【その3】
山

187: 名無しさん 03/02/02 01:31
学生時代一人で山に行き、適当な場所で勝手にテントを張った。近くにはキャンプ場があり、悪い事ながらこそこそと水など汲むには丁度良い。

ふと散歩を思い立ち、川にかかる橋を渡ると地面が締まった平坦な場所に出たが、そこはかなり古い墓地だった。鎌倉時代を思わせる石塔を眺めるうち、その墓地にテントを張りたくなってしまった。墓地での露営など考えたくもないし、気色悪いという思いは無論あった。 

テントを張った場所に戻る頃には雨が降り始め、先ほどの巨木に囲まれた、平坦な地面がどうにも恋しい。 テントを大雑把にたたみ、その墓地に向かおうとした瞬間、ふと思った。 

なぜ墓地で一夜を明かしたいんだ?なぜそんな気持になったんだ? 

恐怖とは違う不思議な感情に捉えられ、下山を決意した。

すでにバスは無い。夜の雨の中、麓まで歩けば3時間はかかるだろう。それでも俺は麓を目指して歩き始め、最後はほとんど走り出さんばかりになっていた。 

なぜ、あの時に限って墓地で露営したくなったのか。怖いというより不思議な感じだ。 

188: 名無しさん 03/02/02 01:44
>>187 
モロに呼ばれてますね…。

191: 名無しさん 03/02/02 08:46
地元が豪雪地帯。 

スキークラブの連中と夕方に山に登って、朝日と共に山から滑るっていう計画を立てたんだが…遭難しました…。目的の山とは違う尾根を目指していたようで…なんとか朝を待って自力で下山しました。 

山で一番リアルに怖いのは雪山遭難です…私は地元の山だったのでそれとなしに知識があったので良かったですが… これからの季節、無理しないでくださいね。

192: 名無しさん 03/02/02 09:03
実体験ではないですが、昔からよく聞く登山者の話です。 

秋になると登山シーズンです。よく墜落が登山シーズンには起きるそうです。そのご遺体は頭が割れている為スイカと呼ばれるそうです。

しかし秋に墜落事故をして逝かれても、ご遺体は雪のため春まで放置されるようなのです。中には発見されることなく、忘れ去られているご遺体もあるそうです。万年雪の中にもある時が時たまあるようなのですが…。 

その登山シーズンの秋、登山部では「スイカを見たら振り向くな。振り向いたら自分もスイカになる」ということがよく言われるそうです。そしてこれは実際に体験した方の話なのですが…。
 
山の尾根を歩いていると、向こうから数人の集団が歩いてきました。先頭の人間が「スイカだ!」と叫んだそうで、皆がその集団に向かって会釈をしました。

大学のサークルの1年だったその方は訳も分からず会釈をしました。会釈をし終わってその集団が横を通り抜けようとすると、頭がクシャクシャに潰れていたそうです。

驚いたその方は慌てて振り向こうとしましたが、後ろの先輩が「振り向くな!」と大声で怒鳴るので、何かあると感じたその方は興味を抑えて無事に山頂の宿舎にたどり着けました。

前後を登山経験者の長い方で、真ん中を経験の浅い方という並び方で登るのは、スイカのためでもあるようです。先頭の方がスイカであることを知らせ、最後尾の方が振り向かないように監視をする為に。 

その方はスイカのことについては後から聞いたようです。もしもあのまま振り返っていたら…。 

469: 名無しさん 03/03/19 01:07
向こうからすれ違おうとする一団を見て「スイカだ!」って叫んだわけでしょ? そいつ等を見て振りかえると自分もスイカになるって。 

という事は一目見て見分ける方法があるって事だよね? 

471: 名無しさん 03/03/19 01:20
>>469 
だから頭が割れてるのですよ。そんな人たちがふらふらと集団で歩いてくる。
 
だいぶ前にこの板のどっかのスレでうまく書かれた話があったんだけど。

473: 名無しさん 03/03/19 01:22
>>471
なるほどね。しっかし凄い話だね。

477: スイカその1(コピペ) 03/03/19 01:34
>>471
これは霊感の強い友人から聞いた彼(同じく霊感が強い)のお兄さんの体験の話です。以後、お兄さんを彼と呼びます。実話なのでオチも何もありませんので、初めに断わっておきます。また、文章力がなく、読みにくい文になっていると思いますので、初めに謝っておきます。 

