【その8】
山

661: 名無しさん 03/04/05 04:00
子供のころ、家族で山に行ったことがある。 

山についたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。何時間歩き迷っただろうか。太陽はすでに頭の上にあり、お昼を食べ逃した僕は半ベソをかきながら座り込んだ。 

ふと気付いたら、泣いている僕の傍らに人が近づいてきた。両親かと期待したのだが、まったくの別人だった。奇妙な姿をしていた。毛皮らしい服と麦藁で編んだ帽子。そして恐ろしく背が高い。僕の父より頭二つは確実に大きかったと思う。 

話し掛けてきた。ひどく訛っていて、よく分からない。かろうじて「迷子か?」という語だけ聞き取れた。うなずくと、しばらく迷った後、僕を連れ歩き出した。 

なぜかすぐに見覚えのある場所に出た。親の声も聞こえる。いつのまにかまた一人になっていた。

親はすぐに僕を見つけてくれた。 

(続く)

663: 661 03/04/05 04:09
(続き) 

なぜかこの体験を僕は忘れてしまっていた。つい最近久しぶりにこの山へ行き、そこで思い出したのだ。家に帰って親に尋ねてみた。両親は僕と違って憶えていた。 

「いきなり目の前の茂みからお前が出てきたんだ」 
「何処行ってたと聞くと、お前は変なこと言ってたぞ」 

親はそこで奇妙なな顔になって続けた。 

「背の高い、一つ目のおじちゃんに連れて帰ってもらった」 
「お前、そう言ってたんだ」 

全然憶えていない。僕は自分を助けてくれた人の顔を思い出せないのだ。本当に一つ目だったのか…。 

あれから何度かあの山をうろついたが、誰に出会うことも無かった。せめてお礼をと思い、僕が見つかった場所にお酒を置いてきただけだ。 

取り留めもないですが、僕の奇妙な経験です。 

664: 名無しさん 03/04/05 08:19
すげえ。

665: 名無しさん 03/04/05 09:03
天狗(?)に連れられて神隠しにあって消えてしまう場合もあれば、何者かが連れ戻してくれる場合もあるんですね。 

背が高くて、一つ目、毛皮の服…その付近に住むお年寄りに聞くと何か情報があったりしたんだろうか。 

>せめてお礼をと思い、僕が見つかった場所にお酒を置いてきた。 
これ何か良いですね。

667: 名無しさん 03/04/05 10:59
>>663 
新耳袋って怪談集があるんですが、そのシリーズのどれかに「客人(まれびと)」とかいう話があったよ。やはり一つ目の山の住人が出てきたと思います。 

668: 名無しさん 03/04/05 14:44
>>663 
サンカとかマタギのおじさんだったりして。 

一つ目は怪我で片目が潰れていたのかも知れない。

673: 661 03/04/05 22:01
>>668 
そうなんですよね。
 
自分がまったく憶えていないから、いわゆる本当に一つ目だったのか、何かで怪我をした人なのか、判断がつかないのです。当事者なのにね。なんですっぱり忘れていたのかな。 

ひょっとしたら、不思議でも何でもない話なのかもしれません。 

675: 名無しさん 03/04/05 23:13
>>673 
でも山人とかを連想させる不思議な話だと思うよ。

677: 名無しさん 03/04/05 23:51
>>675 
そういや、山童(やまわろ)って妖怪を水木しげるの本で見たなあ。
 
やっぱり一つ目なんですけど、関係あるのでしょうかね? ものの本によると、昔は片方の目とか足とか傷付けて神様にしていたとか。山人とか山童とかも、人為的に作られた怪異だのかもしれないですね。 

怪異が先にあって、それを人間がマネをしたって考えもあるか。
 
でも山歩きすると思い知るけど、深い山の中って何がいても不思議じゃ無いような気がしますよ。 

696: 名無しさん 03/04/09 01:14
>>677 
片目、片足の妖怪は鉄を造るタタラ職人を表したものらしい。
 
鉄を造る時に片目で炉を覗き、片足でフイゴを踏み続けるので片目が潰れ、片足が萎えてしまうらしい。

517: 名無しさん 03/03/24 14:08
俺の体験談だが、国内でも比較的標高が高い山に登った時の話だ。 

とてもこわかった(※注 国内の一部の地域では「疲れた」ということを方言で「こわい」と言います)。 

518: 名無しさん 03/03/24 14:20
だれか>>517の座布団全部取り上げろ!

