【その6】
山

363: 名無しさん 03/03/06 22:25
普段使われていない小屋に泊まった時の事。 

夜明け後の遅い起床に、鼻歌まで出るほど気分良く糞をしながらふと見下ろすと、とんでもない量の蛆虫がうごめいている。蛆虫の下にあるはずの糞が見えないほどの量だった。

うねうねとした動きの中に、俺の糞は吸い込まれるように姿を消した…かのように記憶している。 

ラジウス
(携帯コンロ)用の燃料をぶちまけ、火でも放てばどれほど気分が良いかと考えずにはいられない光景だった。

365: 名無しさん 03/03/07 18:25
>>363 
まさにヤケクソ(爆笑 

366: 名無しさん 03/03/07 23:47
>>363 
ウヒ~…一匹以上の蛆虫をリアルに見たことがないからその光景は実感できないが、見たら固まるだろうな…ミチミチいってそう…せっかくの脱糞快感が…。

372: 名無しさん 03/03/08 21:49
>>363 
それだけうじ虫がいるということは、蠅の数も多そうなもんだけどなあ。いなかったんでしょうか? 

考えれば糞を虫が食べて分解ということで、これも一種のバイオトイレと言えないこともないな。

376: 363 03/03/08 22:55
>>372 
ハエの方はとりたてて言うほどではなかった。 

370: 名無しさん 03/03/08 19:13
うちは子供頃の家のトイレがポットン便所だったからな。中の様子がよく見えたわけだ。

蟲も蠢いてるところに殺虫剤ぶっかけるのが面白かった。

374: 名無しさん 03/03/08 22:02
きったねえ話だなしかしーーー!!!ーーー!!!

367: 名無しさん 03/03/08 03:47
山小屋に一泊した翌朝、鼻がムズムズする。

すっ、と手をやると「バタバタバタバタバタ!」3~4センチほどの蛾が3匹ほど顔面に…しかも一匹握りつぶしちまった…。

368: 名無しさん 03/03/08 15:31
虫嫌いの自分にとってガクブルなレスが続いております…。
 
虫が怖くて山に登れるか!って? 登れなくて結構であります!

399: 名無しさん 03/03/10 15:12
ブロッケンう現象はどういう山でも見られるんですか?

459: 名無しさん 03/03/17 14:42
>>399 
ttp://www.est.hi-ho.ne.jp/m-kokumai/kouzan/phenomena.htmlより 

ブロッケン現象は、条件さえそろえば高山以外でも見られ、2000年夏には福島県の只見町でブロッケン現象が日本で初めて平地で確認され、TVニュースにもなったそうです。ダムからの冷たい放水によって発生した霧によるもので、実は今まで何度も起こっていたようです。 

(1)ブロッケン現象が起こりやすい条件 
・太陽光が見る人の近くまで直接差し込み、見る人の影が雲や霧に映る必要があります。 
・ただし気温が低く、雲や霧を作る水滴が小さな氷になってしまうと、結晶による別の散乱が起こってしまいます。 

(2)山で見るには 
・太陽光が差し込むには山頂や尾根が適しています。樹木で太陽光がさえぎられない見晴らしの良い山が必要です。森林限界を超える山、過去の噴火等により草原となっている山、刈り払われた山などが考えられます。
 

ということで、低山でも可能性はあるみたいですよ。 

でも丁度いい具合に雲・霧が出ているとか、太陽光が見る人の近くまで直接差し込むとか、諸条件がうまく重なった時に居合わせるのは難しいでしょうね。やっぱりそうそうある現象じゃないってことか。 

460: 名無しさん 03/03/17 15:09
>>459 
低山でも見られないことはない…けど条件が合わないと難しいのか…。 

見ようと思って見られるものではなさそうですね。

371: 名無しさん 03/03/08 21:27
本当はしてはいけないんだが、河原で火を焚いた後で周辺の熱くなった石をタオルで包み、寝袋の中に持ち込んで暖を取る相談をしていると、後輩の一人が興味深そうに話に加わってきた。 

