黒電話

(画像はwiki黒電話より)

13 : 名無しさん2000/10/24(火) 15:24
この前テレビでやってた指名手配&行方不明者ちくり番組。 

結納も済んで、仕事も寿退社。その送別会が終わって、車に花束、記念品、バッグに上着を残して、26歳の女が消えてしまったそうな。

2年後、その女(美佐江さん=仮名)の家に電話がかかってきた。母親がでると、明らかに50歳以上、東北訛りの鈍臭い感じの女が。
 
「もしもし」 
「おねえちゃんだよ」 
「もしもし、どちら様ですか?」 
「おねえちゃんだよ」 
「すみません。どちら様ですか?」 
「美佐江です」 
ガチャン。 

番組では、家族が録音してたモノホンのテープがかかった。

ぞおっとしたぜ。いま書いていても、鳥肌が立つ。

14 : 名無しさん 2000/10/24(火) 16:11
↑確かにこれは鳥肌モノで気持ち悪かった。この謎が解明されれば事件も解決するんだろうな。

757 : 名無しさん2001/06/19(火) 18:12
 >>13
その話、私の友達のお姉さんの話かも。

寿退社したその日の夜に、コンビニに花束を乗せた車だけが 置き去りになって、本人は行方不明のまま、って話ですよね?? ニュースでやっているとは言っていたけど、特番とかでもやっていた んですねぇ…。 しかも、まだ行方不明。生死不明…。

友達がお姉さんと仲良かったのを知っていたから、それ聞いたときとてもショックでした…。 しかも、お姉さんとてもきれいな人だったし…。


※おねえちゃんだよ:増山ひとみさん失踪事件
1994年2月19日、福島県原町市(現・南相馬市)内の歯科医院で、歯科医院助手兼事務員をしていた増山ひとみさん(当時21歳)が、勤務先から帰宅途中に行方不明になった。ひとみさんは3週間後に結婚式を控え、この日が最後の出勤だった。
 

続きは【電話にまつわる怖い話・その1】

118 : 名無しさん 2000/10/28(土) 19:32
小1だった頃のある日、家に一人でいたら電話が鳴った。

出てみると、鼻をつまんだ幼女の声で、「おまえのお父さんを誘拐した。助けたかったら100万円用意しろ」と言われた。 

ていうかその幼女、いつも一緒に遊んでたYちゃんてばればれなんだが。 

私「… …Yちゃんでしょ?何この電話?」 
Y「Yちゃんなんて知らない。今から取りに行くから金を用意しておけ」ガチャ。 

何なんだかと思ってたらまたすぐ電話が来た。 

Y「ねー今から遊ぼう」 
私「Yちゃん?さっきの電話何?」 
Y「さっきの電話なんて知らない。何かあったの?」 
私「… …。」 

鬼に金棒、ガキに電話。Yちゃん、あんたの思考が怖いわ。

127 : 名無しさん 2000/10/30(月) 22:59
>>118 
かわいい。

続きは【電話にまつわる怖い話・その2】

195 : 名無しさん 2000/11/07(火) 12:53
知り合いからメールで寝る前にここに電話してみー! って教えられた番号なんだけど、これってなんですか? 夜中に一人で聞いたらこわかった。 

03-5617-6692 です。テープかなにかで流してるみたい。

496 : 名無しさん 2001/03/17(土) 20:41
>>195
ずっと前、学校で流行りました。私たちは、その電話を、「おやすみ電話」っていってます。

ときどき内容が違うみたい。

続きは【電話にまつわる怖い話・その3】

268 : 名無しさん 2000/11/25(土) 03:28
浮浪者が自分の肛門に公衆電話の受話器をすりすりしていた。

497 : 名無しさん 2001/03/17(土) 20:47
>>268 は、かなりヤバイと思うぞ。出かけるときは、絶対、携帯忘れないようにしよっと。

498 : 名無しさん 2001/03/18(日) 01:20
>>268 
確かに…。

続きは【電話にまつわる怖い話・その4】

344 : 名無しさん 2000/12/22(金) 04:12
おばあちゃんが死んだその日の死亡推定時刻に、おばあちゃんの古い友人の人から、「なんか急に気になってねぇ。お元気ですか?」って留守電が入ってた。 

