【その7】
山

407: 名無しさん 03/03/12 17:56
親父に聞いた話。 

30年くらい前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。山の中に作った炭窯で、クヌギやスギの炭を焼く。焼きにかかると、足かけ4日くらいの作業の間、釜の側の小屋で寝泊まりする。 

その日は夕方から火を入れたのだが、前回焼いた時からあまり日が経っていないのに、どうしたわけか、なかなか釜の中まで火が回らない。ここで焦っては元も子もないので、親父は辛抱強く柴や薪をくべ、フイゴを踏んで火の番をしていた。 

夜もとっぷり暮れ、辺りを静寂が支配し、薪の爆ぜる音ばかりが聞こえる。 

パチ…パチ…パチ… 
ザ…ザザザ… 

背後の藪で物音がした。獣か?と思い、振り返るが姿はない。

パチ…パチン…パチ…パチ… 
ザザッ…ザザ ザ ザ ザ ザ ァ ァ ァ ァ ――――――――――― 

音が藪の中を凄いスピードで移動し初めた。この時、親父はこれはこの世のモノではないなと直感し、振り向かなかった。 

ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ 
  
音が炭釜の周囲を回りだした。いよいよ尋常ではない。親父はジッと耐えて火を見つめていた。

ザ… 

「よお…何してるんだ」 

音が止んだと思うと、親父の肩越しに誰かが話しかけてきた。

親しげな口調だが、その声に聞き覚えはない。親父が黙っていると、声は勝手に言葉を継いだ。

「お前、独りか?」
「なぜ火の側にいる?」
「炭を焼いているのだな?」 

声は真後ろから聞こえてくる。息が掛かりそうな程の距離だ。親父は、必死の思いで振り向こうとする衝動と戦った。

408: 407 03/03/12 17:58
声が続けて聞いてきた。 

「ここには、電話があるか?」 

何?電話?奇妙な問いかけに、親父はとまどった。携帯電話など無い時代のこと、こんな山中に電話などあるはずがない。間の抜けたその言葉に、親父は少し気を緩めた。
 
「そんなもの、あるはずないだろう」 
「そうか」 

不意に背後から気配が消えた。時間をおいて怖々振り向いてみると、やはり誰も居ない。 鬱蒼とした林が静まりかえっているばかりだった。 

親父は、さっきの出来事を振り返ると同時に、改めて恐怖がぶり返して来るのを感じた。恐ろしくて仕方が無かったが、火の側を離れる訳にはいかない。念仏を唱えながら火の番を続けるうちに、ようやく東の空が白んできた。 

辺りの様子が判るくらいに明るくなった頃、祖父(親父の父親)が、二人分の弁当を持って山に上がってきた。 

「どうだ?」 
「いや、昨日の夕方から焼いてるんだが、釜の中へ火が入らないんだ」 

親父は昨夜の怪異については口にしなかった。 

「どれ、俺が見てやる」祖父は釜の裏に回って、煙突の煙に手をかざして言った。 
「そろそろ温くなっとる」そのまま温度を見ようと、 釜の上に手をついた。 
「ここはまだ冷たいな…」そう言いながら、炭釜の天井部分に乗り上がった。

ボゴッ 

鈍い音がして釜の天井が崩れ、祖父が炭釜の中に転落した。
 
親父は慌てて祖父を助けようとしたが、足場の悪さと、立ちこめる煙と灰が邪魔をする。親父は、火傷を負いながらも、祖父を救うべく釜の上に足をかけた。 

釜の中は地獄の業火のように真っ赤だった。火はとっくに釜の中まで回っていたのだ。悪戦苦闘の末、ようやく祖父の体を引きずり出した頃には、顔や胸の辺りまでがグチャグチャに焼けただれて、すでに息は無かった。

409: 407 03/03/12 18:00
目の前で起きた惨劇が信じられず、親父はしばし惚けていた。が、すぐに気を取り直、下山することにした。 しかし、祖父の死体を背負って急な山道を下るのは不可能に思えた。 親父は一人、小一時間ほどかけて、祖父の軽トラックが止めてある道端まで山を下った。 

村の知り合いを連れて炭小屋の所まで戻ってみると、祖父の死体に異変が起きていた。焼けただれた上半身だけが白骨化していたのだ。まるでしゃぶり尽くしたかのように、白い骨だけが残されている。 

対照的に下半身は手つかずで、臓器もそっくり残っていた。通常、熊や野犬などの獣が獲物の臓物から食らう。それに、この辺りにはそんな大型の肉食獣などいないはずだった。 

その場に居合わせた全員が、死体の様子が異常だということに気付いていた。にも拘わらす、誰もそのことには触れない。黙々と祖父の死体を運び始めた。親父が何か言おうとすると、皆が静かに首を横に振る。親父はそこで気付いた。これはタブーに類することなのだ、と。 