522: 名無しさん 03/03/24 21:16
のび太のママが話してた「三日間放置してたご飯がこわくてこわくて(硬くて硬くて)…」 というパターンもあるな。

525: 名無しさん 03/03/25 23:36
沢登りをしていて、滝のてっぺんに顔を出した瞬間、目の前の斜面を駆け上がる真っ黒い背中が見えた。ツキノワグマだということはすぐに分かった。

逃げている以上危険ではないし怖くもなかったが、熊を数メートルの距離で見たのは後にも先にもあれっきりだ。 

531: 名無しさん 03/03/26 20:51
>>525 
着ぐるみなのにね…。

529: 名無しさん 03/03/26 14:15
山に行っていちばん恐かった事は、「ここなら誰もキャンプしてないだろう」 と思って野宿した場所で人と出会った時です。
 
幽霊っぽいのも何度か経験あるけど、山の奥深くで人と逢うのが一番恐いです。

535: 名無しさん 03/03/27 00:39
昔、一人でよく山中を縦走していました。特に中国山地。 

とある山なんですが、夜一人用テントで寝ていると、ズーンとかドーンとか山奥の方から音がするんです。 「こんな夜中に木を切るわけはないよなあ」 とえらく不安になりましたが、結局寝てしまいました。 

後で麓の爺さまに聞いたら、それは天狗様だろうと言われましたよ。天狗倒しってやつの音だったんですかね。 

あまり怖くはなかったけど、たいそう不思議な体験でした。 

536: 名無しさん 03/03/27 01:00
>>535 
俺もそういう話聞いたこと在るけど、真実は一体なんなんだろうね。 

537: 名無しさん 03/03/27 01:28
私、林業関係の仕事やってるんですけど、山で枯れた木が自然に倒れることもありますよ。
 
急傾斜に立ってる松がマツクイムシにやられた時なんかにドーンって。台風が通った時にも、だいぶ後になってから倒れきらなかった木が力尽きてズーンと。 

天狗が最後の一押しをしたのかもしれませんけどね。

539: 名無しさん 03/03/27 01:40
丹沢にも「天狗倒し」とか「ふるそま」といって、山小屋が地震のように揺れたりする現象があるらしい。 

ちなみに丹沢は造山運動が進行中(フィリピンプレートに乗った伊豆半島が本州に激突して、グリグリ押して隆起しているのが丹沢山塊)なので、微振動や低周波運動などはいつ起きても全くおかしくない。 

541: 名無しさん 03/03/27 02:31
僕の天狗様を殺さないで下さい(涙

542: 名無しさん 03/03/27 02:42
人間はね、いつかは真実と向き合わなくちゃいけないんだよ。 

でも怖がらなくても良いんだ。天狗様はいつまでも君の心にいるんだからね。 

538: 名無しさん 03/03/27 01:38
何でもかんでも科学で解明するよりも、中には「天狗様の仕業」という理由のものもあってもいいと思う。

543: 名無しさん 03/03/27 08:43
天狗は鼻の形がやらしい…。

544: 名無しさん 03/03/27 12:45
天狗の鼻は、白人の高い鼻が訛化したものだという話だけどね。しかし男根の象徴という見方も実際にある。 

そういえば三島の山奥には、戦後間もない頃まで「天狗の集落」があったそうだよ。独自の言葉を話し、体格は明らかに白人で、いろいろな技術を持っていたそうな。 

普段は集落から出てくることはほとんどなく、半ば公然と自治を認められていた代わりに、戦の時には日露戦争あたりまでは、村から何人か奉職して従軍したらしい。 

560: 名無しさん 03/03/27 22:06
>>544 
三島って静岡県の? 

561: 名無しさん 03/03/28 02:19
>>544 
それサンカじゃ無いの? 

どっかのスレで三島にいたって読んだ事ある。

597: 名無しさん 03/03/30 01:52
山というか深夜の山道なんだけど、当時、俺は赤いハッチバックに乗ってた。 

対向はほとんどなし、後続は遠くにトレーラーらしきライト。休憩がてら自販機コーナーだけが煌々としてるドライブインに寄ったところ、後続のトレーラーもゴワーッと入ってきた。
 
が、止まるわけでもなく、タッチ&ゴーの要領で本線に戻って行くトレーラー。女だったら襲うつもりだったのだろうか……煽られるより怖かった。怖かったのと頭にきたので俺は猛然とそのトレーラーを追いかけた。 

赤いハッチバックといえど、マツダのWRCウェポンBG8ZファミリアGT-Rだ。またたく間に追いつく。ストレートで仕掛けようとした刹那、俺はスロットルを緩めてしまった。見てしまったのだ。闇夜に浮かぶ死霊を……。 

