例の韓国海軍の火器管制レーダー照射事件で、韓国国防省がFCレーダー照射とは論点をすり替えた「威嚇的な低空飛行をした」というよくわからない動画をハングル、英語で公開し、さらに日本語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、中国語、アラビア語に翻訳した動画の公開をする中、自衛隊は韓国語でのレーダー照射事件動画を公開…。

韓国が先に公開したハングル版と英語版を除けば、この動画いきなり再生回数上回ってる…。

いや、自衛隊は韓国に対抗しているわけではないよ…事実を淡々と…火器管制レーダーを照射された自衛隊の哨戒機がこれどうなのよと質問してるのに、韓国の軍艦が自衛隊の(たかが)哨戒機に高度150m距離500mで低空飛行されてガクブルしたから謝罪せよってなるってどうなのよ…。

火器管制レーダー照射されたなら戻ってきたのは不可解だって、照射されてP1は回避行動してるじゃん…。

高度150m距離500mは民間機において安全な距離であって、軍用機に関してはこの限りではないって、普通に考えて軍用機はもっと近づいても何の問題もないってことだよね…。

波が荒かったとか光学カメラがどうこうとかいう設定はどこへ行ったんだろう…(´・ω・`)…。

自衛隊が公開したハングル版
 

韓国が公開した日本語版「万一、日本が主張する火器管制レーダーの証拠資料(電磁波情報)があるとすれば、両極間の実務協議で提示すればいいことです」

(意訳)これ以上は非公開の実務協議でにして欲しいンゴ…火器管制レーダーの周波数公開するのマジでやめてほしいンゴ…。…