年寄りって、そう言うの敏感だからすごいっス…。

346 : 名無しさん 2000/12/23(土) 20:51
>>344 
お年寄りって不思議です…。

続きは【電話にまつわる怖い話・その5】

457 : 女王様 2001/03/06(火) 12:24
1年ほど前、日曜日に仕事が久々休みになり、昼ぐらいまで寝てたとき、自宅の電話が鳴った。

ベッドから起き上がり、電話に出ると、「ピーッ、こちらは○○郵便局、キャッシュディスペンサー2号機です。」 と、コンピューターで女性の声が。

そのあとすぐに「あのー、すみません、お金下ろそうと思って、カード入れたんですけどキャッシュカードが出てこなくなりました。」とおばちゃんの声。

「失礼ですけど、どちらにおかけですか?」 と最初はやさしくこちらも応対。しかし、その後30分置きくらいに、3回ほど同じ内容で電話がかかってきた。 

ひじょーにむかついたので、最後は「そうですか、では係りの者を行かせますので、そのままお待ちください」といって電話を切った。そしてすぐにNTT(116)にかけ、事の次第を説明した。

初めは単なるイタ電かと思っていたが、実は違った。 

461 : 女王様 2001/03/07(水) 00:51
続きです。 

実はその謎の電話、いたずらでもなんでもなく、ただ単にATM機の横についてる故障受付のインターフォンからのものだった。

「なんでうちに???」 そう思って116のお姉ちゃんに聞くと、「故障係に繋げる筈の電話番号が担当者(某有名メーカー)の手違いにより、お宅様の電話番号を入力してしまったようです。担当者のかたから電話があると思います。」とのこと。 

それからすぐに有名メーカー松○電器より電話が入る。「申し訳ございません、入力しなおしました。」それだけ言うと、一方的に電話を切られた。 

ようっ!!有名メーカー○下電器!世界のパナソ○ックだかなんだか知らねーが、謝り方くらい教育しろよ!オラ エーッ!!菓子折りの一つでも持って来いや!

462 : 名無しさん 2001/03/07(水) 01:05
ひぇ〜〜〜女王様〜〜 こわい〜〜 !

続きは【電話にまつわる怖い話・その6】

565 : 名無しさん2001/04/15(日) 18:01
5、6年前の事。

母がパチンコ屋の景品で、 ボタンを押したり、コインを投入すると、 呑気な調子の音声で「××円、貯まったよ〜」と 知らせてくれる貯金箱を取ってきた。面白がっていたものの、暫くすると飽きてしまって放置しておいた。

当時、無言電話が一日に何回もかかってきていて、 その日も既に、小学生の妹が何回か電話に出ていた。 家には、妹と私しかいなかったので、 次にかかってきた時、少し苛立ち気味で私が出ると、 あの貯金箱の声で「35円、貯まったよ〜」 と、受話器の向こうから聞こえてきた。 

吃驚して受話器を投げ出した。 放置しておいた貯金箱を引っ張りだして、ボタンを押すと、 「35円、貯まったよ〜」と音声が。 

なんだったのかな。 


566 : 名無しさん2001/04/15(日) 18:08
>>565
怖いっつうか面白い話だね。ネタ臭いが。

575 : 名無しさん2001/04/19(木) 16:53
>>565 の貯金箱ほしいな。

続きは【電話にまつわる怖い話・その7】

619 : 名無しさん2001/05/16(水) 15:10
Bさんのお母さんは、末期癌で某個人病院に入院中だった。 

ある日、病院から電話、「お父さんが危篤です。急いで来てください!」。 

Bさんは、お父さんが危篤というのを疑問に思い、 「父がですか〜?」(父は仕事中だった) Bさんののんびりした答えに看護婦は「何言ってるんですか!
急いで来てください」 とって電話をきったそうな。 

Bさんは、急なことなので、お
さんとお母さんをい間違えたのだと 思い、あわてて病院へ直行した。すると、お母さんは病院でテレビをみていたのだ。

危篤患者の本当の身内は、はたして病院へいけたのだろうか?なぞである。 


635 : 名無しさん2001/05/19(土) 20:02
一ヶ月くらい前。自宅のファックスも兼ねた電話に留守電が3、4 件。

間違い電話で、どうも父親が娘の携帯電話にかけている雰囲気。 

「××病院にいるので電話ください」「××病院で待ってるんだけ ど〜」「今病室にいますから、至急連絡ください」「これからICUに移りますので至急来て下さい」

…どんどん悪くなって切羽詰ま っていく感じ。 


続きは【電話にまつわる怖い話・その8】

732 : 名無しさん2001/06/12(火) 22:54
我が家の電話番号は、以前は宅配寿司の番号だったらしく、今でも時々かかってくる。 

この前、お婆さんから電話がかかってきた。どうも一人暮らしらしく、えんえんとそこのお寿司がおいしかった、とか話してた。

あのお婆さん、お寿司やの引越し先の電話番号がわかるといいのになあ…。 


733 : 名無しさん2001/06/12(火) 23:18
いい話。

続きは【電話にまつわる怖い話・その9(完)】