【その4】
川・沼・池にまつわる怖い話

269: 名無しさん 03/02/20 05:39
小学校の低学年のころ、父に連れられ、妹たちと一緒に奈良の山奥にある大きくてすごっくキレイな川(まさに秘境!!て感じのとこ) に泳ぎに連れて行ってもらったことがあった。

父から離れたらアカンと言われてるにもかかわらず、そっと川の端の方に行ったら ちょっとした窪みみたいなゾーンがあって、そこに近寄った瞬間にズポーンってすごく急な流れに体を吸い込まれるように足を取られて、その瞬間私はゴボゴボっと流され水中に…。

「死ぬうっ」と思った瞬間、すーっと静かになったような気がしたと思ったら、スッゴイ大きな何故か傷だらけのナマズがするりんっと現れて、私の目の前を横切った。

私はそのナマズの尻尾につかまってスルスルと水中をくぐり抜けたかと思うと、気がついたら足の着く浅い所にいて、川の砂利の上に寝転がるように肘をついて座っていたんです。大きな岩陰でした。 

あれ?と思うと父の呼ぶ声が向こうの方から聞こえて、私が岩陰から顔を出すと「お前そんなとこにおったんかー!!」といきなり頭を叩かれてすごい勢いで怒られました。私は、その父の余りにもすごい剣幕にびびってしまい、まさか、深みにはまって溺れかけてたなんて言えない…と思い黙っていました。 

その日の晩に妹だけにそっとそのことを話すと(私はその頃、まだその魚がナマズという魚だと言う事を知らなかったので)、その魚を調べに行こうと、近くの本屋さんの魚の図鑑を見に行くことになり、図鑑を見て、私を助けてくれた魚がナマズだったと言う事を知りました。

そして妹と二人でナマズの絵を書き、「ナマズさんありがとう」と夜空に向かってお祈りのような儀式をしました。 

今思えば、あのナマズは、当時の私の体の倍以上は余裕であった気がする。それを考えたらかなり怖いけど、あれは一体何だったんだろう?と今でも思います。不思議な体験でした。

でも、なぜ傷だらけだったのかなぁ。

274: 名無しさん  03/02/20 20:50
>>269 
良い話だ。
 
ナマズ萌え。

272: 名無しさん 03/02/20 13:00
>>269 
傷だらけってのがなんか泣かせるな。 

286: 名無しさん 03/02/25 10:16
>>269 
何百年も生きてるヌシに会ったんでしょうか。 

すっごい羨ましい体験ですね。溺れる子供に助ける変化(へんげ)。 

270: 名無しさん 03/02/20 05:52
自分も昔住んでいたところに小さな川があり、そこの一部分(淵、と呼べるほど大したものではない)が大きな岩の陰になっていて、水の色も他とは違う深い緑色をしていました。 

「あの岩の下にはとてつもなくでかい魚、ヌシがいるんではなかろうか」 なんて想像してたが、ちょっと大きくなって行ってみたら、深いといっても1m~1m半だろうということが分かって少しがっかり。 

>>269 
はヌシに会えて羨ましい。というより死ななくてよかったですね(笑。貴重な体験です。 

271: 名無しさん 03/02/20 07:15
>>269 
子供の頃は色々不思議な体験をしますよね。 

まだ小さい頃、三浦半島は逗子海岸で大波に巻き込まれ、海流れしそうになった時、腕を誰かに掴まれて水面に無事でることができたのですが、てっきり父親だと思ったら誰も周りにいなかったことがある。 

気のせいかもしれないが、子供心に「何か」とても温かな存在を感じたある夏の出来事でした…。

281: 名無しさん 03/02/23 13:30
昔、多摩川の上流の方で川で遊んでいた男の子が、突然行方不明に。警察の必死の捜査にもかかわらず、その行方はとして知れない。何日か経ち、警察の捜索も打ち切られそうな雰囲気になる。
 
そんな様子になってきた頃のある日の早朝、父親が「もうだめかな…」 と思いながら新聞を取りに家の外に出たところ、なんと死後硬直した我が子の死体が玄関先に立てかけてあった。
 
数年前の実話らしいです。 

284: 名無しさん 03/02/23 17:54
>>281 
河童タンの仕業だな。
 
妖怪が警察に連絡するわけにはいかんかったのだろう。

285: 名無しさん 03/02/24 23:49
>>281 
硬直してるって事は、死後そんなに経過してないはずだが…。

289: 名無しさん 03/02/27 16:28
子供の頃、川の真ん中にビニールの人形が落ちていた。
 
橋の上から石を投げて遊んでたけど、今考えるとあれはダッチワイフw

292: 名無しさん 03/03/01 17:07
ダッチワイフに似てるっていろんな人に言われる。喜ぶのはまずい?