彼は俺たちの話を聞き、自分も石で温まりたくなったらしい。だがしかし、経験浅い彼が手を伸ばしたのは、火が燃えていた真下に極めて近い場所にあった石…。 

低く短い唸り声…口の端からたれるヨダレを気にするゆとりさえない。 

火の間近の石がどれほど熱くなっているか、身を持って俺たちに教えてくれた彼の英雄的振る舞いには、今でも心からの賞賛を惜しまない。

382: 名無しさん 03/03/09 12:47
>>371 
さらっと書いているが、その後、後輩はどうなったのか…部分やけど全治1週間程度で済んだのだろうか。

375: 名無しさん 03/03/08 22:18
大概のオカルト話しというのは人間の幽霊とか絡んでくるけど、山には人がいないのだから、遭難でもしない限りは死人も出ないわけで。

もし何らかの怪奇現象が起こるとすれば、それは人間の幽霊以外が起こしているものだろう。

それは一体なんだろう?

376: 名無しさん 03/03/08 22:55
>>375 
霧、日光、風、雨、雪といった気象条件によって起こる現象が、疲労による判断力の低下や予定の消化を急ぐ心理、人間が根源的に持っている恐怖といったものと結びつき、思わぬ怪奇現象を体験させるケースは多いだろうな。

377: 名無しさん 03/03/08 23:00
>>375 
登山ブームにより大抵の山にはわんさかと登山客が押し寄せております。 

そしてそれに比例して遭難者が大量発生しているのはニュース等で知られている通りです。

378: 名無しさん 03/03/09 10:17
>>375 
山の魑魅魍魎なんてのもいてもいいよね。

379: 名無しさん 03/03/09 10:45
>>375 
>遭難でもしない限り 

平和だな。 私の曾祖父の友人は、山で伐採作業をしていて切った木が直撃して死んだし、私の友人の父は、砂防工事中に足場から落ちて半年以上植物状態になり死んだ。 

神や仏が人を殺すことはありえないのに、自分の不注意や無謀による事故や災害を他人のせいにする人は、山に登らない方がよいのでは。

380: 名無しさん 03/03/09 11:27
>>379
それ山と関係ないだろう。作業上の事故は現場の安全管理がきちんとなされていなかったせいで、都会の工事現場でも管理されてなきゃ事故は起きるぞ。

381: 名無しさん 03/03/09 11:50
>>380
>>379が言ってるのは、遭難が無くても山で人は死んでるってことなんじゃないの? 

俺の周囲でも、山で伐採作業してた人が何人か死んでる。ここ5年以内のことだ。山はある種の人々にとっては生活の場なので、事故や何かで死ぬ人はやっぱりいる。 

木を切ろうとして死ぬ。木を運び出そうとして死ぬ。炭を焼こうとして死ぬ。狩りをしようとして死ぬ。山菜を採ろうとして死ぬ。測量してて死ぬ。土木工事で死ぬ。林道から転落して死ぬ。自殺して死ぬ。 

だから、怪異の要因には事欠かない。

383: 380 03/03/09 21:23
>>381
その人達は山男しかいかないような深山幽谷で作業していたわけじゃないだろ。それにそんな事故で死んだとしても、死んだ人の数は都会で死んだ人間の数よりはかなり少ないと思うね。

それなのになぜ山で怪奇現象が頻繁に起こるのかというのを問題にしているのだ。

384: 名無しさん 03/03/09 22:42
>>383
頻繁に怪奇現象が起こっているという前提に立つのはどうかと思うが、そうした現象に遭遇したと思い込みやすい状況に人間が置かれやすいのは確かだろう。 

うまく説明できんが、山は危険だという意識は、仕事かレジャーかを問わず、山に出入りする人間なら、心のどこかにあると思う。その辺に鍵がありそうな気がするな。 

勘違いしないで欲しいんだが、この板での肯定派、否定派という色分けに従えば、俺自身は肯定派に属する。一応、付け加えておく。

386: 381 03/03/09 23:43
概ね>>384の解釈に準ずる。 

付け加えるならば、山においては「非業の死を遂げた」死者の割合が、都市部に比較して高いと推測できる。つまり、山中で天寿を全うした人や、深山で安らかな死を迎えた人を想像しがたい、ということだ。 

