあちゃ~~ん~」と言って「ウワァーーン」と涙流して泣いていて、目が覚め気づいたら声を出して泣いてました。
 
なんで、あんなに泣いていたのか不思議。

78: 名無しさん 02/07/24 23:29
父方の祖母の思い出。
 
十数年前、社会人になって間もなく、私は父の郷里を訪ねた。 

父の実家から帰るときに、私は見送らなくても良いと言ったのだが、祖母は駅まで送ってくれた。そして年老いた体で私の荷物を持とうとした。

私は断ったのだが、どうしても荷物を持つと言って聞かなかった。祖母とは駅の改札口で別れたが、ホームへ続く階段を降りるときに 振り返ってもまだ祖母の姿はそこにあった。 

その時なんとなくわかった。 

何十年も前に祖母はこうして父を東京に送り出したのだと。そしてその時のことを思い出しつつ、今、孫を送り出しているのだと。 

祖母が死んで10年余り、そういえば死に目には会えなかったな…。

あなたのデキの悪い孫は、今もここに生きて、2ちゃんに書き込みしています。 

79: 名無しさん 02/07/25 22:20
>>78 
泣かせるなよ…。

90: 名無しさん 02/08/03 01:07
ばあちゃんって、やたら食い物をすすめてくるね。

91: 名無しさん 02/08/03 01:39
食べ物が無くて、いつでも誰でもすきっ腹だった時代を生きてきたからだろ? 

飽食の時代を実感できなくて、俺たちが腹をすかせていると思い込んでる。

俺のばあちゃんもそんなだった。

94: 名無しさん 02/08/03 11:28
>>91 
なんだか切ない。

95: 名無しさん 02/08/03 13:18
>>91 
そうだね。おれも田舎からこっちに帰る間際に、おばあちゃんがタクシーの窓ごしに「アイスでも買って食べな」って、ちり紙に2000円包んで渡してくれてた。

49: 名無しさん 02/07/17 23:52
昨日、寝る前にこのスレ読んだ後、布団に入って亡くなったおばあちゃんとの思い出とか思い出してたら、鼻たらして泣いてしまった…。

62: 名無しさん 02/07/21 01:28
もう一回会えたら…何してあげようかな…。

今まだいる人達…思いやってあげて…。

【おばあちゃんの夢を見ました…・その1】

113: 名無しさん 02/08/09 01:18
おばあちゃんに会いたい…実母より心の底から話せる人だった…。 

母が言ってた。おばあちゃんは銭湯に行くと、その人の胸の形やらで死期がわかったそうです。 

私が心底ボロボロだったとき、デパートに勤めていた私のところにきて「大丈夫?」と声をかけてくれました。 

おばあちゃん…今生きてたら、今の私はどうしたらいいか、どう言ってくれるのか… 「○○ちゃんは長男と結婚するといいよ。そうなるよ」そう言ってた。そして現実にそうなった。 

おばあちゃん… 今はもう会って話せないことを思うと、とても悲しい…おばあちゃんごめんね…。苦しいとき、ちっとも助けてあげられなかった…ごめんね…。

125: 名無しさん 02/08/15 05:07
俺も、おばあちゃんが死ぬ直前に夢を見ました。 

東京で一人暮らしをしていたのですが、夢でおばあちゃんが出てきて、おばあちゃんはペタペタと僕を手で触れようと必死で、僕に何か言おうとしていました。悲しそうな顔でした。 

夢の中で僕は照れてしまい、それを嫌がっていました…電話の音で目が覚め、電話に出ると親からの電話で、おばあちゃんが危篤との電話でした。

その数日後におばあちゃんは逝去しました。 

今思うと、やっぱりあれはおばあちゃんが俺のとこに、お別れに来たんだなぁと思っています。生前にもっとやさしく接してあげたかったなぁと思い、少々後悔しています。 

137: 名無しさん 02/08/18 20:57
私も、おばあちゃんっ子だったんですよ~。

おばあちゃんが亡くなって15年もたった今でも、まだ平常心でおばあちゃんのこと語る自信がありません。 

亡くなってしばらくしてから、夢におばあちゃんが出てきました。ベットに寝ているおばあちゃんの手を握って、「大丈夫、おばあちゃんは 死なないよ」って励ましてる夢なんですが、覚めてからもまだ手の感触が残っていて、起きてから号泣してしまって家族に不審がられてしまいました。 

最期まで私の高校受験のことを気にしていたおばあちゃんに、入学式の写真見せたかったな…。 

おばあちゃん、私はあの頃夢見ていた職業について頑張っています。もうすぐ結婚する予定です。誰よりも、おばあちゃんにその姿を見せたかったよ。 

夢でも良い、幻でも良いからもう一度だけ話がしたいよ。

123: 名無しさん 02/08/14 22:08
おばあちゃんって絶対不思議な力があるよね。 

そう考えると、女性って一生すごい生き物なんだなぁと思う。男は絶対にかなわない。

141: 名無しさん 02/08/21 11:32
私は祖母が大好きだった。仕事をしていたからなかなか会えなくて、暇を見ては手紙を書いたりした。祖母も返事をくれるのだけど力が入らないのか、だんだんと文字が弱々しくなっていた。 

そんな祖母が入院した。なんとか時間を作って見舞いに行ったら「ありがとう」と何度も礼を言った。帰る時は断ったのに病院の入口までいつまでも見送ってくれた。 

退院して、自分の娘夫婦と一緒に住みはじめて幸せそうだった。私もそんな祖母の笑顔を見れて嬉しかった。もちろん退院したのだから病気は治っているんだと思っていた。でもそれは違っていた。 

「あまり体調が良くないらしいの」と母から夜に電話を貰い、その日は無理だから明日の夜にでも見舞いに行こう、と兄と話していた。 

その晩見た夢。祖母が、とても重い荷物をずるずると引きずりながら運んでいた。 

私は手を貸そうとするけれど、祖母には声が届かない。そのうち祖母は吐き出して、その場に倒れてしまう。慌てて駆け寄ると祖母はぐったりとして、冷たくなっていた。そこで目が覚めた。2時頃寝て、3時頃に目が覚めて、なんだか嫌な予感がした。 

翌朝、母から祖母が亡くなったと電話が入った。私の夢の話をすると、叔母はその時間に祖母が苦しんでいたことを話してくれた。 

「会いに行ったのよ、きっと。あなたのこと可愛がっていたから」 

こんなことなら、意地でも会いに行けば良かったと思った。 

祖母が亡くなった後、部屋の片づけをしていたら祖母からの手紙が出てきた。カラフルに印刷されたイラストとはそぐわない、弱々しい字で、「あなたからの手紙が何よりも嬉しいです」と書かれていた。

葬儀では信じられなくて涙がでなかったのに、その日初めて泣いた。その手紙は私の宝物です。 

今でもその手紙を見ると涙が出ます。もっと会いに行けば良かったなって。 

【おばあちゃんの夢を見ました…・その2(完)】