地名はあやふやですが、富士山に近い槍ヶ岳の様な名前だったと思います。そこには標高の高い所で、万年雪というか、切り立った斜面一面に氷が張ってしまってしてツルツルにないる所があり、靴にノコギリの歯の様な物を付けなくては1歩も登れず、また、足を外すと何百メートルも斜面を、一番下に待ち構えている岩場まで止まることなく真っ逆さまに滑り落ちてしまうそうです。 

人の体は、頭が重いので、滑る落ちて行く間に必然的に頭が下を向いてしまい、最後に岩場に強打し、まるでスイカ割りの西瓜の様にパッカリの弾けてしまい、その死体はそこの山男達の間で「西瓜」と呼ばれているそうです。

まるで水死体が「どざえもん」と呼ばれるように…。

478: スイカその2(コピペ) 03/03/19 01:36
 山に詳しい人がいらっしゃればお分かりになると思いますが、山で遭難されたりして亡くなった方々の死体と言うものは、探し当てられた時には、死亡の確認がされるだけで、麓まで下ろすのは非常に労力が必要とされるためになかなか運ばれず、多くの場合ムシロを掛けるだけになってしまうそうです。 

彼は大学時代、山岳部の様なものに入っていました。いわゆる山男ですが、この話は、まだ入部して間もない頃にその槍ヶ岳(?)に登った時の話だそうです。 

一行は縦に連なって山を登っていました。こういった時、登山のルールとして一番後ろには一番のベテラン、前には同じくらいのベテランが付くそうです。この時、彼はまだ経験も浅く、隊の前から二人目にいたそうです。 

例の氷壁にさしかかった所で、下を覗くと遥か下のほうに盛り上がっているムシロが見え、前もって先輩に話を聞いていた彼は、「あぁあれが西瓜かぁ。まいったなぁ、嫌なもん見ちゃった」と思ったそうです。 

しかしながら、まぁ遥か下に見えるだけですし、なにせまだ初心者の域を出ていない彼にとって前に進むことが大変なことであり、そちらに夢中になり、すぐにその事は忘れてしまいました。 

479: スイカその3(コピペ) 03/03/19 01:37
一行に彼が加わっていたせいか、山小屋に到着出来ずに夕方になってしまいました。しかしながら難所は超えており、山小屋はもうすぐの所まで来ていたのでそう焦ることなく、道とも言えないような道を進んでいました。 

息を荒げながら彼がふっと見上げたその先に、下山してくる別の一団が見えました。 

「あ、降りていく人達か.......あれ?」

そうです、夕方に山小屋に近い位の所から降りていく訳がないんです…。夜になれば視界が無くなります。おかしいなと思った瞬間、前の先輩が前方の一団に気が付いたらしく、突然体を強ばらせ立ち止まってしまいました。 

一行は張り詰めた様にその場に固まってしまい、彼は慣れない状況にパニックになってしまいながらも、声を出して原因を尋ねることもなぜか出来ずに前方を凝視していました。 

前方の一団は、こうフワフワというかピョンピョンと浮かんでいるような跳ねるような足取りで、山小屋までの1本道を真直ぐにこちらに向かってきました。 

もう20メートル程という所まで近づいてきた時、その一団が一様に「西瓜」であることに気が付きました。さっきまでの言いしれぬ不安感が、一瞬にして恐怖感に変わりました。

480: スイカその4(コピペ) 03/03/19 01:38
それらはパッカリと頭を割って、真っ赤な血を流しながらも千鳥足で近づいてきます。
 
とうとう、西瓜の一団と先頭がぶつかりました。それらは、ゆっくりと先頭から、メンバーの顔の前まで顔を持ってきて、じっくり覗き込んでは、次々と横を通りすぎていきました。 

幾つ西瓜がいたのかは分かりませんが、どうやら交差し終わったのか、金縛りのようなものが取れ「なんだったんだろう」と彼が後ろを振り向こうとしたその時、「後ろを振り向くなぁ~!!」 と一番後ろのベテランの先輩が大声で叫ぶのが聞こえました。 

ビクッとして体が強ばりしながらも、動ける様になった一行は、一目散に山小屋を目指しました。

山小屋について、早速、先輩に西瓜の一団と、振り返るなと言われた理由を尋ねたのは言うまでもありません。彼が聞いたのはやはり、あれはここで亡くなった方々の霊の様なものであり、また、一団が通りすぎた後に振り返ると、そのまま山を引きずり下ろされてそのままあの世に行ってしまうという言い伝えがあるとの事でした。 