そのことを、山に関わる人々は心のどこかで認識しているはずだ。このことが、怪異を生む心理的要因になっているのではないだろうか?そこに、山中の孤独感や山小屋などでの閉そく感などの環境的要因が加味されるならば、山で怪奇現象が頻繁に観測されても、さほど違和感はないように思う。 

ちなみに、私は心霊否定派に属すると思うが、怪奇現象に興味はあるし、個人的体験を全否定するつもりも無い。 

388: 名無しさん 03/03/10 09:00
都市部では病院、自殺や殺人のあった場所なんかが心霊スポットとされている場合が多いね。非業の死を遂げたという点で、山中での死と共通しているように思える。
 
やっぱ、死に方の問題なんではないかなぁ。

389: 名無しさん 03/03/10 09:47
死んだら無。無になるのにどのような死に方をしても変わりはない。
 
変わるのは生きている関係者の方だろうな。

391: 名無しさん 03/03/10 13:08
>>389 
死に方が問題。 

誰にも発見されずさみしく苦しんで死ぬのはイヤアアア…。

392: 名無しさん 03/03/10 13:13
>>391 
そうなったらなったでしょうがないよ。 

今から化けて出ない準備しとこう!

387: 名無しさん 03/03/10 04:12
熊怖いよゥ( ;´Д`) 
ttp://homepage1.nifty.com/~n_izumi/higuma/jiken.html#hidaka

ヒグマと事件

・札幌丘珠事件 1878(明治11)年
この事件は日本の熊害史上3番目の悲惨な事件である。「丘珠村の追想」という詩まで作られ、明治の開拓者によって語り継がれたという。

ことのきっかけは、明治11年1月11日、猟師が札幌丸山の林内でオスの穴グマを撃ち損ね、襲われて死亡したことに始まる。その後、穴を追われたこのクマは、飢えて札幌の町を走り回ったため、札幌警察署は駆除にあたった。

17日、駆除隊は編成され、その指揮は警察吏の森長保が執った。この日クマを平岸で発見、後を追ったが、月寒、白石と逃げられ、雁来までは確認したが、猛吹雪のため見失った。

その日の深夜から翌日未明にかけて、そのクマは丘珠の炭焼小屋に侵入した。この小屋には堺氏倉吉一家と雇女が寝ていたが、クマは主人と幼児を喰い殺し、残った妻と雇女も重傷を負った。

日が明けて18日昼に、駆除隊は付近の山中でクマを発見し射殺した。そのクマは解剖され、胃の中からは2人の遺体の一部が発見された。この解剖を担当したのは新渡戸稲造博士であるといわれている。この遺体の一部とクマの剥製は現在も北海道大学付属植物園に保存されている。

・苫前三毛別事件 1915(大正04)年
この事件は日本の獣害史上最大の事件である。わずか3日のうちに一頭のクマが開拓農家12軒を襲い、6人を殺害、3人に重傷を負わせたというのは熊害としては世界にも類をみない。

この悲惨な事件が起こった場所は、日本海に面する北海道北部の海岸から30kmほど内陸に入った苫前郡苫前村の三毛別の六線沢という開拓部落で、現在は苫前町三渓という地名になっている。

事件が起こったのは大正4年12月。まず9日午前10時頃、太田三郎宅に一頭のクマが侵入し、在宅していた妻とその子供の2人を殺害した。妻の遺体はクマによって山の中まで引きずられ、翌10日、部落の男たちによって変わり果てた姿で発見された。1

0日夜、太田宅で2人の通夜が行われた。ところが午後8時半頃、その席に再びクマが侵入し、遺体を奪い返しに来たのである。多くの人々が家の中にいたため大惨事になると思われたが、その時1人が銃を発砲し、クマは恐れて家を退散して山の中へ逃げていった。

その頃、太田家のさらに下流にあった明景安太郎宅には、夫を除く明景一家と部落の上流に住む斎藤家の妻と子供が避難していた。明景宅は開拓部落内では比較的家も広く、地理的にも安全とされていた。