293: 名無しさん 03/03/01 17:08
>>292 
「試してみる?ふふふふ」って言え。

296: 名無しさん 03/03/03 02:08
「もの思えば沢の蛍も我が身よりあくがれ出づる魂かとぞ見ゆ」和泉式部
 
そこは更新世の台地が張出し、雑木林が繁茂、湧水が水田に注ぐ土地で、ヘイケボタルが繁殖していました。母と、親戚同様の付合いをしていた知人と私3人で、東京湾に注ぐ川の中流域に当たるそこで何度か蛍狩りをしました。 

私が北関東へ転勤中、知人は交通事故、わき見運転の車に撥ねられ即死。 それから4年後に実家へ戻った私は、7年ぶりに母をその河原に誘った。明らかに環境が破壊されて、当時水田だった場所は荒地となり、ドブ臭い悪臭が一面に漂うそこにはなんの面影も残っておらず、当時盛んに飛び交っていた蛍は一匹も見当たりませんでした。 

「全然居ないね、こんなに変わっちゃったんだ」と寂しげな母の声。 
「前に○と来た時はあんなに飛んでたのにね」と私。 

仕方ないから帰るかと踵を返し「○○が見たら寂しがるかな?」等と口に出したその時、一匹の蛍がス~ッと目の前を左から右へ横切り、今度は改めて右から左へ…。

「あっ!蛍!」

二人同時に叫ぶと目で追った。その視線の先には数十匹の蛍、そして本来なら足音を聞いて鳴き止む筈のカエルが一斉に鳴き出した。 

「きっとあの蛍は○○が『俺は此処に居るんだよ』って教えてくれたんだ」 

そんな母の言葉を聞き、私は冒頭の歌を思い出していた。

297: 名無しさん 03/03/03 19:09
>>296 
その和泉式部の歌は意味深ですよね。俺も大好きです。
 
>「きっとあの蛍は○が『俺は此処に居るんだよ』って教えてくれたんだ」 
泣けた…。

313: サンズイ×さんずい 03/03/09 20:56
私は○沢さんです。もちろん○の中にはサンズイの漢字が一文字入ります。ちなみに旧姓は△沢で、レッカ(だっけ? 火が下につくの)でした。 

※れっか、れんが:鳥、然など、灬がつく漢字。

私の小さい頃の話ですが、お盆などにはよく家族で歩いて10mのお寺のお墓にお参りに行きました。

お参りが終わって帰ろうと
した時、父が急に「昔はこの墓地と道路の境界にはドブが、あって弟(私にとっては叔父に当たる)が溺れて死んだんだよな…。友達とみんなでお墓で遊んでいたら見当たらなくなって、気付いた時にはもう手遅れだったんだよ」と。 

祖父も「泥を吐かせたけどだめだったよ」と淡々と…。
 

その頃はもうドブは側溝になり、すっかりフタしてありました。 私もよくこの墓地でかくれんぼなどして遊んでいたのでガクブルでした~。

316: 名無しさん 03/03/14 00:03
>>313 
淵沢さん? 

>泥を吐かせたけどだめだったよ 
溺れた子供を取り囲んで、なすすべなく立ち尽くしている人たちの絵が浮かんでコワ~。合掌…。

318: 313 03/03/14 00:34
>>316 
淵沢…残念。ちなみに泥沢でもありません(笑。 

317: 名無しさん 03/03/14 00:08
忍野八海。

前に、ここにダイバーが入ったまま行方不明になったらしいという話を読んだ。そして最近、下の文章を発見。 

2001年7月17日富士登山時の取材 緊急報告! 
ttp://homepage1.nifty.com/aburae-nyuumon/huji4-1.htm

地元のタクシーの運転手さんの話によると、底なし池の探検の話でダイバーが潜り、中で迷って出てこれないままと言う話を富士山ランキングで載せていましたが、情況が変わったようです。
 