昨夜、親父のところへやってきた訪問者が何者なのか? 祖父の死体を荒らしたのは何なのか? その問いには誰も答えられない。誰も口に出来ない。
 
「そういうことになっているんだ」

村の年寄りは、親父にそう言ったそうだ。 

今でも、祖父の死因は野犬に襲われたことになっている。

411: 名無しさん 03/03/12 18:13
>>407 
すげぇ。遠野物語の未収録のエピソードみたい。

466: 名無しさん 03/03/18 22:32
>>407
電話があるとその場で助けを呼べるので、わざわざないのを確認してから事を起こしたって感じかしら。サ○カとか?

451: 名無しさん 03/03/16 14:11
>>407 
「まんが昔ばなし」にでもありそうな怪異談だな。 

山では本当にそういうことがあるんだねえ。 

420: 名無しさん 03/03/13 04:19
>>407
その後、親父さん元気?

421: 407 03/03/13 16:13
>>420 
元気ですよ。昨日も近所の竹を切りに行ったらしい。 

炭焼きやってる時は、よく怪異に出会ったもんだ、と親父は言ってます。私も足音のようなものを聞いたことがあります。でも、夜の山って独特の雰囲気があって、そういう怪異を許容できるんです。むしろ、自分の方が異質な存在なんじゃないかって思ったり。 

そういう雰囲気、私は嫌いじゃないんですよ。もちろん、祖父みたいな目に遭うのは御免被りたいですが…。

439: 名無しさん 03/03/15 01:20
八ヶ岳を縦走した人なら知ってる人もいるかもしれないけど、人面岩があるよね。笑ってる顔の。

458: 名無しさん 03/03/17 04:40
高松の山はピラミッドみたいだ。山の中に入ると天狗の顔が彫ってある岩が時たまあるらしい。

あとは屋島の形がすごい。

461: 名無しさん 03/03/17 22:30
雨中、燕岳を登り燕山荘泊。その夜晴れ、雲海に槍が頭だけ出し、満天の星。翌日餓鬼岳でブロッケンに遭遇。次の日、雨。山荘のオヤジさんに下山を止められ、もう一泊。 

あのまま雨の中を降りていたら、きっと今も山をさまよい続けているのではないだろうか。 

「こういう雨は感覚を奪うから止めといたほうがいい」 

無視して出発して、とうとうそして永遠に下山しなかった男がいたそうだ。 

463: 名無しさん  03/03/18 01:01
2年前、群馬の袈裟丸山の賽の河原で霧の中で迷子になって泣き喚く20代の女性を救助しましたが、3時間以上わめいてました。

山の何かに取り憑かれたようです。

482: 名無しさん 03/03/19 04:28
>>463
これねぇ、山でレ○プされた人がよくこうなるんだよな…。まあ視界なくなって本当に発狂しちゃう人もいるけどね。どっちかというと女性のほうがそういう時は強いから。 

464: 名無しさん 03/03/18 15:26
少し前テレビでエベレスト登頂や清掃登山で有名な野口さんが言ってたんだけど、エベレストの山頂付近は死体だらけとか。もちろん失敗した人たちらしいが、下山は登山の何倍も危険だとのこと。 

無数の死体を横目に見ながらの必死の下山。以前アタック隊の英国人仲間も下山のプレッシャーにつぶされて発狂し、一人で駆け出しそのまま滑落、帰らぬ人となったそうな。

472: 名無しさん 03/03/19 01:21
>>464 
話のスケールは全く小さいが、俺も富士山に登った時そんな事感じた。

あの程度の山でも(登山というより、山登りという感じだが)、登るのはかなりきつく、初めは楽しげだった仲間も次第に口数も少なくなった。山頂に着いた時、本当にもうたくさんという気持ちだったが、よく考えて見ると、今からまた確実に山を降りなくてはいけないという事に気付き、愕然とした。

どんなに嫌だと思っても、そのままそこにいる訳にはいかない。つまり、自分がここまで頑張ったなら、その分がそれだけ跳ね返ってくるという感じ。

あれでクライミングっぽい本当の登山だったら、確かに気持ちも体力も続かず、帰りに遭難するのかもしれない。

486: 名無しさん 03/03/21 03:27
べつに心霊話でも何でもなく、下世話な現実なので恐縮だが、山で鉄塔に登った時、ちと怖い目にあったぞ。 

このスレの住人のような山歩きの方々とは違い、電気関係の仕事だ。鉄塔に登って作業をしていたら、だんだん周囲が霞んできた。雲が流れてきたんだ。 おまけにやたら冷たい雨まで降り出した。手足は滑るし視界は無いしこりゃたまらんとか思ってたら、いきなりカカッ!と緑?黄色?みたいな光が。
 