ところが異様な騒ぎが上流の方から聞こえてきた。太田家にクマが侵入し、人々が騒ぐ音である。両家の間は500mも離れていなかった。明景宅にいる人々は恐れおののいた。

クマの侵入があった太田家にいた人々はいったん川下の家に避難することにし、歩き始めた。その時川下の明景家から激しい物音と絶叫が聞こえてきた。明景家にクマが侵入したのである。明景家には女や子供たちが避難しており、極めて危険な状態にあった。

しかしこのクマによって4人が殺され、3人が重傷を負った。午後8時50分頃のことである。その時すでに明景家の回りを開拓部落の男たちが取り囲んでいたが、出てきたクマに対して行った発砲は不発に終わり、仕留めることができなかった。

相次ぐクマの襲撃に恐れた開拓部落の人々は一刻も早く開拓地から逃れようとした。まずは3kmほど下流の辻橋蔵家と、さらに3km下流の三毛別分教場とに分離避難させることとなった。あたかも平家の都落ちのように開拓部落の人々は次々と雪道を下流に向かって歩いていった。

一方クマ狩りの本部が下流の一軒の家に置かれ、討伐隊員が集まった。ところが11日も12日もクマの姿さえ発見できず、焦りにかられていた。13日夕刻にはクマは誰もいない開拓部落の9軒もの家に侵入し、破壊の限りを尽くした。同日午後8時頃、クマはさらに下流に現れ、発砲したが逃げられてしまった。

14日午前、足跡と血痕を発見し追跡したところ、クマを発見した。山本兵吉はクマに向かって発砲し見事に的中、クマを仕留めた。3日間に渡った討伐隊員の出勤は官民あわせて延べ600人、アイヌ犬10数頭にも及んだ。

その後次々と開拓民たちはその地を離れた。戦後住む者がいたが、現在は事件現場付近に住む者はいない。部落の上流にあたる場所に事件復元地があり、開拓者の苦難の日々をしのばせる復元された明景家や、事件の説明板などがある。

この事件に関しては、作家の吉村昭氏がこれを題材とした小説「羆嵐(くまあらし)」を書いており、これはテレビドラマにもなったため知る人は多いと思う。現在新潮文庫から発売されている。

また最近では、木村盛武氏がこの事件の真相を詳しく書いた「慟哭の谷」が共同文化社から出版されており、より事件を詳細に知ることができるようになった。
・石狩沼田幌新事件 1923(大正12)年
この事件は日本の熊害史上2番目にあたる悲惨な事件であり、大正12年8月21日から22日にかけて起こったものである。

8月21日は沼田の恵比島部落で太子講祭りがあり、近くの村々から多くの見物者が集まっていた。祭りが終わり、帰途についた幌新部落の若者8人が、恵比島から4kmほど離れた幌新小学校付近の山道に差し掛かったところ、道路脇のササヤブから突然クマが現れ、最後に1人で歩いていた少年に踊りかかった。

しかし着物と帯にツメを引っかけたために、少年はこれをさき捨てて難を逃れた。この少年を見失ったクマは、先を歩いていた別の兄弟2人に追いつき、弟を一撃で撲殺、兄も重傷を負わされ、土中に埋めた。

残る数人はそこから300mほど離れた持地乙松宅に逃げ込み、炉の火を強くしたり、屋根裏や押し入れの布団などに潜り込んだ。クマはこの家の回りをうろついていたが、やがて玄関の引き戸を壊して家の中に侵入した。

死傷した兄弟の両親はスコップで立ち向かったが、父は一撃のもとに叩きのめされ重傷を負った。クマはなおも家の中で暴れ回ったが、人影がないためか、いったん引き返そうとした。

ところが、息子2人が襲われて気が動転した母親がふらふらと玄関から出ていったため、クマはその母親をくわえて消え去った。やがて助けを求める叫び声と念仏の声が聞こえてきたという。その後、家の付近を探すと、生き埋めにされ瀕死の重傷を負った兄を発見し、収容した。

この惨事はすぐに部落に伝わったが、これだけではなかった。同じ恵比島に住む猟師の永江政蔵は単身で山に入り、クマをしとめようとしたが、そのまま行方不明になった。

24日にこの猟師はわずかな左足と、へし折られた村田銃という変わり果てた姿で発見された。また、同じ日討伐隊の最後尾にいた別の猟師が、中腹に潜んでいたこのクマに襲われ死亡、他の1人も重傷を負った。