ダイバーが遭難して底抜け池の中に入ったままと言うのは事実でしたが、他のダイバーにより遺体は回収されたとの事です。池の底が入り組んでいることと、ダイバーの足ひれにより底の砂が舞い上がり非常に危険だったようです。
 
遭難者の回収のために忍野村に潜水の許可を何度か申請したが、危険だということで許可が降りず、そのままになっていましたが、3年程前に無許可で御殿場のダイバーが夜間何度か潜り、無事に遺体を発見し回収したとの事です。 

村には無許可だったために大きな話にはならず、地元の人や近隣の商店の人にのみ回収できたことを報告したとの事でした。本当に良かったと思います。名水も心からおいしいと大いに飲みましょう。
 
 
…ダイバーのご冥福をお祈りします。忍野八海怖ろしや

※1987年の忍野八海の事故だとしたら、事故から5日目までに遭難したダイバー2名の遺体が回収されています。

337: 名無しさん 03/03/25 23:58
>>317 
この池って底で他の池と繋がってたりするんですかね…。 

オーストラリアでしたか、地下湖の話を稲川さんが語ってらしてましたね。あれは怖かった。 

340: 名無しさん 03/03/27 13:11
オーストラリアの地下湖の話、知りたいです。 

341: 名無しさん 03/03/28 00:10
>>340 
ではでは。 

水中写真家のIさんの体験談。 

オーストラリアには地底湖というのがあり、彼は仕事でそれを撮りに行く事になったそうなんです。 
地底湖は、見た目は直径1mくらいの大きな水たまりなんですが、実はそれは入り口で中に入っていくと深くて広い巨大な湖になっていて、大変入り組んだ迷路の様になってる。 

ダイバー何人かで隊になって,お互いはぐれない様命綱をつけて潜るわけです。実際行方不明になるダイバーも少なくない様で、命綱は厳重に結ばれます。

もちろん暗闇の世界。照明は先頭の人が照らす。はぐれたら迷ってあぼーん。

342: 341 03/03/28 00:11
でまあ、撮影が終わったので帰ろうということになった。 

カメラマンであるIさんは前に出て撮影していたので、結果的には最後尾ということになったんですね。照明つけてますが、視界は暗く狭いです。それに余り足をバタバタさせると砂が舞い上がってしまうため、移動は非常にゆっくりとなります。 

やっと出口近くに着き、先頭の人から順に地上への縦穴を浮かび上がっていきます。最後尾にいたIさんは上昇の順番待ちをしている間、ふと背後に何かがついてきている様な気配を感じました。
 
最初は大きな機材を背負ってるのでそのせいかなと思ったけど、どうも違う。かといって、この地底湖にはそんな大きな魚もいないと聞いていたので、Iさんは「おかしいな?」と首を捻りました。

で、上昇する順番になったんで浮びだしました。

343: 341 03/03/28 00:11
そしたら後ろに誰かいます。

「あれ、途中で抜いちゃったかな?」そう思って前にいるダイバーを数えるとちゃんと頭数揃っています。すごく不安になったけれど、こういう時は冷静に行動しないと大変な事になりますからね、とにかく一旦上がってから確認しようと思ったそうです。 

一度上がってそれから潜り直したんですけど、そうしたらロープのところにいたんですね。髪の毛は残ってましたけど、白骨化したダイバーが。 

「でも不思議なんだよね」 

後にIさんが語ったことです。 

「あそこはね、まるで迷路なんだよ。そこに一度隠れたようなものが戻ってくるなんてことはまずあり得ないし、流れもあるから、ずっと私の後を着いてくるなんて信じられない。もちろんロープ(命綱)だって掴めないからね。まあ、帰りたいという彼の念がそうしたんだろうかと思うしかないよね」