そのトレーラーのリアには鬼気迫る男の顔が、演説を振るう三島由起夫が描かれていたのである。 

598: 名無しさん 03/03/30 03:03
>>597 
追っかけるなよ、そんなヤツ(w 

ちなみにホモでも男の好みはうるさいらしいぞ。良かったなケツ掘られなくてw

608: 名無しさん 03/03/31 15:56
尾根筋の道を一人で歩いてたら、後ろでカランって軽い音がした。 

振り返ると、さっきまでは無かったはずのジュースの缶が一個コロコロ転がってる。尾根だから上に道は無いし、見渡す限り人影はおろか動いているものすらない。空から降ってきたのかなぁ…なんて思って空を仰いだけれど、ヘリも飛行機も見えない。
 
不思議に思って見ていると、缶はゆっくりとこっちへ転がってくる。こっちは上り勾配なのに…。慌てて早足で先に進んだけど、しばらく缶は転がってた。風はほとんど吹いてなかったのに。 

その時のカラカラカラ…っていう音が、今も妙に耳に残ってる。 

617: 名無しさん 03/04/01 16:52
アリの行列が一本の木を登っていて、それを間近で見ていたら、アリの列に続いてムカデが一匹眼前を通り過ぎていった。

637: 名無しさん 03/04/01 19:08
>>617 
想像したらチ○コが縮んだ。ムカデはヤバイ。

641: 名無しさん 03/04/02 00:19
ちょっと前、テレビで電池が切れた携帯電話で助かった遭難者の話をやってた。 

遭難者が子供の頃に「電池を冷蔵庫で冷やすと復活する」というのを父親に教えてもらい、それを思い出して携帯電話の電池を雪に埋めたら電池が復活して助かった、という話なんだけど、「電池を冷やすと復活する」というのは都市伝説かと思ってた。 

642: 名無しさん 03/04/02 01:27
>>641 
前にニュー速であった「度数切れ」の話の方がすごいぞ。 

電池を雪で冷やしつつ…。

643: 名無しさん 03/04/02 03:03
度数切れ、どんな話でやんしょ?

649: 名無しさん 03/04/02 13:34
>>643 
ほらよ。

山中でこのまま凍死か…そのとき、携帯電話が鳴った
ttp://news.2ch.net/newsplus/kako/1025/10255/1025592280.html

南米アンデス山脈山中で遭難した登山家が、助けを呼ぼうと携帯電話を取り出した。しかし、プリペイド式の電話には度数が残っておらず、どこにも電話がかけられない。このまま凍死か…と思ったところで呼び出し音が鳴り、登山家は一命を取り留めた。電話を鳴らしたのは、携帯電話会社のオペレーターで、プリペイドの度数追加を促すためだった…。

 アンデス山脈で遭難したのは、コロンビアのシステムエンジニア、レオナルド・ディアス(26)さん。標高3800メートルの山中で吹雪に見舞われた。暖を採るため、持ってきたブランデーを少しずつ飲みながら、凍死しないようがんばったが、吹雪はひどくなるばかり。もう終わりかと思ったところで突然、携帯電話が鳴った。

 電話にでると、相手は「こちらはベルサウス社のオペレーター、マリア・デ・ロス・アンヘレスです。プリペイドの度数が無くなっていることをご連絡するためお電話しています」と答えた。名前の通り、天使の声(スペイン語でアンヘレスは天使の意)に聞こえたディアスさんは「あなたは天使だ。私は雪山で遭難している」と答えた。ベルサウスは米国の会社だが、南米でも営業展開している。

この答えに、冗談を言ってると考えたマリアさんは一度電話を切ってしまった。しかし、気になったマリアさんは再度電話をかけ、遭難が本当であるとわかり、すぐに救助の手配を行った。

  レスキュー隊がディアスさんを助け出すまでには時間がかかるので、マリアさんを始めベルサウス社のオペレーターが20分おきにディアスさんの携帯電話を鳴らし続けた。眠って凍死しないようにするためだ。寒さと空腹に耐えたディアスさんは、連絡してから7時間後に無事救助された。

ディアスさんは、助けが来るのを待ちながら、持っていた携帯電話の電池2個を、交互に雪の中に入れて冷やしたという。「子供のころ、電池を冷蔵庫に入れて冷やしていたのを思い出したんだ。へたった電池を冷やすと回復すると記憶していたからね。雪の中に入れて冷やしたら、30分後に電池は使えるようになった」と話している。