この事件では結局4人の死者と4人の重傷者を出した。このクマは24日に射殺され、胃袋からは人の骨や指などが大量に出てきたという。

ちなみに沼田町恵比島は、現在数えるくらいしか家がない極端な過疎地だが、NHKの連続ドラマ「すずらん」の舞台となり、1999年夏は多くの観光客が訪れた。

・大雪山のヒグマ事件 1945(昭和24)年
この事件は明治以来、大雪山の登山史の中で唯一のヒグマによる死亡事件である。起こったのは1949年7月30日。愛山渓温泉に昼頃、秩父別の若者9人が到着し、無謀にも午後1時頃から沼の平・裾合平を経て、旭岳頂上までの往復登山に出かけた。全員無防備な上、日帰りの予定だったという。

9人いた若者のうち4人は姿見の池付近で疲労のため、引き返すことにした。残りの5人は旭岳頂上を目指した。ヒグマが姿を現したのは、4人の引き返した組の方である。午後7時頃、当麻乗越の約1キロ下の第2展望台に着き、そこから沼の平に続く登山路に差し掛かったところ、突然1頭のヒグマが姿を現した。

4人はクマを追い払おうと大声を出したが、クマはうなり声を発しさらに接近してきた。4人が一斉に脇のササやぶに逃げ込もうとしたとき、クマは4人のうちの1人に襲いかかった。しばらく襲われた若者の苦悶する声が聞こえてきたが、残りの3人はどうしようもなく、近くの岩の間に隠れていた。

午後9時頃、旭岳頂上から帰ってきた5人がやってきたので、その経緯を話し、その日はこの岩場で8人は夜明けを待った。

同日、愛山渓温泉では夜になっても若者たちが帰ってこないので、2人が三十三曲がりの坂の上まで様子を見に行ったが、暗く、手がかりがつかめないまま引き返した。

翌31日早朝、国策パルプの山岳部員16名が愛山渓から沼の平、旭岳、中岳経由で層雲峡に向かった。このグループは途中で遭難した8人に出会い、事件を知り、共に愛山渓に引き返した。

その翌日の8月1日、20余名の捜索隊が現場付近を捜索したところ、喰い尽くされた無惨な遺体を発見した。加害グマも発見したが、撃ち損ねた。そのクマは翌年捕獲されている。

・福岡大パーティー遭難事件 1970(昭和45)年
この事件は日高山脈縦走中の福岡大ワンダーフォーゲル部のパーティーが1頭のヒグマに襲われ、3人の死者を出した事件で、北海道山岳史上最も悲惨な事件の一つである。また日高山脈における唯一のヒグマによる死傷事件である。事件が起こったのは昭和45年7月のことである。

7月14日、WV部の5人の学生は芽室岳からペテガリ岳までの縦走をすべく入山し、芽室岳から主稜を南下し、23日、幌尻岳の七つ沼カールに至って、カムイエクウチカウシ山で縦走を中止することにした。エサオマントッタベツ岳、春別岳を経て、午後3時半に九ノ沢カールに到着し、テントを設営した。

午後4時半、夕食をすませ全員テントの中にいたところ、テントから6~7メートルの距離の所にヒグマがいるのを一人が発見し、様子をうかがった。クマは周囲をうろつき、外に置いてあったリュックをあさった。

その後様子をうかがいながら、残りのリュックをテント内に入れ、火をたき、ラジオの音量を上げ、食器を鳴らした。午後5時頃、クマは姿を見せなくなった。この日の夜9時頃、再びクマの鼻息がし、テントをひっかき、こぶし大の穴を開けた。この日は2人ずつ交代で2時間交代で睡眠をとる。

翌26日午前3時に起床し、4時半にテントを撤収しようとしたところ、テントの上方に昨日のヒグマが現れ、徐々に近づいてきた。全員テントの中で様子をうかがったが、クマはさらに近づいてテントに手をかけ侵入しようとした。

そこで全員がクマとテントの幕を5分ほど引っ張り合った。しかしこれ以上無理と判断し、一人が反対側の幕を開け、一斉に50メートルほど逃げた。振り返るとクマはテントをあさっていた。そこで5人のうち2人は札内ヒュッテか営林署に連絡をとるため、九の沢を下り下山した。