最後に付け加えておきますが、彼ら一行は、その後何事もなく無事に山を降り、彼 (友人の兄)は今では神父になっているそうです…。 

200: 名無しさん 03/02/02 21:54
怖い山の映画って結構あるよね。 

「聖職の礎」は知らないけど クリフハンガーとか、八甲田山とか、アレ?そんなにないか。

202: 名無しさん 03/02/03 00:06
>>200 
爽やか系で怖いのもある。 

タイトルは忘れたが、ロッククライミング中に滑落した男が、ザイルを結び合ったパートナーの命を救うために、自らザイルをナイフで切る。ラストシーンは、ザイルを切った男がスカイダイビングよろしく両手を広げ、どこまでも落ちてゆく。
 
自分でクライミングをするようになってから、そのシーンの恐ろしさが分かるようになった気がした。

203: 名無しさん 03/02/03 00:16
ザイルを結び合った二人が岩壁登攀中、一人が転落し、岩壁に打ち込んだハーケンでかろうじて止まった。転落した方は空中でぶら下がり、岩壁に手が届かず、自分では登れない。もう一人はパートナーと自分の体重を支えるので精一杯。
 
この場合、ぶら下がっている方は、自らの手でザイルを切らなければならない。切れば、普通、命はない。ただし、岩壁に残った方の命は助かる。 岩壁に残った方は、パートナーにザイルを切らせないよう、命がけであらゆる努力をしなければならない。 

クライマーは常時、どんな姿勢でも取り出せる所にナイフを携帯しなければならない。 

クライミングを始めるに当たり、初めに習ったのがこれだ。教えてくれた男は、数年前、死んだ。 

コピペですが…ひょっとして>>202の映画が元ネタ?

208: 名無しさん 03/02/04 22:12
>>203 
それって、前に同名のスレに俺が書き込んだレスだぞ…。 

しかも映画が元ネタではなく、ロッククライミングを始める時に心得として教わった事だ。

210: 203 03/02/04 22:49
>>208 
えーと、何と言えばよいのやら、とりあえず大変申し訳ありませんでした。せっかく書き込まれた実話を映画の元ネタ?といってしまったり… 

昔読んで大変気になって(気に入って)いたレスだったので、コピペして持っていたのです。ご本人の前で臆面もなくコピペしてしまうとは。
 
重ねて失礼をお詫び申し上げます。 

※同名のスレ【まとめ:山にまつわる怖い話・総集編】

201: 名無しさん 03/02/02 23:10
ヴァーティカルリミットが俺的雪山映画の最高峰。八甲田山は実話だからすごいよね。精神論で成り立っていた日本は、人の力を超えたことができるなっという感じでした。 

危険度としては、雪山>>>春先の山>>>超えられない壁>秋山>夏山って感じかな? 

まぁ山に登る行為自体が危険なんだけどね。

197: 名無しさん 03/02/02 14:35
中学の時に部活で兵庫の氷ノ山に行った。
 
無事に山頂の小屋に到着し、部員全員で小屋の中で休んでいた。その時、小屋の外で「キーーーーーーーン!」というものすごい音が聞こえてきた。
 
「何!?何の音?」 俺と顧問が外に出た瞬間、いきなり戦闘機が爆音を響かせながら頭上を通り過ぎていった。 

ちょっと怖い方向が違くてスマソ…。

205: 名無しさん 03/02/03 08:00
俺ワンゲルだったけど、別に怖いこと無かったな。 

雨天の夜に稲妻が自分に向かってきた時は死ぬかと思ったけど。テントになんか張り付いてる奴がいるって騒ぎになったこともあったけど、俺は見えない人だから平気だったし。 

むしろ怖かったのは、チャリで東京から来てそのまま南アルプス踏破して、またチャリで東京に帰っていった先輩の体力だな。人間じゃーねよ奴w

206: 名無しさん 03/02/04 18:14
雪山ってのは白い雪と対照的に空が黒く見えるぐらい蒼いんだってね。行ってみたいけど、俺じゃ無理だろうなぁ。実際に山行ってる人は自分が伝説にならないように気をつけて下さい。 

207: 名無しさん 03/02/04 22:07
>>206 
スキー場行けば簡単に体験できるよ。

223: 名無しさん 03/02/09 05:57
私の祖父が若かった頃の昭和初期の話。 

当時祖父は静岡県の清水に住んでいて、ある時、山の奥地に山菜とかを取りにいった。夢中になっている内に迷い込んでしまい散々歩き回り、帰り道を探し出した頃には暗くなっていたとか。

月明かりの下をタッタッと下っていると前方から白無垢の花嫁さんが一人で歩いてきて、もう心臓が飛びだすほど驚いたらしい。異様な光景ながら心配になり、声をかけたけれど全く無視された。 

