ポーランド・グダニスク市で、イベント中に同市のパヴェウ・アダモヴィチ市長(53)が男(27)にナイフで刺される…カウントダウン後の花火と同時に画面左から右へ走る男…そのままアダモヴィチ市長に体当たりし、ナイフを高々と掲げる…。

男は市長が以前所属していた政権下で不当に刑務所に入れられたなどと話しているという。

 

心臓マッサージされながら救急搬送されるパヴェウ・アダモヴィチ市長…容態は深刻だという…。

1月15日追記:
パヴェウ・アダモヴィチ市長はお亡くなりになりました…ご冥福をお祈りいたします…。

 

刃物を持って体当たり…1960年10月12日の日比谷公会堂での浅沼稲次郎暗殺事件と同じような状況…大動脈が切断されほぼ即死状態…。

0:40~