344: 名無しさん 03/03/28 02:38
>>341
ありがとうございます。
 
地底湖の話、ィィィイヒヒ怖ひひいぃぃぃ…とくに最後尾ってシチュエーションが…最後、ほんのりと悲しさもあってよいですね。 

でも地底湖みたいな狭い、暗い所でそんなものを目のあたりにしたら、肝が座ってないとパニクってヤバイ状態になりそう…。 

368: 名無しさん 03/04/04 14:19
オーストラリアじゃなくて、たしかアマゾン辺りのホールとか呼ばれる池(それらが何個か地底湖でつながれていて、底が複雑な鍾乳洞みたいな…) を探検番組で見たんだけど、紐をつたって入っていって、帰りに死体発見。ウェットスーツ着てるから画面に映していたっけ。 

前年そこにもぐった二人組の一人が行方不明だったらしく、 その人と断定されてたような…。画面で見てて何が怖いって、朽ちてバラバラになるはずの遺体が、ウェットスーツを着用してる事によって人型を保っている事…。 

番組見た人居る??それとも同じ話しなのかな?オーストラリアだったかなぁ…。

373: 名無しさん 03/04/08 00:35
もはや人でないものが形だけそこにある、というのは、不謹慎と分かっていても怖いですね。 

374: 名無しさん 03/04/08 01:14
>>368 
それはブルーホールではないでしょうか? 

でしたら、中米のベリーズやバハマといった国々でのエピソードなのかもしれませんね。

369: 名無しさん 03/04/04 20:27
実は結構あるのかもしれませんね、ダイバー+水死体の話。 

中には実話から派生した怪談(都市伝説)ぽいのもあるかもしれないけど。



306: 名無しさん 03/03/07 23:52
呪いの噂のあるコンクリの銅像に悪友何人かで悪さをしたら… で始まって、結局奴は行方不明になってしまった。思うに奴は今、コンクリを抱いてどこかに沈んでるのではないだろうか…みたいな感じで終わってるコピペを貼ろうとしたけど、探せなかった。 

307: 名無しさん 03/03/08 18:57
>>306 
ごめん。コンクリの銅像って何? 

308: 名無しさん 03/03/09 00:55
うん。銅像だったら銅製だよな普通。 

320: 306 03/03/17 21:24
銅像の話、見つかりました 
ttp://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/ 

俺はあまり霊というものを信じているとは言えません。なぜかと言うと、見たことがないからです。じゃあこんな所くるなと言われそうですが、興味はあるのです。それは俺が不思議な体験…というより、偶然のタイミングに出くわすことが何回かあったからです。 

俺が25歳になるまでに、知り合いが何人か亡くなりました。この年で亡くなる知り合いと言うことは、少なくとも老衰というパターンはありません。 

事故と言うのが一番多いのですが、その原因が事故だろうがなんだろうが、その後で、「ひょっとして、あれが原因なんじゃないのか…」 と思われる偶然のタイミングに見舞われることが何回かありました。それを人によってはただの偶然だと無視するし、又ある人は心霊体験だともいうのでしょう。 

俺が高校生の頃でした。バイクに乗って走り回るのが楽しい頃で、毎日ろくに学校にも行かず、夜皆で集まって乗り回していました。
 
グループ内では意味もなく、根性試しが何回となく繰り返されます。それは誰がいかに速く走れるかだったり、壁に向かってぎりぎりまでブレーキを踏まずにいれるかだったり、けんかの強いのは誰なのかだったり…その中にはもちろん肝試しもありました。

その時も皆で近くにある有名スポットへ肝試しに行くことになりました。 

その心霊スポットには銅像が建っていて、それが動いて見えたりすると事故に遭うとかいう、全国どこにでもあるようなスポットでした。でも実際仲間内でも事故ったという人間もいて、なかなか評判の場所でした。 

今思えばバイク乗りたての高校生が、深夜心霊スポットに行ってビビれば事故る確率は高くなるのですが、まあそれなりに信憑性も感じて、事あるごとによく行っていました。 

その日は動いているようには見えず、その銅像の前でダラダラしていたのですが、誰かが友人Aに、「おいA、銅像の膝にヘッチン(でこぴんのようなもの)せえや」と言い出しました。
 
この銅像にはもうひとつ言い伝えが合って、銅像にやったことはみな、自分に返ってくるというものです。 目を触れば目を病気するとか、色々噂がありました。 

Aはグループの中でも運転は一番に上手かったのですが、心の優しい奴で、少し怖がりな所がありました。嫌そうでしたがそこはお約束、これをやらないと「根性ないやつ」と言われてしまいます。
 