652: 名無しさん 03/04/02 21:57
大して怖くも無いが、少しばかり驚いたという事で。 

季節的に、ほとんど常時氷点下という場所を歩いていた。俺は記録係で、地図上のチェックポイント通過ごとに時刻を記入する大役を担っていた。 手袋の上にカバーまでつけているので腕時計が見づらく、俺はザックのウエストベルトにデジタル式の腕時計をくくりつけて時刻確認をしていた。 

何回目かの確認時、ふと見ると時刻が0:00を示していた。その次には時計から全ての表示が消えていた。低温で一時的におかしくなったらしい。テントで腕に巻き、しばらくすると完全に復活していた。 

それ以来、機械式の時計が好きになった。

651: 名無しさん 03/04/02 21:20
同じ夢を見た。何回も。 

どこの山か不明だが登山中、樹林に囲まれたとてもきれいな小屋を見る。休憩しようと、その小屋に行き、入り口のドアを開ける…そこでいつも夢は終わり。 

しばらく経って、某山に初めて登った。 

登山道を歩いていると、なんだか初めての感じがしない。だんだん夢の記憶が。ドキドキしながら登って行くと、樹林の中に夢と同じ小屋が見えた。あ!と思い、近づく。ドアを開けた。ここまでいつも見た夢と同じ。汗が出てくる。 

すると感じの良い青年が出てきた。
 
「すみませんこの小屋、閉めるので片付けしてるんですよ」と言う。まだシーズン中なのに。なぜと聞くと、ここのオヤジが精神的にまいってしまい、入院 してしまったとのこと。話しは続く。 

「いやあ、なんでも幽霊が出ると言ってねェ。足音がして小屋のドアが開くと、誰もいない。そんなのが続いたらしくて……」

653: 名無しさん 03/04/02 23:18
>>651 
> すると感じの良い青年が出てきた。 

「ウホッ!いい男」という展開を期待してしまった。

656: 名無しさん 03/04/03 22:04
山男って海男に比べてややゲイのかほり(失礼)がするんだけど、そういう怖い体験はありませんか?

657: 名無しさん 03/04/03 23:59
そういう怖い体験はありませんが、山を歩いていると謎の墓場に出ました。祖母の家の近所の山なんだけど、聞いても「そんな墓場はない」という返事。 

思い返しても、なんとなく妙な雰囲気の場所だったんだよな。どこが妙とは言えないんだが。

658: 名無しさん 03/04/04 00:01
>>657 
そういう場所って二度と行けないでしょうね…。

659: 657 03/04/04 00:05
探しましたが、やっぱり二度と行けませんでした。 

子供の時の「二度と行けない公園」とかは、ガキの勘違いだと思ってたんですが、今回はつい最近のことなんで不思議ですね。

660: 名無しさん 03/04/05 01:56
ありがちだが、触れてはいけない墓場だったとか…いやいや、やっぱり幻だったんだろうな。
 
まだまだ山の奥地は「異界」で、変なところに迷い込むなんてこともありそうです。

523: 名無しさん 03/03/24 21:52
友人の丹沢での話。

今はダムのある近くの山に入った。山道の途中で休んでたらしい。道から外れたところはクマザサが茂っていて、奥の方の木のところにアケビがぶらさがってた。ぼんやりとそれを見てたら、下の茂みから手が出てきてそれを掴んだ。もぎ取っては引っ込み、また手が出てきて3つ取った。 

その手が異様に長かったらしい。手首から肘まで1mくらい。肘から下はクマザサに隠れて見えなかったが、見えてる部分だけでも1m以上。手は普通だったから殊更異様に見えた。色は白く見えたが、周りが暗かったのと茂みの色から余計そう見えたのかも。
 
驚きのあまり動けず立ちすくんでいたが、それきり出てこず。茂みを移動する様子もなく、辺りは静まり返っていた。嫌な感じがしたので、ゆっくりと山道を戻って帰ったらしい。 

猿にしてはでかすぎたので、結局何かわからなかったようだ。見間違いだったのかもしれないとも言ってたが。

526: 名無しさん 03/03/25 23:37
>>523 
ほらほら遠野物語みたいじゃないですか。

口語訳 遠野物語 (河出文庫)
柳田 国男
河出書房新社
2014-07-08


666: 名無しさん 03/04/05 10:57
とある人の体験談。 

北海道のとある峠を、夜弟さんと車で走っていた時のこと。夜で、山の中なので当然街灯もない道を走っていると、20人位の制服を着た高校生らしき集団が歩いていた。 

近くには民家も無いような山奥。星明かりが照らす真っ暗な山の中、無言で1列に並んで歩く高校生…その人はいわゆる「見える人」なんだそうだが、見えない弟さんもはっきり見たという。 

下手な幽霊よりもよっぽど怖かったらしい。