下山してから警察や村役場に通報したが、行方不明者はいなかったとのこと。

231: 名無しさん 03/02/10 11:02
>>223 
花嫁姿~そんなもの見たら絶対腰を抜かすよ…。 
 
224: 名無しさん 03/02/09 05:59
>>223 
キツネです。

226: 名無しさん 03/02/09 06:22
>>223 
惜しいなー!その花嫁さんがキツネだったら、連れ帰ってめとっていたらかなりのお大尽になれていたのに。

227: 223 03/02/09 06:58
ひぇぇーーやっぱキツネなのかな…祖父は幽霊とかには一貫して否定的な人で、正直者だったとか。目撃した瞬間は全身血の気が引いていくほどの恐怖だったらしい。 

複雑な恐怖体験ではないけれど、かえって単純ゆえに怖い気がする。 

228: 名無しさん 03/02/09 11:53
大学生の頃、トレーニングを兼ねてよく冬の西穂高に登った。

アプローチが楽なのと、小屋に通年人がいるので、単独行でも何となく安心だからである。何かあったらどうしようもないので、、本当に何となくだけど。

独標の先、西穂までの稜線は岩と雪のミックスで、冬山の爽快さといささかの緊張を楽しめる初心者向けのコースだ。とりあえず、今回はそんな雪山気分を味わう前、新穂高ロープウェイ山頂駅から西穂園地を出てすぐでのお話である。 

2月の高曇りの日のことである。前日までの雪でトレースも消え、股まで埋まるラッセルに苦労していた。そんな日に限って重装備で来てしまったことを少し後悔したりもしていた。すでに何度も通い慣れた道なので地図もコンパスも出さず、遠く木々の間に見える西穂の小屋を目標に汗を流していた。

どれぐらい歩いただろうか。身体が慣れていないせいもあって、早めの休憩を入れようとした時である。小さな段差を乗りこえた所で一本のトレースに出会った。ラッセルの具合から見て今日の足跡だ。下山してきた人のものだろうか。

誰ともすれ違わなかったことに不思議な気がしつつも、トレースに乗った。人の気配に少し安心し、荷物を下ろしてテルモスの紅茶を飲んだ。トレースは樹林帯の中を小屋に向かって続いている。僕は方向を確認して再び歩き出した。

ペースもあがり、そろそろ最後の急坂にさしかかるころかな、と思った頃、目の前に小さな小屋が現れた。最初に通過した、ロープウェイ駅すぐ近くの小屋だった。恐怖感はなかったが、頭から?マークをたくさん出して思わず座り込んでしまった。

西穂山荘に向かっていたつもりが、いつの間にか出発点まで戻ってきてしまったのだ。

いわゆるリングワンデリングという奴だ。リングワンデリングは視界の効かない吹雪の中とかで起こるものだとばかり思っていたので驚きであった。他人のトレースだと思っていたのは、実は自分の足跡だったのだ。どうりで歩幅が合うと思った。 

このことがあっても冬の西穂通いは毎年行っていて、恥ずかしいのだが実はその後、2度同じ所でリングワンデリングをしてしまった。いずれも2月の高曇りの日のことであった。何かあるような気がするのは気のせいなのだろうか。

229:名無しさん 03/02/09 21:29
>>228 
専門用語があったりしてわかりずらいっすぅ。

※アプローチ:交通手段など、山までの行程。
トレース:足跡などの踏み跡。
ラッセル:雪をかき分けて進むこと。
リングワンデリング:さまよって同じ場所をぐるぐると回ること。

193: 名無しさん 03/02/02 13:29
この話は実際にあった山岳遭難事故ですので、諸事情により地名・人名など、固有名詞は全て省かせて戴きます。 

文化の日と週末の三連休を利用して、前夜発日帰りの山行に出かけました。いい山行で天候は安定していて当分秋晴れが続きそうで、ちょうどその地方の低山は紅葉が見頃になる時期で、なんとも華麗な眺望です。手軽な山でしたから、親子連れも随分いました。 

ところが昼過ぎになって、道を間違えたことに気がつきました。慌てて地図を読みながら元来た所に帰ろうとしたのですが、どういうわけかどうしても尾根筋に戻れません。そうこうしているうちに日が暮れてきます。 

その日のうちに下山するのはすっぱり諦め、風の当たらない場所でビバークの支度を整えて夜をしのぐことにしました。レスキューシートと細引き縄で夜露避けに簡単な天幕を張り、ありったけの防寒具を着込んで寝るともなく、うつらうつらしていました。