Aは仕方なく銅像の膝にヘッチンしました。しかし怖がりながらやったせいか、ヘッチンは軽くかすっただけです。皆大笑いして「根性なし」を連呼しました。「もっかいやれ」と皆にせっつかれて、Aはもう一度ヘッチンをしました。今度は大きな鈍い音がしました。
 
指を強く打ちすぎてうなるAを見て、又皆大笑いです。「早速呪われてる」だの、「もうお返しされてる」だの言いたい放題です。「くそーっっ!!」Aはもうやけくそで、銅像の乗っているコンクリートの台に、相撲でぶつかるように抱きつきました。でも別段怖いことも起こらず、帰る事になりました。

俺達はバイクにまたがって、15台くらいで連なって帰りました。 

たまたま前をAが走っていました。大きな道路の急カーブに差し掛かった時です。 みな体を右に倒してコーナーを曲がります。Aも右側を倒し始めました。どんどん倒します。

 
しかし、軽く倒せばいいはずなのに、Aはぎりぎりまで倒していくのです。道路に右ひざがかすったかと思うと、Aはそのまますべるように転倒しました。 

なんてことはない急カーブです。転ぶほどの所ではありません。ましてやAはグループの中でも一番の運転テクを誇っていました。最初Aが倒し過ぎていく時は、わざとふざけているのかと思いました。 

しかし現実に、Aは膝を抱えてうずくまっています。 
皆で駆け寄りましたが、白いものが傷口から見えました。骨です。
 
「わー救急車呼べ!!」「A大丈夫かー!!」 皆が叫ぶなか、友人Bが、「あの銅像の呪いや!」と叫びました。 

「こんな時になに言うてんねん!」 
「しゃーかて、見ろやAの膝!!骨の見えてる傷の下に、もう少し浅い傷ついてるやん!! 1回目の失敗したヘッチンのぶんやん!!」 

皆ぞっとしました。しかし、当のAが「アホなこと言っとらんとはよ病院つれてけ!!」と叫んだので、皆我に帰って病院へ向かいました。

その後、そんなことも忘れていたのですが、ふとその事件を思い出す日が来ました。 

皆高校を卒業し、それぞれの道を歩みだしていました。 そして意外なことに、Aは極道の道を選びました。俺達の学校でその道を選ぶ奴は決して珍しくはありませんでしたが、 心根のやさしいAがその道を選んだのは、正直以外でした。

 
そして、その噂は回って来たのです。 Aが勝手にクスリを持ち出し売上を搾取して、今やばい状態だということを。 

Aがその世界に入ってから、近所で会うことも無くなりました。今どこに住んでいるのかも知りません。あれからもう10数年もたった今、たまに地元に帰って昔の友人と飲むことがあっても、だれもAの消息を知らないと言うのです。
 
他の友人で同じ世界に入った奴らとは連絡が取れたり出来ているのに、まったく取れなのはAだけです。この10数年の間、誰一人とっていないのです。 

その日も地元の奴らと飲んでいました。酒がまわってきたころ、あのときのメンバーだったBがぽつぽつとあの日の話をし始めました。 俺はそれを止めました。Bの言いたいことは分かっていたからです。 

あの日Aは最後にやけくそになって、銅像の乗っているコンクリートの台に抱きつきました。
もしそれがAの身に返ってきて、今もコンクリートを抱いていたら… そう思うと、たまらない気持ちになります。

337: 名無しさん 03/03/25 23:58
>>320 
デコピンやって「骨えぐれ」ですか…激しいなあ。 

325: 名無しさん 03/03/22 02:03
>>320 
昔、この銅像を見に行った事があるよ。怖くて誰も触れもしなかったけど。やった事が返ってくるというのは、その頃から言われてました。
 
何にもなく無事に帰れたけど、帰りにエンジンがかからなくなって30分ほど動けませんでした。怖かった。

326: 名無しさん 03/03/22 17:29
誰の銅像なのかが気にねるわけだが…。

327: 名無しさん 03/03/23 01:58
>>326 
子供のです。

328: 名無しさん 03/03/23 02:17
>>327
イヤーン…。