雷だ。俺の目と同じ高さで電撃が走っている。今から鉄塔を降りて避難しても5分はかかる。いつ直撃するのか、マジで恐怖だった。 

ホントはちゃんと気象を見ながら早めに切り上げなきゃならなかったんだけどね。国の規則でそう決まってる。叱られるので場所や仕事の内容は伏せるけど、ちょっと無理なスケジュールだったねあれは。

まったく、自然には勝てねぇよな。 

488: 名無しさん 03/03/21 15:56
自分の目と同じ高さの雷か。 

実際遭遇した時の恐怖はいかばかりかと思うが、読んでる立場だと見てみたい。

402: 名無しさん 03/03/10 17:05
高校3年間、山岳部にいた。

そこで俺が体験したんだが、霊的現象と言うより、疲労がもたらした錯覚だろうと思う。 

入山2日目の、肌寒い小雨が降る日だった。副部長の俺は列の最後尾についていた。10人くらいのパーティだったと思う。夜明け前に出発し、まだ真っ暗な中だった。俺の前を歩くやつのザックにカラビナ(金属のわっか)がぶら下がっていて、それが目の前できらきら光りながら揺れている。 

晴天の山行と違って周りの景色も見えず、俺はひたすらそのカラビナを見つめて歩いていた。その日体調が悪かった俺は、もうろうとしながらカラビナにくっついて歩いていたと記憶している。 

霧雨のせいで、夜が明けてもガスって薄暗く、前のやつもよく見えない。遅れがちな俺はそのカラビナだけが目印で、ようやくついて行ける状況だった。 

SK11 ロックカラビナ 脱落防止・ネジロック機能 BN ブラック 6×60mm SAC-660BN
SK11(エスケー11)
2011-08-16





403: 402 03/03/10 17:06
数時間歩き、いい加減休憩にしろと前を見ると、前に誰もいない。

ヤバイと思った。ガスで視界数メートル、はぐれたら相当まずい。寒気がした。きょろきょろと周りを見回してもガスのむこうに木立が見えるだけで、人影がない。とりあえず上に向かって歩けば出会うはずだと歩き出した。 

十数分ほど歩くと、前にきらきら光るものが見える。カラビナの反射光だ。追いついた、と安心した俺は、遅れた恥ずかしさもあって、黙ったままやつの後ろに付いて歩いた。副部長だし、はぐれるのはやっぱり恥ずかしい。何か聞かれたら、クソだったと言えばいいや。 

そうして高度を稼ぐうちに、雲の上に出た。ガスが消え、景色が広がった。 

が、またも前に誰もいない。おかしい。数秒前まで確かに目の前にカラビナの光が揺れていた。だが、今度は前と違って景色が見える。地図を見てナビゲーションできる。俺は地図とコンパスで、現在地を確認した。もうすぐ一つ目のピークだ。 

かなり疲労していたが、休憩せずにピークまで歩いた。するとそこには、部の連中が休んでいて、部長が血相を変えて駆けてきた。俺のことを皆で心配していたという。

話を聞くと、連中は1時間近くも前にそこにつき、俺がいないことに気が付いたというのだ。変な話だ。確かに俺は、10分ほど前まで連中の後ろにいたはずなのだ。部長や他の部員のマジな顔を見ると、俺をかついでいるようには見えなかった。 

霧の中で俺が見たカラビナは、何だったんだろう。誰か、他のパーティだったのか。それなら、なぜ急に姿が見えなくなったんだろう。

今でも不思議に思う。もう10年も前の話でした。 

404: 名無しさん 03/03/10 17:40
霧は人間の時間感覚を狂わせるようだ。

406: 名無しさん 03/03/11 11:34
>>402
結構ありがちな話ですが、よい文章ですね。

カラビナの光のイメージがとても利いてると思います。

425: 402 03/03/13 22:20
あの体験にどんな意味があるのかわからん。 

ただ、山登りをやってると疲労、霧、暗闇、静寂など、日常とはかなり異なる状況下に置かれ、そのせいで奇妙な感覚を覚えることが多い。時間の感覚もおかしくなる。 

上の方にもあったけど、テントの周りを足音がゆっくりと周回するという経験は俺もある。キャンプツーリングの途中だったから、ほかに人気のない場所での話。
 
もう、その程度の異常は気にならなくなったよ。

429: 名無しさん 03/03/14 00:24
>上の方にもあったけど、テントの周りを足音がゆっくりと周回するという経験は俺もある。 

俺もあるそれ…やっぱバイクで林道走ってて、遊び疲れて電波の中継塔の下でテント張ってたら…動物かと思ったけど何かブツクサ言ってたし…怖くて寝た振りしてて、一寸も動けなくてしんどかった。 

もう人気のない所での野宿無理です…。

430: 名無しさん 03/03/14 01:21
>上の方にもあったけど、テントの周りを足音がゆっくりと周回するという経験は俺もある。 

あれは多分、風でフライがバサバサいう音等々なのではないでしょうか? 