途中、ほかのパーティーに出会い話をすると、そのパーティーもヒグマに襲われたため下山するということだった。そのため、再び八の沢を登り、正午過ぎ、カムイエクウチカウシ山の稜線に出た。

まもなく残った3人と合流し、休憩をとった後、カムイエクウチカウシ山と1900メートル峰との中間ピークにて午後3時、テント設営を決定した。その1時間半後、夕食をすませると、またも前日のヒグマが現れたため、全員60メートルほど下の方へ逃げた。

その後ヒグマはテントをあさり続けた。パーティーのうち2人が八の沢カールにテントを張っていた鳥取大のパーティーの所に向かい、事情を話し今晩の宿泊をお願いすることにし、その後残りの3人も諦めて、鳥取大のテントに向かった。

途中で全員合流し歩を進めていたところ、午後6時半頃、最後尾の一人から10メートルほど後方に先ほどのクマを発見、全員一目散に逃げた。皆、脇のハイマツに身を隠したが、25メートルほど下方で悲鳴が聞こえ、畜生と叫びながらクマに追われるように一人が山を下っていった。

その後3人は集合したが、襲われたと思われる1人と、他の1人は来なかった。3人は鳥取大のテントに行き、午後8時頃、助けを求めた。鳥取大はそのまま下山し、3人は安全と思われる岩場に登って、その日の夜を過ごした。

次の27日、午前7時半に起床し、8時から行動を開始した。濃霧のため見通しが利かず、間もなくして下方2~3メートルの所にクマが現れ、うなり声をあげた。一人が逃げるとクマはそれを追った。残った2人は八の沢を下り、午後1時、やっと砂防ダム工事現場に到着、事情を説明し車を待つ。その後、ヘリコプターが救援に向かった。

ところで26日に仲間とはぐれた1人であるが、崖の下にテントと焚き火をしているのを発見、そこに向かったが、途中ヒグマに遭遇、一目散に逃げ、やっとのことでテントに到着したが、テントには誰もいなかった。その日はそこで一晩を過ごした。

次の日、テントを出ようとしたが、クマがいるのを発見したため、テントから出られなかった。彼はその後そのヒグマに襲撃された(襲撃の前までは本人の日記による)。

28日、捜索隊によって3人の遺体が発見され、次の日には加害グマが射殺された。このような惨事になった最大の原因は物目当てのクマに対して2度にわたって、荷物の争奪をしたことであろう。そのため、クマはその障害となる人間を徹底的に排除しようとしたものである。

・風不死岳の遭難事件 1976(昭和51)
この事件は昭和51年、千歳市の風不死岳西尾根の独標571メートルの真西で国道276号から山側に120メートル入ったところで起こった。

6月9日午前10時半、11人の者がタケノコを採るために国道の横に車を止め、正午に戻る約束で各自山に入った。ところが集合時間になっても、3人が姿を現さないため、集合していた中の2人が捜索に入った。

すると国道から80メートル入ったササやぶの中にクマに襲われて倒れていた1人を発見、車まで運んで病院に仲間が運んだ。そして通りがかった車に警察に届けるように依頼し、残る2人を探したところ、さらにその奥で瀕死の1人を発見した。しかしそばにクマがおり、近づいてきて危険なため、放置して全員車まで引き下がった。

午後3時頃、警官と猟師とともに再び捜索を開始したところ、倒れていた1人のそばに依然クマがいたので、2発を発砲し、クマを仕留めた。倒れていた1人は既に絶命、行方不明だったもう1人も午後5時過ぎ、付近で遺体で発見された。

なお、この事件の起こる前の6月4日午後、風不死岳の標高1000メートル付近で仲間5人とチシマザサを採っていた1人がクマに襲われて負傷している。また、同様に6月5日午前にも同岳の山林でチシマザサの子を採っていた1人がクマに襲撃され、怪我を負った。手口や大きさなどから、いずれの事件も同一グマの仕業であると断定された。

465: 名無しさん 03/03/18 22:28
>>387 
淡々とした文体と当時の様子を想像するとコワー…。