夜半、はっと目を覚ました。子供の声がします。

半泣きで親を捜している様子で、親子連れでハイキングに来て、はぐれたのかな? マグライトを灯け、声のする方に光を向けて呼びかけました。

「こっちだよ、おいで」

また別の声がしました。やっぱり半泣きで親に助けを求める声でした。兄弟ではぐれたのかな?もう一度呼びました。

「おいで、こっちだよ。おいで」

またまた別の子供の声がしました。

何か変じゃないか?うろたえている間にも、声はどんどん増えていき、しまいには何十人もの助けを求める子供の声が、夜明けまでわんわんと、こだまし続け…。

194: 193 03/02/02 13:31
こんなパニック状態で動いたら本当に死ぬと白白明けまで必死で待ち、あれほど見つからなかったのが嘘のようにあっさりと辿り着いた下山道を、逃げるように下りました。下山口近くの公衆電話でタクシーを呼び、ようやく人心地がつきましたいた。

運転手さんと四方山話をするついでに、夕べの怪異の事をちょっと尋ねてみました。 

あの辺、何か因縁話でもあるのかい? 

「あるどころじゃありませんよ、お客さん」 

迷い込んだ斜面、そこでかつて小学校のハイキング一行が天候の急変に遭い、まともな雨具の用意もない状態で風雨にさらされた数十人の子供達が疲労凍死するという痛ましい事故が起きたのは、まさにその場所だった。 

ご冥福をお祈りいたします。 

199: 名無しさん 03/02/02 18:35
>>194
映画にもなってたよ。

たしか「聖職の礎」だったけ。 

※木曽駒ヶ岳大量遭難事故:
1913年8月26日から翌日にかけて襲った台風による悪天候に巻き込まれ、木曽駒ヶ岳に集団宿泊的行事で入山していた長野県上伊那郡中箕輪村の中箕輪高等小学校2年生25人を含む総員38人の一行教員・生徒らが遭難、うち11人が将棊頭山付近で死亡した.(wiki:木曽駒ヶ岳大量遭難事故

聖職の碑 SVBP-45 [DVD]
鶴田浩二
株式会社スバック
2005-12-21





249: 名無しさん 03/02/12 00:32
北海道湯ノ岱温泉での話。

かなり山に入ったところにある温泉地で、宿も寂れたひなびた古い宿が二軒しか無いという温泉場。それでもその日の宿泊客はそこそこいたのだが、まだ10時過ぎという時間にも関わらず、温泉へ行こうと階段を降りると宿の人も客も一人もおらず、階下はやけに暗くなっている。

多少ひるんだものの、やはり温泉好き。入らないわけにはいかず、いそいそと浴場まで行き電気をつけて一人で気持ちよく浸かっていた。

そこの浴場は男女の浴室が壁で仕切られているのだが、壁の上半分がすりガラスになっていて、向こうに誰かが入っていたら影が見えて、気配や音でわかようになっている。Sさんが入った時は男湯に明かりがついてなかったので(ガラスで見える)、Sさん一人しか入ってないのがわかっていた。

のんびり浸かってさて、そろそろ上がろうかなと思っていた時に、不意に隣の男湯のほうから「あ゛~っ…」という男の人の声と、ザブーンとお湯が流れる音が。そう、誰かが男湯に入ってたのです。

ガラガラと戸を開ける音もせず、電気のついてない暗い男湯に誰かいたのです。そしてすりガラスの向こうに肌色の人影も!

不思議に思ったSさんは、しばらくひそんで様子を伺いながら考えました。「宿の人かな~、それとも酔って電気つけるの面度くさくて、女湯の明り頼りに入っているのだろうか…痴漢?それとも…」と考えると怖くなって、静かにいそいそと上がり、浴衣をまとうのもそこそこに浴室から出たのでした。

廊下は相変わらず人気無しで暗く、立ち去る時に男湯を見たら脱衣場にも明りがない!そのとき本当に怖くなったSさんは部屋へ一目散に上がり、一人でいろいろ考えたそうです。どう考えても不自然で不思議なのです。その夜Sさん、電気つけっ放し、テレビつけっ放しで寝たそうです(なんと100円のかかるテレビだったのに!)。

Sさんが見たのはお化けだったのか生身の人間だったのかは不明です。一人で宿を利用するということは、そんなことにも遭遇する覚悟が必要なのでしょうか…。 

251: 名無しさん 03/02/12 11:29
>>249 
自意識過剰の勘違い女逝ってよし。

【その5へ】