道の駅の駐車場に張った時、テントの外をザクザク歩きまわる音が聞こえた気がして、怪しい人がいるのかと思って、恐くなってすぐ隣の車で寝てる奴に電話したが、「誰もいないよ」とのことだった。外の状況が見えないと想像力だけが膨らむんだよね…。

ただ… 恐山の近くの宿でバイトしてた時に聞いた話。 

その宿の常連の若者達が、恐山にある湖畔の砂浜で一晩テントを張って寝れた奴に、5万円出すという企画を立てた。何人かチャレンジしたが、皆朝まで保たずに逃げ帰ってきた。一様に「テントのまわりをサクサク歩く音が聞こえる」と言うのだそうだ。 

私も恐山に深夜懐中電灯だけで侵入したことがあるが、風が吹くと風車がいっせいにカラカラ回る音が聞こえて、相当恐かった。 

436: 名無しさん 03/03/14 20:40
河原でテント張ると、たしかに足音が周回する音がしたことはある。同じ経験した人が多いようだが、何だろう。何らかの自然現象? 何かされるわけじゃないのに、怖いよなー、あれ。 

あと、寝入りばなに、テントの外側からぐっと頭を押さえられるような感覚を覚えたことがある。 

一番ぞっとしたのはソロのキャンプツーリング、たった一人で山奥の河原で寝たんだが、朝起きたらフライシート(テントの屋根)に泥の手形(小さい…子供のか?)が3つ付いていたこと。確かに前日にはなかったので、血の気が引いた。 

まあ、キャンプにしろ山登りにしろ、怖い目に遭うのはまれ。登山・キャンプ歴15年になるけど、こういう体験は合計5回くらいしかないよ。 楽しみの方が大きいからまた行くわけだし。

427: 名無しさん 03/03/13 22:56
部活の後輩の話です。 

ボーイスカウトで山へキャンプに行って、そこの川原でキャンプをしたそうです。その夜、後輩が寝ているテントの周りを、何かがぐるぐると歩き回ってる気配がしたそうです。後輩は怖くなって毛布を被ったままじっとしていたんですが、しばらくそのままにしているとその気配もなくなり、後輩も安心してそのまま眠ってしまいました。

そして朝。後輩が起きてテントの外へ出ようとすると、入り口のすぐそばの地面に、包丁が地面に突き立ったまま刺さっていたそうです。

その包丁は昨夜、夕飯を作る時に後輩が使ったもので、ちゃんとタオルで包んでリュックの中にしまったはずでした。確認して見たらリュックの中、しかもかなり奥にしまった筈の包丁はなくなっていたそうです。 

483: 名無しさん 03/03/19 04:34
テントのまわりを足音が回って何かを呟いてるってのは、ほぼ間違いなく動物。鹿とかね。 

足音と呼吸音は結構いろいろなものに聞こえたりするよ。間近でこれらの音を聞くことは通常まずないから、姿を確認できないと脳が勝手に記憶の中から身近な音源を連想してしまう。 

ホワイトノイズに近い環境音(波や風、木の葉が風で動く音など)から人の話し声を連想してしまうのと同じ。 

484: 名無しさん 03/03/19 05:24
ある種の閉鎖空間だといろんな想像が働くよね。 壁に穴があったらそこから誰か覗いてるような気になったり、ボットン便所なら下から手が出てきたら怖いだろうなとか。
 
透明なテント作って実験してみる価値ありかな?w

437: 名無しさん 03/03/14 23:55
テントの周りを夜中に散歩するのが趣味ですが、何か?

431: 名無しさん 03/03/14 10:01
家出した時、家から1時間くらい離れた山でキャンプしたんだが、3時間くらいしたらすげえ怖くなって、真夜中の山を必死で下りた..。

426: 名無しさん 03/03/13 22:49
ここ読んで、山登り、キャンプなんて無理と思った…。 

428: 名無しさん 03/03/13 22:57
>>426 
怖いこともあるけど楽しいこともいっぱいあるよ。